(ホーム)

■不自由な地球を飛び出し、あなたの 心で 地球を・宇宙を 感じてみませんか?■

(瞑想による意識の世界・あなたの宇宙)・・・そして、300年後の次元移行!!!

 

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」

「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」

 

 

私達、人類を、大いなる愛で育んでくださった地球よ、そして、お母さん・肉体細胞よ、

さらに、真実を伝えに来てくださった 田池留吉・アルバート、

本当にありがとう!そして、ごめんなさい!かさねて、ありがとう!!

私達は、宇宙の友UFOと共に、4次元へと次元移行してまいります。

 

私達は、喜びでした。私達は、温もりでした。

私達の帰るべき、本当の故郷、お母さんの元へと、帰って行きます。

ありがとう! ありがとう! そして、さようなら!

 

「 私達は、300年後 NYから

宇宙とともに 次元移行をします 」

 

田池留吉は、次元移行の予言者でした。

そして、アルバートは、次元移行の実行者

 

肉を本物とする思いを、しっかりと見つめていってください。

その思いから抜け出ることが、次元移行です。

 

このような肉を持って地球上で生息できる時間は もう300年。

次元移行ができない意識達は、宇宙を さ迷い続けることになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

宇宙に思いを向けます。 塩川香世

 

 田池留吉、私は宇宙に思いを向けます。


心の中を語っていくとき、喜びが上がってきます。宇宙は待っています。たくさんの意識達が待っている。


肉を持たずに、私達の思いを心に広げていける喜びを感じてくれています。私は宇宙達に思いを向けています。


「心の中をどんどん見つめていってください。見つめていきましょう。

心の中からたくさんの、たくさんの喜びのエネルギーが出てくるでしょう。それがあなた方なんですよ。」

私は、そのように伝えます。

 懐かしい、懐かしい。懐かしい。懐かしい、懐かしい。

 

 この三次元で出会えています。私の仲間達に出会えています。懐かしいです。

よく心を向けてくださいました。私はとても嬉しいです。


またひとつになって、本当にひとつになって存在していけるんですね。


私は三次元で、心を見つめてまいりました。


250年後の肉を持つ私は今ここに存在しています。

250年後の肉とともに宇宙へ思いを向けたとき、

「私はこの三次元で心を見つめてきました。たくさんの母からこの肉体をいただき、

自分を見つめていけるチャンスを本当にたくさん得てきました。ありがとうございます。」


宇宙よ、私は今、心にこの思いを流しています。


私は自分の喜びの世界に帰れることを伝えました。喜びの世界です。母の安らぎの中に私達はありました。

三次元にやってきてようやく、私はともに存在していた仲間達に伝えることができました。


250年後の肉を置くとき、私はこの宇宙達とともに次元を超えてまいります。

250年後の肉を最後に、私はもう肉を持たない次元へ行きます。さらに私は私を進化させていきます。


宇宙達よ、ありがとうございます。三次元の学習をさせていただきました。その結果を私はあなた方に伝えることができました。


私はあなた方とともに存在していました。心を見つめて、私達はさらに母なる宇宙へ帰る道を歩いてまいります。

田池留吉、アルバートと私達は教えていただきました。

母なる宇宙へ私達をいざなってくれる喜びのエネルギーが私達にそう伝えてくれました。


「一つ、一つ、一つ、私はあなた、あなた私は、一つの世界へともに帰りましょう。」そのように伝えていただきました。


私はこの肉を持ちながら、その学習をさせていただきました。そして、心に目覚めた喜びを今、宇宙に向けて発信しています。


喜びのエネルギーを流していけることが喜びです。私は250年後の肉を置き、この思いをさらに深めてまいります。

 

250年後の私が語ります



私は今、まだ肉体を持っていないけれど、250年後の私です。


私は、今、心の中にアルバートを呼んでいます。

私達の心の中にあったふるさとへ帰ろうと、私はこの喜びをずっと、ずっと待ち続けてきました。


250年前、私はひとつの肉体を持ち、ようやく、この喜びの道を自分の中に見出し、そして、今に至っています。

私の境遇はとても苦しかったです。しかし、それもみんな、みんなこの喜び、温もりの世界を心に広げるためでした。


私は、今とても幸せです。ああ、この肉体をいただいたことを、本当に喜んでいる私があります。

ああ、この肉体は、すべて愛に帰るために用意されていました


心を繋いで、繋いで、繋いで、250年前の私から、今の私へ、

ようやく、ようやく、しっかりとした足取りで、宇宙達とともに次元を超えていく道が目の前に広がっています。

私達の心の中の喜びは、爆発しそうです。

ありがとうございます。こんなに幸せでよかったのでしょうか。


私の過去すべてが一斉に喜びに目覚めて、

今、私はその思いを心いっぱいに広げています。



たくさんのありがとう、喜びを胸に私達は次元を超え、再び、この地球上には転生してきません。

ともに、約束してきた私の仲間達。その喜びが私の心の中に広がっています。


私達は愛へ帰る存在でした。愛が私達。私達の中に愛があった。

このことをただ、ただひたすらに伝え続けてくれた母の意識、田池留吉、アルバートの意識にありがとうの思いだけを伝えます。


アルバート、私達は次元を超えてまいります。アルバート、ありがとうございます。

アルバート、あなたと出会えてよかった。あなたの意識の世界と出会えてよかった。

アルバートを呼んできた私達宇宙の思いとともに、私は今、あなたの中へ帰っていくことを確認しています。


時を経、今、私達は一つの世界を心に広げ感じています。嬉しいです。嬉しいです。

日本の国は、今はもうないけれど、日本の国で、田池留吉とともに学び、私達はひとつの世界を知りました。

苦しかった転生を、すべてそのひとつの愛の中に包み入れ、

私達はともに、ともに真実の道を着実に一歩、歩めることができるんです。

私達の意識、私達の存在は永遠です。

 

これから宇宙は変わっていきます。

地球も変わっていきます。

次元移行に向かって人類も変わっていきます。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

「これからの激動の時間を経て、250年後に必ず出会い、そしてともに行きましょう。

今世、肉を持って学びに触れた人達は、本当にセミナーで伝えていただいたことと、真剣に取り組んでください。

自分を繋いでいくことに全力を傾けてその肉の生涯を終えてください。」


 私達は、250年後、宇宙とともに次元を超えていきます。

今私達と肉で出会っている、出会っていないに関わらず、250年後の舞台はすでに整えられています。

 宇宙達が待っています。

全宇宙とともに次元を超えていく意識の世界のストーリーの礎は今世すでに出来上がっています。

 だからこそ、こうして、今世学びに触れた人達に呼びかけています。

 どうぞ、心の中に作ってきた他力の世界の崩壊に全力を傾けてください。

今世学びに出会ったから特別なのではありません。

それはそれぞれの計画の一端です。それを活かしていくのはあなたの選択です。

その選択如何によって、意識の流れがどうなるものでもありません。

意識の流れは厳然とあります。粛々と流れています。粛々と計画を遂行しています。

 どうぞ、心を見てください。そしてと、自分を繋いでいってください。

 

 

 頭で納得することと、心で感じ、心で分かることの違いは、

当然、どのような言葉を使ってもそれは表現できません。

どうぞ、あなたの心で感じて分かっていってくださいとしか言いようがありません。

心で感じ、心で分かってくれば、本当に分かるんです。

こうしてホームページに掲載されている内容は、ズバリその通りだと納得するんです。

そして納得するだけでなくて、本当の喜びと本当の幸せを感じます。


 生まれてきてよかったというのは、

次元移行へ向かっていく自分の予定してきた道筋がきちんと真っ直ぐに自分の心に映し出されて初めて、

心の底からそう思えるんです。

 次元移行です。意識の流れです。

磁場と反転の実践と瞑想の中で、必ずそれらがくっきりとはっきりと心に響いてくる、

それが本当の喜びと本当の幸せを感じさせてくれます。

その中で、私は宇宙と呼びかけています。

そうすればもう私の中は本当に言葉にならないほどの嬉しさを感じます。

ブラックでも何でもいい、私は嬉しい。本当に嬉しい

ともに帰れることを感じられるからただただ嬉しいです。

第13回UTA会セミナーの現象のときに、宇宙が大好きだという方が出られました。

私も宇宙が大好きです。宇宙と思えば本当に嬉しいです。宇宙に向けて瞑想をすることがとても、とても嬉しいです。


私達は、狂った闇黒の宇宙を数限りなく作ってきたけれど、

ようやくそのたくさんの宇宙達とともに、次元を超えていける、

そしてさらに母なる宇宙の温もりの中に、喜びの中に帰っていける、それが心で感じられる、

そういう瞑想を続け、重ねていける喜びを知りました。

私達は、肉を持つ以前よりもちろん、田池留吉、アルバートの意識を知っていました。その意識とともにあったんです。

そしてこの地球に肉という形を持ってからも、田池留吉、アルバートの意識からのメッセージを心は受け続けてきました。

しかし、私達は自分を捨てたんです。自分の温もり、喜び、それらを捨て去り、我一番の宇宙を築き上げてきました。

正しくメッセージを受け取ることができませんでした。

だから、私達は狂いに狂い、苦しみあえいできました。

温もりと喜びを捨て、我一番のパワーを強め高めていくことが最高の喜びとなりました。

 私は、そういうこともああいうことも、すべては、今世肉を持って学ばせていただき、ようやくその間違いに心から気付いたんです。

 だから、今世を境にして宇宙は変わります。大きく転回していきます。

私はそれがただただ嬉しい。その嬉しさと喜びで私は今世の学びをもっと濃縮させていきたいんです。

それは田池留吉が肉を持っている如何に関わらず、

永遠の過去からずっと通信していた田池留吉、アルバートの意識の世界とともに学ぶ喜びです。

心をさらに向けてまいります。

 自分を見つめ、自分の間違いに心で気付いていく、そして自分を正しい本来あった軌道に乗せていく、

その成果が自分の中でどれだけ達成されているか、それを心で見極める、

それが今世肉を自分に用意したそれぞれの責任のもとでなしていくべきことでした。


私はそのように学ばせていただいてきました。

自分に責任を持てるように、自分に納得がいくような学び方をしてきました。

そのために私はすべてを整えてきたんです。学びをし易いように、肉的環境を整えてきました。

今世に賭ける私の思いの表れです。私には二度とこのようなチャンスは巡ってきません。

今世を逃しては、自分を破滅させる以外に道はなかったのです。そんな強い決意のもとに私は学んできました。

 しかし、そんな私にも、かつて学びの時間の中で、その決意を揺るがしかねない危険な時もありました。


その際、私は田池留吉氏から、厳しく促(うなが)されました。

それによって、反発したり、落ち込んだり、田池留吉氏に恐れおののいたりはしませんでした。

ただ、どのように自分を立て直していくか、私は必死だったと思います。

自分の浅はかさを自分に詫び、そして、そのことを糧として、私は一直線に自分の予定してきた学びの道筋を歩んできました。

だから今の私があります。私は私に結果を出しました。これからも私の予定のコースを淡々と着実に歩んでいくことに間違いはありません。

なぜならば、私は意識の流れの中にある自分を知っているからです。意識の流れは厳然として流れていることを本当に知っているからです。

曲げることも変えることもできない、ただ次元移行を目指して粛々と流れている意識の流れに沿っていくことが

どれだけの喜びであるのか心で感じ入っています。

間違いなくこれからの250年、300年の喜びの時を駆け巡って、私は私の中のたくさんの宇宙達と次元を超えていきます。

そのための学び方が、これからの時間の中で私に指し示されていることも、瞑想の中で感じています。

だから私は幸せです。どんなに地獄を作ってきても、私は私を信じて待っていてくれていました。

だから私にありがとうなんです。本当にありがとうの思いで私は私を見つめていくだけです。(塩川香世)

 自己確立こそが本当の喜びの道であり、幸せの道であることは私の中で紛れもない事実です。

自己確立とは意識の世界のことを言います。

しかしながら、意識の世界が本当の意味で自己確立されていれば、肉も、肉の生活も同様です。

なぜならば意識が現象化したものが肉だからです。

肉があってこそ学べる今の段階。

しかし、もうすぐ私達は肉を持たずに学ぶ次元へと移行していきます。

私はその自分の進化、意識の世界での進化を思う時、本当にただただ嬉しいです。

そんな計画を自分に用意してきたことが本当に嬉しいです。

宇宙とともに歩んでいく喜びです。

今日も一日が始まります。私が私に用意した時間と空間の中で、元気よく喜んでそれを活用していきます。(0408)

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

意識の流れに沿って300年後 次元移行を果たせなかった意識達。

その意識達は残念ながら、宇宙のもくずとなっていきます。


宇宙のもくず、再び今のような肉という形を持って、地球上に生息することはできません。

なぜならば、この地球はもはや人間というものは住めない、そういう状態になるからです。

地球が真っ二つに割れるとかそういうことではありません。

ただ生息不可能な、生物が生きていくことができる環境が破壊されている状態、それが地球という星のこれからなんです。

しかし、地球という星もまた母なる宇宙の中に存在しています。

人間というものがそこでは生息不可能な状態になっていますが、地球から流れるエネルギーは喜びのエネルギーです。

 私達を受け入れてくださいました。

三次元で肉という形を持たせていただき、ここで私達は自分を見つめるということを、

ようやく学ばせていただいたこの地球に、今、私は思いを向けています。



地球から思いが帰ってきます。

 

 私は喜びで、喜びで、この三次元の中でこのように存在しています。

もうまもなく私、地球の役目は終わりを告げます。

どうぞ、心を宇宙へ向けてと、そのようにすべての意識達に伝えます。

それが地球の最後の役目です。

そして、その思いを受け入れてくれることができない意識達、それらは形を持つことができずに、

さまよい続けるか、固まり沈んでしまった状態のままで、地球時間で言えば、何十億年、何百億年と過ぎ去っていくのでしょう。


今、そしてこれからの250年という間に、この地球上で肉を持つということがどれほどの愛なのか、

何度転生を繰り返しても、300年後に次元移行をともにできるならば、これからの転生は喜び、喜びなんです。


それをご自分の心で感じていただくこと、それがとても大切です。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

母なる宇宙は、喜んでいる。そして、地球も喜んでいます。

ここで言う、「宇宙」には たくさんの意味が、含まれています。

目に見える、太陽系・銀河系 等に代表される

一般常識で言う所の 「宇宙」では ありません。

 

宇宙=意識の世界=波動の世界=真実の世界 そして、

宇宙は あなたの 故郷です。あなたが帰るべき所です。

宇宙は あなたの 本当の故郷なのです。

 

宇宙は あなたの 過去世でもあります。

本当に優しい宇宙。お母さんの温もりの中にあった宇宙

その世界は、本当に喜びと温もりに包まれた世界です。

母なる宇宙、母なる温もり、あなたは この思いに帰るために、今存在しています。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

UTAの輪認知から成長への段階に入りました。一人でも多くの方と共に更に成長へ。よろしく頼みます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「 UTAの輪、認知から成長への段階に入りました。」・・・・・・ 具体的にどういうことでしょうか?。


UTAの輪は、確実に成長の段階に入ったということです。

認知とは、UTAの輪とはこういうことですよと、私は示し、そして、そのUTAの輪を成長させるとは、

そのUTAの輪の波動、その波動を確実なものにしていく、そういう段階に入ったということです。


お分かりでしょうか。UTAの輪は、どんな輪なのでしょうか。それは、次元移行へ、ともに、ともに歩んでいく意識の流れの中に出来る道筋です。

そこには、大きな喜びのエネルギーが発生します。そのエネルギーが成長の段階に入ったということ、それは、大きな大きな喜びです。

UTAの輪の認知。

UTAの輪とはこういうことですよと、学びに集ってくる方達に、肉を持っている、持っていないに関わらず、そういうことを広く知らしめました。

そして、その成長。いよいよ、UTAの輪の中身をより一層知らしめる、それが成長の段階。そういうことです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


