平成30・29・28年度のUTAの輪セミナーを、塩川香世が 田池留吉の意識の指導のもと、

実践を中心に執り行われ、その動画も公開。募集要領や結果等も掲載。

枠が黒く表示される方は、上のメニューバーの中心にある 「破れたページの形をしたアイコン」をクリックして下さい。

 


UTAの輪 「心」の目次(田池留吉)   ←クリック

 

これから宇宙は変わっていきます。

地球も変わっていきます。

次元移行に向かって人類も変わっていきます。

 

  UTA会  ⇒田池留吉 [NPO法人・UTAの輪]

UTAの輪セミナーをあと20年間

NPO法人

UTAの輪  

 

 UTA の 輪 セミナー

2018年 平成 30

NPO法人

UTAの輪 

学ぶ方へ

 

セミナーに参加するまでに!(田池 留吉) ←クリック

平成 30・29・28.27年  NPO法人・UTA の 輪 セミナー (塩川香世) ←クリック

平成30年 UTA ブック ・ 塩川香世・NEW スカイプ反省・瞑想会

平成29・28・年 UTA ブック ・ 塩川香世・スカイプ瞑想会 ←クリック 

田池留吉の意識からのメッセージH.29・30

塩川香世のメッセージ H.30クリック!

H.30 「UTAの輪の中でともに学ぼう」 塩川香世

 

 

2018年・平成30年 12月 7日更新

*********************************

 

セミナーに参加することが学びではありません

学びは自分の心を見ることです。

正しい瞑想をすることです

 

*******************************************************

U T A ⇒ ユー ・ ティー ・ エー と読みます。

U T A

 U、T、A、文字通り、UTAを心で感じる喜びに、あなたもその第一歩を踏み出してください。


 U=宇宙・UFO。  T=田池留吉・天変地異。  A=アルバート・


250年後に至る大きなキーワード。

そのキーワードを大切に、これからあなたの時間を使っていきましょう。


たくさんの私達の仲間、UFOとともに次元移行していく時を楽しみにしています。

「田池留吉に心を向ける。」ことが、全てです。

肉の田池留吉ではなく、意識のタイケトメキチ(本当のあなた)のことです。


*******************************************************

私達は愛のエネルギー、

愛こそ私達のふるさと、

共に共に帰るところです。

私達は争ったり、傷付け合ったりする存在ではありません。

共に共に愛に帰る存在です。


私達は何故転生を繰り返してきたのか、

なぜ生まれてきたのか分かってください。


忘れ去った、見捨てた愛に目覚めるためにのみに私達は、

今、この星に生きているのです。


見えますか、聞こえますか、感じてlますか。愛が、愛を。

みんな一つ、この道を、愛へ帰る道を、

共に共に喜んで喜んで進んでいきましょう。

******* お問い合わせ先 *******

 

NPO法人・UTAの輪  理事長 久保徹夫

 

◆NPO法人UTAの輪 志摩事務所  ◆ 2017年2月1日開設

〒517-0213   三重県志摩市磯部町穴川1178−3 ふるさと苑B館

Tel / 0599-55-0225

Fax/ 0599-55-0228

 

E-mail utanowa2015@gmail.com  

   

 HP  http://npo-utanowa.com/ ←クリック

 

*********************************

 

4/2より「NPO法人UTAの輪2018年度会員受付」を致します

2018年度会員を4月2日(月)より募集いたします。

 

本会が行なう各種セミナーおよびグループ活動には、会員登録が必要です。

 

詳しくは4月2日(月)ホームページにて

「2018年度会員受付のお知らせ」を掲載いたします。←クリック

詳細と申し込みはコチラからお願いします。

新年度は、2018年4月1日〜2019年3月31日となります。

 

 

2018年セミナー開催一覧

 

ホームページメニューにて「2018年セミナー開催一覧」を掲載いたしました。

 

「セミナー案内」にて、

「参加資格」「開催日」「開催場所」「払込期間」「キャンセル連絡日」

「セミナーの日程」「セミナー参加費」などをお確かめください。

 

詳しくは、下記をクリック ↓

「セミナー案内」  ←クリック

 

*********************************

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

今世の予習を経て、いよいよ250年後の本番を迎えます。


それぞれにその間、厳しい転生を予定されていると思いますが、

必ず、必ず、250年後に合流していただきたいと思います。


今回のセミナー(12月2〜4日・第13回UTAセミナー)では、

アルバート、ニュージャージーという言葉を発し、波動を学ばせていただきました。


セミナーの二日目の午後、最後のほうで、宇宙に向ける瞑想から私の肉は、

異語を発しながら、皆さんの間を回りました。


トントンと背中をノックして、そして、次から次へと皆さんの間を潜り抜けていきました。

異語がドンドン出るんです。異語とともに私の身体はスルリ、スルリと動いていました。


楽しかったです。ふるさとの歌を歌いました。とても楽しかったです。


ありがとうございました。250年後の転生を感じられた友も多いかもしれません。


思いを馳せる喜び、馳せられる喜びを、どうぞ、

ともにともに繰り返し、繰り返し味わっていきませんか。


思いは250年後。

待ってくれている宇宙の波動とともに学んでいきましょう。

 

 

セミナー、嬉しかった、楽しかったと学びの友からのメールを

読ませていただくと、私も嬉しくなります。


今世、こうして互いに肉を持って波動の世界を学んでいける私達は、

本当に幸せだとしみじみ思います。


セミナーの時間と空間を大切に、セミナーを楽しんで喜んでいきましょう。


ともに帰る喜びをしっかりと自分の中に広げて、そして日々の生活をなさってください。

肉は何のためにあるのかというところを間違えてきた私達ですが、

肉があればこそ学べるんだということを、ようやく感じ始めてきました。

今の肉を最大限活用して、本当に喜びと幸せの人生としてまいりましょう。


それには、軸足がぶれていないかいつも点検して、

自分の進むべき方向をしっかりと確認していくことが必要です。

日々、気持ちを新たに学んでいきましょう。

 

 11月志摩セミナー、ありがとうございました。

間違ってきた私達ですけれど、こうしてやり直せるチャンスに恵まれていることに感謝です。


私は今、少々歩きづらい状態なのですが、色々な方のお世話をいただきながら、

今回のセミナーも無事終了できてほっとしています。


今世、学びに集うことができた私達です。

田池留吉の肉を通して懇切丁寧に学ばせていただいたことに、

ただただありがとうしかありません


その思いを真っ直ぐに自分の中に広げ育んで、

そして愛、自分達のふるさと愛へ帰る道を一歩進めてください。


宇宙と思えば、ただただ嬉しい、ありがとう、ありがとう、私はあなたの宇宙へ帰ります、

そんな思いが溢れてくる喜びの中へ、どうぞ、ご自分をいざなっていきましょう。


ともに波動の世界を学べる今、心から嬉しいです。

 

 

10月のUTAホール志摩セミナーも喜びのうちに無事終了しました。

ありがとうございました。

一泊二日の4時間ですが、それぞれの心に何か響くものがあったならば幸いです。


学びの友とともに瞑想をする時間を共有して、

それぞれに自分の生きていく方向を見つめ直すひとつのきっかけになればいいと思います。


色々な事情で二泊三日のセミナーには行けないけれど、

一泊ならばという方もおられるでしょうから、そういう方達には、

UTAホール志摩という場所はありがたいのではないでしょうか。

またともに学ぶ機会があればぜひUTAホール志摩にお運びください。


本当に学びたい方達といっしょに学んでいきたい、心からそう思っています。

間違い続けてきた転生の山積みの中から、それぞれどうぞ這い上がっていきましょう。

250年後に思いを馳せ、今世をどうぞあなたの転換期にしてください。

そういう思いを乗せて、ディアアマテラス、親愛なるアマテラスの瞬間

波動のお勉強を今回もさせていただき、私は嬉しく思っています。

 

 

 学びの友が先日の志摩セミナーの体験を伝えてくれました。

不思議な体験ととらえておられるようです。私には何の不思議もありません。


確かに私はその瞬間、あなた達を見ました。見るということはどういうことでしょうか。

私はエネルギーです。あなたもエネルギーです。

そういうことを学んだのではないでしょうか。一読してみてください。



@ 種水の現象。

向こう側に香世さんが立っているのをこちら側で見たのです。


真正面から立って、こちら側を見ているけれど、種水を向ける訳でもなく、ただ立っている。

じっと立っているのを見て、どうしたんだろうと思った瞬間、体は飛んだのです。

何が起きたのか全くわからないけれど、香世さんを確認した途端に飛んだのです

気が付いたら香世さんのほうにきたはずなのに、

もうその時、香世さんは見当たらなかったから席に戻ったのだけれど、その感覚もない。

気が付いたら自分の席に座っていた。


何が起きたのか、全く意識は飛んでいたのでわからない。


横にいた友も同じで、わからないと言う。

香世さんを確認したのは覚えているけれど、それ以後がない。気が付いたら席に戻っていた。


香世さんに聞きに行くことはできないし、

何?何?何?と同じように飛び出た友に聞いても、皆同じように???だった。

その時に出た思いを話した時、皆同じだったのです。

戦いのエネルギーでもないし、殺してやるとかくそ!!でもない。

喜びかといえば、喜びで嬉しくて飛び出した訳でもない。

何にも思いはなく、感じもない。これって一体何が起きたのか。


でも、皆4人とも同じだったのです。

肉ではわからないって本当にわからないのだと、その時の思いは何もない。

こんなことってあるのだろうかと、話し合ったけれど、

結局何が起こったのか、肉はさっぱりわからず終いです。

でも、言葉で表現できないけれど、それぞれに心で感じたものは確かにありました。

それを大切にしていこうと語り合いました。

結局、今までの現象は肉でやっていたに過ぎなかったのではないのだろうかと。


種水を見て、目で確認して、それで反応していく。肉で反応しただけだったのだろうかと。

今回の場合、種水を向けられた訳でもない。

ただ香世さんが立っているのを、何もしないでつっ立っているのを目で見た訳なのだろうけれど、

そうではなかったような気もする。


香世さんの目と合ったと言った方が正しいのかもしれないけれど、それも定かでない。

全く説明がつかない。不思議な体験をしたことは確かです。



A 志摩セミナーありがとうございました。

種水の現象の時に、私達の真向かいの方向から塩川さんが

種水をもった手は下におろしていてこちらをじっと見ておられ、

両手の種水の先を見るなり突然吸い込まれるように突進していました。

喜びとか苦しみとか何にもないのです。勢いよく走ったって感覚もなく飛んで行った感じでした。

席に戻って来ても何があったのかも分からなかったのです。

本当に何にもなかったのです。何が起きたのかなって気になりました。

 

 

台風とともに始まった(2018年9月志摩セミナー)セミナーでしたが、

キャンセルの方も少なく予定通りセミナーを終え、帰阪できました。


セミナーの最後に申しましたが、これから様々なことが起こってきて、

セミナーに集いたくとも集えない場合も出てくると思います。


どうぞ、一回一回のセミナーの現象の時間を大切にしてください。


自分の軌道修正をするために、肉を持ってきてそして学びに集ってきたこと

そしてその自分の思いを、しっかりと確認してください。


宇宙を変えていくのは波動です。

 

その波動の世界をしっかりと自分の中で学び、

母なる宇宙へ帰る自己確立の道をしっかりと打ち立ててください。


ともに帰りたい、ともに帰ります、願望から明確な意思へそして、

ともに帰っていますの手ごたえを感じていけるよう、

今世自分に用意した学びの時間を大切にしてまいりましょう。


ともに学ぶUTAの輪がどんどん広がっていけば、これに勝る幸せはありません。

2018年9月志摩セミナー、ありがとうございました。

 

第12回UTAの輪セミナーのセミナー資料はこちらをクリックしてください。

 

 学びの友からのメールです。一読ください。


「先日(9月9日〜11日)の第12回UTAの輪セミナーの2日目の夜、

就寝時横になり目を閉じるとタイケトメキチ、クソッタレ、

クソクソクソクソクが中からドンドンドンドン出てきて止まりません。

このままだったら狂いそうで不安や恐怖の思いが出て来ました。

こんなことは今まで初めてなのでビックリしました。

自分なりにお母さんに思いを向けたり共に帰ろうと伝えたりしている間に眠っていました。


家に帰ってからもセミナーでのことが心にありました。

今まで自分ではわからないけどごまかしていた自分に

もう後は無いと突き付けられたように思いました。

しっかりと心を見て下さい。苦しいあなたが待っていますと。

自己選択自己責任。自分を救うのは自分でした。

もっと自分を信じて下さいと。中から沢山の促しを感じます。

自分の心を見ていなかったと思いました。


翌日の朝もまだ引きずっていました。ふと「こだわる心」というのが出てきました。

私は小さい世界の中で生きた事を感じました。

小さい世界の中で小さいことにこだわって己を

小さく小さくして自分で自分を苦しめて苦しい苦しいとやっていました。

自業自得の世界の中で生きていました。とても苦しい思いでした。


0才に思いを向けました。喜びだけの自分を感じ何とも言えない喜びを感じました。

お母さんを思いました。もっと心を広げて下さいと伝わってきました。


タイケトメキチ、お母さん、0歳の自分に自分なりに心を向けました

フワッと心が柔らかくなって心がスッとしました。


苦しかったけどとっても嬉しい体験でした。


すごいと思いました。

自分で出来るんや、私でもやれば出来るんやってすごく自信が出来ました。

自分の心で感じるってすごいと思いました。納得でした。

簡単ではないかもしれませんがやっていきます。


すごい学びでした。

 

 

セミナー会場にあなたのその肉を運んでくる、

そして、たくさんの学びの友とともに心を向けようとする、

これって最高に幸せなことだと思いませんか。

そうです。最高に幸せなんです。私達は本当に幸せ者です。


お世話してくださるスタッフの方達に感謝しながら、

それぞれしっかりと自分が決めてきた予定を完遂してください。


そして、愛へ帰る道を自分の中に確立して、

本当に喜び、幸せの人生を感じていきましょう。


過去、どんなにしても分からなかった喜びと幸せでした。

今世は、田池留吉の肉という確かな道しるべを用意していただきました。


その肉を通して心を向けること、

その心の針の向け先がいかに大切なのかを伝えていただきました。

こんな幸せなことはありません。今世初めてです。

だからこそ今世を自分の転換期にしていけるように、

それぞれ肉の終えるその瞬間まで波動の世界を学び続けてください。

 

 

 

 それぞれに残されている肉の時間

思い残すことのないように自分を大切に過ごしていきましょう。

月日はあっという間に過ぎ去っていきます。


ひとつの肉を通して学べる今を心から喜んで、

そして本来の自分の生きる道を歩く喜びをしっかりと感じていくようにしましょう。


みんな大切な仲間です。

学びの友との出会いを嬉しく思っています。


ともに瞑想、ともに思う、ともに凄まじいエネルギーを確認し合う、

そしてともにふるさとの歌を歌う。

こんな嬉しい学びの時間と空間を持てる私達は本当に幸せ者です。


どうぞ、250年後に思いを馳せて、日々瞑想を続けてください。


250年後出会って、喜び、喜びの時を共有したい、心からそう思います。


今世、同時期に肉を持ち、学びに集ってきたこと

それぞれの心でしっかりと味わってください。

 

 

 まず自分が幸せになりましょう。

幸せとは喜びとは本当にこういうものだったんだと心から分かるまで、まず自分を学んでください。


自分自身が本当に生まれてきたことを心から喜べなくては、

そして自分の中の切なる思いに真摯に素直に生きようと思えなくては、また今世も失敗です。

今世失敗だということはどういうことなのか、

学びに集っているあなたならば、もう自ずとお分かりだと思います。


すべては自分のことです。

自分を生かすも殺すも自分次第、どなたも深く肝に銘じて、学びを進めてまいりましょう。


喜びの道をともに歩める仲間が一人増え、二人増える喜びを大きく大きく広げてまいりましょう。


互いに肉は愚かですが、その愚かな肉を持ってこうして学べる今を、

ただ単純に喜んでいけばそれでいいのではないでしょうか。


異語を通して通じる世界をどんどん味わってください。

異語は波動です。

思うは田池留吉を中核に据え、自己確立の喜びの道をあなたもどうぞ。


そのような思いで、今回の橿原セミナーを終えました。

 

 

 瞑想です。正しい瞑想です。

正しい瞑想ができなければ何も分かりません。

頭を回す下らないことをしても、それは下らないことだから、下らない結果しか出ません。

意識、波動の世界を学んでいるんです。

その世界を頭で分かろうとする、解釈しようとする、

それがどれだけ己が偉いことなのか、まだまだよく分かっていない人がいます。


頭優先に生きてきた人生が長かったから、それも当然と言えば当然ですが、

それではいつまでたっても自分の中が好転しません。


実り多き人生とはかけ離れた人生でしょう。


いいえそんなことはないと思っておられる人があるかもしれませんが、

もしあなたがそう思っておられるならば、

人生の意味そのものが全くお分かりになっていないということです。


あなたの人生、どんな人生ですか。

何を基盤としていますか。

ふたつにひとつの答え、しっかりと答えてください。

 

 

 いついつに、どこそこでセミナーがありますとお知らせしたら、

今だったらとりあえず300名位の方は参加されると思います。

大体それくらいの規模でセミナーを進めていけたらいいのではないかと私は思っています。


セミナーは二泊三日であっという間に過ぎ去ってしまうけれど、

顔触れが殆ど決まってくるから、互いに密に学びを進めていけるのではないでしょうか。

と言ってももちろん、300名に絞るという意味ではありません。


ただ、セミナーがあればセミナーに参加しよう、参加したいとする思いがあって、

それが実現できる環境があってという方は、それはそれは幸せな方でしょう。

そういう方が300名もいればいいんじゃないですかということです。


そのお一人お一人が、

真剣に喜んで田池留吉を思い、アルバートを思い、母なる宇宙を思い、

次元移行に思いを馳せていけばいいんです。

そんな時間と空間を共有できれば、最高に幸せだと私は思っています。


ともにある喜び、そしてともに行こう、いざ行かんのいざないを心に感じ、

ともに波動の世界を学んでいくことが、私達のたったひとつの喜びだと、

私の中からは伝わってきます。

 

 

 UTAホール志摩セミナー、ありがとうございました。

参加された方、どうでしたでしょうか。

その時、その時にふっと心に上がってきたものを通して、

互いに学ばせていただきありがとうございます。


どうぞ、心で感じた波動の世界、波動の世界に生きている私達なんだと、まず信じてください。


セミナーの最後に語らせていただいた通り、肉、形の世界は崩れていきますが、

私達の心の世界、意識の世界はどんどん広がっていくことを

信じられるようなあなたの学びであってください。


そしてともに歩き、ともに行きましょう。

酷暑、猛暑の中、約50名の方々が集い、2日で4時間をともに学ばせていただきました。


互いに体調管理には気を付けて、今世の肉の人生、実り多き人生として、

そして250年後の再会へと繋いでいってください。

 

 

橿原セミナー、ありがとうございました。

家に帰り、UTAブックさんのホームページで好きな言葉を見ました。

大和は国のまほろば、私の大好きな言葉でした。

次元移行を伝える意識の流れの計画は、日本の国を外すことはあり得ませんでした。

アマテラスの国、日本。

田池留吉の意識の世界という真実の波動の世界は、日本を目指してきました。

そして、アマテラスの意識、私達もまた日本を目指し、

そして波動として出会わせていただいたのでした。


私の住む上町台地にももちろん大きな意味があります。

離れがたい思いを心に感じ、私は私の中のアマテラスの喜びの雄叫びを、

田池留吉の意識の世界の中で噴き上げてまいりました。


アマテラスが真実の波動の世界に触れ、自らの喜びのエネルギーを広げていく、

あなたは私、私はあなたですよのメッセージを真っ直ぐに受け止めていく、

その道筋をしっかりと見極めたから、田池留吉の肉は一旦その姿を消したのでした。

しかし、その肉はなけれども、私達はともに学びを遂行しています。

そんな学びの場を今回もいただき、本当にありがとうございました。

 

 

 今日(7月1日)から2018年後半スタートです。そして橿原セミナーです。

橿原の地でこうしてみんなとともに学ぶ時間を持てることをただ喜んでいきましょう。


田池先生とともに何度も学ばせていただいたところです。

琵琶湖セミナーもそうですが、ここ橿原にも思い出がたくさんあります。


二上山を眺めながら巫女の心を温もりの中へ、愛の中へいざなってまいりましょう。


そこのところを引き金にして、どうぞアマテラスの思いを

どんどん解き放していく瞑想に取り組んでください。


田池留吉の肉は無けれども、私達の中の田池留吉の世界は永遠に無くなりません

それが私達だからです。


二泊三日、肉の心と身体はリラックスさせて、

しかし、意識の世界はしっかりと針を向ける合わせることをやっていきましょう。


これからも、想定内、想定外を問わず、様々な事が起こってきます。

意識の世界を揺らす大きなエネルギーが存在します。

ともに歩みを、ともに学びを、そういざない続けてくれている

田池留吉、アルバートの思いを心で受けてください。

 

 

肉は厄介です。肉は複雑です。意識の世界はシンプルです。

厳しいけれど、絶対に裏切らないです。

肉の優しさは状況が変われば簡単に裏切っていきます。

意識の世界の厳しさに裏打ちされた優しさこそが本当の優しさでした。

肉基盤ではそういうことが絶対に分かりません。


今世をあなたの転換期にしてくださいというメッセージを、

あなたはどの程度自分の中で咀嚼できているか定かではありませんが、

今一度真剣に真摯にこのメッセージの重みを受取っていただければと思います。


ワン・ツー・スリーの瞑想で色々とそれぞれに心で試してみてください。


ただ自分のエネルギーを肉体を通して感じていく、それで精一杯というのではなくて、

そこから、そこから次の一歩をどう踏み出していくのか、

あなたの中は苦しいエネルギーはみんなそれを待っています。

舵の切り方を誤らないでください。

正しい舵の切り方を、その肉を持って教わってきたのです。

 

 

田池留吉を思うことがただ喜び、アルバートと呼べることが最高に幸せ

一人でも多くの学びの友がそういうふうになって、

そして喜んで喜んでともに学びを進めていけたらいい、

今回のUTAホール志摩セミナーでもその思いを強く感じました。


それぞれの環境、事情があると思います。

ですが、学びに集われた今世を本当に大切になさってください。

ご自分を大切に、本当の意味で強く賢く生き抜いていきましょう。


肉に逃げ込む、肉で誤魔化していこうとする自分の哀れさを心から感じてください。

もう自分を裏切らない人生、そんな転生に今世こそしていきましょう。


体力、気力の続く限り、最大限自分を学んで今の肉を終えて、

そして次の転生へと自分を繋いでいくことを大きな目標にして、

そして最終的には次元移行を自分の中で必ず達成させるということを自分に誓ってください。

UTAホール志摩セミナー、学びの時間をありがとうございました。

 

