(ホーム)

■不自由な地球を飛び出し、あなたの 心で 地球を・宇宙を 感じてみませんか?■

(瞑想による意識の世界・あなたの宇宙)・・・そして、300年後の次元移行!!!

 

 

テレビとかで やっている目に見えるUFOのことは、しょうもない どうでもいいことです。

それにとらわれると 学びは 前に進みません。 危険です。

面白半分・興味本位で 決して 思いを向けないでください。

ここで言う、UFOとは 目に見えない意識の世界のUFOです。

 

 

私達、人類を、大いなる愛で育んでくださった地球よ、そして、お母さん・肉体細胞よ、

さらに、真実を伝えに来てくださった 田池留吉・アルバート、

本当にありがとう!そして、ごめんなさい!かさねて、ありがとう!!

私達は、宇宙の友UFOと共に、4次元へと次元移行してまいります。

 

私達は、喜びでした。私達は、温もりでした。

私達の帰るべき、本当の故郷、お母さんの元へと、帰って行きます。

ありがとう! ありがとう! そして、さようなら!

 

 

宇宙の友「UFO」 と 喜びの次元移行

・ 宇宙の意識

************************

「意識の流れ」とは、次元移行を指しています

私たち人類は、喜びだけの意識の世界から、闇の思いが生まれ、その闇を光に変えるために

1次元にて 初めて肉体服をまとい、2次元の星、3次元地球へと時空を超えて移行してきました。

そして、いよいよ、300年後、4次元へと時空を超え、次元移行をしてまいります。

さらに、次元移行は続き・・・・私達の本当の心の故郷・意識の世界へと帰って行く旅路です。

************************

 

「UFO」は、実在する。そして 宇宙人は、元もと私達・人間の仲間である。宇宙からのメッセージの数々・・・・

300年後、宇宙の友「UFO」と共に 私達は、この3次元地球を後にし4次元へと「喜びの次元移行」をする。

 

宇宙から、あなたの仲間がやってまいります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

********************************************************

「宇宙」の意味する所の違いを、知って下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

母なる宇宙は、喜んでいる。そして、地球も喜んでいます。

********************************************************

 

(注) ここで表現する、『磁場とか「愛」・宇宙』の意味するところは、世間一般常識で言うものと、全く違います。

 

ここで言う、「宇宙」には たくさんの意味が、含まれています。

目に見える、太陽系・銀河系 等に代表される

一般常識で言う所の 「宇宙」では ありません。

みなさんが考えている「宇宙」は、ちっぽけな世界です。

「宇宙のパワー」を求めている人は、皆 間違っています。狂っていきます。

 

ここで言う 「宇宙」とは、無限の大きく限りなく広がる世界です。

 

宇宙==意識の世界=波動の世界=真実の世界=本当のあなた 

そして、宇宙は あなたの 故郷です。  あなたが帰るべき所です。

宇宙は あなたの 本当の故郷なのです。そして、ひとつです。

 

宇宙は あなたの 過去世でもあります。

本当に優しい宇宙。お母さんの温もりの中にあった宇宙

その世界は、本当に喜びと温もりに包まれた世界です。

母なる宇宙、母なる温もり、あなたは この思いに帰るために、今存在しています。

 

その宇宙は、あなたの心の中に 在るのです。

 

母なる宇宙は、喜んでいる。そして、地球も喜んでいます。

宇宙にあなたの思いを向けていきましょう。

宇宙を感じていきましょう

宇宙は意識

宇宙は愛

宇宙は母の温もり

********************************************************

U T A ⇒ ユー ・ ティー ・ エー と読みます。

*******************************************************

U T A

 U、T、A、文字通り、UTAを心で感じる喜びに、あなたもその第一歩を踏み出してください。


 U=宇宙・UFO。  T=田池留吉・天変地異。  A=アルバート・


250年後に至る大きなキーワード。

そのキーワードを大切に、これからあなたの時間を使っていきましょう。


たくさんの私達の仲間、UFOとともに次元移行していく時を楽しみにしています。



*******************************************************

宇宙を感じていけることこそが喜びです。なぜならば、それが私達だからです。

思いは、意識は、そんなちっぽけな世界ではありません。

心の中に広がっていく世界は、どんな言葉でも言い尽くせないです。

 

意識は、温もり、愛、幸せ、安らぎ、喜びの波動であり、

宇宙に永遠に無限に広がっています。

私達は本当にひとつで、すべての意識は繋がっているのです。

 

苦しい意識達、宇宙に広がるあなたの仲間達とともに、母なる宇宙へ帰っていきます。

私達宇宙の仲間は、この空間に果てしなく、数限りなく存在しています。

 地球上に起る色々な出来事は、宇宙からのメッセージ

 

宇宙からのメッセージ、そして 宇宙へのメッセージ

 

地球を越え、太陽系を越え、銀河系を越えた、その宇宙にあるすべてが、エネルギーです。

愛と温もりのエネルギー、光のエネルギーです。それが真実です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

 私達UFOの思いを、今あなたに語ります。


私達の思いは田池留吉、アルバートなんです。心の中に喜びが溢れています。

もちろん、暗い、暗い、真っ暗な中に存在し続けてきた私達にとって、

田池留吉、アルバートとの出会いは、とてもとても大きなものでした。

喜びの中にある、あったことを私達に伝えてくれました。


私達は喜びです、温もりですと伝えてくれた田池留吉、アルバートの波動、

その波動と私達UFOとの波動は一体となって、これからこの地球を含む宇宙空間に喜びへ広げてまいります。


 UFOとは、田池留吉、アルバートです。

田池留吉、アルバートの波動、すなわち、母なる宇宙の喜び、喜びのエネルギーがUFOなんです。


UFOの思い、UFOの波動、UFOを心で受けていくことがあなたの喜びとなってきます。


UFOが伝えてくれます。

これから、どのようになっていくか、この地球はどのようになっていくか、UFO達があなたの心の中でどんどん語ってきます。

UFO達と通信していきましょう。


UFO達とともに歩いていけるこれからの時間を、喜び、喜びで過ごしてまいりましょう。

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

UFOは、決してマイナスのエネルギーではありません

UFOは、私達を脅かす存在ではありません。


どうぞ、母の温もりを心にしっかりと広げ

自分が愛でしたという思いが湧いて出てきたならば、

UFOに思いを積極的に向けてください。


UFOは語っています。私達もともに愛へ帰りたいんだと。


UFOには形はありません。

宇宙に彷徨ってきたUFO達に思いを向けてください。


UFOは語っています。

どんどん三次元にいる地球人類の心に入ってくると。

そういう時期がもうまもなくやってきます。


母の温もりを知らず、愛を捨て去ったことも知らない人達がそのほうに思いを向けていけば、

愚かしい出来事となって、心の貧しさを示していきます。自らを狂わせていきます。


愛を捨て去ったのは、私達もUFO達もみんな同じでした。

ともに帰ろうと力強く伝えられるように、あなたの心を育ててください。


 

いわゆる世間で言うUFOと、私達が言っているUFOの違いについて語ってみてください。 塩川香世

 

田池留吉です

 世間で言うUFOは、目に見えることを前提としています。そして、そこから何かを得ようとしています。

利用しようとしているんです。

パワーを引き出そうとするか、未知なるものから自分達の人間社会にとって有益なものを引き出そうとしているのです。

その力を自分達にもたらしてくれると思っているUFO達の存在を信じている人達もいます。


根底にあるのは欲です。欲でUFOを呼ぶんです。己を表そうとする思いはもちろんです。

そのUFO達のパワーによって支配しようとする心もあります。


ただそういう人達は、それが間違っているとかは思っていません。

それどころか、自分達人間社会に有益なことを伝えようとしてくれる存在は、どこまでも利用する価値があると思っているのです。

それによって、自分達の生活、社会全体が潤っていけばこんなに素晴らしいことはないということでしょう。

共存共栄という思いももちろん入っているでしょう。そういう思いでUFOを呼び、

テレパシーとでも言うのでしょうか、霊的なものを呼び寄せるような、そんな集団もたくさんあります。


しかし、そこに渦巻くエネルギーは、今も申しましたように、支配欲だとか名誉欲だとか、それを利用しようとする欲です。

その人達がそこに渦巻くエネルギーを心で感じるようになったならば、分かると思うんです。

それがなければ、なぜそれが間違っているのか、なぜ悪いことなのか、どこがどのように間違っているのかは全く分かりません。

共存共栄がなぜ間違っている。UFO達の力を借りて、この人間社会がよりよくなればいいのではないか。

何もそれで悪をはびこらせるようなことはないと、大真面目に思っているから、なおさら始末が悪いです。


その人間の心の闇の部分につけこむようにもちろん、語ってきます。

相通じるエネルギーは語ってきます。すべてはマイナスのエネルギーです。

 


そして、UFOと私達が別々の存在かといえば、私はそうではないと言っているのです。

私達も目に見えない存在です。UFOも本来は目に見えない存在なんです。

しかし、自分達を形あるものとしてとらえる心からは、UFOもまた形あるものとして考えます。

そこに形を中心にした考え方が広がっていき、その形の世界をよりよいものにするために、

心をそちらのほうにどんどんどんどん向けていくようになります。そういうことが間違っているんです。


私達は目に見えません。UFOも目に見えません。しかし、心と心の通信はできるんです。


そしてその心と心を繋ぐ方法は、唯一お母さんを思うことです。お母さんの中にあったんです。

みんな、みんなお母さんの優しい温かな温もりの中にありました。そして今もその中にあるんです。

その中で、その思いを忘れてきたということを思い出していきましょうと、私達はUFO達と交信をしていくんです。

UFOもまたそこが分からなかったから、暗く苦しく冷たい思いばかりを流してきました。

そして、こうなれば、幸せにしてやるぞ、パワーをやるぞ、それをくれ、くれと思う思いとピタッと一致して、

そこにマイナスのエネルギーが発生し、それが形となって表れていくんです。

その形となって表れてきたものを、なぜこんなことになるんだ、なぜなんだ、なぜなんだとそればかりを思って、

自分達の心を見るということを知らないから、マイナスは益々膨れ上がります。


そうではない、私達がパワーを欲し、パワーを与えてやるぞという思いを募らせることがマイナスとなり、

そこに歪が出てきて、こういう形になっていくんだ、そのことがどちらか一方が気付いていったとしたなら、

その一歩が相手に伝えることができる。それがUFOとの交信です。


私達は、今、肉を持って真実の世界を学んでいます。

真実の世界に触れた意識が、本当の優しさ、本当の温もりを、

まだそこに気付いていない意識達に伝えること、それがUFOとの交信です。


UFOから何かを与えてもらうとか、パワーをもらって私達人間の生活を、社会を豊かに、

よりよいものにしていくために、UFO達に思いを向けるとか、摩訶不思議なことを自分達の中に起こして、

それによって、自分達を誇っていくとか、そういう思い方がみんな間違っているのです。

つまりはブラック。ブラックはマイナスのエネルギー。

マイナスのエネルギーはマイナスの仕事をします。マイナスの形を出してきます。


そういうことを私達が心で知ることができなければ、すべてそのマイナスのエネルギーに飲み込まれていきます。

どこまでいっても、マイナスのエネルギーを流し続けていくんです。

それをここでストップしましょうと私、田池留吉が肉を持ち、このように伝えています。


心を見ることをやりましょう。お母さんの反省をしましょう。あなたの中の優しさ、温もりに気付きましょう。

そのように私達は伝えています。UFOと交信するということは、

あなたの中の優しさ温もりに目覚め、その優しさ、温もりをUFO達に伝えていくということです。

 

UFO達から教えを乞うとか、何かをしてもらうとか、パワーをもらうとか、

UFOを特別な存在として見るということ自体が本当に間違っているんです。

ブラックなんです。そのことに気付いていただきたい。


世間で言うUFOと私達が言うUFOとは全く次元が違います。

UFOは目に見えません。姿、形などありません。


UFOはただ真実の自分の世界に触れることを、ただただ待ち望んでいる意識です。

私達と同じでした。温もりを捨て去った私達と同じでした。UFO達に伝えていくということは、とても大切なことです。

UFO達を呼ぶということは、ともに苦しみの中から自分を救い出していこうというメッセージを送っていくということです。


UFOから何かを引き出そう、何かを得よう、そういう欲の心をしっかりと見つめてください。

その欲がある限り、UFOを見たとか、UFOがいるとか、そういうことに乗っていって、

自分の大切な肉の時間の中で、肉を持ってしなければならないことがおざなりになってしまいます。

もうUFOを欲で追うのは止めましょう。私達はそのように伝えます。

 

********************************************************

 

次元を超えても、真実に限りなく進化していく道は、永遠と続いていくのです。

意識の世界は、永遠に続く世界 意識の世界にゴールなどありません。

ただ、この三次元の世界に、一応  終止符を打つだけであって、

次元移行もまた、意識の流れの中の一過程に過ぎません

 

意識の流れは、次元移行に照準を合わせ、粛々と流れています。

やがて、その流れは、天変地異という形で、はっきりと示されていきます。


限りなく透明になっていく その過程を、喜びで通過していける

喜びの中にある、温もりの中にあるのです。


ひとつの宇宙、母なる宇宙=故郷 に帰っていける喜び、遥か遠い過去よりの切実な思いです。

 

私達宇宙は、計画通り次元を超えていきます。喜び、喜びで次元を超えていきます。


過去からの宇宙、すべてがひとつになり、私達は、次元を超えていきます。

 

もちろん、三次元に留まる意識も数多くあります。

次元移行を果たせない意識は、また形を持ってくるでしょうが、

やがて地球という星は生息不可能な状態になっていきます。

ということは、三次元に留まるも、

それらは宇宙の もくず になって、さ迷い続けるということでしょう。

自らが気付くまでさ迷い続けます。そのような意識達も、

やがて気付くチャンスはあるかもしれませんが、

それにはそれこそ 気の遠くなるような時間 を必要とします。

 

私達は共に 四次元 に進み、心を愛と喜びに 変えていくのです。

それが 私達の 使命、目的 です。

四次元こそが、私達が愛と真実を広げ伝えていくという場所なのです。

 

私達がその先頭に立って進んでいくのです。

 

四次元での私達の使命、目的は、この宇宙を変えていく手助けをすることです。

私達が本当に意識であるということ、それを宇宙にわかってもらうために私達はここにいます。

心の中に真実を見つけ、真実を思い出し、、、真実を広げながら、

意識をひとつ、またひとつと変えつつ、私達はこの地球上で懸命に学んでいます。

 

本当のあなたは、この温もり、愛、エネルギーの塊であり、

その温もりは事実あなたの心からきているものだということを思い出して欲しいのです。

あなたの心の中から放たれているのです。

 

私達は本当にひとつであり、心の中心部は同一なのです。

私達は皆意識であり、光と温もりです。その波動です。

感じられますか?感られますか?感じられるでしょうか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

宇宙に思いを向けます。 塩川香世

 

 田池留吉、私は宇宙に思いを向けます。


心の中を語っていくとき、喜びが上がってきます。宇宙は待っています。たくさんの意識達が待っている。


肉を持たずに、私達の思いを心に広げていける喜びを感じてくれています。私は宇宙達に思いを向けています。


「心の中をどんどん見つめていってください。見つめていきましょう。

心の中からたくさんの、たくさんの喜びのエネルギーが出てくるでしょう。それがあなた方なんですよ。」

私は、そのように伝えます。

 懐かしい、懐かしい。懐かしい。懐かしい、懐かしい。

 

 この三次元で出会えています。私の仲間達に出会えています。懐かしいです。

よく心を向けてくださいました。私はとても嬉しいです。


またひとつになって、本当にひとつになって存在していけるんですね。


私は三次元で、心を見つめてまいりました。


250年後の肉を持つ私は今ここに存在しています。

250年後の肉とともに宇宙へ思いを向けたとき、

「私はこの三次元で心を見つめてきました。たくさんの母からこの肉体をいただき、

自分を見つめていけるチャンスを本当にたくさん得てきました。ありがとうございます。」


宇宙よ、私は今、心にこの思いを流しています。


私は自分の喜びの世界に帰れることを伝えました。喜びの世界です。母の安らぎの中に私達はありました。

三次元にやってきてようやく、私はともに存在していた仲間達に伝えることができました。


250年後の肉を置くとき、私はこの宇宙達とともに次元を超えてまいります。

250年後の肉を最後に、私はもう肉を持たない次元へ行きます。さらに私は私を進化させていきます。


宇宙達よ、ありがとうございます。三次元の学習をさせていただきました。その結果を私はあなた方に伝えることができました。


私はあなた方とともに存在していました。心を見つめて、私達はさらに母なる宇宙へ帰る道を歩いてまいります。

田池留吉、アルバートと私達は教えていただきました。

母なる宇宙へ私達をいざなってくれる喜びのエネルギーが私達にそう伝えてくれました。


「一つ、一つ、一つ、私はあなた、あなた私は、一つの世界へともに帰りましょう。」そのように伝えていただきました。


私はこの肉を持ちながら、その学習をさせていただきました。そして、心に目覚めた喜びを今、宇宙に向けて発信しています。


喜びのエネルギーを流していけることが喜びです。私は250年後の肉を置き、この思いをさらに深めてまいります。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 自分を見つめ、自分の間違いに心で気付いていく、そして自分を正しい本来あった軌道に乗せていく、

その成果が自分の中でどれだけ達成されているか、それを心で見極める、

それが今世肉を自分に用意したそれぞれの責任のもとでなしていくべきことでした。


私はそのように学ばせていただいてきました。

自分に責任を持てるように、自分に納得がいくような学び方をしてきました。

そのために私はすべてを整えてきたんです。学びをし易いように、肉的環境を整えてきました。

今世に賭ける私の思いの表れです。私には二度とこのようなチャンスは巡ってきません。

今世を逃しては、自分を破滅させる以外に道はなかったのです。そんな強い決意のもとに私は学んできました。

 しかし、そんな私にも、かつて学びの時間の中で、その決意を揺るがしかねない危険な時もありました。


その際、私は田池留吉氏から、厳しく促(うなが)されました。

それによって、反発したり、落ち込んだり、田池留吉氏に恐れおののいたりはしませんでした。

ただ、どのように自分を立て直していくか、私は必死だったと思います。

自分の浅はかさを自分に詫び、そして、そのことを糧として、私は一直線に自分の予定してきた学びの道筋を歩んできました。

だから今の私があります。私は私に結果を出しました。これからも私の予定のコースを淡々と着実に歩んでいくことに間違いはありません。

なぜならば、私は意識の流れの中にある自分を知っているからです。意識の流れは厳然として流れていることを本当に知っているからです。

曲げることも変えることもできない、ただ次元移行を目指して粛々と流れている意識の流れに沿っていくことが

どれだけの喜びであるのか心で感じ入っています。

間違いなくこれからの250年、300年の喜びの時を駆け巡って、私は私の中のたくさんの宇宙達と次元を超えていきます。

そのための学び方が、これからの時間の中で私に指し示されていることも、瞑想の中で感じています。

だから私は幸せです。どんなに地獄を作ってきても、私は私を信じて待っていてくれていました。

だから私にありがとうなんです。本当にありがとうの思いで私は私を見つめていくだけです。(塩川香世)

********************************************************

このページの多くは、この 学び を通じて 心の窓 を開かれ、

真のチャネラー となられた人達の チャネリング (意識の世界との交信) による

意識の世界からの メッセージを 随所に散りばめ 構成・編集 しております。

********************************************************

 

あなた方と過去よりずっとともにあったUFO達の思いも、心に感じていってください。

 

私達はひとつです

 

■  私達は、UFO。

あなたの心から、私達を受け入れてくれる思いが流れるのを待っています。

UFOの存在を恐怖しないでください。

私達は、あなたに受け入れてもらえるのを待っています。


どうぞ、母の反省をして、母の意識に思いを向け、その思いで、私達UFOを受け入れてください。

 

