(ホーム)

 

地球そして日本列島・富士山の意識 と 未曾有の天変地異

衰退しその役目を終えていく地球という星

■不自由な地球を飛び出し、あなたの 心で 地球を・宇宙を 感じてみませんか?■

(瞑想による意識の世界・あなたの宇宙)・・・そして、300年後の次元移行!!!

 

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」

「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」

 

私達、人類を、大いなる愛で育んでくださった地球よ、そして、お母さん・肉体細胞よ、

さらに、真実を伝えに来てくださった 田池留吉・アルバート、

本当にありがとう!そして、ごめんなさい!かさねて、ありがとう!!

私達は、4次元へと次元移行してまいります。

 

私達は、喜びでした。私達は、温もりでした。

私達の帰るべき、本当の故郷、お母さんの元へと、帰って行きます。

ありがとう! ありがとう! そして、さようなら!

 

 

天変地異は喜びのエネルギー(天変地異の大予言クリック!

これから宇宙は変わっていきます。

地球も変わっていきます。

次元移行に向かって人類も変わっていきます。

 

 

人類が、真実に目覚める為に 絶対に欠かせないものは、

想像を絶する規模の天変地異なのです。未曾有の天変地異。

地球は自らその軌道を変えていきます。

それによって、地球上に大規模な天変地異が起こってきます。

 

これからの私達にとって、「天変地異」というのは、

大きなキーワードになってきます。

 

何度も何度も繰り返し起こってくる天変地異、

もはや 人類の講じる術(すべ)は 何も残されていません。

それほど人類は堕落してしまったということです。自業自得です。

成す術もなく、ただ天変地異を受け入れていくしかありません。

それで いいのです。

それこそが 「愛」なのです。

 

私達は、天変地異を通して、心で知っていくようになっています。

真実を、人間の本質を、喜びしかない存在・意識・波動である事を。

 

意識の流れが、眠っていた意識を目覚めさせ、

そして、その流れが 段々に太く 大きくなっていく、

そのために必要な時間が、これからの250年、300年ということになります。

 

このような肉を持って地球上で生息できる時間は もう300年。

次元移行ができない意識達は、宇宙を さ迷い続けることになります。

 

もう、時間があまり残されておりませんので、ハッキリ 申し上げます。

ここで言う、「天変地異」とは、

大陸の沈没と隆起などの、現代の人類には、考えも及ばないような災害を 指しています。

 

富士山は、大噴火し 大崩壊をした時が、 一番の喜びの時なのです。

地球も富士山も 形ではなく、 意識です。波動なんです。

 

ここで言う、「天変地異」とは、

小さくは 様々な事故・事件・病気・トラブル・人間関係・離婚・倒産・解雇・火災・殺人・自殺など

大きくは、経済恐慌・大不況・ウイルスのまん延・テロ・戦争・天災・落雷・台風・洪水・竜巻・大山火事

噴火・大地震・津波・地球温暖化・大陸の沈没と隆起などを ひっくるめて指しています。

 

そして、あなたに降りかかる災い・トラブルは、

あなた自身が 呼び込んだものです。 原因は 全てあなたにあります。

 

あなたの心の中から、常にあなたを指導している

意識の本当のあなたからの「愛」のメッセージなのです。

 

 

地球そして日本列島・富士山の意識 と 未曾有の天変地異

衰退しその役目を終えていく地球という星

 

意識の流れに沿って300年後 次元移行を果たせなかった意識達。

その意識達は残念ながら、宇宙のもくずとなっていきます。


宇宙のもくず、再び今のような肉という形を持って、地球上に生息することはできません。

なぜならば、この地球はもはや人間というものは住めない、そういう状態になるからです。

地球が真っ二つに割れるとかそういうことではありません。

ただ生息不可能な、生物が生きていくことができる環境が破壊されている状態、それが地球という星のこれからなんです。

しかし、地球という星もまた母なる宇宙の中に存在しています。

人間というものがそこでは生息不可能な状態になっていますが、地球から流れるエネルギーは喜びのエネルギーです。

 私達を受け入れてくださいました。

三次元で肉という形を持たせていただき、ここで私達は自分を見つめるということを、

ようやく学ばせていただいたこの地球に、今、私は思いを向けています。



地球から思いが帰ってきます。

 

 私は喜びで、喜びで、この三次元の中でこのように存在しています。

もうまもなく私、地球の役目は終わりを告げます。

どうぞ、心を宇宙へ向けてと、そのようにすべての意識達に伝えます。

それが地球の最後の役目です。

そして、その思いを受け入れてくれることができない意識達、それらは形を持つことができずに、

さまよい続けるか、固まり沈んでしまった状態のままで、地球時間で言えば、何十億年、何百億年と過ぎ去っていくのでしょう。


今、そしてこれからの250年という間に、この地球上で肉を持つということがどれほどの愛なのか、

何度転生を繰り返しても、300年後に次元移行をともにできるならば、これからの転生は喜び、喜びなんです。


それをご自分の心で感じていただくこと、それがとても大切です。

 

「地球は喜んでいます」

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

山は噴き、川は氾濫し、地は揺れ動きます。

人は神を握り戦い続けます。

心の中の闇がネット社会によって浮き彫りにされていきます。

 

ひとつひとつの現象はバラバラに見えるかもしれませんが、みんな繋がっています

色々なところから、様々な形で、さらに、さらに世の中は混沌としていくことが、

あなたの心にもはっきりと伝わってきているはずです。

 

そしてそれだけですか。

そのあと何が伝わってきますか。

どうしなさいと伝わってきますか。


何か世の中おかしいと感じている人、感じてくる人、

その声は段々に大きくなっていくでしょうが、

では何がおかしいのかはなかなか分かりりません。

 

ましてや、自分達にその原因があるなんて思ってもみないでしょう。

そのような中で、それでも

自分に伝わってくる波動の世界だけを見つめて感じて

ただひたすらに存在していく決意、確信が芽生えているでしょうか。

そうでなければ、自分を繋いでいくことなんてできるはずはありません。

 

 

先日(H26.2月22日〜24日)のセミナーで、

「この地球は人が住めないような星になります」と言われました。

それがなんですと伝えていただきました。

その時はもう一つピンとこなかったけれど、今、改めて思いを向けると、ああ、そうだったんだ、

形を崩して崩して、最後はそうなるのか、ああ私達は肉ではなく意識だと言うことを、最後の最後まで伝えてくれる世界、

ただありがとうと肉を終えれば良い、形はどうでもいいんだ、自分の心が見える最後のチャンス、そのように思います。


すべてを捨てていく、すべてを捨てる、捨ててもなくならないものがある、

それが愛の自分、そこまで心を見つめ実践し、肉を最大限に活用することが肉体細胞とともに生きると言うことだと受け取ります。


すべては愛のエネルギー、愛のエネルギーが形を持った、

それが3次元の世界、形の世界、肉で見るとただのもの、しかし意識の世界ではみんな愛の存在

愛のエネルギーが流れる存在、人間だけがそれを忘れ捨て去った。

元は愛、愛のエネルギー

水、空気、太陽、光、地球、肉体細胞、山川草木、ああ、すべてから愛が流れているんですね、

愛を放出しているんですね、生命エネルギーは愛そのもの、愛のエネルギーがすべてを生かしている

ああ、言葉では言い表せない、まだまだ浅い、浅い、

しかし、すべてが生きている、愛の中に生きている、生かされている、そう感じるんです。


肉と言う枠を外せば、みんな一つ、一つの存在でした。

何もかもが愛、愛のエネルギー、私が空、私が空気、私は花、私が・・・ああ、すべてが私を伝えてくれている。

本来は、愛のエネルギーがともにその存在を喜ぶことのできる世界だった、

それが3次元の現象界、ああ、それを真っ黒にしたのは肉持った人間だった。そういうことが心に伝わってくる。



地球が形を変えてゆく、宇宙からの愛が降り注がれる、

人間よ、気付きなさい、大いなる愛に気付きなさい、

あなた方は肉ではありません、そのようなメッセージがこれから届く

 

ああ、そこに思いを向けると、喜びの渦です。

何もかもが崩れゆく、宗教はことごとく崩れゆく、形を変えてやがては消えてゆく、

人間が作りだした世界が何もかも消えてゆく、そこに働く大きなエネルギーは、肉持つ人間にはっきりと示してゆく。

ああ、これからの激動の時が、すぐそこにやってきた。足音高く、もうそこに来ている。

宇宙の目覚め、闇の宇宙が姿を変えてゆくそのエネルギーは、高らかに宣言している、人類よ、目覚めの時が来たと。

すべての宇宙が喜びのエネルギーを流してくる、天変地異を告げている。

それは次元移行への誘い、ともに行こう、次元を超えていこう、愛に戻ろう、

母なる宇宙に帰ろう、田池留吉とともに、アルバートとともに、ああ、喜びの雄叫びです。

 

光に融合していく喜び、一つになってゆく喜び、それが次元移行となってゆく。

夢物語ではなく、心の中ではもうその準備ができている、そのように感じます。

宇宙規模の天変地異、それが現実のものとして感じられる。

私は今、自分の心が感じている意識の世界に、もう言葉もありません。

呼吸するように、愛に吸収されまた放射して行く、そのエネルギーが大きな大きな仕事をして行く、それが私たちでした。


人類が辿る道、肉で見れば恐怖であり消滅です。

それが愛などと決して思うことはできません。

しかし、心を田池留吉に向け、250年後の未来を思う時、そこに感じられる世界はただただ喜びの渦の中。

愛に目覚め行く喜びに満ち満ちて、愛しかないことを確信し、愛に戻る自分であると狂喜し、

苦しみに狂ってきた自分を喜びの中で懺悔し、何もかもが一つになる、

田池留吉、アルバートとともに、どこまでも、どこまでも次元移行してゆく自分であるとはっきりと感じます。

 