歓喜。アメリカ。全宇宙が此処に意識をどんどん向けています。勿論、肉を持った意識達も大集合しています。

次元移行への旅、達成まで後50年。

肉を持っている意識達は、意識の転回最終段階、意識は一つ・愛の覚醒へ。

3次元では、紀元2013年2月1日。

現在肉を持っている意識達よ、全宇宙に向けて反転、愛を。

喜びだけの日々を、意識も、肉も。

ただただ自分自身を信じて250年後の偉大なる大集合に。さあ、母なる宇宙へ出立。

UTAの輪が核、中心だ。いつも、いつまでもいっしょで。

至福。筆舌に尽くし難し。感謝、ありがとう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 「 私(田池留吉)はあなたにもっとご自分を自覚していただきたい、そういう意味で、メッセージを載せました。

あなたに向けたメッセージだとご理解いただけたらいいかと思います。

表面上は、皆さんに発信しているメッセージ。しかし、実際のところはあなたに向けたメッセージだと言えるでしょう。

私とあなた、次元移行へ向けて突き進んでいくエネルギーを、しっかりと心に向け、そしてともに、ともに歩んでいきましょうという私の思いです。


私とあなた、もちろん肉の次元ではございません。意識の世界を私は言っています。

私の意識の世界と、あなたの意識の世界、それが一つに重なった時、大きなエネルギーが発生するということを、私はあなたに伝え続けてきました。

あなたのご自覚をもっと深くしていただけるよう、私はホームページを通して伝え続けています。

どうぞ、心をしっかりと向け、あなたはあなたの学びとして、私のほうに心を向ける瞑想の時間をしっかりと持っていってください。

あなたに語っています。あなたの心の中に田池留吉、アルバートのメッセージを今日も届けました。

あなたはどのように受け止めましたか。私は、あの通りなんです。私の思いを語らせていただきました。

どうぞ、しっかりと、あのメッセージを心の中に刻み、あなたはあなたの学びを進めていってください。

私とともにあることをしっかりと心に刻みながら、UTAの輪のほうに心を向け、喜びのエネルギーを心に感じていってください。」

 

 

The Flow of Consciousness

意識の流れ

************************

「意識の流れ」とは、次元移行を指しています。

「意識の流れ」とは、本当の意識だけのあなたの故郷

(母の温もり=喜び・うれしいと言う思いだけの世界)

帰っていこうと うながされて、転生を繰り返すことです。

そのなかで、遭遇するのが 天変地異 なのです。

 

私たち人類は、喜びだけの意識の世界から、闇の思いが生まれ、その闇を光に変えるために

1次元にて 初めて肉体服をまとい、2次元の星、3次元地球へと時空を超えて移行してきました。

 

そして、いよいよ、300年後、4次元へと時空を超え、次元移行をしてまいります。

さらに、次元移行は続き・・・・私達の本当の心の故郷・意識の世界へと帰って行く旅路です。

************************

 

 

次元を超えても、真実に限りなく進化していく道は、永遠と続いていくのです。

意識の世界は、永遠に続く世界 意識の世界にゴールなどありません。

ただ、この三次元の世界に、一応  終止符を打つだけであって、

次元移行もまた、意識の流れの中の一過程に過ぎません

 

意識の流れは、次元移行に照準を合わせ、粛々と流れています。

やがて、その流れは、天変地異という形で、はっきりと示されていきます。


限りなく透明になっていく その過程を、喜びで通過していける

喜びの中にある、温もりの中にあるのです。


ひとつの宇宙、母なる宇宙=故郷 に帰っていける喜び、遥か遠い過去よりの切実な思いです。

 

私達宇宙は、計画通り次元を超えていきます。喜び、喜びで次元を超えていきます。


過去からの宇宙、すべてがひとつになり、私達は、次元を超えていきます。

 

もちろん、三次元に留まる意識も数多くあります。

次元移行を果たせない意識は、また形を持ってくるでしょうが、

やがて地球という星は生息不可能な状態になっていきます。

ということは、三次元に留まるも、

それらは宇宙の もくず になって、さ迷い続けるということでしょう。

自らが気付くまでさ迷い続けます。そのような意識達も、

やがて気付くチャンスはあるかもしれませんが、

それにはそれこそ 気の遠くなるような時間 を必要とします。

 

私達は共に 四次元 に進み、心を愛と喜びに 変えていくのです。

それが 私達の 使命、目的 です。

四次元こそが、私達が愛と真実を広げ伝えていくという場所なのです。

 

私達がその先頭に立って進んでいくのです。

 

四次元での私達の使命、目的は、この宇宙を変えていく手助けをすることです。

私達が本当に意識であるということ、それを宇宙にわかってもらうために私達はここにいます。

心の中に真実を見つけ、真実を思い出し、、、真実を広げながら、

意識をひとつ、またひとつと変えつつ、私達はこの地球上で懸命に学んでいます。

 

本当のあなたは、この温もり、愛、エネルギーの塊であり、

その温もりは事実あなたの心からきているものだということを思い出して欲しいのです。

あなたの心の中から放たれているのです。

 

私達は本当にひとつであり、心の中心部は同一なのです。

私達は皆意識であり、光と温もりです。その波動です。

感じられますか?感られますか?感じられるでしょうか?

********************************************************

「宇宙」の意味する所の違いを、知って下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

母なる宇宙は、喜んでいる。そして、地球も喜んでいます。

ここで言う、「宇宙」には たくさんの意味が、含まれています。

目に見える、太陽系・銀河系 等に代表される

一般常識で言う所の 「宇宙」では ありません。

 

宇宙=意識の世界=波動の世界=真実の世界 そして、

宇宙は あなたの 故郷です。あなたが帰るべき所です。

宇宙は あなたの 本当の故郷なのです。

 

宇宙は あなたの 過去世でもあります。

本当に優しい宇宙。お母さんの温もりの中にあった宇宙

その世界は、本当に喜びと温もりに包まれた世界です。

母なる宇宙、母なる温もり、あなたは この思いに帰るために、今存在しています。

 

宇宙を感じていけることこそが喜びです。なぜならば、それが私達だからです。

思いは、意識は、そんなちっぽけな世界ではありません。

心の中に広がっていく世界は、どんな言葉でも言い尽くせないです。

 

意識は、温もり、愛、幸せ、安らぎ、喜びの波動であり、

宇宙に永遠に無限に広がっています。

私達は本当にひとつで、すべての意識は繋がっているのです。

 

苦しい意識達、宇宙に広がるあなたの仲間達とともに、母なる宇宙へ帰っていきます。

私達宇宙の仲間は、この空間に果てしなく、数限りなく存在しています。

 地球上に起る色々な出来事は、宇宙からのメッセージ

 

宇宙からのメッセージ、そして 宇宙へのメッセージ

 

田池留吉です。

 瞑想、瞑想瞑想毎日、毎日続けていきましょう。

取りあえず、瞑想が楽しくなるまで続けましょう。


 先ず、母親の温もりを、そして、自分の温もりを信じて自己供養(闇出し、受け入れ包む、喜び)を。


 自己供養は、転生を経て、次元移行を果たすまで続きます。

自己供養は自分と出会い、自分を知っていく効果的な作業と言えるでしょう。

自分を知らずして次元移行はできません。よろしいですか。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

********************************************************

このページは、全て、この 学び を通じて 心の窓 を開かれ、

真のチャネラーとなられた塩川香世さんの チャネリング(意識の世界との交信)によるものです。

********************************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

  01 私達宇宙は、これからも、さらに地球人類に、警告を発してまいります。


あなた達は、心を見るために、肉を持ったのではないのですか。


己の欲、そのために生き続けてきたその心を、見ていってください。


私達の思いを、どうぞ、感じていってください。


 地球は、もうまもなくその役目を終える時がまいります。


私達宇宙は、地球人類に、いよいよ天変地異の思いを、しっかりと伝えていかなければなりません。

それが意識の流れだからです。


狂い続けてきた私達宇宙も、ようやく、田池留吉、アルバートのもとに、

心をひとつにして、次元移行をしていく準備を整えるに至りました。


これからは、ともに心を見てまいりましょう。


 地球人類、その意識、肉に埋もれた意識よ、どうぞ、本来ある姿に、自分達を変えていってください。


度重なる天変地異とともに、あなた方が作ってきた宗教の世界は、ことごとく崩壊してまいります。


その崩壊とともに、どうぞ、自分達が宇宙に流してきたすさまじいエネルギーを、存分に見ていってください。


私達宇宙は、ともに心を見てまいります。喜びのエネルギーを全開して、これから時を過ごしてまいりましょう。

 

 

 02 私達宇宙の思いを語ります。


 私達は、地球を目指しています。これから、どんどんどんどん地球人類に呼びかけていきます。


愛を発信してくれる仲間、その司令塔を目指して、私達宇宙は、これから私達の思いを伝えます。


意識の流れが、まず地球という星に愛を灯してくれました。


本当の愛を灯してくれました。

暗黒の宇宙に苦しんできた私達仲間は、その愛を目指して、どんどんどんどん集合していくのです。


私達は、本当の愛が知りたかった。母を捨て、私達は、暗黒の世界をさ迷い続けてきました。


どんなにこの時を待っていたことか。私達の思いが、ようやく届きました。

私達の思いを、すべて受け入れてくれる優しい、優しい波動を受け取っています。


しかし、苦しかったのは、私達宇宙だけではありませんでした。


地球に降り立った意識達も 、苦しみ喘いでいたことを、私達は知りました。


みんなひとつだ、みんな同じ、温もりを捨て去った心は、本当に苦しかった、そう伝えていただきました。


そして、どうぞ、田池留吉、アルバートの波動を知っていきましょう、私達は、そのいざないを、今、受けています。


 私達宇宙は、これからどんどん心を語ります。安心して心を語ります。


母に思いを語れることが嬉しい、私達は、今そんな思いでいます。


私達宇宙は、地球という星に、災いをもたらす存在ではありません。


ただ、私達は、あなた方人類に、地球という星は、もうすでに疲弊していることを伝えるでしょう。


地球上に流し続けてきたエネルギーを、どうぞ見ていってくださいと、私達宇宙は、伝えさせていただきます。

 


 03 私は、宇宙へ思いを向けた瞬間、とても嬉しいんです。


 私の喜びはここにありました。

田池留吉との出会いは、宇宙を思えること、ようやく私は、その喜びを心に広げる喜び、それを存分に感じていけます。

これからの時間、とても楽しみです。私は、私の道を、真っ直ぐに歩いてまいります。宇宙を思い、私は、心を全開していきます。
 
 私達宇宙の喜びは、とても大きいです。

しかし、心の中に、確かな温もりを広げていかない限り、私達のエネルギーに飲み込まれていくことは確かです。


そうです、心の中に温もりです。母の温もり、お母さんの温もりです。


田池留吉、アルバートの宇宙をしっかりと感じていく心の中には、喜びしかありません。


闇の思いがあっても、それを大きく、大きく包んでいく優しい波動を、

心の中に育っていること、それが大きな条件でございます。


私達宇宙を感じること、すべてが喜びに繋がってまいります。


 地球人類の心の世界は狭い、とても狭い、狭い、本当にちっぽけな中に蠢(うごめ)いている地球人類達の心の中です。


私達の心の世界は、そんな世界からは、とても、とても、計り知れないものがございます。


地球人類の小さな世界の中で、作り上げてきた宗教の世界も、もちろん、ちっぽけな世界です。


私達のエネルギーは、そうです、小さな宗教という小さな、小さな世界を、

そう遠くない時に、私達の思いの中に包み入れていくでしょう。


地球に降り立った意識達は、いまだに苦しみ喘いでいる意識達が、ほとんどです。


私達宇宙の思いは、何のためにあなた達は、地球に降り立ったのでしょうかということを伝えたいのです。


私達は、地球人類に思いを託しました。私達との約束を果たしていただくよう、私達は誓い合ったのです。

しかし、地球に降り立った瞬間から、その欲の思い、欲の渦の中に沈み込んでいった意識達ばかりでした。


ようやく、今、その中から、しっかりと私達に思いを向けることが可能になりました。


だから私達は、今、このように語っています。


心を広げて私達の思いを受けていってくださいと、そのようにメッセージを送っています。


もちろん、私達も、温かい、温かい、優しい思いを受け取っています。


私達の交信は、これから、ますますその密度を増していくでしょう。


もう地球のどこに何が起きても、不思議なことはないほどの時期です。どうぞ、真剣に、真剣に心を見てまいりましょう。

 

 

04。 私達には、あなた方のように肉という形はありません。


あなた方の肉というのは、そう、その地球上で生息していくのに適した機能と、私達は考えています。


その機能を以って何をなしていくか、それは、私達と全く同じだったのです。


しかし、地球人類は愚かです。その機能を、全く間違った方向に使ってしまいました。


意識の世界は、限りなく広かったのに、肉という枠に閉じ込められて、どんどんどんどん萎(しぼ)んでいきました。


それを、私達は、どんな思いで見つめていたことか。もちろん、私達も、心の中で、闘い、闘いを繰り返してきました。


そのエネルギーは、今もすさまじいです。

だからこそ、私達は、あなた方にそのエネルギーを見つめてくださいと思いを託したのです。


 三次元の中で、田池留吉、アルバートの波動と出会う計画を、私達は立ててきました。


田池留吉、アルバートが三次元に降り立つことは、私達の願いでした。


しっかりと心を見つめていくように、私達が計画してきたのです。

  意識の流れ、その中にある私達です。


 今、心を田池留吉、アルバートのほうに、しっかりと向けさせていただいています。


伝わってくる思いを、心に感じています。心を見てくださいと、伝えていただきました。


母を捨て去った心、その過ちに自分達が気付いてこそ、

田池留吉、アルバートの宇宙とひとつとなって、

次元移行をしていける、私達は、そのようにはっきりと伝えていただきました。


私達は、待ち望んできた思いでございます。しっかりと伝えていただいことが喜びです。


 私達の仲間は、数限りなく存在します。

まだまだ私達の思いが届かない宇宙がたくさんあります。


心を向けてまいります。ともに心を向けてまいります。

私達の仲間、苦しみ喘いできた仲間達に、この優しい、優しい母の温もりを伝えてまいります。


 250年という時間は、あなた方地球上の時間です。私達には、その感覚はありません。


それをようやく、心に感じてくれたことが喜びです。


いつも、どこでも、瞬時に伝える、瞬時に交わせる、
その世界を私達は待っていました。


心からありがとう。私達もともに歩みを進めてまいります。


喜びの波動を送り続けます。どうぞ、ともに喜びの波動の中で、喜び合うことを喜
んでまいりましょう。

 

 05. 私達宇宙は、あなたがまだ知らない宇宙の実態を、あなたの心に伝えます。

波動として伝えます。どうぞ、それをあなたの心から伝えていってください。


私達は、愛を求めてきました。優しい、優しい思いを求めてきました。


あなたは、「それはあなた達の心の中にあるんですよ。あなたが愛なんですよ。」

そのように伝えてくれました。


そして、また、「田池留吉、アルバートを知っていますか。私達が、待ち望んできた波動の世界です。」


そのように、私達に伝えてくれました。


だから、私達もまた、心を見つめながら、その世界に心を向けています。


そして、あなたは、「田池留吉、アルバート、そう呼んでごらんなさい。


心に伝わってくるものは何ですか。悲しみですか。苦しみですか。闘いに疲れ果てた心ですか。

そんな思いも伝わってくるけれど、ああしかし、あなた達の心にあるものは、その思いと出会いたかった、

私達にもっと伝えてくださいと、心の底から、そのように湧いて出てくるのではないでしょうか。

そうやって、私達に、思いを向けてくれました。


湧き起る思いを感じます。喜びに湧く思いを感じます。


「宇宙はひとつ、その思いを、しっかりと信じていきたい。これからの出来事に、私達も参加させてください。」


そうやって、私達の仲間が、たくさん集ってきます。それを、あなたに、今、伝えます。もう、あなたは、心に感じているでしょう。


しかし、まだまだ、あなたの心に届いていない暗黒の宇宙、その思いをどうぞ、聞いてやってください。


 私達の思いを聞いてください。


「こんなにも、暗闇の中に沈み込んでしまった私達宇宙でも、ともに帰れると、あなたは言うのですか。」


 はい、私の心に伝わってくる思いに対して、私は、はっきりと答えます。


「そうですよ。私達はひとつなんです。暗闇に沈んでいるのは、本来のあなたではありません。

どうぞ、田池留吉、アルバートに心を向け、しっかりと、自分達を見つめていってください。」


私は、そのように伝えます。


 「はい、私達は、私達を包んでいく大きな、大きなエネルギーを、今、感じさせていただいています。」

 

