UTAの輪会員を対象とした、・スカイプ瞑想会を 

「UTAブック・「ZOOM(ズーム)ミーティング」・瞑想会」として、

2019年・令和元年も、引き続き 日本全国とアメリカで開催されます。

田池留吉が意識で指導し、塩川香世が中心となり進行、その内容が会員制で 動画で公開。

 

枠が黒く表示される方は、上のメニューバーの中心にある 「破れたページの形をしたアイコン」をクリックして下さい。

田池留吉 ・ UTA BOOK ・ 塩川香世

 

 

「UTAの輪」UTAの輪 「心」の目次(田池留吉)   ←クリック

塩川香世 2019年・令和/R年 UTA ブック

「UTAブック 「ZOOM(ズーム)ミーティング」 ・瞑想会」

2019年・令和元年 10月 21日更新

 

学ぶ方へ

 

セミナーに参加するまでに!(田池 留吉) ←クリック

田池留吉の意識からのメッセージ  令和/R

田池留吉の意識からのメッセージH.29・30・31

 

塩川香世のメッセージ 令和元年クリック!

塩川香世のメッセージ H.31クリック!

塩川香世のメッセージ H.30クリック!

塩川香世のメッセージ H.29・28クリック!

 

令和元年 「UTAの輪の中でともに学ぼう」 塩川香世

H.31 「UTAの輪の中でともに学ぼう」 塩川香世

H.30 「UTAの輪の中でともに学ぼう」 塩川香世


H.29・28「UTAの輪の中でともに学ぼう」 塩川香世

 

 

令和/R年  NPO法人・UTAの輪セミナー(塩川香世) ←クリック

平成31・30・29・28.27年NPO法人・UTAの輪セミナー(塩川香世) ←クリック

 

 

令和/R年UTA ブック塩川香世「ZOOM(ズーム)ミーティング」・瞑想会

平成31・30年UTA ブック塩川香世・NEW スカイプ反省・瞑想会

平成29・28・27・26・25年 UTA ブック ・ 塩川香世・スカイプ瞑想会

 

 

NPO法人・UTAの輪 (UTAの輪作り) 令和/R年 ←クリック

NPO法人・UTAの輪 (UTAの輪作り)H.31・30・29・28 ←クリック

UTAの輪  (UTAの輪作り)H.25・26・27 ←クリック  

 

私が 伝えています学びは、

意識の転回、 愛の覚醒、 次元移行 です。

アルバート(田池 留吉)とは

アルバートからのメッセージ←クリック

 

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

英語版ホームページ

UTAブックのホームページに英語のページを追加しました。

英訳した書籍をPDFで閲覧できるようにしたページを主体に、

冒頭にUTAブックの目指すところを「Our Mission」として紹介し、

英語圏の人に見てもらいやすいようにしました。ご利用ください。

http://uta-book.com/english/index.html

 

********************************

http://uta-book.com/

 

UTAブック・メンバーズは、


下記のUTAブックの役割を達成するために、

メンバーの方々に力添えいただき運営していこうとするものです。

 

・新刊本の企画・発行

・塩川香世さんによるライブ配信やスカイプ瞑想会のお手伝い

・スカイプ瞑想会(地域合同、各地域、海外)の運営やライブ配信

・セミナーDVDの作成

・国内外への図書館への図書寄贈

・ポッドキャストの配信

・ユーチューブページなどの運営

・フレッツあずけーるの動画・音声・テキストデータ・静止画像等々のデータベース運営

・新しい人に向けた冊子やDVDの企画等

・ピックアップ動画(音声)のアップ(2019年3月よりスタート)


.

********************************

 

UTAブックの定期購入について



UTAブックでは、UTAブックから発売される新刊を確実に手に入れられたい方のために、

「定期購入」というシステムを設けております。...


新刊は基本的に年4回の本セミナーで発売しますが、

その時にご予約いただかなくても定期購入分として自動的に取り置きすることができます。

セミナーに参加されなかった場合は、セミナー後に郵送させていただきます。

2〜3冊であれば、送料は今のところ全国一律で250円です。

 

定期購入の種類は下記になります。

 

(定期購入1)UTAブックから発売する教材すべて(DVD、音訳CD、冊子、書籍)


(定期購入2)冊子と書籍 


(定期購入3)冊子のみ  


(定期購入4)スカイプ瞑想会DVDのみ 


(定期購入5)UTAの輪セミナーDVDのみ


(定期購入6)音訳CD、Podcastなどの瞑想用CDのみ

 

※書籍とはAmazonなどでも購入可能なものです


※冊子とは、UTAの輪会員向けに制作したものです。


※スカイプ瞑想会DVDは1時間以上の回で必要と思われたもののみの制作となります。

 

動画や音声はメンバーズページで見て、冊子と書籍を定期購入されている方も多いです。

 

定期購入のお申し込みは、お電話(Tel.0745-55-8525)でも、Webからでもしていただけます。


https://ssl.alpha-prm.jp/uta-book.com/teiki.html

 

定期購入はご連絡いただければ停止や変更も可能ですので、

お気軽にご連絡いただけたらと思います。

 

よろしくお願いいたします。(朝日/記)

 

