Message from Taike Tomekichi

(ホーム)

田池留吉 の メッセージ  
H.24

「意識の流れ」 田池留吉の磁場を思い瞑想をしよう

 

平成24年の年は、反転の年にしませんか。

2012年、神と金に振り回されない年にしませんか。

 


 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

「意識の流れ」田池留吉のメッセージ H.28・27(U) ←クリック 

田池留吉のメッセージ H.26・27(T) ←クリック

田池留吉のメッセージ H.25←クリック  
2013年は、間違った自分、偽者の自分を徹底的に崩していく年にしませんか。

田池留吉のメッセージ H.23←クリック

 

その人、田池留吉 (T) ―田池留吉の世界―←クリック

Message from Taike Tomekichi:クリック!

 田池留吉の世界からのメッセージ←クリック

田池留吉からの問いかけ←クリック

田池留吉・意識の世界 「あなたの問いに 答えましょう」←クリック  

アルバートからのメッセージ←クリック↓

(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

2012年・平成24年 12月 30日更新終了


私は、この地球に肉体を持つ以前から、また、肉体が亡くなってからも

ずっと皆さん方に必要なメッセージを送り続けています。

草書体の「愛」を見て、思って、あるいは触れて瞑想、

メッセージの受信を実行していってください。

そして、あなた方の心の指針にしていってください。

私達は、永遠に、私はあなた、あなたは私、一つ、ともに存在し続けています。

五訓、流れるようにスムーズに真実の道を示してくれています。

一・・・、一・・・、学びの指針が凝縮されています。

日々見ながら、瞑想を続けています。

愛を見て、愛を思って瞑想。本を読んでまた瞑想。

瞑想とは五官を閉じること。心の針を自分の中に向けること。向けて思うこと。

思えることが喜びだ、思えることがすごいと自ずと響いてくれば、さらに思っていきましょう。

ただ思う、ただただ思う、一点を見つめてただひたすらに思う。

心に広がり伝わってくる世界にありがとうがこだましてきます。

自分の中の温もり、自分の中の喜び、自分の中の宇宙達とともに、ありがとうを心に広げていきましょう。

本来はマイナスのエネルギーなど存在しません。

マイナスと感じるエネルギーは、すべて作られたものです。

真実を知らずにきた長い、長い時間の中で作り出されたものです。

プラスのエネルギーがどんなエネルギーなのか、本当はみんな知っていたけれど、それをみんな信じられなくなってしまっただけです。

だから、本来の自分に帰ろうとすることは、とても大変なことです。

自らを捨てたことも忘れ、自らを信じずにきた時間は膨大です。

その事実をしっかりと確認しながら、それでも、このようにして産まれてきた、

産んでいただいた事実に感謝しながら、日々の時間を過ごしていきましょう。

 

私の思いは、 あなたに  ぜひ  本当のことを  知ってもらいたい、

真実に 出会っていただきたい という事だけなのです。

なぜなら、「あなたは、私。 ワタシは、アナタ」なのですから・・・

 

草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

 

   この文字をクリックしてください。

 

このの文字の草書は、田池留吉氏による書です。

この文字から流れてくる波動を感じて下さい。

この世の森羅万象・全てのものは、波動なんです。

 

意識の世界を信じ切った、意識の世界からの言動からは、

あったかい、温もりのの波動が、常に流れています。

このことこそ、「真実」なのです。

このHPでは、この「真実」について、詳しく お伝えしています。

 

草書体で書かれた「愛」は、

あなたの外にあるのではありません。

そこから流れる波動、エネルギーは、あなたの外からくるのではなく、

あなたの中にすでにあるんです。

あなた自身がそうなんです。

 

草書体の愛を通して流れてくる波動、エネルギー、パワーの世界こそ真実の世界です。

そしてそれが私達の本当の世界です。草書体の愛は私達自身なんです。

私達の心の中から伝えてくれている本当の自分です。

 

 

 「草書体の愛」を、まず目でしっかり見てから瞑想をしてみましょう。

の文字は波動、エネルギーです。

愛の文字はあなたの心の中にあります。

愛の文字は喜び、温もりです。

信じていきましょう。

ストラップの愛、ラミネータの愛とともに 毎日を過ごすように心掛けていきましょう。

  「草書体の愛」を毎日何度も何度も見てください。そして色々試みてください。

からエネルギーが、 田池留吉の磁場からエネルギーが流れてきます。仕事をします。

その凄さに、あなたが感動できたらいいと思っています。

 
愛、すなわち、あなたが、本当のあなたが仕事をしているのです。

喜んでください。信じてください。


  そして、あなたの反転力を絶えず確認するようにしてください。

たとえば、愛の文字の上に白い紙を置いてください。

  その紙をオーリングテストします。次に、別の白い紙に反転とやってください。

そして、オーリングテストを。テストの結果を参考にしてください。

  前のものを10としたら後のものはどうでしょうか。数字の低い方は自分をあまり信じていないことになります。

  転写も、同じような要領で測ることができると思います。

  私はあなた、あなたは私、一つが確信できるように学びを進めていってください。

  (私=愛は10としてください。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

(塩川香世)

今、草書体の愛は、私の家のあちらこちらで目にします。

食卓の上でも、壁でも、パソコンの机の上でも、そして寝る時でも、いつも愛が視野に入っています。

愛のストラップはもちろん、身近で活用しています。

ラミネートされた愛を最初に一瞬見たとき、私がふっと感じたものは爽やかな風だったと誰かに言ったことがあります。

本当にあの時、私はそういうふうに感じ、ああこれは
見るだけでいいんだと思いました。

その時、心で感じるってこういうことだなあと感じたのも憶えています。

今も、愛を見ながら、パソコンのキーを叩いています。見れば見るほど良いですね。

いつも愛を見ながら、ということは、いつも磁場を思いながら、アルバートを思いながら、ということですから幸せです。

心はどこと直結しているか、この愛と直結していればいいんです。

そうして、一日、一日を楽しくゆったりと過ごしていけば、何の問題もありません。

草書体の愛は、そのように語ってきます。喜びと温もりですよと伝えてきます。

草書体の愛を毎日、何度も何度も見てくださいとありました。

私の日常はそのようになっています。家のあちらこちらで目にしています。

職場でも、家と職場の行き帰りでも、どこでも私は愛を目にしています。愛に触れています。

そして、何よりも、私は
愛を思って瞑想をすることが日常化しています。

すごいです。思いを向けて感じる世界はすごいです。

ただただ嬉しくて、嬉しくて、瞑想の時間が短くても長くても、私の心にはっきりと響いてくる、伝わってくる世界があります。

私は、これからもこうして自分を感じていける時間が続いていくんだと思えることが嬉しいんです。

愛を思って瞑想をするということは自分を思って瞑想をすることなんだ、どんどん自分が響いてくるんだと思うと、もうたまらなくなります。

  「磁場、反転、転写、愛、宇宙、アルバート、表現は違えども、すべてはエネルギー、喜びのエネルギー。

そのエネルギーを心に感じ広げていきなさい。どんどん感じ、どんどん広げていこう。」私の中でそんな思いが行き交います。

  先月のスカイプの瞑想会から10日経ちました。

その瞑想を経て、そして自宅で瞑想を繰り返し、何かまた私の中が変わったというか、そんな気がします。

ゆったりと喜びで瞑想ができる時間と空間に感謝です。

愛に心を向けていれば、本当の自分に心を向けていれば、間違いのないこと、そう確認できる今にありがとうしかありません。

  (塩川香世)

   田池留吉氏による書

この文字をクリックしてください。

  はじめに、愛がありました。

意識は愛、宇宙は愛,母親は愛です。

私は愛、あなたも愛、ひとつです。

生も、死も、愛の中での現象です。

愛は喜び、愛は温もり、愛はパワーです。

人間は、愛から出て愛に帰る存在です。

愛なき宇宙は暗黒、愛なき人生は暗闇です。

意識の転回、自己確立・独立独歩、次元移行は愛に帰る道です。

人々よ、目覚めて愛に帰りましょう。

愛=意識=波動=母なる宇宙=故郷=温かさ、優しさ、温もり、喜び=本当のあなた

 

あなた自身が、真実に目覚めることが、本当のなのです。

知識ではありません。頭でいくら考えても真実は、分かりません。

「お母さんの温もり」

あなたの心で、分かることです。

 

【私達人間の本当の姿は、意識、エネルギーです】

意識の広さ、温かさ、優しさ、温もり

***************************************

あなたも、真実の世界を学ぶために、生まれてきました。

それ以外の目的はありません。

 

学びを本当にしていく時間というのは、限られています。

今、学ばなくて、いつ学べるのでしょうか

ホームページを通して、呼びかけています。

***************************************

何も分からなかった、無知だった、 

 

だから、今、学んでいるのです。

 

この学びが あなたの人生です。

この学びは、「心を見る」学びです。 

正しい瞑想こそが、あなたの本当の仕事です。

***************************************

If not Now , then When ?

If not You , then Who ?

今やらなくて 、 いつやるの?

あなたがやらずに、いったい誰がやるの?


私は田池留吉、1926年生まれ、現在86歳です。
 みんなが幸せになれる道は、意識の転回以外にはありません。
政治や経済はもちろん、教育そして宗教が人間を幸せにすることは大変難しいです。
一時の癒し、安らぎを得ても、やがて消えていくでしょう。
 なぜ生まれてきたのか、自分はいったい何者なのか、
そして死は何を意味するのか、分かっていますか。
肉を土台にして、物を見、考え、生きている限り何も分かってきません。
意識が本物、私はあなた、あなたは私、ひとつです。
 私たちの本質は意識、永遠に存在するもの、喜びのエネルギーです。
喜びは温もり、嬉しい、ありがとうの仕事をしていきます。
 現象は思いの鏡、現象から自分の出している、出してきた思い、エネルギーを知ることが大切です。
自分の出した思い、エネルギーは物や形となってかならず自分に帰ってきます。

私・田池留吉は、2012年7月18日近畿大学付属病院脳神経外科に緊急入院し手術、7月21日退院してきました。

 つきましては、今後のセミナーは、

核の塩川香世さんと輪を作り共に学びを進めていってほしいと思います

 私は、平成26年12月のセミナーまではすべて出席し、皆さん方のお役に立ちたいと思っています。

 では、24年 7月のセミナーでお会いしましょう。

 

2012年8月8日、慢性硬膜下血腫再発で入院・手術、8月11日退院。現在開店休業中、では、よろしく頼みます。


UTAの輪(仮称)作りに努めていきます。よろしく頼みます。

 輪の中に入ってこない人はどんな方だろうと思ってみました。

 己偉い人。我は一番、我は神なりと思っている人。

 欲の深い人。

 神と金をしっかり掴んでいる人
。等々でしょうか。


 心をしっかり見ていきましょう。奥の奥の闇を磁場・反転と発していきましょう。

 本当の自分は、喜び、温もりだと気付けるようになりましょう。

救ってください、助けてください、何とかしてくださいといった人たちはこれからどうなるのでしょうか。

 健康がほしい、お金がほしい、パワーがほしいばっかしの人たちはどうなるのでしょうか。

 どうかもう一度、この学びに入った動機、その時使った思いを振り返ってください。

 そして人生の目的、意識の流れ、次元移行についてしっかり学び直してください。

 他力、現世利益等々ではいくら学びに繋がっていてもいつかは離れていくことになるのではないでしょうか。

 第13回UTA会に参加するにあたって、

心を新たにして輪の中にどんどん入っていくように心掛けてください。心から待っていっます。

第13回UTA会参加予定の方、どうか、今日より、毎日、磁場反転を実践してください。

 磁場って素晴らしい、反転は想像以上に凄いといった体験を一度でもいいからしてから参加するように頼みますよ。

 と言われてもなかなかできないと思っている方は、どうしてできないのか、自分の心を深く深く見ていってください。

瞑想をしっかり続けてください。

 瞑想をしなければ何もわかってきませんよ。頭でいくら考えても真実は見えてきません。

 やるかやらないかはあなた自身ですよ。そして、結果はあなたのものです。自己選択自己責任、心掛けてください。

 セミナー会場で、UTAの輪の仲間と一緒に待っています。

 磁場と反転を毎日続けてください。毎日毎日ですよ。

皆さん方がなさっている磁場反転は、まだまだ瞑想まで進んでいないと思います。

磁場反転をなさった後はできるだけ瞑想を

 そして、マイナスの思いや情報を反転していくようにしてください。

 やればやるだけ、意識の流れの学びを進めるでお伝えしてきたことがはっきりわかってくるでしょう。

 真剣に瞑想をやってください。

 私がお伝えしてきた瞑想が日常化になっていない方の磁場反転は

意識の転回が進んでいないもので終わってしまうでしょう。

 心して正しい瞑想を心掛けてください。

 

類は友を呼ぶと言いますが、いつもどんな時も心の針の向け先の管理を怠らないでください。

自己選択、自己責任です。

しっかりと正しい瞑想ができるようになりましょう。

自己確立に勤しみましょう。

死ねば自分ひとりの世界です。誰もいません。語ってくるのは自分です。

今、その自分の世界をしっかりと見ることを学んでいます。

もっと現実的に学びをとらえていきましょう。

自分の現実と真向かいになれるこのチャンスを最大限に活用してください。

他力で縋るのはもう止めましょう。真実は自分の中にあるのです。

にもかかわらず、その自分を信じられずにいることはどういうことでしょうか。


 「私の異語を心に語りなさい。

異語と異語を交わすとき、あなたの心の中から喜びのエネルギーが出てくるでしょう。

異語は喜びです。

喜びであなたの心を語るとき、私達は喜びでひとつに溶け合うんです。

遙か彼方より、私はあなたに伝え続けていました。

きっと、きっと出会ってくれる。その意識がある。私はそのように確信しておりました。

今世の出会いを待ち続けてきた私の中です。」


肉的には大変な状態になりましたが、その時、私の中には自分の死はありませんでした。

私は意識の世界からの指令により、自分のこの肉体をそのような状態に預けたというかそういうことです。

それによって、生命の危機に陥ることはないことは私の意識は知っていました。

私の身体の状態は死んだような、そして意識が飛ぶ、意識がない空白の時間があったようですが、

それらは田池留吉の磁場に通じている意識の世界にとってはどうということではありませんでした。

田池留吉の肉体を一時そのような状態にまでして、

そしてそこから意識の流れに沿った事態が進行していくという

極めて正確な意識の流れの中の出来事だと、私は感じています。

すべては田池留吉の磁場からの動きです。

 

「これからの激動の時間を経て、250年後に必ず出会い、そしてともに行きましょう。

今世、肉を持って学びに触れた人達は、本当にセミナーで伝えたことと、真剣に取り組んでください。

自分を繋いでいくことに全力を傾けてその肉の生涯を終えてください。」


 私達は、250年後、宇宙とともに次元を超えていきます。

今私達と肉で出会っている、出会っていないに関わらず、250年後の舞台はすでに整えられています。

 宇宙達が待っています。

全宇宙とともに次元を超えていく意識の世界のストーリーの礎は今世すでに出来上がっています。

 だからこそ、こうして、今世学びに触れた人達に呼びかけています。

 どうぞ、心の中に作ってきた他力の世界の崩壊に全力を傾けてください。

今世学びに出会ったから特別なのではありません。

それはそれぞれの計画の一端です。それを活かしていくのはあなたの選択です。

その選択如何によって、意識の流れがどうなるものでもありません。

意識の流れは厳然とあります。粛々と流れています。粛々と計画を遂行しています。

 どうぞ、心を見てください。そしてと、自分を繋いでいってください。

 

 

 

 時間を作り、お金を工面して、体調を整え、家族その他の人のご協力を得て、

今回もまたセミナー会場に足を運ぶことができるのだから、

可能な限り真剣に真面目にそして素直に、自分と向かい合う時間にしてください。


 自宅学習を重ね、最善の状態でセミナー会場に来られることを期待しています。

心で感じ心で分かるセミナーです。

どうぞ、ご自分の心をしっかりと見て感じて、そして、過去の自分と未来の自分とともに学んでいってください。

すべてはあなたの中の世界です。

あなたがあなたに伝えていく喜び、伝えていける喜びを、どんどん感じていってください。
 

第12回セミナー資料にも書かせていただいたように、私達は次元移行へ、

ただただ次元移行という意識の流れに乗って、真っ直ぐに喜びで邁進していくのみです。


あとのごちゃごちゃはもういいんです。

すべては意識の流れの中の出来事です。

磁場と反転の瞑想を重ね、ゼロ歳の瞑想を重ね、

そして次元移行へ自分の照準を合わせていく、

そういう生き方、存在の仕方を今世、きちんと自分の中で確立すること、できること、

それ以外の人生は本当の人生ではありません。


どんなに煌びやかな華々しい人生であっても、それはうたかたの夢。

地獄の奥底から浮上するチャンスをものにしてこそ、喜びと幸せが自分の中で花開く、これは間違いのない現実です。

 

母の温もりが心に広がり、母の温もりの中に抱かれている自分であることがはっきりと感じられる人は、

自宅でただただ瞑想を重ねてください。


そうでない人は、母の反省をやってください。母に使ってきた自分の心を感じてください。

そして、ゼロ歳の時の自分を思う時間をひたすらに持ってください。


母の温もりを本当に心に感じているのかどうなのか、ますそこにポイントをしっかりともってきてください。

 効果的な学習をしてください。結果を出してください。

学びに繋がっていれば何とかなる、今世学びに繋がったから、

250年後の出会いがある、そんな甘いものではないことを知ってください。

実際に、今世学びに繋がらなくても、これからの転生を経て250年後をともにする意識達があります。

意識の流れは、粛々とそして着々と計画を進めています。

 

セミナーに集うことが学びではありません。

自分の心を見て、自分の中を反転させていくことが学んでいるということです。


 もちろん、セミナーに集える環境にあれば、喜んで、喜んで集ってください。

その場に自分の肉体を運べるということは本当に幸せの一語に尽きます。

そのところを自分の心で明確に感じ取っていけたならば、自分の歩みは一歩前に進みます。


 そのためには、自宅学習をきちんとこなしていくことは最低の条件です。

自宅学習をしてセミナーに臨むことは当たり前のことです。


 日々、瞑想もしないで、反転どころか依然として自分の闇を垂れ流した状態の人が、

セミナーにどれだけ集っても殆ど効果はありません。

何の効果かと言えば、自分を繋いでいく軌道に自分を乗せていく効果です。

その効果が薄い、弱い。それでは何とももったいない話です。もったいないというよりも、本当に哀れです。

どこから自分がやってきたのか、もっと自分の心で感じてみてください。


学ぶということについては、本来は時間の長短に関係しませんが、

それは今世という今の段階では少々事情が違うようです。


そうかといって、ただ単に学びに触れた時間が長くても効果的に学んできたかと言えば、必ずしもそうとは言えません。

要するに、何時、どこで、何をきっかけに、本当に自分を見つめるかによって、学びの進捗度は異なってきます。

まだ学び始めて時間の浅い人であっても、全力を賭していけば、

自分の中にすべての回答があり、自分の中の喜びと温もりの自分と出会えることは可能です。


それを可能にするのが、正しい瞑想なんです。

正しい瞑想が出来始めて、そして磁場と反転のエネルギーを心に広げていけば、

時間の長短には関係なく、意識の流れを心に感じていけます。


ということで、やはり瞑想を主として学んでいくことがすべてなんです。


おそらく、これからのセミナーも瞑想をする時間をこれまでよりも長く取っていくと思います。

どうぞ、正しい瞑想をする手順をしっかりわきまえて、セミナーにご参加ください。

正しい瞑想ができなければ、また正しい瞑想を重ねていかなければ何も分からないし、何も変わらないとお伝えしておきます。

 

 田池留吉の世界、田池留吉の磁場に心を向けてくださいと言われても、それは形があるものではありません。

UTAの輪も同じです。形があるわけではありません。

しかし、田池留吉の磁場もUTAの輪もあなたの心の中に存在しています。


母の反省が進み、そして同時に他力の反省が捗(はかど)っていったならば、

どなたも自分の心の針の向け先がある一定方向を指してくるようになってきます。

本当のあなたは、その方向を知っているからです。一定方向とは、言うまでもなく一つの方向です。

向きは一つです

それがあちらにもこちらにもある訳はありません。


そして、それを見極めるのは、それぞれの心です。

欲で つまり頭で、心の針を向けようとしても、絶対に向かない。

あなたの心が納得しない限り、正しい方向に自分の心の針を向けることはできないんです。

あなたの心を納得させるのは、あなたの中の温もりです。優しさです。

意識の世界は正直です。それを波動と言っています。

本来の波動に共鳴できるように自分を見つめていきましょう。

■ 

なぜ他力の道を極めていったのか、なぜ他力信仰をしてきたのか、

他力信仰とはそもそも何なのか、

なぜ未だに自分が心酔してきた信仰を自分の中から捨て切れないのか、

本当に自分の心の中を見てください。


そして、他力のエネルギーにがんじがらめの自分を本当に心で知ってください。

もちろん、これは今世のあなただけを対象に語っていることではありません。

私は今世、特別に何もしていないということは、意識の世界では通用しません。


 自分の中に、喜びも温もりもパワーもみんなみんなあったのに、

それを全く知らずして、自分の外にそれらを求めていった愚かさに、心から気付いてください。

それは本当に愚かなことです。

あなたは、本当の自分を捨ててきたということを、心から感じてきましたか。

自分を捨てた心、自分を捨てる心、それが他力信仰に自らを走らせたのです。


その根幹にまで自分を掘り下げて感じていってください。

それには、言うまでもないことかもしれませんが、今世の時間だけでは不十分です。

だから厳しい転生が待っています。


どうぞ、そのことをしっかりと踏まえながら、今世のお勉強を進めていきましょう。

 今、肉を持って学べる喜びを感じていけばいくほど、それがどういうことなのかがつぶさに感じられます。

待っているんです。

あなたの中の苦しみに喘ぐ意識達、さ迷う意識達に、少しでも本当の温もりと喜びを届けられるようになってください。

自分を僅かでも正しい方向に繋いでいける今世としてください。

 

自分の間違いに気付いていくのは自分にしかできません。

どんなに適切なアドバイスを人からいただこうとも、

自分が自分の辿ってきた思いの世界を見て、自分の流してきたエネルギーを感じて、

そして、自分の心で気付き、自分で自分を修正していく喜びと温もりのエネルギーと出会うコースを一歩、

さらに一歩と進めていかなければ、自分の根本など変革することはできません。


その手立てを私達は、今世の自分を通して学んできたんです。

あと、それをどのように活かしていくのかは、各人の問題です。


他力の世界の中から、この学びを眺め、学んでいこうとすること自体、もうすでに大きく道が外れているんです。

けれども、そういうことは、自分で気付いていく以外にどうしようもありません。

私は学んでいますと言われれば、それはそうかもしれません。


 ただ、スタートが間違っていれば、あとは全部間違っています。

だから、学びに集った動機の修正を第一にするべきことではないでしょうか。

それがなければ、喜びを感じた、嬉しさを感じた、幸せを感じたといっても、それはちょっと待ってくださいとなってくるでしょう。


すべては自分次第です。

その自分とは何かを学んでいく喜びと幸せ、学びはこれに尽きるのです。

 磁場を思う瞑想。瞑想です。針を向ける、合わせることです。

この成果を持って、これから250年、300年を通過していくのです。

UTAブックのホームページにもありましたが、皆さんも試してみてください。

紙に、磁場とか反転とかこの学びで使っている言葉を書いて、それをOリングで確かめる。

あるいはその書いた紙の上に水道水の入れたコップを置き、

もうひとつ、白紙の紙の上に水道水の入れたコップを置いて、そのお水の飲み比べをしてみる。

Oリングで確かめる場合は、自分ともう一人必要ですが、お水の飲み比べは一人でもできます。

そのような試みを通して、ご自分の学びの進捗度を確認してください。

自分の学びです。自分でやって自分で確認する、その姿勢が一番大切です。

学びは結果が出るんです。

上記のような簡単な実験もそうですが、生活全般において、結果が出ます。

形で言えば、ぶつぶつ、ごちゃごちゃしている人はダメです。

それをセミナーに集うことで解消させようとしても無駄なことです。

 自分の心の針の向け先の確認。

母の反省、他力の反省、ゼロ歳の瞑想。

そして磁場の瞑想。

どうぞ、自分の変革に素直に取り組んでください。

この学びはいつでも、どこでも、誰にでもできる、それはこの学びが真実の世界を伝えているからです。

何も要らない。ただ自分の心を見ることをしていけば、いつでも、どこでも、誰にでも分かることです。

その自分の心の見方を二十数年かけて学んできたんです。

その基本をしっかりと押さえていって、そしてそのあとは各人の問題です。

やるかやらないかはそれぞれです。

学びのポイントをしっかりと押さえて、それぞれが試行錯誤を重ね、

そして、ああこうだったんだと自分の中で本当に分かってくればいいだけの話です。

ただし、この世界については、二兎を追っているようでは、それは全く違う世界だというのが鉄則です。

この点がただひとつ難しいと言えば難しいということでしょう。

第13回UTA会参加者全員の方が自宅に戻られた頃と思います。

どうぞ、セミナー会場でお話したことをしっかり実践してください。


 磁場反転と瞑想が最重要ですが、

意識の転回(10月10日まで)、宇宙の風(10月31日まで)を私がお話しした要領で読み込んでください。


 さらに、「磁場と反転」の本が書店等に並んだら、さっそく買って読んでください。しっかりしっかり読んでください。

 そして、第14回のUTA会に参加してください。

 12月のUTA会は、宇宙に向けての瞑想が中心、

来年3月のUTA会は「磁場と反転」出版記念セミナーとして盛り上げていきましょう。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
第13回UTA会セミナーでお話したように、すでに「意識の転回」、「宇宙の風」を読み直していただいているかと思います。