 06. 語ることすらできないほどの苦しさの中にある宇宙もあります。


本当に暗闇の、そのまた暗闇に沈んでいっている宇宙もあります。


色々な思いを感じるんです。ああでも、ほんの少しでもいいから、この思いを伝えていこうと思います。


どうぞ、心を語ってみてください。思いを語ってみてください。

 私達は、闘いに疲れ果てました。もう本当に疲れ果てて、今もなお、じっと、暗闇の底に沈んでいる宇宙でございます。


私達は、もう、何も語りたくもない。語ることすら忘れてしまったような中にいます。

闘い抜いて、私達の心に広がっていったものは、何だったのか、そんな空しさが心に広がるばかりでした。


語ってください、どうぞ、少しでもいいから語ってくださいと、伝わってきます。

この心の中を、少し語ることで、今、少し、軽くなりました。


こんな私達のような宇宙が、まだまだたくさん、たくさんあるんです。


そうなんですか。語っていけば、また私達の心にも、何か伝わってくるのでしょうか。

 そのように、今のあなた達のような状態にしてしまったのは、私かもしれません。宇宙で闘い抜いてきた私です。

息の根を止めるほどの勢いで、宇宙の中に、すさまじいエネルギーを流し続けてきた結果、

語ることすらできないほど苦しみの中に追いやってしまった宇宙が、あなた達だったのかもしれません。


今、私は、心から、そんなあなた達に伝えたいです。


 私達は、もう闘いを止めていくのです。心をひとつにして、ともに帰ってまいりましょう。

ズタズタになってしまったあなた達の心の中に、今、私は、確かなる思いを伝えます。


田池留吉、アルバート、母の温もりに心を向けていきましょう。


あなた達が、もとあった明るさを蘇(よみがえ)らせることが、私の喜びです。

 宇宙に心を向ければ、向けるほど、暗黒の宇宙に追いやってしまった自分のエネルギーを感じます。


しかし、私は、どんなに暗黒の中を、さ迷い続けている宇宙であろうとも、私は、必ず、ともに帰ってまいります。

私の愛し子だからです。私とともに帰って欲しい、心からそう思います。


確かな波動の世界、しっかりと伝えてまいります。

 

 07. 250年後に出会う意識達の喜びを、心に感じます。

はい、そちらのほうに、もっと、もっと思いを向けていきます。


私がまだ出会えていない仲間達の存在を心に感じ、私は、とても嬉しいです。


田池留吉、アルバートの道を真っ直ぐに突き進む私の前に、あなた達は現れるのです。

ともにまいりましょう、そうやって、私達は歩みをともにしてまいります。


250年後出会う仲間達、私は、とても嬉しいです。肉を持つ、持たないは関係がありません。

私達は、250年後に照準を合わせ、そこへ意識を集中していく時、

そこに次元移行へ思いを向けていく意識達との出会いを感じ、それが私には、とても楽しみです。


次元を超えていく喜び、その喜びが私の中に、確実に大きく、大きくなっています。

私の目の前に広がる道、その道が、大きく、太くなっていくのを感じます。


この道が、私の中で見えている、感じている、はっきりとその道を歩いている、それが私には、幸せなんです。


何はなくともこの思いがあります。心を向ければ私は、その世界にあります。


確実に広がっていく世界、田池留吉、アルバート、肉を持ち、このように感じている今、本当に幸せだと思います。


なぜならば、自分の本質に着実に突き進んでいく私を感じるからです。


もともとあった姿に帰っていく道、心に深く、広く、強く、大きな喜びを伴い、それを感じます。


また、その他の肉のことは、軽くタッチしていくだけでいいのです。

それですべてが計画通りに進んでいくなんて、肉も幸せでないはずはありません。


今、そのように感じます。意識の世界の素晴らしさ、意識の世界の大きさ、

意識の世界の喜び、意識の世界の幸せ、温かみ、何と言葉にしていいか分かりません。


 私は、今世のこの自分の世界がこれから永遠に続いていくことを知りました。

本当に、今世の肉よ、ありがとう。来世の肉も、ともに喜んでいます。


来世の肉は、さらに大きな、大きな意味を持ちます。

肉がなければ、真実を発信していくことができない、

その大切な役目を担わせていただくことが、また私にはひとつの喜びです。

ありがとう。ただただありがとう、そんな思いでいっぱいです。

 

08。 私達宇宙は、250年後、そして次元移行に照準を合わせています。今世ではないのです。


250年後に出会う意識達に照準を合わせて、今、粛々とその準備を整えています。


その最たるものが、宇宙に思いを向ける作業です。

これからの時間、次元移行を遂行していくために、宇宙というものが、本当に大きな役割を担います。

もちろん、今世は、非常に大切な時間です。


それは、250年後に再び、肉を持って、宇宙に向けて真実を発信していくための予習の時間だからです。


すべては、250年後、次元移行を見据えてのことです。私には、それが痛いほど感じられます。


次元移行へ向けて、すべてが動き出している今、もう私は、そのことだけに思いを集中していきます。


宇宙とともに次元を超えていく計画のもとでは、色々なものが自然淘汰されていきます。


それが意識の流れ、私は、その流れとともに、これからもずっと存在していくだけです。


本当に、意識の流れを感じ、次元移行を感じているというならば、

私の言わんとするところは、それぞれの心にストレートに響いていくでしょう。


それが波動です。私は、次元移行を心で感じています。

ただそれだけ、その思いが、これからも、はっきりと物申していきます。


照準は、250年後、そして、次元移行です。

 

 09. 私の意識は、田池留吉、アルバートの意識とともに次元を超えていきます。

そして、今、次元を超えた私達が、ここに語ります。私達の波動をお伝えします。

 私達がお伝えできるのは、この喜びのエネルギーだけです。

次元移行、はい、次元を超えた私達は、喜びのエネルギーを伝えていくのです。


言葉ではなく、このエネルギーを伝えてまいります。


大きなエネルギー、喜びのエネルギーを伝えていけることが感じられます。


次元移行をした先の私達を、今、心で感じています。


この喜びの波動を流していけることが、心に伝わってきます。嬉しいです。


アルバート、ありがとうございます。


そして、次元を超えた私達は、宇宙とともにあります。その宇宙もまた語ってくれました。

 もっと、もっと、宇宙に心を向けていってください。


私達は、どんどん心を語ります。未来を語ります。私達宇宙が語るのです。


心を向けていってください。喜びの思いを語らせていただきます。


そう、心を向けていくだけです。


完全にひとつの世界から、波動を伝えていける喜びです。宇宙とひとつなんです。

次元を超えていった私達はひとつ、本当にひとつなんです。その喜びの思いを、ただただ伝えてまいります。


これが私達の喜びです。私達宇宙の喜びです。私達宇宙は喜びです。ただただその思いを伝えてまいります。


心をもっと、もっと、大きく広げていってください。


心は、もっと、もっと大きいんですよ。本当に大きいんですよ。

これから、どんどん語っていきます。私達に、どうぞ、心を向けていきなさい。

 

 10. 喜び溢れる未来、喜び溢れる世界から、その波動が伝わってきます。響いてきます。


ああ、次元を超えて存在する世界

私達は、ここからただただ喜びのエネルギーを発信していくのだと感じます。


肉はまだ地球にあっても、次元を超えた意識の世界から、どんどんメッセージを発信していく、それが私達宇宙の計画でした。


私は、私の仲間達、肉を持たない宇宙の意識達とともに、

250年後の来世、アルバートの肉との出会いから時を移さずに、次元移行の喜びのメッセージを、発信していきます。


本当に宇宙とともに、喜びのエネルギーを流し続けていけるのです。


次元を超えた私達から流れるものは、ただただ喜びです。


その喜びのエネルギーが、およそ50年の時間の中で、次から次へと目覚めを促していくのです。

地球を含む暗黒の宇宙に喜びのエネルギーを流してまいります。


次元を超えていく意識、そうでない意識、確かに存在していくでしょう。

そうして、私達は、さらなる宇宙、さらなる真実を目指していきます。

11. 私は、喜びを発信するエネルギーです。


この思いが、心の中から自然と湧き出てきます。私の中が、急速に変っていくことを感じています。


おそらく、宇宙に思いを向けた私の中から、さらにストレートに思いが飛び出ていく、

つまり私の中は、本当に自由に伸び伸びと真実の世界を語れる嬉しさが、増していっているのだと思います。


田池留吉、アルバートの意識とひとつになって、宇宙に思いを向けていける喜びが、何とも言えないのです。

 

 今世の時間、日本の国において、真実の世界を学んだ私達は、

250年後の来世、アメリカの地で、最終の学びをしてまいります。これは、もう手はず通りです。


今、アメリカの地に思いを向けていくと、やはり、私達が来世、

出会うあの場所を中心にして、宇宙の意識達が集合してくることを感じます。


たくさんのUFO達、たくさんの宇宙、その意識達の思いが、

もう今か、今かと待ち構えているような、そんな嬉しい思いを感じます。


意識の世界に真実が伝わるスピードは、格段に速いです。


それほど、愛を伝えるエネルギーの強さが増している、宇宙がこれからそれを証明していきます。


肉を持つ意識達、そして、肉を持ったがゆえに、

そこから自分を解き放つことができない意識達の哀れさを、宇宙が教えてくれるこれからです。


そして、その思いを、どれだけの人達が、素直に受け止めていくことができるか、それがこれからの明暗になってきます。

 


 12. 心を解き放していくために、これからの時間を要します。

天変地異とともに、地球人類が進んでいく道は、心の解放です。


私達宇宙が、その一翼を担います。もちろん、これから、私達宇宙からのエネルギーが、どんどんどんどん噴出していきます。


ともに、歩みを進めていこう、そんなメッセージを私達は、今、肉を持つ意識達に呼びかけています。


大いなる計画です。本当に、喜び、喜びのエネルギーが地球に降り注ぎ、

宇宙とともに歩みを進めてくれる意識達に、これからの時をかけて目覚めを起こしていくのです。


私は、このようにして、今、肉を通しお伝えできることが、ただただ嬉しいです。


 宇宙には、真実の波動だけが存在します。

真実の波動、喜びのエネルギーが仕事をしていく様を心に感じ、その喜びのエネルギーが、私に返ってきます。

そして、その喜びは、私の中で、増殖していき、さらに、私の中から、喜びのエネルギーを大きくして宇宙に流していく、

そんな喜びの循環に、この宇宙が満たされていく、それが私の喜びでした。


 私達宇宙の喜びは、本当にひとつになって、大きく広く、どこまでも広がっていく、

私は、その世界にあることを感じます。

 

 13. 私達は、すべての意識達に向けて、発信しています。


真実の世界を、喜びの波動で、喜びのエネルギーで、発信しています。


もう私達の意識の世界には、250年後はもちろんのこと、

次元移行も、そして次元を超えた後も、きちんと計画されています。


これからの時間が、そのことを、様々な現象を通して、証明してくれるようになっています。


私達は、すでに、喜びの布石をしっかりと打ちました。


宇宙と一体となって進んでいく道筋は、しっかりとついています


その道筋を、喜びながら、歩みを進めていくだけの運びとなっています。


それは、もうそれぞれの歩みにかかっています。


しっかりと定められた道を、喜びながら歩いていくだけだから、簡単なはずです。

 

 地球人類は、本当に幸せな存在です。

母の意識から、何度も、何度も温もりを伝えてもらってきたあなた達ほど、幸せな存在はありません。


宇宙のどこを探しても、あなた達ほどの幸せなものはない、私達は、しみじみそうお伝えします。

 

 14. そうなんですね。私は、これから250年に至る時間、この宇宙とともに存在しているんですね。

心と心の交信をしていくんですね。喜びと喜びの交信をしていくんですね

そして、250年後に、私が肉を持ち、宇宙を語るんですね。宇宙の喜びが、そのように伝えてきます。


心を開いて、私達を迎えてくれるあなたを思う時とても嬉しい、そのよう伝わってきます。

 

 喜び、喜び合える私達、アルバートのもとにひとつ、宇宙はひとつ、

その喜びを、アメリカの地にて爆発させていくことを、私達は約束しました。


私達宇宙の喜びを、今、心で感じてくれています。あなたに本当にありがとうと、伝えたいです。


そうこれから250年の間、私達とともに、喜びを感じていきましょう。喜びの中で、私達は、250年後の出会いを待ちます。


ああ、心の中がとても嬉しいです。思うだけで嬉しい。私達は、肉を持っていない。

ああでも、このようにして語れること、幸せです、このようにして続いていくんです。はい、今、確認させていただきました。

  

 ■

15. 宇宙にあるエネルギー、喜びのエネルギーが、ああ言葉を語ります。

波動として、言葉を語りたいと、

宇宙が喜んでいることを伝えてくださいと、しっかりと伝えてくださいと、私に語ってきます。

 

 本当に喜んでいるんですよ。今、今、宇宙が目覚めていくことが分かります。

宇宙に喜びのエネルギーをありがとう、本当にありがとう、温もりをありがとう、

田池留吉、アルバート、本当にありがとう、この喜びを私達は、地球全土に伝えてまいります。


これから、地球は、滅びてまいります。形は滅びてまいります。


島が沈んでいきます。ああでも、私達の思いは喜びです。地球人類も喜んで、それを受けていってください。


心の中に、田池留吉、アルバート、その宇宙とともに、私達とともに、

歩いていくこれからの時間、地球上に、私達は、喜びの姿を現してまいります。


 地球よ、ありがとう、喜びの思いで、私達は、大きく、大きく、この心を伝えています。


私達の思いを受けてくださってありがとうございます。


どうぞ、どうぞ、私達の思いをどんどんどんどんどん受けていってください。波動を受けていってください。


喜びは広がっていきます。地球全土に、そして宇宙全体に広がっていきます。

 

 ああ、私は、嬉しいです。思いを、今、しっかりと受けさせていただいています。

この喜び、大きさ、温もり、母の宇宙へ帰っていこうとする私達でございました。

 


 16。 地球人類が最後まで、その心から離さないものは、神です。


天照にしろ、イエスにしろ、そしてその他の神にしろ、自分達が信じた世界を、最後まで離せないのです。


だから、この宇宙には、必然的に天変地異が起こってきます


 真実に目覚めた意識、宇宙の中で真実の波動の世界に触れ、

そして自らを目覚めさせた意識、今、私は、そのエネルギーをアマテラスと記しています。


そのエネルギーが、地球はもちろん、宇宙全体に喜びの仕事をしていくのです。


それが天変地異のエネルギーです。


田池留吉、アルバートの意識は、地球を含む宇宙全体に、今、働きかけているのです。


その喜び、愛のエネルギーに触れ、目覚めた意識が、次から次へと天変地異という形で、気付きの促しをしていきます。


しかし、地球上に、かつて体験したことのない天変地異が起こってきても、

人類は、やはり、神に救いを求め、祈り続けていくでしょう。


自分達のその思いこそが、天変地異を起こしているのだと気付くまで、

そして、自分達の心から、本当に神というものを離すまで、幾度となく、天変地異を体験していきます。


 肉という形を持った意識が創り出してきた神の世界、

その崩壊には、これから250年、300年という時間が必要です。


その仕事始めに、アマテラスという宇宙のエネルギーの目覚めがあったのです。それが今世でした。


そのために、田池留吉の意識は、まず、今世、アマテラスのエネルギーが具現した国に降り立ったのです。


そして、今世の仕事をして、少し時間をおき、いよいよ、

多民族、多宗教を受け入れている風土、文化のある国に、肉を持ちます。


すでに、宇宙は、喜びに目覚めています。宇宙は、意識の流れを伝えてきます。


その喜びの波動、喜びのエネルギーを受けていくために、私もまた肉を持ち、喜びの発信をしていくのです。


私は、アルバートの肉を通して、田池留吉の世界を感じていきます。


田池留吉の世界が、アルバートを通して伝わってくるのです。

かつて、宇宙に目覚めをもたらした田池留吉の意識の世界、

その世界を、私は、アルバートの肉と出会うことにより、蘇らせていくのです。


そう、そこには、もうアルバートの肉も私の肉もない。あるのは、宇宙だけです。私達はひとつという思いだけです。


私達の心から喜びのエネルギーが、そして宇宙からも喜びのエネルギーが、

私達は、まさに一体となって、真実の世界を発信していきます。


疲弊し切った人々の心に伝わっていくものは、母の温もりと、安らぎ、その中に大きく包み込まれて存在している幸せです。


そんな世界に大きく広がっていく自分達を知っていきます。そして、私達宇宙とともに、次元を超えていくのです。

 