*******************************************************

U T A ⇒ ユー ・ ティー ・ エー と読みます。

U T A

 U、T、A、文字通り、UTAを心で感じる喜びに、あなたもその第一歩を踏み出してください。


 U=宇宙・UFO。  T=田池留吉・天変地異。  A=アルバート・


250年後に至る大きなキーワード。

そのキーワードを大切に、これからあなたの時間を使っていきましょう。


たくさんの私達の仲間、UFOとともに次元移行していく時を楽しみにしています。

「田池留吉に心を向ける。」ことが、全てです。

肉の田池留吉ではなく、意識のタイケトメキチ(本当のあなた)のことです。


*******************************************************

新しい 遠隔瞑想会の形

.「ZOOM(ズーム)ミーティング」導入の目的


UTAブックでは、今、「ZOOM(ズーム)ミーティング」という

アプリを使って遠隔瞑想会等が出来ないかテストを繰り返しています。

従来、スカイプやアピアーイン等を使っておこなってきたのですが、

ネット環境により切れたり固まったりと、なかなか難しい側面がありました。


カタカナばかり出てきてパソコンが苦手という方には申し訳ないのですが、

将来のことを考えて少しお付き合いください。


この「ZOOM(ズーム)ミーティング」を入れることで何が変わるかと言いますと、

一つには、今、申しましたように切れにくい安定している、

長時間の使用に耐えうるということがあげられます。


以前、このZOOMミーティングをつかったフェスティバルが開かれました。

参加者100人が、誰一人集まることなく、自宅のパソコンから参加するという形で、

分科会や総合会場がネット上に設けられ、

まる二日間、途切れることなく100箇所の接続が維持できたという優れものです。


二つめは、今言ってしまったのですが、

100人が接続してトラブルがほとんどないというその性能です。

 

 こうなってくると、セミナーは一つの場所に集まらなくても可能ということになってきます。

もちろん現実にはどうかというと話は違ってきますが、少なくとも20人規模の瞑想会なら、

誰一人集まることなく安定して出来るということです。


UTAブックの役割の一つに、中心になる塩川香世さんと、

学んでいる人をネットで結ぶということが、

スカイプ瞑想会がスタートした時からの大きな課題でした。


田池先生は、「250年後のセミナーは、

世界中の人が誰一人集まることなく開くことが可能になっている」、

そんなお話しをされたことがありましたが、


ZOOMの導入により、そんな状態に一歩近づけたということになります。


たとえばこんな使い方も考えられます。


今、「死ぬということ」について体験を募集しましたが、

その中で体験を寄せていただいた方をテーマによりセレクトし、

「何月何日何時から1時間《死後の自分と語る》という瞑想会をネットで開きます。

参加可能な方は、当日、パソコンの《ZOOMミーティング》を開き、

ご連絡した《ミーティングID(9桁の数字)》を使って入室してください」という案内メールを送ります。

全国に散らばっている参加者は、どこへ出かけることもなく、

自宅で瞑想会に参加することが出来るということです。

 

 このほか、たとえば災害等により、セミナー会場へは交通が分断されたり、

もしくは会場が倒壊したりと、セミナー会場の運営が難しくなった場合でも、

ネットがつながっている限り、塩川さんが、前述のような呼びかけをホームページ等ですることで、

ネット上にセミナー会場の設営が可能ということになります。

もちろん、人数は何百人は無理ですが、100名までであれば可能ということです。

 

http://uta-book.com/

 

********************************

 

UTAブック 「ZOOM(ズーム)」瞑想会

http://uta-book.com/renrakukai.html ←クリック

 

2019(令和/R)年

UTAブック

ZOOM瞑想会 2020年度日程

http://uta-book.com/skype2016.html

 


2019年度と同じく、


偶数月は、各地域の会場で行う

@「UTAブック・ZOOM瞑想会」


奇数月は、UTAホール大宝での

A「UTAブック・地域合同ZOOM瞑想会」


を予定しております。

 


※@の「UTAブック・ZOOM瞑想会」については、

基本的にA「UTAブック・地域合同ZOOM瞑想会」に

入っていない地域を優先させていただきます。ご了承ください。


@Aの詳細は、こちらからご確認ください。


http://uta-book.com/renrakukai.html


(未定)となっている日程は申し込みが可能です。


ご希望の地域がありましたら、下記までご連絡ください。


連絡先


メールアドレス utabook250@gmail.com


各地域のお世話役の皆様には引き続きお世話いただくことになります。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。(朝日/記)


 

「死ぬまで瞑想」、その環境づくりについてご提案

 

◎死ぬまで勉強、死ぬまで瞑想!

 最近、自分の老後(もうすでに老後ですが)の勉強の環境をよく考えます。...


もし寝たきりになったり、セミナー会場に足を運べなくなったとき、

自宅で学べる環境は整っているだろうかと、よく自問自答します。


昔、寝たきりのお年寄りのパソコンのお世話をしたことがあります。

その時の感想ですが、寝たきりになってからでは遅いと強く思いました。

ご訪問してセットアップしたり、使い方をお教えしたりするのですが、

その時はできるのですが、僕が帰ってしまうと、

たちまちパソコンの立ち上げすらできなくなってしまうのです。


僕も、70歳を超えて、新しい技術を習得したりすると、

前はできたのに、しばらく時間が空いたりすると、

また最初から理解しなおさないとできないということを経験しました。


環境は整っていても、普段から慣れ親しんでいないと、いざとなってからでは無理なのです。

 

 よく「歳を取って、もうパソコンは無理ですからやめます」という声を聴きます。

 しかし、これは逆だと思います。


最後に残るのは、インターネットを使った勉強の環境です。

元気でセミナー会場へ通えるうちは、無理をしてでも通うべきだと思いますが、

お歳を召されて動けなくなった時、セミナー会場はやってきてくれません。

でもインターネットさえつながっていれば、自学学習の教材はそろっているし、

ともにインターネットを使って瞑想することもできます。


死ぬまで勉強、死ぬまで正しい瞑想を続けていこうと思われているなら、

どうか、今、元気なうちに、インターネットを使った老後の勉強の環境を整えてください。

 

◎インターネットをつかった勉強の環境づくりのお手伝い

 

 本論に入ります。

 

 UTAブックでは、インターネットを使った勉強のネットワークづくりのために、

パソコンやインターネットで困っている方の、

老後の勉強の環境整備のお手伝いをさせていただこうと思っています。

 