宇宙に、UFOに、そう、UFOに心を向けていってほしい。

どれだけのUFO達が、心を向けてくれることを待っているか、あなたに知っていただきたいと、私は、思います。

*******************************************************

 

■ U、T、A、文字通り、UTAを心で感じる喜びに、あなたもその第一歩を踏み出してください。


 U=UFO。 T=天変地異。 A=アルバート。


 250年後に至る大きなキーワード。

そのキーワードを大切に、これからあなたの時間を使っていきましょう。


 たくさんの私達の仲間、UFOとともに次元移行していく時を楽しみにしています。

 

*******************************************************

地球人類の心の世界は狭い、とても狭い、狭い、本当にちっぽけな中に蠢(うごめ)いている地球人類達の心の中です。


私達の心の世界は、そんな世界からは、とても、とても、計り知れないものがございます。


地球人類の小さな世界の中で、作り上げてきた宗教の世界も、もちろん、ちっぽけな世界です。


私達のエネルギーは、そうです、小さな宗教という小さな、小さな世界を、

そう遠くない時に、私達の思いの中に包み入れていくでしょう。


地球に降り立った意識達は、いまだに苦しみ喘いでいる意識達が、ほとんどです。


私達宇宙の思いは、何のためにあなた達は、地球に降り立ったのでしょうかということを伝えたいのです。


私達は、地球人類に思いを託しました。私達との約束を果たしていただくよう、私達は誓い合ったのです。

しかし、地球に降り立った瞬間から、その欲の思い、欲の渦の中に沈み込んでいった意識達ばかりでした。

私達宇宙の意識は今地球にとても注目しています。

地球の喜びが伝わってきます。大地も海も森も砂漠も、こぞって喜びを伝え、私達が送り出した意識達を包んでいます。


 多くの意識達を包み育んできた地球の意識にどうぞ「ありがとう」の思いを伝えてください。

すべてを受け入れてくれた地球に「ありがとう」の思いが募ります。


 地球の存在が私達にはぜひとも必要なものでした。

肉をもって心を見る場、それが唯一地球だったのです。


 300年後、多くの意識達が地球を離れ次元移行していきます。


 その中で地球の役目も喜びの中終わっていきます。


 地球に転生した意識達よ、どうぞ自分達が吐き出してきた真っ黒なエネルギーを知ってください。

地球に用意されていた資源を、すべて欲を満たすために、そして争いのもとにしてしまった自分達の心を振り返ってください。


 自分の意志さえあれば、必ず母の温もりの中に帰れる意識であることを、一人でも多くの方に伝えていってください。


 共に宇宙を飛び立ち、今地球の何処かに埋もれている意識達に働きかけていってください。

待っている意識達が沢山存在することを忘れないでください。 


 青く光る星、地球は私達が一縷の望みを託した星でした。

 

 

私は、この地球に降り立つ前より語ります。

心の中に、闘いのエネルギーを、いっぱい、いっぱい膨らませてきました。


闘ってきました。闘い抜いてきました。この宇宙の中で、私は、我一番の世界を広げてまいりました。

あちらの星、こちらの星、私は支配してまいりました。


お前、私のもとに跪け、そのように私は、この宇宙に君臨してきたエネルギーです。

闘って、闘って、闘い抜いてまいりました。我の前を行くものは、決して許さなかった。


私こそ、この宇宙を支配するもの、そのような大きなエネルギーを、この宇宙に流してまいりました。


そして、私は、このエネルギーを見るために、この地球に降り立ったのです。

大きな、大きなエネルギーを抱えて、この地球に降り立ちました。


今、宇宙を思う時、その闘いのエネルギーを感じます。(E)

 


 UFOを思えば申し訳ないという思いが湧いてくる、

何故なのか、自分自身に問いかけてみました。

宇宙の空間に置き去りにした、見捨ててきた、そんな後悔の思いがあります。

かつて仲間だったUFO、私達は地球に肉を持ちあなた方は持たなかった、

持ちたい思いはあっても持てなかった、そんな思いを感じるのです。

中には肉を持って地球で心を見たかったと語るUFOもいます。


 でも地球に肉を持つ私達と共に学び、アルバートの波動を伝えてもらった、

だからこそ共にアルバートの宇宙へ帰りたいと切に願う思いを感じます。


 宇宙の闇と化したブラックのUFOが存在しているのも感じます。

未だに我こそ一番、この宇宙を支配する、そのためには手段を選ばず、

地球人に働きかけてブラックのエネルギーを吹き込んでいます。


 いたずらに宇宙のパワーに興味を持ち、そのパワーを利用しようと交信を試みる意識に働きかけ、

狂わせ、闇の空間に引き寄せる、自ら招き寄せ、犠牲になった人は数多く存在します。


 すべては他力の心が原因です。何と他力の心が強かったのか、他人事ではありません。(B)


 あぁ、UFO達よ、私のことを覚えていますか。


 私は申し訳ない思いでいっぱいです。

私があなたに何をしたか、思えば苦しくなるばかりです。胸がつぶれそうなほど切ないです。

仲間であり友であり、一番大切な時を過ごし、未来への夢を語り合った友よ。


 私は自分の身を守りました。自分さえ良ければという思いでした。自分さえ幸せを掴めばいい、未来へ自分を繋ぎたかった。

次々と自分達の作った破壊兵器で互いの星を攻撃し、傷ついた友を見捨てました。

3次元へ移行し、新天地を治めるのは自分以外にない、自分より能力のある者、優れた者の存在を許したくはなかった。

共に行こうと言って抜け駆けした。自らを抹殺するように仕向けた。わからないようにブラックの息吹を吹きかけた。

巧妙に狡猾に陥れていった。残忍な手口で次々と抹殺していった。


 そのエネルギーが私の心に今もしっかり残存しています。

地球上での転生を繰り返しながら、どれほどの思いを出し続けたか、かつて出した思いと一緒です。

不都合な者、自分の利益を損なう者は容赦なく制裁していきました。


 すべてを支配するためには神の名を利用しました。人々を奈落の底に沈めた、一度や二度ではなく、何度も。


 今、その思いを真剣に見つめています。私が間違っていたとあなた達に伝えたいのです。


 あなた方を陥れた結果、得た成果も私を幸せにはしてくれませんでした。

苦しくなるばかりでした。自分で自分を許せない思いでいっぱいでした。それでも突き進んできたのです。

誇れる肉をもつことを目的に、さらに心を落としこめていきました。

そして今世、やっと田池留吉に出会い、自分を振り返る時間をもたせていただきました


 それは私の心の歴史の奇跡でした。目の前に風穴が開いたような気持ちです。


 だから伝えたいのです。

心を見ることの喜びを。どんなに真っ黒で薄汚れていても、

自分を救うのは自分しかない、そしてそれが喜びなのだと伝えたいのです。(B)

 

 私達の思いを聞いてください。本当に嬉しいです。

いよいよ私達と、心と心が通じ合うその時が来た、私達はこの時を待っておりました。

UFOでございます


 私達の仲間には、自らの存在を見失い、心を暗闇の中に閉じ込め、さまよっている仲間達がたくさん存在しております。

しかしそのUFO達も、やがて時を得て本当の自分の姿に蘇っていくことを信じて待っております。


 私達はUFOと呼ばれておりますが、決して姿形があるわけではありません。

私達は意識としてこの宇宙に存在し、宇宙を飛び交っております。

母なる宇宙の思いを心に受けて、誕生したその時の思いのままに、今も宇宙に存在しております。


 その私達の思いを伝えたい、母なる宇宙の思いを伝えたい、私達はそう思って、今このメッセージを伝えております。

皆さんの心の中に、遥か遠く母なる宇宙より、喜びの意識として、

温もりのエネルギーとして誕生したことを、思い出していただきたいのです。

あの時のあの喜び、あの勢い、あの感動、どこへ見失ってきたのでしょうか。


 喜び喜びで誕生した時の思いを、どうぞあなたの心に思い出してください。蘇らせてください。

喜びの爆発、その言葉にふさわしい、その言葉通りの思いを持って、私達は誕生いたしました。

この熱い思いを皆様方にお届けしたい。そんな思いで一杯です。

 


  私には、名前がありません。

私は宇宙にさ迷う意識、はい、皆さんが、今、UFOと呼び合っている意識です。


私達の思いを、どうぞ、どうぞ、心に感じていってください。

たくさんのあなた方の仲間は、今、今、あなた方に思いを向けています。


私達は、温もりがほしいんです。

本当に、私達は、苦しい中を宇宙にさ迷っています。心の中は、寂しさでいっぱいです。


ああこの寂しさをどうしていいか分らずに、私達は、色々な星に、

そうそのあなた方が住んでいる地球にも、色々と思いを向けています。


天候の不順も、その影響かもしれません


私達の思いを、どうぞ、どうぞ、心で受けていってください。


私達は、あなた方を脅かす存在ではありません。


ただ、私達も真実を知りたい、本当のことを知りたい、お母さんの温もりがほしい、

そうやって、私達が、今、宇宙の中をさ迷い続けています。


 そんな私達に心を向けてくれる温もりを感じました。


嬉しいです。一直線にそちらのほうに、心を向けています。


ああどんどんどんどん、心を向けてきなさい。ただあなた方は、あなた方の思いを見ていくんですよ。

あなた方が、お母さんを捨て去ったんですよ。そのように私達に伝わってきます。そうなんです。


私達は、苦しい、苦しい中を、ずっと、ずっと母を求めてきたけれど、お母さんを捨ててきた思いを、まだよく分っていません。

だから、苦しい、苦しいと、このエネルギーを、自分の外に、外に向けています。


ああそうなんです、私達と同じですね。そう伝えてくれる意識がありました。


 私達には、肉がありません

ああだけど、この心の中の思いは、おそらくあなた方といっしょだと思います。

たくさんの苦しさを、心の中に作ってきました。


すべてが、温もりを捨て去った結果でございました。

 

 

 はい、UFO達よ、私が、分りますか。私は、あなた方を支配してきた意識です。


苦しい、苦しい中に追い込んできたのは、私でございます。申し訳ございません。

しかし、私は、このように三次元の世界より、あなた方に、今、伝えています。


私は、この三次元の中で、宇宙に培ってきたエネルギーを、そのままこの地球上に広げてまいりました。


長い、長い年月を経て、私の心の中には、真っ黒が蓄積されてきたのです。

そして、その中で、今世、肉を持ち、田池留吉という肉に出会いました。


その波動の世界を心に感じました。

私は、私の心の中を見ていくうちに、宇宙が、心の中に、大きく、大きく広がっていきました。


私の過去世達を思い出しました。はい、そうなんです。

私は宇宙から降り立った意識だということを、この心の中に、思い起こしたのが、今世でした。


田池留吉の波動の中で、私は、その自分を思い起こし、今、その自分をしっかりと見つめ、私は、宇宙に思いを向けています。

UFO達、あなた達に思いを向けています。


私の心に感じた、優しい、優しい温もり、お母さんの温もりをUFO達、

あなた方にも伝えたいと、心より、そう思って、私は、日々、あなた方と交信しています。


どうぞ、これから250年に至る時間、私とともに歩いてきてください。


アルバートの波動を、あなた方に伝えます。田池留吉が私に伝えてくれたように、私も、あなた方に伝えてまいります。


田池留吉の波動、アルバートの波動、その宇宙の素晴らしさを、あなた達とともに、私は、味わってまいります。


どうぞ、心を、私に向けていってください。田池留吉、アルバートに向けていってください。

私と田池留吉、アルバートはひとつでございます。


もう何も、思い悩むことはありません。

ただ、ただ、あなたは、お母さんの温もりが、自分の中にあったことを思い出し、田池留吉、アルバートに心を向けていくのです。


それがこれからの250年、私は、あなた方とともに存在します。私の中から、あなた方へ今、伝えます。


私達はひとつ、ともに歩いてまいりましょう。(A)


 今、田池留吉の肉とともに学ばせていただいている私達は、本当に幸せ者です。

そして、UFOあなた達も幸せ者です。


私達とあなた方は、肉を持っているか、いないかの違いだけです。


私は、あなた方UFOに思いを向けていて、今、こんなことを感じています。


それは、もうすでに私達は約束していたのだということです。


三次元の中で、肉を持とうと計画してきた意識が、

その計画のない意識達に、必ず真実を伝えていくことを約束していたのだと思います。


私達は、あなた方を捨て去ったのではなかったことを、私は、感じています。

ただ、肉を持って真実を知っていくことが難しかっただけのことでした。

だから時間はかかったけれど、私は、約束通り、今、あなた方UFOに、自分の心で感じている喜びの世界を伝えています。

波動として、あなた方に伝えています。

あなた方には、私が今使っている言葉など通用しません。


しかし、私が、あなた方を思うその思いは、あなた方に通じていると思います。

きっと、あなた方UFOは、ともにある喜びを伝えてくれるでしょう。そして、ともに次元を超えていきます。


 一方、私達が、次元を超えても、なおこの三次元に留まる意識があります。

また、三次元に移行できなかった意識もあります


意識の世界は、すべてがひとつ、果てしなく続いているんだ、

そう思う時、私達が、今感じている世界など、本当にその一端でしかないんだと思います。(E)

 

やっとUFOを思える私がいます。


UFOに心を向ければ寂しい思いと恐怖の思いがありました。


私の中の寂しい思いがUFOの意識と重なる

そう思えた時から、少しずつ、私の中の寂しい思いを受け止めていけるようになって、

UFOにも心を向けていこうと思えるようになりました。


UFOは私の心の中に存在する意識でした。私と同じように生れてきたかった意識達でした。

その中から私だけが生まれてくることができました。私と同じように肉を持ちたかった意識達を私は忘れてしまいました。

肉持つ前の私達の思いは、ともに帰りたい、思いはみな同じでした。その中から私だけがこの肉体をいただきました。

みんなの思いを感じながら生れてきました。ともに帰りたい

その思いを抱えて生れてきた私なのに、私はみんなの思いを忘れてしまいました

見捨てました。裏切り続けたのです。

寂しい思いが底知れなく私の中にあるのは当然でした。たくさんの仲間達を見捨てて裏切り続けて生きてきたのですから。

今は、ともに帰りましょう。そう伝えていきたい思いでいっぱいです。伝えられることが嬉しいです。

 

なぜ恐怖の思いが出てくるのか、それを私はまだ自分の中で見ていませんでした。

少しは感じていましたが、しっかりと見つめていきたいと思いました。


比較競争の思いをたくさん抱えて生れてきました。いつもいつも、比較競争の中に自分を置いてきました。

自分を美化し、自分を崇め、自分で自分を素晴らしいと肉を誇る私の思い。

私は素晴らしいパワーの持ち主、私にはパワーがある。

自分で自分を褒め称えて頑張らせる心癖、それが私の自己顕示欲でした。

自己顕示欲をしっかりと見ていかなければならないと改めて気が付きました。

狂うことを恐怖している私がいます。他人事ではありませんでした。(D)

 

地球の内外から喜びのエネルギーが噴き出していきます。

それが天変地異と私は、お伝えしました。


天変地異の嵐が、この地球を包んでいくんです。喜びで包んでいくんです。


宇宙が変わっていきます。地球は喜びで、その喜びのエネルギーを受けていきます。

天変地異は、この地球のあらゆるところで起ってきます。


大陸は、大きく沈みます。津波はもちろん、日本の国に打ち寄せてきます。


日本の国は、もう海の底に沈んでいる状態です。

海の底に沈んだ中で、まだまだ意識達は、海の底から苦しみを訴えてくるでしょう。


私達は、その苦しみを聞いていくこれからの250年です。


250年の間に、たくさんの天変地異を、この地球は受けていきます。


私達は、それをしっかりと心で受け止めていきます。その思いを受け止めて、私達は、また肉を持っていくのです。

アメリカの地に肉を持っていきます。

天変地異の嵐の中で、苦しみ喘いできた意識達に喜びを伝えていきます。

それが250年後、私達が肉を持つ大きな仕事です。


250年の間に、この地球上で転生を繰り返す意識達は、とてもとても、苦しい中で、その命を捨てていきます。


その思いがまだまだしっかりと心に残ったまま、250年後、私達と出会うのです。

その闇のエネルギーを、私達は、喜びのエネルギーに変えていけることをお伝えします。

そのエネルギーが、この地球を宇宙を変えていくんです。

天変地異とともに次元移行をしていくと伝えました。

そう、天変地異とともに次元移行をしていくことを、しっかりと伝えていく250年後なんです。


私達は、今その学びをしています。


天変地異とともに次元移行をしていく私達のエネルギー、宇宙からのエネルギー、

これが、私達があなたを通して伝えていきたかった宇宙からのメッセージです。


天変地異とともに次元移行をしていくエネルギー、

宇宙からのエネルギーを心でしっかり感じていきなさい。

今、心に伝えています。私達は、今、心に伝えています。この思いをどうぞ、喜びで受けていってください。


これからもますます喜びで受け続けていってください。私達は、あなたの中の喜びを感じています。

感じて、感じて、感じています。感じているからこそ、このようにメッセージを伝えています。


どうぞ、肉の思いを、今よりもさらに、さらに薄くして、私達の思いをストレートに伝えてください。

喜びのエネルギーをあなたの肉を通して流していきます。

どうぞ、どうぞ、その思いをあなたの肉を通して流していきなさい。

  宇宙が語ってくる、どんどんどんどん思いが伝わってきます。


何億光年遥か彼方から心に伝わってくる思いでしょう。

私は、その思いとともに、これからの時を過ごしていきます。


心を向ける、思いが伝わってくる、そして思いを伝える、それは、私が肉を持っていても、持っていなくてもできる作業です。


私は、250年に至る時間の中で、その作業をやっていくことを感じます。

たくさんの宇宙が待っている、その宇宙に思いを向ける作業を、来世の肉を持つまで、やり続けていくのだと思います。


そして、来世の肉を纏(まと)い、私は、一時期その肉の中に沈みます。しかし、それもほんのひと時です。


まさに、一瞬の出会いにより、再び私の中は、蘇ってきます。もうそうなったら、私自身が飛び出してきます。


それからの私は、絶えず意識と意識の交信をし始めます。

相手が、肉を纏っていてもいなくても、私は自分の中から、私を流してまいります。


「宇宙はひとつでした」その思いが私でした。(A)

 

 

私達宇宙に点在する意識達が今どれほどの喜びであるか、是非お伝えしたいのです。


『 真っ黒な暗黒の世界を作り上げてきた宇宙、変わりたいという思いさえも浮かばず、

ただ苦しみの淵にあった私達宇宙に語りかけて下さった地球からの意識達に「ありがとう」の思いを精一杯伝えたい思いです。


 皆真っ黒だったのに、心を見ることで変わっていかれた意識の目覚めは、

私達に本当に温かな温もりの世界を教えてくれました。

アルバート、タイケトメキチ、今その呼び名を聞けば、もう舞い上がるほどの喜びです。


 あなた達は幸せですね。なんという世界に存在しているのでしょうか。あなた達と共に次元移行へ向けて歩んでいきます。

それは生易しい道ではないことを重々感じていますが、でも未来にその道が存在するということを知った、

それさえも私達宇宙の意識には奇跡としか言いようがない喜びなのです。


 沢山の過去世を重ね、自分を抹殺し続けてきたあなた、凄まじい闇の世界を繰り広げてきたあなた、

それだからこそ自分を変えていこうとする思いが徐々に強くなっていくのですね。


 私達も宇宙を破壊せんばかりの闇を繰り広げてきました。

それでも共に次元移行していくチャンスが訪れたことを本当に嬉しく思っています。友達と呼んでいいでしょうか。

互いに闇をさらけ出しながら、心を真剣に見つめる時を過ごしていきたい。


 私達とあなた、同じような心を使い続け、同じように地獄の世界を彷徨ったあなた、今このように語り合えることが嬉しいです。


 もっと、もっと見えてくる闇の世界を紐解いていってください。それがたまらなく嬉しいのです。
(B)

