UTAの輪会員を対象とした、・スカイプ瞑想会を 

「UTAブック・「ZOOM(ズーム)ミーティング」・瞑想会」として、

2020年・令和2年も、引き続き 日本全国とアメリカで開催されます。

田池留吉が意識で指導し、塩川香世が中心となり進行、その内容が会員制で 動画で公開。

 

枠が黒く表示される方は、上のメニューバーの中心にある 「破れたページの形をしたアイコン」をクリックして下さい。

田池留吉 ・ UTA BOOK ・ 塩川香世

 

 

「UTAの輪」UTAの輪 「心」の目次(田池留吉)   ←クリック

 

塩川香世 2020年・令和/R2年 UTA ブック

「UTAブック 「ZOOM(ズーム)ミーティング」 ・瞑想会」

地球規模で 世界中に蔓延する 新型コロナウイルスのメッセージ受信の 記念すべき 年

2020年・令和2年 10月 22日更新

*******************************************************

 

今世、始まったばかりの学びです。

真実の波動の世界を知っていく学びです。

それは今世始まりました。

そしてあと300年です。

地球時間で言うと、この間に自分にしっかりと結果を出さなければなりません。

 

 

次元移行を果たすこと、

自分との約束、

自分の中の宇宙との約束

それをきちんと果たして、そしてともに生きている、ともにある喜びの中で、

さらなる意識の世界を進んでいくこと、

今世、ひとつの肉を自分に用意して

それを知り確かめ信を深めていく計画を立ててきたことに、

本当にありがとうしかありません。


狂ってきました。

真っ暗闇のエネルギーを噴き出し、凄まじいエネルギーで宇宙を塗りつぶしてきた意識。

それでも私はあなた、あなたは私、ひとつだ

信じて待ってくれていた波動の世界に出会えました。

 

千載一遇のチャンスを手にし、

自分の本当の世界へ帰っていける、戻っていけると知り、

その道を歩いていけばいいということを本当に心で分かる人生が、喜び人生です。


思いを変えていきましょう。

180度転回して、

本来あるべき自分の世界をしっかりと確認していきましょう。


今世を転換期に、

そして250年後の三次元最終時期を視野に

自分の生き方の修正を果たしていかなければなりません。

 

もちろん、そこには義務、強制という思いはなく、

果たしていくようになっているという喜びがあるだけです。

その喜びをともに受け取ってまいりましょう。


 学びをするにあたって、

基本的には何をしてはいけない、

こうしなければならないというものはありません。

ただし、すべてが自己選択、自己責任です。


たとえば、UTAブックさんが推奨するZoomを活用して

学びの友と瞑想をする機会がこれまで以上に増えてくると思います。

これはUTAブックさんが把握しているグループ以外ということです。


そこに参加する人はその心を見て

しっかりと自分の学びの歩みの方向性を確認することが肝要です。

 

瞑想をすればいいというものでもないし、

学びに対する基本の姿勢、動機等々

しっかりと自分の中で見直したうえで、

これからの自分の学びのあり方を見ていってください。

 

Zoomを使って少人数のお勉強もいいですが、

その場合、進行は持ち回りが望ましいと思います。


何か難しい、辛気臭いことをと思われるならば、

それもまた自己責任の元で進めてください。


私は、学びは基本的には自分ひとりだと思っています。

 

事実、私は自分ひとりで瞑想をして、

心に響き伝わってくる自分の世界と対話できる喜びと幸せを感じています。

それで十二分に幸せなんです。

 

過去、未来、今、すべてがひとつになって

母なる宇宙へ帰る道を歩いているという確信、

揺らがない確信、ぶれない歩み、それをいつも瞑想の中で確認しています。

 

ともにある喜びと幸せ、安心感、安らぎは

心に培ってきた凄まじいエネルギーをしっかりと包んでくれています。

これ以上のことは何もありません。


ということで、Zoomを使ってのお勉強の前に、

自分と自分のお勉強が捗っているかを確認することをお勧めします。

 