 もうずいぶん昔の話になりますが、田池先生のお勧めもあって、

ノートパソコンのあっせん販売をしたことがありました。


その時の反省もかねて、今回は、機械の販売ではなく、

ご連絡いただいた方のお話しをお聞きし、

 

1.ズームミーティングができるようになること。


2.「あずけーる」の利用ができるようになること。


3.ユーチューブページの音声教材、動画教材が利用できるようになること。

 

 この3項目と、その附帯事項についてのみ、サポートを考えております。

 

 ご相談の内容によっては訪問し、機器のあっせんをすることもあるかもしれませんが、

その際、出張したりする必要のある時は、恐れ入りますが実費をいただくことになります。

 

 また、この3項目以外のご相談については(たとえば機械の修理依頼とか)、

対応できない場合もあると思いますのでご理解ください。

 

UTAブックでは、ご高齢の方で、死ぬまで勉強、死ぬまで正しい瞑想を続けていきたいと

考えているけれど、現在、思うようにパソコン(またはタブレット)などを見ることができない

という方を対象に、サポートをさせていただきたいと考えています。

例えば、「塩川香世さんのホームページを毎日見る」

「ユーチューブページを使ってセミナーやスカイプの音声を聞く」

「UTAブックやNPO法人UTAの輪のホームページを見る」「ライブ配信を見る」

というようなことが普通にできる方は良いのですが、そうでない方もいらっしゃると思います。


そして、それに加えて、今後必要になってくるのはズームミーティングです。

このソフトを使うことで、万が一動けない状況になったとしても、

ご自宅でインターネットを通して学びの友と瞑想ができる環境作りができます。

今、難しいと思われている方でも、

パソコン(またはタブレット)にホームページやズームの設定をして、

クリックすれば良いだけの環境作りをすれば、

最低限の簡単なパソコン操作はできるようになると考えています。


気になられた方はお気軽にご連絡ください。

 

 

◎ズームミーティングを使った「死ぬまで瞑想会」の開催。

 

 これは、せっかくご相談を受けて環境が整ったとはいえ、

常日頃使わないと、いざ必要な時が来てもできなくなってしまいます。


このため、慣れていただくのと、ともに瞑想をしていく機会を持つためために、


UTAブックで毎月2回、朝の8時半から9時まで、音声教材を毎回テーマごとに編集し、

20分から25分程度の瞑想番組を作成しますので、

これを使いズームを使って一緒に瞑想をしていこうというものです。

 

参加資格/70歳以上のUTAブック・メンバーズ会員の方で、上記サポートをさせていただいた方。


その他、お住まいされている周囲に仲間がおらず、孤立されている方。


内   容/決めていただいたテーマで、毎回20〜25分の瞑想用の番組をつくり、

その視聴を兼ねてともに瞑想します。同時に安否確認や情報交換。

まわりに学ぶ人がなく孤立している方の情報共有の場ともします。

番組の最後は、皆さんで次回のテーマを決めていただき終わります。

使用された瞑想用の番組は、利用者の意見を聞き改善した上で、

UTAブックのページにアップしていきます。


実施方法/ズームを使います。

登録していただいた70歳以上の方に、会議室のIDをお知らせします。

自由参加です。開始時期は、おそらく8月に入ってからになると思います。

 

◎以上、長くなりましたが、運用につきましては、社内で詰めてから、事務連絡いたしますが、

まずは、「死ぬまで瞑想」の企画発表と方針のご連絡まで。

 

 

◇「UTAブック・メンバーズサポート」申込資格


・UTAブック・メンバーズの会員であること(今からの登録もOKです)


・70歳以上であること

◇電話での対応で済めばよいのですが、お話を伺った上で、

どうしても訪問させていただくことが必要と判断した場合は、恐れ入りますが、


1日5,000円 + 交通費(実費)(電車代やガソリン代、遠方の場合は飛行機代や宿泊代など)を

出張費としていただくことを考えております。

 

その方によって状況が違うと思います。

まずは、UTAブックまでお気軽にお電話をいただけたらと思いますのでよろしくお願いいたします。

(朝日/記)

 

↑↓↓↓↓↓

 

学びの友、UTAブックさんが色々と企画を出してくれます。


死ぬまで瞑想、死ぬまで勉強、70歳以上の学びの友が対象ですが、いい企画だと思います。


こんなことをしますと前もって連絡がありました。いい企画だと返事しました。

ただ私は傍観者であり、後日アップされたものを観させていただいて、

私なりに感じるところがあれば、何らかの形でともにお勉強させていただきたいと思っています。


私もそうですが、加齢とともに身体に不調が出てきます。

もちろん加齢だけではなく、自分の出してきた思いの結果が例えば、

肉体細胞を通して現れてくるということで、そこで後ろ向きにならずに、

肉体細胞とともに学べる喜びをしっかりと味わっていきましょう。


元気溌剌で学びをぐいぐい進めていけた時期はそれはそれでよかったんです。

その昔を懐かしみつつ、ようし、死ぬまで瞑想だ、死ぬまで勉強だと自らを鼓舞して、

思うは田池留吉一筋の喜びの人生を生き抜いていきましょう。

 

 

 宇宙を思って瞑想をしていますか。

自分の中に母の温もりが確立しているとはっきりと感じておられる方は、

どうぞ、宇宙に思いを向けてください。


闇黒の宇宙。

まだまだ真っ暗闇に閉ざした中で苦しみ続けている闇黒の宇宙に、

帰るところがあることをしっかりと伝えてください。

もう帰ろうと心から伝えてください。


ただし、くれぐれも確認です。

自分の中に母の温もりが確立しているということを確認です。

不確実な方は、むやみやたらと宇宙に向ける瞑想をしないことです。


おそらくそういう方は、宇宙に向ける瞑想をすることに対して、

不安とか恐怖の思いを感じておられると思います。


違うんです。宇宙は喜びです。

どんなに闇黒の凄まじいエネルギーを噴き上げていても、

それは喜びの雄叫びに必ず変わっていけると確信していれば、

宇宙は喜び、その通りです。


闇黒の宇宙から喜びの宇宙にどんどん目覚めていく時期はすでに到来しています。

意識の流れの顕在化です。

形を本物とするブラックの世界は、そう遠くない時間の中で、総崩れです。

粛々と意識の流れが流れている大きな証を、

しっかりとそれぞれの心で喜んで受けていってください。


久々のライブ配信です。10月21日(月)午後2時に予定しています。

 