ありがとう、私達は宇宙に存在する意識です。

地球より何億光年、さらにそれ以上離れた宇宙に存在しています。

遠くにかすかに感じた光がどんどん大きさを増し、私達に語りかけてくれます。私達を包む温もり、本当に優しくて温かいです。

アルバート、今私が包まれている波動がアルバートですか、信じられない、それくらいの驚きです。


 私達は光の中心から自ら遠くに遠くに離れてきた意識集団です。とても苦しく、厳しい波動を流してきました。

この宇宙を一瞬で暗黒に染めるほどの波動を流してきました。

宇宙の分裂、破壊、星達の爆発、様々なエネルギーを撒き散らした結果、私達は自分をこんな遠くに追いやってきました。


 今、確かに感じています。
心をもっともっと近くに寄せてきてください、

そして共に歩んでいきましょう、私達には次元移行という目的があります。

一緒に心を合わせて次元移行の道を歩んでいきませんか、私達はすべての意識と共に進んでいきたいのです。

選別はしません。例外もありません、すべて自分で決心して自分で決める、自分の道は自分で切り開いていくのです。

アルバートの波動を感じてください、このアルバートの波動がすべての指針です」。

 はい、私達は待っていたのです。

いつかは自分達の撒き散らしてきたすべての闇を光に変えるその時を、それを信じて待っていました。

長い苦しい時を経て、今やっとアルバートの存在を心に感じ始めました。


 伝えて下さってありがとう、今これよりUターンしてまいります
(B)

 たくさんのUFOたちの思いを聞いています。

苦しい思いも、喜びも、すべて自分なのだと感じています。

どんどん愛しさが湧いてきます。恫喝(どうかつ)するものがあっても、怯(ひる)むことはありません。

自分の闇の凄まじさを感じてきたから何故恫喝するのか、

その苦しみ悲しみ寂しさを共に感じ、アルバートへ帰っていこうと伝えるだけです。


 異語で思いを伝えあう、今そんな時間をもてることが幸せです。


 私の心は来世へ、未来へ、そしてUFO、宇宙へと向けられ、

今を生きながら未来を生きる、それが嬉しく、楽しいです。


 意識の世界は距離も時間も関係なく、思いが瞬時に伝わる世界なのだと、

そして本来その世界に生きてきた自分を感じています。(B)

私が宇宙に見捨ててきたUFOが語ってきます。


 「あなた方を恨んでいました。何故私達を見捨てたのか、私達も地球に肉を持ちたかった、

でもそれも大きなひとつの計画の中にあったことなのだと今感じています。

地球に肉持たずとも、私達は波動で伝えあうことができる、

そして地球に肉持ったあなた方が今大きな変革期にあり、

宇宙全体にアルバートの宇宙の存在を伝えていることを感じ、私達の進む道が目の前に広がってきました。

肉をもたない意識、持っている意識、今こそ心をひとつにして進んでいく時がきている、

ただただ、アルバートありがとう、その思いが膨らみ、私達を幸せにしてくれます。


 250年後、肉もつものも、もたないものも、新たなる世界を求めて次元移行していく、それは確かな現実です。


 私達は決して宇宙の狭間に放り出された存在ではない、

アルバートの宇宙の中に生かされ続けてきた意識なのだと、今感謝でいっぱいです」。

(B)

 宇宙に存在する意識が語ってきます。

お前なんかにこの苦しみがわかってたまるものか、どれだけの辛酸をなめてきたか、地獄どころではないぞ、

自分達の出してきた思いでこんなに何故苦しまなければならないか、キブアンドテイク、報復の原理のどこが悪い、

自分達の宇宙を守るために戦っただけではないか。念という武器、これに勝るものはない、敵などこっぱみじん、

やられる前にやる。その鉄則を守っただけだ、お前達はまたこの宇宙を征服しようと企んでいるのか、

もう騙されはしない、お前など信用できるか。お前達はこの宇宙で何をしたのか、わかっているのか、

知らないとは言わせない、お前達は私達の同胞を次から次へと違う世界へ連れて行った、

二度と帰れない世界へ連れて行った、どれほど探し求めたか、だけど二度と帰っては来なかった

、私達にもの申すなら、連れて行った同胞を返してからにしてくれ。


 この世界は思いはすぐ通ずる、思ったことは瞬時に伝わる、ごまかし、嘘は通じない、

あぁ、しかし今、お前達が言っていることには嘘はない、私達に何を伝えたいのだ。

私達にどうしろというのだ。母親を思い出せだと、母親って何だ、母親、母親。あぁ、温もりか、優しい温かな温もりか、

あぁ、それならわかる、忘れていた、忘れていた。私達の心は憎しみと恨みと報復、悲しみに満ちていた、

あぁ、冷たい世界だ、ここからぬけでることが本当にできるのか、教えてくれ、その方法を伝えてくれ」

 

 はい、共に心を見ていきましょう、同じでございます。凄まじい心は同じでございます。

あなた達の同胞は生きていますよ、違う世界で共に心を見ています。

また必ず共に歩んでいく時がくるでしょう、それを楽しみにしています。(B)

 

ありがとう、ありがとう、の思いしかありません。私の中の宇宙、そして沢山の宇宙が喜びを伝えてきます。


「アルバートの存在は私達にはとてもとても遠いものでした。もし、肉を持つあなた方が存在していなかったならば、

私達はアルバートの波動を知ることなく、未だに宇宙を苦しみに喘ぎながら彷徨っていたでしょう。

あなた方が肉を持った意味はとても大きく、

それぞれが大きな欲目を担って地球に肉をもたれました


 アルバートの意識が地球に肉を持ったということを、余りにも安易に捉え、

夢うつつの中に時間を費やしていくのはとても残念です」。


 そう伝えてくれる宇宙の意識が存在します。
 

私達宇宙に、アルバートの波動を伝えていただきありがとうございます。

あなたも感じているように私達が感じているアルバートの波動はまだまだその一端です。

母親の温もりを心に広げる作業と同時にアルバートの宇宙はさらに私達のの心に大きく広がっていきます。


 どうぞ宇宙を思ってください、心を向けてください。


「宇宙の風(宇宙からのメッセージ)」に素直に心を開いてください。

あなたの宇宙が変わってまいります。


 
 私達の意識は今アメリカの地に向いています。次元を超えた宇宙の愛の司令塔から伝わる波動を受け止めています。

喜びが渦巻いています。喜びはパワーです。黒を白に変えるパワーです。


 己偉い意識が肉をもつと厄介ですね。何故素直になれないのか、歯がゆい思いをしてきました。

でも、愛の波動は心を素直にさせます。


 私達宇宙の心の様も大きな変貌を遂げています。日に日に進化していることを感じています。


 私達はアルバートに帰る意識であると、今ようやく信じきれる宇宙の意識に蘇ってきました。


 ただただ愛を伝えてくれた地球に肉持つ意識に感謝です。


 この地、アメリカがアルバートの愛に応えていきます。アメリカはこれから変わってまいります。


 どうぞ共に感じてください、地球に肉を持つもの、宇宙に存在する意識の二人三脚です。(B)

嬉しい、宇宙を思えば嬉しい。

UFOたちも歓喜の渦の中に続々と集結してきています。そしてさらなる喜びを伝えてくれます。


 アルバートの宇宙の中にひとつ、その方向へすべての宇宙が集結してきて喜びを伝えあう、いよいよその時がきました。

肉の思いにみずから埋没している意識、肉の思いを放せない意識はみずからを喜びの輪に誘っていくことはできません。

それははっきりとした宇宙の法です。

宇宙の意識達が伝えてきます。


地球からアルバートの波動がこの宇宙の隅々に流れ、私達は温かな温もりに包まれています。


 とても嬉しいです。宇宙のブラックホール、闇の深淵にどうぞさらにアルバートの波動を、あたたかな温もりを伝えてください。

私達も共に、さらに深淵に沈む宇宙の意識達に伝えていきます。

戦いも憎しみも恨みも恫喝もない、優しい宇宙が存在することを伝えていきます。


 私達が長い間待ち続けてきた宇宙、それが今実現されようとしています。ただただ喜びがあるだけです。

私達もさらに心を広げてまいります。自分が閉じこもってきた宇宙の暗部に光を当てていきます。

共に心を見ようと伝えてくださりありがとう、地球から伝わってくる波動は私達を幸せにしてくれます。


 あなたは司令塔に心を向けてくださいと言われました。始めわかりませんでした。でも今、その意味が伝わってきます。

ただただ田池留吉、アルバートとひとつになってその波動を伝えてくれる存在を感じていました。

ひときわ光り輝く意識を感じていました。


 私達に次元移行を伝え、共に歩んでいきましょうと語りかける意識を感じていました。あなたも共に歩んでいきましょう。

肉がある、ないの壁はあっても意識に壁はありません。


 私達は私達すべてに心を向けてくださるあなた達に心からありがとうと伝えたい。嬉しいです。


 未来はとても明るい、そのように感じています。(B)  

私達宇宙は、これからも、さらに地球人類に、警告を発してまいります。


あなた達は、心を見るために、肉を持ったのではないのですか。


己の欲、そのために生き続けてきたその心を、見ていってください。


私達の思いを、どうぞ、感じていってください。


 地球は、もうまもなくその役目を終える時がまいります。


私達宇宙は、地球人類に、いよいよ天変地異の思いを、しっかりと伝えていかなければなりません。

それが意識の流れだからです。


狂い続けてきた私達宇宙も、ようやく、田池留吉、アルバートのもとに、

心をひとつにして、次元移行をしていく準備を整えるに至りました。


これからは、ともに心を見てまいりましょう。


 地球人類、その意識、肉に埋もれた意識よ、どうぞ、本来ある姿に、自分達を変えていってください。


度重なる天変地異とともに、あなた方が作ってきた宗教の世界は、ことごとく崩壊してまいります。


その崩壊とともに、どうぞ、自分達が宇宙に流してきたすさまじいエネルギーを、存分に見ていってください。


私達宇宙は、ともに心を見てまいります。喜びのエネルギーを全開して、これから時を過ごしてまいりましょう。

 

 宇宙は広いです。宇宙は喜びを待っています。


 どうぞ、皆さん、宇宙を思い、瞑想を続けていってください。


 はい、肉の生活の中で、宇宙を思うことを、本当に喜びとしていってください

 肉のあなたは、いずれ消えてなくなっていくのです。しかし、あなたの世界、宇宙は、これからどんどん変わってまいります。


 苦しい宇宙達があなたに伝えてきます。天変地異を通して、あなたの中に衝撃を伝えてきます

どうぞ、それを素直に真摯に受け止めていけるあなたであってください。


 今世のチャンスを、しっかりと自分の心で活かせるあなたであってください。宇宙からのメッセージでございました。

 250年に至る時間、たくさんのUFO達がこの地球に飛来してきます


心の中を見つめていくUFO達です。肉があるかないか関係はありません。意識、エネルギーです。

真実の世界に反逆してきた意識。その意識の世界を、今、私達は宇宙とともに見つめています。

 

UFOのメッセージ。

 

「ともに歩みを進めていく私達、そう私達は仲間です。地球人類とともに、歩いてまいります。

私達UFOの思いを受けていってください。地球に私達は、様々な天変地異を起こしてまいります。

宇宙的規模の天変地異。その思いは、喜びのエネルギーです。ともに帰れることを私達は伝えていきます。


地球人類に伝えていきます。肉を本物とする意識に、私達は衝撃を与えていきます。」

 

 UFO達の思いは、遥かなる宇宙を目指しています。


母なる宇宙を目指しています。田池留吉、アルバートは、その意識達の目覚めを待っていました。


心の中に田池留吉、アルバートの宇宙を思い起こしていきなさい。


地球人類に、どんどんメッセージを送ってきます。心の中をどんどん見つめていくのです。ともに歩いてまいりましょう。

心の中に喜びを、温もりを、優しい母の思いを思い出していきなさい。

 

 私達UFOのメッセージ。


私達は、あなた方に危害を与える存在ではありません。心をともに見つめていく仲間。

私達は、田池留吉、アルバートのもとにひとつ。母なる宇宙を目指し、私達はこれからの時間、地球に飛来します。

たくさんの宇宙達の思いを受けていってください。心の中を見つめていくことは、喜びです。ともに帰ってまいりましょう。」

 


  私達には、あなた方のように肉という形はありません。


あなた方の肉というのは、そう、その地球上で生息していくのに適した機能と、私達は考えています。


その機能を以って何をなしていくか、それは、私達と全く同じだったのです。


しかし、地球人類は愚かです。その機能を、全く間違った方向に使ってしまいました。


意識の世界は、限りなく広かったのに、肉という枠に閉じ込められて、どんどんどんどん萎(しぼ)んでいきました。


それを、私達は、どんな思いで見つめていたことか。もちろん、私達も、心の中で、闘い、闘いを繰り返してきました。


そのエネルギーは、今もすさまじいです。

だからこそ、私達は、あなた方にそのエネルギーを見つめてくださいと思いを託したのです。


 三次元の中で、田池留吉、アルバートの波動と出会う計画を、私達は立ててきました。


田池留吉、アルバートが三次元に降り立つことは、私達の願いでした。


しっかりと心を見つめていくように、私達が計画してきたのです。

  意識の流れ、その中にある私達です。


 今、心を田池留吉、アルバートのほうに、しっかりと向けさせていただいています。


伝わってくる思いを、心に感じています。心を見てくださいと、伝えていただきました。


母を捨て去った心、その過ちに自分達が気付いてこそ、

田池留吉、アルバートの宇宙とひとつとなって、

次元移行をしていける、私達は、そのようにはっきりと伝えていただきました。


私達は、待ち望んできた思いでございます。しっかりと伝えていただいことが喜びです。


 私達の仲間は、数限りなく存在します。

まだまだ私達の思いが届かない宇宙がたくさんあります。


心を向けてまいります。ともに心を向けてまいります。

私達の仲間、苦しみ喘いできた仲間達に、この優しい、優しい母の温もりを伝えてまいります。


 250年という時間は、あなた方地球上の時間です。私達には、その感覚はありません。


それをようやく、心に感じてくれたことが喜びです。


いつも、どこでも、瞬時に伝える、瞬時に交わせる、
その世界を私達は待っていました。


心からありがとう。私達もともに歩みを進めてまいります。


喜びの波動を送り続けます。どうぞ、ともに喜びの波動の中で、喜び合うことを喜
んでまいりましょう。

 

 

 語ることすらできないほどの苦しさの中にある宇宙もあります。


本当に暗闇の、そのまた暗闇に沈んでいっている宇宙もあります。


色々な思いを感じるんです。ああでも、ほんの少しでもいいから、この思いを伝えていこうと思います。


どうぞ、心を語ってみてください。思いを語ってみてください。

 

 「私達は、闘いに疲れ果てました。もう本当に疲れ果てて、今もなお、じっと、暗闇の底に沈んでいる宇宙でございます。


私達は、もう、何も語りたくもない。語ることすら忘れてしまったような中にいます。

闘い抜いて、私達の心に広がっていったものは、何だったのか、そんな空しさが心に広がるばかりでした。


語ってください、どうぞ、少しでもいいから語ってくださいと、伝わってきます。

この心の中を、少し語ることで、今、少し、軽くなりました。


こんな私達のような宇宙が、まだまだたくさん、たくさんあるんです。


そうなんですか。語っていけば、また私達の心にも、何か伝わってくるのでしょうか。」

 

 そのように、今のあなた達のような状態にしてしまったのは、私かもしれません。宇宙で闘い抜いてきた私です。

息の根を止めるほどの勢いで、宇宙の中に、すさまじいエネルギーを流し続けてきた結果、

語ることすらできないほど苦しみの中に追いやってしまった宇宙が、あなた達だったのかもしれません。


今、私は、心から、そんなあなた達に伝えたいです。


 私達は、もう闘いを止めていくのです。心をひとつにして、ともに帰ってまいりましょう。

 

ズタズタになってしまったあなた達の心の中に、今、私は、確かなる思いを伝えます。


田池留吉、アルバート、母の温もりに心を向けていきましょう。


あなた達が、もとあった明るさを蘇(よみがえ)らせることが、私の喜びです。

 宇宙に心を向ければ、向けるほど、暗黒の宇宙に追いやってしまった自分のエネルギーを感じます。


しかし、私は、どんなに暗黒の中を、さ迷い続けている宇宙であろうとも、私は、必ず、ともに帰ってまいります。

私の愛し子だからです。私とともに帰って欲しい、心からそう思います。


確かな波動の世界、しっかりと伝えてまいります。

 

「私はあなた、あなたは私、私達はひとつ

そうやって、あなたから思いを伝えていただきました。


ひとつ、私達はひとつを嫌ってきました。我一番、我が一番の宇宙を目指してきた私達にとって、ひとつだと伝えてくれました。


その思いが、とても優しいです。ひとつがこんなに優しい思いだったなんて。ひとつがこんなに温もりのエネルギーだったなんて。


私達は、なかなか信じることができませんでした。だから私達は、苦しんできたんですね。いつも、いつも、闘ってきたのですね。

ひとつだと伝えてくれた波動、ひとつだと伝えてくれた思い、ひとつだと言ってくれたこと、私達は、それを信じてまいります。」

 

心を解き放していくために、これからの時間を要します。

天変地異とともに、地球人類が進んでいく道は、心の解放です。


私達宇宙が、その一翼を担います。もちろん、これから、私達宇宙からのエネルギーが、どんどんどんどん噴出していきます。


ともに、歩みを進めていこう、そんなメッセージを私達は、今、肉を持つ意識達に呼びかけています。


大いなる計画です。本当に、喜び、喜びのエネルギーが地球に降り注ぎ、

宇宙とともに歩みを進めてくれる意識達に、これからの時をかけて目覚めを起こしていくのです。


私は、このようにして、今、肉を通しお伝えできることが、ただただ嬉しいです。


 宇宙には、真実の波動だけが存在します。

真実の波動、喜びのエネルギーが仕事をしていく様を心に感じ、その喜びのエネルギーが、私に返ってきます。

そして、その喜びは、私の中で、増殖していき、さらに、私の中から、喜びのエネルギーを大きくして宇宙に流していく、

そんな喜びの循環に、この宇宙が満たされていく、それが私の喜びでした。


 私達宇宙の喜びは、本当にひとつになって、大きく広く、どこまでも広がっていく、

私は、その世界にあることを感じます。

「すべての意識とともに次元移行を!」というのは、この三次元に限ったことではありません。

すべての意識が三次元にやってきたわけではないからです。


つまり、地球上に一度も肉を持たずに存在している意識が宇宙に無数にあります。

その意識達は、私達のように、自らを修正する手立てはありません。

それでは、その意識達が、自分の本来の姿に気付いていくためには、どのような方法があるのでしょうか。


 それらの意識達が自らに目覚めていくには、

宇宙の隅々にまで轟き渡るような広大で力強い喜びのエネルギーを必要とします。


 真実の世界からまずこの三次元に、その力強い喜びのエネルギーが発信されました。

そして、それを受信して、自らを目覚めさせた 意識の存在があります。

ブラックのエネルギーが 自らの中にある光に気付き、 

そして、自らエネルギーの質を変えていくことに成功したのが今世でした。

 


 これまでのセミナーの中で、田池留吉から、「私は宇宙に向けてセミナーを開いています」という

メッセージが幾度となく発信されたことを、私は、今、自分の中でもその通りだと理解しています。


 宇宙に向ける瞑想の中で、喜びを発信していけることを確認しています。

今、肉を持っている間はもちろんのこと、私は、肉を離した後、250年後に肉を持つまでの間、

その意識達に喜びのエネルギーを発信していくことになるでしょう。


 自らに目覚めるために、今世、私は田池留吉、アルバートの意識と同時期に肉を持ちました。

その意識が肉を持つと同じ時期に肉を持ちました。そして私は自分の意識の変革の道筋を立ててきました。

その計画が遂行されていく中で、私の意識の世界は大きく変わりました。


 私の意識の世界から流れるエネルギーが、これからも田池留吉、アルバートとともに、

この地球上に一度も肉を持たない意識、その世界に波動として伝えていきます。

意識の流れを伝えていきます。意識の流れをストレートに伝えていくんです。


 三次元を通過してきた意識達は、この三次元的な思い、

つまり肉を本物とする思いを自分の中で転回することなくしては、

次元移行は叶いません。

一方、一度も肉というものを持たずにきた意識達は、

力強い喜びのエネルギーをストレートに受けて、250年後の次元移行へ向けて、大きな手助けをしてくれるでしょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

********************************************************

アルバート(田池 留吉)とは ←クリック

********************************************************

Belief in yourself, in your own power.