17。 意識の流れは、次元移行を指しています

次元移行を大きな仕事として、意識の流れは、大きく動いています。そんな中に、300年の時間を猶予されています。


肉の喜びと幸せを追い求めても、あと300年、限られた時間の中で、自分の存在がどうなっていくのか、

それぞれが選択していく道が、目の前に突きつけられます。それが、これからの300年という時間です。


もはや地球人類に、ほとんど猶予はないと言っていいでしょう。それほど、肉から意識への転回は難しいのです。


 私は、今世、肉を持ち、自分の用意した環境の中から、心を見て、

そして、田池留吉、アルバートの波動の世界を心に感じていく道筋にある自分を感じています。


その世界を感じていけばいくほど、意識の世界の正確さと喜びと幸せと、そして、一方では厳しさを感じます。


しかし、心の中に追い求めてきた真実の世界を、

今、現実のものとしている私の中には、もうこの300年が、嬉しくて、嬉しくてたまりません。


私の宇宙、アマテラスの宇宙、田池留吉、アルバートの宇宙は、限りなく、喜びを伝えてきます。


250年後の最後の瞬間を、私達は喜びで迎えることを、宇宙は伝えてきます。宇宙は次元を超えていく喜びを伝えてきます。


果てしなく広がっていく世界に、自分の思いを馳せていく時、

田池留吉、アルバートの意識とともに存在していく喜びを心に感じる私には、もう何もありません。

ただ真っ直ぐに、田池留吉、アルバート心に広げていくだけです。

 

18. 田池留吉、アルバート、その宇宙に心を向けます。


はい、私の中に、田池留吉、アルバートの宇宙が、喜びとともに広がっていきます。

温もりの世界があります。広く、広く、広がっていく喜びの世界があるんです。


お母さんは、その中で待っています。お母さんの温もりが、私の中に広がっていきます。私の中の宇宙を包んでくれています。


私は、こうやって、母の温もりの中に、温かい、温かい温もりの中で、

安らいでいたことを、ずっと、ずっと昔、昔、そうだったんですね


はい、今、宇宙に向けて瞑想をしていくと、その時のことを心に蘇らせることができます。


 宇宙は、こんな中にありました。私の宇宙は、こんな中にありました。


母の温もりの中にあったんです。もともと、大きな、大きな母の愛の中に包まれていた、それが私の宇宙でした。


何も思うことは要らなかった。何も思わなくてよかった。


ただただすべてを預けられる喜び、幸せがありました。そんな中に、私の宇宙、私はありました。

 

 

 19. 私は、宇宙に向けて発信しています。喜びのエネルギーを宇宙に向けて発信しています。

心の中にある喜び、喜びの波動、その思いを、ただただひたすらに、宇宙に向けて発信していくエネルギーです。


宇宙は変わっていきます。変わっていくことを楽しみに待っている私です。

私の中の宇宙、そしてともに、ともに歩みを進めてくれる宇宙、その宇宙に向けて発信している私の大きな、大きな喜びです。

 

 頭脳を誇ってきた地球人類こそ、一番愚かな生物です。

そんな愚かな自分達に、どこで、いつ気付いていけるか、これからの時を要します。


大きな天変地異とともに、自分達の愚かさに気付いていくのです。


頭脳を誇ってきた地球人類、そして、ブラックパワーに心を寄せてきた地球人類、すべてが崩壊していく時を体験していくのです。


これから、本当に大変な時間を経てきます。宇宙が変わっていくということは、そういうことです。


宇宙からのエネルギー、宇宙へ向けるエネルギー、すべてがひとつの方向に向かって、突き進んでいきます。

その中に心を向けていかない限り、宇宙のもくずとなって、さ迷い続けるのです。

あまり、このことは、強調したくありません。しかし、私の心に響いてくるのは、その事実です。


宇宙全体、すべての意識達に、メッセージを発信しています。

そのメッセージを受けて、ともに歩みを進めていけるかどうかは、それぞれにかかっています。

 

20. どうぞ、皆さん、その肉を持っている間、しっかりと学んでいきましょう。

自分の勉強をしていきましょう。そのために、私達は生まれてきたのです。そのために、肉を持ってきたのです。

今世の時間を大切に学んでいきましょう。それぞれが選んでいくことだけれど、私は、そのことを、とにかくお伝えしたいです。


自分の持ち時間を大切にしてください。肉を持っている時間を大切にしてください。

これからの時を思うとき、そう言わざるを得ません。あなた自身の学びです

どうぞ、その思いを心に広げ、肉の時間の許す限り、心を向けていってください。あなた自身に、心を向けていってください。

 

 はい、そして、宇宙に向ける瞑想を、喜んで、喜んで続けていきましょう。

宇宙が分かるということは、どれだけすごいことなのか、それを心で感じていってほしいと思います。


宇宙が、心で感じてくれば、どれだけの時間、愚かなことを繰り返してきたか、自分の心に、必ず伝わってきます。


頭など動かさなくていいんです。ただ心が応えてくるんです。
ああ、私は、間違っていた、愚かだった、

本当に愚かだった、長い、長い間、待ってくれていたんだなあ、そんな思いが伝わってきます。


それはもう、何の理屈もありません。ただただ、心に伝わってくるんです。


それが分からなくなってしまった自分があったんだ、ただ素直にそう思ってください。


 すべてが待ってくれていました。母の意識が待ってくれていました。


これからも待ち続けてくれているでしょう。その思いに、何としてでも応えていこう、そのように、心を向けていってください。


肉を持っている時間、どうぞ、あなたの学びをしていってください。

 

21. 三億六千年の長き時間に亘る自分を振り返る今を、いただいています。


心の中に、振り返る喜びを感じています。苦しい、苦しい中を生き続けてきた自分自身を振り返ることは、喜びです。


それは、私自身が喜びだと、本当に知ったからです。これからの時間を、私は、喜び、喜びで存在していくでしょう。


自分の中に、確立した世界があります。母の温もりに支えられ、ずっと、

ずっと、母の温もりの中に存在してきた私がいたことを、今、私は、心の中に蘇らせています。

本当にありがとうございました。三億六千年という時間、私にとってかけがえのない時間でした。


それを、これからの僅かな年数で、私は、肉というものを、しっかりと見つめていきます。

来世に生まれてくる私を含め、肉というものをしっかりと見つめていきます。


母の温もりを心に知った私は、もう間違いなく喜び、喜びの世界へいざなわれていきます。

私は、そう、自分の中に、はっきりと伝えることができることが嬉しいです。


 お母さん、ありがとうございます。田池留吉、アルバートの真実の世界と出会わせていただき、ありがとうございます。


三億六千年、そして、そのずっと遥か以前から、苦しみ続けてきた意識でした。それは、すべて、自分を見失ったからです。

母の温もりの中にあった自分を忘れ去ったからです。私は、本当にそれを心で知ったのです。自分を捨てた自分を知りました。

そんな私が、自分を蘇らせたのです。だから、私の道は、もう真っ直ぐです。


 喜び溢れる道を、私は、一歩、一歩この歩みを進めていきます。その中で、私は、さらなる宇宙を感じていくでしょう。

母なる宇宙に思いを向けるとき、心の中に何とも言えない広がりと温もりと優しさと喜びの、本当にすごい世界があります。


私の中で、母なる宇宙は、しっかりとした世界ですいつも、いつも、このように待っていてくださったんですね。

母なる意識に、ありがとうございます。私の宇宙達よ、この思いを心に感じていってください。


心の中で、苦しみ喘いできた宇宙に、私は、たくさんの思いを、喜びを伝えたいです。波動として伝えたいです。


宇宙に思いを向ければ、私の今感じている喜びが伝わっていくでしょう。


そのエネルギー、そのパワーは、宇宙を変えていきます。私の中に、そのように伝わってきます。

 

田池留吉、アルバート。はい、心を向けること、喜びです。


田池留吉、アルバート、心を向ければ、通じ合う世界があります。いつも、いつも語ってくれています。

たくさんの間違いを繰り返してきた私の心の中に、いつも、いつも、絶えず、絶えず、優しい波動を送ってくれていた、

それが私自身でした。田池留吉、アルバートは私でした


私の中の温もり、優しさでした。私は、本当に嬉しいです。ひとつということが、本当に嬉しいです。


私は、私しかいなかったんです。この喜びと温もりの私しか存在しなかったんです。

それを捨て去り、忘れ去った私の中から、苦しみのエネルギーが流れていきました。


宇宙を汚してきました。申し訳ございません。今、私は、田池留吉、アルバート、その波動の世界にある自分を感じ、

本当に自分に申し訳なかったと思っています。そして、心より、私にありがとうを伝えたいです。


今まで、待ってくれていて、ありがとう。本当にありがとうございます。

私は、この私を大切に、そして、何よりも、何よりも、思っていきます。


田池留吉、アルバート、私は、あなたの中にいます。あなたと私はひとつ

私は今、そのことを感じ、心より、喜びを伝えています。自分を捨てた心に出会っていってください。


 自分を切り捨てた思いと出会っていってください。 心で出会ってください。

22. 田池留吉、アルバート、地球を思ってみます。私達が、今、生活をしているこの地球を思ってみます。


地球は意識。優しい、優しい意識を感じます。

地球は、私達に優しさを、絶えず、絶えず伝えてくれていました。


母なる宇宙の中にある意識、そのひとつが、形となって表れてきた地球です。

その地球に、私達は、長い、長い間、肉という形を持って

自分を見つめる時間を用意してきました


地球に思いを向ければ、地球よ、本当にありがとう、そのような思いが湧いて出てきます。


私達が流してきたエネルギーを、その中に受けてくれてきた地球の優しさです。


どんなに凄まじいエネルギーで、私達がこの地球上で存在してきたか、ああそれにしても、地球から返ってくるものは、

ただただ優しさです。温もりです。気付きを、促しを、与えてくれていました。

 

 今、私は、母なる宇宙の中にある地球を思っています。地球は、応えてくれます。


あなた達が、私達の中に流してきたエネルギー、そのエネルギーを、私達は、これから、あなた達に戻してまいります。


しかし、私達が、あなた達に返していくのは、ただただ喜びだけです。


喜びの思いで、あなた達が流してきたエネルギーを返していくのです。そのことを、どうぞ、それぞれの心で感じていってください。


私達のこの思いを受け取っていってください。天変地異という形で、私達は、あなた達に返していきます。


母なる宇宙の中にある私達です。宇宙と心をひとつにして、

私達の中から、天変地異という喜びのエネルギーを流してまいります。


どうぞ、地球上に肉を持つ意識達よ、この天変地異の喜びのエネルギーを受けていってください。


そして、どうぞ、気付いていってください。自分達の本当の姿に気付いていってください。

それが、これから、250年、300年の時間です。


私達地球の意識を、どうぞ、どうぞ、しっかりと心で受け止めていってください。


私達は喜びです。母なる宇宙の中にある喜びの意識です。

 

 宇宙、その意識の世界から、喜びのメッセージを感じます。

 今、私は、地球の思いを聞かせていただきました。


遥か彼方の宇宙から、この地球を目指してエネルギーが集合してきます。


形としては、いん石がぶつかってくるという現象かもしれません。


しかし、それはすべて、宇宙に広がる喜びのエネルギーです。

その中で、地球という星も、喜びのエネルギーを噴き出していきます。


そうやって、宇宙はひとつになり、喜びのエネルギーが満たされていくのです。


すべては、母なる宇宙の中の出来事です。

温もりの中の出来事です。これこそが、愛の中の出来事なんです。


地球は、自らの軌道を変えていくでしょう。

それほどのエネルギーを以って、私達真実を知らない意識に、伝えてくれるのです。

23. 母なる宇宙の中で、みんな心をひとつにして、喜びに帰っていくことが待たれています。

私達は、この青く輝く地球という星に降り立って、長き時間を経てきました。すべては、母なる宇宙に帰るためです。


地球にありがとうの思いを寄せて、私は、あと少しの間、この空間に存在します。


今、自分に思いを向け、そしてこの地球とともに過ごしてきた時間に思いを馳せるとき、ここに降り立ち、

そして、数限りなく、肉という形を持たせていただいたことに、万感の思いを感じます。


母なる宇宙への道筋をしっかりとつけ、優しかった地球に別れを告げていくことは、喜びです。

 

 お母さん、今世、田池留吉、アルバートの意識との出会いをありがとうございます。お母さん、私は、あなたのもとに帰ります。

こんな嬉しいことはありません。こんな喜びはありません。それを、あなたに伝えたかったです。ありがとうございます。

本当に長い間、待っていただきました。お母さん、ありがとうございます。


田池留吉、アルバートの心に心を合わせていきます。その心に心を合わせてまいります。


田池留吉、アルバート、そのように呼べる私を、今、心に感じています。


田池留吉、アルバート、私は、田池留吉、アルバートでした。温もりの私が、そのように伝えてきます。


田池留吉、アルバート、250年後に出会うアルバートの意識に、今、私の意識を繋いでいます。

田池留吉、アルバートの意識とひとつ。私は、その中から、今、心で語っています。

温もりの私を信じなさいと伝えてくれた私を、心で感じています。


ありがとうございます。私は、何も要らなかった。何も要りません。心ひとつで、私は、存在していくことかできます。


この心の中に、これからたくさんの意識達、宇宙がアクセスしてくるのです。私は、それを喜びとして受け取っていけるのです。


心が私でした。温もりが私でした。この心から、田池留吉、アルバートの心を伝えていけることができます。


宇宙達の喜びを、心で感じ、私は、さらなる喜びを伝えてまいります。


心の中に田池留吉、アルバート、ありがとうございます。よくよく心を見て、私を繋いでくれた私に感謝です。


感謝しかありません。心からありがとうございます。

24. 地球に思いを向けたとき、地球は、自らの軌道を変えていく

私の心から、淡々とこのような思いが出てきました。


地球自ら軌道を変える、そうですね、そうやって、地球上に大規模な天変地異が起ってきます。


そうすると、たくさんの陸地が、島が海の底に沈んでいきます。


かつて、私達が体験してきたそれ以上の天変地異が起ってきます。


かつて、私達は、大きな大陸が沈んでいくときに、それぞれ、どこかで肉を持ち、その体験をしてきました。


その体験を遥かに上回る天変地異が、これから、250年、300年の間に、起ってきます。

大陸が沈んでいくんです。一瞬のうちに沈んでいきます。


 地球自ら、その軌道を変えるのです。すごいエネルギーです。

すごいエネルギーが宇宙に、意識の世界に働いていきます。


それは、本当に想像を絶するほどの規模で、宇宙全体に促されていくのです。

今のような規模の天変地異ではないことは、明白です。


これから、地球上に肉を持つ意識達の多くは、大変な心の体験を経ていきます。

だからこそ、私達と250年後に出会ったときに、茫然自失のままの意識の世界に、

自ら衝撃を与え、自らを目覚めさせていけるのです。


 宇宙とともにやってくる天変地異です。今、宇宙の中で、大きな役目を果たしてくれる地球を思っています。

25. 田池留吉を思えば、宇宙、宇宙を思えば、田池留吉、

そして、天変地異という大きな喜びのエネルギーに繋がっていきます。


三億六千年、いいえ、それを遥かに超えた時間の中で、

田池留吉という真実の世界に出会えたことは、本当に何にも代えることのできない出来事でした。


私は、この肉という形を通じて、これまでの年月ともに学ばせていただきました。

そして、私は、確かに今世、自分の心の歴史を塗り替える出来事に出会ったのです。

母の意識と出会い、宇宙に向ける瞑想、田池留吉、アルバートを思う瞑想により、

私の中には、確かな温もりと喜びの世界が広がっている、その世界にある私だと知りました。


しかし、私の感じている田池留吉の宇宙も、まだまだ小さなものだと認識しています。


ただ、この私の世界を、これから250年後、300年と繋ぎ、

次元を超えていくことは、明らかであり、それはすでに心で感じています。以上が私の現実です。

 