 UTAブックさんのホームページに掲載されていますが、

10月17日、9時15分から15分程度、ともに瞑想をしていただく方を待っています。


基本的には短い原稿を送付された方達の中からということになりますが、

物事には例外がありますので、そこはご了承ください。


基本は、UTAブックさん主催の「死ぬまで瞑想会」と考えています。


原稿送付という条件、その原稿送付がメール送付という条件、

色々と条件がありますが、そういうことに関係なくあなたどうですかと

お声掛けさせていただく場合があるかもしれません。


連絡させていただいてご都合よろしければ、ともに瞑想をしましょう。

 

「7月」の 今日27日の土曜日、非公開ではありますが、

UTAブックさんの企画で、ZOOMを使ってともに瞑想をさせていただきました。


学びに触れたのだけれども、それぞれの事情で今はセミナーに参加できない人達と

僅か30分の時間でしたが、お一人おひとり少しでもお話ができて私はよかったと思っています。


今回をきっかけにして、何か学びについてそれぞれに弾みが出ればいいなあと感じました。


今世、学びに触れた喜びと幸せを心にしっかりと育て、

本来歩むべき道を歩いていきましょうという思いでした。

 

 

 

「死ぬまで瞑想会」の開催のについて



UTAブックでは、70歳以上のUTAブック・メンバーズ会員の方で、

死ぬまで瞑想をしていきたい、学びの友との瞑想の機会があれば

自宅から参加したいと考えられている方を対象に、

ZOOMを通して学びの友との瞑想をしましょうということで「死ぬまで瞑想会」を企画しております。

 

今後、定期的に開催予定ですが、

第一回は7月4日(木)朝8時30分からの実施を予定しております。

...

参加ご希望の方は、下記ご確認の上、参加登録をお願いいたします。


◇参加資格


・70歳以上のUTAブック・メンバーズ会員の方


・その他、お住まいされている周囲に仲間がおらず、孤立されている方

 

◇内  容


参加者の方にテーマを決めていただき、

毎回20〜25分の瞑想用の番組をつくり、その視聴を兼ねてともに瞑想します。


同時に安否確認や情報交換。

まわりに学ぶ人がなく孤立している方の情報共有の場ともします。


使用した瞑想用の音声や動画は、利用者の意見を聞き改善した上で、

UTAブックのメンバーズページにアップしていきます。(ライブ配信はありません)

 

◇実施方法


・ズームを使います。


・ご自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンからご参加ください。


・初回のみ参加登録が必要です。


参加登録していただきましたら、後日会議室のIDをお知らせします。


・必ず、毎回参加しなくてはいけないということではありません。参加は自由です。

 

◇参加登録


参加ご希望の方は、お電話かメールでご連絡ください。


その際、「お名前」「年齢」「瞑想したいテーマ」をお伝えください。


※瞑想したいテーマは、音声や動画を作る際の参考にさせていただくものです


(連絡先 TEL 0745-55-8525/メール utabook250@gmail.com)

 


◇「死ぬまで瞑想会」第1回


2019年7月4日(木)朝8時30分〜9時


※参加には事前登録が必要です。

 

◇申込締切(ID連絡の関係でいったん締切を設けさせていただきます)


2019年6月30日(日)

 

前回のお知らせにも書かせていただきましたが、

パソコンに不慣れな方にもできる限りサポートさせていただきますので、

ご希望の方は、まずはご連絡いただけたらと思います。

また、何らかの事情でセミナーに参加できない、

周りに学びの友がいないといった方もご希望の方はご連絡いただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。(朝日/記)

 

 

第一回「死ぬまで瞑想会」が無事に終わりました



朝8時30分からの「死ぬまで瞑想会」が無事に終わりました。


テストの段階からたくさんの方にアクセスしていただき、

これを機にパソコンやiPadにZOOMを設定したり、Webカメラやイヤホンを買われたりして、

慣れない作業にチャレンジしていただいての今日の参加となった方もたくさんいらっしゃると思います。

結果的に、第一回目としては大成功だったように思います。ご協力ありがとうございました。


始まるまでの時間は「○○さ〜ん!」「○○さ〜ん!」と

画面に映っている参加者の方同士で交流を楽しまれるところから始まり、

8時30分から30分間「お母さんの温もり、ゼロ歳の瞑想、正しい瞑想」

についての音声を流して一斉に瞑想をさせていただきました。


最終的には99名の方が参加されていました。


参加された方には、ご感想やご希望などUTAブックまで教えていただけたら嬉しいです。


次回は、7月18日(木)8時30分からです。


可能な方はご参加ください。よろしくお願いいたします。


なお、今日流した音声は後日メンバーズページにアップ予定です。

(朝日/記)

 

 