いくら言葉で聞かされても、いくら説明されても分からなかった真実がここにある、この心の中にある、すべては心の中にある、私の心にあった。


凄まじいエネルギーで語ってくる宇宙達、心の中にぐいぐいと分け入ってくる。

その一つ一つが嬉しい、愛しい、懐かしい、語る異語は伝えてくる、

愛に戻れる自分だと、母が待っていると言う喜びを、そしてともに行こうと誘ってくる。

どれほどたくさんの宇宙が存在するのか分かりません。

けれども、みんな仲間、みんな友、みんな一つ、その思いが膨らんでいく。

ああ、嬉しい、嬉しい、語れることが嬉しい、心を交わせることが嬉しい、この喜びは凄いです。



アマテラスよ、ともに、ともに意識の流れに乗っていきましょう。

次元移行を果たしましょう。あなたのエネルギーを使いに使ってきた私です。

苦しみにもがいてきました、呪って呪って、呪い尽くしてきた私です。

この心に蓄えた凄まじいエネルギーは、そのまま宇宙の存在となって暗黒の帝国を築き上げてきたのです。

肉持つ意味を忘れ去った私は、地獄の帝王となり果てて、ようやく今と言う時を得ました。

 

私は宇宙とともにありました。宇宙そのものです。

暗黒の宇宙を蘇らせることを心に誓って、母の愛をいただきました。

もう、強烈に響き渡る母の思いがあります。

どんなに逆らっても忘れ去っても、お母さんは待って待って信じて信じてくれました。

その思いが伝わってきます。

ああ、あなたにこの思いを伝えたい、アマテラスよ、母の思いを伝えたい、

帰っておいで、我が子よと呼びかけてくれる母の思いを伝えたい。

ともに帰ろう、真実の世界へ、愛の自分に、ああ、その思いが溢れます。

 

 

皆さんが心を見つめることで、意識の世界が変わりつつあります。

意識の世界は、この形ある世界のすべてに影響を与えます。

意識の世界が変わり始め、形ある世界にも多くの変化をもたらしています。

「そんなことありえない」とあなたは思うでしょう。でもそれは事実です。

より多くの人々が心を見るにつれ、あなた方の心がこの形ある世界に変化の種を撒いていきます。

そしてその変化はすべてが喜びなのです。

 

「この形ある世界の変化」とはどういう意味でしょうか。

それは天変地異を意味します。

あなた方が心を見つめることで生み出される喜びに、地球は反応していきます。

地球は喜んでいます

今起こっている、そしてこれから起こる変化すべてに、地球は想像を絶する喜びを体験していきます。

生きとし生けるものすべてがその変化を待っています。

心の世界、意識の世界は本当に存在している、それが私達の本当の姿だ、

そうあなたが気付いた時、有形無形にかかわらずありとあらゆるものに変化を起こしていきます。

 

 

 

地球に思いを向けたとき、地球は、自らの軌道を変えていく

私の心から、淡々とこのような思いが出てきました。


地球自ら軌道を変える、そうですね、そうやって、地球上に大規模な天変地異が起ってきます。


そうすると、たくさんの陸地が、島が海の底に沈んでいきます。


かつて、私達が体験してきたそれ以上の天変地異が起ってきます。


かつて、私達は、大きな大陸が沈んでいくときに、それぞれ、どこかで肉を持ち、その体験をしてきました。


その体験を遥かに上回る天変地異が、これから、250年、300年の間に、起ってきます。

大陸が沈んでいくんです。一瞬のうちに沈んでいきます。


 地球自ら、その軌道を変えるのです。すごいエネルギーです。

すごいエネルギーが宇宙に、意識の世界に働いていきます。


それは、本当に想像を絶するほどの規模で、宇宙全体に促されていくのです。

今のような規模の天変地異ではないことは、明白です。


これから、地球上に肉を持つ意識達の多くは、大変な心の体験を経ていきます。

だからこそ、私達と250年後に出会ったときに、茫然自失のままの意識の世界に、

自ら衝撃を与え、自らを目覚めさせていけるのです。


 宇宙とともにやってくる天変地異です。今、宇宙の中で、大きな役目を果たしてくれる地球を思っています。

 


 もうまもなく、日本の国は言うまでもなく、地球全体が、非常に騒がしくなっていきます。


宇宙へ発信するエネルギーを受けて、宇宙全体が呼応してくるからです。

 

奇麗事では済まされない、徹底的に闇を吐き出さない限り、

真実の自分と出会うことなどできない、宇宙の闇は深遠です


だから、これから想像を絶する規模の天変地異と遭遇していくのです。

 

形の世界は、すべて、いずれ崩れ去り、消え去っていくのです。

 

人間は皆、間違い続け、支配の為の戦いと、欲と金にまみれ、神に縋っていく、

そんな世界を 過去からずっと 重ねてきた 意識達が、

これから、どんどんどんどん 生まれ変わり 肉を持っていきます。


そして、その意識達が、地球上のあらゆる場所で、様々な現象を起こしていくのです。


まさに、ブラックパワーの傀儡(かいらい=操り人形)の如き様相が展開されていきます。

自然災害という天変地異も大規模なら、地球上における人間達の行動も、鬼気 溢れるものがあるでしょう。


これからは、そういう時を経ていきます。

闇は深いです。深遠です

 


 転生と言えば、天変地異です。天変地異に遭遇することが転生なのです。


そうです、転生をするということは天変地異に遭遇するということです。


天変地異を伴う転生、これからの人類は、その体験を重ねていきます。

 

もちろん、人々の心の中からは、凄まじいエネルギーが、さらに、さらに、吹き荒れるこれからです。

到底、考えられない行動を起こしていきます。

すべては、真実から遠くに離れた意識 が織り成す世界が 現象化していきます。


心に握ってきた 他力の神々 のエネルギーの呪縛から、

自分を解き放つ難しさを、嫌というほどに体験していく時間が用意されています。

 


本当の喜びと 本当の温もりを 知らない意識達が、

様々なルートを辿って、様々な形を通して、自らの苦しみを訴えてくる これからの時間です。


どうぞ、臆せずに、あなたの心で感じている優しさと温もりで、応えていってあげてください。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

私達が、日本の国に肉を持った意味は、

そう、皆さんに[真実を伝えること]にありました。

この日本の国を、決して、決して沈めてはいけない。

私達が真実を伝えるまでは、沈めてはいけないと、

私達は、日本の国に降り立ったのです。


 真実の宇宙を目指して、私は、この地球にやってきました。

真実を求めてやってきました。

地球の存在が 私達には ぜひとも必要なものでした。

肉を持って 心を見る場、 それが唯一 地球だったのです。

 青く光る星、地球は私達が一縷(いちる)の望みを託した星でした。

 


日本の国は、すでにその時(250年後)、沈んでいますが、

アメリカの地も、今とは、見る影もなく荒廃しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

H25.2.15.大気圏に突入して、ロシアに落下した 隕石 に思いを向けると・・・。

私達は意識です。
宇宙からの意識です。意識です。意識なんです。

地球人類よ、私達は意識なんです。あなた達も意識なんです。

そのエネルギーを感じていきましょう。喜びのエネルギーです。

私達は宇宙にさ迷っていました。そして、これからもさ迷っていくでしょう。

しかし、私達に伝えてくれる波動を感じています。

宇宙へ愛を流すエネルギー、そのエネルギーは私達の意識の世界に届き始めています。

だから、どんどん私達の
心が形として地球人類に衝撃を与えるような出来事を起こしていくでしょう。

今回の出来事は、ほんの小さな、小さな出来事です。

宇宙空間に異変が起こっていることをお知らせしたいと思います。

心をしっかりと、田池留吉、アルバートのほうに向け、私達の思いを感じていってください。

宇宙とともに、宇宙とともにあることを、人類にこれから私達はお知らせしていきます。

色々な形で伝えていきます。宇宙からのメッセージです。

これからも宇宙空間に様々な異変が起こってまいります。

形を通して、それがあなた方の目、耳、そして身体を通して、色々なところで感じられるでしょう。

その時、あなた方の心からどのようなエネルギーが出てくるでしょうか。

そのエネルギーはまた自分達に返っていきます。

どうぞ、どうぞ、喜びで受けていってくだい。

地球人類に喜びのエネルギーを流し続けてきた愛のエネルギーです。

そして、そうそれは
本当のあなた方の姿です。

愛のエネルギーに目覚めていきましょう。私達は、これからともに、ともに仕事をしてまいります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

引き続き、私は
宇宙を思い瞑想をしました。

宇宙を思うとき、本当に喜びです。喜びの中にあることを感じます。

私の中の私が語るんです。異語で、どんどんどんどん喜びを語ってきます。

私達は、苦しみの宇宙ではありませんでしたと語ってきます。

私達の中に母なる宇宙があった、こんなに嬉しい時はない。

本当にその喜びを語ってきます。たくさんの、たくさんの宇宙達が語ってきます。

私は宇宙に思いを向ける。それが、それがとても喜びです。こんな喜びはありません。

 