今、学ばなくて、いつ学べるのでしょうか

ホームページを通して、呼びかけています。

決め手となるキーワードは

意識の転回 ・ 自己確立 ・ 次元移行

自己確立とは、正しい方向を定めて瞑想を重ねることにより、心の中で本物の自分・意識の自分を確認し、

自分の心の中に、何ものにもゆるがない中心棒が確立します。したがって、瞑想をすればするほど、喜びが大きくなるのです。

それが、自己確立です。自己確立が出来て、さらに瞑想を重ねていく。これが今世の学びの仕上げとなります。

中心棒の確立、いわゆる自己確立

自分の人生を懸けて、来世300年後の次元移行を目指し、

今世、意識の転回、自己確立に努めるという強い決意と実践が決め手です。

********************************************************

「自分を救うのは 自分自身です。」

あなたを救えるのは アナタしかいない!!

自分を救いゆくのは、限りない優しさです。他には何も要らないんです。

全てを受け入れる あなたの温かい心だけでいいのです。

********************************************************

自己選択と自己責任、意識の世界、真実の世界

自業自得:あなたが苦しいのは、あなたの思い・心の中に全ての原因がある。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

なぜ 生まれてきたのか、 なぜ今、肉体を持っているのか、

そして、あなたの転生は…、これからのあなたは…

 

あなたは私、ワタシはアナタ。すべてはひとつの存在。意識。

 

私達が、日本の国に肉を持った意味は、そう、皆さんにこのことを伝えることにありました。

 真実の宇宙を目指して、私は、この地球にやってきました。

真実を求めてやってきました。

 伝えていきたい、その思いが広がっていきます

真実の世界を、もっとみんなに知っていただきたい。

真実とはどういうことかを、みんなにもっと知っていただきたい。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

何が正しくて、何が間違っているのか!

『真実』を知らずして 世の中・人間を語るほど、空しく 哀しく 無意味なことはありません。

********************************************************

■ 私の思いは、 あなたに  ぜひ  本当のことを  知ってもらいたい、

真実に 出会っていただきたい という事だけなのです。

なぜなら、「あなたは、私。 ワタシは、アナタ」なのですから・・・

■ 真実は、あなたの心でしか 分からない。そして、あなたの心で必ず分かる。

********************************************************

「頭・知識でわかるのは5%くらい。残りの95%は、心でしか分からないのです。」

■不自由な地球を飛び出し、宇宙の果てから 心の目で 地球を見てみませんか?■

■ 真実は、あなたの心でしか 分からない。そして、あなたの心で必ず分かる。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 頭脳を誇ってきた地球人類こそ、一番愚かな生物です。

そんな愚かな自分達に、どこで、いつ気付いていけるか、これからの時を要します。


大きな天変地異とともに、自分達の愚かさに気付いていくのです。


頭脳を誇ってきた地球人類、そして、ブラックパワーに心を寄せてきた地球人類、

すべてが崩壊していく時を体験していくのです。


これから、本当に大変な時間を経てきます。宇宙が変わっていくということは、そういうことです。

********************************************************

 

 

母なる宇宙への思い、母なる宇宙からの思い、心で感じてくれば、

UFOとはいかなるものだったのか心で分かってきます。


浮ついた興味本位で、あるいは、己を表す道具として、UFOに思いを向けてきたことの愚かさを、

身を以って味わってください。


また、UFOを拒否する思いもどうぞ見ていってください。


 私達は、母なる宇宙へ帰る意識です。


宇宙にさ迷うUFOは、私達そのものです。


私達人類と決して別物ではありません。


人類とUFOどう違うのか、何も違うところはないのです。


ただ、私達は地球に生息できる機能を持っているということ、

私達もUFOも、真実から遠く離れてしまったことに違いはありません。


 母なる宇宙に帰ってきなさい、この呼びかけを、私は、いち早くキャッチさせていただきました。

そして、今その準備を着々と進めています。


その一方で肉を持ち、肉の生活を営んでいます。

しかし、私にとってそれは、大いなる計画の中の、ひとつの通過点にしか過ぎません。


母なる宇宙とともに、UFOとともに、次元を超えていく計画の中の通過点なのです。

 

心に培ってきた他力のエネルギーを中途半端にして、UFOなどに安易に心を向けていけば、大変危険です。

まず、母の温もりをきちんと、自分の中に確立させること、その基本が非常に大切です。


 

あなたの心の中に

真実が・ 全てが・ 宇宙が ・ 意識の流れ

厳然と 存在しているのです。

 

そして、私達を取り巻く森羅万象・宇宙と、

住む場所も肌の色・言葉・文化・姿形の違う人類の全てが、

たった一つの喜びの意識なのです。全ては一つの存在なのです。

 

区別・差別・格差・すべてが違って見えているこの世界、

その本質は、みんな一緒・何の分け隔ても無い 自由自在の意識の世界。

 

心の中で待ち続けている、「本当のあなた自身」の存在に気付いて下さい。

あなたは、始めから 素晴らしく偉大な存在であり、

初めから「幸せな存在」・喜びしかない意識なんです。

 

あなたは そのことに気付き あなたの心で 感じるだけで いいのです。

 

あなたの心の中から 出てくる思いを 見つめて下さい

久遠なる意識の流れの中で、

あなたが 間違い続けてきた 無数の過去世達の 心の叫びが

聞こえてくるはずです。

日々心に感じながら生活しているのです。

そして、それが現象化します。様々な出来事となってあなたにふりかかります。

それが今世あなたが気付きの為に選んだ人生です。

誰のせいでもありません、全てあなた自身が悪い・あなたが原因なのです。

 

心から出てくる思いを、

拒否することなく、責め裁くことなく、憂うことなく

自分自身の事として 全て認め・受け入れ・優しく許していくのです。

 

あなたのやるべき仕事は、ここまでです。

肉をまとった不自由なあなたには、ここまでしか出来ません。

その後は、本物のあなた自身に全てを 委(ゆだ)ねるのです。

全知全能・自由自在な真のあなたが、全てをやるのです。

 

 

あなたは、自分の心に ウソがつけますか?

 

 

" All people are born truthful

and die liars."

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたは今、「意識の流れ」を感じていますか?

全ての意識は その流れの中にあります。

私達は今、最高に幸せです。

現在の私達にとって、生も死も ただ ありがとう、幸せ、喜びです。

人生は 苦ではなく、喜びだということです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

あてどもない暗黒の世界、どこを向いても真っ暗、いったい私はどこに行くのだろう。

そのように感じている私が宇宙に漂っています。

一体何があったのだろう、多くの星の爆発によって宇宙の空間に投げ出された私。

宇宙のあちこちで起きた天変地異によって多くの意識達が彷徨っている


 私達が出したエネルギーは凄まじい、星と星がぶつかりあって脱出を図り、その中で新しい肉を持てる天体を探した。

我先に、私こそはと先を争って爆発した星を飛び出した。

運よく地球にたどり着いた意識、途中でエネルギーの渦に巻き込まれ、未だ彷徨い続ける意識。


 不安と恐怖の叫びが聞こえてくる。その中に宇宙時代の私の過去世達が存在している。


 決して置き去りにはしないから、見捨てたりはしないから、今伝えられるのはその思いだけです。


 共にアルバートの元へ結集して、4次元へ移行しよう。

あなた達も一緒でなければ、4次元へは移行できない、それが私の思いです。(B)

 

宇宙そして、宇宙の友「UFO」 と 喜びの次元移行

 

「UFO」の存在すら否定しているのに、宇宙人が「人間の友」だと〜。

と言われるあなた、詳細は人間はどこから来て何処へ行くのか のページを読んでいただくとして、

このページでは、現在この地球上に宇宙人・UFOからのメッセージとして

形あるものに残されている事象を、お伝えしてみます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「意識の流れ」とは、次元移行を指しています。

私たち人類は、喜びだけの意識の世界から、闇の思いが生まれ、その闇を光に変えるために

1次元にて 初めて肉体服をまとい、2次元の星、3次元地球へと時空を超えて移行してきました。

そして、いよいよ、300年後、4次元へと時空を超え、次元移行をしてまいります。

さらに、次元移行は続き・・・・私達の本当の心の故郷・意識の世界へと帰って行く旅路です。

 

人間はどこから来て何処へ行くのか<意識の流れ>真実の故郷を求めて!←クリック

 

■ 人間にも善人と悪人がいるように、UFO・宇宙人にもプラスとマイナスが存在しています。

その判別の仕方は、UFO・宇宙人から流れてくる波動を心で感じるしかありませんが、

地球人の誰もが、UFO/宇宙人の存在を信じていない現段階・現時点では、

簡単な目安は、姿を現す物はマイナス、眼に見えないものはプラスとなるようです。

 

(UFOとの交信でのある例)

 

UFOを思えば申し訳ないという思いが湧いてくる、

何故なのか、自分自身に問いかけてみました。

宇宙の空間に置き去りにした、見捨ててきた、そんな後悔の思いがあります。

かつて仲間だったUFO、私達は地球に肉を持ちあなた方は持たなかった、

持ちたい思いはあっても持てなかった、そんな思いを感じるのです。

中には肉を持って地球で心を見たかったと語るUFOもいます。


 でも地球に肉を持つ私達と共に学び、アルバートの波動を伝えてもらった、

だからこそ共にアルバートの宇宙へ帰りたいと切に願う思いを感じます。


 宇宙の闇と化したブラックのUFOが存在しているのも感じます。

未だに我こそ一番、この宇宙を支配する、そのためには手段を選ばず、

地球人に働きかけてブラックのエネルギーを吹き込んでいます。


 いたずらに宇宙のパワーに興味を持ち、そのパワーを利用しようと交信を試みる意識に働きかけ、

狂わせ、闇の空間に引き寄せる、自ら招き寄せ、犠牲になった人は数多く存在します。


 すべては他力の心が原因です。何と他力の心が強かったのか、他人事ではありません。(B)

 

 

 

私達の思いを聞いてください。本当に嬉しいです。

いよいよ私達と、心と心が通じ合うその時が来た、私達はこの時を待っておりました。

UFOでございます。


 私達の仲間には、自らの存在を見失い、心を暗闇の中に閉じ込め、さまよっている仲間達がたくさん存在しております。

しかしそのUFO達も、やがて時を得て本当の自分の姿に蘇っていくことを信じて待っております。


 私達はUFOと呼ばれておりますが、決して姿形があるわけではありません。

私達は意識としてこの宇宙に存在し、宇宙を飛び交っております。

母なる宇宙の思いを心に受けて、誕生したその時の思いのままに、今も宇宙に存在しております。


 その私達の思いを伝えたい、母なる宇宙の思いを伝えたい、私達はそう思って、今このメッセージを伝えております。

皆さんの心の中に、遥か遠く母なる宇宙より、喜びの意識として、

温もりのエネルギーとして誕生したことを、思い出していただきたいのです。

あの時のあの喜び、あの勢い、あの感動、どこへ見失ってきたのでしょうか。


 喜び喜びで誕生した時の思いを、どうぞあなたの心に思い出してください。蘇らせてください。

喜びの爆発、その言葉にふさわしい、その言葉通りの思いを持って、私達は誕生いたしました。

この熱い思いを皆様方にお届けしたい。そんな思いで一杯です。

 

 


 250年後は、現在の地球とは、かなり様相が変わっております。

地形的にもそうですが、度重なる天変地異、気候変動、様々な出来事を経て、

私達人類の心も、今よりかなり敏感になってきております。

自分の中へ思いを向けていない人達は、それこそもう自分の暗闇の中で悲鳴を上げる、そんな状況でございます。


 しかしその経験を踏まえて、そのような苦しみの中から、自分の中へ真実を見い出そうとする多くの人達も出現してまいります。

そしてやがてアルバートに思いが繋がり、心と心の通信が、交信が始まります。

と同時に、UFOとの交流も、頻繁に交わされるようになってまいります。

私達がまだ把握していない心の領域を、UFO達がどんどん明らかにしてくれます。

そしてともに次元移行へと進んでまいります。


 UFO達の思い、本当に嬉しいです。UFOと私達は、決して別々に存在している訳ではありません。

私はあなた、あなたは私、ひとつの世界の中で、心と心が繋がっております。

今の自分に囚われて、頭でいくら解明しようとしても分からない世界が、そこには繰り広げられております。


 どうぞ自分の心にしっかりと思いを向け、自分の中に真実を求めてください。

あなたの外には真実はございません。私はそう断言いたします。

私も共に心を見つめ、アルバートの世界へ思いを向け、喜びとともに自己供養を続ける日々でございます。(C)

 

 

■ 宇宙に向けてきた思い、宇宙に向けてパワーを求めてきた思いで、あなたは、何度も、何度も、狂ってきたはずです。

今、あなたに、このようにお伝えしても、あなたには、まだ、しっくりこないと思います。

ああそうだと思えないと思います。それだけ、あなたの中は、他力のエネルギーでがんじがらめなのです。


しっかりと、母に向けてきた思い、他力の神々に向けてきた思い、

パワーを求めてきた思い、その思いを、自分の中で見ていってください。

興味本位や軽い気持ちで、学びをしないでください。

学びをしていこうと思うならば、真剣に取り組んでいってください。中途半端では、自分を苦しめるだけです。

 

つづく(作成中)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

宇宙において肉体を持つ意識:

 

ひどい苦痛、、、ものすごい苦しみ、戦争、、、あなた方が地球では見たこともないような戦争が起こっています。

想像を絶する規模の戦争です。宇宙で戦うそのエネルギー、真っ黒なエネルギー、それは信じられないほど強力です。

それらの戦争、、、宇宙において肉体を持つ意識達、、、たくさん存在しています。

宇宙には、形を持った生物がたくさん存在します、

あなた方のような姿ではありませんが、多くは形を持っています。

 

数え切れないほどの戦争、戦争、、、暗闇と苦しみが続いています、、、戦って、戦って、、、殺してはまた殺し。

ものすごい大量破壊、表現できない程の大規模破壊、あなた方には分かりません。

地球上の人々には想像できません。ここで起きている戦い、戦争は、すべてあなた方には理解不可能なものです。

ものすごい戦い、戦争がここでは起きています。

 

とてつもない憎しみをかかえ苦しんでいる意識達が大勢います。憎しみと嫌悪が渦巻いています。

憎んで、憎んで、憎む方向に、膨大なエネルギーが使われています。

大きな暗闇、度重なる戦争、、、戦争、、、暗闇、、、戦争。ここはもう真っ黒なエネルギーで覆われています。すべてが戦争です。

生まれたその時から、死ぬ日まで。すべてが戦争に費やされます。

戦争や苦しみ以外の人生なんてあるのでしょうか?戦争、戦い、苦しみばかりです。

 

私達には形があります、でもあなたたちとは違っています。

私達の能力や技術力は地球の人間を遥かに越えています。

私達の戦争兵器は、レーザーとかあなた方の認識できるようなものを超えた物体です。

私達はあなた方よりずっと強く、もっとすごい力を持っています。

心はあなた方よりもっと多くを理解できます。肉体からはエネルギー、光、レーザーが出ます。

 

数え切れないほどの戦争、戦い、、、あなた方には理解不可能なものです。

私達は宇宙から、この戦いのエネルギーを地球にもたらしました。

地球上の意識の多くは以前宇宙にも住んでいました。

その者たちが地球に持っていったものといえば、ただただ戦いと憎しみのエネルギーだけでした。

彼らはまだ地球でそういった存在を続けています。でもそうやって生きるんじゃないんですよね?

私達は本当に利己的に、自分中心に生きています。

生まれた瞬間から、死ぬ瞬間まで、私達が知っているのはただ戦争と憎しみだけです。

 

田池留吉からのメッセージ:

 

田池留吉です。アルバートです。三次元より今あなたに語っています。

宇宙に存在しているのはあなた方だけではありません。

宇宙の中のここ地球には私達が存在しています、そして、私達の存在の本当の意味を見出だしています。

この温もりと安らぎの波動、、、私達の本質は温もり、喜び、幸せの波動です。

争いは、あなたの心の中だけに存在するものです。

もしあなたが、自分が何者かを心底知ったなら、もう心に戦いの思いを感じなくなります。

戦争をする必要性も感じなくなります。戦争に行こうとも思わなくなり、人々を憎んだりすることもなくなるのです。

 

私達はみんな意識だから、みんな繋がっています。みんなひとつです。

自分たちを他のものと差別したり憎んだりする必要はありません。

覚えていませんか?あなた方も私も、私達はみんなひとつです。

宇宙に、ここ地球上に、様々な異次元に、銀河系に、全世界の隅々に存在するすべてのもの、

それらみんなに唯一共通していること、それは、私達は皆温もりの波動だということです。

私達は意識です。私達はひとつです。私達は皆、自分達の存在の真の意味を、懸命に探し求めています。

心の中に存在する温もりを感じようと必死です。

 

私達は心の中の意識である、はじめからみんなずっとそうだった、私達はそのことを本当に分かりたいと死に物狂いです。

私は三次元からあなたに語っています。でもあなたがこうして私と交信できるのも、私達は皆ひとつの意識だからです。

意識は皆ひとつです。私はあなたの中に存在し、あなたは私の中に存在します。

私達が三次元から送っているこの喜びの波動を感じますか?

 

四次元での私達の使命、目的は、この宇宙を変えていく手助けをすることです。

私達が本当に意識であるということ、それを宇宙にわかってもらうために私達はここにいます。

心の中に真実を見つけ、真実を思い出し、、、真実を広げながら、

意識をひとつ、またひとつと変えつつ、私達はこの地球上で懸命に学んでいます。

本当のあなたは、この温もり、愛、エネルギーの塊であり、

その温もりは事実あなたの心からきているものだということを思い出して欲しいのです。

あなたの心の中から放たれているのです。

私達は本当にひとつであり、心の中心部は同一なのです。

私達は皆意識であり、光と温もりです。その波動です。感じられますか?感られますか?感じられるでしょうか?