ズームを使ったネット瞑想会「死ぬまで瞑想会」の第一回目がおわりました。


参加者は98名、第一回目は、皆さんがネットでどれだけ入ってこれるのか、

この点にポイントを絞った手探り的なものでした。

しばらくはこの形で、参加者の方が、これなら自分でも出来るというまで続け、

そのうえで、ただ聞くだけ観るだけの参加ではなく、

順番で「近況」や「希望」を発表できる形へ変えていこうと思っています。

組み分けするのか、交代制にするのか、どんな形になるかは、今は未知数ですが、

今はまだ「自分にも出来た」「自分もズームが使える」「パソコン苦手人間だけれど、

インターネットで瞑想に参加出来た」、そんな実感をもっていただくため、

ここ何回かはこのまま動いていこうと思います。

パソコン習熟者には、物足りない面もあるかと思いますが、

パソコン不慣れな層の底上げを考えていますので、

しばらくはごお付き合いをお願いいたします。


ブックでは、ここに重点を置き、若い人たちが電話対応で、

ズームを、ネットを使ってもらえるようになってもらえるようにと、

鳴りっぱなしの電話と格闘しています。


どうぞ、ご理解をお願いいたします。


(桐生敏明)

 

 

UTAブックさん主催の「死ぬまで瞑想会」、第一回目無事終了ということです。

どうぞ、参加資格のある方、これからも自分の学びとして、この機会をご活用ください。

どんな企画もご自分の学びの歩みを進めるということを

基本にしていけばいいのではないでしょうか。


ということで、今ふうっと心に上がってきた思いは、

セミナー参加される方達の中で、50代、60代の方達とともに瞑想をする時間を、

セミナーの中で持つ機会を増やそうかなあということです。


もちろん、50歳未満の方達も視野に入れてというのは変わらない思いです。


学びをするのに年齢は関係がありませんが、

しかし、体力、気力のまだあるうちにということも見逃せません。


そういう意味で、50代、60代、そろそろ身体的にも衰えが見え始める時期に差し掛かります。


セミナーで、そういう機会があれば積極的にご参加ください。

 

 

「死ぬまで瞑想会」の予定



昨[7月18日木〕の「死ぬまで瞑想会」は約100名の方が参加されていました。


一人で動画や音声を見たり聞いたりするのと違って、

離れた仲間とともに瞑想するのは格段の嬉しさがあるというご感想を皆さんからいただいています。


今後の予定ですが、


「第1木曜日と第3木曜日 朝8時30分〜」


定期的に開催を予定しています。


参加予定の方は、8時15分ごろにはZOOMに繋いでおいていただけたらと思います。


◇ 次回は、8月1日(木)朝8時30分からです。


※「死ぬまで瞑想会」に使用した音声は、

UTAブックのトップページの「死ぬまで瞑想会」のボタンから聞いていただくことができますので

ご利用ください(メンバーズページになりますので、IDとパスワードが必要です)。


ZOOMについて不明点などありましたら、UTAブックまでご連絡ください。(朝日/記)


 

UTAブックさんの企画の「死ぬまで瞑想会」、それぞれに活用なさってください。

なかなかいいと思います。


リアルタイムで勉強できなくても、すぐにアップされるので充分です。


私も、今回、午前中時間が空いたので学ばせていただきました。


少々意味不明かもしれませんが、

塩川香世というひとつの肉が自室のパソコンの前で

学ばせていただける喜びと幸せを味わえました。


いい瞑想ができました。

ゆったりと心を広げていける時間と空間をいただき、ありがとうございました。


みんなで作っていく瞑想会ということなので、どうぞ、ご参加の皆さん、

忌憚なく思いを語り、学びの輪を広げてください。学ばせていただきありがとう。

 

今日の死ぬまで瞑想会(第4回)は、

はじめにホームページを朗読していただいてから、

死後、250年後・ニュージャージー、宇宙に向ける瞑想をして、

最後ふるさとを歌いました。


最後に参加者の方からリクエストをいただき、

現在日本に上陸中の台風10号に思いを向けました。

リクエストありがとうございました。

********************************

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

肉という狭い小さな中で自分が苦しみ続けていく愚かさに、

一日でも早く 心で気付いてください。


肉の中にいれば、どうしても目に見えて耳に聞こえるものに対して心が向きます。

だから、肉を持ちながら、五官を閉じる瞑想の時間を確保することが必要となってきます。


その瞑想の時間を充分に活用してください。

活用できる環境を整えてください。

若いときは少々身体が疲れていても、気力が落ちることは殆どありません。

自分の中の凄まじいエネルギーを受け止めていける体力、気力のあるうちに

自分の学びをしっかりとやってください。


そして、今世、肉のある間に様々な現象を体験して、

それでも学びをひたすらに真っ直ぐに進めていけるかどうか、自分の心で学んでください。


肉、形の世界は悉く崩壊してまいります。

 

崩壊し尽くしていく中で、それぞれがそれぞれの心を見て心に突き上がってくるエネルギーを、

喜び、温もり、真なる波動の世界へと返していく喜びを味わいましょう。


肉、形を見ていては、自分を見失います。

肉、形の世界を通して、

本当の自分の世界を見る、感じる、

本当の自分の中の愛へ戻っていく、

その道筋をきちんと確立してください。

 

 

今月のテーマは「水の反転」というテーマで集めました。


天変地異も予定しておりましたが、

今回は「水の反転」で一杯になりましたので、

またの機会にピックアップさせていただきたいと思います。


10月のテーマはリクエストして頂いていた「田池留吉」を予定しております。


またリクエストなどありましたらご連絡頂ければ幸いです。

 

間違い続けてきてもやり直し、

生き直すチャンスを自らに用意しました。


真っ暗闇の中からこのチャンスを切望してきた思いを、

瞑想の中で感じることが喜びであり幸せだと思います。


何を思えばいいのかということを知って、

その方向に心の針を向けて合わせていこうとする今、

もうそれだけで何はなくとも幸せでした。


幸せ、喜び、温もりを外に求め続けてきたことが苦しみの原因となっていた、

こんな簡単で単純なことにどうして気付けなかったのか、

当然と言えば当然ですが、無知ということは本当に恐ろしく哀しいものだと感じます。


田池留吉を思える今、アルバートと呼べる今

そんな今という時があります。

心に溢れてくる帰りたい、帰ろう、帰りますの思いをしっかりと抱えて、

そして、ただ真っ直ぐに思っていくだけでよかったんだと

そうそれでよかったんだと心の中で思えることが、それが幸せだと思います。


久々のライブ配信予定日は、8月27日(火)、午後2時です。

 