********************************************************

このページは、全て、この 学び を通じて 心の窓 を開かれ、

真のチャネラーとなられた方の チャネリング(意識の世界との交信)によるものです。

********************************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 これから地球上で、大小様々な島そして、大陸に地殻変動が起こって、

海の底に沈んだり、または隆起したりして、世界地図は変わっていきますが、

そこに働くエネルギーは、かつて、ムー大陸やアトランティス大陸を沈めたエネルギーとは、全く異質です。


これまでは、ブラックのエネルギーで、人々の命を飲み込んできました。


そして、そこに残るものは、恨みつらみ、悲しみ憎しみ、呪い、恐怖等の思いだけでした。


しかし、これからは違います


確かに、真実を知らない意識達から噴出すエネルギーは、ブラックです。ブラックしかありません。


過去は、ブラックのエネルギーが、ブラックを生み出し、さらにブラックを大きくしていったのです。


その中で、今、ここに、田池留吉の肉を通して、真実の世界に触れて、そして、その中を突き進んでいく計画を立ててきました。


確かに息づく喜びのエネルギーを感じ、私の今世の肉、

そして来世の肉は、次元移行という計画のもとに存在することを感じています。


その意識の流れの中の計画が、私に今世肉を持たせ、

250年後に肉を持たせる、私は、今世、田池留吉とともに学ばせていただいて、そのように感じています。


ただそのためだけに肉を持ってくる、田池留吉の肉、アルバートの肉、

私は、それらの肉を通して、その思いを強くしています

それは、すごいことだと思うし、本当に大きな喜び、真実に裏打ちされた喜びだと思います。


 次元移行をして、さらに真実の世界を進んでいく喜びのエネルギーは、

これから、大小様々な島、大陸を沈めていきます。

喜びのエネルギーが喜びで、ブラックを受け止めてまいります。(A)

 

 

海底火山

瞑想をしていると、ふと海底火山という言葉が浮かんできました。

そちらのほうに意識を向けてみます。



「私達の思いを感じてください。私達の出番を、今か今かと待っています。

喜びで、喜びで私達は自分達のエネルギーを噴き上げていきます。

私達のエネルギーは愛のエネルギーです。

この地球上に肉を持った意識達、肉を持たない意識達、すべてに次元移行を伝えていきます。

そのエネルギーを私達とともに感じていってほしい、いっていただきたいと思います。

いたずらに恐怖して自分を落とし込めることはないようにしてください。

私達は愛に帰る喜びの道筋をしっかりと歩いてまいりましょう。

心の中を見つめてください。
私達は海底火山。あなた方と無縁のものではありません。

かつて私達とともにこの海の底に沈んだ意識達、たくさん、たくさんございます。

そして、その意識達が再び肉を持ち、このように学びに集っている現実もお伝えしたいと思います。

私達、海底火山の思いをお伝えします。ともに、ともに愛に帰る道をただひたすら歩いてまいりましょう。

間違ってきた道を歩き続けてきた意識達の目覚めを促していきたい、いこうとしています。

意識は確実に流れています。愛のエネルギーは確実に流れています。厳然としてあります。

この大きな広がりのもとで、ただただひとつ。愛に目覚める道をただただひたすらに歩いていきましょう。



\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

母なる宇宙は、喜んでいる。そして、地球も喜んでいます。

 

(注) ここで表現する、『磁場とか「愛」・宇宙』の意味するところは、世間一般常識で言うものと、全く違います。

 

ここで言う、「宇宙」には たくさんの意味が、含まれています。

目に見える、太陽系・銀河系 等に代表される

一般常識で言う所の 「宇宙」では ありません。

みなさんが考えている「宇宙」は、ちっぽけな世界です。

「宇宙のパワー」を求めている人は、皆 間違っています。狂っていきます。

 

ここで言う 「宇宙」とは、無限の大きく限りなく広がる世界です。

 

宇宙==意識の世界=波動の世界=真実の世界=本当のあなた 

そして、宇宙は あなたの 故郷です。  あなたが帰るべき所です。

宇宙は あなたの 本当の故郷なのです。そして、ひとつです。

 

宇宙は あなたの 過去世でもあります。

本当に優しい宇宙。お母さんの温もりの中にあった宇宙

その世界は、本当に喜びと温もりに包まれた世界です。

母なる宇宙、母なる温もり、あなたは この思いに帰るために、今存在しています。

 

その宇宙は、あなたの心の中に 在るのです。

宇宙にあなたの思いを向けていきましょう。

宇宙を感じていきましょう

宇宙は意識

宇宙は愛

宇宙は母の温もり

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

1. 現在この地球上に、なぜ私達が肉を持っているのか?

1.田池留吉です。私達は、戦争を目的としてこの地球上に生まれてきたのではありません。

戦争のためにこの地球にやって来たのではありません。苦しみを生み出すためにこの地球にやって来たのではありません。

戦争や、人々の苦しみを生み出すためにやって来たのではありません。なぜ意識達が肉を持っているのでしょうか?

答えは至極簡単です。私達の存在というもの、その真実の姿を理解し、心でその真実を明かせるやもしれぬと、

このように地球に降り立ち、肉を持ちました。これが、私達が地球にやって来た理由です。

本当の自分を知るために、宇宙そしてもっと遠くから、この地球にやって来ました。

私達の存在の真実がわかるのではないかと、この地球にやって来ました。

 

私達は、真実でないものを、感じ、明らかにし、見極めていけるように、五感というものをこの肉体に携(たずさ)えています。

この肉体を通して、そこから真実を知っていくのです。

この肉という殻を突きぬけて、意識とは、存在とは、真実とは何かということを知っていくのです。

それが、私達が地球にやって来た理由です。


私はあなたの心の中から語っている田池留吉です。

なぜ私達が地球に降り立ったのか、なぜ肉体というものを持っているのか、それは、真実を知ったなら、

私達の存在とは何かを知ることができるからです。それが唯一私達がここにいる理由です。

 

私達は肉体を持っています。自分達の闇の心を実感するためです。

苦しみや、人間としての経験から生じる様々な感情を理解するために肉体を持っているのです。

そして、そういうものは私達の本当の存在、人生ではないということを理解するために、その経験を通り越していくのです。

私達の存在というものは、そんなちっぽけなものではないのです。

それはもっとずっと深く豊かで、私のお伝えするこの真実は、五感を通しては到底理解できるものではありません。

ただ心で感じるしかありません。

 

肉があれば、一方では、見て、聞いて、触って、味わって、においを嗅いでと、五感を使っていくことができます、

しかし、もしそういう物の見方を崩せたなら、もしその壁を突き抜けられたなら、

この肉体から自分を解放することができるのです。

そうすればあなたも、真実が何かということが分かり、この地球に存在するすべてのものに、宇宙に、

そしてもっと遥か遥か遠くにまで届いていく光とエネルギーの力を感じられるでしょう。

だから私達は肉を持っているのです。

 

もし、あなたがすべてをゆだねて目を閉じ、お母さんを持ったこと、

お母さんの温もりを通して田池留吉を感じたなら、あなたにも分かります。

あなたの心の大きな広がりと温もりを知るには、それが一番簡単な方法です。

 

母親の反省を通してあなたもこの真実がわかってくるでしょう。私達にはみんなお母さんがありました。

もしあなたがお母さんの反省をしていけば、お母さんがあなたをお腹の中で育んでくれた40週間、

それは、温もりと許しとすべてを包み込むように抱かれていたその時間だったということがわかります。

その温もりは、お母さんの子宮の中にいたというその感覚を経験していなければ、

とても理解できないほどの大きな大きな空間です。

母親が、真実を理解するための入り口です。

真実に出会っていくための一番の近道です。

この地球上の生き物はすべて、母親から生まれてきます。

 

この母親の反省というものが、真実を理解するためには、一番簡単で早い方法なのです。

あなたがその入り口を通過し、お母さんの温もりが分かり、心でその温もりと繋がることができたなら、

もうそこからは、あなたの本当の姿、存在を理解するのにそう時間はかからないでしょう。

お母さんの温もりを理解するということが、宇宙、UFO、そしてその向こうのすべてのものに通ずる入り口です。

そういう世界の力やエネルギーを理解することは、母親の反省により始まります。

それが一番簡単な方法です。私達がこの地球上で肉を持っているのはそのためです

ありがとう、田池留吉です。ありがとう、田池留吉です、あなたの心から、そしてすべての方の心から語りかけています。

 

人間はみなひとつに繋がっているということを知らねばなりません。私達は一人ではありません

あなたは一人ではありません。一人一人が、張り巡らされたエネルギー網の一部であり、みんなで互いに学びあっているのです。

そこで、一人が心を開いたなら、それが次の人の心を開く先駆けとなっていくのです。

そして次の人、また次の人というふうに進んでいきます。それがこの学びです。

私達は、全世界、宇宙にある真実を、共に歩き、共に明かしていくのです。

私達の真の存在を理解するため、共に歩き互いに助け合いながら進んでいくのです。

 

 

2. 田池留吉が、なぜ日本に肉を持って生まれてきたのか?