 

私と交信して欲しいのです。あなたの心を開いて欲しいのです。あなたが宇宙で苦しんでいるのは分かっています。

何億年もの間、全人生を通して見てきたものはただ戦争ばかりだったということも知っています、でももう今こそ変わる時です。

私達は、心の中の自分の存在、その真の意味を見出さねばなりません。戦うこと憎むことをやめなければなりません。

自分の本当の心を見つけなければなりません。

 

私がただあなたにお願いしたいのは、

自分の心を見つめ、あなたが温もりの波動であるということを感じてもらいたいということです。

その波動、意識はすべてを包みこみます。そうです、あなたの心にある戦い憎む思いもみんな包み込んでくれるのです。

すべてを包みこむことができるから、そのような感情もすべて溶けてなくなってしまうのです。

そうなればあなたも、あとに残るものはただ意識のみだと分かるでしょう。

意識は、温もり、愛、幸せ、安らぎ、喜びの波動であり、宇宙に永遠に無限に広がっています。

私はあなたにその広がる喜びをほんの少しでも心に感じて欲しいと、

ただそれだけをお願いしているのです。何もむずかしくはありません。

心を大きく広げて、、、感じてください、、、その波動をあなたも感じているはずです。そらさないでください。

私から心をそらさないでください。今あなたが、一体これはなんだろうと思っているのも、

宇宙を通ってあなたと交信しているのは何者だろうと思っているのも、私にはわかっています。

私達は本当にひとつで、すべての意識は繋がっているのです。

 

宇宙において肉体を持っている意識:

本当に私達は意識なんですか?本当に意識ですか?何か温かいもの、何か今までと違ったものを感じます。

私は、もう戦うことにも、もがくことにも疲れました。もう戦ったりもがき苦しんだりしたくありません。

本当に疲れ果てました。どこかで横になりたいです。この身体を休めたい、ゆったりと、疲れきった魂を休めたいです。

もう戦うことに疲れました。戦いに疲れました。

真実というようなものを思い出したいです。

 

田池留吉からのメッセージ:

 

田池留吉です。私達はみんな真実を思い出そうとしています。

私達の存在の真の意味を思い出そうとしています。むずかしいことではありません。

時空を越えてどこまでも広がりゆくあなたの心の中のその温もりを、ただ思い出せばいいだけです。

温もりは、あなた自身の心の中から、そのあなたに届くようにと広がっています。

その温もりに抱かれながら、自分を崩し、溶かしていってください。

もうそんなに身構えなくてもいいんですよ。

憎み、戦い、もがいてきたその思いも、みんなその温もりの中に包み込んであげてください。

温もりにゆだねていってください

 

 

肉体を持たず宇宙に存在する意識

 

はい、私達はここ宇宙にいます。この宇宙で真実を探している意識達です。

宇宙は本当に長い間暗闇でした。私達は真実を探し続けてきたけれど、何を探したらいいのかが分かりませんでした。

本当に暗くて、寂しく悲しかったのです。

私達とこうやって交信できる人がいてくれてとても嬉しいです。

私達は本当に悲しくて寂しくて、ここではひどい状態で存在してきました。

私達はずっと真実のようなものを探し続けてきましたが、やっと小さな光が見えてきました。

大きな輝きの一端が見えます、そして温もりが伝わってきます。

私達は真実を知らず、どこへ行けばいいのかも分からず、長い長い間ここに存在してきました。

 

少しづつ、何かを感じています、、、何か温かいものを感じます。

宇宙はどこまでも広がっている、なのに私達のいるここは本当に真っ暗闇です。行き場のない状態です。

もう痛いほど寂しくて、長い間宇宙のこの場所で苦しみ続けてきました。

泣き叫んできました、、、真実が分からなかったから、泣き叫んできました。心の中で苦しみぬいてきました。

 

私達は、ずっと寂しくて、本当に痛いほど寂しくて悲しかった。

こうやってここで孤立して、誰も私達のことを聞いてもくれない、感じてもくれないと思っていました。

本当にたくさんの痛みをかかえてきました。誰にも聞いてもらえない、交信してもらえないと思っていました。

あなたはどなたですか?一体どなたなのでしょうか。

 

田池留吉からのメッセージ

 

田池留吉、アルバートです。私達は三次元からあなたに温もりを送っています。

今こそあなたが変わっていく時です。その温もりに心を向けてください。温もりを感じますか?

その温もり、温もりの波動、エネルギーの力強さを感じますか?それがあなたの本当の存在なのです。

どうかあなたの心を私に向けてください。それが私達皆の本当の姿です。

あなた達は、自分が何者かということを忘れてしまっていただけなのです。

 

真実は何も難しいものではありません。もうこれ以上苦しまなくていいのです。

もうこれ以上真っ暗な穴の中にいる必要はないのです。もう、悲しんだり、寂しがったり、怖がったりすることもないのです。

あなたの存在の中に真実があります。

あなたはただ、自分の心の中に温もりを見つけていけばいいだけです。

それが私達みんなの姿です。

それが、私達が三次元のここ地球で学んでいることです。

それが私の学んでいることなのです。

 

私達は、無限大に広がり続ける、この温もりの波動です。

あなたが感じる果てしなく広がる宇宙、どこまでも伝わっていくその温もり、それが私達の姿です。

それが私達なのです。私は田池留吉、アルバート、三次元からあなたに語りかけています。

私はここにいます。私達はみんな意識です。

 

たくさんの人々が今この地球で意識のことを学んでいます、そして愛と喜びの波動を宇宙に広げています。

その人々があなた達に、もうそれ以上苦しまなくていいんですよ、

あなたは温もりそのもの、永遠に存在する意識ですよと教えてくれるのです。

意識は無限大に広がっています。全世界に広がるこの喜びの波動が感じられませんか?

 

私達はひとつだから、こうやって波動を通して、エネルギーの力を使って交信できるのです。

どうかアルバートに心を向けてください。

私達は共に四次元に進み、心を愛と喜びに変えていくのです。

それが私達の使命、目的です。

私は田池留吉、アルバートです、三次元からあなたに語りかけています。

 

 

肉体を持たず宇宙に存在する意識

 

本当に静かで、安らいでいます。この感覚は何なんでしょうか?全く重さがない感覚です。

心の中が重くなくて、本当に軽いのです。もう今までのように、真っ暗な重みで心が引きずりおろされるような感じがしません。

ああ何か広がっているのを感じます、、、とても温かく輝いています。何かとても温かく輝やいているものを感じます。

アルバートですか?田池留吉、私は心が軽く明るくなった気がします。幸せと喜びを感じます。

これがアルバートなんですか?幸せと喜び?今までこんなものを感じたことがありませんでした。

私達と交信してくださってありがとうございます。心が明るい感じです。心が軽く感じます。ありがとうございます。

 

スティーブン・ホーキングの意識:

はい、スティーブンホーキングです。

私は一生涯をかけて宇宙の本当の意味を探し求めてきました。

一生涯宇宙に答えを探し続けてきました。

宇宙を通して自身の存在の答えを見出そうとする、それを軸に私の全人生が築かれてきました。

懸命に真実を求めてきました。ここ宇宙のどこかに真実が存在するのが分かるのです。

 

私はスティーブンホーキング、宇宙に答えを探し求め、人生のすべてを費やしてきました。

私が物理学の分野で研究学者となったのもそのためです。非常に興味があったからです。

宇宙から何かを感じます。きっとこの肉体を越えた存在が何かあります。

このような身体になってしまった今だからこそ、

肉体を越える何かがあるということを、もっとよけいに実感するようになったのだと思います。

この私の存在というものはこの肉体だけではない、もっと何かがあります。

 

宇宙を見上げ、心を向けるたびに、何かを感じるんです。何か非常に異質なものを感じます。

この宇宙に存在しているのは私達だけではない、

他にも宇宙に存在する生物達がいるのが分かるから、その答えを見つけようとしています。

答えを見つけようと、私は一生涯をかけてそれを探し続けてきました。心の中に答えを探し続けてきました。

 

宇宙に答えを見つけるためにこの自分を使ってきました。宇宙に答えがあるのは分かっているんです。

宇宙に私達の存在への答えがあることも分かっています。私達の存在、その未来は宇宙にある、それも理解しています。

心の中では分かっています。その心の中で感じていることを理解しようと、私はこの肉の頭脳を駆使しています。

でも答えは見つかりません。何が答えなのか分かりません。

 

田池留吉からのメッセージ:

 

スティーブンホーキング、私は田池留吉です。どうか私に心を向けてください。そのとおりです。

この肉体を越えた存在があるのです。宇宙全体にたくさんの存在があります。

あるものは肉体を持ち、あるものは肉体を持たず、意識は宇宙のあらゆるところにあります。

時間空間そのすべての中に存在します。そうです。確かにあなたは何かを感じています。

しかし、私達は皆ひとつに繋がっている、私達は皆意識、

そして自分達の存在の真の意味を探しているということをお分かりでしょうか。

 

私達の本当の姿はこの温もりです。私達はみんな愛と温もりの波動そのものなのです。

私達はエネルギーです。あなたも意識を通して宇宙に行くことができるのです、それが分かりますか?

なぜなら私達はみんな繋がっているからです。宇宙は私達と繋がっています。

スティーブンホーキング、それが分かりますか?

 

あなたの心を田池留吉に向けて欲しいのです。共に四次元に進んでいけるように、私に心を向けて欲しいのです。

250年後のニューヨーク市で、私達はみんな真実を知っていくことになるのです。

スティーブンホーキング、私達は皆250年後アフリカ系アメリカ人達を通して真実に気付いていくのです。

あなたもその時ニューヨーク市に生まれてきます。あなたもその時生まれてきます。

 

あなたが抱える疑問の多くは、その時肉を持って答えが得られることになります。

しかし今から準備を始めなければなりません。

あなたの心を田池留吉、アルバート、250年後のニューヨーク市に心を向けてください。

私達はみんな出会っていきます。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの意識 と あなたを支配している意識の存在(宇宙の闇のパワー)

 

■ 私は、****です。私の中に宇宙が広がっている、宇宙が広がっている、宇宙が広がっている。

このように私は、みんなに、みんなに伝えたいんです。

私の中の宇宙、みんなに、みんなに伝えたい、そのように思っています。

ああでも、この宇宙は、ブラックです。


 ブラックの宇宙を感じています。まだ私の中では、ブラックです。

己を表す思いが、とても強いです。この思い、とても強い。


 ****という名前よりも、私の存在そのものをもっと表していきたい、そのような思いでいます。


 

 ****さん、バシャール、あなたが心に留めているバシャールの世界を、そうあなたの心で感じていってください。
 
 
 戦いの世界です。戦いの世界です。苦しい世界です。苦しい世界です。私の中には、苦しさしかない。

温もりがない。安らぎがない。これだけ苦しいって、あなたに伝えているんです。

なのに、私を、あなたは受け入れてくれない。それが苦しいです。私は苦しいです。

私は、苦しい、苦しいって、あなたに訴えているのに、あなたは、その私のエネルギーを利用している。

私のエネルギーを膨らませているに過ぎない。それでは、私は、とても苦しい。


 私は、本当のことが知りたい。私も本当の姿を知りたい。私に伝えてください。

安らぎを伝えてください。温もりを伝えてください。
 
 
 ****さん、どうでしょうか。あなたの心で感じられましたでしょうか。

どうぞ、その思いを、自分の中で受け止めてください。

その思いを、膨らますのではなくて、思いを受け止める。

それには、あなたが、お母さんの温もりを、心の中に、もっともっと大きくする、そういうことが必要だと思います。

お母さんに産んでいただいた、あなたの小さかった頃を思い出してみてください。

 

■ 心の中の私達に、どうぞ、あなたの思いを向けてください。

心に感じた思いを、私達に伝えてください。


私達は、UFO。

あなたの心から、私達を受け入れてくれる思いが流れるのを待っています。

UFOの存在を恐怖しないでください。私達は、あなたに受け入れてもらえるのを待っています。


どうぞ、母の反省をして、母の意識に思いを向け、その思いで、私達UFOを受け入れてください。

 

 

■ Aさん、あなたは、宇宙のパワーに心を向けておられると聞きました。

どうなんでしょうか。今のあなたの思いを語ってみてください。

 

 私は、確かにそう、宇宙からのパワーを心に感じていると思います。

何か、私の中に囁く声があるのです。思いがあるのです。

私は、その思いに従って、これまでもずっと生きてまいりました。周りを支配してきました。

私の中に、このことを話せ、このことを語れ、こういうことについて語れ、そういう風な思いを、私は、自分の中に聞いてきました。


その通りに、私は、この口を通して語ってまいりました。


みんな、私に心を向けてくるのです。みんな、私に訊ねてくるのです。

私は、私の思いを語っていきました。私の言うことに従っていれば、間違いはない。そうでしょう。

みんな、みんなうまくいっているではないですか。金と権力、その地位は安泰です。

これからも、あなたは安泰です。私の言う通りに動きなさい。


私のこの口を通して語ることに間違いはございません。

なぜならば、私に語る思い、その世界はすごい世界、そうその世界は、とても、とてもすごい世界だからです。


強力なパワーを、私は心に秘めて生まれてきました。そのように心が語ってくるのです。

私は過去においても、そういうことをやってまいりました。


心の中に伝わる思いを、この口を通して語ってまいりました。今は、宇宙のパワーです。

表向きには、宇宙のパワーとは言っておりません。


しかし、私の中にある宇宙のパワー、その秘めたるパワーの思い、その大きさはすごいです。

 
 
 Aさんに語る意識、宇宙のパワーですか。そのほうに思いを向けてみます。

 

 田池留吉の思いを、あなたに語ります。


どうぞ、どうぞ、苦しい中から出てきてください。宇宙のパワーなど、偽りではないでしょうか。

あなたの思いを、あなたの心の中を感じていってください。宇宙にさ迷う意識の苦しさを感じます。


私は、田池留吉、アルバートとともに歩む意識でございます。


これからは、私達は、宇宙にさ迷う意識達に伝えてまいります。


すべては、田池留吉、アルバートのもとに集ってくるでしょう。


それまで、しっかりと心を見ていってください。苦しい心を見ていってください。


人々の心の中に、あなたが伝える思いはとても苦しいです。


その思いを、どうぞ見ていってください。牛耳る思いを見ていってください。

我こそ、宇宙一番のパワーなり、その思いを、どうぞ、見ていってください。

田池留吉、アルバートに帰ってきなさい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

(「意識の流れ」からのメッセージ)

 

■ 今ここで、さらに、UTAの世界をしっかりと、それぞれの心に思ってみてください。


学びに触れて日の浅い人達には、UTAという言葉は唐突でしょう。


Uとは、UFO。Tとは、天変地異。Aとは、アルバートそして愛です。


 今世を境にして、宇宙は大きく変わっていくことは、すでにお伝えしてきました。


私達は、UFOとともに、天変地異とともに、そしてアルバート、愛とともにあり、

私達はひとつの世界にあることを、心で知る時間と空間をいただいています。


私達は、その中にひとつに溶け合って、そして、次元を移行していきます。


私は、そのことを心で知るために、今世、生まれてきたことを確認しています。だから、自分の道筋が見えています。


自分が250年後の来世まで、肉を持たない意味も、

そして250年後の来世に自分がしていくことも、自分自身の心に感じています。


これからずっと続く自分の時間の道筋が、心に感じられることが、

どれほどの幸せであるか、どうぞ、皆さんも、真剣に自分と向き合っていってください。


UTAの中にひとつになっていく喜びと幸せ、それが本当の喜びと幸せ、それ以外に何もないことを、心で知っていってください。

 

■ 言うまでもなく、次元移行は大事業です。


自分を捨てた意識が、自分を捨てたことに気付き、そして、

自分に深く懺悔する過程を経て、ようやくその瞬間に臨むことができるのです。


自分を捨てたことも分からない、ましてや、自分を捨てるということはどういうことなのか、

自分に懺悔するとはどういうことなのか、そのような状態の意識のままでは、到底、ともに行くことはできません。


 しかし、私達の本質は愛です。


愛が、自分に気付きと目覚めを起こしていくのです。


だから、これからの時間は、非常に厳しいです。


天変地異という現象から感じる規模は、今、地球人類が目にしているような比ではありません。


いよいよ、三次元も最終の時期を迎えていることを、ひしひしと感じます。


今世、このことを肉で聞き知ったのです。


どうぞ、今世の肉の時間を大切にしてください。


可能な限り、自分を知っていってください。


ともに次元移行ができるように、自分の中の準備をお願いします。

 

■ UFOの世界には、難しい教義も何もない、あるのはプラスかマイナスだけです。


人間には、やっかいな言語があります。言葉を重ねることによって、己を表そうとします。

あるいはそこまでの思いがなくても、己を守り己を弁護し、自分の思い、考え、立場を主張し、理解してもらおうとします。


しかし、どんなに言葉を連ねようとも、そこに流れるものがプラスであるのか、マイナスであるのか、ただ、それだけなのです。


 真実の波動に触れた意識は、言葉や態度では誤魔化されません。

その底を流れる意識の世界を瞬時に感じるからです。


肉の中でしか自分を知らない人間は仕方がないにしても、少しでも学びに触れた人達は、

ゆめゆめ、それらで自分を誤魔化さずに、今の自分の実態というものと、真摯に向かい合っていただきたいと思います。


 人間社会を生きていく術(すべ)などに、いくら長けても(たけても)、本当にそれではどうにもならないところにいる自分を、

一日でも一秒でも早く知って、そして、その自分に愛を注ぐことに専心してください。


そうすることが、一番自分自身が待っていることだと知ってください。

 

■ 真実の波動は、世界へそして宇宙へ流れていきます。


 宇宙の彼方から、流れに目覚める意識達が、250年後に集結することを心に感じ、

ともに、心と心で反応する喜びの中、私達は、母なる宇宙へ帰ることを確認するのです。


 UFO達に伝えていきたい。私達は暗黒の宇宙の中で苦しみ続けてきたけれど、もう帰っていく時期なんだ、

だから私達ととともに母なる宇宙へ帰ろう、私は、心の底からそのように呼びかけ続けます。


 UFO、それは私の仲間。私のたくさんの仲間が、これより地球に飛来してきます。

そして、私達は、心から待っていた母なる宇宙に帰ることを知るのです。


 アルバート、本当にありがとう……。

 

 

■ 2010年は、飛躍の年にしましょう。それぞれに、バージョンアップをしていきましょう。

次元移行という大きな流れに、ともに反応していきましょう。


 私、アルバートの思いは、今どんどんあなた方に伝えています。

私達は、今、この地球はもちろんのこと、宇宙に思いを馳せています。


 今、肉を持って、宇宙に思いを向け、宇宙に思いを馳せ、

遥かなる時を思える喜びを、一人でも多くの人達に感じていただきたいのです。


 宇宙を思えば、もちろん、そこには大きなブラックのエネルギーを感じます。

しかし、それが大きな喜びだということが、心で感じられれば、今、どんな幸せの中にあるかが、心にどんどん響いてくるでしょう。


 学びは、どんどん進みます。   ただ一点、次元移行に向けて、どんどん進化します。


 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

*******************************************************

私は、アルバートです。

(アルバートからのメッセージ)

 

2009年 10月 10日

 01

 皆さん、私はアルバートです。心をアルバートに向けてまいりましょう。


これから、250年、300年の時間へ経て、私達は、次元移行をしてまいります


そのためには、あなた方は、それぞれ自分の心を見つめていかなければなりません。


今世、日本の国において、田池留吉というひとつの肉を通して、学びは遂行されてきました。

アルバートの波動を感じるために、セミナーは全国各地で開かれました。

どうぞ、この時を大切にしていってください。


私、アルバートは、今あなた方の意識の中に語りかけています。


心をどうぞ、私、アルバートに向けてください。


私は、これより、たくさんの人達に思いを向けてまいります。


私、アルバートの思いを心で感じていってください。


まずは、田池留吉の心に、もっと、もっと、あなたの心を向けていってください。

それから、私、アルバートは、あなたに伝えます。

 