 

 

 心で気付いた方から始めてください。

私達がみんな間違って生きてきたことに気付いた方から始めてください。


宇宙、母なる宇宙へ帰る私達だったことをあなたの心で思い出してください。

私達は帰ります。その道筋はきちんと見えています。

あなたもあなたの心の中にそれをしっかりと見定めて、

これからの転生を通過していってください。

そして、合言葉、250年後の再会を必ず果たしてまいりましょう。


250年後、三次元最終のお勉強を経て、

私達の切望してきた宇宙へ帰る道をさらにしっかりと見極めていきましょう。


喜びです。

250年後の喜びの爆発を、私達の意識の世界は体感、実感できるんです。

 

間違って狂い続けてきた私達だけれど、

そんな喜びの時間と空間を自らに用意しています。

 

全宇宙とともに、

田池留吉、アルバートの母なる宇宙、真の愛の世界へ

一歩踏み出す喜びをぜひともに味わってまいりましょう。

 

待ち遠しいです。

ですが、計画を万全に遂行するために、

まだまだ飛び越えていかなければならない現象が盛りだくさん。

 

喜びで喜びで、自らを見失うことなく、喜びで受け止めていきましょう。

 

 

 生まれてきた意味が分かって、

生きる目的も明確で、

自ずと心を向けていく方向が定まっている、

あなたの今はどの程度でしょうか。


見て聞いて心がざわつく、揺れることがあっても、

そのざわつき、揺れは、そういつまでも続かないようになっていますか。


たとえ大揺れであっても、心を見る、思いを見る、そして思いを向ける合わせること

を学ばせていただいた人は、時間がかかろうとも、

必ず今世学んだ学びの時間に自分を戻していきます。


絶望に近い境地に陥ったとしても、

自分の中の本当の自分、田池留吉を思うしかない、

そう自分に伝えてくるでしょう。


それは、助けを救いを求めてそうするのではなくて、

それしか自分には残されていない、

学びの時間の中で自分の心に感じたものを信じていくしかない、

そういうことが窮地に追い込まれて、やっと自分のものになるというか、

学んできた手応えを感じて、そうだったんだ、そういうことだったんだと思えるということです。

それほどすごいことを学ばせていただいてきた私達です。


心を繋ぎ、自分を繋いで、今世から幾度かの転生へ、

そして三次元最終時期を迎えてください。

 

塩川 香世

 

本物の世界を心で知るためには、偽物の世界は偽物だとお伝えする必要があります。

偽物だから崩れていくのです。

形も何もない状態になっていくのです。

崩壊が苦しみではありません。

崩壊は喜びです。

偽物の世界だと自らに知らしめるように意識は流れていきます。

意識の流れです。

意識の流れからのメッセージです。


愛へ帰ることを約束してきたから、それは忠実に遂行されていきます。

喜びの世界があるだけだからです。

 

喜びに帰ろう、温もりに帰ろう、元あったところへ帰ろう、

呼び掛けいざないは、さらに大きなうねりとなって、心に迫ってきます。

喜びで迫ってきます。

「はい」と答えて「はい」と応じて

そして、私達のふるさとへともに帰っていきましょう。


母なる意識の中へひとつになって溶け込んでいける 喜びと幸せ、安らぎ、

これこそ私達がずっとずっと待ち望んできたことでした。


伝えてくれてありがとう。

田池留吉、アルバート、本当の自分からのメッセージ、

確かに確かに受け取り、私達は必ず帰ってまいります。

 

 


 