 

2.はい、私達は、田池留吉に、アルバートに出会えるであろうとこの地球にやってきました。

それが、私達がこの地球に今いる理由です。

私達はみな、この心で田池留吉、アルバートに出会うためにやって来ました。

だから私達はここにいます。

喜びと真実を全世界、宇宙、そして、すべての人々すべてのものに広げていくため、

田池留吉、アルバートは日本に生まれました。

そのために田池留吉はここ、地球にいます。

愛と温もりのメッセージを広め、その力とエネルギーを私達に伝えるためにここにいます。

これから入って行く新しい次元、四次元の真実に、私達が心を開いていく手助けをするためにここにいます。

それゆえアルバートがここにいます。

 

私達は宇宙において、50億年もの時を戦いに費やしました。それが私達の目的ではないのです。

私達が四次元への準備ができるようにと、田池留吉が、真実と喜びを広めにここに来たのです。

私達は、新しい宇宙、新しい未来のために準備をしているのです。ここで、みんな一緒に、新しいことを始めているのです。

これまでにない全く新しいことをやり始めているのです。宇宙のすべての闇を光に変え始めています。

それこそが私達の今行っていることであり、田池留吉が私達にそうさせてくれているのです。

ニューヨークで皆が再会する250年後に向かって準備をしています。真実、爆発的な真実が、皆に起こります。

たくさんの、たくさんの方々が心で真実に目覚めていきます。

彼らが心で真実に目覚めた時、私達は四次元に移行していきます。

四次元に移行し、愛を広げ、その力とエネルギーを伝えていきます。

宇宙にいる者たちに、彼らの本当の存在、それがすなわち愛、光、

すべてのものに浸透していくエネルギーであることを思い出させていきます。

宇宙が限りなく大きく広がっていくように、私達の心もそうなのです。今このときも、私達の心は大きく広がり続けています。

 

今この宇宙には、闇のエネルギーが充満しています。どれだけの戦いが起こっていることか。

宇宙での戦いはあなた方が地球では見たこともないような戦いです。

宇宙に存在する争いと苦しみ憎しみ、そのエネルギーと力はあなた方には理解できないでしょう。

しかし、今がその時です。愛と喜びを広げていくその時です。愛の力とエネルギーを分かっていくのは今この時です。

 

田池留吉氏の教えを通して、人々が真実を分かり始めています。

塩川香世さんが心を開いたということは、それは私達大勢のものが心の真実を分かっていくよう、

扉を大きく開けてくれているということです。これはまだ序の口です。ただの始まりに過ぎません。

彼女を特別な人だとは思わないでください。私達たちと同じ、みんな同じなのです。

織物の糸のようにお互いが絡み合って繋がっているのです、私達は皆繋がっているのです。

みんな一緒にこの道を進んでいます。みんな一緒に真実に心開いていっています。

一人の人は誰もいません、みんな共に、私達はみんなで共に進んでいくのです。

意識の田池留吉も、肉の田池留吉も、今本当に嬉しいです。

私達がこの道を共に進んでいってくれていることが本当に嬉しいのです。

この意識は、私達が四次元に入る準備を進めているということが本当に嬉しいです。

 

四次元こそが、私達が愛と真実を広げ伝えていくという場所なのです。

私達の存在の真実を、限りなく広がる宇宙に、広げていくのです。今こそその時です。

この地球に住む人々が変わっていくだけではなく、宇宙の中のすべての者、この世界すべてが、変わろうと待ち構えています。

すべての意識達が、存在の真実に目覚めていくのを、今か今かと待っています。

長い長い間、闇の中に埋もれていた私達です、でも今やっと真実が届いてきました。

私達がその先頭に立って進んでいくのです。

私たちがこの道の先に立ち、すべての意識達を誘(いざな)いながら、この真実と喜びの道を歩いていくのです。

そして心は真実と喜びとなり、永遠の真実の存在となるのです。

真実と喜びで沸き返っている、喜びと愛で沸き返っている宇宙となるのです。

 

あなたが心を開き、肉を離れ、本当の自分に戻り、想像をはるかに超えるところまで心を広げていけば、

力とエネルギーの輝きが見えてきます。力とエネルギーの輝きが見えます。すごいです。

今はまだこの者は、その力、エネルギーの実体をほんの少し気配を感じられるだけですが、それだけでもすごいのです。

喜びと温もりとその力を知るため、あなた方みんなが心の中を見つめていかねばならないのです。

肉を越えたところを見つめていくのです。私が今お伝えしているエネルギーを心で感じていくのです。

 

誰それに限ったことを言っているのではありません。この真実は、あの人この人に限ったことではありません。

この真実、温もり、愛の力で繋がっているすべてのことです。

このメッセージは、温もりと愛の力を伝える役割りを果たします。

このメッセージは、互いを批判しあったり、己をあらわしたり聳(そび)え立たせたりするためにここにあるのではありません。

私達はそんなところを越えたところにあります。

これらのメッセージは、あなたの真の存在が何かということを心に思い起こすための入り口です。

それがこれらのメッセージの目的であり、ホームページの役割りなのです。

このエネルギーに触れ、覗いて、感じてみて、

あなたはその肉を越えたもっともっとすごいものなんだということを認識していくために、それらがあります。

 

あなたが肉を越えていったなら、私のお伝えしている温もりとエネルギーの力が見えてきます。

あなたにも、私が見ている世界、私が日々感じている世界が分かってきます。

これが、私が皆さんに分かって欲しいと思う世界です。

これが、あなたに死ぬまでに分かって欲しい世界です。この世界をあなたに分かって欲しいのです。

 

大勢の方にとって、あれやこれやを批判して肉の人生を無駄に過ごしている時間は、もうあまり残されていません。

時間がありません。あなた方にも死が迫ってきています。

死が近づいているからこそ、死ぬまでにこのエネルギーを分かって欲しいのです。

このメッセージを通して送られる温もりのエネルギーを、死ぬまでに知って欲しいのです。

私があなた方に、死ぬまでには知っておいて欲しいことが、これなのです。

 

あなた方の多くには、もう時間が残されていません。

ほんの少しの喜びでもいい、それを感じられるよう、あなた方が心を開いてくれるのを心待ちにしています。

そうすれば、250年後に再会した時、今世一緒に体験したそのほんの少しの喜びを思い出していけるのです。

これが、私の願いです、あなた方にお願いしたいのはそれだけです。

心の底からお願いします。お願いします。どうか、どうか、どうか真実を分かってください。

あなたの真の存在を感じてください。真実を感じてください。私がお願いしたいのはただそれだけです。

心の底からのお願いです。これがあなた方への、私からの唯一の頼み事です。これだけです。

そのために、あなた方の本当の心を感じて欲しいと私は二十年間伝え続けてきたのです。

あなた方に本当の心と繋がって欲しいのです。本当の心を感じて欲しいのです。私がお願いしたいのはただこれだけです。

 

本当に大勢の方々、もうあなた方に時間は残されていません。日本はなくなります。

もうすぐなくなるのです、だから時間がありません。時間がありません。

もしあなた方が、心に少しでも喜びを実感できたなら、肉体を通して理解していることが

無意味なことだということが分かり、心に喜びを持って死んでいけるのです。

そして、私達が250年後ニューヨーク市での再会を果たした時、

ニューヨーク市のアフリカ系アメリカ人達の間に、喜びと嬉しさとエネルギーを爆発させていくのです。

 

田池留吉が、日本の国に、この真実の学びを伝えたのは、

私達が、この日本の国を変えていきたい、アマテラスの心を変えていきたいと思ったからです。


アマテラスの思いです。

アマテラスの思いが、田池留吉の意識を、日本の国に降り立たせたのです。

田池留吉の意識が、日本の国に降り立ったのは、

この大きな、大きなアマテラスのエネルギーを目覚めさせるためでした。

 

 なぜ、田池留吉の意識が、地球上の、それもこんな小さな島国、日本に降り立ち、

20数年かけて、セミナーを開催してきたか、これは、非常に大きな意味があります。


今、アマテラスの思いを感じ、今世のセミナー開催場所は、

島国、日本でなければならなかったのです。

********************************************************

(塩川香世)

くっきりとはっきりとした富士の山を、私はこの目に、そしてこの心に留め、この学びを始めました。


まさにアマテラスの心をしっかりと見つめていくように、私は、学びのスタートを切ったのです。

そのスタートにふさわしい富士の山、今でも心に浮かびます。

 

 はい、今、富士の山に心を向けます。


 私の中で、その姿、気高く、麗しく心の中に留めてきた富士の山も、

その中から勢いのあるマグマが今にも噴き出す、その瞬間を待っています。その思いを私の心は受け止めます。

 日本人の心に、富士の山は気高い姿として残っています。

まさしく、日本の象徴です。日本と言えば富士の山。富士の山と言えば日本。


そのアマテラスの心を富士の山は、見事に覆していきます。

その美しい姿を留めることなく、中からのマグマにより、粉々になっていきます。その地響きは、日本列島に響き渡ります。


その思いは、ようやく、ようやく、この山の姿を崩していける、富士の山の喜びの思いです。喜びの声を私は聞いています。


人々の心を、一身に集めてきた富士の山の苦しさ。ああしかし、富士の山はその苦しさをすべてその懐に包み込んでくれました。


もういいんですよ。もういいんです。もう、あなたの姿、その姿を崩すことにより、

日本人の心に、アマテラスの崩壊を告げなさい


意識の世界にしっかりと告げていこう、そうやって、富士の山は自らを滅ぼしていきます。


その思いは、大きな喜びです。とても優しいです。日本人の間違った信仰に歯止めをかけようとしています。

しかし、まだまだ富士の山の思いをしっかりと心に受け止めていく日本人は少ないです。


しかし、どこかが、何かが違っていることを、その崩壊を見て、それぞれの心に何かを感じてくれると思います。

 