 

 

本当に心から学んでいこう、

なぜ自分は生まれてきたのか、

なぜ色々な苦しみや悲しみがあるのか、

真実はいったい何なのか、

そういったものにしっかりとした回答を見出そう、

真摯に素直に真っ直ぐに学びと向き合う方達とともに

歩みを進めていく喜びと幸せがあればいいと、私は思っています。

 

たくさんの人達が学びに参加されることはいいことだし、嬉しいことですが、

大事なのは、ともに同じ方向を向いて学んでいこうとする思いだと思います。

 

次元移行を伝える意識の流れは厳然としてあるんです。

その意識の流れに沿って、意識の流れとともに生きていく思いを育んでいる、

あるいは育んでいこうとする仲間が一人、二人と増えていけばこんな嬉しいことはありません。

育んでいきたいではなく、育んでいく強い意志を持ってください。


数は問題にしていません。その中身です。

ともに行こうという思いの実践です。

言いました。250年後はすでに始まっていますと。

 

 

 今世の時間がいかに大切なのか分かっていただいていますでしょうか。

学びに集い心を見るということを学び始めたということは、本当にすごいことなんです。

特別だとか偉いとかそういう意味ですごいのではなくて、

自分達の意識の世界の実情がすごいということ、

それをそれぞれがしっかりと自覚するチャンスを自ら用意したということ、

これは本当にすごいことでした。


肉に生きることなんて容易いことでした。

肉を持っている間は自分を誤魔化して、一時の喜びや幸せに逃げ込んで、

そして死んだあとは自分の現実が容赦なく覆いつくす、

その繰り返しを懲りずにやってきました。

どんなにしても地獄の奥底で蠢いているに過ぎませんでした。


その流れを変えるということ、

本当の意識の世界に目覚めるということは、

並大抵ではありません。

誤魔化しは一切通用せずに、真っ直ぐに自分と向き合う勇気が要ります。

誤魔化して騙して逃げてきた私達にとって、一番難しいことです。


しかしこの道しかありません

自分の中の流れを変える、逆流を見事泳ぎ切って自ら浮上していきましょう。

浮上して見えてくる世界があることを知ってください。

 

学びの年月の長い人で、30年を超えている人もたくさんおられます。

私が学び始めた頃1993年頃は、チャネリングというのが全盛期の頃でした。

2000年頃までにチャネリング講習会というのもあって、

当時は特にイエスや仏陀の時代に思いを向けてという、

いわゆる自分の過去世を通して学んでいくという試みもありました。


それは、過去世を語ることが主流ではなく、あくまで学びの基本、

心を見る、母の温もりを心に蘇らせ、

自己供養をするためのひとつの学びの手立てに過ぎませんでしたが、

チャネリングだとかチャネラーにとらわれていく人が多かったという弊害も否定できませんでした。


学びの道の回り道、寄り道ならまだしも、

学びの道を外れていく危険性を含みながらだったということでしょう。

その他にも学びの初め頃は色々とあって、本当に田池先生は大変だったと思います。

ですが、田池留吉の意識の世界が、

学びを中途半端な状態でその肉を置いていくことはあり得ないことでした。

きちんと学びの基盤を整えて、

そして250年後の最終時期に託すという目途が立ち自身の今世の仕事を終えたから、

一旦肉を消したということです。


ということで、すでに学びの基盤は確立していますので、

あとはそれぞれがどれだけ真摯に学びと向き合っていくか、

つまり自分と向き合っていくかという課題だけが残されています。


250年後、昔、昔日本という国で、ともに学んだことを思い出すということで、

これは250年後からすれば過去世です。

しかし、この過去世を思い出すということは、

一連の過去世から学ぶということとは訳が違います。

非常に大切かつ有効です。

日本という国を思い出す、つまりは田池留吉を思い出すということで、喜びが爆発するんです。

そして、そのまますごいスピードで次元移行へ向かって突き進む、そういうシナリオになっています。

 

NPO法人第11回UTAの輪セミナーでは

重要なテーマを感じる勉強会であるように感じました。


参加させて頂き、ありがとうございました。

 

 

 自分の愚かさにどんどん涙を流してください。どんどん叫んでください。

そして悔し涙から喜びの涙へ、苦しみの叫びから喜びの雄叫びへ変えていきましょう。


肉はなぜあるのか。

肉の中で肉を通して自分が瞬間流すエネルギーを知るため。

そして、そのエネルギーを肉を通してしっかりと確認するために、

今、あなたはセミナー会場という場所に肉を運んでいます。


だから、その時間と空間を大切にしてください。

目から涙が溢れ出ます。鼻から鼻汁が出ます。喉から咳が出ます。

口から叫び声、唸り声、異語が出ます。

手は上に上がり、足は飛び跳ね、バタつかせるかもしれません。

身体全体が激しく動く場合もあります。


どうぞ、あなたのその肉体を通して、思う存分に蓄えてきたエネルギーを確認してください。


言うまでもありませんが、日常生活の中でそれをすると、大変なことになります。

セミナー会場、あるいは条件の整った一定の場所だからそれが可能なんです。

それ以外ではトラブッてしまいます。

結果不必要な時間とエネルギーを使ってしまうことになります。


できる限り効率的に自分の今世の計画を遂行してください。


自分に残された肉の時間をしっかりと考慮に入れ、

本当の自分に帰る道、愛へ帰っていく道に至るあなたの今世の計画を

予定通り達成していただきたいと思います。

そして、250年後の出会いを必ず果たしてください。


あなたのご事情が許せるならば、喜んでセミナーに参加してください

 

 

 第11回NPO法人UTAの輪セミナーに参加予定の方、

どうぞ、しっかりと宇宙を思う瞑想をしてきてください。

ともに宇宙を思う喜びをあなたの心で感じていただきたいと思います。


もちろん、言うまでもないことですが、宇宙を思う瞑想をというのは、

自分の中に母の温もりがあるとしっかりと知ったうえでというのが、大前提です。

むやみやたらと瞑想をしないでください。

まずはゼロ歳の自分の目を通して母を思う瞑想をしっかりとしてください。

 

温もりの中にあった自分をしっかりと知って信じていれば、

宇宙を思う瞑想は、ただただ喜びだけです。

田池留吉の目を見ての瞑想もそうです。瞑想は喜びです。


中からムクムクと田池死にさらせという思いが噴き出してくるけれど、

そのエネルギーはどうでしょうか、まだ苦しみ一色ですか。


大きな大きな喜びの雄叫びとともに噴き出してくることを、

何度も何度も体験していますか。この体験を重ねていくことが大切です。


どんどん心の解放を進めてください。

広い広いどこまでも広がっていく温かな中に自分を解き放してください。

 

 

セミナー等が終われば、ともに瞑想をした学びの友からメールをいただいたりしています。

そのうちのひとつです。一読してみてください。


「落ちて落ちて落ちまくって、狂い続けてきた私は、心からお母さんを呼びたいと思いました。

本当の自分に帰りたいと思いました。お母さんなんかいらない、温もりなんか信じない。

決して、決してそうではありませんでした。そんな冷たいことを私は自分に言い続けてきました。

そのことを地獄の底の底の自分が伝えてくれました。

本当に地獄の底から生まれてきたこと、どれだけ破壊と殺戮の思いを流し続けてきた

自分だったのかと知った時、私が何としてでもしたかったことは、お母さんと呼ぶことでした。

ずっとずっとお母さんに帰りたかった、素直になりたかった。


お母さんを捨てていいわけがなかった、温もりなんて信じなくていいわけがなかった。

今の環境を通して、私は自分と出会わせていただいています。

真っ黒な暗黒の宇宙の中に生き続けてきた自分が、この時に肉を持って、なぜ苦しいのか、

なぜ間違ってきたのか、どうすればいいのか知ることが出来る

この千載一遇のチャンスをどれだけ望んできたのか。

今突き上げてくる真っ黒な自分が教えてくれました。


狂いに狂ってきた自分を感じて初めて、

肉の幸せでは絶対に幸せにはなれないという事が分かりました。

お母さんでした。温もりでした。

ただただその一点に私は向いていけばいいのだと思いました。

それ以外に自分を救う道はない。

だからお母さんを伝えていただいたことがどれだけ幸せなことだったのか。

その思いでセミナーに参加しました。


私が作り出してきた暗黒の宇宙アマテラスとともに、

私はお母さんを呼んでいきます、お母さんに帰ります。

お母さんの温もりに帰っていきます。

そんな思いで自分の中のアマテラスを思うことが嬉しかったです。


思う先は温もりだけ、思うのは温もりだけ。お母さんだけ。



「思うは田池留吉」の瞑想をさせていただいた時、

見えてくるのはただ一つの道でした。

向ける先はただただその一点だけでした。

これからどんな自分が出てきても、思うは田池留吉・アルバート、お母さんの温もりです。

これだけでよかった。これだけだった。

温もりのない世界で、もうどうしたらわからなかった私に、

あなた間違っていますよ、帰っておいでと伝えてくれました。

帰りたい、帰ろう、どれだけやさしい誘いなのか。

思う先、お母さんの温もり、田池留吉を伝えていただいた私は、ただただ幸せです。

この思いを自分に伝えていきます。セミナーありがとうございました。」

 

 

学んでいこう、心からそう真剣に思う人達だけが学んでいく、

形として見ればそういうことになっていくと思います。


自分の中にどの程度中心棒が確立しているかによって、

自分直接の現象、自分の周りに起こってくる現象を通して、

学びの一歩を前に進めていけるか、

あるいはその反対に学びを捨てていくか、ふたつに分かれていきます。


今世、同時期に肉を持ち学びに触れた人は一人残らず、

ともに歩んでいただきたいという思いに変わりはありませんが、

それは強制することではありませんので、それぞれに任せます。


ただ、私は私自身は、はっきりと道が見え自分の中に中心棒が確立していますので、

それらの情勢には左右されずに、この道一本で突き進んでいくことだけは確かです。

意識の流れは順調に粛々と流れていることを心で感じ、

田池留吉、アルバートの波動の中にひとつに溶け合っていく喜びを広げていきます。


5月の志摩セミナーも終わりました。

一つひとつ予定をこなし、我が道を行く喜びを感じさせていただいています。

 

 

 

 UTAホール志摩セミナー、ありがとうございました。

笑顔でお別れできるセミナーをまたひとつ終えることができました。

よかった、ありがとうという思いを心に広げて皆さん帰っていかれたのではないかと思います。

セミナーの最後に言いましたように、日々心を見る、

そして瞑想という地道な作業を繰り返していきましょう。


ともに歩みを、ともに同じ方向を向いて一歩、着実な一歩を歩み出そう、

私はそのような思いでともに学ばせていただいています。

一筋縄ではいかない意識達が肉を持って今世、学びをしているんです。

田池留吉の肉がない今、その肉がある間に隠し持っていたものが表面に出てきます

色々なルートを通して私の耳にも入ってきます。

ですが、私はそういうことには、殆ど無頓着です。

250年、300年に至る計画はすでに出来上がっており

そういうどうでもいいことで道草を食っている暇がないからです。

ただ真っ直ぐに自分の決めてきた予定のコースをこなし、

250年後の出会い、そして次元移行へということなので、

どうぞ、皆さんも自己確立に勤しんでください。


ともに歩みを、ともに同じ方向を向いて一歩、着実な一歩を歩み出そう、

その思いを波動として流しています。

 

 

 

琵琶湖セミナー、ありがとうございました。

ワン・ツー・スリーの瞑想はもちろんですが、

ふるさとの歌をみんなでともに歌いながら、

喜びのエネルギーの中にあることを感じていくことも大きな、大きな喜びです。


大きな声でふるさとを歌ってください。

心の中からどんどんエネルギーが飛び出てきます。

「帰ろう、ふるさとへ。」そんな思いをしっかりと確認してください。

狂いに狂い続けてきた私達に、帰ろう、帰ろうと呼び掛けてくる思い、

波動の世界を、どうぞあなたの心で味わってみてください。


この学びは波動を学ぶ学びです。

流し続けてきた波動がどんな世界を生み出してきたのか、

どなたもご自分の心でしっかりと確認してください。

確認して、そしてそれでもこうして肉を持たせていただいたことを喜んでいきましょう。

私は異語を発します。異語は波動です。

波動を受けてください。

UTAの輪の中でともに学べる喜びと幸せを共有してまいりましょう。


「田池留吉、アルバート、私達は必ず必ずあなたとともに帰ってまいります。

固く約束してきたことをあなたの心で思い出してください。


 

もうすぐ琵琶湖セミナーです。

琵琶湖セミナーは、今は年に2回となってしまいましたが、

関西の人達には根強い人気があります。

やはり距離的、時間的に行きやすいということでしょうか。

それだけではないように思いますが、特別な事情がない限り、

長らくお世話になり、田池先生との思い出もたくさんありますので、

琵琶湖セミナー、継続してやっていきたいと思っています。


喜んで楽しくともに心を向けてまいりましょう。

ともに田池留吉、アルバートの波動の世界に心を向けて、

そしてそれぞれ250年、300年に思いを馳せていきましょう。

何を見ていくか、何を信じていくか

それぞれの心にしっかりと問いかけながら、

流してきたエネルギーをしっかりと感じてください。

みんな喜びでした。喜び以外何もなかったんです。

だから、狂い続けてきたけれど、温もりも喜びも全部自分の中にあったことを知って、

狂い続けてきた自分にしっかりと伝えてください。


ともに帰ることを約束してきたこと、必ず必ず現実のものとしてください。

 

 

 大阪で桜開花の頃、琵琶湖でセミナーです。

目に見える友、目に見えない友、たくさんの友とともに、

田池留吉、アルバート、そして愛、母なる宇宙へ心を向けていける喜びです。

二泊三日、あっという間に過ぎ去ってしまいますが、

喜んで喜んで自分達の間違いにどんどん出会っていきましょう。

そして、自分達の帰るべきところを、はっきりと心に感じていきましょう。

地球上で数限りない転生の機会をもらいました。

今世、確かな出会いがありました。

出会いたくて出会いたくて、その思いが、ようやく、今世、叶ったのです。

ともにある喜びを心から伝えてくれます。

「出会いをありがとう、そしてともに行こう」の呼び掛けに、

あなたもそしてあなたも、素直になってしっかりと応じてください。


田池留吉、アルバート、

ああ本当に待ち望んできた波動の世界でした。


闇黒の宇宙、アマテラスの目覚め、そして進化へと、

意識の流れの仕事は粛々となされていきます。

最終地であるアメリカの準備はすでに整えられています。

250年後のタイミングはまだかまだかというところだと思います。

 

 UTAホール志摩セミナーの今年後半の参加者名簿がメールで送付されてきました。

あと各月数名ずつ、今月の琵琶湖セミナーで抽選があって、それで決定です。

一泊二日ですが、今年は8回ありますので、都合がつく人は詰めて参加すれば、

それなりにいい体験をされるのではないかと思います。

そのUTAホール志摩セミナーに参加された人からメールをいただきました。

参考にしてみてください。


「UTAホール志摩セミナー、ありがとうございました。

優しさ喜びの一杯詰まった田池先生の残してくださった この地、

UTAホール志摩、その中で一泊二日と、

短いけれど本当に充実した学びの時をいただき、嬉しかったです、 ありがとうございました。

現象の輪の中に何度か出していただく中で、

苦しみが喜びとなって中から突き上がってくるのを感じさせていただきました。

お母さんーお母さん−素直に、心から母を呼んでいる、そんな私と出会うことができました。

苦しいけれど嬉しい。苦しいけれどうれしい体験でした。

本当に 凄い、嬉しいセミナー。

1月、2月、3月と回を重ねる毎に その思いを強くしています。

セミナーに参加させてもらえたこと、本当にありがとうです。

「家庭の事情で、仕事の都合で」と、

そのような思いだけでセミナーに参加するのは勿体ない、申し訳ないと思いました 。

安易な気持ちでセミナーに参加することだけは止めよう、

真剣に 素直にそして真摯に自分と向き合うことを心掛けていこう強く思いました。

ありがとうございました。

 

 UTAホール志摩セミナー、ありがとうございました。

ポッドキャストを聞いていただいたかもしれませんが、今回、参加者名簿に目を通したとき、

お久しぶりのお名前があって、つい嬉しくなってあのような内容になりました。

もちろん、今回もたくさんの学びの友とともに学べる時間を

いただいたことが私には本当に嬉しいです。

思いのままにセミナーを進めさせていただいて、本当にありがとうございました。


ポッドキャストで読ませていただいた文章を載せておきます。


「セミナー会場において、いつも見慣れた友もいいけれど、

久しぶりに学びに集ってくれた友もまたいいものです。

ひとたび学びに触れて何らかの事情でセミナーに来れなくなってしまった友かもしれませんが、

どうでしょう、みんなとともに心を向ける時間と空間を共有してみて、

よかったと思っておられるのではないでしょうか。

それぞれに事情があると思いますが、今世学びに触れたんですから、

どうぞこのチャンスを無駄にしないでください。

宇宙に点在する夥(おびただ)しい意識達を思うとき、

こうして今肉という形を持って学べることがやはり、

私には最高に幸せだと思わざるを得ません。

狂い続け闇黒の中に沈み込んできたから分かるんです。

どうしても何としてもここから自分を救い出していきたい、いこう、

自分を解き放していきたい、いこう、そんな思いから這い上がってきた意識が、

ようやく、ようやく、本当の自分に、愛に帰る道筋と出会ったんです。

今世、田池留吉という肉を通して伝えていただいた真実の世界でした

私は、肉の私は何ということもない平々凡々です。

ですが、私は自分を250年後に繋ぐことができたと確信している意識です

どんなことがあろうとも必ず次元を超えてともにある喜びの世界を広げていくことを知っています。

肉ではご多分に漏れず色々とあります。

ただ、目を閉じて思いを向ければそれらはどうでもいいようなことばかりです。

それよりも、今この心に感じているものを大切に育んでいこうと思うだけです。

久しぶりに出会う友を見て、あなたもどうですか、

ともに行きませんかという思いを投げかけてみました。」

 

 学びの友のメールです。

「よかったと笑顔で別れていく喜びは、何度味わってもいいものです。


今回もこのような学びの機会をいただきありがとうございました。


初めてUTAホール志摩に訪れ、

みんなとともに瞑想の時間を頂き、

本当に幸せだなと思いました。

ゆったりとした中で、心の底の底に思いを向ける。

アマテラスを思う。宇宙を思う。田池留吉、アルバートを思う。

なんとも贅沢な時間でした。

また3月お会いできるのを楽しみしています。

ありがとうございました。」

 

 UTAホール志摩セミナー

一泊二日ですけれど、1月、2月、3月参加された方、どうでしたでしょうか。

自分の心で感じる、そして自分の心で分かっていく学びですので、

自分の今の環境の中で無理をせずに、しかし、真剣に真摯に取り組んでください。


私達はみんな間違って間違って生きてきました。今もそうです。

けれど、今世は自分の流してきたエネルギーを本来のエネルギーに戻していこうとしています。

自分で自分の背中を押して、今世こそはと本当に決意して生まれてきたんです。

生んでもらいました。250年後の舞台設定はすでに整っていると感じています。

どうぞ、250年後ともに歩みを、そしてともに喜びのエネルギーを爆発、発信していきましょう。

そのためには、今世の肉を通して学んだことを、確実に繋いでいくことが大切です。


意識の世界は厳しいです。真実はひとつだから、二股は絶対に通用しません。

自分を裏切らないでくださいと繰り返し伝えています。

裏切りのエネルギーを流しながら、それを自覚していない人もいます。

自分がどんな思いで、今世生まれてきて学びに繋がってきたのか、

その自分の思いを軽く見ないでください。


昨日のUTAホール志摩セミナーに参加された方達が以下のようなメールを早速くれました。

ともに学ぶ仲間が増えていくことが喜びです。



「今回もこのような学びの機会を頂きありがとうございました。


志摩ホールでの学びの時間は本当に凄いです。

田池先生が残してくれた宝物。まさにその通りです。

こんな学びの機会を、こんな素晴らしい場所でさせて頂けることが凄いことなんですね。

セミナー最高でした。ありがとうございました。



「志摩セミナー、有難うございました。

本当に「共に、共に」の思いがこんなにも喜びを、

有難うを伝えてくれているとは、今まで思いもしませんでした。

自分が自分に伝えてくれている。ただひたすら田池留吉を思うだけ...。

帰途、湖西線の車窓から大好きな琵琶湖を見ながら、

琵琶湖を思うとき、故郷を思うとき、まず田池留吉を思おう。

全ての物を思うとき、まず田池留吉を思おう。

何をするときも、何を思うときも、田池留吉を思おう。

そう思えた自分が嬉しかったです。有難うございました。」



「志摩ホールでのセミナーに参加する事ができてとても嬉しかったです。

ありがとうございました。

大きいセミナーも良いですが

志摩ホールは時間も空間もぎゅっと濃縮された感じでとても良かったです。

嬉しさと苦しさと、ずっと自分が向き合うのを拒絶して蓋をして逃げ続けてきた奥底に隠してきた

思いといよいよ真剣に向き合っていかないと自分の学びが一歩たりとも進まないと思いました。

苦しい思い、闇を認められずにずっと隠して見て見ぬふりをしてきましたがもう自分を裏切り続けて

きた冷たい自分と、共に田池留吉アルバートの真実の波動の世界に帰っていきたいです。

肉の思いが分厚くて強くて強くてどうしようもないですが

母親の反省と正しい瞑想をコツコツとしていくしかないと思いました。

本当にいつもありがとうございます。優しい嬉しいセミナーでした。

琵琶湖のセミナーも楽しみにしています。よろしくお願いします。」

 もうすぐ弥生三月。

2018年最初の本セミナーが三月の最終週にあります。

これから、第10回NPO法人UTAの輪セミナーに向けて資料を整えます。

振り返れば、2015年3月に、田池先生のいないセミナーが始まりました。

そして、その年の12月に田池先生は本当にその姿を消して、

それが第1回のNPO法人UTAの輪セミナーとなりました。

それ以降、志摩へ向かう近鉄特急の電車の中では、

先生の訃報を受けたあのときのことをいつも思います。

覚悟はしていたものの、実際に2015年12月のセミナーは心中複雑でした。

田池先生の肉とともに最初の志摩セミナーをしたかったというのが私の偽らざる思いでした。

そういう経緯の中、本セミナーも来月で10回目となります。

それ以外のセミナーもスタッフの人達のご尽力で数を重ねています。

田池先生が心血を注いで伝えてくれた学びです。

それぞれに事情の許す限り、ともに学んでください、学んでまいりましょう。

 