 「今世、伝えるべきものはすべてお伝えしました。

あとは250年後の最終のお勉強を経て、

予定通り計画通りに意識の流れの仕事を果たしていく、そういうことです。」


心に伝えていただいたこのメッセージ通り、私は私の学びを進めていけばいいだけです。

あなたもそうです。みんなそうです。幸せではないですか。


道は指し示されているのです。

その方向に自分を向けていけばというところまで来ています。


みんなでともに帰りましょう。

次元を超えてさらなる意識の世界へ、

純粋さを増した意識の世界へ進んでいきましょう。


肉、形の世界とはさようならです。

ありがとう、これまでありがとう、本当にありがとう、

そんな思いで、ひとつひとつ自分から離していってください。


あと250年、300年。

ようやくここまで辿り着いた、この思いは決して消え去るものではありません。


「ともに生きていこう。ともにあります。」

波動から伝わってくるものに響き合って、私達は帰ります。


 

 委ねる、全託するということに語ってみたいと思います。


学びに触れる前には、私達は委ねるとか全託するということに対して無縁だったと思います。

よしんば、委ねますと言ってみても、

欲の思いと切り離すことができないというのが現実のところだったのではないでしょうか。

ギブアンドテイクの世界に生きてきた、いいえ、テイク専門の世界に生きてきた私達には、

見返りを求める思い、心が根深く残っています。


そして、今世、学びに触れ、委ねてみようと微かに思える波動を学ばせていただきました。

全託とはいかないまでも、委ねられる喜びとか幸せとか安らぎを

それぞれの心は感じ始めたということでしょうか。


けれど、まだまだ、まだまだの感があります。


自由に活動的に動く頭、手足、見える目、聞こえる耳等々、

身体的に大体支障がなければ、なかなか委ねる、全託するということは難しいです。


肉が先に立っていきます。それが人間です。

仮にそれらの一部の機能に支障があっても難しい。

それでは全部無ければ、いわゆる肉体がない状態であればどうなのか。

これもまた難しいでしょう。


なぜなのか分かりますね。

肉体的にどうであれ、また肉体がなくても、

自分達の本質が変わらない限りダメだということです。


そのところを変えていこう、変えていきましょうということで、心を見る学びに繋がりました。


ということで、本当の意味で委ねる、全託するというのは、

意識の転回がなければなりません

 

意識の転回が捗っていけば、本当の自分の世界を知って、

本当の喜びと幸せ、温もり、広がりゆく世界に帰るには、

意識の転回あるのみだと、

改めて自分の中で認識を深めていくということになります。


委ねる、全託する、

田池留吉の世界に、本当の自分の世界に。

これだけが唯一の喜び、幸せの道。

そう心に確信できるよう日々の瞑想を重ねてください。

 

 

 体力、気力のある間に学んでください

年齢には関係ありません。

とにかく、体力、気力のある間に、学んでいこうという自分の思い、決意を固めてください。

時間はあっという間に過ぎ去っていきます。


要は、自分の中が学び一本に絞りつつあるかどうか、

体力、気力のある間に見極めてくださいということです。

見極めるということは、中心棒の確立があるかどうかを見極めるということです。


なぜ生まれてきたのかということが心で分かっているならばそれでよしです。

程々に生活を楽しみながら余裕綽々で学んでいけるに超したことはありませんが、

残念ながらそうは参りません。

どなたも余裕綽々で学べる状態とは決して言えないでしょう。


肉塗れのドロドロで今世も生まれてきました。

肉をもらいました。自分に肉を用意しました。

 

それをしっかりと確認したならば、今世その肉を活用してするべきこと、

本当に自分にとってするべきことをして、今世を閉じていきましょう。

*******************************************************

 

250年後の来世のキーワード、

ニュージャージー、ハドソン川、黒人、貧困、そしてアルバート

反響が大きいと感じています。


日本からアメリカの地へ、学びの集大成に向けて意識の世界は、すでに動いています。

舞台設定はもうすでに整えられており、時が来るのを待っているという感じです。


多宗教、多民族の国、区別差別が著しい国。

そこで、社会の底辺から真実の波動の世界の発信というシナリオが待っています。

真実の波動の世界から、再度肉を持って伝えにきてくれる、三次元最終のお勉強です。


シナリオ通り、今世の学習の結果を見事花咲かせ、

そして新たなステージへと進んでいきます。


地球という星に別れを告げ、

壮大な意識の流れの旅立ちです。

 