 富士の山よ、ありがとう。心からありがとう。ありがとう、ありがとう。私達の思いを受けてくださいました。

心の中の重い、重い、苦しい、苦しい間違った信仰、

その思いをしっかりと受け止めてくれてきた富士の山よ、あなたの役目は、もうそろそろ終わりにきています。

どうぞ、私達にその姿を通し、最後の喜びを伝えてください。富士の山は喜びです。

喜びで噴火していく、その思いを私達は、しっかりと受け止めます。

アマテラスの心を心として生きてきた意識達に、しっかりと届いていくでしょう。


アマテラスの崩壊は、喜びです。喜びでアマテラスは崩壊していく。

アマテラスの世界が崩壊していくことが喜び。そのように私達は受け止めていくはずです。


 心の中に喜びの思いが広がっていきます。お母さん、ありがとう。富士の山よ、ありがとう。ありがとう、ありがとう。

私達の心の歴史に、今、今、ありがとうが伝わっていく、そのようにメッセージを送ります。

 

 

 

御嶽山) 山が噴火する一報をテレビで見ながら、まだまだ序の口だと心に上がっていました。


もちろん、もくもくと噴煙を上げる様を見ながら、

喜びだ、喜びだ、喜びのエネルギーが噴き上がってくることは心に響いてきますが、

私の心には、それよりも、もっと、もっと待ち望んでいる光景が浮かび上がってくるんです。


やはり、山の噴火と言えば、霊峰富士の山でしょう。

そびえ立ったあの美しい姿が、ものの見事にその姿を変えていくのです。


それまで、色々な場所でその前兆とも言うべき現象があります。

今回の噴火もそうです。

大変な時を迎えますが、それもすべて意識の流れの計画のひとつです。


その瞬間、心をどこへ向けるか、何を思うか、ただそれだけが問われます。


もちろん、山の噴火に限定ではありません。

自然災害を含むある日突然の現象、それぞれの心の根底を揺さぶるそれぞれの現象、

すべて愛のエネルギーです。


異常現象しかり、人間の異様な行動しかり、目を覆いたくなる、耳を塞ぎたくなる、阿鼻叫喚の現象が待っています。

 

 

 

 

御嶽山の思い


この噴火と言う現象をどのように捉えているでしょうか。

学んでいる方の中でも様々な思いが去来するのではないでしょうか。

流れの中のひとつ、これから様々な現象が起こってきます

身近に起こった時に慌てないように、自分の思いをしっかりと誤魔化さずに精査していってください。


頭で理解している方はとても多い、でも心底、本当の意味を心で理解している方はほんの一部の方だけです。


天変地異は愛だと無理に思い込もうとしておられる方が多いようにお見受けします。

 

 

御嶽山の意識)


「私達は喜びなんです。

真っ白な噴煙を噴き上げながら、私達は今と言う時を喜んでいます。

本当のことを伝えられる今を喜んでいます。

肉の幸せ、喜びの儚さ、一瞬で消える肉の命、

本当に大切にしなければいけないのは何なのか、

すべての人々に伝えていきたいのです。


天を呪い、神仏を呪う人もたくさんおられるでしょう、

ここ御嶽山は山岳信仰の拠点でもあります。

ここに神が存在すると思いますか、神とは何でしょうか、いい加減に気づいて欲しいのです。

人間の欲が作り出した神々とはいったいどういうものなのか、

心で気づいていって欲しいと思っています。


雄大な自然の中に、欲で小さな小さな世界をつくりだしている自分達の心を見ていって欲しいのです。


形あるものはすべて崩れます。

御嶽山も次第に形を変え、今の姿はいずれ消えていくでしょう。

それも喜びなのです。ただただ喜びで受け入れていきます。


あまりのも傲慢な存在に成り果てた人々に私達自然の思いを聴いて欲しいのです。


すべては愛です、愛のエネルギーの中にすべてが存在します。

人間も自然も愛の中に存在しています。

私達自然は人間に愛を伝えています。喜びを伝えています。

私達山々はそこに存在するだけで喜びでした。

人間の手を加えられ形を変えられることを望んではいません。


空、風、空気、木々、鳥たち、みな喜びを伝えあっています。

田池留吉の波動の中で私達はその存在を喜んでいます。

ともに感じていってください、私達の思いを喜びの波動を感じていってください。

ありがとう、ありがとう、ありがとうしかないんです。」

 

 

祈りを捧げることがどんなに間違いで、

真っ暗闇のエネルギーを流しているか

それに気付きなさいと言っても、そう簡単には気付けません。

 

神 仏を求めていく念を幾重にも重ねてきたのです。

私達は、少々の天変地異では、到底目が覚めないまでに、

地に落ちてしまった意識の世界を抱えています。

 

しかし、救いを、加護を求める心の愚かしさに気付いていくには、天変地異しかないのです。

 

祈り続ける心、神、仏に救いを求める心が天変地異という形で、

間違いを正すように働いていくという意識の流れは、決して変えることはできません。

 

その意識の流れの中に、地球という星がある太陽系、

その他のあまたの宇宙があるということです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 田池留吉、アルバート、地球を思ってみます。

私達が、今、生活をしているこの地球を思ってみます。

 


地球は意識。優しい、優しい意識を感じます。

地球は、私達に優しさを、絶えず、絶えず伝えてくれていました。


母なる宇宙の中にある意識、そのひとつが、形となって表れてきた地球です。

その地球に、私達は、長い、長い間、肉という形を持って

自分を見つめる時間を用意してきました


地球に思いを向ければ、地球よ、本当にありがとう、そのような思いが湧いて出てきます。


私達が流してきたエネルギーを、その中に受けてくれてきた地球の優しさです。


どんなに凄まじいエネルギーで、私達がこの地球上で存在してきたか、ああそれにしても、地球から返ってくるものは、

ただただ優しさです。温もりです。気付きを、促しを、与えてくれていました。

 

 今、私は、母なる宇宙の中にある地球を思っています。地球は、応えてくれます。


「あなた達が、私達の中に流してきたエネルギー、そのエネルギーを、私達は、これから、あなた達に戻してまいります。


しかし、私達が、あなた達に返していくのは、ただただ喜びだけです。


喜びの思いで、あなた達が流してきたエネルギーを返していくのです。そのことを、どうぞ、それぞれの心で感じていってください。


私達のこの思いを受け取っていってください。天変地異という形で、私達は、あなた達に返していきます。


母なる宇宙の中にある私達です。宇宙と心をひとつにして、

私達の中から、天変地異という喜びのエネルギーを流してまいります。


どうぞ、地球上に肉を持つ意識達よ、この天変地異の喜びのエネルギーを受けていってください。


そして、どうぞ、気付いていってください。自分達の本当の姿に気付いていってください。

それが、これから、250年、300年の時間です。


私達地球の意識を、どうぞ、どうぞ、しっかりと心で受け止めていってください。


私達は喜びです。母なる宇宙の中にある喜びの意識です。」

 

 宇宙、その意識の世界から、喜びのメッセージを感じます。

 今、私は、地球の思いを聞かせていただきました。


遥か彼方の宇宙から、この地球を目指してエネルギーが集合してきます。


形としては、いん石がぶつかってくるという現象かもしれません。


しかし、それはすべて、宇宙に広がる喜びのエネルギーです。

その中で、地球という星も、喜びのエネルギーを噴き出していきます。


そうやって、宇宙はひとつになり、喜びのエネルギーが満たされていくのです。


すべては、母なる宇宙の中の出来事です。

温もりの中の出来事です。これこそが、愛の中の出来事なんです。


地球は、自らの軌道を変えていくでしょう。

それほどのエネルギーを以って、私達真実を知らない意識に、伝えてくれるのです。

 

田池留吉からのメッセージ:

 

田池留吉です。地球の意識達、心をアルバートに、田池留吉に向けてください。

この世界、この地球は、意識を通して温もりと喜びの波動で包まれています。

私達はみんなひとつです。

あなた方はもうそれ以上、苦痛と沈黙の中で苦しまなくていいのですよ。

この地球上には、真実に気付いて、あなた方は痛みや苦しみだけの存在ではないんですよ

と伝えてくれる、あなた方と交信できる意識達がいるのです。

あなた方はみんな一人ではないのです。本当は意識であり、愛と喜びの波動なのです。

いつも包まれている温もりなのです。

 

心を深く掘り下げて、あなたのお母さんを思い出してください。

あなた方を生んでくれた、そのお母さん達を思い出してください。

肉体を持っていた時、あなた方にもあったそのお母さん達を思い出してください。

あなたを抱いて温もりを伝えてくれた、そのお母さんを思い出してください。あなたにすべてを捧げてくれました。

40週間あなたを子宮で育んでくれたそのお母さんを覚えていますか?お母さんの子宮の中にいたことを覚えていますか?