 

間違い続け狂い続けてきても、こうしてやり直す、生き直すチャンスを

今世もまた自分に用意してきたことを思うと、本当にすごいことなんだ、

意識の世界はすごいんだ、本当の自分に帰ろうとする思いは

どこまでもすごいんだと思わざるを得ません。


肉から意識への転回はそう簡単なことではありませんが、

日々、瞑想をする時間をきちんと確保して、

やり直そう、生き直していこうとして生まれてきた自分の思いに触れ続けてください。


中は叫んでいます。本当の自分と出会いたいと叫んでいます。

その叫びはなかなか真っ直ぐに素直に思いを語ることはないかもしれないけれど、

母の温もりに触れていけば、必ず真っ直ぐに素直に語ってきます。


帰りたいけれど帰るところが分からなかった、どうしていいか分からなかった、

まずはその思いをしっかりと受け止めていくところから始めてください。


そうしていくうちに、段々と帰るところがあったんだ、本当に帰れるんだね、

そんな思いが心に伝わってきます。あちらからもこちらからも。


中がそのような状態になれば、

あとはその思いにしっかりと応えていけばいいだけです。

しかし、その時肉がぼんくらでは、せっかくのチャンスを自ら逃してしまいます。

くれぐれもそうならないように。


次回ライブ配信予定日は、7月10日(水)、午後2時です。

 

 

 

 

学びに触れる時期はそれぞれ違います。

殆どは、20年、30年と長く学んでおられますが、そうでない人もいます。

大事なのは、それぞれ学び始めてから、

どれだけ学びの基本に沿って学んできたか、学んでいるかでしょう。


学びの中心部分をしっかりと伝えるという仕事を終えたから、

田池留吉の意識の世界は、一旦肉という形を消しました。


肉を持ってする仕事の終了とともに、今世の肉を捨て、

あとは250年後を待つのみということです。


今世初めて伝えてくれた真の波動の世界に

しっかりと呼応していく喜びと幸せを学ばせていただいた事実があります。


「私達の本当の姿は目に見えません。

波動、エネルギーとして永遠に存在しています。

肉、形を本物とする思いから、

意識、波動を本物とする思いに

180度転回していってください。

すなわち意識の転回を速やかに遂行して、

本当の人生を生きてください。」


意識の流れからのメッセージは確実に現象化してまいります。


天変地異という形で、肉、形の世界が総崩れしていく中で、

何を思っていけるか、何に心の針を向けて合わせていけるか、

一人ひとりの課題となってきます。

250年後の本番に向けて動く 意識の世界を感じてください。

 

 

ライブ配信、どうでしたでしょうか。楽しめましたか。


死後の自分と250年後の来世の自分を思ったときに私の心に上がってきた思いです。


私は、今世死ぬまでお金に困りません。60歳になる前に仕事を辞めました。

自分の計画通りですが、実は50歳でと思っていましたから、10年も余計に働きました。


あとは死ぬまで元気に、死ぬまで瞑想を楽しんで、この世とお別れしていこうと思っています。


250年後を思うと嬉しい、楽しいんです。

今世に比べると格段に厳しい環境ですが、

それでも私はアルバートと出会うことを知っていますから、

心の中からアルバート死ねのエネルギーを噴き上げる250年後が待ち遠しいです。


今世も、この肉を通して田池死にさらせのエネルギーを存分に学ばせていただきました。

身に余る光栄です。


田池留吉、アルバートの意識の世界に、

波動の世界にあることを、

心から伝えてくれた今世の学びに加え、

最終の肉を通して再び学ばせていただくことに感謝しかありません。


しっかり打たれた布石を大切に、歩みを進めてまいります。

 

 

 7月の橿原セミナーの受付が早々と終了して、参加者名簿が届きました。


いつもこの位早い段階でセミナー参加が決まればと思いますが、そう都合よくいかないです。


7月の橿原セミナーまで1か月ほどあります。

橿原も琵琶湖と同様に、田池先生との思い出がたくさんある場所です。

諸般の事情が許されるのならば、セミナーの場として残しておきたいと思っています。


ホテルの窓から二上山を眺め、そしてセミナー会場に肉体を運ぶ、それがやはり嬉しいです。


あなたの中の巫女の思い、喜びへ温もりへ帰っていますでしょうか。


心に沁みついている巫女当時の思いを、出来るだけ聞いてそして受け止めていってください。


そして、巫女を思ってする瞑想が、とてもとても愛しいと思えるようになっていきましょう。

心をズタズタに切り裂いてきたけれど、それを救い上げていける安堵感とようやく出会っている

そんな瞑想を繰り返して、そして、7月、橿原の地にてともに心を向けてまいりましょう。


次回ライブ配信予定日は、6月27日(木)、午後2時です。

 

 

 

色々な形で、学びの友が積極的にともに学んでいこうと動き出される最近を嬉しく思います。

私は我関せずというところがありますので、積極的には情報収集はしていませんが、

何かの折にそういう動きを感じさせていただいて、何かいいなあと思っています。


それぞれの動きには水先案内人がいるでしょうが、あくまでも水先案内人に徹してください。


ともに学んでいこうという思い、姿勢は絶対に忘れてはいけないでしょう。


みんな間違ってきたのです。みんな狂い続けてきたのです。

正しく生きてきた人など存在しません。


みんな真っ黒だけを宇宙に垂れ流してきたということ、

そして、その回収はそれぞれがやっていく必要があるということ、

そこをぶれずにともに学んでいきましょう。


誰が上、誰が下、そうではなくて、愛へ愛へ帰れる道があることを知って、

その道を自分の足で歩いていく喜びと幸せを、

どなたも心に感じ広げていけるような、

そんな今世の学びの結果にしていこうと呼び掛けます。

 