 私は、意識の流れを心で感じています。その流れの中にある私であり、今という時間だと感じています。


その今という時間を、どうぞ大切にしていきましょうと、私は、呼びかけています。


地球を思い、そして、これからの時間を思うとき、大規模な天変地異の嵐の中で、

自らを目覚めさせる意識達との出会いもあるでしょうが、

その一方で、いったいどれだけの意識達がこの宇宙にさ迷い続けていくのだろうかと思わざるを得ません。


せめて、今世、学びに繋がってきた人達は、自分のその人生を喜んで閉じていただきたい、

そして、一人でも多くの人達が、250年後の再会を果たしていただきたいと、今、私は、心からそのように思っています。

26. 250年後の出会い、そして次元移行へと、その舞台設定は、しっかりと出来ています。


どうぞ、皆さん、その方向に、半歩でも一歩でも、あなたの歩みを進めていってください。


心を見つめることを、大切にしていってください。

自分のエネルギーを知っていく、自分のエネルギーを心で知り、そのエネルギーを心で抱き止め、

そのエネルギーに、優しさと温もりを伝えていく、そのことを、ただただやり続けていってください。


宇宙は待っています。私達は待っています。あなたの中の宇宙を、あなたの欲の思いで閉じ込めないでください。


宇宙の扉を開いていってください。


250年の間に、あなた達の心の中に、宇宙の扉を開いていこうとする大きな衝撃が、何度も起ってくると思います。


どうぞ、私達の思いを聞いてください。私達宇宙の思いを聞いてください。私達宇宙は喜びです。

喜びで、あなた達の中の宇宙を開いてくれるのを待っています。


宇宙は、本当にともにともに歩いていこうとする喜びの宇宙エネルギーです。

その宇宙が、これからこの地球上の意識達に、そしてたくさんの宇宙にさ迷っている意識達に、目覚めを起こしてまいります。


250年後の出会い、次元移行、舞台設定はすでに整えられている中において、

少しでも多くの意識達に呼びかけていこうとする私達の思いを、どうぞ、心で受けていってください。


今のあなた達の感じている喜びと幸せは、本当にちっぽけなものです。


本当の喜びと幸せは、そんな小さなものではありません。


遥か遥か彼方からやって来たあなた達の心の中で、本当の喜びと本当の温もり、

そして本当の幸せを知っていこうとする思いと出会っていくこと、それがあなた達の仕事ではないでしょうか。

27. お母さん、私達は、本当に幸せだった。本当に幸せだったよ、お母さん。

そんな思いが、さまよい続けている宇宙達から伝わってくることが嬉しいです。

優しい思いを向けていけば、宇宙達が応えてきます。


お母さん、ありがとう。優しいね、お母さん。優しい。そんな嬉しい思いが響いてきます。


瞑想が嬉しいです。心に優しさが広がっていく時間です。


 
 私達は、次元移行に向けて、着々と準備を進めています。宇宙に向ける瞑想を通して、私は宇宙に呼びかけています。


次元移行が意識の流れ、さあ、ともに行こう、私は、宇宙に呼びかけています。


お母さんの温もりを心に呼び起こすことを促しています。


私は、宇宙にさ迷うたくさんの意識達とともに、次元を超えていくのです。


今、私は、肉を持って、ようやく自分の中の本来の意識に目覚め、

その呼びかけを、これまでともに苦しみ喘いできた仲間達に伝えていけるのです。


瞑想の中で、異語を通して、私は、私の仲間達に伝えています。
田池留吉、アルバートのメッセージを伝えています。


ともに行こう、温もりの世界へ。お母さんを思い出していこう。

そうやって、私は、たくさんの宇宙達に思いを向けています。私は、宇宙と思うだけで嬉しい

宇宙と思えば、田池留吉、アルバートがあるからです。母なる宇宙の思いを伝えてくれた田池留吉、アルバートがいるからです。

 28。 宇宙が語ります。宇宙に思いを向けると、宇宙が語ってきます。


宇宙の喜びが語ってきます。とても、とても大きな喜びがあります。宇宙の中に、大きな、大きな喜びがあります。


私、田池留吉、アルバートに心を向け、そして、宇宙の喜びを語っていきなさい、そのようなメッセージがきます。

 

 田池留吉、アルバート、ありがとうございます。田池留吉、アルバートを思えば、宇宙。

宇宙が広がっていく、そんな中に、今、心を向けています。

優しい、優しい、温もりを感じます。私達はひとつ、そんな宇宙を感じます。

母なる宇宙へ帰ろう、そんな呼びかけを、これからも、どんどんどんどん、私はしていくでしょう。


この心の中から、私は、その呼びかけをしていきます。私は、波動として、その呼びかけをしていきます。

宇宙に呼びかけをしていく私は、喜びです。

こうして、目を閉じて、宇宙に思いを向けるだけで、私は、この思いが、どんどんどんどん流れていくのが分かります。


そうです、宇宙が変っていくことが、とても嬉しいんです。宇宙が変っていくということは、天変地異を伴います。

それは、人々の心に気付きを、促しを与えていきます。


宇宙とともに、次元移行をしていこう、その呼びかけを、さらに大きく流してまいります。

 

 喜びのエネルギーが、宇宙にどんどんどんどん流れていくこれからの時間を、私は、今、心に広げています。


宇宙が変わっていくんです。とても嬉しいです。宇宙を変えていく、大きな、大きなエネルギーです。

それは、田池留吉、アルバートの世界が、この三次元に降り立ったからです。


今、私達宇宙は、その喜びに沸いています。どうぞ、どうぞ、心を宇宙に向けていってください。


宇宙を語ることは、喜びです。本当に喜びなんです。

暗黒の世界から、喜び溢れる世界へ、私達は変わっていこうと、呼びかけています。


心には、何もありません。ただただ喜びがあるだけです。もう何も要りません。

この喜びを、大きく広げていくこれから、250年の間です。


そして、私達は、また肉を持って、このメッセージを引き継いでいきます。

心を、田池留吉、アルバートに向ける喜びを伝えてまいります。

29。 今、田池留吉、アルバートの波動の中で、このように、宇宙を語らせていただけることが喜びです。

幸せです。とても嬉しいです。ありがとうございます。

田池留吉、アルバート、この波動の中で、このように語れること、本当に喜びです。


宇宙は変わっていくことを、私達は、知りました。

宇宙は変わっていく、それを伝えていただきました。そう、私達の宇宙は変っていくんです。


苦しい、苦しい中にありました。覇権を争い、どれだけのエネルギーを流し続けてきたことか。

そんなに、そんなに、宇宙は簡単には変わらない、私達は、もう、自分を諦めてきました。


しかし、宇宙は変っていけるんですよ。そんな力強いメッセージを心に伝えていただいています。


力強い波動が、宇宙に流れていくんです。

本当に嬉しい限りです。田池留吉、アルバート、本当にありがとうございます。


宇宙を変えていくエネルギーを、私達は、思う存分、これから、心で受けさせていただきます。


そして、私達も、ともに、ともに、次元を超えていくことを約束しました。


次元を超えていくんです。とても嬉しいです。

次元を超えて、私達は、広がっていく宇宙を感じていける、こんな嬉しいことはありません。


力で制してきた狭い、狭い宇宙の中にあった私達に、広い、広い世界があなたです、そう伝えてくれた意識がありました。

嬉しいです。温かい、温かい温もりの中に私達はあったんですね。


母の温もりを、今、心に呼び起こしています。

母の温もりに、心を向けていけばいくほど、田池留吉、アルバートの思いが伝わってきます。

伝わってくるんです。それは、それは、本当に広い、広い世界です。


力強い世界です。本当に、私達を待ってくれていたんですね。母の思いが伝わってきます。

母なる宇宙へ帰ってきなさい、そうやって、私達を、ずっと、ずっと、いざなってくれていた、そんな思いを感じます。


嬉しいです。何と表現していいのか分かりません。ただ、思いが、思いが、心から飛び出てくるんです。

それがエネルギーとして流れていくでしょう。田池留吉、アルバート、ありがとう。本当にありがとう。

心からありがとう。それしか出てきません。嬉しい、嬉しい、嬉しい、これからの時を過ごさせていただきます。

 30. 色々なものに心を縛られ、窮屈な中に生きてきた人間にとって、

広い、広い世界が本当のあなたですと伝えても、そんなことは、心で感じない限り、とても信じることはできないでしょう。


しかし、私達の心の中には、確かに広い、広い世界、温かい温もりの宇宙が広がっています。


その波動の世界が私達なんです。私達は、今、そのことをただ伝えています。

田池留吉、アルバートを信じていくことを、ただただ伝えています。


田池留吉、アルバートの波動の中に、私達は、存在していることを、私達は、ただただ伝えています。


本当に嬉しいです。温もりの世界、広がる世界、お母さんの懐の中で、
何も考えずに、

何も思わずに、ただただすべてを委ねていた頃の私達の思いに戻っていきましょう、そう伝えています。


それが私達の宇宙です。宇宙は、喜び、宇宙の喜びを、私達は伝えています。


 苦しい、苦しい、暗い、暗い中に落ち込んできた宇宙、その中で、私達は、

今、ようやく、本当の姿を心で感じる時がやってきたのです。

とても嬉しいです。これから、250年、300年、私達は、そのことを伝えていきます。


田池留吉、アルバートの波動の中に、私達は存在していた、しっかりと心に伝えていきます。


私は、そのことを、今、自分の中に伝えていくことが喜びです。
私の意識の世界は、確実に喜びへ広がっていきます。


田池留吉、アルバートとともに次元を超えていく、その次元を超えた先の私の世界を、今、心に広げています。


楽しいです。嬉しい、嬉しい、喜びの時間を、今いただいています。瞑想をする時間が楽しいです。

はい、肉はあっても肉がなくても、私は同じです。

こんな世界が、私の中にあったことを、今自分に伝えられること、それが、ただただ喜びです。

今この一瞬に、アルバートに触れることができる、それを楽しみながら、

喜んで自分のエネルギーを感じ、そして瞑想を続ける毎日です。


 
 肉という厚い壁を突破していくために、これからの転生を用意している人類です。

他力のエネルギーで覆い尽くされた意識の世界に、

どれだけの変革をもたらしていくか、すべてはそれぞれにかかっています。


 しかし、次元移行の流れは、粛々と進められています。それは着実に遂行されます。

もちろん、三次元に留まる意識も数多くあります。

次元移行を果たせない意識は、また形を持ってくるでしょうが、

やがて地球という星は生息不可能な状態になっていきます。

ということは、三次元に留まるも、

それらは宇宙の もくず になって、さ迷い続けるということでしょう。

自らが気付くまでさ迷い続けます。そのような意識達も、

やがて気付くチャンスはあるかもしれませんが、

それにはそれこそ気の遠くなるような時間を必要とします。


 田池留吉の意識は、そのようなことを伝えにきてくれました。それはもう本当にすごいことです。

そして、伝えてくれた内容を心で分かるということもすごいことです。


 他力の道一筋、他力の道まっしぐらの意識の世界からは、到底 窺(うかが)い知れないです。

他力一色の意識の世界に風穴を開けることは、まだまだ難しいのが今世です。

それが現状です。

私は、その現状をしっかりと把握しながら、淡々と喜びの道を歩いています。

なぜならば、私は 意識の流れを 心にはっきりと感じている からです。

そして、風穴を開けるのは 何かもはっきりと知っているから、ただ淡々と歩いていけばいいと思っています。


 粛々として流れる意識の流れは、ただ次元移行を伝えています。

「すべての意識とともに次元移行を!」というのは、この三次元に限ったことではありません。

すべての意識が三次元にやってきたわけではないからです。


つまり、地球上に一度も肉を持たずに存在している意識が宇宙に無数にあります。

その意識達は、私達のように、自らを修正する手立てはありません。

それでは、その意識達が、自分の本来の姿に気付いていくためには、どのような方法があるのでしょうか。


 それらの意識達が自らに目覚めていくには、

宇宙の隅々にまで轟き渡るような広大で力強い喜びのエネルギーを必要とします。


 真実の世界からまずこの三次元に、その力強い喜びのエネルギーが発信されました。

そして、それを受信して、自らを目覚めさせた 意識の存在があります。

ブラックのエネルギーが 自らの中にある光に気付き、 

そして、自らエネルギーの質を変えていくことに成功したのが今世でした。

 


 これまでのセミナーの中で、田池留吉から、「私は宇宙に向けてセミナーを開いています」という

メッセージが幾度となく発信されたことを、私は、今、自分の中でもその通りだと理解しています。


 宇宙に向ける瞑想の中で、喜びを発信していけることを確認しています。

今、肉を持っている間はもちろんのこと、私は、肉を離した後、250年後に肉を持つまでの間、

その意識達に喜びのエネルギーを発信していくことになるでしょう。


 自らに目覚めるために、今世、私は田池留吉、アルバートの意識と同時期に肉を持ちました。

その意識が肉を持つと同じ時期に肉を持ちました。そして私は自分の意識の変革の道筋を立ててきました。

その計画が遂行されていく中で、私の意識の世界は大きく変わりました。


 私の意識の世界から流れるエネルギーが、これからも田池留吉、アルバートとともに、

この地球上に一度も肉を持たない意識、その世界に波動として伝えていきます。

意識の流れを伝えていきます。意識の流れをストレートに伝えていくんです。


 三次元を通過してきた意識達は、この三次元的な思い、

つまり肉を本物とする思いを自分の中で転回することなくしては、

次元移行は叶いません。

一方、一度も肉というものを持たずにきた意識達は、

力強い喜びのエネルギーをストレートに受けて、250年後の次元移行へ向けて、大きな手助けをしてくれるでしょう。

田池留吉からのメッセージ:

アルバートです。田池留吉です。

どうかあなたの心を私に向けて、みんなが心で真実に目覚め、変わっていく、その四次元への準備をしてください。

たった今、地球上では私達が、四次元に向かって意識の準備を整えています。

四次元に移る前に、私達にはもうひとつ残された重大な課題があります。

250年後、ニューヨーク市に転生をし、そこで地球上のたくさんの意識達が真実を再び見出していくのです。

そして、私達の太陽系がなくなるに伴い、四次元に移行していきます。

私達は四次元であなた達に出会うことになります。

共に変わり、本当の自分の姿に気付いていきます。それは喜びの時となります。

爆発的な喜びの時です。私は期待に胸膨らませて待っています。

 

地球にいる多くの人々は、250年後が遠いと思われているようですし、四次元という用語、定義に戸惑っておられます。

しかし、時間は、瞬く間に過ぎていきます、250年後が現実となったかと思えば、もうその次の瞬間には四次元に着いています。

 