*********************************

 

*********************************

 

*********************************

 

*********************************

 

*********************************

 

 

NPO法人

UTAの輪  

 

 UTA の 輪 セミナー

2017年 平成 29

NPO法人

UTAの輪 

 

 

2017年・平成29年 12月 28日更新

*********************************

 

 

セミナー会場は私達の大切な場所です。

私達がともに瞑想をする大切な場所を失いたくはありません。

立派なホテルをセミナー会場として使わせていただいています。

あなた一人の思いで、ホテルのほうから

クレームが来るかもしれないトラブルを起こすのは止めて下さい。


私達は超常識の世界を学んでいますが、

肉は赤信号止まれ、青信号進めの肉の社会の最低限は必ず守ってください。

具体的に言えば、セミナー会場以外では、一般のお客さんの行動をなさってください。

学びの進行を妨げる行為をされる方は、セミナー参加のご希望に沿えません。

あしからずご了承ください。

あなた一人が学んでいるのではなくて、

学びをしているたくさんの仲間達の思いを斟酌してください。

 

 

 

 理屈ではない説明もつかない、

そんな自分の中のエネルギーを感じていける時間が、

セミナー会場の現象の時間です。

 

ワン・ツー・スリーで始めて、ありがとうございましたで終わる間、3分〜4分です。

 

その間に色々な思いが錯綜します。

自分の肉体をフルに活用してエネルギーの塊である自分を知っていくこと、

そして、そのエネルギーとともに帰っていく道を伝え合うことを実践しています。

 

温もりの中にあることをしっかりと分かっていれば、

その実践が楽しくて楽しくて仕方がないということになるかと思います。

心の底から田池留吉を呼びアルバートを求めている思いが本当に嬉しい、

本当だった、本当だったんだねと確認し合えることがたまらなく幸せ、

そんな瞑想の醍醐味をどうぞあなたも何度も味わってみてください。

*********************************

 

2018年のUTAホール志摩での一泊二日のセミナー

8回ありますから参加予定の方は無理をせずに喜んで集ってください。

楽しみながらしかし真剣に瞑想をしましょう。

 

UTAホール志摩、田池先生が最後に残してくださった大きなプレゼントです。

ともに学ばせていただいた時間を思い、ともに学ぶ時間を思い、

意識の流れの遂行を喜んで受けていこうと思っています。


出会いがなければ今はありませんでした。

間違い続けてきたけれど、

ともにあることを伝えてくれた思いに喜んで喜んでいきませんか。

田池留吉を思う、アルバートを思う、幸せな人生です

あなたもどうぞ、心で味わってください。

 

 

*********************************

 

 なぜ自分は学ぼうとしているのか、

どういう理由から学ぼうとしているのか、

いわゆる学びの動機はどこにあるのか、

自分の中で精査していくことが絶対に必要です。

そこを曖昧にしていくら学びたいと思っても学べないんです。

セミナーにどんなに参加しても向いている方向が違っていたら、

残念ながら効果は上がりません。


田池先生が、瞑想に関してのコメントされている最初にありました。

闇雲に瞑想をしても・・・。そうです。

学びのポイントをしっかりと押さえて、効果的に学んでいきましょう。

本当に学べば、どれだけ幸せな自分だったかつぶさに分かります。

宇宙が感じられるからです。

肉、形の世界でない波動の世界に存在している

自分達の喜びがひしひしと伝わってくるからです。

 

 

 くそ田池、そしてありがとう田池留吉。

瞑想の喜びと幸せを感じていますか。

一体化したアマテラスが愛しいですか。

アルバートと呼ぶことが何とも言えずに嬉しいでしょうか。

体力、気力の続く限り、どうぞセミナー会場に学びの場に、

あなたの肉を運ぶようになさってください。

自分の流してきた思い、エネルギーを確認して、

これからの自分のあり方、行き先をしっかりと見定めていきましょう。

次元移行の呼び掛けに必ず呼応する

自分の中に確信を持てるような学び方をしてください。

 

 

あなたの中の嬉しい思い、喜びを信じてください。

セミナー会場でともに歌うふるさとの現象でそれを引き出していきます。

素直になって自分の中が喜びで飛び跳ねていることを感じてください。

私は伝えます。

「ともに行こう。あなたもそしてあなたも。私達はともに次元を超えていきましょう。

私達は宇宙からの仲間です。ともに苦しんできたけれど、

今、今、私達はようやくあの宇宙に帰れるんだよ。嬉しいね、嬉しいね。お母さん、ありがとう。」

私はそんな思いをふるさとのメロディに乗せて異語で語ります。

本当に嬉しい時間と空間をありがとう。私は本当に嬉しいです。

この現象は、

田池留吉の肉とともに汗と涙でびしょびしょになったあの時の私に戻してくれます。

本当に嬉しかった。弾けるような喜びを宇宙にどんどん流してまいります。

 

意識の流れの顕在化とともに学びは進化します。

学びの灯りをポッと灯してくださった田池先生のご苦労を思います。

肉でガチガチの心、意識の世界に染み入るように、

繰り返し、繰り返し、伝えていただきました。

限りなく広がり続いていく意識の世界、田池留吉、アルバートの世界です。


田池留吉の意識の世界は

ある仕事をするために肉という形を持ったのでした。

地獄の奥底から肉を持ってきた私達とは仕事の内容が違います。

そして田池留吉という肉を持つことによってする仕事はきちんと遂行されました。

だから、今は肉がない状態です。

その状態でもちろん意識の流れは仕事をします

そのような中で学び、セミナーが行われている意味を心で感じてみてください。

 

 

みんな様々な事情があると思いますが、無理をせずに喜びでともに学んでまいりましょう。

ともにセミナー会場で心を向けてまいりましょう

今世のこの時間と空間、本当に大切に大切に喜んでいきましょう。

間違い続けてきたけれど、いいえ間違い続けてきたからこそ、

学びの機会を用意できたんです。

もう後がないと分かっているから、必死になって用意してきました。

そんな自分の思いをしっかりと分かって、

本当の喜びの道を幸せの道を一歩踏み出してください。


ともに学べる仲間がいる、ともに心を向けていこうとする仲間がいる、

私はセミナーのたびにその幸せを感じさせていただいています。

私は本当に幸せ者です。

アルバートに心を向ける、アルバートを呼ぶ、私の幸せでした。

そうできる今があることが幸せなんです。

ありがとう、本当にありがとうございます。


 

 

 

どうすれば本当の幸せが分かるのか、

本当の喜びが感じられるのか、答えは簡単です。

そして学びに触れた人はみんなその答えを知っています。

あとは実践あるのみです。

実践していって、たとえば、今、あなたは本当に宇宙を思える喜びを

心に広げている状態であるのかどうなのか、それもひとつの結果です。


今月16日からポッドキャストで
宇宙に向ける瞑想を連日実践しています。

そして琵琶湖セミナーに臨みましょうと呼び掛けました。

アマテラスを筆頭に宇宙に思いを向けていく大切さ、すごさ、喜びを感じてください。

私達は愛。私達は宇宙。

宇宙に向ける瞑想でこれまでの自分、これからの自分がはっきりと感じられるのです。

 ともに歩みを進めていきましょう。UTAの輪の中でともに歩みを進めてください。

UTAの輪から外れないでください。しっかりと心を見て、波動の世界を学んでください。

 

言葉ではありません。波動です。他力信仰の延長ではないんです。全く異質なものです。

まずは自分を救ってください。救う力が自分の中から溢れ出てくるんです。

喜び、温もりの中にある自分を思い出し蘇らせていけばいいんです。

それには何が必要なのでしょうか。私達はすでに学んでいます。

母のお腹の中で繰り返し学ばせていただいてきました。


私は、今世、学びと出会いました。学ばせていただいてきました。

全部自分の計画でした。

 

田池留吉との出会い、その波動の世界との出会い、

しっかりと活用して母なる宇宙への道筋が見えています。

ともに学べる、ともに存在していけることが、私にはただただ嬉しいだけです。

 

ひとつのセミナーを体験して、またひとつ私の喜びの世界を確認して、

着実な歩みを確認してということを学ばせていただいています。

本当にありがとうございます。

 

 

 

 2017年、さらなる飛躍をしていきましょう。

志摩から発信できる喜びとともに、さらなる歩みをともに進めていきましょう。


あなたの歩みを一歩前へ。後ろ向きにならないでください。

たくさんの暗い真っ暗なエネルギーが押し寄せてきます。

しかし、それもまたともに帰りたい思いを伝えているんです。

温もりに、本当の自分に背いてきた思いとともに、

しっかりと本当の喜びと温もりを目指して進んでいきましょう。


 

 

 

 

 

2014年8月を第1回目として、

クボハウス(UTAホール大宝)で月に一度、学びの時間を持たせていただいています。

実は、それは、2015年3月から始まるUTAの輪セミナーを念頭に入れての

私なりの予行演習というところから、手を挙げさせていただいたものでした。

最初の動機が少々不純で申し訳ないと思いますが、

あっという間に2年半が経とうとしています。

今では顔ぶれも定着しており、和やかな雰囲気の中、

それぞれにみんな喜んで学んでおられるだろうと推察しています。


2017年からは、志摩での学びも本格的に始まりますし、

もともとセミナー進行の要領を得るために始めた大宝での学びでしたから、

もうそろそろいいかなと思ったりもしましたが、集まってくる友の嬉しそうな顔を見て、

やはりたとえ2時間でも、ともに学びを進めてともに瞑想をしていこう、いきたいと思いました。

ともにふるさとを歌って、元気で喜んでともに

学んでいく喜びを分かち合えたらそれでいいと思いました。

遠くからも来てくれます。私は幸せ者だと思いました。ありがとう。

 

 

  UTA会  ⇒田池留吉 [NPO法人・UTAの輪]

NPO法人

UTAの輪  

 

田池留吉 UTA の 輪 セミナー

平成 28

 

NPO法人

UTAの輪

 

 

 

今更でもありませんが、セミナー参加が学ぶということではありません。

学びは日常の中にあります。

それぞれの人生が学びです。

では、なぜセミナー会場に肉体を運ぶのでしょか。

運ぶ必要があるのでしょうか。

あるんです。

それはそれぞれの自宅学習、自主学習の確認です。

波動の確認です。

波動を学ぶために、ともに瞑想をという時間を設けています。

学びは言葉で語れません。

波動で語るんです。

波動が仕事をします。

心で分かるお勉強です。



 

 

  •  

    セミナーはやっぱりいいですね。

    セミナー中一言も話さずとも、また失礼ながら名前も知らずとも、

    こうして、セミナー会場へ遠くからやってきて、

    そして、ともに心を向けようとしてくれる肉がそこにあります。

    私にはそれが何だかとても嬉しいです。

    それぞれの肉はそれぞれに肉の思いを抱えていますが、

    その肉を通して、意識の世界へ語りかけられることが私には嬉しいです。

    肉が少しでも崩れていくこと、そこから意識の世界を開けていくこと、

    肉を持っている間、全力でやっていきましょう。



     

     喜びの状態が自然でした。

    怒ったり、悲しんだり、悩み落ち込んだり、得意げになったり、寂しい思いを抱えたりと、

    私達は本当に忙しくやってきましたが、本来は喜び一色だったと伝えてもらった今世でした。

    喜び以外は真っ暗な世界ですとはっきりと示していただきました。

    その真っ暗な世界にあまりにも慣れ親しんできた時間が長いので、

    ともすれば、その古巣へ戻っていこうとしますが、どうでしょうか、

    ともに旅立っていきませんか。


    古巣にありがとうを残して、本当のふるさと、

    自分の帰るべきところを目指して行きましょう。

  •  

  •  

  •  心をひたすらに向けていく、いわゆる正しい瞑想をする習慣になっていますね。

    その習慣をつけて、しっかりと自分の中を確立してください。

    中心棒の確立です。


    自分の中で歩みを進めていくことは簡単なようで難しいです。

    何が本当のことかということを、心で分かることです。

    第4回NPO法人UTAの輪セミナー。

    伊勢志摩ロイヤルホテルにおいては、昨年の12月から2回目です。

    伊勢志摩でお会いできるのを楽しみにしています。

     

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

「我が人生もセミナーとともに」どうぞ、

田池留吉氏の思いに沿って、田池留吉氏の思いとともに、

セミナーを中心にして我が人生を楽しみ喜んでいきましょう。


目を開けて自分の日常をある程度整えたら、

あとは目を閉じて自分の中に思いを向けていく時間をしっかりと持ちましょう。


肉を持っている以上、肉としての管理は必要です。

だらしないけじめのない生活から、意識の世界は学べません。

規律等で自分を縛るのではなくて、

本当に波動を感じてくれば、

生活は一定のリズムで整えられてくるのです。

肉も決しておざなりにはできないのです。

肉を持って意識、波動を学べる喜びがそうさせるからです。

 

みんなとともに学べる時間と空間を用意していただいて、本当にありがとうございました。

ともに思いを向けていけることが嬉しいと学ばせていただいています。


田池留吉の意識の世界が肉を持ちきちんと道筋をつけてくれました。

ただただありがたいと思いました。

ありがとう、ありがとう、よかったとそれぞれの心の中から

思いが飛び出てきたセミナーではなかったでしょうか。

どうぞ、自分の中の喜びと温もり、お母さんの思いを信じて、

信じて、ともに歩みを進めていきましょう。




◆ 

 

大阪府在住の方、及びその近辺にお住まいの方へ。


防音設備が整ったクボハウスで、瞑想等をする学びのグループが増えました。

それはいいことですが、

同時に複数のグループに属してという方も多くなって、

地域で学ぶというパターンが崩れつつあります。

そこでこのあたりで、各地域の中で学びの友と学ぶというところに戻していきましょう。

そして、それぞれにお住まいのところで、

瞑想等をするのに適した会場があれば、

その場所を活用しましょう。

行き帰りの時間が短いほうが身体が楽です。

どうしても適当なところが見つからない場合に限って、

クボハウスを地域ごとに活用させていただいたらいいと思います。


どうぞ、学びを真剣にするという意味を、もう一度それぞれに考えてみてください。

複数のグループに顔出しして、どれだけ結果を出しているか検証が必要です。

 

 あなたは、自分の肉の思いと関係なく、自分の頭とは全く関係なく、

自分の中から突き上がり、噴き出してくるエネルギーと出会っていますか。

それはもう止めることができない瞬間的なものです。

爆発的なものです。

ここを体験すれば、ああ、自分はエネルギーなんだと何とはなしに感じてきます。

それで学んでいるということではありませんが。


残念ながら、本を読むだけでは、ホームページを見るだけでは、

また自宅で反省と瞑想をするだけでは少々難しいです。

そういうことをしっかりとしながら、セミナー会場等で実体験を重ねていけば、

本を読み、ホームページを読むことで、

さらにその体験は自分の中で活かされていきます。

相乗効果です。


両輪がうまくかみあってこそ、一歩を前に出していけるんです。

もちろん自分の心を見ることを軽く見れば、前にどころか自分を落としていきます。

 

あなたの事情が許せるならば、できるだけセミナーにご参集ください。

ともに瞑想をしてまいりましょう。


以下、種水の現象を通してともに学ばせていただいたものを掲載します。



こういうこと(種水の現象)も絶対に自分の頭では理解できないんですけども、

身体が勝手に動くとか、何かエネルギーが突き上げてくるとか、

何か嬉しいとか、苦しいとか、クソッタレとか、バカにするなとか、

己一番だとか、まあ色々思いが出てくると思うんですね。

そういうことだと思うんです。そういうのを楽しんでいけば、いいんじゃないですか。

ただ、まあ楽しむっていうか、そういうことで終わっていかないで、

その出てきたエネルギーとか思いとか、そういうものをしっかりと、

今度はともに帰ろうと優しい思いを伝えていける自分に蘇っていく、

それがこの学びの本質っていうか、そうなんですよ。


だから偉いとか、出来ているとか、分かっているとか、

私は田池留吉に認められたとか、そういうくだらないところでゴジャゴジャする暇があったら、

合わせるのが難しいながらも、やっぱり、お母さんとか、田池留吉とか、ありがとうとか、

肉体細胞ごめんなさいとか、そういう思いを持って、毎日毎日瞑想をする、

もうこれは地道な作業です。

これをしたからこうどうなるとか、そういうものではないですね。

でもしなければなりません。

そのために、私達は肉体を持って、こうやって生まれてきたんですから。

それは自分と自分の約束。固い、固い、固い、固い約束。

もう自分を決して裏切らないと、こうやって出てきたんですよ。

地獄の、もう本当に奥底からお母さんに生んで頂いたという、

やっぱりそこの原点にどうしても、いつもいつも戻っていくっていうのが大切です。

どうしても何かこう前に進んで、前、前、前、前というふうに思いがちですけど、

やっぱり、いつもその原点に戻って一日瞑想を始めていく、

また次の日も瞑想をしていくという、淡々とした地道な作業を積み重ねてください。


そして、こうやって今クボハウスとかセミナーとか、

ここで今度、橿原へ行く方はいらっしゃいますかね。

あそこは、今度は120名で、前回来られた方は分かると思うんですけど、

あのセミナー会場はものすごくゆったりしています。

そこへ120名の人数しか来られませんので、

ものすごくゆったりした空間で思う存分瞑想ができると思うんですね。

そういう恵まれたチャンスを自分のものにした人は、

どうぞ、その時間と空間を活用してください。


また、そうでない方は、また8月もありますし、伊勢志摩もありますし、

まあ、自分の都合がつく限り、

やっぱり、セミナー会場に自分の肉体を運ぶっていうのは、とっても大切です。

あの、まあ、無理無理で来ても効果はないんですけども、

都合がついて、出来るならば、毎回出席されたら良いのではないでしょうか。

もうそんなに、それぞれ残された時間もないし、

やっぱり身体が元気なうちに、その自分の元気な肉体を通して意識の世界、

自分の出してきたエネルギーをしっかりと知っていくっていうのは、

これほど幸せなことはないと思います。


本当に幸せです。

自分の肉体を通して、自分が出してきたエネルギー、

宇宙に垂れ流してきたエネルギーを知って感じていける、

こんな幸せな存在はないと思います。 

田池留吉の意識が肉を持ってきてくれたからこそ、

私達はその幸せな時間に巡り会ったということをやっぱり心に留め置いて、

自分の学びを喜んでしていってください。

 

 

 

 

志摩ホールセミナー、最初の最初の最初。

種水を床に転写して愛のお部屋にしてからセミナーが始まりました。

大宝のホールよりも若干広く、窓からの眺めは最高でした。

そこは田池先生が購入されていたところで、

きしくも先生のお誕生日に最初の志摩ホールセミナーが始まりました。

志摩磯部駅から車で5分ほど。

また伊勢志摩ロイヤルホテルへは車で10分ほど。

大宝もいいですが、志摩ホールセミナーにどうぞお運びください。


まずは共同住宅等にお住まいの方優先ですが、

そのうち、ご希望があれば、

ロイヤルホテルに宿泊をされてという遠方の方達とともに

学びをしていきたいなあと思っています。


 

 

 

田池留吉氏の肉は、参加されませんが、

塩川香世さんの チャネリング により、

「田池留吉」 が 意識として 参加し、

的確でタイムリーな 指導が行われます。

「UTAの輪」 会員に 限定した

セミナーは 進行してまいります。

 

 

 

「正しい 効果的な 瞑想の仕方 1・2・B 」

「愛の瞑想・1・2・3」  1、2、3の正しい瞑想

 @ 先ず、「田池留吉に心を向ける。思う。」 ⇒ 表面でただよう闇の 噴出 と 反転。

肉の田池留吉ではなく、意識のタイケトメキチ(本当のあなた)のことです。

田池留吉を どの程度信じているか。 「愛」を どの程度信じているか。  本当の自分自身を どの程度信じているか。 

 A 「肉体細胞を思う瞑想」・ありがとう、ごめん、ありがとうの瞑想 

          ⇒ 死ぬまで元気で、本当の仕事をする。

B心の中の 奥の奥にひそみ あなたを支配し操っている大闇(神・金・権力)に心を向ける。」

   心の中の奥底にひそむ大闇の大噴出、 

   そして、優しく「愛の温もり」で受け入れる(反転)     「ともに 愛に帰ろう!!」

C 「宇宙・UFOに向けて瞑想」       「私は 愛です。」

 

 

1,2,3の1が何よりも、何よりも大切で、それがすべて


目を閉じて思う、それを瞑想と言いますが、瞑想は瞑想でも正しい瞑想をと伝えています。

正しい瞑想をしていますか。

心の中からどんどん突き上がってくるエネルギーは喜びとなっていますか。


エネルギーはみんな喜びです。

心からどんどん突き上がり、湧き起こってくる喜び、温もりの中に存在していることを感じます。

ああ、これが私の世界なんだ、そう本当に思えます。


感じた、分かった、すごいでしょうというのではなくて、それは、ただただ喜びなんです。

本当に嬉しいんです。


本当にどれだけの時、ここを感じられる時を待ち詫びていたか、

それが異語となって、自分の中から飛び出てくるんです。

 

本当にそれは、それは、何とも言えないものです。

こんな瞑想を繰り返して、重ねていける私は本当に幸せ者だと、自ずとなってきます。

ありがとう、ありがとう、最後はその思いだけになっていきます。


そんな自分を感じているから、ここにそんな自分の世界をしっかりと抱えているから、揺らぎはない。

それが自己確立の歩みだと私は思っています。

 

 

ともに学ばせていただいた三日間、ありがとうございました。

現象の時間、意識の世界に語り掛ける喜びを味わいながら、

私は幸せを感じさせていただきました。

現象の時間に前に出られたときに、

自分の心に感じ響いてくるものを大切に、

自分の学びに繋いでいってください。


ところで、今回、私の持っている種水に思いを向けていただきたく

セミナー会場を一周させていただきましたが、どうでしたでしょうか。



 