 

今世、学びに触れた方達は、これから250年、300年の間に何度かの転生があります。

必ず肉という形を持ちます。


生れたくない思いを遥かに超えて、肉をくださいと今まで以上に切望してきます。


その思いが、今回のライブ配信の来世、肉を持つ思いに触れる瞑想から感じ取れましたか。


どなたもボロボロの心の状態の中で、

三次元最終の時を迎える計画を立てていることを心で知ってください。


私は、先にホームページに載せた通り、

アルバート殺してやる、アルバート愛していますの凄まじいエネルギーを噴射します。


そして全宇宙とともに次元移行を達成していく意識の流れの中にある喜びをしっかりと確認して、

さらに愛に向かって意識の世界を進んでいきます。

 

それを私は、田池先生の肉がある間に、その意識の世界を学び確認しています。

心で受け取ったから、あとは愚かな肉の思いをしっかりと見て、

自分の計画が頓挫しないように、思いを向けていくだけです。


身体には少々不具合がありますが、

心で受け止めたものを遂行していくことには支障がございません。

 

 

 学びに触れている私達ほど幸せ者はありません。

あなたもそう思うでしょう。なぜならば、ふうっと目を閉じて思えることを知っているからです。


思える方向を心に知っているからです。これはすごいことです。


田池留吉とかアルバートとか次元移行とか意識の流れという言葉を

知っているだけでも幸せなんです。


他力的に欲ですがりつくのではなく、ただ思うとする、思える、

そうすることがこんなにも心を広げてくれる、

思いの向け先を段々に絞っていけばいくほどに、

嬉しさ、喜びが増してくるのです。


思うことはパワーです。

 

正しく思う、真っ直ぐにただ真っ直ぐに思う、学びに触れさせていただいて、

思うこと、思えることの大切さと喜びを知りました。


形の世界では到底分からないことでした。

ひとたび知っていけば、感じていけば、消すに消せない、消えない喜びと温もりの世界です。


形の世界の喜びとか幸せとは全く違います。

喜びと幸せの裏に、不安とか恐怖その他のブラックの思いがあるのとは全く違います。


何もない。ただ喜びだけ。ただ温もりだけ。

 

そんな世界に存在しているあなたですよと伝えてくれたんです。

受け取りました。受け止めました。


信じる信を深めていくことが、

さらにひとつに溶け込んでいくことだと承知しています。


次回ライブ配信予定日は、6月18日(火)、午後2時です。

 

 

 

ピックアップ動画(音声)の6月分をアップしました。


今月のテーマは「動機」と「他力」で集めました。


たくさんの方にUTAブック発足前の動画や音声を頂き、ありがたく使わせて頂いております。


いつもありがとうございます。


来月のテーマとして「肉体細胞に思いを向ける」を予定しております。...


またリクエストなどありましたらご連絡頂ければ幸いです。


紘次/記

 

 

ライブ配信、もう少し頻度を多くしてやっていけばいいだろうなあとは思いますが、

定期的にというと少々堅苦しいので、

ふっと思いが上がってきたときにお声掛けさせていただくということでお許しください。


毎回、200名以上の方がリアルタイムでアクセスしていただいているようです。

数云々ではなくて、私はその中の一人でも今日の瞑想よかった

と思ってくださるのならば、それでいいと思っています。


なぜならば、一人の肉の背景には夥しいほどの意識の世界、宇宙達があるからです。

ひとつの肉を通してたくさんの宇宙達が思いを向けていける計らい

の中にあることが嬉しい、幸せだと思います。


肉は何ほどもありません。

死後の自分の世界を感じる、知る瞑想を大切になさってください。

それがそれぞれの現実の世界です。


肉体を離すということは、もちろん頭もないんです。

頭で理解していることと、実際の自分自身の意識の世界との隔たり、どうでしょうか。


厳しくしっかりと
自己評価をして自分の学びを進めてみてください。

 

 

 

 繰り返しになります。

大事なことだから、そしてここを違えば、ここが心で分からなければ、

生きていく方向が全く違ってくることは明らかだからです。


それは、なぜ自分は生まれてきたのかということが、

本当に心で感じ分かっているかということです。

頭ではなくて心でです。

 

今世の時間がどんな時間なのか、自分にとってどんな時間なのか、

しっかりと心で分かっていますかといつも自分に問いかけてください。


他力の中に、欲の中に塗れてきた意識の世界です。

その自覚はどの程度ありますか。


面白おかしく適当に生きていくのは容易いことだけど、

学びに触れ心に感じ始めた今世は、

これまでとは少々いいえ、随分事情が違っているはずです。

自分との約束を違えて生きていくと心が疼きます。ざわつきます。


そうじゃないでしょう、

違っているねと伝えてくる本当の自分からのメッセージを聞く耳、心を育成しつつあるからです。


形ある中に自分を置いて、この形の世界から本当に学ぶべきことがあると心で知り得たならば、

目を閉じるだけでいいんです。

目を閉じて思いを向けていく時間の中で、

何とも言いようのない喜びと幸せが心に広がっていきます。


何も要らない。

正しい思いの向け先が分かれば、それでよかったんです。


心の針の向け先をいつもチェックするようにしてください。


次回ライブ配信予定日は、5月30日(木)、午後2時です。

 

 

ピックアップ動画(音声)の5月分をアップしました。


今月のテーマは「アマテラス」で集めました。


たくさんの方にUTAブック発足前の動画や音声を頂き、ありがたく使わせて頂いております。


いつもありがとうございます。

...