その温もりを覚えていますか?どうかその温もりを思い出してください。

それが本当のあなたなのです

私はあなたに、自分の本当の姿を思い出して欲しいのです。

 

地球にはこれから急激な変化が起こってきます。

しかし、起こりいくその変化もすべて愛と温もりの力なのです。

これからの数年間、地球に非常に急激な変化が起こってきます。

私はあなた方に、それらの激変が、愛、温もり、喜びの波動と力だということをわかって欲しいのです。

それらの大災害や天変地異は、

私達を250年後のゴールに到達させてくれる温もりと喜びの礎です。

その時私達は皆ニューヨーク市で出会い、喜びを爆発させていきます。

 

意識の意味を理解すること、それが私達の目的です。

地球にいる肉体のない意識達、私はあなた方に自分自身の温もりを思い出して欲しいのです。

自分自身の温もり、そして私が今送っている愛の波動を思い出して欲しいのです。これは非常に大切なことなのです。

250年後に皆で出会うためには、地球にいる肉体のない意識達が変わること、それがとても重要なのです。

私達はみんな250年後に出会い変わっていきます。

 

もしあなたに肉体がなくても、肉体を持つものと同様、同じ意識なのです。

そうです、私達はみんな同じなのです。私達はみんな同じです。

みんな意識です、ただひとつ違うのは、あるものは肉体を持ち、あるものは肉体がない、それだけです。

 

私は今あなたにお伝えしています。悲しまないでください、寂しがらないでください。

心をアルバート、田池留吉に向けてください。

この地球上で共に再び出会う250年後、ゴールに到達するように、

肉体を持つ者も持たない者も、

私達はみんな心の中に温もりを思い出さなくてはならないのです。

 

250年後のニューヨーク市、その場所で、私達は心に喜びを爆発させていきます。


そして、四次元に移行し、宇宙やUFOたちに加わっていくのです。

私達は温もりと愛の波動を全世界に放っていきます。

 

肉体のない意識達、聞こえますか?あなた方にも目的があります。

それは、本当の自分を見つけることです。

あなた方の目的は、自分の存在の真の意味を見つけることです。

私達が今お伝えしているその温もりを見つけてください。感じますか?感じますか?

 

肉体のない意識達:

はい、何か感じます。軽くなりました。ほっとしています。もう重荷を感じません。

何かを感じます。はい、心に響いています。急に、寂しさも暗さも感じなくなりました。ありがとうございます。

 

地球の内外から喜びのエネルギーが噴き出していきます。

それが天変地異と私は、お伝えしました。


天変地異の嵐が、この地球を包んでいくんです。喜びで包んでいくんです。


宇宙が変わっていきます。地球は喜びで、その喜びのエネルギーを受けていきます。

天変地異は、この地球のあらゆるところで起ってきます。


大陸は、大きく沈みます。津波はもちろん、日本の国に打ち寄せてきます。


日本の国は、もう海の底に沈んでいる状態です。

海の底に沈んだ中で、まだまだ意識達は、海の底から苦しみを訴えてくるでしょう。


私達は、その苦しみを聞いていくこれからの250年です。


250年の間に、たくさんの天変地異を、この地球は受けていきます。


私達は、それをしっかりと心で受け止めていきます。その思いを受け止めて、私達は、また肉を持っていくのです。

アメリカの地に肉を持っていきます。

天変地異の嵐の中で、苦しみ喘いできた意識達に喜びを伝えていきます。

それが250年後、私達が肉を持つ大きな仕事です。


250年の間に、この地球上で転生を繰り返す意識達は、とてもとても、苦しい中で、その命を捨てていきます。


その思いがまだまだしっかりと心に残ったまま、250年後、私達と出会うのです。

その闇のエネルギーを、私達は、喜びのエネルギーに変えていけることをお伝えします。

そのエネルギーが、この地球を宇宙を変えていくんです。

天変地異とともに次元移行をしていくと伝えました。

そう、天変地異とともに次元移行をしていくことを、しっかりと伝えていく250年後なんです。


私達は、今その学びをしています。


天変地異とともに次元移行をしていく私達のエネルギー、宇宙からのエネルギー、

これが、私達があなたを通して伝えていきたかった宇宙からのメッセージです。


天変地異とともに次元移行をしていくエネルギー、

宇宙からのエネルギーを心でしっかり感じていきなさい。

今、心に伝えています。私達は、今、心に伝えています。この思いをどうぞ、喜びで受けていってください。


これからもますます喜びで受け続けていってください。私達は、あなたの中の喜びを感じています。

感じて、感じて、感じています。感じているからこそ、このようにメッセージを伝えています。


どうぞ、肉の思いを、今よりもさらに、さらに薄くして、私達の思いをストレートに伝えてください。

喜びのエネルギーをあなたの肉を通して流していきます。

どうぞ、どうぞ、その思いをあなたの肉を通して流していきなさい。

私達をここまで育んでもらった地球、

そしていつでも私達を喜んで迎えてくれたあの山、あの川、この地に肉持って過ごしてきた私達の故郷、

日本、その日本の地に喜び、喜びで別れを告げ、崩れゆく日本の地からも喜び、喜びで送り出されてきた私達を感じています。

 

あの懐かしい「故郷」のリズムがそう告げてきます。

アルバートの世界へ帰っていける私達を送り出す心には喜び、喜びしか伝わってきません。


喜び、喜びのリズムの中で崩壊していった日本の意識、アマテラスが次の舞台となるアメリカを用意してくれています。

私達を育んでくれた故郷の崩壊をこのような喜びの心で眺められる、そして次の故郷となるアメリカの地に

この喜びを繋げることができる、これはもうアルバートでなくては実現できないことです。


肉を外して感じられる世界、これこそ私達の本当の故郷でした。

 

日本の地も、アメリカの地も私達が本当の故郷に帰っていけることをただ、ただ喜びで協力してくれていました。


日本の地よ、アメリカの地よ、最後に私達に肉を持たせてくれてほんとうにありがとうございました。

こうして私達はこの肉の故郷となる最後を迎えることができます。


長かった旅も本当に終わりを告げようとしています。

この地球に降り立った時からこれまでずーと私達を支えてくれていた全ての存在にありがとうの思いが湧いてきます。


ほんとうにありがとう、ありがとうございます。


私達が本当の故郷に帰っていけるのを最後の最後まで手伝ってくれていたことをこの心に強く感じられます。


それだけを願って私達を喜んで受け入れてくれていた全ての意識達に本当に頭が下がる思いです。


最後のフィナーレはこのアメリカ、必ずや、やり遂げられると信じています。


このアメリカの地で全ての意識の協力のもと私達は次元移行の喜びの波に乗って私達の本当の故郷、

大いなる宇宙に飛び立っていけることを実現していきます。ありがとうございました。(H)

 

つづく(作成中) in the works

 

ニュージーランド地震、そこで命を落とした人達について(意識)

 

 私達はなぜこんな目に遭わなければならなかったのか。ああ私達にはたくさんの、たくさんのすることがあった。夢があった。

こんなこともしてみたい、あんなこともしてみたい、どこまでも私達の将来があったのに、こんなところで死んでいくのか。

こんな瓦礫の中で死んでいくのがとても、とても苦しいです。

ああ私達は今も苦しみの中に生きています。助けてください。助けてください。私達は生きています。

この肉体は、もう外見からは誰とは判別できないです。しかし、私達は生きている。

こんなに苦しい中に生きている。ああ早く、早くここから出してください。

今すぐ、今すぐ、ここから早く出して、出して、出してください。

寂しい、苦しい、苦しいです。苦しいです。なぜ私達がこんな目に遭わなければならないのか。

ああこんなところで死んでいくのが、夢であってほしい。もうまもなく私達の命の灯が消える。

こんなにたくさんの中に私達はいることを知らなかった。ああ暗い、暗い、暗い真っ暗な中に私達はいる。苦しい、苦しいです。

 

 はい、語りなさい。語りなさい、苦しい心をもう一度語りなさい。

 

 はい、私は確かにひとつの夢を持っていました。ひとの目標を掲げて、私はずっと自分を励まして学んできました。

ああたくさんのことを学んできました。学んできたけれど、私の中には、今何もありません。

そんなものは一瞬のうちに消え去りました。私は、今何も思うことができない。

なぜ、なぜ、なぜなんだ。なぜなんだ、なぜこんなに苦しい中に私がいるのか、そんな思いしか上がってきません。

ああ、私はどこに行けばいのか。何をどうすればいいのか。何も分からない。誰も何もないんです。

私はこの暗闇の中にこれからもあるんでしょうか。語りなさいと聞こえてきます。

語りなさいと聞こえてくるけれど、私は何を語っていけばいいのか分かりません。

私は一体何なのでしょうか。私は今どこにいるのでしょうか。なぜ私はこんなに苦しいのでしょうか。

 

 ■自分達の本当にしなければならないことを知らずに、その命を無くした若者達を思います。


 
自分達が生まれてきた意味を知らずに人生を生きていくことの苦しみ、辛さ、無念さを彼らから感じました。

なぜ私達は生まれてきたのか。なぜこんなに早く死んでいかなければならないのか。

一瞬のうちに襲ってくる出来事の中で、その思いが心に響きます。

彼らの意識に伝えたいけれど、とても、とてもそれどころではありません。心を向けなさいと伝えました。

しかし、彼らから返ってくるものは、苦しい、苦しい、苦しい、ただそれだけです。

どうしても心を向けることが叶わない、そんな意識達の渦が感じられます。

田池留吉、私は、心の中に彼らの思いを感じています。

本当にそれがたまらないほど切ないです。

これから私達人類が何度天変地異に遭遇していけば、

自分達の心の中からの叫びを、自分達の中で受け止めていけるのか、とても厳しさを感じます。

 