学びの友より、セミナーの感想のメールをいただきました。

一部ご紹介させていただきます。



「香世さんの持っている種水に思いを向けたときに感じたことは、田池留吉でした。

田池留吉の波動が流れていました。とても大きな喜びでした。

田池先生が指差しをしてくださっていた時と同じ、

そしてその叫びが以前のように苦しみだけではなく喜びとなって噴出してくる体験をしました。

種水は田池留吉・愛の波動でした。


今回、セミナー会場で目を閉じて思いを向けると、

田池先生がいたときと同じだと、何度も湧き上がってきました。

そこに座られているのは先生ではなく香世さんですが、

流れている波動は同じ田池留吉だと感じて、

その中でこのように学べることがただただ幸せで、喜びでした。


セミナ―ありがとうございました。

自分の中の間違い続けてきたアマテラス、

自分の中がみんなみんな待っている。

「ともに帰ろう」「ここに帰ろう」。

本当に大切な時間を頂きました。

セミナーで体験したことを信じてやっていきます。

田池留吉を思うことが嬉しい、確かにその喜びのエネルギーが存在するんだと、

セミナー会場でこのように学ばせていただけることが、

心で感じられることがどんなに喜びなのか、ありがとうしかありません。


愛の中にある、田池留吉を思い感じ信じていくということは本当すごいことです。

大きな大きな喜びです。

自分を小さくしていたということ、

凄まじい支配のエネルギーを抱えて存在してきたこと、

田池留吉を思う喜び、思える喜び、

セミナーは全身で自分を感じることができます。

このような機会をいただき、本当にありがとうございます。

たくさんの学びの友と共に、目に見えない意識と共に、学べることが嬉しいです。



自分の中のアマテラスはすべて自分のエネルギーそのものでした。

僕の心の歴史そのものでした。

日常で流しているエネルギーそのものでした。

すべてすべて自分でした、この日本で生まれ、

田池留吉に出会い、

自分の中のアマテラスと共に母なる宇宙に

思いを向けていけることがとてもうれしいと感じました。

数年前の瞑想の時にいつもいつもアマテラスに心を向けてきたと

心の中から何度も何度も溢れてきて、

今、伊勢、アマテラスと言われているこの時期に

すべて繋がっていたことをしみじみ感じて改めて自分は意識なんだと感じました。

何も思うことはない、ただただ自分の感じたものを信じていけばいいのだと思いました。


今回特にうれしかったのは塩川さんの種水に思いを向けたことでした。

先生の指さしそのものでした。

自分の中からすさまじいエネルギーが噴出してきました。

それも含めて塩川さんがセミナーを進行している姿は田池留吉に思いを向けて、

ただ田池留吉の思いのままに進められているなぁと感じました。


特別ではない私も勉強させてもらっている

と言われていた言葉がとても心に響いてきました。

うれしい、うれしい、3日間でした。ありがとうございました。

田池留吉に向いていきました。

田池留吉がそこにいた、種水を上にあげた瞬間、

心が開いて吹き上がる感じでした。

温かい、先生ありがとうございます。

その思いが溢れました。」

 

 

 「みんな仲良うになあ。」

その思いで、その言葉で、どんなときも締めくくりをされていた田池先生でした。

学びの仲間の間で、ましてや学びをしていない家族の中で、

本当の意味で仲良くしていくことは難しいことかもしれないけれど、

互いに心を見ることを教えてもらって、

そして正しい瞑想をしましょうということなのだから、

そのことに触れた人達だけでも実践に励みましょう。


肉の愚かさはお互いです。

そこをつつき通すのではなくて、

自分の中を変えることにエネルギーを注ぎましょう。

自分に優しくなれば、

相手にしっかりとした優しさを伝えることができます。


 

 

セミナーは現象中心です。

自分の心で感じることを主眼にしています。

だから、なるべく全員の方に現象に参加していただき、

そこから自分の学びを進めていただきたいと思っています。

組分けの表を作成していきます。

死ねば自分の世界があるだけです。

自分の心が何を感じ何をとらえ、

どこを向いているのか、

セミナー会場でぜひ体験してください


何も感じない、何も響いてこない、

それはなぜなんでしょうか。

独学で田池留吉の波動を感じられる

と思っておられる方もあるようですが、

果たしてどうなんでしょうか。

 

 

 従来の条件をクリアすれば

どなたでも申し込めるセミナー以外に、

もう少し人数を絞って、

ということは従来の条件にある条件を追加して、

ともに学ぼうという場を設けて、

ともに喜びの時間を持ちたいと思っています。

 

今、その準備をしていただいています。

大宝、志摩、橿原と三か所とも関西なので、

遠方の方達には申し訳ありませんが、

条件が合えば、ご参加くださればと思います。


UTAの輪の中心

愛の波動をあなたの意識の世界へどんどん流していきましょう。

あなたは、肉のあなたではありません。

あなたの中の意識の世界とどんどん通じ合ってください。

田池留吉は波動です。

田池留吉の世界をともに感じてまいりましょう。

 

 

30年もの長きにわたり、日本各地を中心に、世界各国で開催され、

 田池留吉氏が参加された UTA会セミナーは、H.26年で幕を閉じ、

H.27年からは、 「UTAの輪」セミナー として、

H.28年からは、NPO法人・UTAの輪セミナー  として、

肉の田池留吉は 参加することなく、意識の「田池留吉」が

塩川香世さんのチャネリングを 通して、的確 タイムリーに指導され

「UTAの輪」会員に限定、対象として 開催されます。

 

*********************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 



どうぞ、UTAの輪の中心、

愛へ心をしっかりと向けていきましょう。

向けていける喜びと幸せを共有しませんか。

♪ともに、ともに帰ろう・・・。 

♪愛へ帰る喜び、愛を思う喜び・・・。

 

 

いつもいつもどんなときも、

私、田池留吉を思っていてください。

そして、

私、田池留吉の世界を本当に知ってください。

喜びがあなたです。

本当のあなたへ帰っていきましょう。

 

 

田池留吉を思う瞑想、

喜んでなさっていますか。

田池留吉はあなた方の心のふるさと、

愛です。

心で分かっていますか。

 

 

愛へ帰る道は険しいけれど喜びの道です。

さあ、みんな、

私、田池留吉のもとに帰ってきてください。

待っています。

 

 

愛を信じていこう。私は愛でしたということは、

なかなか、なかなか心から信じることは難しい

というのが現状だと思いますが、

それでも、日々、淡々と愛を信じていける方向に、

喜びの瞑想を続けていきましょう。


ワンポイントメッセージ、大切になさってください。

「これからワンポイントメッセージを言います。」という形では、

あまり言わないかもしれませんが、

学びについて、その人に、セミナー会場等で言うポイントは、

言うまでもなく私から発せられたものではありません。

形からすれば、私の口を通してということですが、

それはどこから来ているのかということを、

あなたの心で分かっていただきたいのです。

その時の私には己がありません。


「ワンポイントを素直に受けていく人は、一歩進む。

そうでない人は、足踏み状態が続く。

せっかくの今世を無駄にしている人が多い。

なかには、私は反省も瞑想もきちんとしているし、

田池留吉に心の針を合わせていると言う人もいるだろう。

しかし、それは私(田池留吉)からすれば、

とてもとてもおぼつかないと言わざる得ない。

だから、私は、これからもはっきりともの申します。」

田池留吉は伝えてきます。

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

*********************************

 

定款変更及び主たる事務所移転登記が完了しました。

 

定款変更及び主たる事務所移転登記が完了しましたので、

定款並びに役員名簿を掲載いたします。


NPO法人 UTAの輪 定款

役員名簿

 

*********************************

 

このたび、「UTAの輪」は2015年11月6日から

「NPO法人・UTAの輪」として、新しく発足することになりました。

 

*********************************

NPO法人 UTAの輪 定款

(目的)


第3条

この法人は、多くの人々が抱えている夫婦の問題、子供の問題、

広くは社会に関わる諸問題などを通し、

「どのように生きていけばいいのか」について共に考え、

それぞれが自分自身でその答えを見出し、

人間が本来持っている優しさ・温もりに気付くことにより、

明るい未来、明るい社会を作り出していくことを目標とし、

そのための支援や活動を行い、

もって社会教育の推進並びに福祉の増進を図るとともに、

多くの人々が、充実した人生を生きることに寄与することを目的とする。

 

(特定非営利活動の種類)

第4条

この法人は、その目的を達成するため、

次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。


(1)社会教育の推進を図る活動

2)保健、医療又は福祉の増進を図る活動

 

(事業)

第5条

この法人は、第3条の目的を達成するため、

次の特定非営利活動に係る事業を行う。

(1)セミナーの開催

(2)グループ活動等支援事業

(3)機関誌(WEB)による普及・啓発事業

4)サービス付高齢者向け住宅支援事業


*********************************

 

NPO法人・UTAの輪  理事長 久保徹夫

 

◆NPO法人UTAの輪 志摩事務所  ◆ 2017年2月1日開設

〒517-0213   三重県志摩市磯部町穴川1178−3 ふるさと苑B館

Tel / Fax 0599-55-0225

 

◆NPO法人UTAの輪 大阪事務所  ◆ 2015年11月6日開設

〒585-0005 大阪府南河内郡河南町大宝2-4-7

Tel / Fax 0721-55-2141

E-mail utanowa2015@gmail.com      HP  http://npo-utanowa.com/

 


 

 


\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/  

 

UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。


肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、

みんな、みんなこの三次元にやってこれなかった

私達の仲間に呼び掛けます。


もちろん、

肉を持ってこの地球上に転生してきた意識達にも、

呼び掛けています。ともに、ともに、帰ろうと。


愛、心のふるさと、私達のふるさとです。

私達の心のふるさとは愛でした。

愛は、私達の心のふるさとでした。

懐かしい、懐かしい母の温もりの中へ、

喜びの中へ、

ただただ広がっていく中へ帰ってまいりましょう。


私達は、これから、250年、300年かけて、

この地球上に、そして宇宙に広がっている空間の中で、

私達は、呼び掛けてまいります。


波動として、存在していることを、

ただただ自分達の心の中で感じ合い、

共鳴し合う喜びの道を、ともに歩いていきましょう。

 

セミナーに参加することが学びではありません

学びは自分の心を見ることです。

正しい瞑想をすることです

 

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

UTAの輪ではセミナー開催事業として

「伊勢志摩ロイヤルホテル」「琵琶湖グランドホテル」を中心にセミナーを行っています。

セミナーに参加するまでに!(田池 留吉) ←クリック

 

NPO法人

UTAの輪  

 

田池留吉 UTA の 輪 セミナー

平成 27年

 塩川 香世

平成27・  少人数レベルアップ セミナー ←クリック

 

田池先生の訃報が発表された。

12月7日の12時22分のことだという。

 

田池先生、ありがとう、ありがとうございました。

真っ直ぐにこの道を。

その思いに応えていくだけです。

ともにある喜びを伝えてくれました。

伝え続けてくれています。

 

 

私は田池留吉です。田池留吉の意識です。

私とあなたの違いは、肉があるかないかだけです。

意識は同じ。意識はひとつ。

愛の中にひとつ。

私とあなたは同じです

私には肉がない。あなたには肉がある。

その違いです。

その違いの中で、あなたは自分の心をしっかりと見て

私の指し示す方向に真っ直ぐに心を向けて

淡々と、淡々と、喜こんで、

喜こんで、その一歩を突き進んでいくんです。

 

すべては整っていきます。

愛の方向へすべてが流れていく意識の流れを、

あなたの心の中に私は伝えました。

しっかりと伝えました。

この流れをあなたの中から波動として、

エネルギーとして流してください。

意識の流れが厳然としてあることを、

あなたの心は知っています。

あなたの意識の世界を、

しっかりとしっかりと信じて、

そして、私とともにあること、

愛ある世界が本当の私達の帰るべき心のふるさとであることを、

しっかりと、しっかりと伝えなさい。

 

どうぞ、どうぞ、喜びで瞑想を続けてください。

私を喜びで呼んでください。

私を喜びで思ってください。


あなたの心に応えているこの波動、エネルギー。

私はあなたの中で生き続けています。

これからも永遠に、ずっと、ずっと生き続けていきます。


あなたもあなたの中で生き続けている。

あなたの姿は目に見えません。

私の姿は目に見えません。

そうです。

肉を持っていようが、持っていまいが、

私達の本質は意識、波動、エネルギー。

私はそのことを、しっかりと、しっかりと伝え続けます。

これからも伝え続けます。

肉を、肉、形を本物とする意識の中に、

私達は衝撃を与えていくでしょう。

 

それが宇宙的規模の天変地異です。

この天変地異なくして、

人類が真実に目覚めることはありません。

これから250年、300年にかけて、

この地球上に起こってくる様々な出来事、

しっかりと心を開いて、

あなたの心の目でしっかりと見つめ、

そして、次元を超えてまいりましょう。

 

私達は次元を超えていく意識の流れの中にあることを、

ただただ伝え続けます。

*********************************

 

NPO法人・UTAの輪セミナーの参加資格のお知らせ◇

NPO法人・UTAの輪セミナーの参加資格は、

NPO法人・UTAの輪」の会員の方に限らせていただきます。

 

*********************************

 

 田池留吉の肉があってする学び。

そして、そこから田池留吉の肉がなくてする学びへ移行した2015年。

折り返し点を通過し、この移行時期が少々早い感もありますが、

私は自分の予定のコースを粛々とこなしていくことだけを念頭に、

250年後の最終に向けてしっかりと学んでいきます。


これからもともにセミナーをさせていただくことで、セミナーが私を育ててくれます。

喜びのエネルギーが喜びを育て、大きな喜びの輪となって、

宇宙に流れていくことを心から喜んでくれている田池留吉、

アルバートの意識の世界です。

帰ってきなさいと大きく広げてくれている懐の中へ、

ともに、ともに歩みを進めてまいりましょう。

どうぞ、それぞれが本当に真剣に真摯に自分のこれからを思ってください。

志摩に学ぶ場所が用意されます

それぞれ諸事情があるでしょうし、色々クリアすべき点もあるでしょう。

熟慮したうえで行動してください。

学ぶ環境、学べる環境を用意して

死ぬまで元気に学んでいけたら、

こんなに幸せな人生はないと思います。

5日、伊勢志摩ロイヤルホテルへ行くために乗車した近鉄特急の中で、

田池先生が亡くなられたと一報を受けました。

瞬間すごい人だと思いました。

やっぱり田池先生はすごいと思わざるを得ませんでした。

 

こういう形で、セミナーに参加されるんだと思いました。

 

実はその一週間前の日曜日に病院へ行きましたが、

もうすでに自発呼吸はできずの状態で、

セミナーまでどうだろうかという思いを持って帰りましたが、

セミナー開催を待っていたかのように、

先生は先生の望み通り、一人静かに息を引き取られました。

 

そして、文字通り、肉のない状態で、

今回のセミナーをともにやらせていただきました。

それも、死んでもセミナーをしますという言葉通りです。


これから、何かの折にふっと思いが込み上げてくるときがある思いますが、

しかし、瞑想をして心を向ければ、いつも、いつも応えてくれています。

いつも、ずっとともにいますというメッセージが届きます。

 

何も案ずることはない。

私に心を向けていさえすればそれでいいのですというメッセージを、

ここ最近は何度も受けてきました。

実は、346は遺言だという感じで掲載しました。

そのまま、そのまましっかりと遂行です。

田池留吉の意識とともに、

セミナーの中で学びを進めていきましょう。



 

 

私は田池留吉です。

はいどうもありがとうございます。

ともに、ともにセミナーをさせていただきました。

 

皆さんの喜んでいる様を私は受け止めました。

心から、心からありがとう。

あなたの思いをしっかりと受け止めています。

ともに、ともに、これからも、ずっと、ずっと歩いてまいりましょう。

生きてまいりましょう。存在してまいりましょう。


私達の心はひとつ。愛の中にひとつ。

ともにともに歩める喜びをただただ伝えていきます。

あなたの肉体とともに。

 

私の肉はもうありませんが、

私の意識の世界を心に感じているあなたは、

その意識の世界へ、心を向けていくこと、そのことをあなたに伝えています。

 

どうぞ、私に心を向け、私の思いをしっかりと受け止め

心から、心から愛のエネルギーを流してください。


「愛です。私達は愛でした。私達は愛です。あなたも愛です。

すべてはひとつです。愛の中にひとつです。」

このメッセージをどんどん波動として流していってください。

 

私はただただ喜びで、喜びで、あなたのその思いを受け止めていきます。

喜びです。喜びです。私は喜びです。

私の中には喜びしかございません。

私の意識の世界をどうぞ、

あなたの心の世界に広げて、広げて、広げていってください。

心から心から、ありがとう。ありがとう。ありがとう。

 

田池先生の訃報が発表された。

12月7日の12時22分のことだという。

UTAの輪セミナーをあと20年間

 

第4回UTAの輪セミナーに、田池先生が来られることは、残念ながらありません。

また、2016年、たとえば橿原でいくつかセミナーが予定されていますが、

田池先生とともに学べるかどうかは、現段階では不透明です。

 

確かに田池留吉の肉体はまだそこにあります。

しかし、もうすでに意識はその肉体を離れていると、

数週間前から伝わってきていました。

また、その辺りくらいから、田池留吉の意識の世界から、

帰ってきなさいと送っていることも受けていました。

 

それでは、この間の時間はなぜあるのかと思うとき、

ああこれは私達のお勉強だったんだと思います。

非常に分かりやすいお勉強をさせていただいています。

 

肉と意識のお勉強です。

肉体という抜け殻がそこにあるだけです。

そこに留まっている思いは何もないことを感じます。

もうすでにそこから離れ、田池留吉の意識の世界から、

ストレートに、躍動的に、ただひたすらに愛を伝えてくれています。

いついかなる時も、私に思いを向けて、

喜んで、喜んで、ともに行こうと呼び掛けてくれています。

 

自分の中に帰っていく、戻っていく、戻っていける喜びと幸せを、

日々の瞑想の中で味わっていますか。

 

もうまもなく、第4回UTAの輪のセミナーです。

宇宙を思い、心を向けていける喜びと幸せの時間と空間を共有していきましょう。

 

アマテラスの国日本に、こうして同時期に転生してきた意味、

そして喜びをあなたの心で、少なからず感じられるセミナーにしてまいりましょう。

どうぞ、あなたの中のアマテラスに、

本当の優しさと温もり、愛のエネルギーを伝えられるあなたに蘇ってください。


今回のセミナーは、諸事情により、

学びの時間は若干短いですが、

喜んでともに学びを進めていきましょう。

田池留吉、アルバートの意識とともに、学びを進めていきましょう。

*********************************

(田池留吉のメッセージ)

 

すべてよし。すべてプラス。すべて愛

肉がどんな状態であっても私は伝えます。

すべてが喜び。すべては愛。愛しか存在しない。

この世には愛しか存在しない。

私は伝え続けます。愛へ帰ることがすべてでした。


愛しかない世界があったんです。

肉、形を本物とする思い、

その闇の中から、どうぞ、どうぞ、

一人でも多くの方、抜け出してください。


あなたの心の世界、

意識の世界に灯りを灯してください。

本当の優しさ、本当の温もり、

愛ある自分に目覚めてください。

私はこのように、絶えず伝え続けます。


すべては喜び。すべては愛。

愛しか存在しない。

この世には愛しか存在しない。

この世には何もない。愛、愛、愛があるだけ。


私達のすべてが愛。

愛があるから私達は存在している。

この事実をしっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/  

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/  

平成 27年
NPO法人・UTA の 輪  セミナー ( 伊勢志摩 )

  

2015年  12月

Uストリームでの

実況

配信はありません

後日録画ビデオ公開

 

   セミナーの日程   2泊3日 (前日泊は無し)  全日程の参加が条件です。

 12月 NPO法人・UTAの輪第1回セミナー

1日目(日) 16:00〜17:00   波動の勉強  「1、2、3の正しい瞑想」

2日目
(月) 10:30〜12:00、14:00〜16:00   波動の勉強

3日目
(火) 10:30〜12:00   波動の勉強  「母なる宇宙へ向けて」

「宇宙・UFOに向けて瞑想」        「 種水のレベルアップ

     ワンポイント メッセージ と 質疑応答

 12月開催の第4回UTAの輪セミナーの開催日、および開催場所が変更になりましたので、お知らせいたします。

開催日 :12月6日(日)・7日(月)・8日(火)

開催場所:伊勢志摩ロイヤルホテル

〒517-0295 三重県志摩市磯部町的矢字笠取939-6


※ 大阪・名古屋・京都 → 近鉄特急(2時間〜2時間40分)→ 近鉄「志摩磯部駅」下車

※ 近鉄「志摩磯部駅」よりホテルまで送迎バスが出ます。


なお、申込受付期間等の詳細につきましては、

9月開催 琵琶湖「第3回UTAの輪セミナー」終了後に、ご案内させていただきます。

日程変更につき、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/  

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

意識の流れ、次元移行は順調です。

私の世界は永遠、無限、間違いありません。

私は愛です。


私から離れないように、外れないように。

間違いなく現象化します

心して学んでいきましょう。


UTAの輪の中で共に学んでいきましょう

と語っている人と共に学んでいきましょう。

間違いありません。



 

 

 

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」

「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/   

 

「心」の目次 (田池留吉)  クリック! 