第14回UTA会セミナーに参加される方は、特にこのことを励行してください。

さらにこれから出版される予定の「磁場と反転」もどうぞあなたの心で読んでくださるよう希望します。

そうして、セミナーにご参加ください。

もちろん、このことと同時進行で、草書体で書かれた「愛」をどんどん活用してください。

そうすれば、本の内容がもっと分かると思います。そうなってくることが、ご自分の学びをアップさせることに繋がっていきます。

本を読む、草書体で書かれた「愛」を見る、そして瞑想をする、まあやってみてください。

そこで、これだけは押さえください。

  草書体で書かれた「愛」は、あなたの外にあるのではありません。

そこから流れる波動、エネルギーは、あなたの外からくるのではなく、あなたの中にすでにあるんです。

あなた自身がそうなんです。

どうでしょうか。今、信じていますか。これから信じられるでしょうか。

そのことが少しでも信じられるようなあなたに蘇ってくださいということを、私は今回「磁場と反転」の本でお伝えしたかったのです。

心で感じ分かり合える波動の世界を味わっていきましょう。

宇宙です。アルバートです。次元移行です。

そんな波動の世界を心で感じともに喜び合える喜び、そんな喜びを心から感じ合いたい、共有したい、私はそう思っています。

不思議を体験されるのもいいでしょう。

しかし、それをこれからのご自分の転生にいかに繋いでいくか、そこにポイントを持ってきてください。


 

宇宙に向けての瞑想は、やり方を間違えればすさまじいエネルギーの中に飲み込まれていくだけです。

そして、飲み込まれていくというけれどそれは全部自分のエネルギーです。自分です。

自分のエネルギーで自分をどうすることもできない、間違った瞑想は、やればやるだけ苦しみが膨れあがってきます。


もちろん、それは今の肉を通して、周りにトラブルを起こしていきます。

そういう人達は、そのエネルギーを薬などで抑制するか、

それともエネルギーのまま肉を動かし周りと大きな軋轢を起こすか、

どちらにしても、愉快な人生ではありません。


 一方、正しい瞑想をすれば、宇宙と思い、どんなにすさまじいエネルギーを心が感じ取っても、

そこからそれはただただ嬉しい、ありがとう、ともに、そんな思いが広がっていくんです。

やればやるだけ喜びが湧いて出てきます。

 まさに温もりとともに、温もりに包まれて、本当に今あることの喜びを心から感じられる、

そんな瞑想が宇宙に向けての瞑想です。

 

基本をひとつ、ひとつ積み上げ、素直に真面目に学びに取り組めば、誰でもが本当の喜びと温もりが分かる、感じられます。

基本をひとつ、ひとつ積み上げる、素直に基本を遂行していく、これが意識の流れという流れに乗る一番の近道です。

流れに乗り換えることが難しいだけで、乗ってしまえばあとはすうっと行きます。

すうっと行きながら、自分を感じていく喜び、嬉しさが広がっていきます。

そうなってくれば、特段のものは何も必要とはしません。

全部すでに整えられていることが分かります。生活はもちろん整っています。

その中で、自分を感じていける今があること、過去の自分も未来の自分も今の自分とひとつになって生きていける

確かな足取りを感じ、さらに意識の流れを感じずにはいられないんです。

すべてが良い循環になってきます。その大きなポイントが心の針の向け先です。

基本が出来ていない人に、心の針の向け先は分かりません。

だから本を読んでもホームページを見てもメッセージを聞いても、

今ひとつ心に響いてこない、瞑想は退屈というのが実情です。

もちろん、そうでない人もいます。その差はこれから益々大きくなっていきます。

学びは最終段階です。表現は適切でないかもしれませんが、ふるいにかけていきます。

瞑想をする時間を持つ。最も重要なことです。そしてこれ以外にはありません。

瞑想を重ねていけばいくほどに、このことがよくよく心で分かります。

瞑想ができなければ、何も分からないこともよくよく分かります。

磁場を思う瞑想は、必然的に宇宙を思う瞑想となってきます。磁場と思って瞑想をすれば、宇宙が必ず心に響いてきます。

宇宙とは次元を超えた意識の世界です。

磁場のほうに心を向けていくと、そんな広大な心の世界が必然的に感じてくるんです。

自分の中を反転させていく喜びが大きく感じられます。

ゆったりとした時間と空間の中で、ただ思えることがどんなに幸せなのか、私は宇宙を思うとき、それが心に響いてきます。

何も要らない。磁場のエネルギーを感じ、宇宙を思っていけば、こんなに温もりが広がってくる、こんなに嬉しい。

肉を持って、こんな喜びの時間の中にあることが、ただただ嬉しいです。

今朝も気持ちの良い朝です。

身体の筋をきちんと伸ばし、生活の中に適度な運動を取り入れて、身も心も軽やかな時間を過ごしていきましょう。

 学びの最終段階というのは、どれだけ信を高め強め深めていくか、そういう段階にきているということです。

信じていない、信じられないものを、どのようにして信じていけるようにしていけるか、それはもうずっと以前の学びの段階です。

あなたは自分を信じられますか。あなたは磁場のエネルギーを感じていますか。

どの程度感じていますか。あなたの中で反転のエネルギーは、生き生きと作業をしているでしょうか。


意識の流れを思って、その流れの中を歩んでいる自分だと感じていますか。

あなたの次の転生に繋いでいく準備は、順調に進んでいますか。

いつも、いつも自分に問いかけ、自分の進捗度をありのままに自己評価して、

これからの自分を真摯に見つめていく姿勢であり続けることが、

自分を大切にしていくことです。自分のために生きることです。

学びに対する信

それはとりもなおさず自分に対する信です。

自分の現状をしっかりと把握して、自分の根本を変革していくことにエネルギーを注ぎましょう。


はっきりとした目的意識のもとに、日々の生活を楽しく過ごしていくならば、こんなに愉快な時はありません。

何のために生まれてきたのかが自分の心に本当に響いてくれば、

自ずとそれに沿った生活になってきます。

肉体を持っている間にするべきことがはっきりとしてくるからです。

それがこれからの自分に大きな影響を与えていくと言っても決して言い過ぎでないことも分かってきます。

ともに行くのか、それとももくずとなるのか、意識の世界はそんなに甘くはありません。

そういうことを本当に心で知り感じながら、今を学び、今の生活もまた楽しく過ごしていきましょう。

漫然と学んできた人達も、遅かれ早かれ、もう少し真剣に自分を見つめていかなければならない事態になってきます。

それは、今世であるかもしれません。次のそのまた次の転生であるかもしれません。

自分の心で気付き、自分から本当に、自分に真実を伝えていこうという流れが自分の中に出来てこなければ、何も変わりはしない。

何も変わらないんです。

私達は、過去何億年という長い時間を経て、それを体験してきました。

それは、それぞれみんな自分が一番よく知っています。

しかし、それらの体験と今、私達が触れている体験とは全く違います。

ただ、それもどこまで心で分かっているのかは甚だ疑問だというのが現状です。

それほどに心の針の向け先を確定することは難しいんです。

たとえば、草書体の「愛」、少し学びをかじっている人であるならば、それを手にすれば、不思議な体験をします。

ただ、それってどういうことでしょうか。

では、それがなければどうなるのでしょうか。もともと私達には何もありません。

ただ思う自分があるだけです。

その思いの向け先が確定できなければ、どうなるのでしょうか。

私は、そういうところを、それぞれがもっと踏み込んでいくべきだと思うのですが、あなたはどう思いますか。

磁場に心を向け反転していますか。

  ところで、あなたの反転力はいかがなものでしょうか。

  まず、草書体の愛に向けてOリングテストを試みる。

次に、白紙に、愛という字を書く、そして反転を、続いてOリングテストを実施する。

あなたの反転力がわかってくるでしょう。

反転力は、あなたの磁場に対する信の強さ大きさを表していることになります。


  あなたの肉体細胞に、あなたの思いをしっかり向けていきましょう。

ありがとう。ごめんなさい。ありがとう、片時も忘れないように。

  肉体細胞は意識、肉体細胞は愛です。

  肉体細胞はエネルギー、いつもプラスの仕事をしています。

絶えず、肉体細胞を信じ、磁場を信じ、そして、さらにさらに反転力を高め、

次元移行に向けて進化していきましょう。

常に一つ、肉体細胞とともにありましょう。

肉体細胞は意識、肉体細胞は愛、

常に、あなたの肉体細胞にあなたの心を向けて瞑想をしていきましょう。



本当の自分が指し示す方向に、

少しずつでも心の針を向けて、合わせていけるような自分になっていきましょう。

本当の自分を捨ててきた私達は、学びに触れることにより、そうしていくことがどんなに難しいことなのかを学んできたはずです。

千載一遇のチャンスを、自ら葬り去ることのないように、

本当に自分を見つめて自分を大切に、肉の時間を過ごしていきましょう。

一番大切なものをないがしろにしては、絶対に幸せになんかなれません。

自分が最初から幸せだったなんていうことは絶対に思えません。

比較競争の中で、自滅してきた過去からの無数の自分自身から学んでください。

失敗してきた転生から学んでください。過去はすべて失敗でした

そして、その失敗を本当に活かすことができなければ、これからの転生もすべて失敗です。

 肉から意識への転回は、皆さんが思っているほど、考えているほど容易いものではありません。

淡々と、日々、自分と真向かいになっていく本当の意味での真面目さ、そして素直さ

それを欠いては自分の歩み、自分の歴史の根本を変えていくことは難しいでしょう。


自分の今の生活がままならない状態で、それを横に置いてこの学びをしっかりとやりましょうということは非現実的です。

そういう人は、現実の生活と学びの板挟みになって苦しいとか、その結果学びに対する疑念を膨らませていく結果となります。


その一方で、生活にある程度ゆとりがあって、まだご自身の身体も元気だという人達もあります。

そういう人達こそ、本当にあと残された肉の時間を自分に誠実に使っていってください。

学び一直線で進んでいきましょう。

そうできる環境の中にあることを喜びながら、本当の喜びを広げていってください。

生活のことを憂慮する必要のない人は、どんどん学びの核心に触れていくようなご自身であってください。

生活の基本は早寝早起きです。

夜遅くに瞑想をするよりも、朝早くに瞑想をすることです。

夜11時を過ぎて瞑想、反省はいただけません。


あなたの肉体細胞に聞けばいいんです。

何を食べるか、何を飲むか、何時食べるのか、肉体細胞のリズムに沿った生活をしていきましょう。

基本は非常に大切です。

生活の面から書きましたが、基本が大切というのは、言うまでもなく学びについてです。


学びの基本は母の温もりです。

母の反省を通して自分の中に本当に母の温もりを蘇らせること、それがまず基本中の基本です。


温もりが自分、喜びが自分だと確立していく中で、

本当の意味で自分を受け入れていくことができます。

どんなにすさまじい自分のエネルギーを感じても、絶対に自分を見失うことがなく、

一瞬のうちに心が広がっていく、自分を自分で包み吸収していく喜びを味わい、

自分の中に本当の喜びと温もりがあると確信していく喜びと幸せ、

これを知った人生が本当の人生だと私は感じています。

元気に明るく自分のエネルギーを日々感じていける、こんな幸せはないでしょう。

実験してみましょう。

まず. 私・田池留吉の書いた草書体の「愛」(このHPから印刷したものやコピーでもかまいません) と 

                
あなたが自筆で「愛」と書いた紙1.2.3.4  用意する。



1.紙1を
オーリングテストする。

2.
私の書いた草書体の「愛」オーリングテストする。

3.紙1を
草書体の「愛」の上に置いた後オーリングテストする。

4.紙2を反転する。  続いて
オーリングテストする。

5.
草書体の「愛」を手で撫でる。

  その手で紙3を撫でる。  紙3をオーリングテストする。

6.
草書体の「愛」をしっかり見つめてから、紙4を手で撫でオーリングテストする。

7.上記の5または6の後. 写真などを手で撫でオーリングテストする。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

塩川香世

草書体の愛と紙に自筆した愛を使った実験を試してみましたか。

私は今日母とやろうと思います。

実験の結果、どれも同じ程度のOリングであるならば、それでOKということです。

当面の目標は、自筆の愛とそれを反転した愛、

これに、草書体と同程度の力が感じられるようになるということでしょうか。


要は、何もなくても、自分の心の針の向け先の管理ができており、それがどういうことなのか、

自分の心でどんどん感じていくようになっていかなければ、実験はただの実験の域を超えないと私は思います。

分かりやすい実験を経て、本当に学びの真髄に触れていきましょう。

こんな分かりやすいお勉強の機会はおそらく今世だけでしょう。

これからの激動の時間をどのように自分の中は受けていくのか、

真摯に自分と真向かいになっていけるような状態にしていきましょう。

その気概というか、真剣さというか、そういうものがストレートに求められていくこれからの時間ではないでしょうか。
塩川香世



なぜ苦しむのか。

人生を逆様に生きているからです。意識の転回、肉から意識へ。

肉は偽、意識が真。偽なるものは消滅、真なるものは永遠に存在する。

偽の世界に生きることは苦しみ、マイナス、真の世界に生きることは幸せ、プラスです。

愛はプラス、愛しか存在しない。真のあなたは愛です。

磁場反転、正しい瞑想で気付いていきましょう。


何事においても言えることです。そしてこの学びについても例外ではありません。

それはポイントを押さえることです。枝葉のことなどどうでもいいんです。

ポイントを外さず、ポイントをしっかりと押さえた学び方をしてください。

それには、まずポイントが何かということが分かっていなければなりません。

この場合の分かるというのは頭です。

まずそこからしていかないと、あっちを向いて、こっちを向いてしているうちにどこかへ行ってしまいます。

また、あっちから、こっちから、色々な情報を仕入れてきても、

結局は何も分からない、何も変わっていない、そういうことになりかねません。


ポイントは基本と言い換えてもいいでしょう。

一体、この学びでは何を言おうとしているのか、どうしてくださいとあなたに問いかけているのか、

それぞれが一度自分の中で整理してみてください。

たくさんのことは言っていないはずです。いいえ一言に集約されているはずです。

それを色々な面から説明しているだけです。

たとえどんな説明がなされても、そこで伝えていることは一つです。


その一つを、どうぞ、ご自分の中で実践してください。実践です。

実体験です。自分の心で体験するんです。話はいくら聞いても話です。

それを自分の中で実践を通して結果をどんどん出してください。

出した結果を見て、またそこから学びが始まっていきます。

話の段階、見る、聞くだけの段階で留まっていないようにしてください。

 

 

   この文字をクリックしてください。

 

 「草書体の愛」を、まず目でしっかり見てから瞑想をしてみましょう。

の文字は波動、エネルギーです。

愛の文字はあなたの心の中にあります。

愛の文字は喜び、温もりです。

信じていきましょう。

ストラップの愛、ラミネータの愛とともに 

毎日を過ごすように心掛けていきましょう。

 

瞑想

  左の愛の字を手で触れてみてください。

そして、その手に愛のエネルギーが写ったことを確認してください。

その手で白紙に触れたり、水道水を入れたコップに触れたりして

オーリングテストをしてみてください。 


沢山の仲間の方から、10月28日の瞑想会では凄い体験をしましたという報告を頂きました。

これからも、仲間と一緒に瞑想を続けてください。

12月のUTA会が楽しみです。ありがとう。ありがとう。(田池留吉)
 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

(塩川香世)

 

10月28日のスカイプ瞑想会、ありがとうございました。私自身、大変良いお勉強が出来ました。

草書体の愛に手を置いて瞑想をされて、どうでしたでしょうか。

あなたの心に響いてきたことを大切になさって、日々今日のような瞑想の時間を持ってください。

また、田池留吉、アルバートからのメッセージを伝えさせていただきました。

どうぞ、あなたの心でしっかりと受け止めていただき、これからの学びに活用していってください。

やるかやらないかはあなた次第です。

今日の瞑想会でも感じられたと思いますが、

草書体の愛を通して流れてくる波動、エネルギー、パワーの世界こそ真実の世界です。

そしてそれが私達の本当の世界です。草書体の愛は私達自身なんです。

私達の心の中から伝えてくれている本当の自分です。

その波動、エネルギー、パワーの指し示す方向に少しでも近づいていけるようになっていきましょう。

心も身体も元気、元気で、ともに一歩を進めていきましょう。

私は大変幸せでした。心に響き伝わってくるエネルギーはすごかったです。本当にありがとうございました。



誰でもが幸せと喜びを感じられる、産まれてきたことを心から喜べる自分になる、それが母の反省でした。

自分を産んでくれた母に向かって出す自分のエネルギーを、本当に心で感じ、心で受け止めていくことが、

自分の道を切り開いていくことだと心から思います。自分の培ってきたエネルギーが一番分かります。

自分に肉をくれたことと、自分のエネルギーを一番分かりやすい形で知らせてくれたこと、こんなありがたい存在はないでしょう。


そのうえで、今ならば、磁場と反転なんです。草書体の愛なんです。

母の反省が充分でなければ、他力のエネルギーの中に埋もれてきた自分を心で受け止めて、その方向を変えていくことはできません。

心は敏感になります。磁場と思い、反転と思えば心に感じることもあるでしょう。

草書体の愛を見るだけで、不思議な体験をされることもあるでしょう。


ただし、地道な母の反省を重ね、そして母を思う瞑想、ゼロ歳の瞑想を重ね

いわゆる基本をしっかりと積み上げてきた人と、そうでない人、

基本をいい加減にしてきた人とは、感じ方も違います。

そして、それはこれからの自分の学び、転生に大きな影響を与えていきます。

自分を学ぶために私達は産まれてきました。

どうぞ、しっかりと可能な限り、自分を知って肉を置いていきましょう。

本当の人生を生きていきましょう。

皆さん、日々瞑想を重ねておられますか。瞑想をしてください。瞑想です。最後は瞑想です。

瞑想をして、自分の心で感じ、その感じたものを信じていく、信じていける作業を重ねていけば、

どんなに自分が愚かだったかがどなたの心にも響いてきます。

そして、そんな愚かだった自分にもかかわらず、今、こうしてその愚かな自分を感じることができることが嬉しい、幸せ、ありがとうとなってきます。

本当に何も要りません。

自分の中に確たるものがあった、これだ、これだと本当になってきたら、何も必要としません。

250年、300年に至る確たる思いに勝るものはないからです。

 それぞれが、自分の心の中にある温もりと喜びを知り、感じ、 そしてその世界を確立する方向に、

ほんの少しでも自分の歩みを進めていくことに全力を傾けてください。

人を見ていては落ちていきます。もっとずっと奥底に落ちていきます。

心の針は中です。自分の中に向けていくことに専念してください。


瞑想をして自分の中に響いてくるものを感じ、

それが苦しみであっても、喜びであっても、

みんな元々はひとつだったことを伝え合っていきましょう。

そして、凄まじいエネルギーを感じていけばいくほどに喜びが大きくなっていく体験を重ねていきましょう。


草書体の愛は、そのことを促しています。

凄まじいエネルギーだからこそ、次元を超えていこうと呼びかけていけるんです。

そのエネルギーの奥底を感じていけば分かります。漲る力を感じていきましょう。

ともに超えていこう、たくさんの自分にそう呼びかけて、そしてそれに応えてくれるたくさんの自分を感じる、

それが瞑想の醍醐味です。

温もりが溢れてきます。喜びが溢れてきます。

そんな時を、今、持てる喜び、幸せを、たくさん、たくさん味わってください。

 

先日のスカイプ瞑想会でもお伝えしましたように、草書体の愛を活用してください。

  そして、そこから来るエネルギー、波動の世界をご自身の心で体験できる瞑想を重ねて、12月のセミナーにご参加ください。

  そこから来ると表現しましたが、それはあなたの外から来るという意味ではありません。

そこのところが、ご自身の心で分かることが肝要です。


また、「意識の転回」、「宇宙の風」、「母なる宇宙とともにT、U」、そして「磁場と反転」、これらの本をしっかりと読んでください。

それも、ただ読むだけではなくて、その都度必ず瞑想を入れてください。

読みっぱなしではなく、瞑想をしてその日のお勉強を終えてください。

そのように自宅学習を重ねたうえで、セミナー会場に来られるならば、はっきりとした明確な意思のもとで来てください。

先日の瞑想会でお伝えしましたが、このような肉を持って地球上で生息できる時間はもうあまりありません。

次元を超えていくことができない意識達は、さ迷い続けます。

それがどういうことなのか、本当にそうであるのか、どうぞ、それぞれの心で感じていけるようになってください。

感じていけば、学びに対する姿勢は自ずと変わっていきます。

必ず自分を次の転生に繋いでいきますという明確な思いが響いてくるからです。

自分のことは自分で、そんな思いで今世の学びを遂行していきましょう。

その人、田池留吉 V

「磁場と反転」

 

塩川香世 著

単行本  1,000円(税込み)

2012年11月22日発売

詳しくは
http://www.uta-book.com/mf/index.htm

ネットでのご注文は

?