来月のテーマとして「動機の修正」「他力の反省」を予定しております。


またリクエストなどありましたらご連絡頂ければ幸いです。

 

紘次/記

 

2019年3月より月ごとに色々なテーマをピックアップして特集をしていきます。

 

「色々なテーマに合わせて音声や動画を見て勉強する。」


そういう事をまとめてやろうとすると、かなり膨大な作業量となります。


しかしひと月ごとにテーマを決めてコツコツやっていけば、

一つのテーマを深いところまで見つめなおしていくことが出来るのではないでしょうか?

..

そんな思いから、月ごとにテーマをピックアップしていきたいと考えております。


3月の「ピックアップテーマ」は『死後の自分』です。


いきなり少し難しいテーマになってしまいましたが、

次のUTAブックの出版物にも関係が深いテーマですので、ご了承ください。

 

4月の「ピックアップテーマ」は『宇宙』を予定しております。


テーマに沿った動画や音声が見つかればご連絡いただければ幸いです。


(ホームページに掲載できるかは容量や編集の都合上、未定です。)


http://www.uta-book.com/
紘次/記

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 セミナー会場で、あるいはインターネットを活用し、

ともに学ぶ環境にあることを喜んでいます。

特にセミナー会場に出向きともに瞑想をする顔ぶれがほぼ定着していることは、

いいことだと思います。


私は、学びの中心核、そこから波及する輪が安定した状態で、

今世の学びを終了できればそれで上出来だと思っています。


本番の250年後に向けてその予習段階である今世の学びの時間を、大切になさってください。


今世、心に伝えていただいた波動の世界を、

本番に見事大輪の花を咲かせることができるように、

真っ直ぐに思うことをやっていきましょう。


学びは自分の心で感じていくということですから、

自分の中にたとえば250年後ということが具体的に響いてこなければ、

次元移行など荒唐無稽のお話としてしか受け取れないと思います。


しかし、感じる方にはそうではありません。

たとえばアルバートと思いを向ければ、自然に中が反応します。

出会いたかった、本当に出会いたかった、

そんな思いが心の底から噴き上がってくる体験を重ねていくでしょう。


説明などできません。

ですが、噴き上がってくる思いは確かにあるんですから、

そういうことを瞑想の中で繰り返し体験して、

そして、肉の自分と意識の自分の違いをはっきりと知って、

本物を選び取っていくという学びの時間になっていくと思います。


そこで確認です。今世の転生は違うんです。

その違いはすでにそれぞれの中で明確になっていますか。

自己評価して、そこからそれぞれに学びを進めてください。

 

 

 

もう迷うことはないと思います。

心は揺れるかもしれませんが、その揺れが大揺れのまま自分を見失うことはないと思います。


揺れがどこからきているのか、この揺れをどうすればいいのか、

その対処の方法はどこにあるのか、

その問いかけに対する答えは、それぞれの心で出てくるでしょう。

あとはその出てきた回答に対して、どの程度の角度で向き合うことができるかだけです。


どの程度の角度、真正面からしっかりと向き合えるか、

その角度が段々に大きくなって、

結局は自分の心の針の向け先

とんでもない方向に向いていくのか、そういうことでしょう。


それを左右していくのは、それぞれの心の中に巣くう他力のエネルギーの程度であり、

それと並行して感じている母の温もりの厚み、深さ、広さの程度

だと言えると思います。


心の針の向け先の正しい方向を知って、

その方向に針を向けて合わせていく以外に、

本当の自分の生きる道が見えることはありません。


互いに肉は愚かですが、

本当の自分の生きる方向がしっかりと定まっていくように、

学んでまいりましょう。

 

 

 学びの友からのメールです。一読ください。



昨日のskype瞑想会を見させてもらって、みんなが自分の心を見て、

自分の心と向き合って、すごい形相をしながら、自分と向き合う姿が、本当に光輝いて見えた。

これが田池先生が残してくれた道なんやなあって思った。

己を表し、我を見よの世界ではなく、ともに帰ろう、ともに帰ろう、

ともに帰っていこう、そういう仲間なんだと、愛の道なんやなあ。

本当に本当に素晴らしい世界に、今、居合わせてもらってるんやなあって、心に響いてきた。

肉のつまらないことに捕らわれていないで、

この幸せをもっともっと喜んでいける自分になっていきたいと思いました。

誰、彼じゃないんですね。

みんなひとつ、みんなひとつ、よく分からないけれど、

そういう思いが自分の中に伝わってきて、嬉しいです。

本当に本当に学びの友は素晴らしい仲間なんですね。ありがとうございました。


いつもこういうお世話をしていただいている、UTAブックさんにも、本当にありがとうございます。

 

 

2019年4月27日から5月6日までゴールデンウィークの期間、

UTAブック事務所は営業しておりません。

5月4日には地域合同スカイプ瞑想会を行いますので、

案内させていただきます。

 

2019年5月4日(土)の「地域合同スカイプ瞑想会」の中継についてお知らせします。


中継のURLは直前に決まりますので、

10分前ぐらいに下記サイトで確認の上、接続をお願いします。...


※下のURLをクリックするとパスワードが求められます。


「ny」で始まるいつものパスワードをご入力ください。



日時 2019年5月4日(土)PM3:00〜4:00


1.開始10分前に下記URLをクリックしてください。


http://uta-book.jugem.jp/?eid=1719


2.パスワードが求められますので、


「ny」ではじまる11文字パスワードを入力してください。


3.パスワードを入れると、「スカイプ瞑想会」というページが開きますので、

そこに書かれているURLをクリックしてください。


4.ユーチューブ・ライブの画面に切り替わります。


※ URLは配信するごとに変わります。

必ず配信10分前の「URL」を確認し、その「URL」をクリックして繋いでおいてください。


紘次/記

 

 

 

*********************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最後まで 読んでいただいて ありがとうございます。

松岡儀典(まつおかよしのり 1946年・昭和21年の戦後生れです。

(メッセージの分類・編集人)