 

 

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

愛はこっちだよと、

いつも、いつもあなたの心の中で伝えている私(田池留吉)と出会ってください。

 出会えば変わります。必ず変わります。

私(田池留吉)は愛。そして、私(田池留吉)はあなただから。

 

私はあなたの心の中にいます。

ずっと、ずっと初めからいます。

これからも、ずっと、ずっといます。ともにいます。

私に心を向けてください。

心を向けて広がっていきますか。

ただただ嬉しい、ありがとうの思いが突き上がってきますか。

いつも、いつも思えることが喜び、幸せだと分かっていますか。


優しく母に抱かれてゆったりと幸せだった、すべてを託していたあなたは現存します。

あなたは本当は優しいんです。

本当の優しさも温もりも喜びも、みんなあなたの中にあります。

ただ、外に求めたときから、あなたの苦しみは始まりました。

 

 

素直になりましょう。

そして、心をどんどん広げていきましょう。

肉の心は狭いです。

しかし、私達本来の心、本来の私達は限りなく広い。

限りなく広がっていく温もりの中にあります。

そこには何もない。だけどあるんです。それがひとつの世界です。

 


愛へ、心のふるさと、愛へ帰る道をともにともに進んでいこう。

果てしなく長かったけれど、

そしてこれからも果てしなく続いていくけれど、

苦しみから喜びへ変わっていく今だと呼び掛けています。

 

 

田池留吉を思うことが嬉しくて嬉しくてたまらない。

心の底からアルバートと呼んでいる。

アルバートを呼ぶ意識達の思いをはっきりと心に感じる。

瞑想の醍醐味です。

 

 

私達は最高に幸せだよ。

お母さん、ありがとう。

田池留吉と出会わせてくれてありがとう。

気の遠くなるような時間ずっと、

あなたに背を向けてきても、

あなたは愛だと伝え続けてくれていました。

あなたの思いをしっかりと受け止めました。

もう二度とその波動を忘れることはありません。

私達は、あなたの中に帰っていくだけです。

 

宇宙に向けて瞑想をすれば、

ただただ異語とともに喜びが湧き起こります。

ああ、待ってくれていたんだと。

宇宙の友がたくさん、たくさんいます。

ともに帰ろうと伝え合いましょう。

そのためにこうして、今、肉を持っています。

宇宙の波動を感じて、感じて、喜びと温もりの世界を共有していきましょう。

 

 

愛のエネルギーが深まれば深まるほど、

明と暗が、はっきりくっきりします。

これから益々はっきりくっきりしてきます。

喜びは喜びをいざない、苦しみは苦しみの中に落ちていきます。

どちらも自作自演です。

それが意識の世界。

限りなく広くて優しくて温かい世界です。

そしてそれは本物だから厳しいのです。

 

宇宙は愛。

愛のエネルギー。

愛のエネルギーは私達。

私達は愛。

私達は宇宙。

ひとつです。

あなたの中で真実への扉を開いてください。

 

 

瞑想は喜びです。

間違いなく喜びです。喜びでしかありません。

温もりです。愛です。

喜び、温もり、愛の波動をどんどん吸収してください。

吸収して、そして、あなたの中で、

喜び、温もり、愛の波動をどんどん循環させてください。

淀みをそのままにしないでください。

 

 

生まれてきた意味を本当に心から知ってください。

あなたの人生とはいったい何でしょうか。

消えて無くなるものばかりを拾い上げている人生ではないでしょうか。

 

 

本当の優しさを知っていきましょう。

本当の温もり、本当の喜びに出会ってください。

それは私達の中にあります。それは私達なんです。

愛の水道水の種水を思ってごらん。

あなたの中の田池留吉は、そう語ってきませんか。

 

 

愛の種水は、あなたの外にありますか。

それともあなたの中にありますか。

 

 

肉を持った意識達はみんな、真っ暗闇からの脱出を希っています。

しかし、どうすればいいのかその手立てが分からずじまいです。

今日も一人、そんな意識の世界を抱え持った方の思いを聞かせていただきました。

今世、学びに触れたあなた、あなたの現実はどうでしょうか。

 

 


思うことがすべてでした。思えることがすべてでした。

真実の波動はあなたの心の中に届いています。

出会っていきましょう。どんどん出会っていきましょう。

生まれてきて本当によかったと実感。

そんなあなたを次の転生に繋いでください。

 

 

どうぞ、ともに歩みを進めませんか。

愛の波動の中に存在していた私達だったと、

心から、心から知っていきましょう。

 

 


ただ一点、田池留吉を思う。

肉のある限り自分に徹底してください。

それでも、肉を離せば大変難しいです。

死後の自分をしっかりと感じてみてください。

 

 

千載一遇の出会い。

そして千載一遇のチャンス。

心に響き渡ってくる喜びの雄叫びを、

あなたの心で感じられるあなたに蘇ってください。



「帰っておいで母なる宇宙へ。」

「はい、帰ります。みんなといっしょに。」

真っ直ぐに言えるあなたは幸せなはずです。

 

 

種水のレベルが確実に上がり、それを持続する方法は、

自己供養を進めることです。

では、自己供養を進めるには何が必要でしょうか。



 

  

 

ワン、ワン。ニャー、ニャー。

彼らはこれで通じるのです。

喜びと通じているのです。

教えてくれています。

愛の波動を。  ありがとう。



 

 

愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。

ごくごく飲もう。

汗をしっかりとかき、また、愛を思い、

愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。

喜んでごくごく飲もう。そして、正しい瞑想を。

 

 

そうです。意識の流れはすこぶる順調です。

次元移行へ向けて宇宙が始動した今世でした。

今というこの時に、肉という形を持ってきたことに、

ただただ感謝です。

千載一遇の出会いを心から味わっていきましょう。

 

 

あなたの心にノックしています。

どうぞ、しっかりと心を向けてください。

愛に目覚めよの促しを喜んで受けてください。

現象はみんな喜びです。

喜びの波動をあなたに伝えてくれるのです。

あなたがあなたに伝えてくれるのです。

それはあなたが愛だからです。

 

「田池留吉!ああ、私達は、この波動をずっと、

ずっと、ずっと、ずっと前から知っていました。」

あなたの中はそう伝えてきませんか。

 

体力、気力がまだある間に、どんどん喜びと出会おう。

そして、自分に、ごめんなさい、

ありがとうと心から言える自分に生まれ変わりましょう。

心は無限大に広がっていきます。

 

 

かけがえのない大切な時間です。

素直に真っ直ぐに自分を愛していこう。

そして、お母さんに伝えてください。

信じて待っていてくれてありがとう、私は必ず帰りますと。

 

 

あなたは、心一つで存在している喜びと出会えていますか。

周りはみんな影です。

影をいつまで握っているのでしょうか。

どうぞ、今、死後の自分と出会ってみてください。

そして、本当の喜びと幸せは何か知っていきましょう。

 

 

肉体細胞の思いをいつも感じながら瞑想を継続してください。

肉体細胞は最後の最後まで喜びでつきあってくれます。

本当の仕事をしっかりとしていきなさいと伝えてくれています。

 

 

本当の自分に気付かなければ、生きても地獄。

死んでも地獄。これ本当のことです。

そして、私達人間は本当はみんなそのことを知っています。

 

 

田池先生、ありがとう、ありがとうございました。

真っ直ぐにこの道を。

その思いに応えていくだけです。

ともにある喜びを伝えてくれました。

伝え続けてくれています。

 

 

 

 

 あなたの愛のグッズ、オーリング硬いですか。

時々点検してください。オーリング、正しくできますか。

☆ 

愛の水、愛の水素水を飲んで、愛のリングに心を向けて、

死ぬまで元気で楽しい嬉しい喜びの瞑想を継続していきましょう。

 

☆ 

「私は愛である」

心の底の底の底、さらにその奥底のエネルギー、

宇宙に点在する意識達、

すべてが、この波動を待ち侘びていました。

あなたはこのことが心で分かりますか。

しっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。

 

 宇宙を呼んでください。

宇宙にどんどん思いを向けていきましょう。

私達の帰る、心のふるさと、宇宙の波動を心に呼び覚ましましょう。

今世を自らの大きな転換期にしてください。

動かなかった心の針をほんの少しでも愛の方向へ向けてください。


愛へ帰る道は、それぞれの心の中にあります。

その道と出会い、一歩、一歩歩んでいく喜びと幸せを広げてください。

 

自分の人生です。自分があるだけです。

幸せ、喜びを広げていくのも自分。

真っ暗な中に沈み込んでいくのも自分。

正しい羅針盤がなければ、

沈み込んでいるのも分かりません。

いったいどこまで落ちてきたのでしょうか。

そして、これからも落ち続けていくのでしょうか。

自己確立を目指してください。

本当の自分の波動を感じられるようになってください。

そうすれば安心立命です。

それ以外は、狂いの道です。

 

あなたは自分を信じていますか。

信じていると答えた人は、自分の何を信じていますか。

あなたの流す波動があなたの答えです。

あなたの外と中、一致していますか。

 

あなた、本当にこのまま死んでいっていいのでしょうか。

心の叫びを拾い上げてください。

そして伝えてください。ごめん。間違っていたと。

外へ向く習性のある心を内に、内に

エネルギーは内にじっと留めておくのではなく、

確認すれば温もりの中へ解き放つ

それが心を内に、内にの作業です。


思う大切さ

ゆったりとして静かに思うこと、

そして一瞬、瞬間的に思うこと、

両者とも、学びそして会得していきましょう。

その際、肝心なのは何かということ。もうお分かりですね。

今を喜んでいきましょう。

どんなにすごい時間なのか、あなたの中は知っています。

知らないのは肉を自分だと思っているあなただけです。

 

 

肉体細胞の思いを感じながら、

ということは、

本当の自分の思いを感じながら瞑想をする、瞑想ができる。

そして、日々を過ごしていく。幸せな人生です。

 

愛へ帰る喜び、愛を思う喜び、

しっかりとあなたの心に響いていますか。

母の温もりはどうでしょうか。

 


250年後の出会いを簡単に思わないでください。

今世、学びに触れた人達みんなと出会えればと思いますが、

それはどうでしょうか。

あなた、死後のあなたに聞いてみてください。

そして、本当に自分に優しく、自分を大切にしてください。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/   

 

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

田池留吉の予言 

 「これから、新しく この学びに参加する人の中から、すごい人が 現れます。」

 

これから宇宙は変わっていきます。

地球も変わっていきます。

次元移行に向かって人類も変わっていきます。

 

*******************************************************

U T A ⇒ ユー ・ ティー ・ エー と読みます。

U T A

 U、T、A、文字通り、UTAを心で感じる喜びに、あなたもその第一歩を踏み出してください。


 U=宇宙・UFO。  T=田池留吉・天変地異。  A=アルバート・


250年後に至る大きなキーワード。

そのキーワードを大切に、これからあなたの時間を使っていきましょう。


たくさんの私達の仲間、UFOとともに次元移行していく時を楽しみにしています。

「田池留吉に心を向ける。」ことが、全てです。

肉の田池留吉ではなく、意識のタイケトメキチ(本当のあなた)のことです。


*******************************************************

 

学びを知って学ばせていただいていることを喜んでいる人は多いと思います。


しかし、そのあなたの一歩、いいえ、あなたの半歩でもいいです、

あなたの歩みを前に進めていって、今世を終えてください。


まだまだ、まだまだ、真実の核心に触れていない人が多いのも現実です。


千載一遇のチャンスであると、

自分の心でしっかりとはっきりと感じ、

自分のこれからを見つめてください。


自分の次の転生に必ず繋ぐ、それを肝に銘じながら、学びを進めていきましょう。


私達は、愛の中にあります。

私達は愛です。

愛の自分に目覚めるために、今があることを知ってください。

 

あなたは、自分の心の中で、真実の世界の扉を開くことが出来ていますか。

もしかしたら、まだまだその扉の前にも行き着いていないかもしれません。

 

その前を行ったり来たり、躊躇しているうちに、結局は開くチャンスを逸するかもしれません。

周りを見渡して、誰のことを言っているのかなんて言わないでください。

あなたのことを言っているんです。そして、みんな決して他人事ではないと思います。


あなた、本当に学んで来ましたか。

学んでいますか。

何を学んで来ましたか。

何を学んでいますか。

その結果はどうでしょうか

さあ、点検しましょう。

辛口で点検していきましょう。

 

*******************************************************

*********************************

 

◇UTAの輪セミナーの参加資格のお知らせ◇

UTAの輪セミナーの参加資格は、

「UTAの輪」の会員の方に限らせていただきます。

 

*********************************

 

 

 

田池留吉氏の肉は、参加されませんが、

塩川香世さんの チャネリング により、

「田池留吉」 が 意識として 参加し、

的確でタイムリーな 指導が行われます。

「UTAの輪」 会員に 限定した

セミナーは 進行してまいります。

 

そして、あなたの心の中にも、常に 本当のあなた(=田池留吉)が

存在し、いつも あなたに メッセージを 送り続けています。

それに 気付くだけで 良いのです。

「あなたの心を 掘り下げて 掘り下げて 見ていって下さい。」

本当の事が 頭でなく 心で 分ってきます。

頭をいくらクルクルまわして考えても 分かりません。

心で 感じて下さい。それ以外の方法はありません。

 

 

*******************************************************

*********************************

 

30年もの長きにわたり、日本各地を中心に、世界各国で開催され、

 田池留吉氏が参加された UTA会セミナーは、H.26年で幕を閉じ、

H.27年からは、 「UTAの輪」セミナー として、

ご高齢(88歳)の田池留吉氏は 参加されず、意識の「田池留吉」が

塩川香世さんのチャネリングを 通して、的確 タイムリーに指導され

「UTAの輪」会員に限定、対象として 開催されます。

 

8×8=64 ⇒  6+4=10  ⇒  1+0=1  1はスタート!!!

「UTAの輪」の  スタート !!

 

田池留吉氏は、「UTAの輪 セミナー」には参加されませんが、

田池留吉氏が人選した、少人数のセミナーには、参加されます。

 

全体のレベルアップと、「UTAの輪 セミナー」につなぐためです。

*********************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

橿原セミナー、終了です。

参加された人達、それぞれに大きな収穫で家路に着かれたと思います。

私は大変、大変良いお勉強をさせていただきました。

 

中から突き上がり噴き出すエネルギー

愛を捨てた自分達にこんなに愛のエネルギーが降り注がれている、

本当に愛のエネルギーに満ち満ちている、

セミナー最終日、最後の最後の現象、

田池留吉から発信される波動、

エネルギーの一端を垣間見れた喜びを、

自分の大きな収穫として、また一歩歩んでいきます。

 

本当にありがとうございました。

これからの少人数セミナー、非常に楽しみです。



 

 本当に、千載一遇の出会いです

この出会いを決して無駄にすることなく、

ただひたすらに田池留吉を思う

田池留吉を思える自分に蘇っていきましょう。


「私は愛である」

橿原セミナー最終日の最後の現象、

ただすごいとしか表現できません。

 

宇宙すべての意識達が待ち望んできた出会いを、

今現実のものとしている喜び、歓喜。

 

それは、今、肉あればこそ味わえるものでした。

そんな体験ができる私達は、

本当にどれほど幸せなのかということに尽きます。




■ 有馬セミナー   2015−2−8〜10   定員30名 終了(動画を公開)

一番大事なことは、「田池 留吉」を、知識でなく 心で知っていることです。

人間は、たった一つの真実・本当の事を 知らないのです。

言葉でなく 波動です。  波動はダマせません。 「愛」なんです。


進行の仕方は従来のミニセミナーと変わり、二会場で行われることになりました。

会場は「イ会場」と「ロ会場」の二つ。

「イ会場」を田池先生が、「ロ会場」を塩川香世さんが担当され、

参加者はAグループとBグループの二つに分かれ、

二つの会場を交互に移動しながら学んでいくという方式です。

ただ一日目と最終日だけは、全員が「イ会場」に集まり、

田池先生の話を聞くということになります。

 

私の口を通して語る言葉、口から出てくる文言は、とても厳しいものでした。

有馬のセミナーで、ああこんなことを語っていたのかとチェックして、

やはり肉はぼんくらだと納得です。

自分の中の必死さを言葉で表現すれば、

とても厳しいものになるんだということを改めて肉で確認しました。


それだけに、本当に自分の中の思いに応えていけばいくほどに、

喜びも温もりもしっかりと心に感じられる今があること、

今、田池留吉、アルバートと呼べる、宇宙を思えることがどれだけの喜び、幸せなのかが分かります。

 

ああ、本当に今という時を逃して、明るい未来はないと心に感じているから、

愛へ帰る一本道をしっかりと歩んでいこうと自分に伝えています。


学びの足取りを自己評価しながら、

自分と自分の中で愛へ帰る道を進んでいく喜びと幸せを感じ深めていけることに感謝です。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

京都セミナー、ありがとうございました。

振り返り、新たな学びの形態により、私自身の学びのステップアップになったことを感じます。

肉は、そのことにまだ十二分に喜びを感じていないけれど、確かな一歩を私は、踏み出したと思っています。


宇宙、UFO、特に最近UFO達に思いを向け、語り掛けるということをしていったとき、

宇宙はどんどん目覚めている、UFO達はどんどん目覚めている、

そのスピードは、地球人類、こうして肉を持っている意識達の比ではないことを感じています。


だから、宇宙とUFO、そして今世、日本の国から学びが始まったということでアマテラス、

それから次元移行のキーワード、天変地異にどんどん思いを向けて瞑想をしていくことが重要だと感じます。


UTAの輪は、そういう方向にどんどん進んでいくでしょう。

田池留吉、アルバートの世界と交信しながら、宇宙とともにUFOとともに学びが進んでいきます。


だから、そんなに大勢の人達が集ってこなくてもいいんです。

本当に心を合わせて向けていける仲間達とともに、

そして、肉を持たない仲間達とともに、

田池留吉、アルバートの波動の世界を学び、

肉を持っている者は今の肉を置いて、

それぞれ次の転生に繋いでいければ万々歳です。


もうすでに250年後の舞台は整っています。

 


2009年4月発足のUTA会セミナーも、 2014年12月、第23回で最終となります。

三週間後に控えたセミナーです。ともに学べることをただただ喜んでいきましょう。


そして、年が明ければ、UTAの輪の中で、またともに学んでいきましょう。

次の転生に確実に繋いでいけるような学び方に専念してください。

自分に残された肉の時間を大切にしていきましょう。


いずれ、自身のホームページを通してメッセージを発信していく予定を
しています。


私達にはたくさんの仲間達がいます。

宇宙に彷徨い続けてきたたくさんの仲間達とともに、愛、心のふるさとへともに帰ってまいりましょう。


肉を持つ私達、肉を持たない仲間達。

ともに、ともに、次元を超えていく壮大な意識の流れの中にひとつになって、

一歩、そしてまた一歩、歩みを進めていきましょう。

 

 

先日の池田のセミナーで、愛は生きている、生成発展するという話がありました。

生成発展とは、日に新たに、古きものが滅び、新しきものが生まれるという意味

UTAの輪のほうに思いを向けると、UTAの輪もまた生成発展していくというメッセージが来ました。


田池留吉の意識が肉を持っているとき、そして肉を置いてから、

私達は、その意識の世界と交信しながら、

UTAの輪の中でともに、ともに学ばせていただけるんだと、瞑想の中で確認しています。


ありがとうございます。私は、自分の計画通りに遂行していきます。

自分の計画とは、もちろん意識の流れの計画です。

私の中の愛が、今世の目標を計画したのだから、それにただ心を合わせていくだけです。


そうすれば、この肉がある間、ない間、そして250年後の肉を持つとき、どう存在していくのか、自ずと決まっていきます。


もうそういうところまで次元移行への流れ、

意識の計画は進んでいるのだと感じています。

自分に目覚めるために、愛である自分に目覚めるために、

こうして何度も、何度も、産んでいただいたんです

こうして肉体という形を持てることが幸せだったんです。


そして、今、宇宙を思える、宇宙を呼べる、自分の中でともに帰れることを確かめ合える、こんな幸せな時を迎えています。

本当に思えば嬉しいです。ありがたいです。

愛されて、愛されて、愛され続けてきた私達だったと心の中から湧いて出てくる喜び、安らぎ。


温かい優しい波動を感じながら生きていく喜びと幸せは、決して消え去るものではありません。

また小さくなるものでもないし、薄れていくものでもありません。

 

大きく、大きく広がり、そして厚みを増していきます。

身も心もゆったりとして瞑想をし、

また瞬間、瞬間、いつも田池留吉を思う、愛と思う、

そんな時間、空間の中に肉があると感じられることが幸せなんです。


クボハウスセミナー、橿原セミナー、有馬セミナー、池田セミナー、

もちろん自宅学習を積んで、UTAの輪の中で、自己確立の道を進めてまいりましょう。

 

昨日、クボハウスでセミナーがありました。

遠方から来られた方のことを考えると、こんな近距離で学ばせていただけることに感謝でした。

 

特に、UFO達に、そして宇宙に思いを向ける瞑想では

本当に今まさに、肉を持っている私達とともに、田池留吉の世界、愛のエネルギーの中へ帰れるんだという

喜び、喜びの思いを心に受け、本当に嬉しい時間と空間でした。


また、私は、そのセミナーの前に、「愛、心のふるさと」の音読の作業を終えましたが、これもまた私には嬉しい作業でした。

 

あのスペースは落ち着けて、気持ちが集中できる場所であり、

私個人としては、この音読の作業、なかなかいいなあという感想を持っています。


こうして、2014年も過ぎ去り、新しい年を迎えます。

喜んで、喜んで、愛へ帰る、自分達のふるさとを目指して一歩を進めていきましょう。


ただひたすら、田池留吉を思って、

喜びと温もりの世界をただただ広げてまいりましょう。


 

学びを知って学ばせていただいていることを喜んでいる人は多いと思います。


しかし、そのあなたの一歩、いいえ、あなたの半歩でもいいです、

あなたの歩みを前に進めていって、今世を終えてください。


まだまだ、まだまだ、真実の核心に触れていない人が多いのも現実です。


千載一遇のチャンスであると、

自分の心でしっかりとはっきりと感じ、

自分のこれからを見つめてください。


自分の次の転生に必ず繋ぐ、それを肝に銘じながら、学びを進めていきましょう。


私達は、愛の中にあります。

私達は愛です。

愛の自分に目覚めるために、今があることを知ってください。

 

明日から橿原でセミナーです。

ともに学べることを喜んで、それぞれ、自分のレベルアップに繋げていきましょう。

ただひたすらに田池留吉を思い、自分がなぜ生まれてきたのか

なぜ、今ここに存在しているのかを、しっかりと心で確認しながら、

愛の中にある私達だということを心で味わってください。

 

瞑想の素晴らしさを心で堪能していきましょう。

また、この機会を活用して、水を愛の水に変える、

水素水を愛の水素水に変える、学びの友と楽しみながらやってみてください。

 

ホームページ立ち上げもそうだし、今回の有馬での勉強の体験、経験もそうです。

本当に幸せだと思います。このような形を通して、

さらに信を深めていく計らいを感じるからです。

「自身の放った言葉にきちんと責任を持たなければならない。

そしてまた自分の中にきちんと確信があるからこそ、

発した言葉は波動としてプラスの仕事をしていくんだ。」

これから、様々な局面でそういう体験、経験を重ね、

自身の愛へ帰る道を上っていくんだと思います。

UTAの輪での20年、楽しみです。

 


 「何も要らなかった。思える心があったからそれでよかった。」、

瞑想をしてそう感じます。

私はそう感じるから、それを信じて喜んでいるだけです。

そして、それは、決して変わらない喜びだと私は確信しています。

心から待って、待って待ち続けてきた思いに今、

触れている幸せは、繰り返し、繰り返し感じられるものだからです。


地獄の奥底で苦しみ続けてきたからこそ、

今、感じている波動がどれだけ喜びであるか、

温もりであるか、それは自分の心が一番よく知っていました

 

「田池、殺してやる」の喜びの雄叫びを何度も出させていただき、

今世ほど幸せな時間はありませんでした。

 

そして、もっと幸せな時間を私は用意しています。

250年後の「アルバート、殺してやる」は、

「田池、殺してやる」の何倍も、何十倍も、何百倍もの威力で、真実に迫っていく喜びのエネルギーです。


私は、それを自分の計画の中でしっかりと遂行して、

さらに真実の世界、愛のエネルギーを極めていきます。

 

今世は本当に大きな転換期を迎えさせていただきました。

真実の世界が肉を持つ同じ時に肉を持たせていただき、

学ばせていただいたこと、感謝しかありません。

250年後は、さらに躍進の時。

それまでしっかりと自分の中を整えていくことに専念します。

( レベルとは、田池留吉にどれだけ心の針を合わせているか、

どれだけ田池留吉を信じているかと言う事です。)

 

どうぞ、レベルアップをお願いします。

前向きに、前向きに、1、2、3の瞑想を心掛けて、

田池留吉を思うことが心の底の底から喜びとなってください。

 

そして、本を読んでみてください。

ホームページを読んでみてください。

 