 

「磁場と反転」の本が11月22日発売になりました。心から嬉しく思っています。

一人でも多くの方に読んでいただきたいと思っています。

さて、第14回UTA会に参加される方は、参加当日までに是非読んでおいていただきたいと思っています。

心に響いたところには 印をつけ、感想も書き込んでおくようにしましょう。

そして、会場に来る前に感想のところをもう一度読み込んでおくようにしましょう。

学びの基礎はすでに出来ているし、学びをサポートしてくれるスタッフも揃っています。

本気で学ぼうと思う人にとって、今のこんな恵まれた環境はありません。

あとは、それをありがとうと素直に受け入れて、ただひたすらに学びの指針に沿っていけばいいだけです。

  ただし、
心を見る。心を見て、自分の作ってきたエネルギーを心に受け止める。

そしてさらに瞑想を重ねて、そのエネルギーを本来のエネルギーに帰していく。

それらの一連の作業は、誰も肩代わりはできません。

どんなに学ぶ環境が整えられていても、それを活用できるか否かはまた別問題です。

  そういうことはあるとしても、今は本当に恵まれています。

至れり尽くせりの中で、さあどうぞ学んでください、学んでいきましょうと言われています。

本当に思えば思うほどに、何とありがたいことでしょうか。

  本気になって学んでください。真剣に学んでください。今世しかない思いで学んでください。

早く、一日でも早く、本当の学び、自分が望んできた本当の学びの軌道に自分を乗せれるようになってください。

日々の生活の中で感じた自分のエネルギーは、今のあなたの生活を滞りなく、

つつがなくあなたの人生を終えていくために、あなたに伝えているのではありません。

そこから、まだまだたくさんの、たくさんの気が遠くなるほどのたくさんの意識達の存在に、

どうぞ心を向けてくださいと、今、必死になってあなたがあなたを通して伝えています。


どうぞ、そのところに気付いてください。

愛、そして磁場を思えば、宇宙です。

宇宙という感覚が自分の中に感じてくるようになれば、本当に瞑想をする楽しみ、

瞑想をする大切さ、瞑想ができる喜び、瞑想しかない、そういうことが手に取るように分かります。

それを阻止し、拒んできたのは、他ならない自分自身だったこと、

自分を知らずに偽りの自分を自分だとしてきた愚かさ、

そういうものをしっかりとはっきりと心に感じてから、今の肉体を置いてください。

 

心の針の向け先が特定できれば、何の心配もありません。何の問題もありません。

心の針の向け先の特定、それはやってみれば感じていくことですが、最後の最後は瞑想でしかできないことです。

目を閉じて、そうです、五官を閉じて、自分の中に伝わってくる世界、その世界を本当に感じていき、

それが自分の今だと感じていけば感じていくほど、瞑想がいかに大切であるのかが分かります。


肉を持って、肉を持たない自分を感じる。それを繰り返し、繰り返し続けていく。

そんな時間を積み重ねていくことが自分を学んでいくことです。

そして、自分を学んでいくために、今こうして肉を持っており、

そんな時間をたくさん持てることが幸せなことです。

自分を学んでいくことについて、自分の現状を知っていくことについて、

それは人と接する時、出来事と接する時、もちろん、それらは大きなチャンスです。

そして、それと匹敵する、いいえそれ以上に自分を学び、自分の現状を知っていけるのは、

磁場を思い、愛を思い、自分の心の針の向け先を特定することにより、

自ずと心に響き伝わってくる瞑想という手法を通してです。

 

   この文字をクリックしてください。

 

UTA会の皆さん、ありがとう。

ようやく、全開で数え切れないほど沢山の沢山の意識達に向かって

愛に帰っておいでとプラス発進の準備が整ったと確信ができました。

UTAの輪は小さくてもいいと思っています。

愛はエネルギー、大いなる仕事をしてまいります。

迷いは微塵もありません。

ともに進んでいこうと決心された方はどうぞ中に入ってきてください。

ただし条件は大変厳しいです。

前述の3つが条件です。


私は、今、喜びでわくわくしています。

ありがとう、ありがとう。喜びと感謝しかありません。

第14回UTA会に参加される方は、草書体の愛の活用について予習しておいてください。

T. 草書体
@ 
の上に白紙1を置く。

白紙1の上に白紙2を置く。続いて、白紙2の上に白紙3を置く。白紙3をオーリングテストする。

A 愛の上に手を触れる。その手を白紙1に触れる。

     続いて、白紙1に手を触れその手を白紙2に触れる。白紙2をオーリングテストする。

B 愛を見る。続いて手を白紙1に触れる。白紙1をオーリングテストする。

C 愛を思う。続いて手を白紙1に触れる。白紙1をオーリングテストする。

U. 白紙1を反転する。白紙1をオーリングテストする。@の白紙3と比較する。(反転力)

V. 愛を白紙1に転写する。白紙1をオーリングテストする。@の白紙3と比較する。(転写力)

W. コップに水道水を入れ愛か白紙1の上に置く。水道水をオーリングテストする。 

X. 水道水以外のものを白紙1の上に置く。それらをオーリングテストする。

Y. 愛か白紙1の上に手を置いて瞑想をする。

Z. 愛を見てから瞑想をする。また、愛を思い瞑想をする。



 瞑想をして、心に感じ、心に響いてくる人は、どんどんそういう時間を持つようにしていきましょう。

肉体を離せば、自分の心が残るだけです。

その心の世界を、肉体を持っている今、しっかりと感じていきましょう。

自分の現状把握に努めていってください。

肉体を離すことを現実のものとして、自分の学びを進めていってください。

まだ遠い将来のことではありません。

肉体を持っている今、自分の意識の世界をより正確に把握することは、

なかなか難しいかもしれませんが、その点を踏まえながら学んでいくべきだと私は思っています。

自分を誇ってみても仕方がないことです。

自分の現状はどうなのかというところから自分を感じていけば、

そんなことをしている場合ではないことは、きっと皆さん、薄々感じておられるところではないでしょうか。

それでも出てくる己一番かもしれません。

しかし、もう時間はないことを、これもまたしっかりと踏まえながら、次の転生に繋げることができるような今の時間にしてください。

肉体を離した後の自分を感じながら学んでいきましょう。

「意識の流れ」「続意識の流れ」「意識の転回」をベースにして、

「母なる宇宙とともにT、U」「宇宙の風」を読みこなして、

その勢い、その流れで「磁場と反転」を一気に読み進めてください。

(UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!)


同時に草書体の「愛」を活用してご理解を深めてください。

そういう実践を積み重ねて、
田池留吉の世界へ一歩入ってきてください。

そして、どれもこれも最後に行き着くところは瞑想です。

瞑想の大切さ、瞑想の喜び
、どんどん心に感じていきましょう。


12月のセミナーを皮切りにして、本格的に宇宙に向けての瞑想が始まります。

2013年のセミナーは宇宙に向けてどんどん語りかけていくセミナーになっていくでしょう。


そうして2014年を迎えます。そのお勉強を真っ直ぐに遂行していきましょう。

どうぞ、我流ではなくて、上記に示したことを必ず実践してください。

そうすれば、
UTAの輪がどのようなものなのか、喜びであなたの心に響き伝わってくるでしょう。ともに学んでまいりましょう。

 あなたは愛のエネルギー・波動、永遠に存在するものです。

あなたから愛はいつもいつも流れています。遮らないでください。

  マイナスの思い・エネルギーをを流さないでください。

苦しみの原因を作らなように心掛けてください。

  あなたの中にマイナスのエネルギーを感じたら直ちに「反転」と発してください。

あなたにとってマイナスと思われる現象は、すべて、

反転をあなたに促(うなが)していると心得てください。

そして、UTAの輪の中に入ってくるように努めてください。いつまでも待っています。




 11月22日、塩川香世著「磁場と反転」が書店に並びます。

書店で求め、第14回UTA会までに何度も読み込んで、

  心に響いたところに印をつけ、感想を書き込んでおきましょう。

日を置いて、感想を書き込んだところで瞑想を、

「草書体の愛に思いを向けて瞑想」をするようにしましょう。

熱心に 磁場・反転 を心掛けましょう。



本を買って読んでよかったと思ったら、一人でも多くの方に読んでいただけるようにお勧めくださいませんか。

さらに、ラミネートした「草書体の愛」を使って一緒に学びをするようにしてくださいませんか。

真剣に、誠実に、人生を考え、真実を求めていこうとされている方をUTAの輪に誘ってくださいませんか。




  全宇宙の意識達が、今、あなた方の目覚めを渇望しています。

あなたから発信している愛にストップを掛けないでください。

  意識の転回、母親の温もりが、今、あなたにとって一番必要とされています。

「草書体の愛」とともにまっすぐに進んで行ってください。



  2013年、2014年、2015年はあなたにとって大変重要な年になってくるでしょう。

心して前へ前へと進むようにしていってください。

 「草書体の愛」を大いに正しく活用してください。

お札かお守りレベルで扱っていませんか。あるいは、軽く扱っていませんか。

  ということは、自分を信じていないということになるのですよ。粗末に扱っているということになるのですよ。

  第14回UTA会で愛の文字の入ったボールペンが頂けるようですが、次のような実験をしてみてください。

 

白紙を3枚用意します。

@ 白紙1をオーリングテストする。

A 白紙2に平素使っているボールで愛と書く。そして、オーリングテストする。

B 白紙3に愛の入ったボールペンで愛と書く。そして、オーリングテストする。

C 愛の入ったボールペンの上に平素使っているボールペン置く。

     そのボールペンで、白紙1に愛と書く。そして、オーリングテストする。


@ 「私はあなた、あなたは私、一つ」ここで言っている私とかあなたについて説明をしてください。

A 「あなたはエネルギー・波動です。あなたは愛です。」あなたはこの真実を信じていますか。

B 塩川香世著「磁場と反転」を読まれましたか。磁場とはそもそも一体何なのでしょうか。

C 意識の流れについてあなたはどのように理解されていますか。確信されていますか。

D 自己選択自己責任、しっかりと心得て日々生活していますか。

E 自己顕示、自己保存についてあなたの見解を聞かせてください。

F 悩んだり、苦しんだり、悲しんだりしていませんか。どうしてでしょうか。その原因が分かっていますか。

G 他力信仰の反省はもう終わっていますか。神とか仏の存在についてあなたはどのように思っていますか。

H お金で苦労していませんか。お金をしっかり握っているのではありませんか。お金って一体何でしょうか。

I あなたにとってお母さんという方はどのような存在でしょうか。お母さんの温もりを知っていますか。

   それはどのようなものでしょうか。

肉のあなたにお聞きしたいと切に思っています。 

● あなたにとって平和とはなんですか。みんなと仲良くしていこうというのはどういうことですか。

● あなたにとって夫婦、親子とはなんですか。

●ズバリ、愛とは。本当に分かっていますか。

●あなたにとって、幸福とはなんでしょうか。

● 毎日、毎日、宇宙にあなたの心を向けていますか。一体、心とはなんでしょうか。

●今、UTAの輪に入って学んでいこうと思っていますか。本当に誠実に真剣にですか。

●では、あなた自身を熱く語ってください。




●死後のあなたの世界を語ってください。

●来世のあなたを語ってください。

●次元移行を真面目に目指していますか。

 

   この文字をクリックしてください。

 

 ◆ あなたは、あなたが愛だと信じていますか。宇宙は愛です。すべてプラスです。

   今、あなたは信じられますか。信じて生きていきましょう。

    次元移行を遂げていきましょう。

 ◆ 私は、今世、肉体を母「このゑ」さんという方から頂きました。

   感謝と喜びしかありません。

    その肉体の名は、田池留吉といいます。

   彼は極めて愚昧(ぐまい)ですが、一方、私にひたすら思いを向けてきてくれました。

 ◆ そして、ようやく、私はあなた、あなたは私、一つ、

   すなわち愛を知ることができました。歓喜(かんき)です。

  ◆これから、彼は全力を投じて全宇宙に向けて皆さん方とともに、

   アルバートともに在り続けると確信しております。

    衷心からありがとう、喜びですと、あなたにお伝えさせていただきます。

 ◆ 私は意識、愛、エネルギーでした。

    真実は唯一つ、愛。ご存知でしょうか。私は、愛だけをお伝えしていきます。

   宇宙の意識達にも、肉ある時も肉ない時も、 ひたすら誠実に伝えていきます。

   私はこのために肉体を頂いてきました。そして肉体を置いていきます。

   ずっと、その後も愛を伝えていきます。

 ◆ アルバートも愚かですが、頂いた肉体を最高に使って愛を伝えていくでしょう。

   次元移行に向かってひたすらに愛を皆さんに伝えていくでしょう。

 ◆ 地球よありがとう、さようならと歓喜(かんき)する時まで

      すべての意識達とともに進んでいきましょう。

あなたは、偉大な存在です。愛そのものです。

あなたを大きくしていくのも小さくしていくのもあなた次第です。何を迷い苦しんでいるのですか。

  一刻も早く、目覚めてください。真実は外にはありません。

真実はあなたの中に厳然として存在しています。

  草書体の愛に心を向けて瞑想に励んでください。瞑想しかありませんよ。

どうして、いまだに迷っているのでしょうか。信じて進んでください。

  後は、あなたがやるかやらないかにかかっています。自己選択自己責任で進んでください。、

草書体の愛はあなたですよ。

  目覚めてください。何をうろうろ、きょろきょろ彷徨っているのですか。

もう、まっすぐに愛へ帰るる道を進んでいきましょう。



  愛の文字に触れたり、見たり、思ったりして、ひたすらに瞑想をしましょう。

あなたの心の中にマイナスのエネルギーを見つけ
反転を実行していきましょう。

偶然とか神秘とか言ったものはありません。必然、原因があって結果があります。



  私たちは、波動、エネルギー、愛に向いていない、目覚めていない波動、エネルギーはすべてマイナスです。

  愛のみがプラスです。波動・エネルギーはすべて現象化します。

  マイナスの現象は、愛への指針です。マイナスに見える現象は愛です。

心の針を中に向けて磁場反転と進んでいきましょう。天変地異も然り。

  あなたの中に母親の温もりが間違いなくあります。

瞑想を正しく 続けていけば、母親の温もりが確信できる日が必ずやてきます。



草書体の愛の文字を使って、瞑想、反転、母親の温もりと進んでいってください。

草書体の愛は、温もり、喜び、光ともいえる波動・エネルギーです。パワーです。

心して学んでいってください。待っています。UTAの輪の中に加わってきてください。




  私が伝えていることが分かるということは、実践して、心で分かる、結果を出すということです。

  上手に話ができるとか、文章が書けるということではありません。


  真実の世界は、頭では分かりません。心でしか分かりませ。

心ではまだ分かっていない方は、意識の転回を急いでください。

生きている基盤が間違っていてはいくら熱心に学んでいるといっても空しい結果しか出てきません。

間違っているのはあなただからです。




  草書体の愛の文字に全力投球、いかがでしょうか。待っています。

  愛の文字は、愛、あなたです。信じて学びをどんどん進めていきませんか。

  愛の文字から愛のエネルギーがどんどん放射されていきます。勿論、すべてあなた次第です。

  愛の文字とともにあなたの今世を全うしてください。

  もう一度、愛の文字は、私です。愛の文字はあなたでもあります。信じて進んでください。

  あなたを救済して。母なる宇宙に誘っていくのは、この愛しかありません。

愛は、母の温もり、真実です。

  迷うことなく、愛の文字に触れ、見、思って毎日を過ごしてください。

  必ず、あなたは本当の喜び、幸せを感じられるようになっていきます。

  決して、決して、愛の文字を軽く扱わないでください。

次元移行に向けて大切に扱ってください。

  よろしく頼みます。




  「磁場と反転」、今日、11月22日、沢山の人が買い求めて読み始めている情報が入ってきて喜んでいます。

  UTA会まで2週間、読み込んで参加してください。

  草書体の愛の文字の効用の学びとともに磁場反転力の飛躍的なアップを期しています。

  この際、学びの存在を知らない人達に、「磁場と反転」を紹介してください。

愛の文字も。

  そして、一人でも多くの方がセミナーに参加されるようにお勧めいただけたらと思っています。

信じていますか。あなたは愛です。

  草書体の愛を使って、多くの結果を出している人達と愛の本を作りたいと思っています。

  有志の方々と合宿して、学んで、愛を極めて、本を作りたいと願っています。

  燃えています。期待して待っててください。

  来年の初冬の頃に出版します。 (2012・11・26)

 第14回UTA会は、草書体の愛を使ってのセミナーになります。

愛の文字に触れて、見て、思って瞑想、 磁場、反転、宇宙、母親の温もり等々。

準備はよろしいか、予習はどうですか。

  いずれ、UTAブックから連絡があると思いますが、

草書体の愛という文字を使っての実験、体験をどしどし聞かせてください。

  学びの友とともに、本「  あなたは愛です」を作っていきたいと思っています。よろしく頼みます。

苦労話を自慢げに話す人がいます。あなたはどうでしょうか。

苦労をマイナスと受け取っていたらどうでしょうか。

苦労していた時、苦労話をしている時にどんなマイナスの思いを出していたか、そして反転をどのようにしていたかが大切です。

苦労をプラスに反転、喜びとして受け取り、その上で体験を語るようになさればと思います。

苦労は、間違っているからなさることです。

心の針の向け先が間違っているということです。

常に、心の針を正しく向けるように心掛けていきましょう。

苦労は、決して自慢にはなりません。

磁場・反転で喜びに変えていくようにしていきましょう。

さらに、反省というのは、磁場・反転、

そしてマイナスの思い・エネルギーをプラスにできたかどうかで評価していくようにしましょう。

いたずらに自分が作った闇を語るのが反省ではありません。心してください。

草書体の愛の文字に手を置いて瞑想を、どうぞ。

とにかく、草書体の愛の文字の上に手を置いて瞑想をしてください。


  素直さが第一です。

草書体の愛の文字と白紙2枚を用意してください。

  愛の文字を撫でる。

  その手で白紙1を撫でる。オーリングテストをする。  硬い。

  数分たってから、白紙1を撫でた手で白紙2を撫でる。オーリングテストをする。  どうでしょうか。

  どうしてそうなるのか考えてみましょう。




発行時期は未確定ですが、概ね来年の11月下旬に「
 あなたは愛です」が本屋さんで求められるようになります。

本の作製にあたって、草書体の愛の文字を使った実験や体験などをUTAブックから連絡がありましたら送ってほしいと思っています。

つきましては、私の思いに応えていただいた友の方々と更に学びを進めていきたいと思っています。

いずれ具体的にお知らせしていきます。

どうぞ、私とともに、素直に、真面目に、真剣に次元移行向かって確実に進んでいきましょう。

UTA会主催のセミナーは、平成26年12月までと思っています。

それ以降はパソコンを使っての勉強と、今は、考えています。

(註) ( 現在実施されているUTAセミナーに、私が参加させていただくのは平成26年12月まで、

  後は、パソコンを使っての勉強会には都合がつけば参加したいと思っています。)

愛に触れて、愛を見て、愛を思って瞑想。


磁場と反転のエネルギーの確かさを自分の心で実感して、

そして次元移行という意識の流れを心に広げ、それを深めていく方向へ学びを進めていきましょう。

せっかく学びに触れたんです。しっかりと次元移行を伝える意識の流れを心に感じてください。

今のあなたを通して、あなたの過去、未来、すべての宇宙に向けて愛のエネルギーを発信できるようになってください。

心に母の温もりを復活させ、そして、さらに宇宙に向けて瞑想を重ねていきましょう。

素直に宇宙に心を向けられるあなたになってください。宇宙は待っています。

どうぞ、そのことが心で感じられる優しい、優しいあなたに蘇ってください。

 2012年12月の第14回UTA会セミナーに出席される方には、すでにお知らせの通り、

セミナー資料の他に、ボールペン、コースター、五訓が手許に届けられます。

それぞれに草書体の愛が入っています。それらを使ってのお勉強をまずしてください。

セミナー会場はもちろん、それぞれのお部屋でも、互いに試みて、Oリングテストに慣れてください。

 

その際、Oリングを作る指先に力を入れないでください。

親指と人差し指の腹を合わさず、爪先を合わすようにしてください。

腹を合わせば指に力が入るからです。そのようにして、Oリングテストを何度もして、それに慣れてください。

そして、セミナー会場では、最も大切な瞑想を、どうぞ、存分に体感してください。

瞑想を通して、反転力アップを心掛けてください。



  愛に触れて、愛を見て、愛を思う瞑想。そこから宇宙へどんどん心を向けていく瞑想。

私は楽しみで、楽しみで仕方がありません。

思うだけで嬉しくなります。その時間と空間をいただけることに感謝です。

どうぞ、セミナー会場で体感、実感して、その成果をご自宅へ持って帰ってください。

そして、ご自宅でのお勉強に活かしてください。

自分を学べる今、自分を感じていける今、その喜びと幸せを心で感じられるあなたになってください。

愛を思って瞑想を重ね、どんどんどんどん自分の心を解き放してまいりましょう。

ともに行こうと、そう伝えていける心を復活させてください。宇宙は待っています。

肉を持たない意識達に心を向けてください

私達が帰るべきところはここだよって、あなたがあなたに優しく伝えていける喜びを実感していきましょう。

私は、そんな喜びを共有していきたいです。

「磁場と反転」の本の中でも触れました。ホームページ上でも何度も語らせていただいています。

それは自己確立です。

学びの手順をお伝えしているものは、セミナーを含め、すでに至るところに溢れています。

あとは、それを活用するか否かだけであり、それはそれぞれの決断です。

基本をしっかりと学んできた後に残されたものは、瞑想だけです。

瞑想です。

自己確立の道が自分の中にしっかりと出来上がっているか、出来つつあるか、それは瞑想によってはっきりとしてきます。

瞑想をしない人、瞑想が出来ない人、それはこの学びを心で知っていくことは難しいです。

よって、結局は殆ど自分の心の世界は何も変わらないんです。


「心で分かる。心でしか分からない。心で分かってくればどんどん分かってくる。

この心さえあれば何も必要としないことが分かってくれば、どんなに今がすごい時なのかも手に取るように分かる。

そして、次元移行へ向かっていくことがどんなに喜びなのかも分かってくる。」

こうして意識の流れは自分の中でスムーズに推移していくことが分かってくるのです。

 私には、他人の生活態度まで干渉する思いは全くありませんが、

学びをしてそれがどんどん自分の中で進んでくれば、生活態度について、どなたも納得できることがあります。

それは、ぐうたらな生活、ふしだらな生活、昼と晩が逆転した生活等々、そんな生活習慣の中で、真実の道を歩いていくことはできないことです。

肉の生活は変わってきます。

規則正しくと特に自分を律することをしなくても自ずと肉はそうなってくるんです。

肉とはそういうものです。

心が真実の方向に向いていけばいくほど、そうなってきます。

だから、その人の日常生活を垣間見ることがあれば、その人の進捗度が感じられます。

取り立てて、その人に意識を向けなくても、ああこの人は学びというものをどういう風にとらえているのか伝わってきます。

と言って、働き者、忙しく飛び回っているのがいいとか、そういうものではないですが、

安定した意識の世界が、安定した生活態度に現れてくることは確かなようです。

そして日常が安定しているから、さらに意識の世界へ心を向けていけるということなのでしょう。

 

オーリングテストが正しくできるように練習してください。

出来ていない方が案外多いようです。頑張ってください。

反転力、転写力の自己評価や自分自身が愛であるとどの程度信じているかなど知ることができません。

草書体の愛の文字を、いたずらにお札、お守りのように利用しないでください。

利用目的は、本当の自分自身と出会い、次元移行を果たすことです。

母親の温もりを、反転を、そして、意識の転回を進め、本当の自分はと学びを進めるように心掛けてください。

厚い厚い自分が作ってきた壁に気付き、学びを遅らせている真っ黒い闇を知り、真面目に、真剣に反転を。

反転はマイナスをプラスに、そして全てがプラスだと気付かせてくれます。

それから、本当の喜び、温もり、優しさ、幸せが感じられるようになってきます。

壁、真っ黒い闇とは、己偉し、欲が深い、神と金をしっかり握っている心が作ってきたのです。


「磁場と反転」、読み込んでいただいているでしょうか。

さらに、草書体の愛を使ってのあなたの体験、瞑想の実践はどうでしょうか。

自ら率先して学ぶことをせずして、セミナーに参加されることについて、私には全く理解できません。

一堂に会しての無条件でのお勉強も2012年12月のセミナーを含め現時点では10回の予定です。

セミナーに参加されるならば、自宅学習を重ねて参加してください。

本も読まず、ホームページも見ず、瞑想もせず、そういう人はセミナーに参加されていないと思いますが、

どれか一つを欠いても、セミナー会場にやってきて充分なお勉強は出来かねると思ってください。

してくださいと言われたことはやってください。これは基本中の基本です。お願いしているわけではありません。

ただ、いつまでもぶら下がり状態の学び方は、通用しないことを、それぞれの心で知ってくださいと思うだけです。

12月9日から、第14回UTA会が開催されます。

愛の文字やサインの文字を使って瞑想の実習をしましょう。しっかりやってください。

頼みますよ。この際申しておきますが、UTA会は、来年は4回、その次の年は3回か2回と思っています。
 
回数が減った分を
UTAの輪作りに当てたいと思っています。

(幹事長さんはじめ関係の皆さん方と相談をしてから実施します。)

 

第14回UTA会、よかったです。ありがとう、心から感謝です。

草書体の愛の文字(ラミネートしたもの、ボールペン、コースター)を使って、

これからも、沢山、いろいろ実験なり体験なりをしてください。


いずれ、UTAブックさんから、それらの実験、体験を募集することになると思います。その時は、よろしく頼みます。

実験、体験で、ものの考え方、見方、そして生き方が変わった、反転力がアップして自己供養が捗(はかど)った、

喜び、温もり、優しさ、幸福感が どんどん心に響いてきて、もう有難うしかありませんといったものを待っています。

私は、そんな方々と更に、愛の文字を使って学びを進めていきたいと思っています。よろしく頼みます。

愛の文字を活用していくと色々不思議な体験をしていくと思います。

しかし、そのような体験は、その後も繰り返し体験できるようになります。

不思議でもなんでもなくなっていきます。そして、正しい学びが進んでいくようになってきます。

今回のUTA会で、UFOを見たとか、異常体験をしたとか、死者の顔を見たなどを伝えに来た人がいましたが、要注意と言っておきます。

その時使った思いを見てください。しっかり見るようにしてください。

そして、学びを正しく進めるように努めてください。

UFOや異常体験、宇宙のパワーといったことを書いた本がありますが、オーリングテストをしてみてください。明明白白。

そのような本を読んできた方は、反転をしっかりしていかねばなりません。学びを進めていくことは難しいと思います。



意識の転回、大丈夫ですか。あなたは大きい存在ですよ。 

小さいものをしっかりと後生大事に握っていては駄目ですよ。

あなたは意識、エネルギーです。愛です

愛は、偉大なる仕事をしていきます。

あなたをもっと信じてください。あなたをもっと大切にしていきましょう。

現象界はすべて愛の現われ、すべてプラスの情報を発信しています。

草書体の愛の文字、磁場反転で確認していきましょう。


あなたは、これからもずっと永遠に存在しています。

今までもずっと私からのメッセージを受け取っていたはずです。

これからもずっと受け取っていけるはずです。受け取っています。

今世、しっかりと学びを進めていってください。

そして、母なる宇宙に帰っていくように、真っ直ぐに進んでいきましょう。


母親の温もりを感じていますか。

母なる宇宙に帰るために、素直に、真面目に、勇気を出して、

草書体の愛の文字に触れて磁場反転と参りましょう。

母親の温もりが感じられるようになるまで、信じられるようになるまで、

愛の文字、磁場反転と日々一生懸命努めましょう。

信じて学んでください。すべてがあなたの思い、情報発信一つですよ。

実相(=真実のありのままの姿)とは何ですか。答えは愛と。

生滅変化する現象の本当の姿は意識、波動、エネルギー、愛と私は伝えています。

  言葉だけではわかりません。瞑想です。心で分かるように学んでください。

意識の転回が進んでくれば分かってきます。

  実相という文字、言葉を使って瞑想をするよりも、

私が使っている愛、磁場を思って、心の針を合わせてやってください。

  間違いなく実相が分かってくると思います。

  言葉とか意味が同じようでも、内容が全く違っているかもわかりません。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

実相とは何でしょうか?