四次元に先立ち、地球は様々な変遷をたどっていきます。

喜びで爆発します、地球は喜びで爆発し、その地形を変えていきます。

天変地異が数多く起こりますが、それは愛であり、私達の存在の真実を気付かせてくれる唯一の方法です。

あなたの心でそのエネルギー、波動を感じたなら、その形ある肉体は無に等しくなります。

 

あなたのその肉体が本当の自分ではないと、徐々にあなたも気付いてこられたと思います。

宇宙に存在する者達もまた、形ある肉体が自分の本当の姿ではないと気付いてきました。

四次元であなた達は自分の心を感じます。私は本当に期待して待っています。

私達の送っているこのエネルギー、温もりを感じてください。

250年後、私(塩川香世)は、黒人の女性としての肉を持ってきます。アメリカの地に生まれてきます。

その私を心で受け入れてくれた母の意識に思いを向けてみます。

 

 私は、この肉体を望みました。私の意識の世界を100%発信するために、私は、あなたにこの肉体を望みました。


はい、250年後を思う時、母の思いが伝わってきます。


お母さん、心の中のエネルギーをしっかりと発揮するために、私に 肉体をください。

これがあなたにお願いする最後です。私は、お母さん、あなたのお腹から喜びで生まれてまいります。

母の温もりを心に秘め、私は、アルバートとともに、この地球に最後の肉を持ちたいんです。

どうぞ、私に肉をください。

私の中の喜びを、肉という形を通して、発信してまいります。私はそのように母に願い出るんです。


その時の思いを今、心に感じています。 250年後のアメリカの地。

人の心はもちろん、世の中すべてが荒れ狂っている中に、私は肉を持ってまいります。


自分の境遇はとても厳しいものを選びます。この心の中のエネルギーを100%発信するためです。

私はアルバートの肉とともに、喜びを伝えてまいります。

今、心に伝わってくる思いです。田池留吉の肉を通し、アルバートの思いを感じています。


田池留吉の口から発するエネルギー、異語を通して、私の心の中に真っ直ぐに届きます。

アルバートの思いが私の中に届きます。田池留吉、その肉は、私の中ではすでにアルバート


私は、これからさらに、田池留吉、アルバートの世界を、

波動として、このホームページを通して流してまいります。


250年後に生まれてくる黒人の女性として、今、ここに肉を持つ日本人の肉を通し、

ともにともに歩いていこうというメッセージを、このホームページを通して、流してまいります。


どうぞ、心を田池留吉、アルバートの世界に向けてまいりましょう。

田池留吉、アルバートの世界を私は、皆さんとともに、ともに感じていきたいです。


 私は、今ここに伝えます。 ともに、ともに、次元移行を目指し、心を向けてまいりましょう


250年後に向け、あなたもそしてあなたも、それぞれの転生があると思いますが、

私達との再会をどうぞ心に信じ、今世の時間を大切にしていきましょう。

 

あなたが今の肉を置いて、次の最後の肉を持つまでの間、

どのような状態で存在しているか、心で感じ始めてきましたね。


そうです。あなたはあなたの中のエネルギーをしっかりと見ていくとともに、

どんどんどんどんあなたの心に通信してくる意識達に、語っていくのです。

次元移行という思いを語っていくのです。それが意識の流れです。

意識の流れの中の次元移行、その思いを伝えていくのです。


あなたは、その間、どんどん自分の中からその思いを伝えていきます。


 心に感じていますか。そうです、しっかりと自分の心を見て、

あなたが肉を持たない間、ともに仕事をしていけることを感じていってください。


自分のエネルギーに飲み込まれている暇はありません。

しっかりと自分を見つめながら、そして私達と交信し、

常に、常に心をしっかりと合わせ、次元移行へと自分の中を準備していくんです。


 はい、たくさんの意識達が交信してきます。

その意識達にしっかりと伝えていくこと、それが肉のない間のあなたがする仕事です。


自分を自分で包んでいくことも大事ですが、

あなたの中の次元移行という思いを伝えていく、意識の流れをしっかりと伝えていく、

それがあなたの大きな役割です。肉を持たない間、そのことをやり続けていきましょう。

私達と交信する意識。はい、その思いを今、心に感じていると思います。


 次元移行を目指してやってくる意識達がたくさん、たくさん存在しています。

宇宙に点在する意識達に伝えていく。

肉のない間、しっかりと伝え、そして再び肉を持ったとき、

この思いをただひたすら、爆発的に広げていく、その準備段階が肉のない間です。


 はい、今、その肉を持ちながら、その準備をし、そして、肉のない間、

あなたの中は、しっかりとその準備を整えていく、そのように、意識の流れの中に、あなたは存在しています。


どうぞ、ご自分の思いをしっかりと聞いてください。


 次元移行は、私達の大きな仕事です。

次元移行へ向けて、意識の世界の準備は、着々と整っていることは、あなたの心はすでに感じているでしょう。


 肉は平凡です。肉の心は狭いです。しかし、私の意識の世界はすごいです。

少しもぶれていないことを感じ、ただただ嬉しいです。

肉を離した後の私を思うとき、やはり私は嬉しい。喜びが突き上がってきます。

 

 はい、たくさんの宇宙、UFO達よ。心に語ってくるUFO達よ。私はそのUFO達を心に感じています。

この心から呼びかけます。UFO達の思いを心に感じています。ああ、嬉しいです。

地球上に肉を持って、このような嬉しい再会があるとは思いませんでした。

ありがとうございます。ありがとう、UFO達よ、ありがとう。


心にどんどん語ってきなさい。私はアルバートを伝えます。喜びの思いを伝えます。

心の中の温もりをあなた方に伝えます。あなた方の中に温もりがあることを、私はしっかりと伝えます。


私は肉があるときも、ないときも、いつもあなた方と交信します。

そして、私達はともに次元を超えていくことを伝えます。

どうぞ、語りかけてください。私は心を開いて待っています。はい、私の心は大きく開いて待っています。全開です。

私の中には温もりがある、お母さんの喜びがある、母なる宇宙を目指して私達が帰っていく道を見つめ、今存在しています。

宇宙に呼びかける私の思い、あなた方に届いていると思います。


どうぞ、どうぞ、真っ黒な世界でもいいんです。どんなに暗黒に沈んだ世界でもいいんです。

私達とともに帰ろうと、私は呼びかけていきます。私の心は全開していきます。これからますます全開していきます。


肉を持っているときは、その肉の思いで少し、それが小さくなりますが、

私は肉を持たないときは、

心は本当に、広がって、広がって、広がっていくのが分かります。

それが肉を持たずに存在している私の喜びです。


私はこうして、あなた方を受け入れ、もう一度だけ肉を持ちます。

その肉とともに、私達ともに意識の世界を変えていける喜びを、今感じています。


はい、この地球の内外から喜びが爆発していきます。あなた方の思いを私は受け取っています。

宇宙へ、宇宙へ私の思いが広がっていきます。心の中にその思いが広がっていきます。


田池留吉、アルバート、本当に今世の出会いをありがとう。

私は喜びです。はい、私は永遠に存在する意識、エネルギーでございます。

「意識の流れは次元移行を指して粛々と流れている。

このことを一人でも、そして少しでも心で分かっていただきたい。

ともに次元を超えていきましょう。」


私達はいつもこのメッセージを伝えています。

磁場、反転、転写という言葉を使って、何ら変わることのないメッセージを発信しています。


取っ掛りに水の反転があります。

そこから色々と反転の実験、体験をしてみてください。単純に驚くところから始めてください。

驚きとか不思議を体験して、そして次になぜそうなるのか考えてください。


もちろん、考えて分かる世界のことではないけれど、たとえばお水に反転と発すれば、

美味しくて力のある状態になるというのは、反転というエネルギーが働き仕事をしたということは理解できると思います。

では、「そこに働き仕事をするエネルギーはどんなエネルギーなのか。

そのエネルギーはどこから来るのだろうか。」と心を見て瞑想をするのがこの学びです。


そうすれば、自分の中をどんどん反転していくことが一番大切だということが自然と分かってきます。

お水を反転したり、メガネ等の反転を試みたり、身体の不具合を調整したりしてみて、

まず磁場、反転のエネルギーを肉で実感して、そして自分の中を反転させていく実践を積んで、

次元移行という意識の流れを自分の中に広げていきましょう。


次元移行という意識の流れを自分の中で確立する、これは自分の心でしか感じられないことです。

どんなに言葉で伝えられても、自分の中で、自分で確認できなければどうしようもありません。

そのたったひとつの手段は、正しい瞑想だけなんです。

正しい瞑想が少しでもできるようにと、今、磁場、反転、転写の実践をしています。

UTAの輪は、全宇宙に開かれています。

(第13回UTA会セミナー資料より)   そのほうに心を向けてみました。

 

 私達は、さらなる喜びに向けて、今、心を見つめています。

UTAの輪により、私達は250年後に思いを向け、この心の中を見つめています。


私達には肉がありません。肉という形はありません。

しかし、UTAの輪という波動の世界を心に感じることができます。

私達は、すべてにおいて間違ってきました。私達が心を向けていく先は、UTAの輪が示すように、あの温もりの世界だったんです。

すべての意識達が目指していくものは、250年後に発信されるUTAの輪の波動です。

その波動を心に感じ、私達の仲間が次から次へと目覚めてまいります。


私達は今、肉を持たず存在しています。

肉のない私達にUTAの輪という波動の世界を伝えてくださることが嬉しいです。

全宇宙に向けてUTAの輪から発信される波動の世界、エネルギーを心に感じ、

私達は必ず、必ず、この世界を求めてきたことを思い出してまいります。

心の中を見つめていくことが喜びだと伝えてくれました。

田池留吉の磁場より発信されるエネルギーにより、

私達は必ず、必ず四次元へ移行してまいります。ありがとうございました。

すでに田池留吉氏も語っています。

UTAの輪作りにこれからのセミナーを通し、また学びを通し、私はそこへ思いを向けてまいります。

それは、今世、学びに集っている方達だけというわけではありません。

UTAの輪に思いを向けたとき、肉を持たない意識達、その意識達とともに、ともにという思いが大きく、大きく心の中に広がっていきます。

肉を持たない意識達に、すべての意識達に、全宇宙にしっかりと発信するUTAの輪作りに思いを向けていきたいと思います。



 私達の心の中には宇宙が存在していると、私は以前より伝えさせていただきました。

どうぞ、心を見つめてください。

あなたは、今のあなたお一人ではありません。

そして、あなたはこの三次元での転生のあなただけを抱えているのではありません。

あなたの心の中には、この三次元以前のあなたが、たくさん、たくさんあるんです。

そのすべての意識達に伝えていけるような、そんな学び方をなさってください。

正しい瞑想をして、どうぞ、私達とともにこれから歩いてまいりましょう。

私は、そのUTAの輪作りにこれから思いを向けてまいります。

田池留吉、アルバートとともに、私達が次元を超えていくその先にある喜びの世界、温もりの世界へどんどん思いを向けてまいります。


 私は今の学びをもっと、もっと、もっと、もっと自分の心で感じていける人が一人でも、二人でも増え、

そしてその人達とともにこの学びを進めていきたい、そのような思いでいます。


どうぞ、まずは自分の心の中にある他力信仰に使ってきた思い、その思いを反転のエネルギーの中で見つめていってください。

田池留吉の磁場、反転のエネルギーをどうぞ、どうぞ、しっかりと信じる方向にあなたの心を見つめていってください。

心から私は待っています。

 はい250年、300年の時間を私達は喜びで、喜びで存在していけることをお伝えしたいと思います。

UTAの輪作りに私はこの肉の人生を傾けてまいります。

 

  初めに意識ありき。そうです。私達の存在は意識、愛のエネルギー。

文章は、宗教と科学について触れていましたので、そこに焦点を当ててみます。



そもそも、宗教と科学は両立するかという議論論外です。

宗教の世界はもちろんですが、人類が科学の世界だとしている科学の世界も、実に小さな世界です。

もともと何もありませんでした。すべては意識、波動、エネルギーです。

愛しかないんです。愛のエネルギーだけが存在します。

そのエネルギーが仕事をして、科学と呼ばれている分野があります。

確かに、科学の世界を純粋に求めていけば、愛のエネルギーに到達します。

しかし、人類の心の中では、その純粋ということが分からなくなりました。

純粋とは、自分の本当の姿を知ることにあります。

しかし、そのことは、肉、形を本物とする基盤の上からは全く不可能です。

自分の本当の姿は意識、愛のエネルギーです。

科学=愛のエネルギーという観点から、すべてを見ていかなければなりません。

科学の世界を、肉、形を基盤とするところから見ていては、純粋な本来の科学の世界ではありません。

だから科学の世界に神という発想が出てくるのです。


そして、宗教の世界に至っては、全く論外です。

宗教とは、人類の欲が作り出した世界だからです。

その宗教の中の神というものは、ブラックのエネルギーに間違いありません。

それは、愛のエネルギーとは、全く相反するものです。

愛のエネルギーの中では、宗教の世界で言うところの神など、全く、全く小さな世界です。

いいえ、小さな世界と言うに留まらず、ブラックのエネルギーを愛のエネルギーに

向かって流し続けてきた愚かな心の中を、人類は、もっと、もっと知っていかなければならないでしょう。


話を元に戻しますが、愛のエネルギー、自分の本当の姿を心で知っていったならば、科学の世界は、もっと躍進的に広がっていきます。

自分達の本当の姿が意識、愛のエネルギーであるという観点から、

科学する心を、大きく、大きく育てていけば、それはまさに愛のエネルギーと合致していくんです。

これまで、人類が科学と呼んできた、呼んでいる世界は、ちっぽけな世界です。

肉、形を本物とする基盤から、どんなに科学的な発想を生み出そうとも、その世界は、とてもちっぽけな世界です。

だから、その科学の世界が、人類に大きな進歩発展をもたらすかと言えば、決してそうではありません。

やがて、人類が探究してきた科学の世界は弊害を起こしていきます。

すなわち、そこには、ブラックのマイナスのエネルギーが働いているからです。

愛に目覚めていない中で、科学万能の時代だとすることは、とても危険なことです。

危険というのは、おごり高ぶった愚かな人類の心の世界が、これから、色々な形で示されていくということです。

それもまた自然災害に代表される天変地異と言えると思います。


そこで、人類は、意識の転回、愛の覚醒、何としても、このことをクリアする以外にないんです。

愛のエネルギーの確認です。

そして、意識の転回と愛の覚醒を果たしていくには、

人類にとって、天変地異という現象は避けて通れない現象です。

天変地異こそ、それをクリアする最後の最後の手段です。

どうしてもそこに行き着きます。

天変地異が自ずと起こってくるのは、意識の流れが厳然として、粛々として流れているからです。


意識の流れは、次元移行を指しています。

そして、意識の転回、愛の覚醒を促しています。

そのために、天変地異は、必ず、必ず、起こってくる現象です。

それほど、肉を本物とする思い、そのエネルギーが人類の心の中にこびりついていると言っていいでしょう。

もう、そのことを促していくのには、天変地異の現象しか残っていません。

はっきりとそのよう申し上げてもいいかと思います。


意識の転回と愛への目覚め。本当の自分の覚醒。

それが意識の流れの中にある人類の本来の道なんです。


愛しかない中で、宗教の世界にしろ、科学の世界にしろ、

愛以外のものを求めてきた愚かさに、人類は自ら気付いていく以外にありません。

そして、気付きを促されるのは、愛のエネルギーがそこにあるからです。

間違ってきたものは愛のエネルギーによって、本来の姿に帰っていくんです。

これこそ、愛のエネルギーが存在する証です。

人類が作ってきた宗教の世界も、科学の世界も、

すべては愛のエネルギーに帰っていく流れの中にあることを伝えておきます。

 

 