心の響き方が違ってくると思います。

学びの取り組み方が変わってくると思います。

 

そして、さらに、1、2、3の瞑想を心掛けてレベルアップに繋げてください。

その中心は喜びです。愛です。

喜びで、喜びで、ブラックを確認し、そして喜びで、喜びでブラックを迎え入れていきましょう。

 


肉を持っているときに素直に真っ直ぐに田池留吉を思えない、呼べないならば、

死んで思えるはずはなし、呼べるはずはないんです。

 

その世界はどんな世界ですか。そう、闇黒の世界です。

それを肉を持っているときに学ぶべきなんです。

それが愛なのではないでしょうか。

 

 

どんどん瞑想をしましょう

どんどん心を向けてください。

確かに響いてくる意識の流れ。

その波動の世界を心に受け、あなたの中の宇宙達に伝えてください。


次元移行はすでに始まっています。

瞑想は喜びです。心を向けることは喜びです。

喜びのエネルギー、愛エネルギーを心に感じ、

そして広げ、ともに行こうと心を向け合わせていく、そんな瞑想ができるように。

ともに喜びを、温もりをそして次元移行の確かな足取りを共有していきましょう。

 

 

本来、喜びとは一過性ではありません。

ひとたび、喜びを感じれば、それはそこからずっと続いていくものです。

 

本当に愛の波動、エネルギー、田池留吉、アルバートを感じていけば、

分が作ってきた世界がどんなにちっぽけでおぞましいのかが、

たちどころに分かり、だから、そこから脱却することが簡単で、

しかも今度は、その世界に真っ直ぐに伝えることができるという喜びを逆に広げていくことができます。

 


波動を感じる、愛のエネルギーを感じる、

本当に田池留吉、アルバートを感じていくとはそういうことです。

 

だから、瞑想は楽しくて喜びなんです。

ひとつの中にある喜び、温もり、幸せは、自ずと心に響いてきます。

その心の中にいつも帰れる、こんな幸せはないのではないでしょうか。

 

ただひたすら心を田池留吉に向けていけば、愛は自ずと流れる。

その体験をされたらいいのです。

 

ああ、こうして愛は流れているんだ

その愛のエネルギーを遮っていたのは、他ならない自分だった、

肉を自分だとする思いが壁となっていたんだと、

本当に心から知る、気付いていくことが学んでいるということではないでしょうか。

 


しかしながら、愛のエネルギーを遮っている肉が自分だとする思いが、

どんなにそびえ立っているのか、まだまだ心で気付けていない人は多いと思います。


そびえ立っている、己が偉いということがどういうことなのか、

心で分かっていないのでしょう。

 

そんなに私はそびえ立っていない、そんなに己が偉いとも思っていないと呟きながら、

愛を感じたとやっていれば、こんなに滑稽なことはないと思います。

死んでからではお手上げ状態だから、

今、学ばないとと思いますが、みんな自己選択ですとしか言えません。

 

クボハウスで私自身(塩川香世)が開く勉強会。

 

顔ぶれもほぼ一定していますが、

私はその中で自分の感じ信じている波動の世界をともに味わい、

喜びと温もりの中へ帰っていける私達だということ、

愛のエネルギーは存在する、私達は愛そのもの、

ともに心をひとつにして心を向けようと呼び掛け続けます。

それはUTAの輪のセミナーも全く同じです。

 

ただ一点に心を向けて合わせていく喜びと幸せを感じていきましょうとメッセージを流し続けます。

その他のことはどうでもいいとはいいませんが、私には大きな関心はありません。

 

ただ一点、次元移行の意識の流れの中へ肉を持たない私達の仲間達とともに進んでいこうと

、しっかりと心に刻んで、私は私の勉強を遂行していくだけです。

 

その過程で、きっと私に心から賛同してくださる人達が今よりももっと多く出てくると思います。

私はその人達と歩みをともにしていこうと思います。

その歩みは決して自分自身を裏切らない歩みだと私は確信しています。

 

 

20年間、UTAの輪の中でともに学ばせていただくことが、

250年後の来世に大きく関わってくると感じています。

 

田池留吉の肉がない時間、そして、私自身まだ肉を持っている時間、

しっかりと学び、自分の計画通りに事が遂行していくこと、

ここにポイントを置いて、私の勉強は前に進んでいくだろうと思っています。


そういう流れに沿って、今、ある計画が立ち上がろうとしています。

もう少し具体的になったところで、

はっきりと自分のこれからの学び方を計画し、

UTAの輪の中で本当に真剣に学んでいこうとする人達とともに歩みを進めていきます。

250年後の本番に向けて、今の肉、喜んで使わせていただきます。


 

今世、このようにして、学びに触れているというのは事実ですから、

今、肉体を持っている今、しっかりとそして喜んで自分の心を見てください

心を中に、中に向けて、いったい自分は何を求めているのか、

何を一番大切にしなければならないのか、しっかりと自分に聞いてください。


自分の心の底の底の底の思い、そのまた奥底の思いは、

本当の自分に反逆してきた思いに違いないけれど、

しかし、その思いの本当の叫びはそうじゃないということが、

自分の心で分かってこなければなりません。

 

それは頭ではなく、自分の心から噴き出し、突き上げてくるんです。

 

本当の温もり、本当の優しさに触れ、

そして帰るべきところがあったと本当に心で感じたならば、

この喜びの波動だけを大切に、大切に、いつもそこへ戻っていこうとするでしょう。

 

ともにある喜びです。

田池留吉と思えば、もうそれは、本当に嬉しい、幸せ。

ああここに帰っていけばいいんだ、

ともにひとつ、そんな中にあったことを感じ確信してくことが、

唯一、自分を救う道です。


 

あなたは、250年、300年を視野に入れて学んでいますか。

今、肉を持って学びに触れているのだから、

今、学んでいることを必ず、必ず、自分の次の転生、

その次の転生に繋ぎ、そして、次元移行をともに果たしてください。

 

ともに帰ろうと力強く呼び掛けています。

ともに、ともに帰ろう〜、心から呼び掛けてください。

 

私達の帰るところはひとつです

それをしっかりと自分の心で確認できるようになってください。

中の叫びをしっかりと受け止め、優しい、優しい思いで、しっかりと抱き締め、帰るところを伝えてください。

 

ホームページをしっかりと読んで学びを進めていくようにしてください。


質問をされてくる人、自分を語っている人等々、よろしく頼みます。


例えば、貰った愛の水道水のボトルを検証もしないで使っている人、

レベルの高いボトルを貰っても正しく管理していない人、

正しい反転、正しい転写を常に心掛けていない人等々、

しっかりホームページを読んでください。


己偉い人が多すぎます。

己が偉い意味も分からずに勉強してもと思います。


何度も言いますが、愛の水道水は

「私は愛、あなたも愛、一つ」と語り続けています。

あなたはどうでしょうか。

心はいつもどこに向けていますでしょうか。

 

 瞑想をすることが喜びとなっていますか。

 

「田池留吉」喜びで、本当に心の底から喜びで呼んでいるあなたでしょうか。

あるのは喜びだけです。その他に何の思いもありません。

こうしてくれ、ああしてくれ、こうなってほしい、ああなってほしい、そんな思いなど微塵もないんです。

ただただ嬉しい。

 

ひとつを感じ、ともにあることを感じ、だから、心をどんどん向けていくということでしょう。

そして、それは決して特別なことでもなく、それが自然なんです。

温もりへ、喜びへ、愛へ、本当にひとつの世界を広げていける喜びです。

そういう瞑想ができることはこの上もなく幸せなことです。

あとは、肉の中で適当に流れ楽しんでいればいい。

 

自分の中にしっかりとした中心棒があるということは、

本当にすごいことだと思います。

帰るところを知っている。だから帰っていこうと呼び掛けることができる。

喜びと温もりの中の大行進を感じる。中心棒の樹立に勝るものはありません。


愛の水道水の種水は、感じるためにあるのです。

愛のリング、愛の円盤等ももちろんそうです。

分かりやすいように、形を持って、あなたの外から伝えてくれています。

しっかりと感じてください。

 

 狂人たち、いいじゃないですか。

私は本気で真剣に学びをする人達と歩みをともにしたいんです。

 

セミナー会場もいずれ、琵琶湖畔から志摩の地へ。

どうやら今世の締めくくりは、やはり伊勢志摩。

アマテラスの喜びとともに、しっかりと今世を締めくくります。


しかし、その一方で、気持ち的には、大阪はまだまだ去り難いというのが本音です。

上町台地よ、さようならという気持ちにはまだなれていません。

当分の間、行ったり来たりの生活が続くだろうと思っています。

 

それも楽しからずやというところでしょうか。

そのうち、こうすればいい、こうしようという思いが出てきますので、その流れに沿っていきます。

 

要は、意識のほうは真っ直ぐにということで、

その道筋は私の中でついているので、

肉は縛られず、楽しみながら、残りの人生を、

250年後の本番に向けてしっかりと生きていきます。

田池先生、何もかもありがとうございます。

 

セミナーで感じるものがあっても、

時間の経過とともに、濁流に流され流れていくことを繰り返していては、

私達と歩みをともにすることはできません。


どうぞ、いつも、自分はなぜ生まれてきたのかというところに戻って

自分を大切にしてください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


*******************************************************

 

あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。

何をするために今という時間があるのでしょうか。

あなたは、本当の自分を知っていますか。

あなたはどういう存在でしょうか。

そして、死んだ後、どのような状態であるかご存じでしょうか。

 


UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。


肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、


みんな、みんないっしょに、愛 、心のふるさとへ帰ろう。


********************************************************

 

********************************************************

 

思うことがすべて。  思えば通じる。

思いは波動。  波動はエネルギー。

エネルギーは仕事をします。

思いは現象化します。

 

私はあなた、あなたは私。私達は一つ

 

 

『 喜び     ありがとう     笑顔 』 

********************************************************

 

30年もの長きにわたり、日本各地を中心に、世界各国で開催され、

 田池留吉氏が参加された UTA会セミナーは、今年で幕を閉じ、

年からは、 「UTAの輪」セミナー として、

ご高齢(88歳)の田池留吉氏は 参加されず、意識の「田池留吉」が

塩川香世さんのチャネリングを 通して、的確 タイムリーに指導され

「UTAの輪」会員に限定、対象として 開催されます。

 

8×8=64 ⇒  6+4=10  ⇒  1+0=1  1はスタート!!!

「UTAの輪」の  スタート !!

 

田池留吉氏は、「UTAの輪 セミナー」には参加されませんが、

田池留吉氏が人選した、少人数のセミナーには、参加されます。

 

全体のレベルアップと、「UTAの輪 セミナー」につなぐためです。

 

********************************************************

「UTAの輪」の会員に限定した

 平成 27年 

 

NPO法人・「UTA の 輪」  セミナー

 

 塩川 香世

 

 

瞬間、一瞬、一点。

心を向けるトレーニングの合言葉です。


12月のUTA会セミナーまでに、会得しておいてください。


思いは一瞬です。瞬間的なものです。


Oリングは完ぺきに。

Oを作る指に力を決して入れないように。

指の先端を合わせること。指の腹を合わせないように。

 

あなたの心の針を私・田池留吉に向けてください。

田池留吉を思うように努めてください。


10月から、パッ・パッのセミナーを始めます。

レベルアップをお願いします。

私・田池留吉を愛をどれだけ信じているかを確認しましょう。

愛のエネルギーは凄い、本物です。


必要不可欠のもの、
母親の温もりを心に広げていきましょう。

後は、愛を思い、愛に帰る道をみんなとともに進めていくだけ。


人生は喜びです。ただただ喜びです。

肉のことは程々で、人生を全うしましょう。

愛、心のふるさとに帰りましょう。

約束を遂行していきましょう。

 

橿原、有馬、京都、池田、箕面とセミナーが予定さています。

雄琴のUTAの輪を考慮してのそれらのセミナーです。


私達は、本当にたくさんの学ぶチャンスを用意してきました。

自らを変えていくことを心に誓ってきたことをしっかりと思い起こし、

今、肉を持って学べる喜びを味わってください。


一人ひとりが愛へ帰る道にあることを、自分の中でしっかりと感じてください。

そして、次の転生に繋ぐことに専念してください。


凄まじいエネルギーを蓄えてきたのはみんなに共通のことです。

例外はありません。

しかし、いつまでも抵抗勢力を野放しにしていては、自分との約束を違えることになります。

本気で真剣に愛を捨ててきた自分を愛に帰してください。

 

 

京都セミナー、ありがとうございました。

振り返り、新たな学びの形態により、私自身の学びのステップアップになったことを感じます。

肉は、そのことにまだ十二分に喜びを感じていないけれど、確かな一歩を私は、踏み出したと思っています。


宇宙、UFO、特に最近UFO達に思いを向け、語り掛けるということをしていったとき、

宇宙はどんどん目覚めている、UFO達はどんどん目覚めている、

そのスピードは、地球人類、こうして肉を持っている意識達の比ではないことを感じています。


だから、宇宙とUFO、そして今世、日本の国から学びが始まったということでアマテラス、

それから次元移行のキーワード、天変地異にどんどん思いを向けて瞑想をしていくことが重要だと感じます。


UTAの輪は、そういう方向にどんどん進んでいくでしょう。

田池留吉、アルバートの世界と交信しながら、宇宙とともにUFOとともに学びが進んでいきます。


だから、そんなに大勢の人達が集ってこなくてもいいんです。

本当に心を合わせて向けていける仲間達とともに、

そして、肉を持たない仲間達とともに、

田池留吉、アルバートの波動の世界を学び、

肉を持っている者は今の肉を置いて、

それぞれ次の転生に繋いでいければ万々歳です。


もうすでに250年後の舞台は整っています。

 

私達は愛のエネルギー、

愛こそ私達のふるさと、

共に共に帰るところです。

私達は争ったり、傷付け合ったりする存在ではありません。

共に共に愛に帰る存在です。


私達は何故転生を繰り返してきたのか、

なぜ生まれてきたのか分かってください。


忘れ去った、見捨てた愛に目覚めるためにのみに私達は、

今、この星に生きているのです。


見えますか、聞こえますか、感じてlますか。愛が、愛を。

みんな一つ、この道を、愛へ帰る道を、

共に共に喜んで喜んで進んでいきましょう。



◆ 

 

 

「正しい 効果的な 瞑想の仕方 1・2・B 」

「愛の瞑想・1・2・3」  1、2、3の正しい瞑想

 @ 先ず、「田池留吉に心を向ける。思う。」 ⇒ 表面でただよう闇の 噴出 と 反転。

肉の田池留吉ではなく、意識のタイケトメキチ(本当のあなた)のことです。

田池留吉を どの程度信じているか。 「愛」を どの程度信じているか。  本当の自分自身を どの程度信じているか。 

 A 「肉体細胞を思う瞑想」・ありがとう、ごめん、ありがとうの瞑想 

          ⇒ 死ぬまで元気で、本当の仕事をする。

B心の中の 奥の奥にひそみ あなたを支配し操っている大闇(神・金・権力)に心を向ける。」

   心の中の奥底にひそむ大闇の大噴出、 

   そして、優しく「愛の温もり」で受け入れる(反転)     「ともに 愛に帰ろう!!」

C 「宇宙・UFOに向けて瞑想」       「私は 愛です。」

 

 

1,2,3の1が何よりも、何よりも大切で、それがすべて


目を閉じて思う、それを瞑想と言いますが、瞑想は瞑想でも正しい瞑想をと伝えています。

正しい瞑想をしていますか。

心の中からどんどん突き上がってくるエネルギーは喜びとなっていますか。


エネルギーはみんな喜びです。

心からどんどん突き上がり、湧き起こってくる喜び、温もりの中に存在していることを感じます。

ああ、これが私の世界なんだ、そう本当に思えます。


感じた、分かった、すごいでしょうというのではなくて、それは、ただただ喜びなんです。

本当に嬉しいんです。


本当にどれだけの時、ここを感じられる時を待ち詫びていたか、

それが異語となって、自分の中から飛び出てくるんです。

 

本当にそれは、それは、何とも言えないものです。

こんな瞑想を繰り返して、重ねていける私は本当に幸せ者だと、自ずとなってきます。

ありがとう、ありがとう、最後はその思いだけになっていきます。


そんな自分を感じているから、ここにそんな自分の世界をしっかりと抱えているから、揺らぎはない。

それが自己確立の歩みだと私は思っています。

 

 

あなたの許にきた愛の水道水のプラスチック容器

確かにそれで触れることによって、たとえばコップの水道水の状態に変化が起きる。

つまり、愛のエネルギーが存在すること、

そのエネルギーが仕事をしていることが、

五官を通して確認できます。

 

ただし、そのプラスチック容器、見た目は同一だけれど、みんながみんな同レベルではありませんでした。

手にした最初の最初はそうだったけれども、やはりそれを扱う人によって、時間の経過とともに差が生じていきます。

いったいそれはどういうことでしょうか。

 

家族の中で、学びの友との間でそれを確かめ合うのも、いいかもしれません。

そして、最初の状態を持続していくように、できるように、1,2,3の「1」に力点を置いてください。

 

1,2,3の瞑想で、なかなか肉が崩れない人を見受けますが、それは表面上のことです。

中は凄まじいエネルギーの坩堝です。

 

それを知っていくために、やはり肉でも、最初はある程度努力してください

たとえば、音を発するんです。何でもいいんです。

 

お母さんと声に出して呼んでみる、何度も、何度も。

ふるさとの替え歌をしっかりと歌う。

アーでも、ウーでも何か、自分の外に自分の中の溜め込んできたエネルギーを出してみようとする。

 

もちろん、母に使ってきた思いを見る。

ゼロ歳の瞑想をする。

そういうところから始めて、やはり、自分の中の凄まじいエネルギーを自分の身体で体験することがベストです。

 

 

 何故、現在、瞑想3、それも底の底の底のもう一つ底なのか

更に、瞑想がUFOに向かってなのか、お分かりになっておられるでしょうか。


私は、前々から死んだら分かるとお話してきましたが、

この言葉の意味を本当に分かっていただいているでしょうか。


参考までに、

「UFOの目覚めとともに宇宙の藻屑という言葉・波動を」

とお伝えしておきます。

この際、もっともっと意識の転回をとお伝えしておきましょう。


  ただ今、予定通り意識の流れは極めて順調に流れています。

だから、自然が、人間がどうなるのかお分かりでしょうか。

心を見るのですよ、 心でしか真実は分かりませんよ。


 

学びの基本は母の温もりです。


母の温もり、本当の母の思いを心に感じ広げていくということがなければ、

自分の底の、底の、底の、奥底のブラックのエネルギーを出すこともできなければ、

そのエネルギーに愛が伝わることもありません。


しかし、意識の流れは粛々として流れています。

だから、流れにそぐわないものは、

厳然として流れる流れの中に自然淘汰される、

つまり宇宙の藻屑として彷徨い続けるしかないのです。


それは冷たいのではなくて、自然なんです。

それが意識の世界ということです。

内なる田池留吉を思えるように学んでいきましょう。

 

「自分の心の底の底を見るのに、仲間だけでは・・・・」という質問に対する回答


自分よりレベルの高い仲間と、愛に目覚めている仲間とされるとよいかと。


私か塩川さんと共にか、塩川さんにレベルが近い方とされるとよいかと思います。

もちろん、レベルが今一つの方達とされる学びを否定するものではありません。   

 

自分に目覚めるために、愛である自分に目覚めるために、

こうして何度も、何度も、産んでいただいたんです

こうして肉体という形を持てることが幸せだったんです。


そして、今、宇宙を思える、宇宙を呼べる、自分の中でともに帰れることを確かめ合える、こんな幸せな時を迎えています。

本当に思えば嬉しいです。ありがたいです。

愛されて、愛されて、愛され続けてきた私達だったと心の中から湧いて出てくる喜び、安らぎ。


温かい優しい波動を感じながら生きていく喜びと幸せは、決して消え去るものではありません。

また小さくなるものでもないし、薄れていくものでもありません。

 

大きく、大きく広がり、そして厚みを増していきます。

身も心もゆったりとして瞑想をし、

また瞬間、瞬間、いつも田池留吉を思う、愛と思う、

そんな時間、空間の中に肉があると感じられることが幸せなんです。


クボハウスセミナー、橿原セミナー、有馬セミナー、池田セミナー、

もちろん自宅学習を積んで、UTAの輪の中で、自己確立の道を進めてまいりましょう。

 

 

たくさん、たくさん、苦しんでください。悩んでください。

そして自分に絶望してください。肉は下らないと自分に絶望してください。

しかし、その下らない肉を引っ提げてしか、真実の道、愛へ目覚める道は見出せなかったんです。

だから、肉は大切なものです。そして、肉には期限があります。

体力、気力のあるうちに、下らないものを素晴らしいと掲げ、

そこに全エネルギーを注いできた過去の自分を振り返り、

肉基盤で広げてきた、感じてきた世界をどんどん見ていきましょう。

 


本当のことは心で分かる、心でしか分からないということを、徹底してください。

どんなに頭を回しても絶対に分かるはずはないんです。

また、どんなに言葉を連ね、重ねても、最後は波動です。波動です。

 


自分からどの程度の愛のエネルギーが流れているか。

宇宙へ流しているエネルギーは、本当に愛のエネルギーなのか。

はたまた依然としてブラックのエネルギーなのか。

1、2、3の正しい瞑想でしっかりと検証をして、

正真正銘の波動の世界が分かる人間になりましょう。

 

橿原のセミナーから二週間経ち、今度は、有馬でお勉強です。

そこから一ヶ月後の第一回UTAの輪のセミナーを視野に入れて、

ともに学べる時間を心から喜んでいます。

 

今、あなたの状態はどのような状態でしょうか。

1、2、3の正しい瞑想をして、今という時を切望してきた自分との出会いを深めていますか。


どんなに愚劣で救いようがなくても、それでも懲りずに今世、母に産んでいただいた思いを感じていますか。


愛に帰ろうとする本気度、真剣さが問われるこれからの時間です。

田池留吉を本当に思っているか、思えるか、その一点だけです。

 

田池留吉の意識に針を合わす、淡々と繰り返し、

そのトレーニングを継続する、それしかありません。

 

 

私は、昨年の夏ごろから、クボハウスで「ともに瞑想会」という勉強会を持たせていただいています。

2015年発足のUTAの輪セミナーを念頭に置きながら、

私自身の試みで始めたというのが、主な目的でした。

 

これまでに、出席していただいた人達から、喜びのメールをいただいてきましたが、

今日、メールを下さった学びの友にありがとうをお伝えしたいと思いました。

 

今世自分と縁のあった人で、学びに繋がっておられるならば、どうぞ、その人達と、まず学んでください。

ともに瞑想をして、ともに励まし合って、喜び合って、

少しでも、自分の中の愛のエネルギーを信じられる仲間としてお付き合いください。

身近に学びの友がいる幸せを味わってください。

 