その問いかけに、私は愛に思いを向けて心に伝わってきた思いを、今ここに語ります。



実相とは何もない世界です。本当の世界は何もない世界なんです。

愛を思い、愛の中にあるあなた自身を思うとき、そこには何もありません。

ただただ広がっていく静かな、静かな安らぎの世界、温もりの世界があるだけです。

それはどこまでも限りなく広がっていく喜びの世界です。


喜びと一言で言っても、それぞれに皆さんが心に感じる喜びがあるでしょう。

私が申し上げている喜び、温もりの世界とは、本当に何も、何もない世界。何もこだわらない世界。

どこまでも伸びやかに広がっていく、ただただ広がっていく、無限に広がっていく、そんな世界なんです。


実相というのを、言葉で伝えているところもあります。それはすべて肉を基盤としています。

だから、真実を伝えられません。

肉を基盤とする意識、自分が肉だと思うところから発する思いは、すべてブラックです。

その中で、実相という言葉を聞かれた方、またその実相を思い瞑想をされている方、どうぞ、あなた方の心をしっかりと見つめてください。

  あなたの本質は、愛、愛、愛です。愛、エネルギーなんです。

喜びと温もりのエネルギーなんです。

本来の実相の世界とは、喜びと温もりのエネルギーに包まれています。

私はそのように伝えています。そうです。

実相の世界をあなたの心に感じるには、あなたの中に意識の転回が進んでいかなければなりません。

意識の転回こそすべてです。意識の転回です。

あなたが愛のエネルギー、温もり、喜びのエネルギーだと、しっかりと心で感じられたならば、

実相とはすべては愛、すべては愛に帰る喜びの意識だと分かります。それが私達の実相です。

そのように私は、今、お伝えします。

 




  迷わず、信じて、
草書体の愛に触れて瞑想をやってください。

やるかやらないかだけです。やれば必ず結果がです。

  磁場と反転は必ず喜びと温もりの世界、真実の世界へあなたを誘っていきます。

  あなたが帰るところは愛、喜びと温もりの宇宙です。

闇の宇宙、地獄ではありません。心して生きていきませんか。

あなたは次の存在を信じていますか。今、どのように拘(こだ)わっていますか。

  憑依霊、守護霊、悪霊等々。

  意識を聞いてみては如何がですか。この際、はっきりしておいてはと思っています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

■ 憑依霊、守護霊、悪霊、私はそれらに心を向けて語ります。(塩川香世)



  悪霊が憑いた、憑依した、守護霊に私達は守られている。間違った思いを広げてまいりました。

そうです、すべてはブラックです。

今、私の中に伝わってくる思いは、悪霊などいない。憑依霊などあり得ない。守護霊などどこにも存在しない。

明確に答えが返ってきます。


  私達は愛なんです。愛とは私達です。私達は一つ。

愛の中にあった私達の本質を、今、心で感じられる時がやってまいりました。

それがこの学びなんです。

この学びをしっかりと心に広げていったならば、

私達は愛、私は愛、みんな一つ、私達は一つの中にあった、喜びと温もりの中にあった、

そんなことは手に取るように分かってきます。



  今ここで、悪霊とか憑依霊とか守護霊とかを出しました。

とても、とても愚かな私達を心で感じてほしかったからです。そんな中に私達はいたのではありません。

私達はそんなものに振り回され、惑(まど)わされてはならないんです。

そうです、私達は本当の愛なんです。本当の愛の中にあった私達を蘇らせることです。

この学びに出会った意識達よ、本当の自分の姿に目覚めてください。私は今そのようにお伝えします。



  「はい、とてもとても大切なことです。

本当の自分に目覚める、このことを、人類は、長い間、長い間、どうしても、どうしてもクリアできませんでした。

すべては自分を見失ってきたからです。自分の本当の姿を知らなかったからです。

無知だったからです。愚かだったからです。

だから、憑依霊、悪霊の存在を信じ、守護霊に守られているなどと大真面目に伝えてきました。

本当に愚かなことを繰り返してきたことを、ご自分の心で感じてください。

そして、もう一言付け加えるならば、悪霊、憑依霊、守護霊、それらはあなた方が間違ってつけてきたあなた方のブラックです。

そのあなた自身をしっかりと愛の方向に向けていくのが、今のあなたの役目です。

あなた方は真実をまだまだ知りません。そして、その中に埋没しているのが、この地球上の人類すべてです。」


私は今、宇宙へ思いを向けるとき、宇宙からのメッセージとして、このように、受けさせていただいています。

宇宙からのメッセージを私は今、流しています。

「悪霊、憑依霊、守護霊などで心を振り回される、心を惑わされる、そのような愚かなことは本当に一日も早くお止めください。

そして、あなたの心の中をしっかりと愛の方向に向けていくことです。そのことを私達はお伝えします。」



  癌などの末期症状の方で、癌と戦うのを止めた、医師に治療を止めてもらい死を待つばかり、

苦痛の処置だけと思っている方が案外多いようですが、 どうでしょうか。

草書体の愛に触れて瞑想を、磁場反転をやり続けてください。

細胞から流れている愛に気付いてください。

  来世に、未来の自分に繋ぐために死が訪れるその瞬間までやり続けてください。

病気を治すためのみに瞑想、磁場反転をするのではありません。

 
生まれてきた意味を、死の意味を知ってほしいと思います。

分からないままで死を迎えたら、想像をはるかに超えた苦痛、寂しさをどれ程味わうか。

  最後まで、学びを真剣にやり続けてださい。

お母さんと声に出して呼べない人がまだ沢山います。

どうしてでしょうか。己が偉い、神を握っているから素直になれないのでしょう。

  清く、正しく、美しい人なんか一人もいないと思います。

母親を見下げ馬鹿にしていてどこが清く正しく美しいんでしょうか。

  学びを長い間してきてまだ 心からお母さんと声を出して呼べない方どうでしょうか、

草書体の愛の入ったボールペンを手に持って、軽く目を閉じ、

  数回 丹田呼吸をしてから、

口を大きく開け、口の奥の方から声を出して、お母さんと呼んでみてください。・・・・・・・・・・・・、

  何か心に響いてきませんか。懲りずに、数回試みてください。

 
磁場・反転、忘れないように。

あなたの実相は愛、喜び、温もりだということも。

あなたは、愛の文字に触れていますか。愛の文字を見ていますか。

愛のボールペンを使っていますか。五訓はどうですか。そして愛を思って瞑想をしていますか。

磁場の中にあることを感じていますか。反転のエネルギーを心に確信していますか。

宇宙と思えば、どんな思いが感じられますか。

すべてはひとつなんです。みんな同じなんです。

すべては私達のふるさと、母なる宇宙へ帰る道に繋がっていることが心で感じられますか。

信じてください。私達のふるさと、母なる宇宙。

それは、それは私達がずっと、ずっと待ち侘びてきた思いでした。

愛の入ったボールペン、しっかり使っていますか。

例えば、お母さんの反省が進まない方は、

  ボールペンで、今世のお母さんのことを思い出してはノートに書き出していくようにしてみてください。

  途中手を止めては、お母さんと呼んでみるようにしては如何がでしょうか。

  終わりは瞑想、母を思う瞑想を忘れないように続けてください。
 


  未だに、間違っていました、間違ってきましたと気付けない方、気付こうとしない方がまだまだ沢山います。

  「あなた間違っていますよ。」と伝えた途端、心を閉ざし、

どこが間違っているのよと反発し、落ち込んでいく方がまだまだ沢山います。

  いつになったら分かってくれるのでしょうか。

この学びに抵抗し、自分が崩れるのを恐れている方が多いのを残念に思っています。

  「自分は愛です。」この真実を信じていこうとして日々生きていればよいだけです。

自分に素直に、自分に誠実に生きておればよいだけなのに、

  本当に己が偉いとしか思われない人がまだまだおられます。

お母さんの温もりを感じながら一歩前へ進むように心掛けてください。
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


学びの友の反省


  どこまでも自分が正しい、間違っていない、そう突っぱねて生きてきたことを、ようやく頷(うなず)けるようになりました。

田池留吉から直接に、もしくは誰かを通して間違いを指摘されたなら、

とたんにむくむくと頭を持ち上げる偉い自分が、たくさんたくさんのさばっています。

どこが間違いよ、あんたがおかしいのでしょう、私は何も間違っていない、これが正義だ、そう言い張ってがんとして引きませんでした。

その苦しさをひたすら押し隠して、何くそとやっていたのですから、滑稽(こっけい)極まりありません。

肉は間違った自分の思い、流したエネルギーに気付く器、苦しくなったら間違っている証拠、これほどはっきりとしたことはありませんでした。

自分で間違っているとうすうす気づいても決して認めず、

それでいて心は疾(やま)しい思いに苛(さいな)まれ、自分が己偉いことも分からずに落ち込んでいた。

それが私の肉の生き方でした。今思えば、落ち込むこと自体己偉いんだということすら分かっていませんでした。

敵を周りにたくさん作って、勝手に闘ってきた。だから休まる時がありませんでした。

それもこれも、すべてが愛の中のできごと。帰ってくるのは温もりだけ。温もりと受け取れない自分を見れば良いだけでした。

がんじがらめにした手をゆるめ、素直にお母さんを思えば、始めからこんなにゆったりとした中にあったのだなあと、馬鹿だなあと、何だか嬉しいです。

どれほど間違ってきたか、そんなことすべてが間違いだった、そうつくづく感じます。だから今が余計に嬉しいです。

 


 24年、 年の暮れ、自己評価、次の一点について、どうでしょうか。

  「あなたは愛です。」如何ですか。信じていますか。信じられますか。

分からない人は信じていないことになります。頭がくるくる、厚い壁が邪魔しています。

壁って何でしょうか。分かっていますか。

磁場と反転のエネルギー、やっていますか。草書体の愛の文字、大いに活用していますか。



草書体の愛の文字を使って瞑想、磁場と反転のエネルギー、

しっかり、しっかりやっていない人は、現時点では、甚だ道遠しということになります。

そのような人はこれからどのようにしていくつもりでしょうか。

心の針を中に向け

壁、自分が作ってきた真っ黒な闇

(磁場のエネルギーに心の針がしっかり向いていない、

反転のエネルギーの凄さがまだまだ分かっていない。)

の確認を しっかりどうぞ、よろしいでしょうか。


さらにもう一つ、いいですか。

死んでから、磁場に心を向けられる自信がありますか。

田池留吉、アルバートからのメッセーを受信できる自信がありますか。

今世、この自信を着けて 終われるように頑張ってください。

意識の流れをしっかり感じながら来世に繋いでいってください。

  毎日、毎日、草書体の愛を使って、そして、草書体の愛を思って瞑想を続けていますか。

その合間、合間で構いません。「磁場と反転」を読み返してください。

さらに、心でのご理解が深めていただけると確信しています。


私達が目指しているものは、次元移行という意識の流れを自分の中で本当に感じて、

その流れの中に自分をいざなっていってください、その手ごたえを心で感じてくださいということです。

あなたは自分を繋いでいく方向にきちんと歩み出していますか。

自分をどこに繋いでいくのか分かっていますか。

誤魔化さずに、自分に下駄をはかせずに自己評価してください。


何度も言って申し訳ありません。しかし、何度も確認してください。

死ねば自分だけの世界です。いいえ、死ななくても自分だけの世界です。

この現実を、しっかりと自分の心で受け取ってください。自分の世界を今、心で感じてください。


そして、さらに自分に問いかけてみてください。

死んで、磁場に心の針を向け合わせられる確信が、今あなたの中にありますか。

答えは、YesかNoです。   どうか分からないはNoです。

どうぞ、日々瞑想を続けてください。

基本をしっかりと押さえ、そして、可能な限り学んでください。自分にできる最大のことを自分にしてください。

 

「去る者は追わず、来る者は拒まず。」現在もこの思いは変わっていません。

しかし、25年以上もセミナーを続けてきましたが、

本もあまり読んでいない、ホームページもほとんど見ていない、

  草書体の愛の文字も活用しようとしていない

人達について少々考えさせてもらいたいと思い始めています。

いずれ、UTAの輪にも入って来ない、来れない人達だろうと思っています。

  もう少し、最近入会して来た新しい人達に時間を割いていきたいと思っています。

  私が、セミナーに参加するのも、後2年。

少しでも、指針に従って、真剣に学んでいこうとしている人達に応えていこうと思っています 。

  したがって、来る者は拒まずのところを少々厳しくさせていただきたい思っています。



 
  あなたは何を守ろうとして苦しんでいるのでしょうか。あなたは愛です。

これ以外はほどほどでいいのです。あなたをもっともっと崩していきなさい。

あなたをもっともっと大切にしていってください。

  あなたはずっとずっと間違ってきたことに気付いてください。

愚昧(ぐまい=愚かで道理に暗い)な あなたはもういいのではないですか。

もっと自分を信じ、自分に誠実に生きていってください。

そして、本当の喜び、温もり、幸せを知って肉も明るく爽やかに生きていってください。

草書体の愛に文字のエネルギーを信じていますか。もっともっと活用していきましょう。 

「あなたは愛です。」が信じられるようになりましょう。

愛はエネルギー、仕事をします。愛のエネルギーは頭では、言葉からは分かってきません。

 
草書体の愛の文字を使って瞑想を。

そして、磁場のエネルギー、反転のエネルギーをどんどん実験、体験をしてください。

  どなたも、必ず分かってきます。

愛を思い、感じ、信じられるようになってくればあなたの現象界は見事に変わってくるでしょう。

  信じて、ひたすらに学びを進めていってください。

  信じたい、信じられるようになりたいだけではだめ、それは欲です、肉の思いです。

正しい瞑想、磁場と反転の不断の実行だけがあなたを愛の覚醒へ。


 ◆

 最近、という言葉を口にしたり、文字にしたりする人が多くなってきました。

大変嬉しく思っています。

  然し、は必ず現象化してきます。体験します。

実験の結果、愛の存在やそのエネルギーの素晴らしさを心と体で知ることができます。

どうぞ、それらの体験や実験の結果などをみんなのものにしていってくれませんか。


 は決してぶれません。

安定飛行とでも言いましょうか、まさに、安心、幸福の境地に達することができます。

 は流れていきます。すべてのものを本来のものに帰していきます。

  あなたが愛に目覚めれば、あなたが
愛に心の針を向けていくように心掛ければ、

相手は変わります、争いは治まっていきます。

  相手が変わってほしい、相手を何とか変えたいという思いは、いわゆるブラック、

 
磁場のエネルギーに心の針を合わせ、直ちに反転のエネルギー

愛が伝わるようにしていきましょう。


  最後に一言、
母親の温もりを感じ、その喜びが分かっていない人からは、愛は伝わっていきません。

 

シャーマン(巫女)達よ、己の間違いに一刻も早く気付いてください。

  あなた方がしてきた予言とか託宣とかいったものがどのようなものであったか、一刻も早く分かって欲しいと思います。

  あなた方が信じてきたもののエネルギーは決して大きいものではなかったと気付いて欲しいと思います。

  直ちに、意識の転回、磁場と反転、愛に帰る道を真っ直ぐに進んでいってください。

  結果、現象はあなた達が間違った、間違てきた証です。

  時間はありません。早速、真剣に取り組んでください。忠告しておきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

学びの友の反省
 
 
シャーマン(巫女)、予言者。

そこに流れるエネルギーは真っ黒でした。

己一番の世界を繰り広げ、小さな自分をいかに大きく見せ、人々に誇示していくか、

政治の世界に入り込み、時の権力者を動かし、自分の思い通りの欲望を満たせる社会をつくりあげようとしてきた意識。

人々を恐怖に陥れ、支配し抑圧する。

一族の為に、泣く泣く巫女になった意識でも、時の権力に迎合し、自分の肉を生かそうとしたことには変わりありません。

自分の外に神を求め、その神の力を最大限に利用し、自分が神の代理だと豪語するようになった意識、

人々に他力の思いを植え付け、他力のエネルギーを増大させていった意識。

人に上下、差別の思いを根づかせ、一方では人々を堕落させ、自らも地獄の底に沈んでいった意識。

今、自分の中のそんな意識達に思いを向け、間違いに気づき、共に正していこうと学んでいます。

重苦しく沈んでいる意識達に、磁場を思い、反転と働きかけています。

草書体の愛は思えば思うほど、私の中の宇宙に働きかけ、苦しい意識達を明るい世界へ誘ってくれます。

そして自然に愛は自分の中に存在する、
草書体の愛は自分自身なんだという思いが強くなっていきます。


 
私も、シャーマン(巫女)、そちらのほうに意識を向けてみます。 (
塩川香世)

私の心の中にも巫女の意識、その過去世がたくさん、たくさんありました。そして私は、その意識達に心を向けてきました。

心の中に喜びと温もりを伝えてきました。

私がシャーマンと巫女と思いを向けたとき、私の中に伝わってくる思いは、

間違ってきました、はいこの喜びと温もりを信じていきます、という思いです。

しっかりと愛を実践してきた私です。私は愛、私は温もり、そのように私は心に伝えてきました。

今、私はその結果を心に返しています。

私の中で巫女は喜びの存在です。もう苦しみではありません。

私の中で、シャーマン(巫女)は私とともに喜びへ帰る道、愛へ帰る道を淡々と歩いていっている意識、私はそのように感じています。

私の中で巫女と思ったとき、荒れ狂う思いはありません。恐怖もありません。不安もありません。

人々を支配してきた思い、人々を恐怖の底に陥れてきた思い、己の欲望のために、

ただただそのためだけに真実を曲げて伝えた苦しみの底に沈んできた私自身をしっかりと見つめてきました。

私は、今そのように自分を感じています。私の中には、喜びへ帰る道しかありません。すべては喜び、温もりへ帰る道。

心の中へ今、私はそのことを今一度、伝えています。



あなたは、自分は素晴らしい、正しい、清く美しいなんて思っていないでしょうね。

もしそのようでしたら、馬鹿の前に、大がいくつついても足りないものだと認識を新たにしてください。

あなたが自分が愛だと目覚めたら簡単に分かることです。よろしいでしょうか。

UTAの輪は、己を表す場ではありません。競ったり争ったリする集まりでもありません。

私達はともに愛に目覚めていく仲間です。真実に帰っていく友です。

現象界には、過去、現在、未来がはっきりとあります。

意識界には現在しかありません。永遠の今、があるのみです。

  したがって、過去に使った思い、エネルギー(過去世)も未来に使った思い、エネルギー(来世)も、

現世に現象化していきます。   お母さんに使った思い、エネルギーは現象化していきます。

  十月十日
お母さんのお腹にいた時使った思い、エネルギーも 0歳の時使った思い、エネルギーも現象化していきます。

  それらの思い、エネルギーでマイナスのものは磁場と反転していきましょう。

現在という時を磁場と反転で通過していきましょう。

  磁場に心を向けて瞑想、マイナスの思い、エネルギーを感じたら反転のエネルギーを発していきましょう。

  真面目に、誠実に、真摯に実践していきましょう。  そして、あなたの故郷、愛に帰っていきましょう。

 

2013年は、間違った自分、偽者の自分を徹底的に崩していく年にしませんか。

  肉を本物とした、してきた思い、エネルギーをしっかりと磁場のエネルギーと

反転のエネルギーでプラスのエネルギーに変えていきましょう。

  本物の愛に、本当の自分に出会っていきましょう。

  間違った正義の旗を掲げ、贋物の愛を振り撒き、

我一番、我こそ神なりと支配と破壊のエネルギーを放出してきた自分を崩していきましょう。

  みんな、みんな苦しみの原因、不和、病、孤独で苦しみ悩んできた原因、

すべてを磁場と反転のエネルギーでプラスに変えていきましょう。

  そして、本当の幸せ、喜び、温もりの人生が送れるようなあなたに蘇ってください。

首を長くして待っています。

  さあ、年内に決意、やる気、勇気を確認、1月1日、愛に向かって再出発、よろしいでしょうか。

 


 
年が明けたら、毎日 
磁場、瞑想、毎日 反転、自己供養

そして、毎日毎日 次元移行に向けて一歩また一歩前進していきましょう。

決断と実行でいきましょう。

◆ 

2013年を迎えるに当たって、

この学びに入ってきた動機を、もう一度しっかりと検証してください。

あなたは間違っていませんか。

  その後、いや、初めからぶれていませんか。

心の向け先が間違ってきませんでしたか。

案外このような学び方をしている人が多いですよ。


  いくら、いろいろ都合をつけてセミナーに参加してこられても、

五訓にあるように、何を間違えたのか、なぜ間違ったのか、分からなければ一歩も前へ進めません。

  文字通り、悔い改めて学び直していきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

学びの友の反省 
 
 
今までの学びの過程の中で、何度も何度もこの学びの動機を検証することを促されてきました。

  私も霊道がほしい、チャネラーになりたいという思いから学び始めました。

  そしてそこには競争、醜い争い、我こそは一番というエネルギーが渦巻き、かつての巫女たちの争いが具現化したかのような様相がありました。

  自分の使ってきた心、だしてきたエネルギーを見つめ、認め、それを回収するという学びを進めてきたつもりでした。

  でも今もう一度見直してみると、本当に回収できたのだろうか、

学びが進化した今ならさらに本当の自己供養ができるという思いが湧いてきます。

意識の世界すらも肉を基盤に学びを進めてきた、そしてその結果は明らかでした。

学びの動機を振り返り、自分の間違いをしっかりと認識していけば、自分のこれからの学び、

どのように学びを進めていけばいいのか、おのずとはっきりと自分に伝わってくるでしょう。

それを信じて自分と自分の学びを進めていきたいと思っています。

すべてにおいてこれでよしという点はありません、いつも原点に立ち戻って、さらなる検証の大切さを感じてます。

 

◆ 

この学びの肉的な動機は、チャネラーになりたいということでした。

しかしその奥に、打倒 田池、「田池留吉の宇宙」に挑む暗黒の宇宙が存在していました。

凄まじいエネルギーで宇宙を真っ黒に塗りつぶし、すべてを支配し、破壊し、抹殺する宇宙です。

己一番、他は認めず。氷のように凍てついた孤独な世界。私は自分の中のアマテラスを感じています。

今世、この日本に、この地に生かされる目的、そこには肉では分からない本当の自分の思いがある。

すべてが許される中で、どんなに狂いに狂った宇宙でも、すべてが真実に目覚めるように計らわれ、

馬鹿な肉にも分かるように現象化される、これほどの愛があるでしょうか。

真摯に、素直に、草書体の愛を思えば、私はなんという世界に今生きているのかと絶句です。

「田池殺してやる」の思いはまた、「田池留吉を信じ、愛を信じ、喜びでゆべてを委ねます」ということでした。



心の針を愛、磁場に正しく向けるだけ、そのために草書体の愛の文字が用意してあります。

その文字を活用するだけです。こんな簡単なことができない、やらないのはどうしてでしょうか。


  原因は全部自分自身にあります。

させないような、できないような分厚い、大きな壁、自分が構築してきた真っ黒な闇の壁が邪魔しているのです。

  一刻も早く気付いて反転といってください。呑気に過ごしている時間はもうありませんよ。

  やるかやらないだけ、その結果はあなたのもの、現象化してから慌てふためかないように。

  皆さん方は本当に自分が偉いと聳え立っていますよ。

私は、そんなにあなた方は偉いんでしょうかと問い続けたい思いで一杯です。

  あなたは、本当に自分は偉い、正しい、一番、我は神だと、今も思っているんでしょうか。

もういい加減に気付いていただきたいと思っています。

  あなたは、今、自分はUTAの輪の中にいると思っていますか、

それとも外にいると思っていますか、しっかりと検証してみてください。頼みますよ。

 




  新しい仲間の方、前者の轍を踏まないように心掛けてください。

あなた方は、この学びを進めていくのに大変良い環境にあります。

 
草書体の愛の文字を大いに活用していくように努めてください。

  学びの長短は関係ありません。

さし当り、磁場と反転の本をしっかり幾度も読んでください。ホームページは毎日開いて読むようにしてください。

  お母さんの温もり、磁場に向けての瞑想と反転、まず肉でも頑張ってください。

  誠意には誠意で以て応えていきます。誠意と真剣には責任以て共に学ばして頂きましょう。

 