アルバートからのメッセージ←クリック↓

下記の 0110 の「アルバートのメッセージ」を 田池先生の朗読で聞くことが出来ます。

こちら をクリックしてください。

私は、アルバートです。

 01

 皆さん、私はアルバートです。心をアルバートに向けてまいりましょう。


これから、250年、300年の時間へ経て、私達は、次元移行をしてまいります


そのためには、あなた方は、それぞれ自分の心を見つめていかなければなりません。


今世、日本の国において、田池留吉というひとつの肉を通して、学びは遂行されてきました。

アルバートの波動を感じるために、セミナーは全国各地で開かれました。

どうぞ、この時を大切にしていってください。


私、アルバートは、今あなた方の意識の中に語りかけています。


心をどうぞ、私、アルバートに向けてください。


私は、これより、たくさんの人達に思いを向けてまいります。


私、アルバートの思いを心で感じていってください。


まずは、田池留吉の心に、もっと、もっと、あなたの心を向けていってください。

それから、私、アルバートは、あなたに伝えます。


 02 

私は、アルバートです。

皆さんも心で感じておられるかもしれませんが、今世、田池留吉とともに学んできたこの学びも、どんどん進化していきます。

心を見ない人達は、自ら学びから去ってまいります。田池留吉より心を離していきます。


私、アルバートとともに歩く仲間達は、私、アルバートに、心を向けていくでしょう。

今、語る言葉から、私の波動を感じていってください。


学びが進化していくにつれ、ますます、その中からアルバートと合わない意識達が、この学びから去ってまいります。


他力のエネルギーの強さを、自分の中で確認しない限り、

私、アルバートの世界とは、決して通じ合わないことを知っていってください。


アルバートの世界は厳しいです。アルバートの世界は正直です。

アルバートの世界は、本当の温もりです。


母の温もりの中に心を向けて、アルバートの波動を感じ、アルバートの世界を大きくしていってください。


どうぞ、そのことをそれぞれの心で体験なさっていってください。


 03 

私は、アルバートでございます。


あなたは、250年後に肉を持つアルバートが、今、あなたに語っていることを信じることができますか。


私は、あなた方の意識の世界に語っています。

アルバートを思えば、私を感じることができる、そんな勉強をなさっていってください。


250年後が今、今が250年後、学びは、そのように、これから進化していきます。


UTA会という時間の中で、私達は、そのように進化していきます。


もちろん、そこに参加するすべての人達の意識が、そのように進化していくわけではありません。


これは、それぞれが選んでいく道です。


それぞれ、学びの時間をこれまでにいただきました。


お母さんの反省をしてください、他力の反省をしてください、心を見てください、

瞑想をしてください、その都度、その都度、私は、申し上げてきました。

それは、この私、アルバートに心を向け、私の波動を心で感じるこの時間をともに過ごしたいと思ってきたからです。


 私達は、今、次元移行に向かって、自分達の心を見つめています。


心をひとつにして、250年後を迎え、そして、次元移行の意識の流れを遂行せんがために、

今、私達は、自分の心を見つめています。そういう時をいただいています。


 これからの250年後は、もちろんそうです。意識の目覚めを私は待っておりました。

予定通り、その目覚めがあり、それに続く人達も出てまいります。


その一方、他力の中に沈み、この学びを離し、自らを苦しみの底に沈めていこうとする人達も、

また学びの中から出てくると思います。


それは致し方のないことでございます。私達は、そういうことには、もうあまり思いを、向けることはしません。


ただ、これから250年後に向かって、私達に呼応する意識達に対して、思いを向けてまいります。


250年後、そして次元移行へと突き進んでいく意識の流れを、どうぞ、あなたの心で感じていってください。


 04 

私は、アルバートです。約束通り、私達の出会いから250年後が始まることをお伝えします。


今世、田池留吉とともに学んできた多くの人達は、私、アルバートの肉と出会い、そして、様々な思いを心に思い出すでしょう。

それまでは、それぞれに転生が用意されています。これからの転生の中で、どうぞ、しっかりと心を繋いでいってください。


その間、真実をお伝えする肉というものは現れません。

つまり、自分の苦しい世界を、今、しっかりと見つめていかなければ、250年後に心を繋いでいくことは、とても困難です。


今世、しっかりと学び、それぞれが自分の心を、次の転生へ繋いでいけるような学びをしていってください。


たとえ、私との出会いがある意識であっても、その間に、自分の心を見ることを忘れ、

自分の計画通りに進んでいかなければ、250年後は、とても、とても、です。


 なぜ、250年後に、アルバートの意識が肉を持って現れるか、

すべては次元移行のためでございます。次元移行です。


肉を本物とする思いを、しっかりと見つめていってください。

その思いから抜け出ることが、次元移行です。

三次元の枠の中に留まっていては、いくら私達が次元移行のいざないをしても、それに応じることはできません。

それが意識の世界です。意識の世界は、単純です。

意識世界はシンプルです。そして、意識の世界は、厳しいです。


今世、田池留吉とともに学んできたことを、自分の中で大切にしていってください。


 私達は、もちろん、今世の出会いがない意識達とも、250年後に出会い、そして、ともに歩いてまいります。


意識の流れのスピードは、その速度を上げてまいります。


 05 

私は、アルバートでございます。


今世、アルバートの意識の世界を、田池留吉というひとつの肉を通して、お伝えするチャンスがありました。


このチャンスに触れた意識達、どうぞ、心をアルバートに向けることをやっていってください。


田池留吉という肉を通して、アルバートの波動を、心に感じるまたとないチャンスでございます。


 皆さんの心の中には、田池留吉の肉を上に見たり、下に見たりと、

そのような肉というものに左右される他力の世界が、しっかりとあります。


その他力の世界を作ってこられたことを、どうぞ、それぞれが学んでいってください。

そのために、田池留吉という肉が、あなた方の目の前にありふれた肉として、現れました。


田池留吉の肉が語る言葉を、もっと素直に、そして、もっと、心で感じていってくださるよう、

私は、今、皆さんにお伝えしたいと思います。


もうそろそろ、田池留吉という存在を、しっかりと皆さんの心の中で学んでいっていただきたい、そのような時期でございます。


田池留吉の肉を上に見たり、下に見たり、している時期ではございません。


田池留吉の肉は、いずれ、あなた方の目の前から消え去ってまいります。


しかし、心にアルバートの波動を感じている意識は、

私、アルバートとともに真実の道を真っ直ぐに歩いていく、そのような道筋にあります。


 田池留吉の肉は、何ということはないかもしれません。


しかし、私、アルバートの意識は、田池留吉という肉を通して、今、あなた方の心に語っていることを、心で感じられたならば、

田池留吉の肉も、その肉を通して感じる世界も、あなた方の心の中で、大きく変わっていくことだろうと思います。


どうぞ、田池留吉の世界を、もっと、もっと、心で感じていくようになさってください。


そうなれば、アルバートの波動に目覚め、アルバートの世界を深く、深く突き進んでいく道筋が見えてまいります。


その道を、一人でも多くの人達が真っ直ぐに歩んでいってくださることを、ただただ思うばかりでございます。


 06 

私は、アルバートでございます。心をどうぞ、私に向けてみてください。

あなた方の心の中に語る、私、アルバートをどうぞ、心で感じていってください。


これからは、そうです、まさに、250年後の来世の時を経て、次元移行をすることを、私、アルバートは、語ります。


田池留吉は、次元移行の預言者でした。

そして、アルバートは、次元移行の実行者、そう言っても過言ではありません。


私達人類の歴史の大きな転換期、それが250年後、アルバートが肉を持つその時期でございます。

今世の時間は、その前段階でございます。


もちろん、今世の学びの時を経なければ、250年後はございません。今世は、とても大切な時間です。


皆さん方の中には、まだまだその自覚がない方、薄い方、色々ありますが、私達の意識は、次元移行へと進んでまいります。


心で感じるか、感じられないか、ただそれだけです。私達は、学びに集ってきた人達を選別していくのではありません。


ただ、真剣に今世の時間を過ごしてください。

あなたにとって今世の時間が、どれだけの意味を持つのか、それぞれの心で感じてくださいと、

私は、常日頃から申し上げてきました。


田池留吉の肉を通し、私、アルバートが語ります。

アルバートを知る学び、アルバートを感じる学び、それぞれに皆さんの中で進めていってください。

アルバートを感じること、アルバートの世界を進んでいくこと、もうその一点に絞られているかと思います。

 


 07 

田池留吉の肉を通して語るアルバート、アルバートを感じていくために、どうぞ、田池留吉に心を、さらに向けていってください。


田池留吉の心の世界、意識の世界を、もっと、もっと知っていってください。アルバートに思いを向けてください。

 

 私は、アルバートございます。心の中にアルバートを、しっかりと呼んでみてください。


アルバートに心を向ければ、自ずと、宇宙に思いが向いてまいります。


私は、250年後にアメリカの地にて、ひとつの肉を持ちます。

そして、そこで伝えることは、どうぞ、心を見ていってください、しっかりと心を見ていってくださいということです。

今、あなた方が、田池留吉のもとで学んでこられたことを、私は、伝えると思います。

そう、もっと、ストレートに私は伝えていくと思います。


 アルバートの肉を通し、アルバートの波動を伝えていく、

そのことがどういうことなのか、今、私は、田池留吉を通して語っています。


心を田池留吉に向けていくことをしていってください。心に語るアルバートの世界を、どんどんどんどん語っていきなさい。


250年後に至る時間が、もっと、もっと、あなたの中で明らかになってまいります。


 学んできた場所、アマテラスの場所、その場所がどのようになっていくかを、私は、あなたに伝えます。

喜び、喜びでこの国が崩壊していく様子を、しっかりとあなたに伝えます。


どうぞ、心をアルバートに向け、私の波動を感じ、そして、喜びで伝えていってください。


そして、あなたも感じておられるように、私、アルバートとともに、どうぞ、これからも仕事をしてまいりましょう。


250年後に至るまで、そして、250年後、次元移行の流れの中で、心を見つめながら、

ともにひとつになっていく喜びを感じ、その喜びを、どうぞ、すべての意識に伝えていってください。


すでに、感じておられるように、アルバ−トの波動を感じていくことは、宇宙を感じていくこと、

宇宙を感じていくことは、あなた自身を感じていくこと、すべては、ひとつに繋がってまいります。


もともとが、ひとつの世界です。

アルバートも宇宙もあなたもひとつ、ひとつとなって歩んでいく喜びを、心に感じていってください。

 

 
 08 

私、アルバートは、意識の目覚めを待っていました。

アルバートの意識に目覚めることがすべてでした。すべてがアルバートでした。


アルバートが感じられること、アルバートの波動を感じ、

そして心をどんどんアルバートの方向に向けていくことをしていってください。

 

 田池留吉の肉は、私、アルバートを伝えるためにありました。

田池留吉の肉を通して、アルバートを感じること、それが今世のあなた方の学びでした。


アルバートを感じ、そして、次元移行を果たしていくこと、そのために、今世、田池留吉という肉を、私達は用意したのです。


心の奥底からアルバートを呼べる幸せを、どうぞ、一人でも多くの人が感じていってください。


 他力のエネルギーを心に詰め込んできた意識達よ、どうぞ、アルバートを心に蘇らせていってください。


あなた方のこれから250年後に至る道筋は、とても厳しいです。

今、様々な悩み、苦しみの中にあると思われています。過去からの苦しい自分を感じてこられたでしょう。


しかし、これからの250年後に至る時間は、その比ではありません。


大きな、大きな出来事、次元移行へと流れていく意識、その道筋にあるものは、喜びだけです。

喜びがすべてを変えてまいります。


 たくさんの人達が、一瞬にして、その命を落とす天変地異の嵐は、この日本の国も例外ではありません。

すでにお伝えしているように、アマテラスのエネルギーの強いところから崩壊してまいります。


その様は、本当に一瞬のうちに、山が爆発して、湖は割れ、人々の命は消えていきます。

 


 09 

どうぞ、皆さん、これからアルバートのほうに心を向け、そして、宇宙に心を向けていってください。


あなた方が帰る宇宙に、アルバートの波動を心に感じ、アルバートの世界を心に広げ、

宇宙に思いを馳せていく、その喜び、どうぞ、それぞれの心で感じていってください。


あなた方と過去よりずっとともにあったUFO達の思いも、心に感じていってください。


アルバートの宇宙の中で、どうぞ、そのことをやっていってください。私達はひとつです


しかし、この作業は、田池留吉が、何度も、何度もお伝えしました通り、

母の温もりを心に確立していなければ、とても危険な作業でございます。


お母さんの温もり、その世界を自分の心で確立すればするほど、宇宙が、あなたの心で分かってまいります。

宇宙に思いを馳せる喜びを感じてきます。


そうなってくれば、私、アルバートの世界が、よりはっきりと大きく心に伝わってきます、


私はアルバート、私は宇宙、そして、あなたも同じ、私とあなたはひとつでございます。

 


 10 

私、アルバートは語ります。


どうぞ、皆さん、これから、宇宙に心を向けるとともに、あなた方の来世、未来にも、心を向けていってください。


250年後の私、アルバートに心を向け、どうぞ、あなた方のこれからの時間に、思いを馳せていってください。


田池留吉と学んできた今世の時間の中で、可能な限り心を見つめ、心を向けることを実践していってください。


これから、私達は、次元移行へと向け、この地球はもちろん宇宙に思いを向けてまいります。


アルバートの波動が、この地球上に、そして宇宙に、エネルギーとなって流れてまいります。

そこには、自ずと、様々な現象が起ってまいります。


心を見つめること、心を向けること、しっかりとやっていってください。

私、アルバートは、あなた方の心の中にある母の温もりです。

その温もりを心に蘇らせることを、ただただ待っています。

 

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

■106 

死後の私より。

 

 お母さんと呼んで自分を見つめるこの空間に私があったことは、今の今まで一度もありませんでした。

しかし、私は確かにお母さんと呼んでいます。


お母さん、お母さんと呼んでいます。お母さんを呼ぶたびに、私の心に温かいものが流れてきます。

はい、田池留吉、アルバート、その思いが心に感じられる。


こんな私が今存在しています。この肉を離した後、私はその世界を今感じています。

不思議でなりません。こんな私が今ここにあるんです。


 私の中に温かい優しい思いがただただ静かに、静かに流れていくんです。私は私を見つめることができる。

こんなにゆったりとした思いで私は私を見つめることができる。ああ私は今そんな自分を感じています。


そして、今度肉を持ってくる私に、私はメッセッジを送っています。


どうぞ、私の思いをしっかりと思い出してください。そんなメッセージを来世の肉に向けて発しています。


肉を持つとき、離すとき、そして再び肉を持つとき、それらは点に過ぎません。

私の中は常に、常に、連続してあるんです。私は途切れることなく流れています。

肉を持つ準備をしています。来世の肉を持つ準備を、私は今、しています。


 ■107 

死後の私より。

 

 はい、私は確かにエネルギーの渦の中にいます。しかし、何も不安も恐怖も何もないということを、私は、語りました。本当です。

私の中に凄まじいエネルギーを感じるのに、私は不安も恐怖も何もないんです。ただ静かに流れている私があります。


私の中に、その静かな中から温もりが突き上がってくるんです。温もりが突き上がってくる。嬉しい、喜びが突き上がってくる。

はい、本当に私は、温もりの自分で凄まじいエネルギーをしっかりと包んでいけることを確認しています

 

 心を向けてみました。たびたび心を向けてみました。

この肉をなくした後の私の意識の世界、私がどのような状態であるか、心を向けてみました。

やはり、私はこのエネルギーに押し潰されることもなく、飲み込まれることもなく、ただそれが嬉しい。

私が嬉しい、その私が嬉しい、ただそのよう返ってきます。


私は、自分の中の思いを聞いています。温もりの私をしっかりと広げている私があります。

 

 この思いを今、肉を持っている私に伝えています。

あなたが今、心を向ければ向けるほど、私の中は広がっていくのです。

私は、ただただ前を向いて、これからの時を見つめて存在していくだけだと肉に伝えています。

 

 この肉に伝わってくる思いです。


はい、私には、大きな仕事があると伝わってくるんです。次元移行は私の大きな仕事です。喜びを伝えていく仕事です。

私は今世、そのために肉を持ってきたし、来世、そのために肉を持ってくると伝わってきます。

 