 

 キーワードは、「意識の流れ アルバートとともに」。

瞑想をしているとき、そう心に上がってきて、

そうなんだ、そうなんだと、300年の中で、次元移行を果たしていく喜びが心に突き上がってきます。

 

涙が溢れます。

今、こうして肉を持たせていただいて、田池留吉氏の道しるべに従って、

真っ直ぐに進んでいきなさいという学びの時間をいただいていることが本当に嬉しくてありがたいです。

 

愚かな肉、幼稚な肉でも、肉あればこそ、どん底の意識の世界に光を当てることができたんです。


すごい時間です。田池留吉を思えば思うほど、本当にすごいと思います。

私の中の全宇宙がアルバートを呼んでいる、アルバートを求めている。

今、田池留吉の世界に心を向けられる、合わせていけることがどんなにすごいことなのか、

さらにそのすごさを私の意識の世界は知っていくのだと思います。

それが私と私の約束だ、そう感じています。

 

学びについて話を聞いて分かるものではありません。

目と耳で得た情報をいかに脳に伝達するかではなく、

それらの情報から自分の心がどう反応するかです。

 

だから心が反応しなければダメです。

心が反応するということは、肉として見える部分に変化が起こってくるんです。

肉は心の投影だからです。


お母さんの温もり、愛へ帰ろう、いい話だ、

ああそんな世界もあるのか、あるかもしれない、その程度では、とてもとてもです。

心の実体験、実感を重ねて、重ねて

それでも、私は肉だというところか抜け出していくのは難しいんです。

難しいけれどやるしかありません。

 

実践を通して、確実な成果を上げていきましょう。

自分に愛を伝えることが実際にできなければなりません。

 

オーリングも瞬時に硬くなる、さらにもっと硬くなる、そういうことは淡々とできて普通なんです。

別にすごいことでも何でもありません。

私達はすごい存在なんです。

私達というのは、学びに集っている私達と限定しないでください。

しっかりと学んでまいりましょう。

 

自分の決めてきた時期に学びに集った私は、

私に誠心誠意向かい合っていこうとしてきたチャンスを決して無為にしたくはありませんでした。

 

それまでどんなに肉、肉、肉で生きてきたとしても、

何とかそこから抜け出そうと学んできました。

 

私を見つけてくれたのは、田池留吉氏の千里眼でしょう。

それはすべて意識の流れだと私は解釈しています。

 

そして、私は「磁場と反転」の本の中にも書きましたが、

必要なのは、固い決意と、少しの勇気と、自分に対する真面目さだと思っています。


私は、今も、これからも、ずっとその姿勢で、真実の世界を学んでいくことは確かです。

次元移行という意識の流れは、私の中で確固たる事実であって、

その流れの中にこれから始まるUTAの輪のセミナーがあるというだけです。

 

すべては自分の計画してきたこと

そして、それは意識の流れの中の一コマだという思いを持っています。


 

水道水を愛の水道水に変えることを試み、愛のエネルギーの存在を、

自分の肉体を通して知ったなら、さらに愛の世界を心で確信するために、

正しい瞑想を継続習慣化してください。

 

感じた、分かった、認めてではなくて、ただただ喜びを静かに淡々と広げていってください。

そして、粛々と流れる意識の流れを感じていきましょう。

 

愛が流れている、愛にいざなわれている、

だから思うことがすべてであり、思うことが喜びなんだと心の体験を重ねてください。

 

そうしていくことが喜びの人生だとはっきりと自覚できます。

愛を感じていくこと、日々の中で愛を感じていくこと、

それは決して難しいことではありませんでした。

愛が流れていることを知ることが喜びでした。


 

決断と断行を。


己偉い
人、甘い甘いですよ。


自分の心の針を田池留吉に向けているかどうかだけです。


田池留吉を捨て去り,忘れ去っている人の人生は苦しみ、

自分自身に冷たい人、自分自身に誠意がない人は分裂していくでしょう。

 

正しい瞑想をやっていますか。ほんとにほんとにやっていますか。


では、復習といきましょうか。


@ お母さんの温もり


お母さんの反省

お母さんの瞑想

0歳の瞑想


A 正しい瞑想1.2.3


1. 田池留吉を思う。最重要

田池留吉に心の針が向いていない、すべて間違い。


2.3, 3は自分の心を思う。心の針を向ける。

闇の噴出、共に心のふるさと、愛に帰ろうと心を向ける。

肉の思いの総崩壊となる。


B 宇宙を思う。田池留吉の宇宙、愛の宇宙、母なる宇宙を思う。    

 

 

 

*******************************************************

「ふるさと」 の替え歌    ←クリック  

 

「ふるさとの替え歌」

♪ 

 

 ともに    ともに    帰ろう

遙か     彼方   ふるさと

愛は    今も    心に

思い   出そう    約束

 



帰って   おいで   我が家に

どんな   ときも   待ってる

ここが   君の   ふるさと

愛へ    帰ろ    ふるさと



たった   ひとつ   真実

やっと   やっと   出会った

超えて  いこう    喜びで

とわに   ひとつ    我が友

 


  

 

「  愛へ      帰る      喜び     

愛を      思う      喜び   

心の      中に       喜びが

みんな      ひとつ      この道   」

 

 

 

*******************************************************

 

あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。

何をするために今という時間があるのでしょうか。

あなたは、本当の自分を知っていますか。

あなたはどういう存在でしょうか。

 


UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。

肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、

みんな、みんないっしょに、愛 、心のふるさとへ帰ろう。

 

********************************************************

 

 私達は、今、肉体を持っています。肉体という形を持っています。

しかし、私達の本質は意識。愛、愛のエネルギーなんです。


波動の世界がすべてでした。

私達は形の世界を本物として、

ずっと、ずっと、長い間、気の遠くなるような長い間、転生を繰り返してきました。


すべて苦しい転生でした。間違った転生でした。真っ暗闇の転生でした。

その中に真実は何もなかったんです。真実は心に届かなかった。


このことに、誰もこの地球上に転生してきた人達、

誰一人として、心で気付いた人はいなかった。

誰一人、真実を明らかにする人はいなかった。

 


しかし、今、こうして、私達が肉体を持っているこの三次元の中で、

ようやく、ようやく、田池留吉、アルバートという真実の波動の世界と出会い、

三十年の学びの時間を経て、

私達は、真実の道、愛へ帰る道を、自分の心の中に見出し始めています。


だから、私達は呼び掛けます。

宇宙に彷徨う私達の仲間、

この三次元にやってこれなかった私達の仲間に呼び掛けます。


もちろん、肉を持ってこの地球上に転生してきた意識達にも、呼び掛けています。

ともに、ともに、帰ろうと。


愛、心のふるさと、私達のふるさとです。私達の心のふるさとは愛でした。

愛は、私達の心のふるさとでした。

懐かしい、懐かしい母の温もりの中へ、

喜びの中へ、ただただ広がっていく中へ帰ってまいりましょう。


私達は、これから、250年、300年かけて、

この地球上に、そして宇宙に広がっている空間の中で、私達は、呼び掛けてまいります。


波動として、存在していることを、

ただただ自分達の心の中で感じ合い、

共鳴し合う喜びの道を、ともに歩いていきましょう。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

田池留吉の予言 

 「これから、新しく この学びに参加する人の中から、すごい人が 現れます。」

********************************************************

 

  • \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/  

 

  • *********************************

 

◇UTAの輪セミナーの参加資格のお知らせ◇

UTAの輪セミナーの参加資格は、

「UTAの輪」の会員の方に限らせていただきます。

 

*********************************

 

  「UTAの輪」では、セミナーに参加される90才以上の方のセミナー料を、

無料とさせていただくことになりました。

( ※ 該当セミナーの期間中に90才の誕生日を迎えられる方も含まれます)


すでに第1回UTAの輪セミナー料をお振込みいただいた方には、

セミナー会場にて返金させていただきます。


なお、90才以上の方で、セミナーに参加を希望される場合は、

「UTAの輪」のトップページの下記にある「お問い合わせ」から、

必ず、参加申込の連絡をお願いします。

こちらに届き次第、申込受付確認のメールをお送りしますので、ご確認ください。

 

平成 27年
UTA の 輪  セミナー ( 琵琶湖 グランドホテル )
第1回

2015年  3月

Uストリームでの

実況

配信はありません

後日録画ビデオ公開

 

   セミナーの日程   2泊3日 (前日泊は無し)  全日程の参加が条件です。

 3月

1日目8(日) 16:00〜17:00   波動の勉強   「1、2、3の正しい瞑想」

2日目9(月) 10:30〜12:00、14:00〜16:00   波動の勉強

3日目10(火) 10:30〜12:00   波動の勉強

「宇宙・UFOに向けて瞑想」            「母なる宇宙へ向けて」

     ワンポイント メッセージ 

「UTAの輪会報」クリックして、ダウンロードしてください。

{ パスワードが必要です。 }

*********************************

 


この学びは、自分の心の体験がすべてです。

自分で体験、経験して、心で学ぶことが第一です。

頭ではなく、理屈でもなく、自分の心がみんな知っているんだということをしっかりと感じていくことから始めていきましょう。

 

あの人も、この人も、外から見れば狂った状態ですが、そういう状態に、まず、自分もなってみることです。

凄まじいエネルギーだと言われても、

心の中から噴き上がってくると聞いても、

見て聞いているだけでは分からないと思います。

 

肉では絶対に止められないものが自分の中に存在する不思議さ、

嬉しさの体験を重ねていくことが、肉、形ではないんだと心で感じていく術なんです。


大なり小なり、みんな時間を作って、お金を使って、

家族や職場の人達の協力を得てということですから、

ぜひ自分のために学べるチャンスを活かしてください。


 

 

3月開催の第1回UTAの輪セミナーに参加される方で、

指輪をお持ちの方は、セミナーに指輪を持参してください。


但し、指輪は結婚指輪のような宝石の付いていない物に限ります。

 

 

いよいよ今月、3月8日、第1回UTAの輪セミナー、スタートです。

たくさんの学びの友とともに、愛へ帰る道をともに行こうと学ばせていただけることを喜んでいきます。

もちろん、私達には、肉を持たない数知れない仲間がいます。

苦しみながら、狂いながら、田池留吉の愛を目指しているんです。

 

だから、心を向けていけば、私達の心の中で愛へ帰ろうという呼び掛けに反応してくるでしょう。

どうぞ、心を広げて、母の中へ、温もりの中へ、この喜びの道をともに行こうと心を向けてください。

みんな自分です。

自分に優しく、ただただ優しく、そして喜び、喜びで、

私達のふるさと愛へ帰ろうと伝えていける自分に蘇ってください。

 

 

 

ホームページ上の「セミナーの概要」に掲載していますとおり、

第1回UTAの輪セミナーより参加日程は全日程のみとなりました。

セミナー中、ホテルに宿泊をせずに勉強に参加することはできません。

また、途中での外出も認められておりませんので、お気を付けください。


詳細につきましては、「セミナーの概要  4.セミナーの参加資格、セミナーの規則」にて、ご確認ください。

 

 第1回UTAの輪セミナー、無事終了させていただきました。

ともに学ばせていただきありがとうございました。

長く鈍感だった私です。

しかし、自分の中のエネルギーが肉に響いてくる喜びを段々に知っていって、

今こうして心に響いてくる波動の世界の喜びを素直に流していけることを喜んでいます。


セミナー二日目の最後、

ふるさとを歌って喜びのエネルギーが汗となって流れていった現象、

私は大変嬉しかったです。

 

昔、昔、喜びの現象ということで、飛び上がり、みんな汗だくになったことを思い、

セミナー会場で汗が噴き出すほど身体を動かす嬉しさを久々に味わいました。


私は、淡々と自分の歩むべき方向に歩みを進めてまいります。

たくさんの宇宙の友が待っています。

ともに田池留吉、ともにアルバート、ともに帰ろう、

そう心を向けていくことをしっかりとやっていくだけです。

またともに学んでまいりましょう。


 

セミナーの現象の時間は楽しかったです。ただ楽しかった。

ひと味もふた味も違う風景が私の中で広がっていきました。

田池先生が、よく言われていたこと、

「セミナーが楽しくて、楽しくてたまらない。」その一端を垣間見たような。

だから、ひと味もふた味も違う風景の中で、この肉を使えることが嬉しかったです。

 

セミナー会場に集う一人でも多くの方が、

それぞれの肉を突き破って意識達の思いを、もっと、もっと拾い上げてほしい、

そんな思いで、私は、これからも、ともに心を向けていきたいと思いました。

 

私は、このような形で、このような方向で学ばせていただけるんだと思えば、何か本当に幸せを感じます。

本当のことが分かって、本当のことをしっかりとはっきりと伝えていけることが、こんなにも喜びなんだ。

ありがとうと喜び、幸せ、温もりをただただ広げていけることが、それだけが喜びなんだ。

しっかりと歩いてまいります。

 

 第1回UTAの輪セミナーの録画を見てくれた

アメリカ在住の学びの友からのメールを転送していただきました。

ありがとうございます。

昔、私に言ってくれた言葉が思い出されます。

学びの友よ、死ぬまで元気でともに学んでまいりましょう。

 

自分の流してきたブラックのエネルギーをしっかりと自分の心で確認する。

心の奥底から突き上がってくるエネルギーのすごさを身を以って確認する。

まず確認ができるようになってください。

 

そして、どんどん、どんどん自分の中のエネルギーをただ出すのではなく、

それを解き放していくんです。優しさ、温もりの中へ解き放してあげるんです。

 

それにはどうすればいいのか。そこをしっかりと学んでいきましょう。

その体験ができるように心をしっかりと向けてまいりましょう。

水の実験もそうですが、自分ができなければ意味がありません。

聞いて、見て分かる世界の話ではありません

 

田池留吉をただひたすらに思う。

極意はこれです。

 

しかし、ただひたすらに思えない心があるはずです。

その自分の世界を直視すること、

そうしていけば、自分の中の愛が目覚めて、

さらに自分を見つめる喜びに出会います。

出会いは喜びです。出会っていこう。

 

ただひたすらに田池留吉を思えるまで、

田池留吉を思えば喜びとなるまで、

ただただ喜びで出会っていきましょう。

 

 

外へ向く習性のある心を内に、内に

エネルギーは内にじっと留めておくのではなく、

確認すれば温もりの中へ解き放つ

それが心を内に、内にの作業です。

 

 

肉が忙し過ぎるのは、学びをしていくにあたって、決していい状態ではありません。

身体が疲れていては瞑想どころではないでしょう。

瞑想に集中できないほど、身体が疲れている、

あるいは、色々と考えることが多くて、思いが分散してという生活パターンが続いていけば、

学ぶ意欲もいつの間にか薄れていきます。

 

それぞれに事情があって、現実はなかなか厳しい人達もおられるでしょうが、

そこは自分の心に問いかけていって、今世の出会いの意味を心で知ってください。


もちろん、自己選択です。そして、自己責任です。

これは意識の世界の絶対的なルールです。

それは、肉の世界の厳しさとは桁外れです。

本当の温もり、優しさ、広がりの世界は、本当の厳しさを伴ってきます。

 

 

思うだけで嬉しい。思うだけで幸せ。喜び。

この体験をあなたはもうすでに自分の中でしていますか。

何度も、何度も、繰り返して体験を重ねていますか。

 


思うことは喜びです。思えることは喜びです。思うだけでいいんです。

瞬間ふっと思えば通じる世界にあることを心で知ったならば、もう何も本当に要りません。

本当に要らないんです。

 

しかし、要らないと言っても、形の世界においても満たされています

意識の世界は、言うまでもなく、こんな幸せであっていいのかと思うほどに、満たされています。

それでも、満点ではないんです。

 

来世という本番があるから、今世は満点にまでは到達しないけれど、

それでも今世は、まだ学ぶ時間を用意しているから、

可能な限り満点に近づいていく楽しみを楽しんでいきます。

 

田池留吉の肉無き後の学びの時間、大切にします

喜んで学びます。

すべては意識の流れの計画です。

田池留吉、ありがとう。実に嬉しいです。

 

愛へ、愛へ、喜びと温もりの中へ。

波動を深く、さらに深く感じていこう。

 

平成 27年
UTA の 輪  セミナー ( 琵琶湖 グランドホテル )
第2回

 2015年  6月

Uストリームでの

実況

配信はありません

後日録画ビデオ公開

 

    セミナーの日程   2泊3日 (前日泊は無し)  全日程の参加が条件です。

 6月   自分の心で感じる実践・「自分の心の中のエネルギーを確認」

1日目28(日) 16:00〜17:00   波動の勉強   「1、2、3の正しい瞑想」

2日目29(月) 10:30〜12:00、14:00〜16:00   「0歳の瞑想・母を思う」

3日目30(火) 10:30〜12:00   波動の勉強  「母なる宇宙へ向けて」

「宇宙・UFOに向けて瞑想」      「暗黒の宇宙に向けて」

   ワンポイント メッセージ と 質疑応答・「種水」の実験とレベルアップの仕方

「セミナーの概要」クリックしてください。

*********************************

 

 

 

第2回UTAの輪セミナーに参加される全員の方に、愛の種水が配布されることになりました。


なお、この愛の種水はミニセミナーやクボハウス等で、すでに貰っている方にも配布されます。

 

 

田池留吉、アルバートを思い瞑想をする。

宇宙に思いを向ける。

次元移行という意識の流れを心に感じる。

 

こんな嬉しくて幸せな肉の時間は、

これまでにたったの一度もなかったけれど、

こうして懲りずに、そして意を決して肉を持ってきた甲斐がありました。

自分の中の深い、深い思いにただただ感謝です。


思う喜び、思える喜びの中に、いざなわれていることを、

素直に喜んで、真っ直ぐにひたすらにこの道を進んでいきます。


第2回UTAの輪セミナーの受付が始まりました。

無理は禁物ですが、参加条件を満たしている方は、またともに学ぶ時間と空間を共有しませんか。


ともに心を向けられる今であることを、喜んで、喜んでいきましょう。

お母さんに産んでもらって、田池留吉を思うことを伝えてもらって、

こんな幸せな人生はないと心から感じ、

そして、たくさんの宇宙の友とともにある喜び、

田池留吉、アルバートのもとに、ともに帰れる喜びを感じていきましょう。

 

 

私は、やはり集う人の一人でも多くの方が、自分の心で何かを感じる

自分の心に響いてくる何かがあるという体験をされることを希望しています。

田池留吉と思えば、しっかりとはいかないまでも、

ほんの少しでも、自分の心の針の向け先が分かってくれば、

心にどんどん響いてくる波動があることを、

自分の心で体験される機会をできるだけ多くの方に持っていただきたいと思っています。


種水のお勉強でもお分かりのように、20年、30年学んでこられても、現実は難しいです。

しかし、やるしかありません。本当の波動を少しでも知って、自分を次に繋いでいきましょう。


30人、ひとグループで15組の表を、とりあえず作りました。

自分の心で感じる実践を出来るだけ全員参加でやりましょう。

表に洩れた方も前に出て勉強できる機会を設けます。

人のを見ていて分かる世界ではありません。自分の心で体験していくのです。


 

今日は、第2回UTAの輪セミナーです。

余すことなく、喜び、喜び、喜びで愛を発信していきましょう。

セミナーは、自宅学習の検証、確認の場です。

喜び、喜び、喜びで共に学んでいきましょう。

凄いセミナーになります。とっても楽しみです。

 

すべては波動です。種水も波動です。

種水は、あなたの心の向け先如何によって違ってきます。

また、どの程度愛を信じているか、

田池留吉の世界を信じているかによって違ってきます。

 

自分の中の優しさ、温もり、喜びをどんどん感じて信じて、信じていく方向に、学びの舵を取ってください。


どんなに凄まじいエネルギーも、ありがとう、ありがとうと受け入れていけばいくほどに、

喜びが温もりが心の中に突き上がってきます。

そんな体験を重ねていけば、自ずと自分のレベルが上がっていきます。

 

思うだけでよかった、思うことがすべてだったと実感できます。


生まれてきてよかった、産んでくれてありがとう、

心の底から言える、思える自分に必ず、必ず出会ってください。

それはあなたの心でしか分かりません


どんどん心を広げて、ともに、宇宙の波動を感じ合える喜びを味わっていこうと、

今回のセミナーでも異語で伝えさせていただきました。

異語を発する私は喜びでした。

これからも、私は、異語を発していきます。

 

どんどん反応してください。

私は、肉のあなたに語っているのではありません。

あなたの中の意識達に語り掛けています


 

私達は、余すことなく、第2回UTAの輪セミナーで、愛を受信発信しました。

ただただ私達は、田池留吉、アルバートに心を共に向け合わせる中で、

あなたは、私の思いのままあなたの役目を遂行しました。

それは、次元移行の流れだからです。ただただそれだけです。

それ以上、それ以下でもありません。

共に、共に、田池留吉、アルバート、母なる宇宙へ帰る道を喜び、

喜び、喜びで歩んで参りましょう。

 

 

自己確立の道をと、先日のUTAの輪のセミナーでも言わせてもらいました。

それぞれ、今、肉を持っている間に死後の自分

つまり自分の現状を正しく認識すれば、

この自己確立に努めることが、どれだけの優しさであるか分かります。

 

本当の自分は愛だからこそ、こうして今、自分に絶好のチャンスを用意しているんだと感じられます。

自己確立です。自己確立は喜びの道です。

 

自分を本当に信じていける喜びをどんどん感じ広げ、

どんどん愛溢れる自分に目覚めていく喜びの波動を流していきましょう。

それが本来の私達です。

 

心を中に向けて自分と対話する

ともに行こうと、優しく温かい力強い呼び掛けがある。

幸せじゃないですか。嬉しいですよ。

一人でも一人じゃないんだ。

こんな波動の中に存在していることが感じられれば、どうでしょうか。

 

 

 身体に疲れが溜まっていませんか。

7時間睡眠を心掛けて、充分身体を休め、そして、適度な運動をしましょう。

食べ過ぎは禁物です。こういうことも、正しい瞑想をしていくうえで大切な事柄です。


今、種水を用いてのお勉強が盛んに行われていると思いますが、

そのグループにレベルの高い種水をひとつご用意ください。

どんぐりの背比べでは効果は期待できません。

グループでお勉強されるのはいいですが、比較競争、お山の大将の雰囲気はよくありません。

 

そこに集う人達がそれぞれのレベルをアップしていくような、グループ学習をしていきましょう。

種水はあなたの心の反映です。あなた自身です。

心の針の向け先をしっかりして、落ちた種水のレベルを上げ、

そしてそれを維持し、そのレベルで自分の中をどんどん愛へ帰していく学び方をしてください。

 