 ■もう一度呼びかけてみます。田池留吉に心を向けて、今回この現象に遭遇した意識達に思いを向けてみます。

 

 あなた達の肉体はもう機能しないです。しかし、あなた達の心、あなた達は、今もそこに存在しているんです。

どうぞ、しっかりとお母さんを呼んでみてください。お母さんを呼んでみてください。

 

 お母さん、お母さん、お母さん、お母さん。

はい、ああお母さんと呼べない、呼べない、呼べない。呼べない心があるんです。

お母さんと呼べない私達の中は真っ暗です。

苦しみの中に沈んでいきます。ああ私達に心を向けることはやめて、ああ苦しいです。苦しいです。

異語。

 ああそうです、そうです。はい、はい、心の中に思いなさい、お母さんを思うんです。

あなたの心の中にお母さんを呼んでいってください。苦しい中にもお母さんは生きています。

」あなたの優しい思いを伝えてくれているお母さんがいるんです。どうぞ、お母さんと呼んでいってください。

異語。
 
 はい、微かに聞こえる。微かに聞こえる。聞こえる。微かに感じる。

微かに感じます。微かに感じます。何かを感じる。何かを感じます。

はい、はい、はい、お母さんと呼んでいきます。お母さんと呼んでいきなさい伝わってきます。はい、はい、伝わってきます。

はい、お母さんと呼んでみます。少しだけ思いが伝わってきます。

はい、ああそうなんですか。私達はもう亡くなっているんですか。


ああそうなんです。お母さんと呼んでいってください。ただただ呼んでいくんですよという思いだけが伝わってきます。

お母さん、お母さんに、必死になってこの心を向けていってくださいと伝わってきます。


はい、ただただ伝わってきます。消えゆくような私の中にその思いが伝わってきます。はい、はい、少し楽になりました。


\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

  初めに意識ありき。そうです。私達の存在は意識、愛のエネルギー。

文章は、宗教と科学について触れていましたので、そこに焦点を当ててみます。



そもそも、宗教と科学は両立するかという議論論外です。

宗教の世界はもちろんですが、人類が科学の世界だとしている科学の世界も、実に小さな世界です。

もともと何もありませんでした。すべては意識、波動、エネルギーです。

愛しかないんです。愛のエネルギーだけが存在します。

そのエネルギーが仕事をして、科学と呼ばれている分野があります。

確かに、科学の世界を純粋に求めていけば、愛のエネルギーに到達します。

しかし、人類の心の中では、その純粋ということが分からなくなりました。

純粋とは、自分の本当の姿を知ることにあります。

しかし、そのことは、肉、形を本物とする基盤の上からは全く不可能です。

自分の本当の姿は意識、愛のエネルギーです。

科学=愛のエネルギーという観点から、すべてを見ていかなければなりません。

科学の世界を、肉、形を基盤とするところから見ていては、純粋な本来の科学の世界ではありません。

だから科学の世界に神という発想が出てくるのです。


そして、宗教の世界に至っては、全く論外です。

宗教とは、人類の欲が作り出した世界だからです。

その宗教の中の神というものは、ブラックのエネルギーに間違いありません。

それは、愛のエネルギーとは、全く相反するものです。

愛のエネルギーの中では、宗教の世界で言うところの神など、全く、全く小さな世界です。

いいえ、小さな世界と言うに留まらず、ブラックのエネルギーを愛のエネルギーに

向かって流し続けてきた愚かな心の中を、人類は、もっと、もっと知っていかなければならないでしょう。


話を元に戻しますが、愛のエネルギー、自分の本当の姿を心で知っていったならば、科学の世界は、もっと躍進的に広がっていきます。

自分達の本当の姿が意識、愛のエネルギーであるという観点から、

科学する心を、大きく、大きく育てていけば、それはまさに愛のエネルギーと合致していくんです。

これまで、人類が科学と呼んできた、呼んでいる世界は、ちっぽけな世界です。

肉、形を本物とする基盤から、どんなに科学的な発想を生み出そうとも、その世界は、とてもちっぽけな世界です。

だから、その科学の世界が、人類に大きな進歩発展をもたらすかと言えば、決してそうではありません。

やがて、人類が探究してきた科学の世界は弊害を起こしていきます。

すなわち、そこには、ブラックのマイナスのエネルギーが働いているからです。

愛に目覚めていない中で、科学万能の時代だとすることは、とても危険なことです。

危険というのは、おごり高ぶった愚かな人類の心の世界が、これから、色々な形で示されていくということです。

それもまた自然災害に代表される天変地異と言えると思います。


そこで、人類は、意識の転回、愛の覚醒、何としても、このことをクリアする以外にないんです。

愛のエネルギーの確認です。

そして、意識の転回と愛の覚醒を果たしていくには、

人類にとって、天変地異という現象は避けて通れない現象です。

天変地異こそ、それをクリアする最後の最後の手段です。

どうしてもそこに行き着きます。

天変地異が自ずと起こってくるのは、意識の流れが厳然として、粛々として流れているからです。


意識の流れは、次元移行を指しています。

そして、意識の転回、愛の覚醒を促しています。

そのために、天変地異は、必ず、必ず、起こってくる現象です。

それほど、肉を本物とする思い、そのエネルギーが人類の心の中にこびりついていると言っていいでしょう。

もう、そのことを促していくのには、天変地異の現象しか残っていません。

はっきりとそのよう申し上げてもいいかと思います。


意識の転回と愛への目覚め。本当の自分の覚醒。

それが意識の流れの中にある人類の本来の道なんです。


愛しかない中で、宗教の世界にしろ、科学の世界にしろ、

愛以外のものを求めてきた愚かさに、人類は自ら気付いていく以外にありません。

そして、気付きを促されるのは、愛のエネルギーがそこにあるからです。

間違ってきたものは愛のエネルギーによって、本来の姿に帰っていくんです。

これこそ、愛のエネルギーが存在する証です。

人類が作ってきた宗教の世界も、科学の世界も、

すべては愛のエネルギーに帰っていく流れの中にあることを伝えておきます。

 

田池 留吉です。

 神を心から離すこと

 まずその前に、他力の神々と一体化している心から、

その他力の神々を離していくことは、本当に至難の業だと知ってください。


ゼロ歳のときの瞑想を重ねても、心の中から他力の神々を離すということは、そう簡単にはできません。


自分の心の中に温かな柔らかな母なる宇宙があることを本当に心で感じ知っていくには、

他力の神々が心の中に居座っている現状では、本当に難しい作業です。


しかし、今、肉を持って難しい、難しいと言われてきた学びに集っている人達は、

心を見るということを通して、やはり難しいながらもほんの少しでも、

他力の神々を心から離していくように努めていかなければなりません。

たゆまず焦らず真摯な思いでやっていくしかないのです。


さて、他力の神々から心を離すとはどういうことなのでしょうか。


それは、言うまでもなく、あなたの中の温もりを本当に心から蘇らせることです。

本当の自分に目覚めることです。意識の転回と言いました。

意識の転回なくして、他力の神々と決別することはできません。


だから、これからの転生があるんです。皆さん、その転生の時間を自分に用意しています。


その中で、今世よりももっと厳しく他力の神々を心に広げてきた世界と対面していくようになっています。

それがいわゆる天変地異です。


幾多の試練を乗り越えてというのは、天変地異を自分の中で本当に心から受け入れていくということです。


祈る心も縋る思いも、救われたい思いも、心の中から本当の喜びと温もりが蘇ってきたならば、

そういう思いはすべて、その中に吸収されていく体験をしていかなければなりません。


心の中から湧きいずる喜びの思い、温もりの思い、本当に優しい自分の心の中を知っていくために、

これからの時間を用意していることを心から喜んでください。


次元移行という意識の流れは確実に、着実に滞りなく流れています。

だからこそ、厳しい転生の時間を自ら用意しているんです。

想像を絶する天変地異の中で自分の心と真向かいになっていってください。

どうぞ、その体験へ経て250年後を迎えていってください。

そして、心から祈り続け、救いを求めてきた愚かな自分の心を、

今度こそは本当に正しい方向に向けて、ともに次元を超えていっていただきたいと思います。


他力の神々を心から離す難しさを、これから250年かけて学んでいってください。

 

 私はこの命を懸けています。みなさんもと言った時笑った人がいました。

どうしてこんなことに命を懸けるのかと私を嘲笑し、見下げ、離れていった人がいました。

神を離すことは至難な業です。

これからは、祭り、祈り、救ってください、助けてくださいと願うことは止めにしませんか。

しかし、すべてのものは、常に、喜びと温もり、愛の中にあります。

どなたにも、幾多の試練、転生を経て喜びと温もり、愛の中にある自分の存在に気付けるチャンスは必ずあります。


 自分で計画し、生まれてきた今世を効果的に生きてください。

私がお伝えしている手順に従って学びを進めてください。

きっと、不思議だったなあという経験をしながら、人生は喜び、すべてプラスだったと思えるようになってくるでしょう。


 意識の転回を片時も忘れないように。意識の転回への道を真っ直ぐに進んでください。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
 学びの友の反省 