このことは、自分の心に感じ響いてこなければ、

到底信じられないことかもしれませんが、

決して絵空事ではないとだけお伝えしたいと思います。

塩川 香世

*******************************************************

 

 

 

 

 自分を救うために、

自分の心を救うために生まれてくる私達でした。

ただ、どうしたら自分を救えるのか、自分の心を救えるのか、

全く分からなかった私達でもありました。


自分を救う、自分の心を救うとはどういうことなのか、

学びに繋がった人達は、それを学ばせていただきました。


私もそのうちのひとりです。

 

結果、私は、自分の中の本当の自分、

愛である自分に目覚めること以外に、

自分を救っていくことはできないと知りました。

 

自分が何者であるか、どういう存在であるのか、

心で知る分かることができなければ、

やはり自分の外に救いを求める他力のエネルギーと

決別できないことを学ばせていただきました。


何のために生まれてきたのか、

形がない自分に 今ひとつの肉を持たせているのはなぜなのか

形の世界が崩れていくからこそ、

本気になって真剣に真摯に自分に問いかけていけるのだと思います。

 

愛、ああこれが自分達が愛である確たる証しなのだと感じます。


自分の中へ、本当の自分の中へ帰りたかった、

帰ろうと叫ぶ思いが、これからさらに、

肉が本物だとする思いを崩していきます。

心の叫び、しっかりと受け止めていきましょう。


 形の世界が崩れていくことがいいんです。

 

手放したくない、ここだけは、これだけはとしがみつく思い、

私は正しいという思いが苦しいことだと分かっているけれど、離そうにも離れない思いです。

 

けれど、私達は痛みを伴いながら手を離し、思いを離していく、

変えていく方向に自分を進めていきます。

本当の自分に目覚めるということは、そういうことです。


肉を本物とする思いに長く長く慣れ親しんできた私達だから、

それを180度転回するということ、

肉、形の世界は影の世界、実体がない世界

と心で分かることは、本当に難解です。


それをこれから250年、300年の間に遂行していこうとするのだから、

当然そこには想像を絶する現象の波が押し寄せます。

 

そして、そこにはそれにも増して、いいえそれとは比べることができない規模の

愛のエネルギーの存在があります。


その愛の中ですべてがなされていくことです。

 

心を全開にして、ともに喜びを分かち合いましょう。

私達は愛、愛のエネルギー。

宇宙にその喜びが爆発していきます。

私達は宇宙です。

私達のふるさとへ帰りましょう。

 

今世を含む肉を持つ時間は僅かです

その僅かな時間の中で 自分の蓄えてきたエネルギーを、

自分自身を しっかりと確認していく計画 を立てました。

 

自ずと厳しい険しい時間を自分に用意しているけれど、

けれど、道は真っ直ぐに自分の中についています。


いざ行かんの思いに瞬間反応して、あとはその流れとともに移行するんです。

次元移行への計画です。


アルバートとともに、アルバートとともに私達は宇宙へ帰ります、

そんな思いを瞑想の中で繰り返し伝え合い、確認しています。


だから、瞑想は喜びです。

 

喜びで喜びで宇宙を思える、闇黒の宇宙を思える、

垂れ流してきたエネルギーを愛しいと心から思える、

間違ってきたけれど、狂ってきたけれど、

愛の中にあった自分達でしたと心から思える喜びです。


どうぞ、心で感じて そして心で証してください。

肉、形の世界の総崩れ。

そこから何かに気付いていくでしょう。

愚かな人間の姿が次から次へと明らかになっていきます。

それでいいんです。

間違ってきたことを自ら知らしめる、愛所以です。

私達は愛でしたという証です。


受けていきましょう。

そして、ともに帰っていきましょう。ともにです。

 

 

 今、セミナー会場に集まれない代わりに、

インターネットを活用してお勉強させていただいています。

 