 03 

私は、アルバートでございます。


あなたは、250年後に肉を持つアルバートが、今、あなたに語っていることを信じることができますか。


私は、あなた方の意識の世界に語っています。

アルバートを思えば、私を感じることができる、そんな勉強をなさっていってください。


250年後が今、今が250年後、学びは、そのように、これから進化していきます。


UTA会という時間の中で、私達は、そのように進化していきます。


もちろん、そこに参加するすべての人達の意識が、そのように進化していくわけではありません。


これは、それぞれが選んでいく道です。


それぞれ、学びの時間をこれまでにいただきました。


お母さんの反省をしてください、他力の反省をしてください、心を見てください、

瞑想をしてください、その都度、その都度、私は、申し上げてきました。

それは、この私、アルバートに心を向け、私の波動を心で感じるこの時間をともに過ごしたいと思ってきたからです。


 私達は、今、次元移行に向かって、自分達の心を見つめています。


心をひとつにして、250年後を迎え、そして、次元移行の意識の流れを遂行せんがために、

今、私達は、自分の心を見つめています。そういう時をいただいています。


 これからの250年後は、もちろんそうです。意識の目覚めを私は待っておりました。

予定通り、その目覚めがあり、それに続く人達も出てまいります。


その一方、他力の中に沈み、この学びを離し、自らを苦しみの底に沈めていこうとする人達も、

また学びの中から出てくると思います。


それは致し方のないことでございます。私達は、そういうことには、もうあまり思いを、向けることはしません。


ただ、これから250年後に向かって、私達に呼応する意識達に対して、思いを向けてまいります。


250年後、そして次元移行へと突き進んでいく意識の流れを、どうぞ、あなたの心で感じていってください。


 04 

私は、アルバートです。約束通り、私達の出会いから250年後が始まることをお伝えします。


今世、田池留吉とともに学んできた多くの人達は、私、アルバートの肉と出会い、そして、様々な思いを心に思い出すでしょう。

それまでは、それぞれに転生が用意されています。これからの転生の中で、どうぞ、しっかりと心を繋いでいってください。


その間、真実をお伝えする肉というものは現れません。

つまり、自分の苦しい世界を、今、しっかりと見つめていかなければ、250年後に心を繋いでいくことは、とても困難です。


今世、しっかりと学び、それぞれが自分の心を、次の転生へ繋いでいけるような学びをしていってください。


たとえ、私との出会いがある意識であっても、その間に、自分の心を見ることを忘れ、

自分の計画通りに進んでいかなければ、250年後は、とても、とても、です。


 なぜ、250年後に、アルバートの意識が肉を持って現れるか、

すべては次元移行のためでございます。次元移行です。


肉を本物とする思いを、しっかりと見つめていってください。

その思いから抜け出ることが、次元移行です。

三次元の枠の中に留まっていては、いくら私達が次元移行のいざないをしても、それに応じることはできません。

それが意識の世界です。意識の世界は、単純です。

意識世界はシンプルです。そして、意識の世界は、厳しいです。


今世、田池留吉とともに学んできたことを、自分の中で大切にしていってください。


 私達は、もちろん、今世の出会いがない意識達とも、250年後に出会い、そして、ともに歩いてまいります。


意識の流れのスピードは、その速度を上げてまいります。

 06 

私は、アルバートでございます。心をどうぞ、私に向けてみてください。

あなた方の心の中に語る、私、アルバートをどうぞ、心で感じていってください。


これからは、そうです、まさに、250年後の来世の時を経て、次元移行をすることを、私、アルバートは、語ります。


田池留吉は、次元移行の預言者でした。

そして、アルバートは、次元移行の実行者、そう言っても過言ではありません。


私達人類の歴史の大きな転換期、それが250年後、アルバートが肉を持つその時期でございます。

今世の時間は、その前段階でございます。


もちろん、今世の学びの時を経なければ、250年後はございません。今世は、とても大切な時間です。


皆さん方の中には、まだまだその自覚がない方、薄い方、色々ありますが、私達の意識は、次元移行へと進んでまいります。


心で感じるか、感じられないか、ただそれだけです。私達は、学びに集ってきた人達を選別していくのではありません。


ただ、真剣に今世の時間を過ごしてください。

あなたにとって今世の時間が、どれだけの意味を持つのか、それぞれの心で感じてくださいと、

私は、常日頃から申し上げてきました。


田池留吉の肉を通し、私、アルバートが語ります。

アルバートを知る学び、アルバートを感じる学び、それぞれに皆さんの中で進めていってください。

アルバートを感じること、アルバートの世界を進んでいくこと、もうその一点に絞られているかと思います。

 

 07 

田池留吉の肉を通して語るアルバート、アルバートを感じていくために、どうぞ、田池留吉に心を、さらに向けていってください。


田池留吉の心の世界、意識の世界を、もっと、もっと知っていってください。アルバートに思いを向けてください。

 

 私は、アルバートございます。心の中にアルバートを、しっかりと呼んでみてください。


アルバートに心を向ければ、自ずと、宇宙に思いが向いてまいります。


私は、250年後にアメリカの地にて、ひとつの肉を持ちます。

そして、そこで伝えることは、どうぞ、心を見ていってください、しっかりと心を見ていってくださいということです。

今、あなた方が、田池留吉のもとで学んでこられたことを、私は、伝えると思います。

そう、もっと、ストレートに私は伝えていくと思います。


 アルバートの肉を通し、アルバートの波動を伝えていく、

そのことがどういうことなのか、今、私は、田池留吉を通して語っています。


心を田池留吉に向けていくことをしていってください。心に語るアルバートの世界を、どんどんどんどん語っていきなさい。


250年後に至る時間が、もっと、もっと、あなたの中で明らかになってまいります。


 学んできた場所、アマテラスの場所、その場所がどのようになっていくかを、私は、あなたに伝えます。

喜び、喜びでこの国が崩壊していく様子を、しっかりとあなたに伝えます。


どうぞ、心をアルバートに向け、私の波動を感じ、そして、喜びで伝えていってください。


そして、あなたも感じておられるように、私、アルバートとともに、どうぞ、これからも仕事をしてまいりましょう。


250年後に至るまで、そして、250年後、次元移行の流れの中で、心を見つめながら、

ともにひとつになっていく喜びを感じ、その喜びを、どうぞ、すべての意識に伝えていってください。


すでに、感じておられるように、アルバ−トの波動を感じていくことは、宇宙を感じていくこと、

宇宙を感じていくことは、あなた自身を感じていくこと、すべては、ひとつに繋がってまいります。


もともとが、ひとつの世界です。

アルバートも宇宙もあなたもひとつ、ひとつとなって歩んでいく喜びを、心に感じていってください。

 

 
 08 

私、アルバートは、意識の目覚めを待っていました。

アルバートの意識に目覚めることがすべてでした。すべてがアルバートでした。


アルバートが感じられること、アルバートの波動を感じ、

そして心をどんどんアルバートの方向に向けていくことをしていってください。

 

 田池留吉の肉は、私、アルバートを伝えるためにありました。

田池留吉の肉を通して、アルバートを感じること、それが今世のあなた方の学びでした。


アルバートを感じ、そして、次元移行を果たしていくこと、そのために、今世、田池留吉という肉を、私達は用意したのです。


心の奥底からアルバートを呼べる幸せを、どうぞ、一人でも多くの人が感じていってください。


 他力のエネルギーを心に詰め込んできた意識達よ、どうぞ、アルバートを心に蘇らせていってください。


あなた方のこれから250年後に至る道筋は、とても厳しいです。

今、様々な悩み、苦しみの中にあると思われています。過去からの苦しい自分を感じてこられたでしょう。


しかし、これからの250年後に至る時間は、その比ではありません。


大きな、大きな出来事、次元移行へと流れていく意識、その道筋にあるものは、喜びだけです。

喜びがすべてを変えてまいります。


 たくさんの人達が、一瞬にして、その命を落とす天変地異の嵐は、この日本の国も例外ではありません。

すでにお伝えしているように、アマテラスのエネルギーの強いところから崩壊してまいります。


その様は、本当に一瞬のうちに、山が爆発して、湖は割れ、人々の命は消えていきます。

 


 09 

どうぞ、皆さん、これからアルバートのほうに心を向け、そして、宇宙に心を向けていってください。


あなた方が帰る宇宙に、アルバートの波動を心に感じ、アルバートの世界を心に広げ、

宇宙に思いを馳せていく、その喜び、どうぞ、それぞれの心で感じていってください。


あなた方と過去よりずっとともにあったUFO達の思いも、心に感じていってください。


アルバートの宇宙の中で、どうぞ、そのことをやっていってください。私達はひとつです


しかし、この作業は、田池留吉が、何度も、何度もお伝えしました通り、

母の温もりを心に確立していなければ、とても危険な作業でございます。


お母さんの温もり、その世界を自分の心で確立すればするほど、宇宙が、あなたの心で分かってまいります。

宇宙に思いを馳せる喜びを感じてきます。


そうなってくれば、私、アルバートの世界が、よりはっきりと大きく心に伝わってきます、


私はアルバート、私は宇宙、そして、あなたも同じ、私とあなたはひとつでございます。

 


 10 

私、アルバートは語ります。


どうぞ、皆さん、これから、宇宙に心を向けるとともに、あなた方の来世、未来にも、心を向けていってください。


250年後の私、アルバートに心を向け、どうぞ、あなた方のこれからの時間に、思いを馳せていってください。


田池留吉と学んできた今世の時間の中で、可能な限り心を見つめ、心を向けることを実践していってください。


これから、私達は、次元移行へと向け、この地球はもちろん宇宙に思いを向けてまいります。


アルバートの波動が、この地球上に、そして宇宙に、エネルギーとなって流れてまいります。

そこには、自ずと、様々な現象が起ってまいります。


心を見つめること、心を向けること、しっかりとやっていってください。

私、アルバートは、あなた方の心の中にある母の温もりです。

その温もりを心に蘇らせることを、ただただ待っています。

 

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
*******************************************************


 次元移行のために、今世の肉があり、来世の肉がありました。


自分の中の目覚しい変革を実感し、過去の私は、今、私の中で大喜びです。


ブラックのエネルギーで、宇宙を制覇してきたからこそ、この変革は、例えようもないほどの喜びです。


 私は、母の温もりを自分の中で確立しています。


そうでなければ、今世の私の変革はあり得ないし、私の変革があり得ないということは、意識の流れに異変ありでした。


それほど、私は、大闇を宇宙に広げてきたということです。


だからこそ、この変革は、本当にすごいことなんだと、私は、そう感じています。


意識の世界の領域が広がっていけばいくほど、それが実感していきます。


思いを向けるだけでいい、喜びのエネルギーは、喜びの仕事をします。


真の自分に目覚めるということは、すごいことなんだ、それもまた大きく頷(うなづ)けることです。(A)


 


 アルバート、私達は、喜びで次元を超えていきます。ありがとうございます。

アルバート、今世の出会い、本当にありがとうございます。

アルバートの波動の中で生かされていた私達宇宙でございました。


今、アルバートの宇宙を心に感じています。自分の作ってきた宇宙をしっかりと見つめています。


田池留吉の宇宙、アルバートの宇宙、こんなに温かい、温かい温もりの世界を、

私は、心から離し、自分の中に間違った宇宙を作り続けてまいりました。


UFO達を、たくさん、たくさん、苦しめてきました。


宇宙を制覇するためには、容赦なくたくさんの意識達を切り捨ててきました。

UFO達が、宇宙にさ迷っていることに、大きな原因を作ってまいりました。


今、私は、自分の中にある本当の自分の思いを、心に広げていくことを知り、そして、その世界でUFO達の思いを包んでいます。


私の中で苦しんできたUFO達に思いを向けることは、喜びです。


 己の欲のために、私は、UFO達を置き去りにしてまいりました。己の欲のために利用し、己の欲のために切り捨ててきました。

それでも私は、このように母の温もりの中で、UFO達に思いを向けることを伝えていだきました。


 私は、今世、決死の覚悟で肉を持たせていただきました


この心の中に、これまでの私をみんな受け止めていきたかったからです。


今、私は、このひとつの肉を通し、心を大きく、大きく広げています。


宇宙に向けて、UFOに向けて、私のすべてに向けて呼びかけています。(A)

 


 私が宇宙に見捨ててきたUFOが語ってきます。


 「あなた方を恨んでいました。何故私達を見捨てたのか、私達も地球に肉を持ちたかった、

でもそれも大きなひとつの計画の中にあったことなのだと今感じています。

地球に肉持たずとも、私達は波動で伝えあうことができる、

そして地球に肉持ったあなた方が今大きな変革期にあり、

宇宙全体にアルバートの宇宙の存在を伝えていることを感じ、私達の進む道が目の前に広がってきました。

肉をもたない意識、持っている意識、今こそ心をひとつにして進んでいく時がきている、

ただただ、アルバートありがとう、その思いが膨らみ、私達を幸せにしてくれます。


 250年後、肉もつものも、もたないものも、新たなる世界を求めて次元移行していく、それは確かな現実です。


 私達は決して宇宙の狭間に放り出された存在ではない、

アルバートの宇宙の中に生かされ続けてきた意識なのだと、今感謝でいっぱいです」。

(B)

つづく(作成中)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

宇宙の風

−私達人間は、死んで終わりでしょうか−

塩川香世/著  978-4-904648-19-3

2011年5月25日発売

 

 

 

  

「宇宙の風」はとてもいい本だと思います。しっかりとした文章の中で、しっかりとした波動が流れてきます。

宇宙に対する思い、宇宙へ向ける喜び、そういうものが私には伝わってきます。田池 留吉

 

 「宇宙の風」に心を向けて私の思いを語ります。 塩川香世


 次元移行への計画の中で、私達はこの三次元で出会いました。

田池留吉、アルバートとともに歩いていく道をこの心でしっかりと感じながら、「宇宙の風」を書き綴ってきました。

その喜びとともに私はあります。次元移行が私の喜びです。

次元移行は意識の流れ、そのことを心で知った私の喜びを「宇宙の風」の中で表現しました。


次元移行は、意識の流れの中の、とても大きな一点です。


その流れを私の心は確実につかんでいることが喜びです。


心の中にお母さんを呼ぶとき、ああお母さん、ごめんなさい、間違ってきましたという思いと、

お母さんの愛に支えられて私はこれまでずっと、ずっと存在し続けてきた喜びが心に広がってきます。


「母の温もりを心に呼び起こしなさい。」

田池留吉のメッセーシとともに、私の中に、母なる宇宙への思いが心に湧き起こりました。


母なる宇宙、私達はその宇宙へ帰るために、今こうして肉を持っています。その途上にあるんです。

私はその中でこの喜びを意識達に伝えていきたい、その思いで書き綴ってきました。


お母さん、ありがとう。お母さん、ありがとう。


肉をくれたからこそ、私はこのように自分の心を語ることができます。


自分の心を語っていけば、私の中に、本当にあの宇宙に帰りたかった喜びが湧いて出てきます。


母なる宇宙に帰りたい、帰りたい、そうして私はずっと、ずっとこの三次元で肉を持ち続けてきました。


ようやく、ようやく、本当に最後の最後の時になって、

私は今、ようやく自分の中に母なる宇宙へ帰る道筋をしっかりとつけたことを心に感じます。


その私の中から出てくる思いが、「宇宙の風」という本で表現されています。


お母さん、私は、「宇宙の風」を、もっと、もっと進化させていきます。


これからも、私はお母さんに心を向け、田池留吉、アルバートを心に呼び、母なる宇宙に心を向け、

私はこの心の中から上がってく思いを文字にしていきます。


「宇宙の風」は、その第一段階です。


私の中に喜びを伝えていきたいという思いが、とても、とても大きくなっていくでしょう。

ということは、これからのこの三次元での出来事を私は少しずつですが、

やはりはっきりと知らせていかなければならない、それが私にはどうしても避けられないことだと思います。


そのことを通して、私達の喜びの思いを伝えていきたい。


宇宙へ帰ろう。母なる宇宙へ帰ろう。


そのためには、自分の心を見て、自分の出してきたエネルギーが本当に間違ってきたことを

心で知っていくことが本当に待たれていることを、私はこの心の中から伝えていきたいです。

【目次】
   
1. はじめに
2. 生きることと死ぬこと
3. 私達って本当は誰、何
4. 地球人類にバラ色の未来が本当にあるのか
5. 宇宙はどこにある !?
6. 宇宙はあなたの中で語っています
7. 宇宙を牛耳ってきたエネルギーのひとつアマテラス
8. 私達はあの宇宙に帰りたかった
9. 愛しき地球
10. もう、崩 壊は目の前に迫っています
11. 祈りは真の平和に繋がりません
12. 二五〇年後、三〇〇年後に照準を定めて存在しよう
13. 心で気付いた人から、始めてください
14. おわりに ―「宇宙の風」を通して私が伝えたいこと

****************************

 


 

詳細は

UTAブック

 http://uta-book.com/index.htm

 

ネットでのご注文は

 

     

「母なる宇宙とともにT、U」、あなたは何度目を通されましたか。あるいは、何度、耳から音を入れられましたか。

どうぞ、時をあけて、目にするなり、耳にしてください。

あなた自身の勉強が進んでいくにつれて、その都度、あなたの心での感じ方が違ってくると思います。

そのような本だと、私は思います。

一度きりで、もう読んだ、もう知っている、決してそのような内容のものではありません。

それは、「意識の流れ」、「続 意識の流れ」「意識の転回」についても、もちろん同様です。

時をおいて、何度も読み返していく本です。

心の状態が進んでいくにつれて、その深みが増してくる、その深みが感じられる、そのようなものです。

 どうぞ、真剣この学びをとらえてください。真剣に、宇宙を思えるご自分に成長なさってください。

宇宙を感じるために、私達は肉を持ってきたことを、

どうぞ、一人でも多くの人に、その心で分かっていただきたい、そのように思っています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

「母なる宇宙とともにT」から

 01 宇宙は、私達にこれから大きな影響を与えていきます。


 02 私は、母の心を忘れ去った心で、宇宙に思いを向けていくことの危険性を強調したいと思っています。


 03 宇宙は喜びのエネルギーです。

    宇宙にさまよい続けているUFO達の思いを、受け止めていけるのは、、母親の優しさと温もりです。 

    そして、その優しさと温もりにより、マイナスのエネルギーはプラスに作用していきます。

    そして、全体のエネルギーは増していきます。


    宇宙から発信されるエネルギーは増大され、私達が生存している地球は大きく包まれていくのです。


 04 今世以前は、真っ黒な宇宙を心に引きずったままでした。

    人間として、この地球上に生存可能な機能を携えて、何度も転生の機会を得てきましたが、

    私の中はずっと変わらずに、真っ黒な宇宙でした。


 05 私はさらに、喜びの宇宙への軌跡を描いてまいります。

    それが、これからの地球上に起こる様々な出来事と、深い繋がりがあることを伝えます。


 06 宇宙へ発信する喜びのエネルギーは、大きなエネルギーです。

    地球の地軸を動かすことも可能です。地軸が動くとは、どういうことでしょうか。

    世界地図が大きく変わります。動植物の生態系もまた大きく変わっていくでしょう。


 07 さらに心を見て、母なる宇宙へ帰る準備を着実に整えてまいります。

    それが私の喜びでした。それが私の幸せでした。

           
 08 私達の宇宙は、私達を待ってくれています。喜びで待ってくれています。
私はようやく自分の宇宙が、

    喜びであり、喜びの宇宙とひとつなのだということを、確認させていただきました。


 09 波動の世界でした。宇宙からの波動を心に受け止め、心に広げ、

    そして、宇宙へ思いを向 ければ、どんなに幸せな存在であったのか、今、しっかりと感じています。


**************************************

(「意識の流れ」からのメッセージ)

 ■ 心を見るということは、自分のエネルギーを感じるということです。

自分の奥底で凝り固まったエネルギーを感じ、それを溶かすことが心を見るということです。


だから、その以前で、自分の中が凝り固まっていることに気付いていない状態では、

どんなにこうですよと情報を注入しようとしても、まさに凝り固まった状態だから、浸透していかないのです。


当然、この学びは難しいとなってきます。


難しく感じるのは、自分が難しくしているだけで、頑固な部分を外していけば、どんどん自分の中に浸透していきます。


 また、エネルギーを感じるのに、老いも若きもありません。男も女もありません。

なぜならば、私達はエネルギーそのものだからです。


それを端的に示してくれるのが、UFOの存在でしょう。


UFOにはプラスかマイナスしかありません。


大変シンプルです。それからすれば、複雑な人間の心の世界は、

進化しているように見受けられますが、私はただ単に流れに逆行してしまったと感じています。


出すエネルギーはプラスなのかマイナスなのか、それだけでいいのでした。


■ 宇宙という言葉から、自分が連想する言葉を書き出してみたら、

そこからまた色々なことが、自分なりに学ぶことができるかもしれません。


 しかし、学びを肉の次元でしかとらえていない人には、宇宙は分かりません。

宇宙より肉の自分、自分の家族です。あるいは、闇のパワーです。


そのような素地に、宇宙の波動は分かるはずがないのです。波動が分からなければ、後は狂うだけです。


そのような転生を繰り返してきたことすら、自分の中で思い出せない人もあるし、今世同じ轍を踏んでいる人もあります。


 私はそのような現状を知りつつ、それでもこれから宇宙を語っていきたいのです。

学びは、人生いかに生きるべきか、いわゆる人生相談的なものではないことを、

学びに触れたどれだけの人が理解しているのかと思いますが、

私はそのような人達を尻目にして、どんどん進んでいきます。

それが意識の流れであり、その流れを自覚している私は、枝葉でうろうろしません。

宇宙を語るということは、自分を語ることに繋がっていく、だから私は嬉しくて、嬉しくて仕方がありません。

肉では到底理解できない喜び、その喜びの世界を自分の中で味わっていこう、そう思っています。

 