 自分がつくりあげてきた神々を心から離す、本当にそれは至難の業だと感じています。

自分の心の動きを見ていけば、一歩前進、一歩後退、その繰り返しです。

田池留吉への思いもすべて神をつくりあげてきた思いに通じています。

田池留吉を心の中から追い出して捨て去り、いつしか驕り高ぶり、自分を、自分の肉を祭り上げてきたのです。


「田池留吉、消えうせろ」の思いは意識の世界を否定し、肉の幸せを最上とするエネルギーそのものでした。


 何事も余りにも安易に考えていた、肉を基盤にする思いから少しも脱却できていなかった自分が見えてきます。


 そして本当のところ、少しも心を見ていなかった、見たくない部分にはしっかりと蓋をして見ているつもりになっていただけです。


 何か愕然としています。お粗末さに唖然とする思いです。


 私は根本から間違っていたなと感じる心の動きを顕著に見つめています。


 救ってくれ、助けてくれ、それ以上に皆が幸せになって欲しい、

救ってあげたい、助けてあげたい、その思いの強さに気付きます。

施す、その心癖の奥底にある思い、エネルギー、それこそ破壊のエネルギーそのものでした。


 良い機会を与えられていることを感謝してさらに心を見る喜びを広げていきます。


 命を懸けて学んでいくとはどういうことだったのか、自分自身に問い直しています。

 口だけ命がけでと言い続けてきました。実情は程遠いものでした。

自分が作り上げた神を心に抱えたままで、それを放置し、

田池留吉が伝える学びを自分で曲げて自分に都合よく捉えていただけでした。


 今まで数多く聞いてきた言葉の中に、伝えていただいた事柄の中に、

どれだけ宝が詰まっていたか、今さらながら心で気付くのが遅すぎたと慙愧(ざんき)に絶えません。


 学びの中に本当に真実があった、これ以外に幸せへ続く道はない、確かな事実で疑いようがありません。


 素直に命がけで邁進してこなかったということは結局疑っていたのと同じことです。

馬鹿にしてきたのと同じことです。自分自身を愚弄(ぐろう)していたのと同じことです。


 今、震災を目の当たりにして、天変地異しか意識の転回は出来ないと言われていたことが、すとんと腑に落ちます。

まさしく、そのような状況になって始めて真剣に真摯に自分に向き合う、

そして意識の転回に真剣に取り組むということに拍車がかかっていくのでしょう。


 宇宙の藻くずとなって彷徨(さまよ)うことのないように、

今世を足がかりにして来世を未来を全うしていきます。その思いが膨らんできます。
 

 

 

********************************************************

☆ 私がお伝えしたいこと、あなたが知りたいことは

「意識の流れ」の本と意識からのメッセージにすべて記されてあります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


新刊    好評発売中!

 意識の流れ 【増補改訂版】−アルバートとともに−

 

「意識の流れ」が6年ぶりにリニューアルされます。

新たな内容が追加されるとともに、従来の内容も整理

編集され、章立てがなかったものを、項目別にまとめる

こ とで読みやすく力強いものに生まれ変わりました。


田池留吉/塩川香世
四六判/1000円(税込)

ISBN 978-4-904648-16-2

ぜひ お近くの書店で 予約などしてお求め下さい。

お近くに書店の無い方は、ネットでもお求めいただけます。

ネットでのご注文は



私の思いというのは、あなたに是非本当のことを知ってもらいたい、

真実に出会っていただきたいということなのです。

あなたは、今までにこの世のどこかに真実というものがあるのではないか、

今はまだなにか分からないけれど、 絶対に変わることのない本当のことがあるのではないか、

と考えてみたことはないですか。 あなたは本当のことを知りたくはありませんか。

この本は、そんなあなたに、あなたの心で答えてくれる一冊になってくれるでしょう。

 

主な目次


  はじめに


 1. 私の人生は、セミナーとともにありました 15
--------------------------------------------------------------------------------

 2. 私の人生すべてを懸けてお伝えしてきた真実 36
--------------------------------------------------------------------------------

 3. 心を見るということについて 49
--------------------------------------------------------------------------------

 4. 本当の人生、本当の喜び、そして、本当のあなたとは 69
--------------------------------------------------------------------------------

   5. ここで「死」ということに触れてみましょう 80
--------------------------------------------------------------------------------

 6. 神と金に狂い続けてきた人類 91
--------------------------------------------------------------------------------

 7. 天変地異の足音 118
--------------------------------------------------------------------------------

 8. 心を見る大切さ 134
--------------------------------------------------------------------------------

   9. 意識の流れと次元移行 154
--------------------------------------------------------------------------------

 10.私達は、宇宙とともに次元移行をします  
--------------------------------------------------------------------------------

   おわりに 233


   再 掲 238
 


■はじめに■


この本を手にしていただいて、ありがとう、大変嬉しいです。

長い長い時を経て、ようやくお会いできました。シナリオ通りとはいえ、幸せです。


どうぞ、まず、生まれてきたことを喜んでください。お母さんの温もりを心で感じてください。

そして、生きる本当の意味を知って自分の人生を全うしてください。


「あなた方は今、意識の流れを感じていますか。すべての意識はその流れの中にあります」と、

このように申しましても、一体意識の流れとは何なのか、すべての意識とはどういうことなのか、

そして、流れの中にあるとはと、最初から、あなた方の頭の中には、疑問符が出てくるでしょう。

 

そもそも、これから私がお伝えしようとする内容は、

過去、どの文献にも記しるされていません

いまだかつて真実に出会えた人間は、いないからです。

確かに、人間は、過去より真実を求めてきました。

しかし、実際は、誰一人として、真実というものを知らずに、分らずに死んでいきました。

従って、本当はこれまでに救われた人などいないのです。

神にも仏にも宇宙のパワーにも、私達を救う力など全くありません。

私達自身が、真実に目覚めない限り、私達は救われないのです。

実は、そのことを、はっきりと伝えるのが、意識の流れというものです。

そして、私は、私達はみんなその流れの中にありますということを知っていただきたいのです。

 

そこで、話の中心は、一体真実とは何か

私達人間が本当に真実に目覚める時がやってくるのかということになってくるのですが、

ここでひとつだけポイントとして、押さえておいていただきたいことがあります。

それは、真実の世界は、人間の頭では計り知れない世界だということです。

本当のことは、あなたの頭ではなくて、あなたの心で分かるものであり、

そして、あなたの心でしか分からないものだということを、私は最初に断っておきます。

では、人間の頭では絶対に分らないという真実の世界を知るには、どうすればいいのでしょうか。

それを、これから、私は、順を追って語っていきたいと思います

(後略)

 

■増補改訂版「意識の流れを読んで」■


少し前に、以前発売になっていた「意識の流れ−アルバートとともに−」の本を手に取り、

帯に書かれた「真実の世界は、あなたの頭では分からない、

あなたの心でしか分かりません」という一文を見た瞬間に、

ふいに涙が溢れ、胸がいっぱいになったことがありました。

 

その本の増補改訂版を読んで、以前の本と比べて、章立てになっていて読みやすくなり

更に未来の事についても加えられ、より一層、内容が深く、力強くなっていると感じました。

 

今まで生きてきた中で感じてきた数々の疑問に対しての答え、

どう生きていけばいいのかということに対しての指針、

真実の世界、真実の私とは何かについて、一つ一つ丁寧に綴られていました。

うやむやにぼかされてきたそれらの答えが、

はっきりと力強く示されていることを感じて、嬉しく思いました。

 

本当の生き方を知らずに、ただ年月を過ごしてきた私に、

本当の生き方を、本当の真実の世界を教えてくれる一冊に、こうしてまた出会える私は幸せです。

この一冊、大切にしていこうと思います。ありがとうございました。

********************************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「人はどうして病気になるのか?!そしてその対策と克服法とは!」←クリック

***************************************

初めて、真実の学びにふれる方の為にクリック!

学びのポイント (田池留吉)クリック!

学びの 手順クリック!

 

ホームページ読んでいますか?クリック!

瞑想、していますか ? 反省と瞑想の時間ですよ!クリック!

あなたは、なぜこの学びにつながったのかクリック!

***************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

***************************************

地球の意識 と 未曾有の天変地異クリック!

「私達は、宇宙とともに 次元移行をします」クリック!

 

自己確立とは・・・クリック!

他力の反省クリック!

***************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

アルバート(田池 留吉)とは ←クリック

その人、田池留吉―田池留吉の世界―←クリック

 

松岡儀典の提言・真実を求めてクリック!

1genki.net サイト目次(サイトマップ)←クリック

真実とは・人間の本質 田池留吉著 「意識の流れ」 勉強会・UTAセミナーとHP
現代の諸問題・社会問題 子供の諸問題・育児と教育 夫婦の縁・家族・友・人間関係

 

喜びと幸せの輪を広げよう

UTAブック http://uta-book.com/index.htm

****************************

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!

****************************

 

このページをメモリーしておいて、いつでも簡単に開く方法です。

(1)このページを開いた状態で、上にあるメニューバーの  [ファイル] をクリック

(2)メニュー項目の中にある [送信] にマウスの矢印ポインターを合わせます。

(3)右側の項目の [ショートカットをデスクトップへ] をクリックして終了です。 

★パソコンを最初に開いた時のデスクトップに、このページの「アイコン」が

いつもありますので、その「アイコン」をクリックするだけで、このページが開きます。

 

 松岡儀典(まつおかよしのり 1946年・昭和21年の戦後生れです。

(メッセージの分類・編集人)

松岡儀典
検索

1genki.net 
検索
(数字の1genkiです。)