あなたは愛です。愛のパワーは素晴らしいです。

草書体の愛の文字を活用しながら愛のエネルギーの凄さ、

仕事の素晴らしさを確認していってください。

あなた自身がパワーですよ。

凄くて素晴らしいパワーです。

地球人類は、肉を本物とする思いを強く大きくしてきて、

自分が意識、愛だということが分からなくなり、

外に、宇宙と思っているものに向かってパワーを求め始めたのです。

この事実は自己矛盾、自己破壊、恐ろしい結果を齎(もたら)すことになると思っています。

宇宙のパワーだと思って求めてきた人は、

早急に、愛のエネルギー、磁場と反転のエネルギーを活用して

自分が作ってきたパワーの闇、闇の厚い壁から自分を救い出すように心掛けてください。

当面の大仕事です。必ずやり遂げてください。

素直に聞き入れてください。ハイと言って実行してください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

学びの友の反省
 
  「ハイ」と素直に応える、それができていませんでした。

肉ですら「ハイ」と言えなかった自分はいったい何だったのだろう、何を思って学んでいたのだろうと振り返っています。

  恐ろしいくらい己が偉く聳え立っている自分に目をつぶり、得手勝手な学び方をしてきたのです。

  「前者の轍を踏まないでください」というメッセージは本当に自分の間違いを明らかにしてくれます。

  肉を基盤に学びを進め、そして他力のエネルギーの中に埋もれたままで、

心の向け先がまったく見当違いのまま、それでよしと年月だけを重ねてきた自分を思います。

だからこそ、今与えられている草書体の愛、そして田池留吉の磁場を思い、反転を重ねていく学びは、

これを実践しないで学びの輪の中に入っているとは絶対言えない、

何をさておいても一番に実践していく、そしてそれが喜びなんだと伝わってきます。

自分を振り返り、何を間違えたのか、すべてが間違いでしたと今はっきりと自分に伝えることができると感じています。

今までの自分はすべて崩してあらたな自分に生まれ変わる、そんな2013年にしたいと思っています。



どうぞ、皆さん、草書体の愛を活用して体験されたこと、そして自分の心に響いてきたことをまとめて、UTAブックさんのほうに送ってください。

数に制限がありますが、原稿が採用された方、2013年夏に、ともに学んでいきましょう。

瞑想、瞑想、さらに瞑想、そんな時間が持てると期待しています。

真実は、次元移行へ至る道筋は、自分の心でしか分かりません。

自分の心に響いてくる次元移行への道筋を感じていく喜び、喜びの瞑想をともにできることを楽しみにしています。

どうぞ、皆さん、2013年、2014年、集中的に学んでいきましょう。

今世の学びの結果をそれぞれの転生に必ず活かしていけるような学び方をしていってください。

肉の喜びと幸せだけを追い求める人生とは本当に、今世を境にしてさようならしてください。

喜びの天変地異が待っています。250年後に、一人でも多くの方と再会できることを切に望みます。

真実は一つです。私達はみんな愛ということです。愛以外には何も存在しない。

愛は、日本語で語れば喜び、喜びは温もり幸せということになります。

喜びは明るくシンプル、矛盾なし。

暗い顔、怒った顔、特別・選民・区別差別の言葉、争い、孤独、みんなみんな愛欠乏状態といえるでしょう。

あなたは今、明かるいですか、暗いですか、怒っていませんか、争っていませんか。

あなたは今、あなたの人生計画にないどうでもいいようなことにとらわれていませんか。

やろうと計画して生まれてきた自分自身に誠実でしょうか、真面目でしょうか。 



あなたの心は今、どちらに向いていますか。外ですか、内ですか。

真実は外にはありません。

外に喜びや幸せを求めても、豊かさや安らぎを求めても空しい結果になるでしょう。

  あなたの心を内に向け、針を愛、本当のあなたに向けておればいいのです。

  草書体の愛の文字を使って実験してみてください。

磁場と反転です。よろしいでしょうか。


  意識の転回、自分に絶望することから始めよう。徹底的に自分を崩していこう。

  意識の転回が進んでいかなくては真実は見えてきません。

  では、何故、意識の転回が進まないのか。頭では分かっていると思います。

しかし、心で分かるように学びを進めていってください。

 身体が不調和、病気が思うように治らない、こんな時だけ反転、反転と唱えている人が案外多いようです。

肉体細胞に向けて、治れ、元気になってくれと頼み込んでいるような人達でしょうか、まだまだ多いようです。

他力信仰の信者が現世利益を求めて祈っているように聞こえてきますが、どうでしょうか。

磁場に心を向けてない人、磁場そのものを信じていない人、磁場に心を向けられない人は反転以前です。

反転力がどういうものかも分かろうとしないで反転、反転と呪文でも唱えているようでは困ったものです。

自分自身が愛、パワーだということが心で分かるようにもっともっと勉強して欲しいと思います。

磁場と反転の本をしっかり読んでいるのでしょうか。どのような読み方をしているのでしょうか。

どうでしょうか。磁場と反転の本を読んで欲しいと思っている人が自分の周りに何人いるでしょうか。

その人達に、本を読むように勧めているでしょうか。

自分の身体の不調和や病気が治ったら勧めようと思っているのではありませんか。

この本は素晴らしい、是非あの人に勧めようと思えるようになってきたら反転力も少しは分かってくるのではないでしょうか。

私のホームページも、磁場と反転の本もあまり読まないで、

反転の言葉だけを掴(つか)んで、反転、反転と唱えていてもあまり効き目はありませんよ。

最後に、磁場のエネルギーと反転のエネルギーは凄いと言っている人も多いということも伝えておきます。  


寒さ厳しい日が続きますが、春の温もりも感じ始めています。

2013年は、学びの友にとって良い年になるでしょう。

楽しみにしています。

  3月には、UTA会も磁場と反転出版セミナーと謳って開催していただけます。

大変嬉しいことだと思っています。

更に沢山の仲間の人達から凄い本だという声が聞こえてくるようになってくればと思っています。

  私は今、そのような人達に応えていきたいと心から思っています。

◆ 

あなたは、一体、何をいつまでも守ろうとしているのですか。

身体ですか、人的物的もろもろの環境ですか。

身体や形の世界を基盤としたあなたの思いですか。

いずれみんな消えてなくなるものばかりです。

ただ、思いは、ブラック、闇、反転してプラスに変えられるまで有形無形のあなたに影響してきます。

争い、環境破壊、病気などとなって現われてきます。

愛を信じ、愛に心の針を合わせて、
草書体の愛の文字を使って、反転と進んでください。

本来の姿、愛に帰っていきましょう。病やもろもろの苦しみ悩みから自分自身を救っていきませんか。


***************************************

 

H.24年 勉強会(セミナー)のテーマ : 反転と人生

私は意識です。私はあなた、あなたは私、一つです。

意識は愛。意識は喜び・温もりのエネルギーです。

意識は無限大、永遠に存在します。

有限の世界、物質の世界からは理解できません。

ただ、ひたすらに思い、感じ、信じることを積み重ねながら信を強く、深く、大きくしていけばよい。

 

1  出生と死の意味

2  意識の転回

3  自分の心を見る。発信している思い・情報がプラスかマイナスか。

4  肉体と意識。意識は本来はプラス。喜び・温もりのエネルギ ー。

  肉体が自分だと思うエネルギーはマイナス。

5  反転はマイナスをプラスに変える。反転はプラスのエネルギー、喜び・温もりのエネルギー。

6  温もりとは母親のぬくもり、

  私が伝えようとしている磁場・意識は喜び・温もりのエネルギー、プラスのエネルギー。

7  母親の反省と0歳の瞑想が極めて大切。

8  現在発信している思い・情報を反転とプラスに変えれば、過去世も来世もプラスに変わる。

   これが救済・幸福への道。

9  マイナスの思い・情報の発信が争い、病気、苦しみなどの原因。

10 意識の流れを感じてください。 天変地異と未来・次元移行。

 

 反転、マイナスの人生をプラスの人生に反転しませんか。 決意が肝要。どうですか。


それには、お母さんに発信したマイナスの思い・情報を反転、

次に、他力信仰に発信した思い・情報をすべて反転していきましょう。

 反転を習慣化していきましょう。

反転は、不思議、驚き、喜びのエネルギー、凄いプラスのエネルギーです。

どうぞ、反転人生を楽しんでいってください。

2012年5月・第11回UTA会、近づいてきました。反転の予習をしましょう。


思い、肉を本物・基盤とするものと意識を本物・基盤とするものとあります。

前者はマイナスの思い、後者はプラスの思いとします。しっかりと、マイナスの思いを反転していきましょう。

反転1  水をより美味しくて力のあるものにする。

反転2  眼鏡、入れ歯、果物、コーヒなどの飲食物等々を自分に合ったものにする。

反転3  肩とか腰の痛みをやわらげる。

反転4  マイナスの思いをプラスに変える。

反転5  意識の存在、流れを自覚し、意識の流れに乗って次元移行を目指す。


反転を日々遂行していけば、間違いなく生活は調ってくる。人間万歳、人生万歳となる。

 

 

反転、反転、反転です。

反転のエネルギーをそれぞれの心で感じていくこと、それに専念してください。

 今月(2012年 5月)のセミナーまで、まずそのことをやってみてください。

反転のエネルギーです。

 田池留吉の磁場と思い瞑想をして反転と思いを発するんです。

そして、どうぞ、その反転のエネルギーをそれぞれの心で感じてみてください。

その実践をセミナーまで出来る限り重ねていってください。

 セミナーはとても貴重な学びの場です。どうぞ、その時間と空間を可能な限り活かしてください。


 それぞれのこれからの転生、250年、300年に向けて、それぞれの心の中で一歩を踏み出していただきたい。

その貴重な時間と空間であるセミナーの場を活用してください。

 ともに学んでまいりましょう。ともに学べることが喜びです。

「意識の流れ」の本を、第10回UTA会資料を、

その他の本をOリングテストしてみてください。


さらに、ホームぺージの一部を印刷してテストしてみてください。

 反転の実験のことですが、色々と試されている人もあるかと思いますが、

まず、水道水を使った反転が100%できるようにしてください。

水道水を使って反転をすること、これができればメガネとか他の事にも応用できるんです。

家で、水道水の反転が100%できること、まずこれを達成してください。

100%です。100%と言うのは、完全にできることを言います。



 その際、必ず以下の要領で、二人一組で実験をしてみてください。


 用意するもの。ガラスコップ一個。水道水。

1. ガラスコップに、水道水を七分目程度注ぐ。

2. 一人が、そのお水をまず一口飲む。味、におい等を記憶しておく。

3. そのガラスコップを片手に持ち、もう片方の手で、Oリングを作る。

  
Oリングを作った指先は軽く合わす程度で、指に力を入れない。

4. もう一人が、そのOリングの中に、両手の人差し指を入れて、親指とでOリングを作る。

   その状態で左右にぐっと水平に腕を動かし、相手のOリングの硬さを確かめる。

5. ガラスコップを一度、テーブルに置き、田池留吉の磁場と思い、

  そしてガラスコップのお水に意識を向け、反転と発信する。


6. 上記の2〜4を繰り返す。

 

家で、水道水の反転が100%できること、まずこれを達成してから、次の段階に進むようにしてください。

 

************************

意識の転回、自己確立・独立独歩、次元移行一路

心から喜ぶことを知りなさい。

喜びはパワー、田池留吉・アルバートの世界。

健康・平和・幸せへ。

怒りを鎮めなさい。怒りは闇のパワー。病氣・破壊・不幸へ。


喜びは、自然治癒力を高めます。怒りは自然治癒力を弱めます。

 

心の向け先は、田池留吉・アルバートの世界のみ。

向け先を間違えばすべて闇、

瞑想を通して実証してみてください。

 

最後は瞑想です。

そして、瞑想の最後は田池留吉を思い、心の針をぴったりと合わせることです。

欲で瞑想をしてはなりません。瞑想は修行でもありません。

楽しんで瞑想を続けてください。

 

  はじめに、愛がありました。

  意識は愛、宇宙は愛,母親は愛です。

  私は愛、あなたも愛、ひとつです。

  生も、死も、愛の中での現象です。

  愛は喜び、愛は温もり、愛はパワーです。

  人間は、愛から出て愛に帰る存在です。

  愛なき宇宙は暗黒、愛なき人生は暗闇です。

 意識の転回、自己確立・独立独歩、次元移行は愛に帰る道です。

 人々よ、目覚めて愛に帰りましょう。

ただ今から(2011.11.1)、毎日、田池留吉の磁場にあなたの心を向けるようにしてください。

ただひたすらに、田池留吉の磁場を思ってください。

田池留吉の磁場は、あなたの外にあるのではありません。

あなたの外に向いて、心の針を合わせるのではありません。

中に向けるんです。

23年 12月のセミナーは田池留吉の磁場と反転、反転と肉体細胞の活性化、

肉体細胞の活性化と自然治癒力のアップを中心に学びを進めていきます。

 
23年 12月のセミナーで次のような実習をします。予習しておいてください。

 実習 1 田池留吉の磁場を思う瞑想

       田池留吉の磁場が信じられるようになればなるほどその凄さが分かってきます。


 実習 2 マイナスの情報の確認

       発信しているマイナスの情報に思いを向ける。

       痛い、辛い、何とかして欲しい、不安、恐怖だと思っている身体の部位に思いを向ける。


 実習 3 反転

       肉体細胞に向けて、ありがとう、ごめんなさい、ありがとうと思いを向ける。

       反転(ハンテン)と、この2文字に思いを向ける。

       そして、もう一度、田池留吉の磁場に思いを向けて瞑想を続ける。


       
 ありがとうございましたと実習を終わる。

 マイナスの情報がプラスの情報に変わったかどうか確認する。

   実習1,2,3に続いて、次のような試みをしていきませんか。

 さらによい水を飲むようにしましょう。

 1.コップに飲用水を入れる。

 2.田池留吉の磁場を思う。

 3.コップの水に向けて「反転」と発信する。

 4.コップの水を飲む。


 
 以上の1,2,3,4を参考にして、より良い水を作って、より良い飲み方で、飲用するようにしていってください。

 飲用を続けてみて大変良かったと思われた方は、仲間の人達にその喜びを伝えていってください。

 

上記のような要領で、転写と反転の思いをうまく使って、水を飲むようにしてはいかがでしょうか。

 

 思う ⇒ 感じる ⇒ 信じるの繰り返し

 何を思うのか、何故思うのか 

 田池留吉(意識)の世界 田池留吉の磁場 肉体細胞 反転 0歳 

あなたは、「思う」ことの大切さ、凄さを知っていますか

 心の向け先は間違っていないか、ずれていないか

 発信している情報はプラスか

 あなたの人生の目的は あなたは何故生まれてきたのか、死んだらどうなるのか分かっていますか

 

 この学びは、病気直しを目的に進めているのではありません。

私の指示に従って実践していけば分かることです。

健康は大切です、しかし健康のために生まれてきたのではありません。

人生の目的を達成するためには、健康であることは大事なことでしょう。


 あくまで次元移行に向けて、意識は流れ、学びは進められていっています。

本当の自分の出会ってください。母なる宇宙に帰ってきてください。


 反転の2文字は、ただただそのためにお伝えしています。

肉が基準の方には、病気直しのためのものと思えるかもしれませんが、

どうか、実践を通して正しく理解して欲しいと思っています。

私から発する言葉、情報、そして、現象は、実践を重ねていかなければ分からないことが多いと思います。

 病気は必ずしもマイナスのメッセージではありません。プラスに反転できます。その術を学んでください。

健康は必ずしも幸せを約束するものではありません。本当の幸せ、喜びを私はずっとお伝えしてきました。

誰でも幸せ、喜びです。でないのは、あなたの無知と欲とエゴが原因です。

 次元移行に向けて一歩一歩前へ進んでください。その時、あなたは本当の幸せとは何かが分かってくるでしょう。

 


 良い水を作るたびに思えよ 「反転」

  良い水を飲むたびに思えよ 「反転」
 
  田池留吉の磁場を思うたびに思えよ 「反転」

  肉体細胞、ありがとう、ごめんなさい、ありがとうと思うたびに思えよ 「反転」

  本当の自分との出会い、次元移行に向けて 「反転」 よろしいでしょうか。

 

 

 

■(平成23年12月31日)

平成24年の年は、反転の年にしませんか。

 反転と思えば反転、私の指針通りに進めていけばできます。

反転と向けて、より良い水を作って、がぶがぶ飲む。

肉体細胞ありがとう・ごめんなさい・ありがとうと反転、身体が癒されていくのを体感していく。

そして、プラスの情報が発信されていくのが嬉しくて、喜び、喜び、そんな年にしませんか。

 勿論、田池留吉の磁場は絶対です。

呼び、思い、感じ、信じていけば、間違いなく、私が伝えている通りになります。

 次元移行を目指して、田池留吉の磁場、反転、反転と前へ前へと進んでいきましょう。

 

■(平成23年12月31日)

 太陽、空気、水にありがとう、ごめんなさい、ありがとうの思いを向けてください。

あなたの心にどのように響いてきましたか。

 肉体細胞にもありがとう、ごめんなさい、ありがとうの思いを向けてください。

 みんな私です。私は愛、意識です。私に帰ってきてください。

私はプラス、私から離れることは、マイナスです。

 常にプラスの情報を発信するように心掛けましょう。

病や諸々の苦悩の原因はマイナスの情報発信にあります。心してください。


 明日から2012年、神と金に振り回されない年にしませんか。

神も金も私から離れていった人間の無知とエゴと欲が作り出したもの、真実ではありません。

 「私はあなた、あなたは私、一つ」は次元移行へのキイワード、片時も忘れないように。
  

 

 

 物質的磁場、有限磁場では、本当の健康を望むことは難しいでしょう。

無限磁場の中でこそ本当の反転、健康が期待できるでしょう。

本当の健康とは、喜び、喜びのエネルギーを宇宙に流し続けている状態と言ってもいいでしょう。

私達は意識です。私達は無限です。肉を基盤とする健康は本物だと言えるでしょうか。


 田池留吉の磁場は無限磁場、反転は本物です。

実践を通して確認をしてください。心で確認してください。


 私は、決して、物質的磁場、有限磁場の効用を軽視している訳ではありません。

人生の目的は、健康であることではありません。健康はその大いなる手段だと申し添えておきます。
   

 父を思い、母を思えば、最高最深の恩と伝わってきます。

私をこの世に出してくれた大恩人と心得て生きてきました。

父を思い母を思えば、喜びが込み上がり、時として涙します。ただただ幸せです。

お父さん、お母さん、ありがとうと発信しながら偉大なる我が人生を全うしていきます。

 


 有限の世界に、いたずらに留まることなく、無限の世界に思いを馳せていってください。

有限の世界に留まる限り真実は見えてこないでしょう。


 有限の世界にいながら無限の世界の自分を信じていくようにしてください。


 本当の自分自身と出会い、真実に目覚めることこそ人生と言うべきでしょう。

無限の二文字を片時も忘れないであなたの人生を進んでいってください。


 

 生老病死も貧困、戦争も、災難も、無限の世界から思えば、

みんな喜びの、プラスのメッセージと受け取ることができるのではないでしょうか。

マイナスのメッセージとしか受け取ることができない心をしっかり見極めていきましょう。
 

 反転積もりて反転となる。

 反転 良い飲用水、健康、自己供養

 反転 無限の存在、意識の転回


 
 反転で良い水を作って飲用していくようにしましょう。

お茶、コーヒに、炊飯などに使っていきましょう。

 マイナスの情報をどんどんプラスのものに反転していきませんか。

私がお伝えしている反転、転写は、どなたでも、どこでも、いつでもできます

試してみてください。

水で実験すると、美味しい水ができます。

力のある水、肉体細胞を活性化し、自然治癒力を高める水ができます。

現在、沢山の方々が実証しつつあります。

さらに、良い水を作り、飲むようにしていけば反省、自己供養が捗っていくようになります。


 有限の世界で心を小さくして生きている人々は、無限の世界を思い、感じ、信じる生き方を始めてください。

反転、転写の思い・エネルギーを信じて発していくのです。

そして、田池留吉の磁場をどんどん信じていける人生を楽しんでいってください。

あなた方はそのために生まれてきたことに早く目覚めてください。

 意識の転回なくして何も分かってきません。意識の世界は無限、真実です。

 

 

故郷(ふるさと)の歌を歌っていますか

 トントントンツーツツトンツーツーツーと口ずさんでいますか。

 兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川と歌っていますか。

 あなたの故郷はあなたの心を癒すでしょう。あなたの故郷の太陽、空気、水はあなたの心を癒します。

あなたの故郷の自然、人々はあなたの心を癒してくれると思います。

あなたの故郷の食べ物や飲み物をなるべく口にするのがいいことだと思います。

疲れたらあなたの故郷に帰って心を休めてください。

 あなたが生まれ育った故郷を忘れないようにしましょう。

 あなたを生み育ててくれた両親を片時も忘れないようにしましょう。

 0歳の瞑想を。母の温もりを。そして、本当の自分との出会いを。

次元移行に向けて真っ直ぐに進んでいきましょう。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


田池先生、ありがとうと発信できる喜びを、伝えてくださってありがとう。

「ありがとうという思いを発信できる」

そう思って目を閉じれば、本当にたくさんのことを学ばせていただいたことが、心に響いてきてただただありがとうです。

 私は、元気、元気で、瞑想をする時間を自分に用意できています。

私は、このことが自分にとって、本当に一番幸せなことだと思っています。

今世の私は、こんな恵まれた中で、ずっと学ばせていただいてきました。

もちろん、元気な私にも身体的に弱い部分はあります。しかし、それもまたよしです。

それは、その部分に思いを向けていくと、必ず温もりと喜びを感じるからです。

そういう部分と上手にお付き合いできることを学ばせていただきました。

お水を反転、転写させてその効果を体験するのと同じく、

どこか身体の弱い部分があれば、そこに意識を向けて反転とする機会があるんです。

これはありがたいです。これは分かりやすいです。反転のエネルギーを自分の身体で体験できます。

自分の肉体細胞から、喜びと優しさが伝わってきます。

形を通して、自分に教えていくことを実感して、意識の自分は何てすごいんだろうと思います。

そう思ったら、心から出てくるのは、ありがとうの思いだけです。

 早寝早起き、暴飲暴食はしない、適度な運動、快眠、快便、生活のリズムを一定に保つ、

そして最大の健康のもと、正しい瞑想の励行。

みんな、トントントンツーツツーのリズムの中で、私は幸せな時間を過ごしています。

 

250年後の肉はまだ目に見えない存在だけれど、意識の世界では、

過去も未来も今とひとつになって存在しているから、

形はないけれど、250年後の意識はもうすでにあります。

もちろん過去の意識もあります。



しかし、過去と未来の意識の違いは歴然としています。

それは、今という時間を境にして、私の意識の世界は大きな変貌を遂げたからです。

過去も喜び、未来も喜び。特に来世の喜びは、これからの私の勉強を経て、さらに大きくなっていきます。

だから、私は、250年後と思うだけで、ただただ嬉しいのです。

肉を持っている今、学べる幸せ、そして来世の肉を持つまでの間、

持ってからの学習、すべてが私にとって大きな喜びです。

田池留吉の磁場、反転、転写の瞑想は、私にこんな思いを伝えてくれます。

本当にすごいと思います。

ともにある喜び、ともに仕事をしていく喜び、ああ本当にそんな喜びを伝えてくれます。


あなたの意識の世界は無限です。

どこまでも限りなく広がっていくんです。

そこには喜びしかありません。温もりに大きく包まれています。

そのことをいつも、いつも感じながら、日々の生活をなさってください。

私達はいつでも、どこでも、瞬時に出会えます。私に心を向け、いつも私を感じていてください。

      田池留吉の磁場と反転のすすめ


 1.水道水を反転する。

  a. コップ2つA、Bを用意する。
  b. コップA、Bに水道水を入れる。
  c. コップAの水道水を反転する。
  d. コップA、Bの水道水を飲む。美味しいか。
  e. コップA、Bの水道水をO−リングテストする。 力があるか。

 2.良い水を反転する。

 3.マイナスの情報を反転する。

 4.遠隔反転する。

反転は喜びのエネルギー、田池留吉の磁場のエネルギーです。

田池留吉の磁場を信じる方は誰でも反転できます。

それは、反転という仕事は、田池留吉の磁場、喜びのエネルギーがしているということです。

反転できることは喜びです、決して己を誇るものではありません。

誇ることはマイナス、磁場をますます信じていくようにしてください。


 反転のすすめは、本当の自分自身に出会うことを目指しています。

決して、反転は、病気治しだけで終わってはなりません。

田池留吉の磁場を思い、感じ、信じていくようにすれば、

信が強くなっていきます、反転の効果は上がっていきます。

肉体細胞は活性化し、自然治癒力は高まり、更に、自己供養は進むようになっていきます。

そして、意識の流れに乗って次元移行に向かって進んでいけるようになるでしょう。

 いずれ、転写の実習のお手伝いをさせていただきます。それまで、反転がしっかりできるように励んでください。

 