*********************************

 

平成 27年
UTA の 輪  セミナー ( 琵琶湖 グランドホテル )
第3回


2015年  9月

Uストリームでの

実況

配信はありません

後日録画ビデオ公開

 

     セミナーの日程   2泊3日 (前日泊は無し)  全日程の参加が条件です。

 9月

1日目27(日) 16:00〜17:00   波動の勉強  「1、2、3の正しい瞑想」

2日目28(月) 10:30〜12:00、14:00〜16:00   波動の勉強

3日目29(火) 10:30〜12:00   波動の勉強
  「母なる宇宙へ向けて」

「宇宙・UFOに向けて瞑想」         「 種水のレベルアップ

     ワンポイント メッセージ と 質疑応答

さあ、明日からUTAの輪のセミナーです。

ともに喜んで心を向けていきましょう。

愛へ愛へ自らをいざなっていく波動の世界をともに学んでまいりましょう。


今回も一組30名の15組、合計450名の方の一覧表を作成しました。

ご希望の方はどうぞ前へ。表に漏れた方も大丈夫。

種水の判定を受けられる方もあります。


もちろん、セミナー会場に集ってくるのは、

今、肉を持っている私達だけではありません。

全宇宙とともにセミナーをしていきましょうと、

田池留吉からのメッセージを受けています。

どうぞ、喜んで、喜んで、ともに心の針を田池留吉、

アルバート、愛へ合わせていきましょう。

 

どんなに学びのことについて説明を受けても、

そして耳から聞いて、なるほどそうだと思ったとしても、それはその時限りです。

 

要は、自分自身の心での体験です。

心に響き伝わってくる波動の世界を、

どれだけ自分の中で体験しているか。

 

ただ苦しみだけを煽り立てるのではなくて、

温もりの中に喜びの中にあった自分だったと、

感じて、感じて、さらにどんどん感じて、

そして、今という時がどんな時なのか、

しっかりときちんと受け止めていけるだけの心の体験を積み重ねていく必要があります。


肉のことは、全部自分が自分に用意してきたもの

だと心から喜んで受けていきましょう。

自分の中の本当の思いに誠実に向き合えることが、

喜びへ自分自身をいざなっていくことを知っていきましょう。



 

学びをしっかりと遂行していくためには、

体力、気力が必要です。

 

年相応の体力、気力を保持して、

死ぬまで正しい瞑想の喜びを感じていける

人生が最高の人生です。

 

7時間睡眠と、生活のリズムを一定にすることを心掛けましょう。

肉体時計が狂っていれば、

意識の世界の狂いは修正されるはずはありません。


 

  • 第3回目の種水の判定も終了しました。

    あと、来る第3回UTAの輪のセミナーで判定を受ける方、

    そして来月に繰り越される方があります。

     

    どうぞ、母の反省、瞑想を重ね、

    正しい瞑想を心掛けてご自分のレベルアップに努めてください。

    自己供養のないところにレベルアップは成立しません。


    これまで見てきたところ、

    種水に向けて思いを発信する練習の回数を積んでこられた人は、

    なるほど、オーリングは硬いです。

    6という数字が出ているようです。

     

    しかし、練習の効果は大体その程度で留まります。

    8という数字を出すには、

    やはり自己供養がある程度功を奏していないと無理です。

     

    さらに言わせていただくならば、8くらいの段階で、

    ホームページを そして本を読んで、

    異語を聞いてくだされば、

    心でなるほどと思っていただけるということでしょうか。


    ◆281) 

  •  

  • 第3回UTAの輪のセミナー、ありがとうございました。

  • 自分なりにともに学ばせていただきました。

  • セミナーの回数を重ねていくたびに、輪は進化していくだろうと思います。

  • 私には、誰が、この人がという思いはなく、

  • 私達の仲間とともに愛へ向かって、真実の自分に向かって、

  • 進化していく道を進んでいける喜びだけがあります。


  • 田池留吉とともに、アルバートとともに、

  • 自分の中の喜び、温もり、愛の世界をさらに進化させていきましょう。

  • 私達は意識、波動、エネルギーです。

  • 喜んで、しかし、しっかりと心して、これからも学んでまいりましょう。

  •  

 

*********************************

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/  

  •  

  •  

平成 27年
NPO法人・UTA の 輪  セミナー ( 伊勢志摩 )

  

2015年  12月

Uストリームでの

実況

配信はありません

後日録画ビデオ公開

 

   セミナーの日程   2泊3日 (前日泊は無し)  全日程の参加が条件です。

 12月 NPO法人・UTAの輪第1回セミナー

1日目(日) 16:00〜17:00   波動の勉強  「1、2、3の正しい瞑想」

2日目
(月) 10:30〜12:00、14:00〜16:00   波動の勉強

3日目
(火) 10:30〜12:00   波動の勉強  「母なる宇宙へ向けて」

「宇宙・UFOに向けて瞑想」        「 種水のレベルアップ

     ワンポイント メッセージ と 質疑応答

  • 5日、伊勢志摩ロイヤルホテルへ行くために乗車した近鉄特急の中で、

    田池先生が亡くなられたと一報を受けました。

    瞬間すごい人だと思いました。

    やっぱり田池先生はすごいと思わざるを得ませんでした。

     

    こういう形で、セミナーに参加されるんだと思いました。

     

    実はその一週間前の日曜日に病院へ行きましたが、

    もうすでに自発呼吸はできずの状態で、

    セミナーまでどうだろうかという思いを持って帰りましたが、

    セミナー開催を待っていたかのように、

    先生は先生の望み通り、一人静かに息を引き取られました。

     

    そして、文字通り、肉のない状態で、

    今回のセミナーをともにやらせていただきました。

    それも、死んでもセミナーをしますという言葉通りです。


    これから、何かの折にふっと思いが込み上げてくるときがある思いますが、

    しかし、瞑想をして心を向ければ、いつも、いつも応えてくれています。

    いつも、ずっとともにいますというメッセージが届きます。

     

    何も案ずることはない。

    私に心を向けていさえすればそれでいいのですというメッセージを、

    ここ最近は何度も受けてきました。

    実は、346は遺言だという感じで掲載しました。

    そのまま、そのまましっかりと遂行です。

    田池留吉の意識とともに、

    セミナーの中で学びを進めていきましょう。



     

     

    私は田池留吉です。

    はいどうもありがとうございます。

    ともに、ともにセミナーをさせていただきました。

     

    皆さんの喜んでいる様を私は受け止めました。

    心から、心からありがとう。

    あなたの思いをしっかりと受け止めています。

    ともに、ともに、これからも、ずっと、ずっと歩いてまいりましょう。

    生きてまいりましょう。存在してまいりましょう。


    私達の心はひとつ。愛の中にひとつ。

    ともにともに歩める喜びをただただ伝えていきます。

    あなたの肉体とともに。

     

    私の肉はもうありませんが、

    私の意識の世界を心に感じているあなたは、

    その意識の世界へ、心を向けていくこと、そのことをあなたに伝えています。

     

    どうぞ、私に心を向け、私の思いをしっかりと受け止め

    心から、心から愛のエネルギーを流してください。


    「愛です。私達は愛でした。私達は愛です。あなたも愛です。

    すべてはひとつです。愛の中にひとつです。」

    このメッセージをどんどん波動として流していってください。

     

    私はただただ喜びで、喜びで、あなたのその思いを受け止めていきます。

    喜びです。喜びです。私は喜びです。

    私の中には喜びしかございません。

    私の意識の世界をどうぞ、

    あなたの心の世界に広げて、広げて、広げていってください。

    心から心から、ありがとう。ありがとう。ありがとう。

     

 

セミナー会場もいずれ、琵琶湖畔から志摩の地へ。

どうやら今世の締めくくりは、やはり伊勢志摩。

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/  

  • \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/  

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

「意識の流れ」 田池留吉 の メッセージ  H.27(U) ←クリック 

「愛の水道水の種水」の物凄い効力 (エネルギーと波動) ←クリック

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」 「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」←クリック

 

塩川香世のメッセージ H.27

H.27  「UTAの輪の中でともに学ぼう」  塩川香世

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

田池留吉 を 思う   (思う 喜び)   ←クリック

正しい「心の針」の向け先   ←クリック

 

********************************************************

☆ 私がお伝えしたいこと、あなたが知りたいことは

「意識の流れ」の本と意識からのメッセージにすべて記されてあります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


新刊    好評発売中!

 意識の流れ 【増補改訂版】−アルバートとともに−

「意識の流れ」が6年ぶりにリニューアルされます。

新たな内容が追加されるとともに、従来の内容も整理

編集され、章立てがなかったものを、項目別にまとめる

こ とで読みやすく力強いものに生まれ変わりました。

田池 留吉


田池留吉/塩川香世
四六判/1000円(税込)

ISBN 978-4-904648-16-2

ぜひ お近くの書店で 予約などしてお求め下さい。

お近くに書店の無い方は、ネットでもお求めいただけます。

ネットでのご注文は



私の思いというのは、あなたに是非本当のことを知ってもらいたい、

真実に出会っていただきたいということなのです。

あなたは、今までにこの世のどこかに真実というものがあるのではないか、

今はまだなにか分からないけれど、 絶対に変わることのない本当のことがあるのではないか、

と考えてみたことはないですか。 あなたは本当のことを知りたくはありませんか。

この本は、そんなあなたに、あなたの心で答えてくれる一冊になってくれるでしょう。

 

主な目次


はじめに


1. 私の人生は、セミナーとともにありました 15
--------------------------------------------------------------------------------

2. 私の人生すべてを懸けてお伝えしてきた真実 36
--------------------------------------------------------------------------------

3. 心を見るということについて 49
--------------------------------------------------------------------------------

4. 本当の人生、本当の喜び、そして、本当のあなたとは 69
--------------------------------------------------------------------------------

5. ここで「死」ということに触れてみましょう 80
--------------------------------------------------------------------------------

6. 神と金に狂い続けてきた人類 91
--------------------------------------------------------------------------------

7. 天変地異の足音 118
--------------------------------------------------------------------------------

8. 心を見る大切さ 134
--------------------------------------------------------------------------------

9. 意識の流れと次元移行 154
--------------------------------------------------------------------------------

10.私達は、宇宙とともに次元移行をします  
--------------------------------------------------------------------------------

おわりに 233


再 掲 238


■はじめに■


この本を手にしていただいて、ありがとう、大変嬉しいです。

長い長い時を経て、ようやくお会いできました。シナリオ通りとはいえ、幸せです。


どうぞ、まず、生まれてきたことを喜んでください。お母さんの温もりを心で感じてください。

そして、生きる本当の意味を知って自分の人生を全うしてください。


「あなた方は今、意識の流れを感じていますか。すべての意識はその流れの中にあります」と、

このように申しましても、一体意識の流れとは何なのか、すべての意識とはどういうことなのか、

そして、流れの中にあるとはと、最初から、あなた方の頭の中には、疑問符が出てくるでしょう。

 

そもそも、これから私がお伝えしようとする内容は、

過去、どの文献にも記しるされていません

いまだかつて真実に出会えた人間は、いないからです。

確かに、人間は、過去より真実を求めてきました。

しかし、実際は、誰一人として、真実というものを知らずに、分らずに死んでいきました。

従って、本当はこれまでに救われた人などいないのです。

神にも仏にも宇宙のパワーにも、私達を救う力など全くありません。

私達自身が、真実に目覚めない限り、私達は救われないのです。

実は、そのことを、はっきりと伝えるのが、意識の流れというものです。

そして、私は、私達はみんなその流れの中にありますということを知っていただきたいのです。

 

そこで、話の中心は、一体真実とは何か

私達人間が本当に真実に目覚める時がやってくるのかということになってくるのですが、

ここでひとつだけポイントとして、押さえておいていただきたいことがあります。

それは、真実の世界は、人間の頭では計り知れない世界だということです。

本当のことは、あなたの頭ではなくて、あなたの心で分かるものであり、

そして、あなたの心でしか分からないものだということを、私は最初に断っておきます。

では、人間の頭では絶対に分らないという真実の世界を知るには、どうすればいいのでしょうか。

それを、これから、私は、順を追って語っていきたいと思います

(後略)

■増補改訂版「意識の流れを読んで」■


少し前に、以前発売になっていた「意識の流れ−アルバートとともに−」の本を手に取り、

帯に書かれた「真実の世界は、あなたの頭では分からない、

あなたの心でしか分かりません」という一文を見た瞬間に、

ふいに涙が溢れ、胸がいっぱいになったことがありました。

 

その本の増補改訂版を読んで、以前の本と比べて、章立てになっていて読みやすくなり

更に未来の事についても加えられ、より一層、内容が深く、力強くなっていると感じました。

 

今まで生きてきた中で感じてきた数々の疑問に対しての答え、

どう生きていけばいいのかということに対しての指針、

真実の世界、真実の私とは何かについて、一つ一つ丁寧に綴られていました。

うやむやにぼかされてきたそれらの答えが、

はっきりと力強く示されていることを感じて、嬉しく思いました。

 

本当の生き方を知らずに、ただ年月を過ごしてきた私に、

本当の生き方を、本当の真実の世界を教えてくれる一冊に、こうしてまた出会える私は幸せです。

この一冊、大切にしていこうと思います。ありがとうございました。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

*************************************************

田池留吉氏の指し示す方向に沿って 学んでいく事です。

本をじっくり読んで、ホームページをきちんと見て、

最初は、真実を頭で、理解してください。

 

そして 最後は 「瞑想」 です。

そこに すべてが 凝縮されています。

正しい瞑想を通じて、あなたの心で、感じて 真実を知って下さい。

**************************************************

 私たちの時間は永遠です。生まれてから、死ぬまでが、私たちの時間ではありません。

私たちの時間は、死んで途切れることなく、ずっと続いています。その時間の中で、

今、一つの肉体を持っているだけです。 

 

続 ・意識の流れ【改訂版】

最後は瞑想です

正しい瞑想をしましょう


田池留吉・塩川香世

四六判/定価 800円(税込)

ISBN 978-4-904648-18-6

2010年12月2日発売!

ネットでのご注文は

?

 

第一章  私は、田池留吉と申します

第二章  人は、なぜ生まれてくるのか……

第三章  自作自演の芝居

第四章  正しい瞑想の仕方

ステップT 自分のエネルギーを知る

ステップU 母を思う瞑想と母の温もり

ステップV 母を思う瞑想と他力の反省

ステップW 母を思う瞑想と田池留吉を思う瞑想

第五章  田池留吉を思う―私の目―

第六章  田池留吉を思う―私の異語―  

第七章  田池留吉を思う―私の指―

第八章  私は、アルバートと申します

第九章  転 生

第十章  幸せの道へまっしぐらに

第十一章 正しい瞑想を通して、母の温もりから、

「母なる宇宙」へ思い を広げように

第十二章 再び、田池留吉です


最後は 瞑想です。     正しい瞑想をしましょう !  

 瞑想でしか、真実は分かりません。 究極的には、正しい瞑想です。

 

瞑想とは思うこと。思うことは喜び、思えることは喜び。

だから瞑想は喜び。  瞑想は ただただ 喜びの時間。

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

********************************************************

(サイトマップ)クリック!
意識の世界からのメッセージ集(150タイトル)への入り口

The Messages to you from The World of Consciousness

私のHPの「意識の世界からのメッセージ」は、

すべて、本当のあなたから、あなたへのメッセージです。

だから、私が 本当の、意識のあなたの代わりに、HPを通して お伝えしているのです。

********************************************************

 

あなたも

本当のこと(真実)本当のあなたを 頭で知り、あなたの心で感じ、心で分かり、

あなたが 転生 した 300年後 のニューヨークから、

宇宙の友UFO と共に四次元へと 次元移行 に向けて、

喜怒哀楽のその時 心を見て お母さんの反省  他力の反省 を繰り返し

意識の転回 をし 自己供養 と 自己確立 のための 

1心の心の針を正しい方向に、ピッタリと合わせた 正しい瞑想  

を本当の仕事として、 日々実践する 学び  

をするために あなたは 今世 生まれて来ました。 それ以外の目的はありません。

 

ここでは、そのための意識の世界からのメッセージを お伝えしています。

 

(注)青い大きな文字下線のあるところをクリックすると、そのページが開きます。

 

***************************************

なぜ、田池留吉の意識が、地球上の、それもこんな小さな島国、日本に降り立ち、

20数年かけて、セミナーを開催してきたか、これは、非常に大きな意味があります。

***************************************

あなたも、真実の世界を学ぶために、生まれてきました。

それ以外の目的はありません。

 

今、学ばなくて、いつ学べるのでしょうか

ホームページを通して、呼びかけています。

 

 

草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

UTAブック・「愛 ―あなたは愛です―」出版について  ←クリック

UTAの輪  (UTAの輪作り)  ←クリック

私は愛、あなたも愛。 ( 冊子 学びのポイント「UTAの輪」より) ←クリック

正しい「心の針」の向け先  ←クリック

 

***************************************

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

平成25・26年UTA ブック・ スカイプ瞑想会 ←クリック   

平成25年UTA会 (vol.2) 凄まじい闇の大噴出と総崩壊セミナー←クリック
+パソコンでのUストリーム セミナー と スカイプ瞑想会
2013年は、間違った自分、偽者の自分を徹底的に崩していく年にしませんか。

平成25年UTA会 (vol.1)・草書体の「愛」の活用と 宇宙瞑想セミナー←クリック 

 

平成24年 UTA会 ・ 磁場と反転 セミナーの案内と内容紹介←クリック

過去のUTAセミナー結果報告クリック!

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

田池留吉著 「意識の流れーアルバートと ともにー」  

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ

アルバート(田池 留吉)とは

アルバートからのメッセージ←クリック

 

田池留吉のメッセージ H.25←クリック 
2013年は、間違った自分、偽者の自分を徹底的に崩していく年にしませんか。

田池留吉のメッセージ H.24←クリック 

田池留吉のメッセージ H.23←クリック

 

その人、田池留吉―田池留吉の世界―←クリック

Message from Taike Tomekichi:クリック!

 田池留吉の世界からのメッセージ←クリック

田池留吉からの問いかけ←クリック

田池留吉・意識の世界 「あなたの問いに 答えましょう」←クリック  

 

池留吉の磁場と反転そして転写 ←クリック

草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

 

ホームページ読んでいますか?クリック!

瞑想、していますか ? 反省と瞑想の時間ですよ!クリック!

瞑想による自己確立・・・クリック!

正しい瞑想 @
正しい瞑想 A
正しい瞑想 B
正しい瞑想 C
正しい瞑想 D
正しい瞑想 E
正しい瞑想 F
正しい瞑想 G
正しい瞑想 H
正しい瞑想 I

正しい「心の針」の向け先  ←クリック

異語(いご・Igo)とはクリック!

 

田池留吉の肉が亡くなった後、今世 この学びは、どうなるか?←クリック

250年後 NY での 学び←クリック

***************************************

塩川香世のメッセージ H.25←クリック  

塩川香世のメッセージ H.24 ←クリック

私の勉強から (U) 反転・瞑想・・・塩川香世 ←クリック 

  塩川香世の宇宙・心・思い・そして・・・・(T)・←クリック  

真実の学び・田池留吉・アルバート・そして塩川香世←クリック

 

コペルニクス的転回とは?・意識の転回

 

田池留吉の世界を感じていこう←クリック

過去も未来も今とひとつ←クリック

 

自然治癒力は、すべてを生かす喜びのエネルギー、パワー←クリック 
+ 田池留吉の磁場 

 「自己供養」 + 田池留吉の磁場    塩川香世    ←クリック 
・・・遠き飛鳥の時代に思いを向けて

 

日本の国 そして アマテラス・天照は、今・・・・←クリック

イエス キリスト(そして、ヒットラーの意識←クリック

 

***************************************

学びの友からのメール(田池留吉へのメール)

Hさん・Kさん・Iさん・Jさん・Lさん・Mさん・Oさんの波動の勉強←クリック

学びの友の反省と瞑想←クリック

田池留吉の問いかけ と 学びの友の返答←クリック

 

死後の世界(意識の世界)・死後の自分と語る←クリック

ペットたちの思い(メッセージ)と死の真実←クリック

***************************************

「人はどうして病気になるのか?!そしてその対策と克服法とは!」←クリック

 

IPS細胞・肉体細胞 と 自然治癒力の意識←クリック(詳細を参考に・・・)

 自然治癒力は、すべてを生かす喜びのエネルギー、パワー←クリック

new!   田池留吉の磁場と反転そして転写 ←クリック

草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

***************************************

 

あなたの 過去世・現世・来世・・・・本当のあなたの意識です。クリック!

本物のあなたから、あなたへのメッセージ←クリック

私の勉強=あなたの勉強クリック!

 

あなたは、なぜこの学びにつながったのかクリック!

初めて、真実の学びにふれる方の為にクリック!

真実の学びにふれて←クリック

 

学びのポイント (田池留吉)クリック!

学びの 手順クリック!

 

***************************************

自己確立とは・・・クリック!     自己供養 ←クリック

他力の反省クリック!   宗教の間違い・他力信仰の反省

***************************************

 

「人間はどこから来てどこへ行くのか」 <意識の流れ>真実の故郷を求めて!

*******************************************************

 

地球の意識 と 未曾有の天変地異クリック!

天変地異は喜びのエネルギー(天変地異の大予言←クリック

*******************************************************

 

「 U F O 」 の意識との交信 ←クリック

UFO に思いを向ける 瞑想←クリック

宇宙は 愛 「宇宙に向けて」 ←クリック 

母なる「宇宙」を想う 瞑想 そして 次元移行←クリック

 

宇宙の友「UFO」 と 喜びの次元移行・ 宇宙の意識  ←クリック

「私達は、宇宙とともに 次元移行をします」クリック!

300年後の次元移行そして母なる宇宙←クリック

宇宙の風(宇宙からのメッセージ) クリック!

田池留吉・アルバート、過去世・来世、宇宙・UFO、天変地異、次元移行クリック!

 

 

******************************************************

*******************************************************

(真実を求めている方のために) 

*****************************************************************************

このサイト(ページ)は、

真実を求める方のための 手引き・参考になればと、構成しております

抵抗なく ス〜と入っていただきたいのです。

なぜなら、「あなたは、私。 ワタシは、アナタ」なのですから・・・

*****************************************************************************

真実とは・人間の本質 田池留吉著 「意識の流れ」 勉強会・UTAセミナーとHP
現代の諸問題・社会問題 子供の諸問題・育児と教育 夫婦の縁・家族・友・人間関係

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

****************************

喜びと幸せの輪を広げよう

****************************

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!

****************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最後まで 読んでいただいて ありがとうございます。

松岡儀典(まつおかよしのり 1946年・昭和21年の戦後生れです。

(メッセージの分類・編集人)