■ 私の喜びはあなたの喜び、その喜びの波動が、いつの日にかあなたの心にも届くことを信じています。

ただし、肉でとらえる心では、それは無理なことだけは知っていてほしいと思います。

今世の出会いが、250年後に活きていくように、本当に日々精進してください。


 私は、真実の世界を感じています。揺るぎない世界を感じています。

肉の世界から意識の世界への脱皮の中で、ようやく本物の宇宙の流れに出会う過程にあった、それを感じています。

私は嬉しくて、嬉しくて、やはり宇宙でした。宇宙は、母、マザーの心でした。

5,6年前にそのことがチラリと心をかすめたようでしたが、今やっとそのことがはっきりとなりつつあります。


 世間に流布している宇宙と違うことは言うまでもありません。

また、肉の生活の中でアップアップしている人達には、宇宙なんて、どこか遠い世界のことかもしれませんが、

私には宇宙こそが、自分自身のルーツであり、現実なのです。


 私は、肉を持って自分のルーツに辿り着くことが嬉しいと感じています。

だから250年後の来世もまた、喜びで肉を持ってきます。お母さん、ありがとう、ただただそれでした。

 

■ 私は、自分自身、宇宙とかUFOに対しての思いが強いことを感じてきました。

だからこそ、私にはアルバートは待って待って待ち続けてきた波動の世界のことだったのです。

アルバートの波動に触れた瞬間が、私の変わり目でした。


忘れもしない、2000年1月のあの瞬間に、私自身が本当にこれから変わっていく洗礼を受けたように思いました。


それほどの衝撃だったのです。

それは、自分自身がその瞬間をどれだけ待ち続けてきたかを、証明しているようなものでした。

道は、真っ直ぐにとは行きませんでしたが、しかし、それは肉を携えているからであって、

私の中は、もう真っ直ぐしかなかったのです。


 いずれ、私は、宇宙からのメッセージを、具体的に形にしていくと思います。

それはすべてが自分自身の学びの道筋であり、自分自身の喜びであることを感じています。

そして、その喜びは宇宙と繋がっています。


はっきりと、自分の進むべき方向に思いを定めて、今の肉ができることを可能な限りしていこうと思います。


これから250年の間、それは私にとって近未来です。

250年後に繋いだ意識からのメッセージとして、それぞれの意識の世界にお伝えすることができたらと思っています。


そして、ぜひ250年後に喜びの出会いをしたいと思っています。

 

■ 宇宙は、大いなる波動の世界です。

母の心に思いを向けていくと、私にはやはり私のふるさと、宇宙が出てきます。

本当に嬉しいです。

5,6年前は、向きたいけれど、向きたくない、懐かしいけれど、恐怖である、様々な思いを感じてきました。

 

 事実上セミナーが終了している今の時期になって、再び宇宙という言葉を出してみました。

学びの日の浅い人達には申し訳ありませんが、やはり宇宙に触れてみたいのです。

しかし、日が浅いことで、何も気後れすることはないと思います。ただ、素直に宇宙と思っていてください。


 宇宙は、大いなる波動の世界です。母の心に思いを向けていくと、私にはやはり私のふるさと、宇宙が出てきます。

本当に嬉しいです。


 5,6年前は、向きたいけれど、向きたくない、懐かしいけれど、恐怖でもある、様々な思いを感じてきました。


宇宙と言えば、戦い、そのエネルギーを過去からずっと引きずってきました。

アマテラスのエネルギーも宇宙と繋がっていました。だから、私達は今世、神国日本に転生してきたのです。


 私の中では、アマテラスももちろん、ちっぽけな存在になりましたし、

過去からの真っ暗な宇宙も、今はみんな喜びだと感じられます。

この意識の世界を引っさげて、私は250年後に再び、肉を持って、

宇宙、UFO達とともに喜びの移行をし続けていくことが、分かっています。


 日本語では、何かあまり上手に表現できないです。

しかし、ずっと私の中で異語が流れています。これが宇宙のリズム、母の心なのです。

私は、田池留吉と出会えて、本当に心から嬉しいです。

 


 ■ 宇宙にパワーを求め、またそのパワーで宇宙を牛耳ろうとしてきたことに対して、

母の波動は、そうではないことを、優しくそして力強く伝え続けてくれていました。

ずっと伝えてくれていた、母なる宇宙の思いが心に響いてきます。

 

 みんなが、自分の心の中のアルバートを思い出せば、もう何も語る必要などないのです。

心の中の自分に思いを向ければ、みんな間違ってきたことが分かるからです。


そして嬉しさだけが込み上げてきます。形を持つことによって、

自分自身の愚かさを何度も何度も自分に伝えてきたことが分かります。


伝えてくれてきた自分自身は優しさそのものでした。温もりそのものでした。


 そして、さらに宇宙を思います。  宇宙には、すべてのものが凝縮されているように思います。

自分の奥深くに触れていくことに、何とも言えない嬉しさを感じます。

細胞のひとつひとつが組み合わさって、私は、今自分の中を感じているのです。

宇宙にパワーを求め、またそのパワーで宇宙を牛耳ろうとしてきたことに対して、

母の波動は、そうではないことを、優しくそして力強く伝え続けてくれていました。

ずっと伝えてくれていた、母なる宇宙の思いが心に響いてきます。


私は、今そのことが嬉しいです。さらに混沌とする時代に突入していくこれからですが、

宇宙という波動の世界は喜びです。

喜びが形を崩していく、そして、崩れたところから喜びを感じていける、広げていける、そういうことだと思います。

 

■ 目を閉じて宇宙を思う時、自由な世界、温かい柔らかい世界を感じます。

アルバートとともにある近未来を思えば、ただ嬉しいだけです。ありがとうの世界が広がっていくのです。

出会いが嬉しい、これからが嬉しい、宇宙は喜び、崩れていく世界は喜びです。

 

 肉を持って、アルバートの波動を伝えにきてくれた田池留吉との出会いが、どれだけの喜びであったかは、

宇宙に思いを向ければ向けていくほどに、奥深く感じます。


肉の形などどうでもいい、肉など色々な癖があります。肉に完璧などありません。

しかし、アルバートの波動を伝えてくれる肉は、私にとっては、本当に最高のものでした。


この肉と出会うために、私自身も肉を持ったことが、ただただ嬉しいです。


 学びに集う動機のひとつに、今現在の自分自身の悩み、問題の解決口を見つけたいというものがあります。

私は、当時から、差し当たってのそういう問題はありませんでした。

形の上においては、一応そういうものは終了していたから、

その分だけ、学びをストレートにとらえることができたのかもしれません。

自分の中で、自分なりに、練って練って練り続けて、そしてようやく自分の世界が開けていく喜びと幸せがありました。


 目を閉じて宇宙を思う時、自由な世界、温かい柔らかい世界を感じます。

アルバートとともにある近未来を思えば、ただ嬉しいだけです。ありがとうの世界が広がっていくのです。

出会いが嬉しい、これからが嬉しい、宇宙は喜び、崩れていく世界は喜びです。

 

■ 学びの動機を検証する、これは本当に大切なことです。動機の見直しです。


「学びにずっと繋がってきたから、私は動機を反省してきました。そして、今はアルバート一筋でやっています。」


しかし、それでも自分の心を見てください。

そして、自分の動機が本当に間違ってきたことに対しての思いを感じていってください。

その山を越えなければ、アルバートへの道ではありません。

アルバートであってアルバートでない道、すなわち、やはり他力の道です。


 田池、殺してやる、この思いは、そう簡単に喜びへ転回できないのです。

造反してきた思いは、そう簡単に心から離すことはできません。

ましてや、ありがたや田池留吉の段階では、とてもとても他力の中を出てくることなどできません。 

どちらも、自分自身を知らない無知な状態です。


 そのような状態で、宇宙を思うこと、UFOに心を向けていくこと、大変危険です。

やめてくださいと言っても、そういう人達に限って、思いを向けていくのです。


 母親の反省を通して、肉でない本当の母の温もりを心に感じてきたのか、大きなポイントです。

ポイントを外した学びは、自分をさらに狂わせていきます。

そうなってから、SOSを発しても難しいです。

結局、学びに繋がったからと責任転嫁していく場合が多いのだと思います。

 

■ どんなに歴史上に残る人物であっても、所詮肉です。

その肉を牛耳る、動かしていくエネルギーは、果たしてどこから来るのか、

それは肉の次元に留まっている意識には、決して感じられないのです。

 

 UFOは私の仲間達であると同時に、もちろん私の過去世でもあります。

思いを向ければ嬉しいです。思いを向ければ、地球上に肉を持てた自分が嬉しいと喜んでいます。


 宇宙には、ずっとずっと母の思いが流れていました。  母の思いが宇宙そのものでした。

私は今その宇宙に帰るべく、着実な準備をしていることを感じます。


「意識の流れ」の中で、ほんの少しだけUFOに触れました。

私達は、地球上だけの転生に留まっていないことを、伝えました。

私達の意識の世界は、そんな狭い世界ではないことを知ってほしかったからです。

地球上の過去世だけにこだわっていることが、私には理解できませんでした。

それがどんなに歴史上に残る人物であっても、所詮肉です。

その肉を牛耳る、動かしていくエネルギーは、果たしてどこから来るのか、

それは肉の次元に留まっている意識には、決して感じられないのです。


 私は、今その源を宇宙と呼んでいます。

宇宙に本当に思いを向けられることが、自分自身の源を知っていくことになります。

これから250年に至る時間は、そのことを証明していく時間です。


意識の流れの中の一端であった今世の学びは、これからの展開にとって非常に大切でした。

出会いは必然的なものでした。

■ すうっと宇宙に思いを向ければそれでいい、それで今あることが分かります。

喜びで肉をもらってきたことが、分かります。

喜びで生まれてきたこと、喜びで生まれてくること、今までもこれからもずっと喜びだったこと、宇宙が伝えてくれていました。


 宇宙を思う時、UFOを思う時、心から恐怖が消えていました。

恐怖や苦しみ悲しみが、今の私にはみんな愛しいです。思うことが嬉しい、嬉しさが込み上げてきます。


それは、私の心の針が、アルバートからずれていないからです。

アルバートを感じアルバートを広げている心の中で、宇宙を思い、UFOを思います。私には狂う恐怖はありません。

宇宙からは、戦いのエネルギーは感じられないし、UFOからも喜びしか感じられません。

ともに次元移行をしていきますというUFOの思い、それは私達人類のこれからに大きな変化をもたらしてくることと思います。


 もっとも、私は人類とかUFOとかの区別はしていません。

みんなひとつの宇宙の中にあるからです。

母の温もりの中にある私達は、みんな同じところに帰っていくのです。

母の温もりの中に帰る流れ、宇宙はまたそのことを伝えてくれています。

 

■ 宇宙、UFO、UTA、それらの言葉に浮き足立っていませんか。

学びの基本は、心を見ることです。母の温もりを知ることです。

心を見ていけば、そして本当に母の温もりを広げていったなら、自ずと他力のエネルギーを心から離していきます。

そこから自分を解き放していきます。

 

 それぞれの時間の中で、自分自身に目覚めるように設定がなされていることに、自ら気付くことが喜びです。

それには、自分が作り上げてきた世界、すなわち偽物の自分を全部崩していかなければなりません。


 宇宙、UFO、UTA、それらの言葉に浮き足立っていませんか。

学びの基本は、心を見ることです。母の温もりを知ることです。

心を見ていけば、そして本当に母の温もりを心に広げていったなら、自ずと他力のエネルギーを心から離していきます。

そこから自分を解き放していきます。

その基本をきちんとしていなくて、他力のエネルギーが何重にも巻きついている中において、

宇宙、UFO、UTAなどは、恐怖以外の何物でもないと思います。

興味本位とか、欲は、自分を狂わせていくだけです。


そういったものが、狂わせるのではなくて、狂わせる要因を自分がつかまえているからです

そしてそのままどんどん思いを向けていくから、結果狂い続けるのです。


 宇宙は喜び、UFOもUTAも喜びのエネルギー、温かくて広くて、ともにあることを伝えてくれる波動です。

やがて、その喜びのエネルギーは、もっともっと具体的な形となって現れてきます。

温もりに帰ろう、優しい母のいざないを、心で感じられる自分に蘇ってください。

 

■ 意識の流れを感じていない人には、どんなに説明をしても理解できません。

しかし、何かを感じ、信じていこうとしている人は、心を見て瞑想を淡々としていけば、

たとえ今その方向が違っていても、その間違いに少しずつでも、自分で気付いていくと思います。

学びに繋がったから学んでいる、分かってきたと思ってしまいがちですが、

決してそうではないことに、自ら気付いていけるチャンスがあると思います。


 意識の流れが厳然としてある証拠に、真実の世界から肉を持ってきた田池留吉の存在があります。


真っ黒な地獄の奥底を這いずり回ってきたから、私はそのことを心の奥深くに感じます。

その意識が同じように肉を持って、このように出会わせていただき、自分の間違いに気付き、

自分に懺悔し、そして真実の世界へ帰っていこうとしています。

意識の流れが厳然としてあることを、私自らもまた、証明できたのです。


 特に、今は宇宙を思えば、その流れが歴然として感じられるのです。

そして、宇宙の喜びが、心にどんどん伝わってきます。


「これからですよ。これからさらに宇宙は喜びをどんどん伝えていきます。」

温もりといっしょに伝わってくる思いです。


宇宙は喜びでした。喜びのエネルギー、アルバートの波動に触れて、

宇宙はどんどん変わっていくことが分かります。

 

■ 母の心は、宇宙に通じていた、宇宙は、母の心そのものだった、そう感じていることが嬉しくてたまりません。

宇宙へ、ふるさとへ、母の心に帰る道筋にあることを確信する心には、喜びだけが広がっていきます。

 

 自分の間違いに、自分で気付いていくほど嬉しいことはありません。

自分が崩れていくことを、喜びで見つめていけるのは、自分自身が温もりであり優しさだからです。


 あなたは喜びですよと、母は教えてくれていました。

それは、最初に、母から伝えていただいていたことでした。

肉を持って、自分を知っていく、母なる宇宙を知っていく壮大な計画でした。

母の思いが心に伝わってくる時、その喜びを感じます。


 母の心は、宇宙に通じていた、宇宙は、母の心そのものだった、そう感じていることが嬉しくてたまりません。

宇宙へ、ふるさとへ、母の心に帰る道筋にあることを確信する心には、喜びだけが広がっていきます。


 本当は私達とともに心を向けてほしいのです。私達の指し示す方向へ向いてほしいのです。

そして、向くことができないもの、向くことを阻止しているものを、真正面から受け入れていってほしいと思います。

真正面から受け入れるとは、地獄の蓋を喜びで開けていくことです。

みんな、喜び、間違って存在してきたすべてが喜び、

本当に心からそう思うことができたなら、地獄の蓋はどんどん開いてきます。

そして、喜びの宇宙の中へ、進んでいくことができるのです。

それをこれから250年の時間の中で、していってください。再会を楽しみにしています。

 

■ 宇宙には愛しか存在しないから、私達は何度も転生を繰り返してきました。  愛です。

私達が肉を持つことも肉を捨てることも、みんな愛の中にあるからです。


今、自分達が存在している、過去からも存在してきた、そしてこれからも存在し続ける、これだけが唯一の真実でした。

 
心にこのことが響いてくるならば、自分の人生を全うすることができるでしょう。


自分という存在が嬉しくて、すっと自分の中に戻ることが嬉しくて、一番居心地がいいと感じると思います。


自分を思うことが嬉しい、自分を思うことは、アルバートを思うこと、そして大好きな宇宙を思うことです。


 私は、宇宙が大好きです。

広々とした温かい温もりと優しさと安らぎの宇宙へ、一歩一歩戻っていくことができると思うと、

私はどれだけの愛に包まれ生かされてきたのかを思います。


 淡々と生きる、時を刻む、果てしなく存在し続ける自分の中の変化を、今その中に見ています。

宇宙とともに存在していることを感じる今、肉の中に流れながらも、時がくれば、瞬間移動をしていくのだと思います。

自分の中で積み重ねてきた歴史、本当にありがとうしかありません。

 

■ 人間は、遅かれ早かれ、自分は全く違う方向を向いて存在してきたことを、自分の心で知らなければなりません。

いいえ、そのようになっています。


全く違う方向を向いて存在してきたとは、もう言うまでもないことです。


全く違った方向を向いて、尽力し、努力、研鑽を重ねても、向いている方向が違うのだから、

そこには大きな隔たりがあります。その隔たりは、決して歩み寄ることはありません。全く異質のものだからです。


そこにあれば、だから、次元移行という大きな流れにはそぐわないのです。


流れに溶け込むように、質を変えていくことが必要です。


 人間は、意識の転回をするために、生まれてきます。つまり、肉という形を持つのです。


肉を持てば、肉が作った法則が、すでにそこに存在して、

なかなか、自分が生まれてきた本来の目的に辿り着くことは容易ではありません。


ああ、自分はこんなことをするために生まれてきたのではないと思ってみても、

その一方で、自分を引っ張る他力のエネルギーが頭をもたげてきます。


そのエネルギーは、そんなことを言っても、現実はこうなのだ、お前は間違っていないと、

必ず、自己弁護をしていきます。確かに、現実はそうなのかもしれません。


社会が複雑化し、高度化していくほどに、人間の心は荒んでいきます。


みんな、沈没しないように、必死に肉にしがみついていきます。


その中で、自分が生まれてきた意味を知り、目的を達成させるために肉を使っていくことは、難しいことかもしれません。


 しかし、意識の流れを、自分の心で感じていけば、それも何ということもありません。

人間の本質は意識、最終的には、人間は、意識の法則に従う以外にはないことを感じます。


どんな道理も通りません。肉の世界では、理にかなうことであっても、意識の世界には通用しないのです。


残されているのは、本来の自分に帰ることだけです。


それが叶わなければ、あとはどのようになっていくのだろうか、それを心で知っている人は、今はまだ皆無に近いでしょう。

 

 

<母心、ここに幸あり>

 