昨日も今日も、毎日のように嬉しい便りが来ます。大変嬉しいです。ありがとう。

 「田池留吉の磁場を信じて反転やっています。驚きと喜びの日々、ありがとうございます。」

「反転の日々を送っていて、ようやく、この学びを続けていて良かった。

本当に良かったと思えるようにになりました。ありがとうございました。」等々。


 どうぞ、みなさん方も、田池留吉の磁場を信じて反転の毎日を過ごしてください。

「田池留吉の磁場を思い、感じ、信じ、反転」を繰り返し繰り返し続けていきましょう。

 反転は喜びのエネルギーです。マイナスの情報をプラスの情報に変えます。

プラスの情報をマイナスの情報に変えることはありません。

したがって、反転して反転しても元に戻るということはありません。

 
 田池留吉・アルバートの意識、その世界、エネルギーがなかなか信じられなかった学びの友達も、

反転の実践を通してようやく信じられるようになってきたと伝えてくるようになってきました。嬉しいですね。


 田池留吉の磁場が、いよいよ学びの友の心や体を通して

真実のエネルギーを、喜びのエネルギーを発現してくるようになってきました。

こんな嬉しいことはありません。

どうか、田池留吉の磁場を信じ、反転と、有意義な毎日を過ごしてください。


 田池留吉の磁場を強く、深く、大きく信じる学びの友達よ、私、田池留吉と共に進んでいきましょう。

私は、必ず、真実の喜びと幸せをあなた方にお送りしましょう。大いに期待していてください。

信義誠実を大切にする友を裏切るようなことは絶対にしないでしょう。

そのような友達と残された時間を共有していきたいと思っています。これが、私の唯一の願です。

意識の流れに沿って、次元移行に案内する私の仕事を一番大切にしています。

どうぞ、一人でも多くの方々、私と一緒に進んでいきませんか。

 私は、いつも、あなたが真実に目覚められる日を心から待っています。

 

  第10回UTA会、後1ヶ月後、学びがあなたの生活の中心になっていますか。

 

 1. 「意識の流れの学びを進める」を日々実践していますか。

            T.入門とU.実践・じっくり基本をしっかりやってください。


 2.田池留吉の磁場と反転、転写、3月の会に参加する方は、

             水道水を転写して飲んで美味しい水を作る、

              Oリングテストして身体によい水かどうか調べる、できるだけ実験しておいてください。

 


 母親の温もりを感じているか、心の針はどこに向いているか、

あなたはどうですか。

 反転のエネルギーは田池留吉の磁場のエネルギー、喜びのエネルギーです。実験を通して確認を。


 田池留吉の世界とか田池留吉の磁場とか言っていますが、

元元その世界、磁場には田池留吉という名前などは付いていません。


私、田池留吉だけが伝えているから、又、

そのように名前を付けて伝えた方が伝えやすいからそのように言っているのです。

 しかし、その世界、磁場は喜びのエネルギー、愛そしてあなた方自身でもあります。

だから、それ以外の世界に心を向けることは間違いということになります。

このことは、自分の心が見えてくるようになれば分かってくることです。

しかし、欲を張りすぎるもの、他力の反省を一向に進めないものは、

田池留吉の世界、磁場に心の針を向け、思い、感じ、信じるようにはなかなかなれないようです。

己が偉すぎるのかもしれません。

 

「私はあなた、あなたは私、一つ、私は愛、喜びのエネルギー、

私は私に心を向け、私を信じていこうとするすべてのものに

、常に、永遠にそのすべてを反転と発信しています。

私には、マイナスの情報の発信、伝達、記憶といったものは全くありません。」

と、私からのメッセージが、現在、肉を持っている私の意識から伝わってきます。

 

マイナスの情報の発信、伝達、記憶は、肉を本物とする人間のみの営みです。

死に近い病気や、難病や、こじれた親子や夫婦の争いといったものの原因は大半ここにあります。

勿論、戦争や災害といったものも同様です。

しかし、自分達の間違いに気付き、意識の流れに乗り、

意識の転回、次元移行へと大転換する転機でもあります。

一に自己選択自己責任、自分を生かすも殺すも自分自身にあります

よろしいですか。

 

反転実験の例

 ■反転実験 1
 自分の眼鏡を反転、ぴったり自分に合ったものになりました。
 
 ■反転実験 2
 みかんを反転、Oリングテストをしました。力がありました。

 反転実験 3
 自分の総入れ歯を反転、ぴったりでした。

 反転実験 4
 化粧水を反転して使うとどうでしょうか。
  
 
反転実験 5
 良い水を作って反転、家庭の浴槽内の浴水に10滴程度入れてはどうでしょうか。
  良く温もります。

 反転実験 6
 コーヒ、ココア、牛乳などを反転して飲んではいかがでしょうか。
  口当たりがよいのではないでしょうか。
  
 その他、色々と実験してみてはどうでしょうか。

 実験がうまくいくには、母親の温もりと心の針の向け先が肝要。
  

 

 磁場・反転、死ぬまで元気で自分の人生を全うしてください。

 磁場・反転、死ぬまで元気で意識の転回、次元移行を目指してください。

 磁場・反転、死ぬまで元気で自分が永遠の命・エネルギーだと信じ続けてださい。

 磁場・反転、死ぬまで元気で本当の自分自身に出会う道をひたすら歩み続けてください。

 磁場・反転、喜びのエネルギー、確実に、マイナスの情報をプラスの情報に変えていきます。

 磁場・反転、愛、愛はあなた、あなたは愛、信じて信じて死ぬまで元気で生きていきましょう

 

 有限の世界、小さい小さい世界。無限の世界、大きい大きい世界

小さい、狭い世界から大きい広い世界に自分自身を解放していきませんか。

磁場・反転を信じて実践していってください。

私がご案内している反転、田池留吉の磁場に心の針を向けて反転を実行してくださ。

反転は喜び、温もりのエネルギー、マイナスの情報を確実にプラスに変えていきます。

 反転は、これから驚異的な進展を遂げていくでしょう。。どうか信じて実践していってください。


 良い水を反転してより良い水を作っていくことから始めてください。

やがて、本物の喜び、温もりが感じられるようになり、信じられるようになり、

そして、さらに意識の転回が進み、

意識の流れに乗って次元移行に向かっている自分自身が見えてくることでしょう。

第10回UTA会、現在、733名の方が参加予定。大いに楽しみにしています。

 さて、田池留吉の磁場に心を向けて反転、より良い水を作って飲んでいますか。美味しくて、力がありますか。

 反転は喜び、マイナスの思い・情報を間違いなくプラス変えていきます。

あなたが発信してきた、発信しているマイナスの思い・情報を反転と発してプラスに変えていってください。

所謂(いわゆる)、自己供養、頑張ってみませんか。待っています。


 反転は、誰でも、どこでも、いつでもできます。

田池留吉の磁場を信じている方、信じていこうと思っている方なら誰でもできます。

私を信じて頑張ってみませんか。


 

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)

 

 私・田池留吉がUTA会に参加して共にセミナーをさせていただくのは、

平成26年12月までとさせていただきます。

みなさん方がますます学びを進めていかれることを切に望んでいます。

 

あなたの顔は、いつも、明るいですか、笑っていますか。

暗い顔はいただけません。怒った顔もです。

肉・目に見え、耳に聞こえ、触れることができる形の世界が本物であるとする物の見方、考え方

(宇宙の風9頁から引用) を基盤とする笑顔は、暗い、本物ではありません。

意識の転回が進むにつれて、笑顔は作られた物でなく本物になっていきます。

本物は本物の仕事をしていきます。いつも、本物の笑顔を絶やさないようにしていきましょう。

 田池留吉です。どんどんどんどん、心から喜びのエネルギーを流し続けていってください。

宇宙には、まだまだ光、温かな優しい光が届いていない暗黒の部分がたくさん、たくさんあります。

心よりあなたの喜びの思いを伝えていってください。


心を向けても、あなたはそのエネルギーによって狂うことはありません。そこに流されることもありません。

埋没することもありません。ただただあなたはあなたの心で感じているものをしっかりと伝えるのです。


「田池留吉、アルバートとともに歩いていきましょう。そして私達の思いをどうぞ、真剣に心より受けてください」

とメッセージを心から流していきなさい。

喜びのエネルギーが仕事をしていくこれからの時間、あなたの心の中でしっかりとやり続けるのです。

あなたの肉があってもなくても、私と同じ仕事をしていけることを、今、伝えます。

下記のものは、第7回UTA会に向けて、みなさんに参考にしていただいたものです。

これからも、参考にして、一、二、三の実践を心掛けてください。

一は、母親の反省・0歳の瞑想・母親の温もり、

二は、田池留吉に心を向け・呼び・合わせ・委ねる、

三は、自己供養。 焦らず、弛まず、真摯に、どうぞ。

 

意識の流れの学び 

学びの進め方・手順

意識の流れの学びを進める

T 入門

  
1.学びを始めた動機を確認する。

  2.自分の宗教遍歴を振り返る。

  3.本、意識の流れ増補改訂版と続意識の流れ改訂版を繰り返し読む。

  4.ホームページ意識の流れあなたに話しかけましょう田池留吉を毎日開いて読む。


U 実践・じっくり基本を

  1.母親の反省

    母親にしてもらったこと、してもらえなかったこと、してあげたことを ノートに書き出す。

    母親に使ってきた心を思い起こす。

  2.0歳の自分に向ける瞑想

    母親の温もりを感じる。

  3.田池留吉を思う瞑想

    田池留吉に心を向ける、合わせる、委ねる。

    田池留吉の世界、温もり、優しさ、大きさ、広がり、パワーを感じる。


V 実践・しっかり応用を

  1.田池留吉のメッセージを受ける。本物かどうか波動を確認をする。

  2.自己供養

    自分の闇・過去世を受け入れる。

    自分の闇と共に、母親に、田池留吉に心を向ける。

    自分の闇が喜びに変わる。

  3.来世との出会いと供養

    250年後の自分、300年後・次元移行した自分と出会う。

  4.死後の自分との交信


W 実践・愛の放射塔

  1.田池留吉と交信・質疑応答する。

  2.意識の転回、更に更に進める。

  3.田池留吉と「私はあなた、あなたは私、一つ」だと確信する。

  4.UFOに心を向ける。UFOと交信する 

  5.宇宙に心を向ける。宇宙と交信する。愛が宇宙に流れる。

  6.一切はエネルギー、愛・温もり、優しさ、喜びだったと悟る。

上記のものは、第7回のUTA会でお示ししたものです。その後、着々と進めておられますか。

 今回は、次の一、二、三で効果的な学びを進めていきましょう。

一は、母親の反省・0歳の瞑想・母親の温もり、

二は、田池留吉に心を向け・呼び・合わせ・委ねる、瞑想

三は、自己供養瞑想

  

 私に、あなたの心を向け、合わせ、委ねてください。これは、本来の、自然な姿、状態です。

委ねることは、喜び、幸せ、ありがとうです。

委ねることが、私はあなた、あなたは私、一つへの目覚めに繋がっていきます。

もちろん、欲と私とは絶対に合いません。

 私がお伝えしている世界は、他力の世界とは全く相容れないものです。

学びの動機が間違っていれば、この学びは一歩も前には進めません。

他力の神々を未だに掴んでいる人は、私に委ねることはできません。

諸々の苦しみ、悩み、病の原因はここにあると言っても過言ではないかと思っています。


 では、今日も、一、二、三でいきましょう。

一は、母親の反省・0歳の瞑想・母親の温もり、

二は、田池留吉に心を向け・呼ぶ・合わせる・委ねる、

三は、自己供養。   焦らず、弛まず、真摯に学んでいきましょう。

一、二、三、やっていますか。一ができてから二へ進むようにしてください。

一ができていない、やりたくない方は、絶対に前へ進めませんよ。

少々進めたとしても、到底、田池留吉の世界など分からないでしょう。

勿論、自己供養も捗らないでしょう。結局、時間だけが過ぎていくことになるでしょう。


 心の底から、お母さんありがとうと言えない方は、

これから何年勉強を続けても、いつかはこの学びから離れていくことになっていくでしょう。

特に、病で悩んでいる方は、口先だけでありがとうと言っていても、

心の底から言えない方がほとんどではないかと思っています。


 お母さんの反省をしっかりやっていくようにしてください。後は、それからです。

 母親の温もりが分からないと、一歩も前へ進めません。

母親の温もりが未だに分からない方は、どうしてか、自分の心をしっかり見ていきましょう。

 母親の温もりを忘れ去った方は、決して幸せにはならないでしょう。

迷いに迷った人生にさよならしませんか。

病んで苦しみ続けてきた生活にさよならしませんか。

悲しんで悲しんで流してきた涙にさよならしませんか。


 次元移行を信じて、一、二、三の励行に喜びを感じていきませんか。

一は、母親の反省・0歳の瞑想・母親の温もり、

二は、田池留吉に心を向け・呼び・合わせ・委ねる、瞑想

三は、自己供養瞑想

私は、私を信じて 共に学びを進めている人を 裏切ることはないでしょう。

死なないでください。どうか、苦しい、辛い、寂しいなどと言いながら死なないでください。

一、二、三の励行、そして死を迎える日まで元気で学びを進めてください。

どうか、あなたの人生の目的を果たして、ありがとう、私は幸せでした、

私の人生は喜びでしたと微笑みながらあなたの肉を置いていってください。

 次元移行に向かって来世に繋いでいきましょう。

 

私、田池留吉はあなたの心の中にいます。そして、いつもあなたに語り掛けています。

私は、あなたの心の外にはいません。

外に向かって、私を求め、心を合わせ、心を委ねていこうとしても、本当の私に出会うことは無理でしょう。

田池留吉を思う瞑想は 指針に従って 正しくしてください。


 己一番、私は、正しい、素晴らしいとやっている人、我は神なり、我の前にひれ伏せとやっている人、

心を中に向けて、中の田池留吉に心を向け、合わせ、委ねることは至難、

「学びの進め方・手順を熟読、実践して田池留吉の世界が分かっていくように進んでください。

あなたの人生の目的はここにあります。

 

私達は心、意識。

その広がり、温もり、安らぎ、温かな温もりの中に私達はありました。

それを教えてくれたのは、田池留吉の肉、そしてその意識。

 UTA会のUはUFO、Tは天変地異、Aはアルバートです。


 死ぬまで、心の中で、田池留吉を呼び続けてください。死んでからも呼び続けてください。

信じて信じて呼び続けてください。できるでしょうか。


 田池留吉に心を向け、合わせ、委ねる瞑想をずっと、ずっと続けてください。

田池留吉の世界が分かるまで、私はあなた、あなたは私、一つ、愛だと分かるまで続けてください。

次元移行後もずっと続けてください。

 真実は一つです。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

■ なぜ、UFOに天変地異にアルバートなのでしょうか。それらはいったい何ですか。 塩川香世

 

 言うまでもなく、それらは次元移行を指しています。

次元移行に欠かせないキーワード、UFOに天変地異にアルバート。


意識の流れは次元移行を指しています。

もうそういう時が迫っていますよと、意識の流れは伝えています。

その流れは、滞りなく流れているから、目に見える形の世界に色々、色々現象が起こってくるのです。


この三つのキーワード、よく憶えておいてください。


田池留吉に心を向ける、合わせる、委ねる瞑想を淡々とやっていく中で、

この三つのキーワードがしっかりと心に広がっていくでしょう。


すべては次元移行を指しています。

次元移行へ続く喜びの道を、UFOも天変地異もアルバートも指しているんです。

すべては波動の世界です。形はありません。

UFOにしても天変地異もアルバートも形ではありません。波動、喜びのエネルギーです。


次元移行へ喜んで、喜んでともにまいりましょうと 喜びのエネルギーを 

UFO、天変地異、アルバートの三つのキーワードで、これからそれぞれの意識の世界へ確実に届けてまいります。

どうぞ、その思いをキャッチできるようなお勉強をなさってください。


 意識の流れは、どんどんスピードを上げてまいります。

なぜならば、宇宙には、次元移行を心から待っている多くの仲間達が存在しているからです。

肉を持たない多くの仲間達、その意識達とともに次元を超えていく計画は着々と進んでいます。

どうぞ、肉を持っている今こそ、本当に意識の流れをご自分の心で感じられるような、そんな学び方をしていきましょう。

 


 
                 

                       私の仕事

1. 退職して、セミナーを。

2. 所謂(いわゆる)セミナーは終了、出版活動を。

   「意識の流れ」「続 意識の流れ」を出版。学びの教科書のようなもの。

3. 出版記念セミナーを開催。セミナー参加が10回未満の方のために、

4. 10回以上参加の方は、意識の転回、 自己確立、独立独歩、次元移行に向けて、セミナーを。

5. UTA会でセミナーを。

6. 「意識の流れ 増補改訂版」「続 意識の流れ 改訂版」を出版。

7. 二、三年後に、「X」を出版。

8. 肉を調えて終了となります。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/   

  第10回UTA会、反転がテーマ

一人でも多くの方が、反転の発信で、美味しくて力のある水を作って飲んでいただけるようにと思っています。

そして、一人でも多くの方が、肉体細胞を活性化し

自然治癒力がアップできるようにお手伝いしたいと思っています。

よろしいでしょうか。


 反転をした水を飲むようにしていけば、自己供養に役立っていきます。

そして、間違いなく反省が進んでいくようになっていきます。

反転は凄いことをあなたに気付かせていくでしょう。

やがて意識の世界、無限の世界、そして、仕事をしていくエネルギーに驚嘆することになるでしょう。

 一瞬に発信する反転、一瞬に発信する情報、エネルギーを大事にしていきましょう。

 ところで、あなたは、田池留吉の磁場を信じていますか。

信じようとしていますか。それとも、まだまだ信じられませんか。

反転のエネルギーは、田池留吉の磁場をどれだけ信じているかにかかっています。

 では、UTA会の日まで予習をしっかりしておいてください。

  

故郷(ふるさと)の歌を歌っていますか

 トントントンツーツツトンツーツーツーと口ずさんでいますか。

 兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川と歌っていますか。

 あなたの故郷はあなたの心を癒すでしょう。あなたの故郷の太陽、空気、水はあなたの心を癒します。

あなたの故郷の自然、人々はあなたの心を癒してくれると思います。

あなたの故郷の食べ物や飲み物をなるべく口にするのがいいことだと思います。

疲れたらあなたの故郷に帰って心を休めてください。

 あなたが生まれ育った故郷を忘れないようにしましょう。

 あなたを生み育ててくれた両親を片時も忘れないようにしましょう。

 0歳の瞑想を。母の温もりを。そして、本当の自分との出会いを。

次元移行に向けて真っ直ぐに進んでいきましょう。


 

田池留吉です。今のように、どんどんどんどんあなたの心を広げていってください。

これからも今までのように、あなたの心を広げていくんです。

私の世界が語っていることを心は感じているでしょう。

私の波動の世界、喜びのエネルギー。そのエネルギー、そのパワーの世界を、あなたの心の中で感じていける喜び。

その喜びをあなたはしっかりと自分の中で広げていけるんです。

私、田池留吉はあなたに語ります。優しい母の温もりの中にあったあなたに語っています。

優しい、優しい温もりの中に、あなたが本当に蘇ってきてくれたことを、私は嬉しく思います。

田池留吉、アルバートの世界とともに、喜びを広げていけることを喜んでいってください。

本当に一つの喜びを心で感じていけるあなた。

喜び、喜びでこれからの時間を存在していけることを、今一度伝えておきます。

田池留吉からのメッセージ、大切に、大切にしてください。

私は波動です。波動であなたに語っています。この波動が田池留吉の世界。

すべてを温もりにいざなっていく喜びのパワー。

私は喜び。私は温もり。私は優しさ。すべてが喜びへ帰る道。

迷いに迷った人生にさよならしませんか。

病んで苦しみ続けてきた生活にさよならしませんか。

悲しんで悲しんで流してきた涙にさよならしませんか。


 次元移行を信じて、一、二、三の励行に喜びを感じていきませんか。

一は、母親の反省・0歳の瞑想・母親の温もり、

二は、田池留吉に心を向け・呼び・合わせ・委ねる、瞑想

三は、自己供養瞑想

私は、私を信じて 共に学びを進めている人を 裏切ることはないでしょう。

今、感じている心で、自分を断つ(自殺)ことができますか。人を傷つけることができますか。

人に怒りをぶつけることができますか。不満、愚痴を言うことができますか。


そんなことは 全く不可能ですね。

今、心に感じている喜び、温もり、優しさの中で、ただただ優しさ、 

ただただ喜びがすべての中にあったことを感じられるそんな心の中で、

人を恨み、呪い、抹殺していく、闘いを起こす心などどこにも存在しないはずです。


この心を忘れてしまったから、人類の歴史は闘いの歴史です。いいえ、人類の歴史だけではありません。

遙か、遙か彼方より、闘いと破壊手のエネルギーを流し続けてきたんです。

今のこの心を忘れ去ったからです。

私、田池留吉は、この心の世界をそれぞれの中に蘇らせていきましょう、思い出していきましょうと、ずっと呼びかけてきました。

あなたを産んでくれたお母さんの反省をしましょう。お母さんに向けて瞑想をしましょう。まずそこから語りました。

母の温もりがすべての原点です。温もりを忘れ去った心の中に、何を広げてきたか。どんなエネルギーを流し続けてきたか。

それぞれがそれぞれの肉、その心を通して、知っていかなければなりません。

それが、これから250年に至る地球人類の歩む道筋です。

自ずと、どのような時間空間が用意されているか、感じられることでしょう。

 

あなた、田池留吉に心を向けていますか。田池留吉って、あなたにとってどんな存在でしょうか。

 あなたは、なぜ、田池留吉に心を向けようとしていますか。欲ですか、それとも。

 悩んでいる方、思い切って、素直・ハイで、田池留吉に向けてみませんか。

悩んでいる方の多くは、己が偉すぎ、間違っていない、素晴らしい、と聳え立っているようです。

母の温もりも知らず、また、神と金をしっかり掴んでいては何も分かってきませんよ。

 いつまで頭をくるくる回し続けていくんですか。真実は、頭では分かりません。

心でしか分かりません、心を見ていきましょうと25年以上も伝え続けてきた私の思いが分かりませんか。

やっぱり、みなさん方は偉すぎるんですかね。

肉のことは、存在の意味をしっかり理解し、程々に大切にしていきましょう。

もちろん、肉体細胞と共に、自然治癒力を信じて、死ぬまで元気で。

 悩んでいる方、心の向け先が間違っていますよ。修正を。一、二、三で分かってきます。よろしいですか。

■ 

死なないでください。どうか、苦しい、辛い、寂しいなどと言いながら死なないでください。

一、二、三の励行、そして死を迎える日まで元気で学びを進めてください。

どうか、あなたの人生の目的を果たして、ありがとう、私は幸せでした、

私の人生は喜びでしたと微笑みながらあなたの肉を置いていってください。

 次元移行に向かって来世に繋いでいきましょう。

 田池留吉です。

私はもうまもなく肉をこの世から消しますが、あなたのその肉は、まだしばらくこの世に留まります。

 その間、色々な事が起きてきます。

特に天変地異という形で、日本列島、本当に色々な事が起き、世界各地でも色々な事が起きます。

気象、事件、事故、まさにこれから250年に至る時間の一端を少し示すような出来事が起こってきます。

学びに集っている人達も、自分の心の中で学びをしっかりと進めていかなければ、

その現象にたちまちのうちに飲み込まれ、自分の心の向け先があやふやなものとなっていきます。


肉を持っている今世ですらそうなんです。転生を繰り返していくうちに、心の中はどんな状態になるのか。

死後の自分を感じてくださいという学びでも、その一端を感じられた人もいるし、そうでない人、まだまだの人もいます。

 その中において、あなたはあなたの学びを進めていってください。

あなたの目で耳で、見て聞いて、色々なところから入ってくる情報を横に置きながら、

あなたはしっかりと瞑想を続けてください。

 

瞑想を続けるということは、心の針を田池留吉、アルバートに合わせ、

あなたの中から語ってくる私を受けていくということです。


その波動を受けていくということです。

あなたの心の中の準備は、もうそのように整っています。

私の肉がある間、どんどん瞑想を続けて、その準備をさらに極めていってください。


そうすれば、何があっても、何が起こっても、ふっと思いを向ければ、

ぶわっと広がる喜び、温もりの世界を心が受けていくはずです。


 地獄に起こっている出来事を通し、あなたの中に響いている次元移行へのメッセージ

そのメッセージをあなたの中からどうぞ、形にして表していってください。

それが、あなたが今世の肉を持ってする最終の仕事になるかと思います。

 

田池留吉です。

 瞑想、瞑想瞑想毎日、毎日続けていきましょう。

取りあえず、瞑想が楽しくなるまで続けましょう。


 先ず、母親の温もりを、そして、自分の温もりを信じて自己供養(闇出し、受け入れ包む、喜び)を。


 自己供養は、転生を経て、次元移行を果たすまで続きます。

自己供養は自分と出会い、自分を知っていく効果的な作業と言えるでしょう。

自分を知らずして次元移行はできません。よろしいですか。

 