 はい、私は、250年後に肉を持ち、そして、その肉を持ちながら、

次元移行の仕事をし、再び肉を離した世界から、今語っています。


私は喜びの自分を感じています。次元移行後の自分をしっかりと心に感じられる私があります。

今、私は私のこの肉に、次元移行を果たした後の私をしっかりと思いなさい、

そして、その方向に思いを向けて、瞑想をする時間を持ってくださいと私は私に伝えます。


心の中に喜びが大きくなっていきます。次元移行を果たす喜びです。

次元移行は、あなたの本当の喜びを心にしっかりと感じるその瞬間です。


もうすでに次元移行は始まっていることを感じているでしょう。

そうです。次元移行はすでに始まっています。

250年後に始まるのではなく、もうすでに次元移行は始まっています。

だからあなたの中の喜びは大きくなっていきます。

次元移行を果たした意識達がどんどんどんどん伝えてくるからです。そしてまだまだ暗黒の世界もどんどん伝えてきます。

その意識の流れ、その流れをしっかりと心に感じられるあなたです。

瞑想をする時間は楽しいでしょう。瞑想をする時間は、自分をしっかりと感じる時間だからです。

次元移行はもうすでに始まり、次元移行はもうすでに果たしています。

その流れをしっかりと心の中に感じられる喜びを味わってください。

 

 UFOを呼んでごらんなさい。

 私の心の中の広がりを感じます。UFO達により、私の心はどんどんどんどん広がっていきます。

UFOは私の心を広げてくれます。懐かしい思いとともに、私の心がどんどん広がっていきます。

UFOは私の仲間。UFOは私自身。UFOを思うことが嬉しい、嬉しい、嬉しい。

 

 UFOです。

はい、あなたの肉を離したあと、私達とともに存在します。私達はあなたと交信します。この喜びを伝えたい。


はい、私達は喜び、喜びの、喜びのUFOです。凄まじいエネルギーを心に蓄えてきたUFO達に伝えます。

温かい温もり、優しい、優しい温もりのUFO達を心の中に伝えています。


肉を離して喜びが溢れてくる。それは私達UFOと交信するからです。私達UFOは、田池留吉、アルバートと通じています。

その世界は、母なる宇宙と通じています。どんどんどんどんUFOが語ってきます。UFOが伝えてくれます。

優しい、優しい温もりを伝えてくれます。温もりをしっかりと見つめていってください。

はい、あなたの心の中に温もりをしっかりと見つめていってください。

肉を離しても、あなたは喜び、喜び、喜び、そのように伝えています。

 

つづく(作成中) in the works


 

詳細は

UTAブック

 http://uta-book.com/index.htm

 

ネットでのご注文は

 

?    

「母なる宇宙とともにT、U」、あなたは何度目を通されましたか。あるいは、何度、耳から音を入れられましたか。

どうぞ、時をあけて、目にするなり、耳にしてください。

あなた自身の勉強が進んでいくにつれて、その都度、あなたの心での感じ方が違ってくると思います。

そのような本だと、私は思います。

一度きりで、もう読んだ、もう知っている、決してそのような内容のものではありません。

それは、「意識の流れ」、「続 意識の流れ」「意識の転回」についても、もちろん同様です。

時をおいて、何度も読み返していく本です。

心の状態が進んでいくにつれて、その深みが増してくる、その深みが感じられる、そのようなものです。

 どうぞ、真剣この学びをとらえてください。真剣に、宇宙を思えるご自分に成長なさってください。

宇宙を感じるために、私達は肉を持ってきたことを、

どうぞ、一人でも多くの人に、その心で分かっていただきたい、そのように思っています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

「母なる宇宙とともにT」から

 01 宇宙は、私達にこれから大きな影響を与えていきます。


 02 私は、母の心を忘れ去った心で、宇宙に思いを向けていくことの危険性を強調したいと思っています。


 03 宇宙は喜びのエネルギーです。

    宇宙にさまよい続けているUFO達の思いを、受け止めていけるのは、、母親の優しさと温もりです。 

    そして、その優しさと温もりにより、マイナスのエネルギーはプラスに作用していきます。

    そして、全体のエネルギーは増していきます。


    宇宙から発信されるエネルギーは増大され、私達が生存している地球は大きく包まれていくのです。


 04 今世以前は、真っ黒な宇宙を心に引きずったままでした。

    人間として、この地球上に生存可能な機能を携えて、何度も転生の機会を得てきましたが、

    私の中はずっと変わらずに、真っ黒な宇宙でした。


 05 私はさらに、喜びの宇宙への軌跡を描いてまいります。

    それが、これからの地球上に起こる様々な出来事と、深い繋がりがあることを伝えます。


 06 宇宙へ発信する喜びのエネルギーは、大きなエネルギーです。

    地球の地軸を動かすことも可能です。地軸が動くとは、どういうことでしょうか。

    世界地図が大きく変わります。動植物の生態系もまた大きく変わっていくでしょう。


 07 さらに心を見て、母なる宇宙へ帰る準備を着実に整えてまいります。

    それが私の喜びでした。それが私の幸せでした。

           
 08 私達の宇宙は、私達を待ってくれています。喜びで待ってくれています。
私はようやく自分の宇宙が、

    喜びであり、喜びの宇宙とひとつなのだということを、確認させていただきました。


 09 波動の世界でした。宇宙からの波動を心に受け止め、心に広げ、

    そして、宇宙へ思いを向 ければ、どんなに幸せな存在であったのか、今、しっかりと感じています。


 

宇宙の風

−私達人間は、死んで終わりでしょうか−

塩川香世/著  978-4-904648-19-3

2011年5月25日発売

 

 

?

  

「宇宙の風」はとてもいい本だと思います。しっかりとした文章の中で、しっかりとした波動が流れてきます。

宇宙に対する思い、宇宙へ向ける喜び、そういうものが私には伝わってきます。田池 留吉

 

 「宇宙の風」に心を向けて私の思いを語ります。 塩川香世


 次元移行への計画の中で、私達はこの三次元で出会いました。

田池留吉、アルバートとともに歩いていく道をこの心でしっかりと感じながら、「宇宙の風」を書き綴ってきました。

その喜びとともに私はあります。次元移行が私の喜びです。

次元移行は意識の流れ、そのことを心で知った私の喜びを「宇宙の風」の中で表現しました。


次元移行は、意識の流れの中の、とても大きな一点です。


その流れを私の心は確実につかんでいることが喜びです。


心の中にお母さんを呼ぶとき、ああお母さん、ごめんなさい、間違ってきましたという思いと、

お母さんの愛に支えられて私はこれまでずっと、ずっと存在し続けてきた喜びが心に広がってきます。


「母の温もりを心に呼び起こしなさい。」

田池留吉のメッセーシとともに、私の中に、母なる宇宙への思いが心に湧き起こりました。


母なる宇宙、私達はその宇宙へ帰るために、今こうして肉を持っています。その途上にあるんです。

私はその中でこの喜びを意識達に伝えていきたい、その思いで書き綴ってきました。


お母さん、ありがとう。お母さん、ありがとう。


肉をくれたからこそ、私はこのように自分の心を語ることができます。


自分の心を語っていけば、私の中に、本当にあの宇宙に帰りたかった喜びが湧いて出てきます。


母なる宇宙に帰りたい、帰りたい、そうして私はずっと、ずっとこの三次元で肉を持ち続けてきました。


ようやく、ようやく、本当に最後の最後の時になって、

私は今、ようやく自分の中に母なる宇宙へ帰る道筋をしっかりとつけたことを心に感じます。


その私の中から出てくる思いが、「宇宙の風」という本で表現されています。


お母さん、私は、「宇宙の風」を、もっと、もっと進化させていきます。


これからも、私はお母さんに心を向け、田池留吉、アルバートを心に呼び、母なる宇宙に心を向け、

私はこの心の中から上がってく思いを文字にしていきます。


「宇宙の風」は、その第一段階です。


私の中に喜びを伝えていきたいという思いが、とても、とても大きくなっていくでしょう。

ということは、これからのこの三次元での出来事を私は少しずつですが、

やはりはっきりと知らせていかなければならない、それが私にはどうしても避けられないことだと思います。


そのことを通して、私達の喜びの思いを伝えていきたい。


宇宙へ帰ろう。母なる宇宙へ帰ろう。


そのためには、自分の心を見て、自分の出してきたエネルギーが本当に間違ってきたことを

心で知っていくことが本当に待たれていることを、私はこの心の中から伝えていきたいです。

【目次】
   
1. はじめに
2. 生きることと死ぬこと
3. 私達って本当は誰、何
4. 地球人類にバラ色の未来が本当にあるのか
5. 宇宙はどこにある !?
6. 宇宙はあなたの中で語っています
7. 宇宙を牛耳ってきたエネルギーのひとつアマテラス
8. 私達はあの宇宙に帰りたかった
9. 愛しき地球
10. もう、崩 壊は目の前に迫っています
11. 祈りは真の平和に繋がりません
12. 二五〇年後、三〇〇年後に照準を定めて存在しよう
13. 心で気付いた人から、始めてください
14. おわりに ―「宇宙の風」を通して私が伝えたいこと

****************************

 

********************************************************

☆ 私がお伝えしたいこと、あなたが知りたいことは

「意識の流れ」の本と意識からのメッセージにすべて記されてあります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


新刊    好評発売中!

 意識の流れ 【増補改訂版】−アルバートとともに−

 

「意識の流れ」が6年ぶりにリニューアルされます。

新たな内容が追加されるとともに、従来の内容も整理

編集され、章立てがなかったものを、項目別にまとめる

こ とで読みやすく力強いものに生まれ変わりました。


田池留吉/塩川香世
四六判/1000円(税込)

ISBN 978-4-904648-16-2

ぜひ お近くの書店で 予約などしてお求め下さい。

お近くに書店の無い方は、ネットでもお求めいただけます。

ネットでのご注文は



私の思いというのは、あなたに是非本当のことを知ってもらいたい、

真実に出会っていただきたいということなのです。

あなたは、今までにこの世のどこかに真実というものがあるのではないか、

今はまだなにか分からないけれど、 絶対に変わることのない本当のことがあるのではないか、

と考えてみたことはないですか。 あなたは本当のことを知りたくはありませんか。

この本は、そんなあなたに、あなたの心で答えてくれる一冊になってくれるでしょう。

 

主な目次


  はじめに


 1. 私の人生は、セミナーとともにありました 15
--------------------------------------------------------------------------------

 2. 私の人生すべてを懸けてお伝えしてきた真実 36
--------------------------------------------------------------------------------

 3. 心を見るということについて 49
--------------------------------------------------------------------------------

 4. 本当の人生、本当の喜び、そして、本当のあなたとは 69
--------------------------------------------------------------------------------

   5. ここで「死」ということに触れてみましょう 80
--------------------------------------------------------------------------------

 6. 神と金に狂い続けてきた人類 91
--------------------------------------------------------------------------------

 7. 天変地異の足音 118
--------------------------------------------------------------------------------

 8. 心を見る大切さ 134
--------------------------------------------------------------------------------

   9. 意識の流れと次元移行 154
--------------------------------------------------------------------------------

 10.私達は、宇宙とともに次元移行をします  
--------------------------------------------------------------------------------

   おわりに 233


   再 掲 238
 


■はじめに■


この本を手にしていただいて、ありがとう、大変嬉しいです。

長い長い時を経て、ようやくお会いできました。シナリオ通りとはいえ、幸せです。


どうぞ、まず、生まれてきたことを喜んでください。お母さんの温もりを心で感じてください。

そして、生きる本当の意味を知って自分の人生を全うしてください。


「あなた方は今、意識の流れを感じていますか。すべての意識はその流れの中にあります」と、

このように申しましても、一体意識の流れとは何なのか、すべての意識とはどういうことなのか、

そして、流れの中にあるとはと、最初から、あなた方の頭の中には、疑問符が出てくるでしょう。

 

そもそも、これから私がお伝えしようとする内容は、

過去、どの文献にも記しるされていません

いまだかつて真実に出会えた人間は、いないからです。

確かに、人間は、過去より真実を求めてきました。

しかし、実際は、誰一人として、真実というものを知らずに、分らずに死んでいきました。

従って、本当はこれまでに救われた人などいないのです。

神にも仏にも宇宙のパワーにも、私達を救う力など全くありません。

私達自身が、真実に目覚めない限り、私達は救われないのです。

実は、そのことを、はっきりと伝えるのが、意識の流れというものです。

そして、私は、私達はみんなその流れの中にありますということを知っていただきたいのです。

 

そこで、話の中心は、一体真実とは何か

私達人間が本当に真実に目覚める時がやってくるのかということになってくるのですが、

ここでひとつだけポイントとして、押さえておいていただきたいことがあります。

それは、真実の世界は、人間の頭では計り知れない世界だということです。

本当のことは、あなたの頭ではなくて、あなたの心で分かるものであり、

そして、あなたの心でしか分からないものだということを、私は最初に断っておきます。

では、人間の頭では絶対に分らないという真実の世界を知るには、どうすればいいのでしょうか。

それを、これから、私は、順を追って語っていきたいと思います

(後略)

 

■増補改訂版「意識の流れを読んで」■


少し前に、以前発売になっていた「意識の流れ−アルバートとともに−」の本を手に取り、

帯に書かれた「真実の世界は、あなたの頭では分からない、

あなたの心でしか分かりません」という一文を見た瞬間に、

ふいに涙が溢れ、胸がいっぱいになったことがありました。

 

その本の増補改訂版を読んで、以前の本と比べて、章立てになっていて読みやすくなり

更に未来の事についても加えられ、より一層、内容が深く、力強くなっていると感じました。

 

今まで生きてきた中で感じてきた数々の疑問に対しての答え、

どう生きていけばいいのかということに対しての指針、

真実の世界、真実の私とは何かについて、一つ一つ丁寧に綴られていました。

うやむやにぼかされてきたそれらの答えが、

はっきりと力強く示されていることを感じて、嬉しく思いました。

 

本当の生き方を知らずに、ただ年月を過ごしてきた私に、

本当の生き方を、本当の真実の世界を教えてくれる一冊に、こうしてまた出会える私は幸せです。

この一冊、大切にしていこうと思います。ありがとうございました。

********************************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「人はどうして病気になるのか?!そしてその対策と克服法とは!」←クリック

***************************************

初めて、真実の学びにふれる方の為にクリック!

学びのポイント (田池留吉)クリック!

学びの 手順クリック!

 

ホームページ読んでいますか?クリック!

瞑想、していますか ? 反省と瞑想の時間ですよ!クリック!

あなたは、なぜこの学びにつながったのかクリック!

***************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

***************************************

地球の意識 と 未曾有の天変地異クリック!

「私達は、宇宙とともに 次元移行をします」クリック!

 

自己確立とは・・・クリック!

他力の反省クリック!

***************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アルバート(田池 留吉)とは ←クリック

その人、田池留吉―田池留吉の世界―←クリック

 

松岡儀典の提言・真実を求めてクリック!

1genki.net サイト目次(サイトマップ)←クリック

真実とは・人間の本質 田池留吉著 「意識の流れ」 勉強会・UTAセミナーとHP
現代の諸問題・社会問題 子供の諸問題・育児と教育 夫婦の縁・家族・友・人間関係

 

喜びと幸せの輪を広げよう

UTAブック http://uta-book.com/index.htm

****************************

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!

****************************

 

このページをメモリーしておいて、いつでも簡単に開く方法です。

(1)このページを開いた状態で、上にあるメニューバーの  [ファイル] をクリック

(2)メニュー項目の中にある [送信] にマウスの矢印ポインターを合わせます。

(3)右側の項目の [ショートカットをデスクトップへ] をクリックして終了です。 

★パソコンを最初に開いた時のデスクトップに、このページの「アイコン」が

いつもありますので、その「アイコン」をクリックするだけで、このページが開きます。