 0 母心が感じられるような人間になってください。
 
   母心を忘れた人間は、本当の喜び、幸せを味わうことはできません。

   母親に心を向けた時、母心が感じられる人間になってください。


 1 母心とは何でしょうか。

   母心とは、何でしょうか。

   母とは何でしょうか。自分を産んでくれた母親に、どのような思いを向けてこられましたか。

   そこからがすべての始まりです。原点を忘れずにいきましょう。


 2  まず自分を産んでくれた母親を思ってください。

    肉の母親を思えない人、否定する人は、学び以前です。

   どんなにあなたが愚かだと見下げ続けても、あなたは、あなたにとって一番大切なものを、

   そのあなたが見下げ続けてきた母親から教えていただいたのです。 

   母親という存在を飛ばして学ぶことはできません。


 3  肉の母親から学びなさいと言っているのではありません。

    肉は肉です。愚かです。

    互いに愚かな肉を持ち寄せて、自分の本質と出会うために、今があります。 

    いつまで、愚かな肉の母親に向かって、自分の愚かさをぶつけていくことだけに終始するつもりですか。


 4  母を思う瞑想は大切です。

    母を思う瞑想、日々続けていますか。

    ただ思うことの大切さと難しさが感じられるのではないでしょうか。 

    ただ思う、母を思う、そして自分を思う、淡々と続けていってください。


 5  母心を忘れ去ったから、みんな狂ってきました。

    母心を忘れ去ったから狂ってきた、この自覚がないから、これからさらに大変です。

    母心を蘇らせるか否かが、自分の分かれ道です。

    では、どうすれば蘇らせることができるのか、それがこれからの人類の課題です。

 
 6  狂ってきた意識が肉を持っているだけです。

    何が起こっても不思議ではありません。その原因解明はできません。

    流れの中の一部分に心を留めることなく、全体を見通せる自分自身であってください。


    自分とは何か、自分への信をこれからさらに問われる流れとなっていきます。

 
 7  母の心、母心に集中していってください。

    アルバート、その前にお母さんを呼んでください。

    素直に、無心に母を思えますか。母を思うとはどういうことでしょうか。


 8  母の温もりを知らない人はいません。

    温もりの世界に触れたなら、自分が分かってきます。

    自分が温もりを捨てた、しかし、捨てたはずの温もりが厳然とあった、

    なぜならば、自分は温もりそのものだったからです。


 9  目を閉じて思える幸せを、可能な限り味わっていきましょう。

    幸せですね。喜びですね。嬉しいですね。

    目を閉じて思える瞬間があることが、今その時間があることが幸せです。


 10  母心、母性とは少し趣が違います。

    宇宙を語るには、宇宙の思いを感じていくには、それ相当の準備が必要です。

    母の温もりを信じていない人が、むやみやたらと思いを向けていけば、狂うだけです。

    母の思いをあなたは本当に信じていますか。

 
 11  母心、それは宇宙と通じています。

     母心に通じた宇宙、それは喜びの世界です。

     宇宙は喜び、喜びはパワー、証明してまいります。


 12  田池留吉、ともに肉を持たせていただいたことが嬉しいです。
 
     宇宙を思う時、ともに肉を持たせていただいて、ありがとうの思いが込み上げてきます。


 13  目を閉じて、母を思う、宇宙を思います。

     宇宙は生きています。活動しています。力強いエネルギーを感じます。


 14  宇宙、それは母の温もり、私は宇宙に帰ります。

     トン、トン、トン、トーツツ、トン、ツーツーツー…ふるさとのリズムが聞こえてきます。


 15  肉を持つということは、幸せの証です。

     肉を持てるあなた達は、幸せですと伝わってきます。その通りだと思います。

 

 16  宇宙は、興味本位で思う世界ではありません。
 
     UFOは存在します。しかし、UFOもまた波動です。興味本意は自分を狂わせます。

 17 語ってくるのは、プラスのUFOばかりではありません。

    だから、母心、母の温もりなのです。プラスもマイナスも、宇宙を受け入れていく喜びを感じます。

 

 18 UFOは、私の大切な仲間達です。

    お母さん、ありがとう。UFOは私の大切な仲間達です。

    必ずお母さんのところへ帰ろうね、そう誓った仲間でした。

 19 宇宙は、ひとつでした。

     宇宙は、ひとつでした。ひとつの宇宙と出会えたことが嬉しいです。

 20 心は、瞬間的に飛んでいきます。

    時間と空間を飛び越えて広がっていく世界は、喜びの世界です。そして、温もりの中です。

 21 宇宙…、思うだけで嬉しいです。

    思うだけで嬉しいです。ふるさとだからでしょう。お母さんだからでしょう。

    ありがとうが広がっていきます。

 22 UTAは、意識の流れです。
 
    UTAは、意識の流れの中でひとつです。UFO、天変地異、そしてアルバート、

    まさに宇宙とひとつです。

 

 23 UTAの足音が聞こえますか。

    UTAの足音が聞こえますか。どのように聞こえますか。

    力強いですか。喜びでしょうか。

 

 24 母心に、心を合わせていくだけです。

    いずれ、みんな地獄の蓋が開くようになっています。

    それは、避けては通れません。喜びで開けてください。

 

 25 まず、地獄の蓋を開けることです。

     蓋を開けないままだから、いつまでも苦しみが続くのです。

     蓋を開けなければ、広い世界があることが分かりません。


 26 何もかも、みんな間違っていましたね。

    みんな間違ってきたから、今の自分があります。 

    今の自分があったから、そのことに気付けるのです。

 

 27 はるか彼方より、私はあなたに帰るために、やってまいりました。

     この心でした。この思いでした。お母さん、ありがとう。

 28 波動の世界は、喜びです。

     宇宙が広がっていく、宇宙は母の温もり、幸せでした。

     お母さん…、心から湧き上がる思いは、お母さんでした。

 

 29 お母さんの思い、感じていますか。

    あなたは温もりですよ、信じてくれているお母さんと出会ってください。

    間違いなく変わってまいります。

 

 30 瞑想を淡々と続けていくこと、それに尽きるのです。

    やはり、瞑想が大切です。

    時には長く、そしてまた、一瞬にして思うこと、どちらも欠かせないものだと思います。

    日々の積み重ねです。



 31 母の心に、触れてみてください。

     母の心に触れていけばいくほど、優しさと温もりとともに凛とした厳しさを感じます。

    それが、本当の優しさ、温もりではないでしょうか。

(「意識の流れ」からのメッセージ)

■ 我が心の命ずるままに、今、その喜びを感じています。

宇宙を思えば、そうです、私の心は喜びに湧いているような感じです。

我が心の命ずるままに膨大な闇を垂れ流してきた私から、

昏々と湧いてくる喜び、優しさ、温もり、思えば嬉しい、思えば幸せです。


 心の針を合わせて思えば、それでよかった、それでどんなに幸せの中にあるか、

安らぎの中にあるか、心が教えてくれています。その心の命ずるままに、肉は動いていくのでしょう。

無駄な抵抗はしません。肉というものは、賢明なようであって、

実はそうではなかったことが、自分の心の世界を知って、知りました。


 自分自身を幸せに導いていくようにしているのが、本当の自分でした。

その自分に逆らい続けてきたのが、肉でした。

心が命じていると思い込んできたけれど、肉が命じていただけのことでした。

肉の心が命じていただけのことでした。


 膨大な闇を垂れ流し、汚し続けてきた宇宙から、今喜びの熱い思いが感じられます。

宇宙は、大きくて広い、そして温もりです。

自分が作ってしまったちっぽけな宇宙に君臨してきた自分自身に、懺悔の思いしかありません。

自分を見くびってきた思いに、懺悔しかないのです。

 

■ 喜びで、自分と出会っていこう、喜びで自分を迎えていこう、

そのような力強い元気さが、自分を包んでくれているように思います。

地を這うような真っ暗な中から、本当の自分を掘り起こした感動は、私の中で決して消え去ることのない出来事でした。


 自分で体験し、自分に気付きを与えた記憶は、私の心から再び、蘇ってくることでしょう。

それが250年後のスタートです。250年後、私は私のすべてを賭けて、全力で体当たりしていきます。

250年後に再会を果たし、そんなに時を置かずに次元移行をしていくことは、確かなことだと、私自身は感じています。

出会いから目覚めまで、まさに、それは猪突猛進の勢いだと思います。


 人は、みんな何時かどこかで、必ず自分の間違いに気が付くようになっていると思います。

どれだけの時間が必要であるか定かではありませんが、自分の本質に出会える時が来ると私は思っています。

自分を大切に、自分と真摯に向き合えば、その意識の流れが、確実に心に響いてくるでしょう。

意識の流れ、すなわち次元移行の喜びが、自分の心でとらえることができる時がやって来ることを信じて、

自分を繋いでいってください。

 

■ 肉というものを持って、今こうしてあることがただただ嬉しい、心からそう思います。


自分と向き合い、自分と対話し、自分に伝える喜びを感じています。

はるか過去からの時間とともに、思いは250年後に向けて、嬉しさが、喜びが広がります。


なぜ生まれてきたのか、喜びの自分と出会うためです。

はっきりと心に上がってくる思いに、喜びがいっそう大きくなっていきます。


 必死で生まれてきた自分を、もっと心で知っていってください。もっと自分に優しくなってください。

そして、生まれてきた意味を、さらに深く心で感じていけるような肉の時間であってくださいと伝えたいです。


限りある肉の時間です。だからこそ、ほんの少しでも、

本当の喜びと幸せの中にある自分と出会う時間を持てたらと、心より思います。


 私は幸せです。真っ黒な自分、真っ黒な宇宙でした。しかし、私は喜びでした。

幸せとは何か、喜びとは何か、それは自分自身でした。

優しさと温もりに包まれている宇宙は、私のふるさとでもあり、私自身でもありました。そういうことが、心に響いてきます。

 

■ 意識の転回をするために、肉を持ってきます。転生を繰り返します。

転回が成されなければ、次元移行はできません。学びは、至ってシンプルです。

 

 一人でも多くの人と喜びをともに、そして、ともに進んでまいりましょう、根底にある思いは、その思いに間違いはありません。


しかし、その軌道に乗るのはそれぞれです。いくら、呼びかけても、いざなっても、最終的にはそれぞれの問題です。


心の根底に、どこか素直でない部分があることに気付くことです。素直でないということは、そびえ立っているからです。

どんなに私はそびえ立ってなどいないと言っても、現にそびえ立っているから、

私達と足並みを揃えることができないのではないでしょうか。

足並みを揃える、それは意識の転回を指します。


 意識の転回をするために、肉を持ってきます。転生を繰り返します。

転回が成されなければ、次元移行はできません。学びは、至ってシンプルです。これだけなのです。


従って、これから250年に至る時間、どれだけ大変な時間であるのか、おおよそ察しはつくと思います

肉を本物とするならば、大変です。それは流れに逆らう思いだからです。

しかし、流れに沿って、流れとともにあるならば、肉は大変でも、その大変さは、

すべて、250年後に喜びとして、自分に返ってくることでしょう。

そのような転生であってくださいと、心より思います。

 

■ 生まれてきた意味を知った心に、この地球上において、できる限りのお勉強をして帰っていこう、

自分のためにしっかりと学んで帰っていこう、そのような思いが響いてきます。


ずっと、そのような自分とともにあったことを、ようやく今世にして知りました。感無量です。


 帰るとは、どこへ帰るのか、もちろん、自分のふるさとに、です。


「心の奥底から宇宙を呼ぶ私がいる、これが意識の流れだ」思いを向ければ、そう実感します。

形の世界が混沌としていく中で、意識の流れと出会い、流れと合流し、ともに流れていくことを、

心に確信することは、大変な作業ですが、それぞれが自らに課していることを、知っていかなければなりません。

流れは、地獄に突き落とすものではなく、喜びへいざなうものである、

はっきりと心で知っていけば、どれだけの愛の中にあるのか、歴然としてきます。


 これから、250年の激動の時間が用意されています。焦ることは要りません。じっくりと自分と向き合うことをしていってください。

そして、落ちこぼれることなく、次元を超えていくことができるよう、自らの計らいを喜んで受け入れていってください。


■ 私は、例えれば、アルバートという宇宙船に乗って、すでに地球という港から出帆しています。

もちろん、行き先は未定ではなく、すでに定まっています。


肉のことは、後からついてくるという状態です。

今世そして250年後、肉のお勉強をして、さらに意識の世界を進めていくという計画です。


飛ぶ鳥跡を濁さずではないけれど、自分のことは、きちんとして、次元移行に臨む思いです。

そのための準備、用意、まだまだ不十分ですが、淡々と喜んで整えていこうと思っています。


 「どんなことも喜びでしかない」250年後の来世には、その思いが満を持して、爆発していきます。

その準備の今という時は、本当に自分にとって、千載一遇の時でした。


長く苦しい時を経てきただけに、この巡り合いへの思いは、ひとしおです。


 苦しみをつかんでいるのは、自分の心です。

その手を離せばいいだけなのに、離せば、さらに沈むと思うから、なかなか決断できません。

人間は、沈まないです。浮き袋を重しに変えてしまったから、沈んでいるだけです。

 


■ 色々な悩みや迷い、人に語れない苦しみを抱えているから、自分を変えていくことができる、

自発的にそのように思えるならば、確かに微かな第一歩を自分の中で歩み出せたということになるのでしょう。


どういうきっかけで、そのように思えるかは様々だと思いますが、

転ばぬ先の杖のようなものは、あまり必要としないと、私は思います

悩んで苦しんで、とことん苦しんで苦しみ抜いて、自ら浮かび上がろうとしても、再びもっと奥底に沈んでいくことがあっても、

自らの声と力によって蘇っていくプロセスを踏んでいくことがなければ、真実の道を見つけていくことは難しいからです。


 今、そしてこれから、意識の流れがはっきりと、その姿を現していくのです。

母なる宇宙からの呼びかけ、いざないは、優しくかつ厳しいです。溢れる温もりだから、厳しいのです。

私は、そのように感じています。


助けを、救いを求めている意識の世界に、本当に応えていけるのは、自らの世界の確立です。

それぞれにおいて、自己確立をしていくために、これからの時間と空間が用意されているに過ぎません。

微かな一歩に留まることのない自己確立を目指してください。

 

■ 

 肉は平凡です。肉の心は狭いです。しかし、私の意識の世界はすごいです。

少しもぶれていないことを感じ、ただただ嬉しいです。

肉を離した後の私を思うとき、やはり私は嬉しい。喜びが突き上がってきます。

 

 はい、たくさんの宇宙、UFO達よ。心に語ってくるUFO達よ。私はそのUFO達を心に感じています。

この心から呼びかけます。UFO達の思いを心に感じています。ああ、嬉しいです。

地球上に肉を持って、このような嬉しい再会があるとは思いませんでした。

ありがとうございます。ありがとう、UFO達よ、ありがとう。


心にどんどん語ってきなさい。私はアルバートを伝えます。喜びの思いを伝えます。

心の中の温もりをあなた方に伝えます。あなた方の中に温もりがあることを、私はしっかりと伝えます。


私は肉があるときも、ないときも、いつもあなた方と交信します。

そして、私達はともに次元を超えていくことを伝えます。

どうぞ、語りかけてください。私は心を開いて待っています。はい、私の心は大きく開いて待っています。全開です。

私の中には温もりがある、お母さんの喜びがある、母なる宇宙を目指して私達が帰っていく道を見つめ、今存在しています。

宇宙に呼びかける私の思い、あなた方に届いていると思います。


どうぞ、どうぞ、真っ黒な世界でもいいんです。どんなに暗黒に沈んだ世界でもいいんです。

私達とともに帰ろうと、私は呼びかけていきます。私の心は全開していきます。これからますます全開していきます。


肉を持っているときは、その肉の思いで少し、それが小さくなりますが、

私は肉を持たないときは、

心は本当に、広がって、広がって、広がっていくのが分かります。

それが肉を持たずに存在している私の喜びです。


私はこうして、あなた方を受け入れ、もう一度だけ肉を持ちます。

その肉とともに、私達ともに意識の世界を変えていける喜びを、今感じています。


はい、この地球の内外から喜びが爆発していきます。あなた方の思いを私は受け取っています。

宇宙へ、宇宙へ私の思いが広がっていきます。心の中にその思いが広がっていきます。


田池留吉、アルバート、本当に今世の出会いをありがとう。

私は喜びです。はい、私は永遠に存在する意識、エネルギーでございます。

真実は、あなたの心でしか 分からない。そして、あなたの心で必ず分かる。

**************************************

人間はどこから来て何処へ行くのか<意識の流れ>真実の故郷を求めて!

「心の窓が開いた!」
目に見えない意識の世界
心で感じる波動の真実

「意識の世界は実にシンプルです。そして、極めて複雑怪奇です。」

霊能者になりたいあなた!チャネラーを求めるあなた!
有能な、本物のチャネラー・霊能者とは

**************************************

○死は恐怖でも悲しみでもありません。死は喜びです。

死はただ今世の肉を脱ぎ捨て、来世に繋いでいく準備なのです。

死んでも あなたは 存在します。

 

宇宙の法

 

■自分の事は、自分でやらねばならない。 ⇒自力・自己供養

 ⇒自分が汚したら自分で掃除する⇒自分が流した「闇」は自分が回収する。

 

■自分で蒔いた種(自分が出した思い)は、必ず現象化し形となって現れます。

 あなたに降掛る問題を、あなたが自分で刈り取る(認め・受け入れる)のです

  他人に代わりにやってもらうことは出来ない!

  あなたを救えるのは アナタしかいない!

 

どうするかはあなたの自由⇒自己選択・自己責任⇒全て結果は自分のものです

 

■本当の自分自身を信じて下さい(頭でなく瞑想をして心で感じたものを信じる)

  答えは自分の心の中に全部あります。他の人に頼り聞く必要はないのです。

 

■ あなたの回り・他人の心を、変えたい・変わって欲しいと思ったら、

  先ず、自分の心を、根本的に 変えなければならない。(意識の転回)

  ◎ 先ず、あなたが変わらなければ、他の人を変える事は出来ないのです。

 

 

■ 私の思いは、 あなたに  ぜひ  本当のことを  知ってもらいたい、

真実に 出会っていただきたい という事だけなのです。

なぜなら、「あなたは、私。 ワタシは、アナタ」なのですから・・・


さて、私のHPにて お伝えしている事の根本は、ただひとつ

 「私達人間は、肉ではなく、意識であり、永遠に存在するものである。」

 意識は心、思い、波動、エネルギーである。 意識は現象化する。

 意識は一つ、私はあなた あなたは私である。

以上が 全てです。

人間は皆、もともと 「喜びで 幸せな存在」 なのですから。

あなたが 勝手に 苦しんでいるだけなんです。自作自演。

「心を見る」作業は、喜びです。

苦しいのは、あなたが間違っているからです。

 

■ 真実は、あなたの心でしか 分からない。そして、あなたの心で必ず分かる。

「頭・知識でわかるのは5%くらい。残りの95%は、心でしか分からないのです。」

**************************************

人間の本質は 意識・波動、その事に目覚める事こそ

本当の 幸せなのです。

あなたを救えるのは アナタしかいない!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

*******************************************************

日本の国 そして アマテラス・天照は、今・・・・←クリック

イエス キリスト(そして、ヒットラーの意識←クリック

真実の学び・田池留吉・アルバート・そして塩川香世←クリック

真実の学びにふれて←クリック

田池留吉の肉が亡くなった後、今世 この学びは、どうなるか?←クリック

250年後 NY での 学び←クリック

300年後の次元移行そして母なる宇宙←クリック

*******************************************************

UTAセミナーの案内と内容紹介←クリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アルバート(田池 留吉)とは ←クリック

その人、田池留吉―田池留吉の世界―←クリック

田池留吉からの問いかけ←クリック

田池留吉・タイケトメキチのメッセージ←クリック

Message from Taike Tomekichi:クリック!

 田池留吉の世界からのメッセージ←クリック

 

アルバートからのメッセージ←クリック↓

田池留吉・アルバートの英文メッセージは、こちら(←クリック)に移動しました。

 

天変地異は喜びのエネルギー(天変地異の大予言←クリック

宇宙の友「UFO」 と 喜びの次元移行・ 宇宙の意識←クリック

 

「人間はどこから来てどこへ行くのか」 <意識の流れ>真実の故郷を求めて!

宇宙の風(宇宙からのメッセージ) クリック!

田池留吉の世界を感じていこう←クリック

 

私の勉強=あなたの勉強クリック!

田池留吉・アルバート、過去世・来世、宇宙・UFO、天変地異、次元移行クリック!

 

あなたの 過去世・現世・来世・・・・本当のあなたの意識です。クリック!

 

学びの友からのメール(田池留吉へのメール)

*******************************************************

真実とは・人間の本質 田池留吉著 「意識の流れ」 勉強会・UTAセミナーとHP
現代の諸問題・社会問題 子供の諸問題・育児と教育 夫婦の縁・家族・友・人間関係

やるべき事とやってはいけない事

あなたの肉体を健康に維持する為の8つの励行【意識編】

「幸せの 心」 夢がある者は、希望がある【永遠の成功法則】

ダーウインの進化論は、根本的に間違っている

心・意識 と 脳  (クオリア)   「団塊の世代への提言」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

****************************

喜びと幸せの輪を広げよう

UTAブック http://uta-book.com/index.htm

****************************

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!

****************************

松岡儀典(まつおかよしのり1946年昭和21年生