田池留吉です。

第7回UTA会に向けて、自己供養日誌を書き始めていますか。

正しい瞑想を毎日していますか。

自分の心の向け先が間違っていれば、その結果は、必ず、対人関係や健康に表れてきます。

しかし、それをチャンスとして、更に、自己供養を真剣に、真面目にしていくことが肝要です。

毎日毎日、自己供養を続けてください。

 自己供養ができない、やらない方は、自分に大変冷たいと心得てください。

心が貧しく、愛が乏しいと思ってください。

自己供養は、真の愛に目覚め、愛の放射塔として仕事を進めていく道です。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 セミナー参加回数が10回未満の方に、特にお伝えしたいです。

 それぞれの体験を語り合いながら、学びの友と親交を深め、ともに学びをしていくのもいいでしょう。

しかしながら、セミナーには色々な人が来ます。割り当てられたお部屋にも色々な人がいます。

ということも、どこか心の片隅に置きながら、楽しんで学んでください。


基本的には、学びについては、本(特に、意識の流れ、続 意識の流れ)があります。ホームページもあります。

そこに学びのポイント等、あなたが知りたいこと、聞きたいこと、すべて網羅されています。

さらには、何よりもあなたの心の中にすべての回答が用意されています。


人に聞いてはいけないとは 言っていません。

しかし、自分に問いかけ、自分で答える、そのことを心がけてください。

 そして、ただ漫然とUTA会セミナーに参加するのではなく、

セミナーからセミナーの間、ご自宅で可能な限り自習してください。


セミナー会場で見て聞いて感じたものを、今度はご自宅でやっていくのです。

本があります。ホームページがあります。


そうしないと、たとえ、波動の勉強で前に出られてその時、何かを感じたとしても、

結局は自分でできなければ、あの感動を再びという思いだけが大きく膨らんでいく結果となってしまいます。


 学びには、20年選手がたくさんいます。20年以上、セミナー参加回数は何百回という人はたくさんいます。

それに比べ10回未満、これから全部のセミナーに参加されたとしても、数にしてはしれています。

その状況の中、心で分かってくださいというのは少々乱暴かもしれませんが、しかし、決して不可能なことではないんです。


素直になって、学びの指針に従って進んでいけば、学びの年数などほとんど関係がないことも分かってきます。


だから、本をしっかりと読んでください。

そして、学びに集ってきた動機をしっかりと確認して、学びに全力投球をしてください。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人間は、本来自分自身の心はだませないのにだましまくってきました。

人間は、気の遠くなるほど長い間ずっとずっと五感で捕らえるものしか信じてきませんでした。

信じられないようになってきました。だから、人間は、自分自身を含めて人間をだまし続けてきたのです。

そして、神と金に振り回されてきたのです。

人間の一番不幸なことは、未だにこのことに気付いていない、できないことでしょう。


 しかし、意識の流れは順調に流れています。

そして、地球人類に残されている時間と空間は、後300年です。

私が、肉を持ち、みなさん方に、真実はこうですよとお伝えしている所以はここにあります。


 だから、どうぞ、お伝えしてきた学びを生活の一部としてではなく、

自分自身の人生として、身も心もすべてを掛けていくようにしてください。 

 

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/ 


田池留吉です。


 すべては私の想定内のもの、すべては自己選択自己責任と言えるもの、

すべては必然、計画したものばかり、それは喜び、喜びでした。

私の人生は不思議、不思議…、すべて愛、愛、愛…でした。

 

私の人生は波瀾万丈だったと思われるものかもしれませんが、私ほど幸せなものはいなかったと思っています。


 私は、人生半ばにして自分に目覚めました。

愚昧(ぐまい)だったからよかった、何も本当のことが分かっていなくてよかったとしみじみ思っています。

だから本当の自分に目覚めることができたと思っています。

神も、仏も、聖者も、聖書・教典も、預言者・超能力者と言われているものも、すべてすべて、私から消え去っていきました。

偽物の私、肉を持って握った私はほとんど消えていくような今日です。

ほとんど毎日、本物の私と仕事をしています。こんな幸せ、喜びはすべて想定内のものだったと思っています。


 意識の流れは、着実に次元移行に向かって流れています。そして、次元移行は成就しました。

人間達も喜び、喜び、手を真っ直ぐ上に、どんどん喜びが広がっていきます。

三次元ありがとう、満面の笑顔、笑顔。人類もやっと愛に目覚めました。


 私、私達の仕事は、更に進んでいきます。田池留吉、アルバートの世界は無限、共に進んでいきましょう。どうぞ。


 私はあなた、あなたは私、一つ、愛です。


 無限に続く旅、いつまでも一緒、いいですね。

 

本気で学びを進めていこうと、決意は済まされましたか。

後は、断じて行うだけです。あなたの心は真実を知っています。

あなたを、もっと信じてください。あなたを、もっと大切にしてください。

きっと、あなたも、学んできてよかったと喜ばれる証人の一人になられることでしょう。きっと、なってください。

 私は、真実に触れた人間の笑顔を見たいのです。ただそれだけです。よろしく頼みます。

 

あなたの顔は、いつも、明るいですか、笑っていますか。

暗い顔はいただけません。怒った顔もです。

肉・目に見え、耳に聞こえ、触れることができる形の世界が本物であるとする物の見方、考え方

(宇宙の風9頁から引用) を基盤とする笑顔は、暗い、本物ではありません。

意識の転回が進むにつれて、笑顔は作られた物でなく本物になっていきます。

本物は本物の仕事をしていきます。いつも、本物の笑顔を絶やさないようにしていきましょう。

あなたは、ほんとうに、田池留吉、アルバートを呼べますか。

心を向けている、合わせている、委ねていると思っているだけではないでしょうか。


 「私は、本もしっかり読んでいます、田池留吉に心を向け、合わせ、委ねる瞑想もしっかりやっています、

田池留吉、アルバートのメッセージも受けています。」

と言っている方が多いようですが、その方々、死後の自分と語ってみてください。

死後、田池留吉、アルバートを呼べない方は、現在も呼べないと思ってください。

そして、指針に従って学びを正しくし進めていってください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


、死後の自分と語ってくださいということですが、死後の自分と語るということはどういうことか、

どうすれば死後の自分と語ることができるのか、という思いが、皆さんから伝わってきます。

それについて答えてみてください。    塩川香世

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 田池留吉です。

死後の自分と語るということは、今、自分の中で自分と対話するということです。


今、それぞれの肉体を持っている今という時、自分なりに田池留吉と心に呼び、

お母さんと心に呼び、そちらのほうに心を向けた状態で、自分のほうに心を向けるんです。

自分の中と対話するんです。自分に聞いていくんです。


「あなたは、今苦しいですか。どんなところにいますか。あなたはお母さんをどのように思ってきましたか。

あなたは今、どんな状態でしょうか。」  たとえば、こういうことを自分に尋ねてみるんです。


何も思いが伝わってこない。何も答えが返ってこない。そういうこともあるでしょう。

それは、語ることすらできない、本当に固まった中にいるのかもしれません。

それでも、死後の自分と語りなさいと言われれば、それを毎日、毎日、繰り返してください。

「寂しくないですか。苦しくないですか。寒くないですか。」

無言の自分に話しかけてみてください。


誰に言うのでもありません。自分に自分が尋ねるんです。何度も、何度もそれを繰り返してください。


そうしていくうちに、ほんの少しずつかもしれませんが、

何かを語りたい、語っている、訴えている、そんな思いが心に響いてくるはずです。

なぜならば、みんな苦しみの中から救いを求めているからです。


自分に優しく問いかける、自分に優しい思いを流す、死後の自分を思うということ、

それは、本当に自分に愛しい思いがあることを感じていく作業なんです。


たくさん言葉は要りません。苦しかった…。寂しかった…。

たった一言でも自分の声を心に聞いてあげることができたならば、嬉しいと思います。

優しい思いを自分に流していける嬉しさ、心から上がってくるのではないでしょうか。

 

 

意識の流れに委ねていってください。

意識の流れ、委ねる、このことは頭ではとても理解できません。心でしか分かりません。

簡単に、はい、そうしますで委ねられるものではありません。

では、どうすればいいのかと言えば、

正しい瞑想を続けていき、田池留吉の世界、

無限大に広がっていく世界を知っていくようにしていけばいいのです。

その時、あなたの世界も無限に大きくなっていくことが分かってくるようになります。

そのようになっていけば、意識の流れも、委ねるということも、あなたの心でしっかりと分かってきます。


 要は、田池留吉の世界をどんどん分かっていくような学びを進めていくことです。

 正しい瞑想ですよ、毎日続けてください。

 

田池留吉です。私は、かつてセミナー会場で申しました。私は全宇宙に向けて発信していますと。

はい、その通りです。私は、全宇宙に向けて、この喜びのエネルギーを流し続けてきました。

そして、私は今、さらにその思いを強めています。


次元移行。それが私の中にしっかりとある喜びのメッセージです。


次元移行へ向けて私は、真っ直ぐに突き進んでいます。


ともに帰ろうと呼びかけ続けながら、私は、しかし、ただただ前を向いて、真っ直ぐに突き進んでいくのみです。

私は、すでに次元を超えていったところからのメッセージとして、この思いを発しています。

これからの時間を、どうぞ、喜んで、喜んで、ご自分の心で受け止めていってください。

意識の流れの喜び。意識の流れからのメッセージ。

喜びを大きく伝えていくその流れは、すべての意識達に伝わっていくでしょう。


 私は、心を見るということを伝えさせていただきました。

田池留吉というひとつの肉をいただき、心を見てくださいと伝えてきました。


心を見ること、そして、今は瞑想をすること、瞑想をする時間を持っていくこと、その大切さを私は伝えています。


心を見ない人達、正しい瞑想をしない人達は、私の話をいくら聞いても分かる世界ではありません。


ご自分の心で感じ分かっていく世界なんです。

実践をしてください。実践あるのみです。

心で感じ、心で分かる。そして、どんどん喜びを心に広げていく。真実の世界を広げていく。

それらはすべて、それぞれにかかっています。


その支障となり行く手を阻んでいるのが、自分達が作ってきた他力の世界です。


「他力の中を生き抜いてきた心を見てください。その愚かさに気付いてください。自分に対して心から懺悔してください。」


私はそのように伝え続けてきました。これからも伝え続けていきます。

決して変わることのない真実。たったひとつの真実をお伝えする喜び。

私は、全宇宙に向けて、その喜びを発信しています。

 他力の反省をと言われても、どうすればいいのか分からないと言う方がまだ多いようです。

他力の神々をしっかり握っていませんか。他力どっぷりでは到底分かりません。

己が偉くてその心を見たくないのではないでしょうか。


 他力の世界はブラック、最後は哀れ、さらに救いのない苦界に沈んでいくしかないでしょう。

正しい瞑想を通して、母の温もりを知り、自分自身が温もりだと気付くことが、他力の間違い、愚かさに気付く道筋です。

どうぞ、一日でも早く気付いてください。でないと、いつの日にか、この学びから離れていくことになるでしょう。

自分の心が何を叫び、何を訴えているのか

じっくりと自分と向き合っていく時間を持っていきましょう。

 

 田池留吉です。

自分に優しく、本当に自分に優しく時を過ごしていけることを心に感じていけるような、そんな学び方をしていってください。


自分の心が何を叫び、何を訴えているのか、真正面から自分をとらえ、しっかりと自分を受け入れてあげてください。

心の中の冷たさ、自分に対する冷たさ、氷のように冷たかった自分の心をしっかりと見つめていくんです。

他力のエネルギーの中に沈んでしまった心を、自分の中でじっくりと見つめていくことは並大抵のことではありません。

欲で他力のエネルギーに縋り、他力のエネルギーを求め、我こそはと踏ん反り返ることは簡単なことなんです。

しかし、自分の冷たい、冷たい心をしっかりと受け止めていくことは、一朝一夕にはできません。


心を見る、見つめていきなさい、見つめていくんですよ、心を見ていくんですよ、

このメッセージがどれほどの愛のメッセージであるか、実践すれば分かります。本当に心で知っていってください。


田池留吉、アルバートの意識はいつまでも、いつまでも待っています。

しかし、それに応えていくのは、それぞれです。

待ち続けてくれている思いを心に感じるならば、本当にご自分をしっかりと真正面から見つめ、受け止めていきなさい。

本当の優しさに触れてください。本当の温もりを心に感じてください。

どなたの心の中にも、田池留吉、アルバートからのメッセージが届いているはずです。

「心の中を見つめていくように。見つめていくように。それがあなたに対する愛なんですよ。」

そんな思いがあなたの中に感じられませんか。


肉を持って学びに集ってきた人達に、私は伝え続けます。

そして、私の思いは、その人達に留まることなく、宇宙に向けて発信しています。


私の思いは、私の意識の世界は、「すべての意識達よ、ともに歩んでまいりましょう。」そのように伝え続けています。

そして、私達は意識の流れとともに、地球時間で言うならばあと300年でこの次元を超えてまいります。

 

 意識の流れ、母の温もり、自己供養、そして次元移行。

最後の最後の瞑想、

それは田池留吉、アルバートを思い、心を合わせ、すべてを委ねていくこと。

最後の最後の学び、それは、田池留吉、アルバートを思い、心を合わせ、すべてを委ねていくこと。

 

意識の転回の進んでいない方には大変難しいことでしょう。

 頭を回すことしか知らず、競って頭をくるくる回し続け、頭を誇っている方々、頭は有限、

やがて崩れていくものと心得てください。私達は意識、無限、永遠に存在するものです。

 

 田池留吉、アルバートに委ねるとはどういうことかお分かりでしょうか。あなたは委ねることができますか。

欲や他力の心では委ねることはできません。助けてください、救ってください、何とかしてくださいでは委ねることはできません。

学びの指針に従って進んでいけば分かってくるようになってきます。


 あなたが疑問に思っていることに対する解答はすべてあなたの心の中にあります。

あなたの心の中で田池留吉がすべて答えていきます。

あなたの心の中で田池留吉と対話していけるように学びを進めてください。


 どうしても、田池留吉、アルバートに委ねられない方は、あなたの心の中で田池留吉に質問をしてください。

必ず正しい解答が得られると思います。


田池 留吉です。

 肉を本物とする思い、肉が自分だとする思いは、

この三次元に転生をしてきた意識達には、本当に、根深く、根深くこびりついています。


その意識達が今世を境に目覚めようとする意識の流れを、私達は伝えています。


難しい作業です。しかし、意識の流れは淡々と流れていることを心に感じているでしょう。そうです。

意識の流れは間違った思いを根こそぎ変えていくために、今、本当に力強く流れています。


肉を本物とする思いを根底から覆す現象は、

何度もお伝えしている通り、大規模な宇宙的規模の天変地異、それしかありません。

そのメッセージを通して、お伝えしていくのです。


どんなに人間の頭を結集しても、人間の知恵と勇気を結集しても、

意識の流れに反逆する思いは、すべてその中に吸収されていきます。


吸収されていく、それは喜びなんです。


崩壊ということを通して、喜びの中に吸収されていく。そうしていくことで、自分達の間違いに気付いていけるのです。


真実を見失った意識達に伝えることができるのは、

喜びに目覚めた意識が本当に心を真実の方向に向けていったときに流れるエネルギーです。

そのエネルギーが仕事をするのです。


心の中に、田池留吉、アルバートを呼び、その方向にしっかりと心を合わすことができたならば、

それが喜びのエネルギーとして仕事をしていきます。


たくさんの意識達の目覚めを促していくこれからの時間。私達は喜びでその出来事をお伝えしていきます。


母の懐に帰れる喜び。永遠の温もりの中にあった自分を心に思い起こすことができる幸せ。

心の中にお伝えできる喜びと幸せをともに感じてまいりましょう。

 

 私の思いを伝えていきなさい。心から溢れる喜びを流していきなさい。苦しい意識達が心に語ってくるでしょう。

しかし、喜びで受け入れていける心の広さ、温かさをあなたは知っています。


その広さ、温かさで、心の中に語ってくる苦しい意識達に伝えていくのです。


すべては喜びの中にあることを伝え続けていくのです。


私達の思いは、ただ一つ。


この次元を超えて、さらなる喜びの世界へともにまいりましょう。


私達はこの心から喜びを発信してまいります。


喜びの中へいざなっていける心の中を感じていってください。


意識の流れはあなたの中で滔々(とうとう)と流れています。すべてが一つになっていく喜びをともに伝えてまいりましょう。


ともに歩いていける喜びをただただ伝えます。私はあなたとともに歩いていく意識。ともに存在していく意識。

すべてはこの中にありました。すべては喜びの中にあったことを伝え続けてまいりましょう。

 

 あなたは自由です。あなたが、自分の心をどこに向けようと、合わせようと、全く自由です。

しかし、選択した責任はあなたにあります。絶対的責任です。

自由の意味が理解できず、間違った選択をすれば、苦悩、災難としてあなた自身に帰ってきます。

「苦しんでいるあなたが間違っている」ということになります。

では、何が唯一無二の正しい選択でしょうか。

あなたの心でまだ分かっていない方は、どうぞ学びの指針に従って実践的学びを進めてください。 

 

 
 学びの友の反省 


 肉を本物とする、肉を自分とする思い、肉がすべてとする思い、

この思いがどれほど心に染み付きこびりついているか、深いものであるか、それこそ生半可な決意では決して自分を救えない、

本当に命がけで自分と向かい合うことを続けていかねば、生まれてきた自分自身の思いを自らの手で投げ捨てることになる。

今、つくづく大変な学びなんだと、どれほど軽く捉えてきたかを思い知っています。


生老病死、四苦八苦、百八の煩悩・・・肉のすべてが苦しみになる世界、

そこから逃れるためどれほど真っ黒いエネルギーを垂れ流したか、すべてが間違いでした。


「あなたは自由です」・・・これほど厳しく温かい言葉はない。

私たちを包み込む世界を端的に言い表す言葉・・・自己選択自己責任、結果はあなたのものです、

そうなんです、どこに心を向けようが、誰も何も言いません。だた、自分の心が知っていました。

私は私に逆らい歯向かって、勝手に苦しみもがいてきた。

私には選択肢はない、心の向け行く先はただひとつ、田池留吉・アルバートしかない、それを私は私に伝え続けている。


どれほど意識の流れに逆らっても、もうその流れを止められない。

いいえ、逆らい切れると、流れを止められるとそう豪語する意識さえも、

受け入れともに流れていく大きなうねり、それが目の前を悠然と流れていく。

その中では、私がいかに小さなものであるか、しかしまた大きなものであるかを感じています。

私のするべきことはただひとつ、心を田池留吉に会わせることだけでした。

それ以外のことに、なんの喜びがあるでしょうか。すべてが田池留吉・アルバートに心を向けることを示唆していました。

どれほど逆らい歯向かっても、私は田池留吉の宇宙から決して出ることはなかった。

遥か過去の宇宙から、私は田池留吉とともに存在してきた。

そして思いをアルバートに向ける時、ああ、これからの未来を思います。これが私なんだと・・・


どれほど愛され許され待ち続けられていたか、何度も何度も待っていますという言葉を聞いてきたか・・・

それを人ごとのように聞き流してきた愚かな私でした。

私は母の温もりを捨て去った、けれどもお母さんは決して私を捨てなかった、

捨てるどころか与えて与えて与え続けてくれていた、すべてを与え続けてくれていた、

信じて待ち続けてくれていた、その思いが心に広がります。

私は愛、温もり、喜びのエネルギー・・・永遠に田池留吉・アルバートと存在する者・・・

ああ、私はこの肉あってもなくても、田池留吉の肉があってもなくても、この心を向け行く先はここしかない、

それ以外の所には決して向けない、それが私の進む道でした。私ははじめから幸せだった、喜びだった、それが私です。


皆さんゼロ歳の瞑想を本当にやっていますか。

ゼロ歳のあなたを心に広げ、自分の中に作ってきたブラックを本当に喜びで受け入れていますか。

 ゼロ歳の瞑想を軽んじないでください。ゼロ歳の瞑想。

あなたの中でゼロ歳の時のあなたに戻り、あなた自身を感じ、心に広げ、

その心の中であなたの闇の部分を受け入れていく、それが基本です。


ゼロ歳の瞑想が滞りなく出来ていますか。

ゼロ歳のあなたはどんなあなたでしょうか。

ただただ母の懐に抱かれ安らいでいたあなたの中には何もありません。何もなかったんです。

こんなことをしたい、あんなことをしたい、こんな私になりたい、こうであらねばならない、

こうしなければならない、こうあるべきだ、もっと私をというそんな様々な思いなど微塵もありませんでした。


ただただあなたはあなた自身に委ねられていた。母の懐の中で、大きな安らぎの中で幸せを喜びを満喫していた。

そんなあなたの心。その心を本当に感じていますか。


本当に感じていたなら、あなたはあなたを少しずつ受け入れていくはずです。

あなたの中の闇のエネルギーを受け入れていけるはずです。あなたの中の宇宙は少しずつ変わっていくはずです。


ゼロ歳の瞑想、本当に大切にしてください。


ゼロ歳の時にすぐさま戻れますか。あなたの心の中で一瞬にして、ゼロ歳のあなたに戻れますか。

あなたの中でその訓練をしてください。それがあなたが肉を持ってすることです。また肉を持ってしかできないことです。


ゼロ歳のあなたを本当に心に広げ、そのあなたを感じ、そんなあなたから、狂ってきた、

間違い続けてきたあなたに、今あなたが感じたゼロ歳の時の思いを流していってください。

 

私達は波動です。波動は真実です。私にとっては真実のみ、真実がすべてです。


 私からのメッセージは波動です。

その波動は愛、愛は喜び、温もり、愛は愛を信じるものの愛の外のものをすべて吸収していきます。

そして、愛に返していきます。


 母の温もりを忘れ去ったもの、母の温もりが分からないもの、そのもの達の波動は、愛からほど遠いもの、所謂ブラック。

そのもの達が伝える田池留吉・アルバートのメッセージというものは真にあらず、偽というべきものとお伝えしておきます。

愛薄きもの達からの言葉に自分の心が動かされることがないように注意してください。

真実を伝えているのは波動だけだと重ねてお伝えしておきます。

田池 留吉です。

 神を心から離すこと

 まずその前に、他力の神々と一体化している心から、

その他力の神々を離していくことは、本当に至難の業だと知ってください。


ゼロ歳のときの瞑想を重ねても、心の中から他力の神々を離すということは、そう簡単にはできません。


自分の心の中に温かな柔らかな母なる宇宙があることを本当に心で感じ知っていくには、

他力の神々が心の中に居座っている現状では、本当に難しい作業です。


しかし、今、肉を持って難しい、難しいと言われてきた学びに集っている人達は、

心を見るということを通して、やはり難しいながらもほんの少しでも、

他力の神々を心から離していくように努めていかなければなりません。

たゆまず焦らず真摯な思いでやっていくしかないのです。


さて、他力の神々から心を離すとはどういうことなのでしょうか。


それは、言うまでもなく、あなたの中の温もりを本当に心から蘇らせることです。

本当の自分に目覚めることです。意識の転回と言いました。

意識の転回なくして、他力の神々と決別することはできません。


だから、これからの転生があるんです。皆さん、その転生の時間を自分に用意しています。


その中で、今世よりももっと厳しく他力の神々を心に広げてきた世界と対面していくようになっています。

それがいわゆる天変地異です。


幾多の試練を乗り越えてというのは、天変地異を自分の中で本当に心から受け入れていくということです。


祈る心も縋る思いも、救われたい思いも、心の中から本当の喜びと温もりが蘇ってきたならば、

そういう思いはすべて、その中に吸収されていく体験をしていかなければなりません。


心の中から湧きいずる喜びの思い、温もりの思い、本当に優しい自分の心の中を知っていくために、

これからの時間を用意していることを心から喜んでください。


次元移行という意識の流れは確実に、着実に滞りなく流れています。

だからこそ、厳しい転生の時間を自ら用意しているんです。

想像を絶する天変地異の中で自分の心と真向かいになっていってください。

どうぞ、その体験へ経て250年後を迎えていってください。

そして、心から祈り続け、救いを求めてきた愚かな自分の心を、

今度こそは本当に正しい方向に向けて、ともに次元を超えていっていただきたいと思います。


他力の神々を心から離す難しさを、これから250年かけて学んでいってください。

 

 私はこの命を懸けています。みなさんもと言った時笑った人がいました。

どうしてこんなことに命を懸けるのかと私を嘲笑し、見下げ、離れていった人がいました。

神を離すことは至難な業です。

これからは、祭り、祈り、救ってください、助けてくださいと願うことは止めにしませんか。

しかし、すべてのものは、常に、喜びと温もり、愛の中にあります。

どなたにも、幾多の試練、転生を経て喜びと温もり、愛の中にある自分の存在に気付けるチャンスは必ずあります。


 自分で計画し、生まれてきた今世を効果的に生きてください。

私がお伝えしている手順に従って学びを進めてください。

きっと、不思議だったなあという経験をしながら、人生は喜び、すべてプラスだったと思えるようになってくるでしょう。


 意識の転回を片時も忘れないように。意識の転回への道を真っ直ぐに進んでください。

 


反省と瞑想を続けてきて「私は。間違ってきました。何が間違ってきたかよく分かってきました。」と。

学びはここから始まります。

私、田池はまず、「どのようにして分かってきたのですか、何がどのように分かってきたのですか。」と質問を発します。

そして、私がお示しした指針に沿って真摯に学びを進めておられると思えたら、

私は誠心誠意、次元移行に向かって、その方と共に共に進んでいきたいと切に思っています。

今世、そのような方の出現を楽しみにして待っています。よろしく。

 

 

学びに集っている人達の心の中のアマテラスは、ほとんどまだ未だに苦しみ喘ぎ続けています。

なぜなんでしょうか。

 田池留吉です。

それは、自分の本当の姿、母の温もりの中にある、喜びの中にある自分の姿に目覚めていないからです。


どんなにアマテラスに思いを向けてきたことか、どんなにアマテラスを奉り、

そのパワーを欲してきた愚かな自分であったか、そんな自分の姿、自分の心の中をしっかりと見ていないからです。


今もなお、アマテラスのエネルギーのもとで苦しみ喘ぎ続けている人達の意識の世界はこれから本当に大変だと思います。


今世、これほどセミナーというありがたい時間と空間の中で、アマテラスに心を向けて、

アマテラスを自分の中で受け入れていける絶好のチャンスを用意したにもかかわらず、

それをすべて自分の愚劣な思いで、ふいにしてきた結果は自らに返ってきます。


アマテラスの心を喜びの中で受け入れていくために、今世生まれてきて、

このセミナーに集ってきたのに、その思いをことごとく踏みつけにしてきたエネルギー。

そのエネルギーを本当に自分の中で知っていくために、これからの転生があるのでしょう。


「命懸けで心を見てください」私は何度もセミナー会場で伝えてきましたし、今もその思いでいます。

しかし、今もって、どれだけの人達が命懸けで心を見ようとしているのか、その難しさを感じざるを得ません。

しかし、私は、今世、ほんの微々たる歩みでもいいですから、

何か自分の中から何かを変えていっていただきい、その思いでいます。


アマテラスの心を喜びの中で受け入れ、それを喜びへ本当にともに帰っていこうとすることは大変なことなんです。


しかし、一方で、その大変なことを実際にやり、それを証明してくれた人がいることも現実です。


それを私は本当に嬉しくありがたく思っています。


ともに歩いていける喜びを心にしっかりと感じながら、

いつも、いつも田池留吉、アルバートを思える瞑想の中で、

宇宙を思う喜びをじっくりと味わっていけるそんな時間。

それが本当に夢のまた夢ではないことを、一人また一人と本当に知っていただきたいと思っています。


私のこの思いはなかなか皆さんの心の中にストレートに届いてくれません。

しかし、私はただ伝えていくだけです。


意識の流れは、次元移行へまっしぐらに進んでいっていることを、私はただただお伝えしています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
 学びの友の反省 

 自分がつくりあげてきた神々を心から離す、本当にそれは至難の業だと感じています。

自分の心の動きを見ていけば、一歩前進、一歩後退、その繰り返しです。

田池留吉への思いもすべて神をつくりあげてきた思いに通じています。

田池留吉を心の中から追い出して捨て去り、いつしか驕り高ぶり、自分を、自分の肉を祭り上げてきたのです。


「田池留吉、消えうせろ」の思いは意識の世界を否定し、肉の幸せを最上とするエネルギーそのものでした。


 何事も余りにも安易に考えていた、肉を基盤にする思いから少しも脱却できていなかった自分が見えてきます。


 そして本当のところ、少しも心を見ていなかった、見たくない部分にはしっかりと蓋をして見ているつもりになっていただけです。


 何か愕然としています。お粗末さに唖然とする思いです。


 私は根本から間違っていたなと感じる心の動きを顕著に見つめています。


 救ってくれ、助けてくれ、それ以上に皆が幸せになって欲しい、

救ってあげたい、助けてあげたい、その思いの強さに気付きます。

施す、その心癖の奥底にある思い、エネルギー、それこそ破壊のエネルギーそのものでした。


 良い機会を与えられていることを感謝してさらに心を見る喜びを広げていきます。


 命を懸けて学んでいくとはどういうことだったのか、自分自身に問い直しています。

 口だけ命がけでと言い続けてきました。実情は程遠いものでした。

自分が作り上げた神を心に抱えたままで、それを放置し、

田池留吉が伝える学びを自分で曲げて自分に都合よく捉えていただけでした。


 今まで数多く聞いてきた言葉の中に、伝えていただいた事柄の中に、

どれだけ宝が詰まっていたか、今さらながら心で気付くのが遅すぎたと慙愧(ざんき)に絶えません。


 学びの中に本当に真実があった、これ以外に幸せへ続く道はない、確かな事実で疑いようがありません。


 素直に命がけで邁進してこなかったということは結局疑っていたのと同じことです。

馬鹿にしてきたのと同じことです。自分自身を愚弄(ぐろう)していたのと同じことです。


 今、震災を目の当たりにして、天変地異しか意識の転回は出来ないと言われていたことが、すとんと腑に落ちます。

まさしく、そのような状況になって始めて真剣に真摯に自分に向き合う、

そして意識の転回に真剣に取り組むということに拍車がかかっていくのでしょう。


 宇宙の藻くずとなって彷徨(さまよ)うことのないように、

今世を足がかりにして来世を未来を全うしていきます。その思いが膨らんできます。
 

私は今まで「間違ってきました、すべてが間違っていました」と何度も言ってきました。

己を聳え立たせたまま肉を基盤にそう言ってきたことに気付きます。反省も肉が基盤でした。

白か黒か、黒の道を歩みながら、私は白へ通じる道を歩んでいると錯覚していたのです。

自分に甘いと言うよりタカをくくっていた、根本から他力の域を出ていなかったことに気付きます。


 神を心にしっかりと握っていた自分を認めて、そこから自分を解放していく、それはとても難しいことですが、

震災を得て自分の心の拠り所が大幅にずれていた、全く違っていたことを改めて感じています。


 田池留吉に何故心がしっかりと向かなかったのか、向けられなかったのか、その原因が浮き彫りになってきました。

どこがどうではなくて、すべてが天地逆さま、

田池留吉の指し示す方向とは真反対を歩み続けてきた自分だということに改めて気付かされます。


 でも悔いてばかりもいられません。間違っていましたという言葉は、

その思いを改めて黒から白へ転換した時に真実になってくる、

今この期に及んで自分を誤魔化したり蔑ろにすることは自殺行為です。


 自分を大切に、今を喜び心を見る、ただそれだけです。


 形の世界が本物とするその心の世界を崩していきます。

形にしがみついて生きてきた私の心は、戦いと破壊を繰り返すだけでした。

肉の世界を本物とする生き方は、勝った負けたの世界だけでした。

そのエネルギーは必ず自分に返ってくる。自縄自縛の世界でした。一人芝居の世界でした。


私の心の中に今も存在している、勝った、負けたの世界をしっかりと確認して、苦しんでいる自分に本当の事を伝えます。

私は肉を持つことにより、ただただ比較競争の世界、区別差別の世界を繰り広げてきただけでした。


ピラミッドの世界を、自分の心の世界に作りだしました。

私の中のピラミッドの世界は、ブラックパワーのエネルギーで築きあげた世界、祈りの世界でした。

しっかりと心を田池留吉、アルバートに合わせて、自分が作り出したピラミッドの世界を自分の中から解放していきます。

自分の中に作りだしたピラミッドの世界を、ブラックのエネルギーの世界を、私はこれから自分で崩壊させていきます。

私の中に喜びがありました。その喜びが私に崩壊を促してくれています。母の心です。母の心が私に崩壊を促してくれています。

必ず帰って来なさい。そのように伝えてくれています。崩せることが喜びです。私の中の喜びが崩していきます。

自分で分厚い壁を崩して、崩れた自分を喜びで抱きしめられる。愛おしい思いで抱きしめられる。

それを私はこれから実践していきます。嬉しいです。自分で崩して、自分で抱きしめる。自分の事は自分でする。

その実践だけです。もう何もいりません。生きている間に命がけでしていく私の仕事です。

 

田池留吉、アルバートに心を合わせられる今を大切にします。田池留吉、アルバートを思える今を大切にしていきます。

「私はあなた、あなたは私、ひとつ」を忘れた心は、全てをバラバラにしていくことしかできませんでした。

勝つことが自分の人生、自分の喜び、幸せとしてきた気高く、

そして、賢くありたいと願い続けた私の中のたくさんの意識達に、今までの私の全てが間違っていたことを伝えます。

田池留吉、アルバートに心を合わせていける喜びを伝え続けます。

ともに、次元移行へと伝えます


 アマテラスの苦しみを心で受け止める、それは本当に自分を温もりであり、

田池留吉であると信じていなかったら、到底出来ないことを知りました。


肉を基盤とする自分を抱えて、いくら反省瞑想をしても、己偉い範疇を超えませんでした。


心の底から湧いてくる苦しさに、ただただ肉をかばい、逃げ惑い、出てくるなと押し込めるそのエネルギーは凄まじいものです。

だから苦しさが2倍になる。


肉の目の前は真っ暗、何もする気力がなくなり、もうどうでも良いやと投げ出したくなる。

それが冷たい自分だと頭では分かっていても、心が動かない。


温もりを拒み、田意留吉に心を向けることを拒み、それでもまだ苦しみ喘いでいる自分をどうすることもできない。


逃げられるならここから逃げたい、誰かこの心を楽にできるならしてください、

それが他力への道だと思っていても、苦しい自分を救えない。


そんな苦しみの中にあって、心を見ると言うことは、本当に至難の業です。

でも、この学びを知ってしまったから、もうどこにも救いを求めることはできません。

自分しかない、この言葉が心に浮かんできます。ただ唯一救いなのは、お母さんの存在です。

じっと自分の手の平を見つめていると、この肉をくださった母を思い、その思いをかみ締めています。


何度伝えられても、何度手に取るように教えてもらっても、すべて打ち消しました。

その結果は自分に帰ってくる、分かるまで帰ってくる・・・ああ、申し訳ありません、もう自分でやるしかないのです。

出てきた結果を真摯に受け入れ、そこから道を探していかねばなりません。

最短距離をいければいいけれど、回り道して遠回りしてでも、辿り着かねばなりません。


それが今世、肉持って田池留吉に出会った意識のやることなんです。


アマテラスの寂しさ、母に出会いたかった、愛が温もりが欲しかったという叫びを心に感じながら、

ああ、もうすでにすべてが与えられてあるのだと言うことを、初めから幸せだったんだと言うことを、もっともっと信じていきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

********************************************************

☆ 私がお伝えしたいこと、あなたが知りたいことは

「意識の流れ」の本と意識からのメッセージにすべて記されてあります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


新刊    好評発売中!

 意識の流れ 【増補改訂版】−アルバートとともに−

 

「意識の流れ」が6年ぶりにリニューアルされます。

新たな内容が追加されるとともに、従来の内容も整理

編集され、章立てがなかったものを、項目別にまとめる

こ とで読みやすく力強いものに生まれ変わりました。

田池 留吉


田池留吉/塩川香世
四六判/1000円(税込)

ISBN 978-4-904648-16-2

ぜひ お近くの書店で 予約などしてお求め下さい。

お近くに書店の無い方は、ネットでもお求めいただけます。

ネットでのご注文は



私の思いというのは、あなたに是非本当のことを知ってもらいたい、

真実に出会っていただきたいということなのです。

あなたは、今までにこの世のどこかに真実というものがあるのではないか、

今はまだなにか分からないけれど、 絶対に変わることのない本当のことがあるのではないか、

と考えてみたことはないですか。 あなたは本当のことを知りたくはありませんか。

この本は、そんなあなたに、あなたの心で答えてくれる一冊になってくれるでしょう。

 

主な目次


はじめに


1. 私の人生は、セミナーとともにありました 15
--------------------------------------------------------------------------------

2. 私の人生すべてを懸けてお伝えしてきた真実 36
--------------------------------------------------------------------------------

3. 心を見るということについて 49
--------------------------------------------------------------------------------

4. 本当の人生、本当の喜び、そして、本当のあなたとは 69
--------------------------------------------------------------------------------

5. ここで「死」ということに触れてみましょう 80
--------------------------------------------------------------------------------

6. 神と金に狂い続けてきた人類 91
--------------------------------------------------------------------------------

7. 天変地異の足音 118
--------------------------------------------------------------------------------

8. 心を見る大切さ 134
--------------------------------------------------------------------------------

9. 意識の流れと次元移行 154
--------------------------------------------------------------------------------

10.私達は、宇宙とともに次元移行をします  
--------------------------------------------------------------------------------

おわりに 233


再 掲 238


■はじめに■


この本を手にしていただいて、ありがとう、大変嬉しいです。

長い長い時を経て、ようやくお会いできました。シナリオ通りとはいえ、幸せです。


どうぞ、まず、生まれてきたことを喜んでください。お母さんの温もりを心で感じてください。

そして、生きる本当の意味を知って自分の人生を全うしてください。


「あなた方は今、意識の流れを感じていますか。すべての意識はその流れの中にあります」と、

このように申しましても、一体意識の流れとは何なのか、すべての意識とはどういうことなのか、

そして、流れの中にあるとはと、最初から、あなた方の頭の中には、疑問符が出てくるでしょう。

 

そもそも、これから私がお伝えしようとする内容は、

過去、どの文献にも記しるされていません

いまだかつて真実に出会えた人間は、いないからです。

確かに、人間は、過去より真実を求めてきました。

しかし、実際は、誰一人として、真実というものを知らずに、分らずに死んでいきました。

従って、本当はこれまでに救われた人などいないのです。

神にも仏にも宇宙のパワーにも、私達を救う力など全くありません。

私達自身が、真実に目覚めない限り、私達は救われないのです。

実は、そのことを、はっきりと伝えるのが、意識の流れというものです。

そして、私は、私達はみんなその流れの中にありますということを知っていただきたいのです。

 

そこで、話の中心は、一体真実とは何か

私達人間が本当に真実に目覚める時がやってくるのかということになってくるのですが、

ここでひとつだけポイントとして、押さえておいていただきたいことがあります。

それは、真実の世界は、人間の頭では計り知れない世界だということです。

本当のことは、あなたの頭ではなくて、あなたの心で分かるものであり、

そして、あなたの心でしか分からないものだということを、私は最初に断っておきます。

では、人間の頭では絶対に分らないという真実の世界を知るには、どうすればいいのでしょうか。

それを、これから、私は、順を追って語っていきたいと思います

(後略)

■増補改訂版「意識の流れを読んで」■


少し前に、以前発売になっていた「意識の流れ−アルバートとともに−」の本を手に取り、

帯に書かれた「真実の世界は、あなたの頭では分からない、

あなたの心でしか分かりません」という一文を見た瞬間に、

ふいに涙が溢れ、胸がいっぱいになったことがありました。

 

その本の増補改訂版を読んで、以前の本と比べて、章立てになっていて読みやすくなり

更に未来の事についても加えられ、より一層、内容が深く、力強くなっていると感じました。

 

今まで生きてきた中で感じてきた数々の疑問に対しての答え、

どう生きていけばいいのかということに対しての指針、

真実の世界、真実の私とは何かについて、一つ一つ丁寧に綴られていました。

うやむやにぼかされてきたそれらの答えが、

はっきりと力強く示されていることを感じて、嬉しく思いました。

 

本当の生き方を知らずに、ただ年月を過ごしてきた私に、

本当の生き方を、本当の真実の世界を教えてくれる一冊に、こうしてまた出会える私は幸せです。

この一冊、大切にしていこうと思います。ありがとうございました。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

*************************************************

田池留吉氏の指し示す方向に沿って 学んでいく事です。

本をじっくり読んで、ホームページをきちんと見て、

最初は、真実を頭で、理解してください。

 

そして 最後は 「瞑想」 です。

そこに すべてが 凝縮されています。

正しい瞑想を通じて、あなたの心で、感じて 真実を知って下さい。

**************************************************

 私たちの時間は永遠です。生まれてから、死ぬまでが、私たちの時間ではありません。

私たちの時間は、死んで途切れることなく、ずっと続いています。その時間の中で、

今、一つの肉体を持っているだけです。 

 

続 ・意識の流れ【改訂版】

最後は瞑想です

正しい瞑想をしましょう


田池留吉・塩川香世

四六判/定価 800円(税込)

ISBN 978-4-904648-18-6

2010年12月2日発売!

ネットでのご注文は

?

 

第一章  私は、田池留吉と申します

第二章  人は、なぜ生まれてくるのか……

第三章  自作自演の芝居

第四章  正しい瞑想の仕方

ステップT 自分のエネルギーを知る

ステップU 母を思う瞑想と母の温もり

ステップV 母を思う瞑想と他力の反省

ステップW 母を思う瞑想と田池留吉を思う瞑想

第五章  田池留吉を思う―私の目―

第六章  田池留吉を思う―私の異語―  

第七章  田池留吉を思う―私の指―

第八章  私は、アルバートと申します

第九章  転 生

第十章  幸せの道へまっしぐらに

第十一章 正しい瞑想を通して、母の温もりから、

「母なる宇宙」へ思い を広げように

第十二章 再び、田池留吉です


最後は 瞑想です。     正しい瞑想をしましょう !  

 瞑想でしか、真実は分かりません。 究極的には、正しい瞑想です。

 

瞑想とは思うこと。思うことは喜び、思えることは喜び。

だから瞑想は喜び。  瞑想は ただただ 喜びの時間。

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

***************************************

********************************************************

(サイトマップ)クリック!
意識の世界からのメッセージ集(100タイトル)への入り口

The Messages to you from The World of Consciousness

私のHPの「意識の世界からのメッセージ」は、

すべて、本当のあなたから、あなたへのメッセージです。

だから、私が 本当の、意識のあなたの代わりに、HPを通して お伝えしているのです。

********************************************************

 

あなたも

本当のこと(真実)本当のあなたを 頭で知り、あなたの心で感じ、心で分かり、

あなたが 転生 した 300年後 のニューヨークから、

宇宙の友UFO と共に四次元へと 次元移行 に向けて、

喜怒哀楽のその時 心を見て お母さんの反省  他力の反省 を繰り返し

意識の転回 をし 自己供養 と 自己確立 のための 

1心の心の針を正しい方向に、ピッタリと合わせた 正しい瞑想  

を本当の仕事として、 日々実践する 学び  

をするために あなたは 今世 生まれて来ました。 それ以外の目的はありません。

 

ここでは、そのための意識の世界からのメッセージを お伝えしています。

 

(注)青い大きな文字下線のあるところをクリックすると、そのページが開きます。

 

***************************************

なぜ、田池留吉の意識が、地球上の、それもこんな小さな島国、日本に降り立ち、

20数年かけて、セミナーを開催してきたか、これは、非常に大きな意味があります。

***************************************

あなたも、真実の世界を学ぶために、生まれてきました。

それ以外の目的はありません。

 

今、学ばなくて、いつ学べるのでしょうか

ホームページを通して、呼びかけています。

 

 

草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

***************************************

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

平成25年 UTA会 ・草書体の「愛」の活用と 宇宙瞑想セミナー←クリック
+パソコンでのUストリーム セミナー と スカイプ瞑想会
2013年は、間違った自分、偽者の自分を徹底的に崩していく年にしませんか。

平成24年 UTA会 ・ 磁場と反転 セミナーの案内と内容紹介←クリック

過去のUTAセミナー結果報告クリック!

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

田池留吉著 「意識の流れーアルバートと ともにー」  

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ

アルバート(田池 留吉)とは

アルバートからのメッセージ←クリック

 

田池留吉のメッセージ H.25←クリック 
2013年は、間違った自分、偽者の自分を徹底的に崩していく年にしませんか。

田池留吉のメッセージ H.24←クリック 

田池留吉のメッセージ H.23←クリック

 

その人、田池留吉―田池留吉の世界―←クリック

Message from Taike Tomekichi:クリック!

 田池留吉の世界からのメッセージ←クリック

田池留吉からの問いかけ←クリック

田池留吉・意識の世界 「あなたの問いに 答えましょう」←クリック  

 

池留吉の磁場と反転そして転写 ←クリック

草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

 

ホームページ読んでいますか?クリック!

瞑想、していますか ? 反省と瞑想の時間ですよ!クリック!

瞑想による自己確立・・・クリック!

正しい瞑想 @
正しい瞑想 A
正しい瞑想 B
正しい瞑想 C
正しい瞑想 D
正しい瞑想 E
正しい瞑想 F
正しい瞑想 G
正しい瞑想 H
正しい瞑想 I

正しい「心の針」の向け先  ←クリック

異語(いご・Igo)とはクリック!

 

田池留吉の肉が亡くなった後、今世 この学びは、どうなるか?←クリック

250年後 NY での 学び←クリック

***************************************

塩川香世のメッセージ H.25←クリック  

塩川香世のメッセージ H.24 ←クリック

私の勉強から (U) 反転・瞑想・H.24・・塩川香世 ←クリック 

  塩川香世の宇宙・心・思い・そして・・・・(T)・←クリック  

真実の学び・田池留吉・アルバート・そして塩川香世←クリック

 

コペルニクス的転回とは?・意識の転回

 

田池留吉の世界を感じていこう←クリック

過去も未来も今とひとつ←クリック

 

自然治癒力は、すべてを生かす喜びのエネルギー、パワー←クリック 
+ 田池留吉の磁場 

 「自己供養」 + 田池留吉の磁場    塩川香世    ←クリック 
・・・遠き飛鳥の時代に思いを向けて

 

日本の国 そして アマテラス・天照は、今・・・・←クリック

イエス キリスト(そして、ヒットラーの意識←クリック

 

***************************************

学びの友からのメール(田池留吉へのメール)

Hさん・Kさん・Iさん・Jさん・Lさん・Mさん・Oさんの波動の勉強←クリック

学びの友の反省と瞑想←クリック

田池留吉の問いかけ と 学びの友の返答←クリック

 

死後の世界(意識の世界)・死後の自分と語る←クリック

ペットたちの思い(メッセージ)と死の真実←クリック

***************************************

「人はどうして病気になるのか?!そしてその対策と克服法とは!」←クリック

 

IPS細胞・肉体細胞 と 自然治癒力の意識←クリック(詳細を参考に・・・)

 自然治癒力は、すべてを生かす喜びのエネルギー、パワー←クリック

new!   田池留吉の磁場と反転そして転写 ←クリック

草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

***************************************

 

あなたの 過去世・現世・来世・・・・本当のあなたの意識です。クリック!

本物のあなたから、あなたへのメッセージ←クリック

私の勉強=あなたの勉強クリック!

 

あなたは、なぜこの学びにつながったのかクリック!

初めて、真実の学びにふれる方の為にクリック!

真実の学びにふれて←クリック

 

学びのポイント (田池留吉)クリック!

学びの 手順クリック!

 

***************************************

自己確立とは・・・クリック!     自己供養 ←クリック

他力の反省クリック!   宗教の間違い・他力信仰の反省

***************************************

 

「人間はどこから来てどこへ行くのか」 <意識の流れ>真実の故郷を求めて!

*******************************************************

 

地球の意識 と 未曾有の天変地異クリック!

天変地異は喜びのエネルギー(天変地異の大予言←クリック

*******************************************************

 

宇宙の友「UFO」 と 喜びの次元移行・ 宇宙の意識←クリック

「私達は、宇宙とともに 次元移行をします」クリック!

300年後の次元移行そして母なる宇宙←クリック

 

宇宙の風(宇宙からのメッセージ) クリック!

田池留吉・アルバート、過去世・来世、宇宙・UFO、天変地異、次元移行クリック!

 

 

******************************************************

*******************************************************

(真実を求めている方のために) 

*****************************************************************************

このサイト(ページ)は、

真実を求める方のための 手引き・参考になればと、構成しております

抵抗なく ス〜と入っていただきたいのです。

なぜなら、「あなたは、私。 ワタシは、アナタ」なのですから・・・

*****************************************************************************

真実とは・人間の本質 田池留吉著 「意識の流れ」 勉強会・UTAセミナーとHP
現代の諸問題・社会問題 子供の諸問題・育児と教育 夫婦の縁・家族・友・人間関係

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

****************************

喜びと幸せの輪を広げよう

UTAブック http://uta-book.com/index.htm

****************************

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!

****************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最後まで 読んでいただいて ありがとうございます。

松岡儀典(まつおかよしのり 1946年・昭和21年の戦後生れです。

(メッセージの分類・編集人)