セミナーをするということについては、私は私自身のお勉強の一環として捉えています。

形は変われど、今こうしてそれもスムーズにさせていただいていることを喜んでいます。

周りのご協力があってのこと、どれもこれも田池先生の思いが詰まっています。


布石です。

きちんと的確に打ってくれている布石通りに、

学びを進めていけばいいと、瞑想の中で確認しています。


要は、250年後の三次元最終のお勉強へということです。

 

今の ひとつの肉だけの生活云々を どうこうしようと

学んでいるわけではないことは お分かりだと思います。

速やかに今世の学びを通して、 

自分を三次元最終時に繋いでいく目処を立てていこうと、

自分の学びを進めてください。


宇宙へ帰っていきます、母なる宇宙へ、愛、心のふるさとへ帰っていきますという思いは、

形となってこれからさらに私達に迫っていきます。

険しい道のりを覚悟してください。

それでも自分の中の切なる思いを感じていけば、

必ず必ず帰っていこうと決意も新たに喜んでいけるはずです。


支えてくれていました。待ってくれていました。信じてくれていました。


ただただその思い、波動が力強く心に響いてきませんか。

どうぞ、ともに帰ろう、ともに次元を超えていこうの誘いに心から呼応してください。

 

 

 Zoomウェビナーを活用させていただいて、

ともに学ばせていただくこと本当にありがとうございます。

終了後、参加者名簿をメールしてくれます。

いつもながら、それを見るたびに嬉しいです。

それぞれの環境の中でああこうして学びをしようとしているんだと思うと、何かとても嬉しいです。


ひとつの肉に繋がる意識の世界、宇宙の仲間達の思いが届きます。


肉はみんな大したことはないんです。

けれどその肉を入り口にして、数知れない闇黒の宇宙達がいることを感じます。


あなたはどうですか。

異語で語り合える喜び、幸せ、それぞれの心でどんどん味わってください。



塩川 香世

*******************************************************

◆◆ ◆◆ ◆◆ ◆◆◆ ◆◆ ◆◆ ◆

 

水曜日の海外沖縄瞑想会の「瞑想音声」

あずけーるへ移動しました

 

「水曜日の海外沖縄瞑想会で使った瞑想用音声(参加者が作ったもの)もアップしてほしい」

というお声を少し前にいただき「UTAブック<映像と音声のページ>」に一部入れておりましたが、

「UTAブック<映像と音声のページ>」がいっぱいになって見にくくなってきてしまったため、

「瞑想音声」についてはあずけーるに格納させていただくことになりました。

 

格納場所は下記になります。10月分からはすべて入っています。

 

<格納場所>

メンバーズページ

http://uta-book.com/index.html

 

グループフォルダ

→UTA-BOOK

→00_海外・沖縄の方との瞑想会

→00_参加者がセレクトする瞑想プログラム

 

 

今日は、思いがけず塩川さんに入っていただき、

終了後に嬉しい瞑想の時間を持たせていただきました。ありがとうございました。

※塩川香世さんとの瞑想音声は、

これまで通り、「UTAブック<映像と音声のページ>」に入っています。

 

 

10月17日(土)の「ともに瞑想をしましょうLIVE」配信

 

塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょうLIVE(ZOOMウェビナー )」が

10月17日に配信されます。

 

・日時:10月17日(土)14:00?

※13:30から繋いでいただけます。

 

・参加方法(※UTAブック・メンバーズの方にご利用いただけます)

◇ UTAブックからのメール「UTAブックZOOMウェビナー参加方法」内のリンクをクリックする。

 

または

 

◇ZOOMを開いて、ZOOM IDの履歴「ともに瞑想をしましょうLIVE」からご参加ください。

 

・その他


参加方法が分からないという方がいらっしゃいましたら、お早めにUTAブックまでご連絡ください。

当日にお電話いただくことがありますが、申し訳ありませんが、

当日は対応できませんのでご了承ください。

 

Tel.0745-55-8525     メール utabook250@gmail.com

 

 

頭で理解しようとしてできる世界は、たかがしれています。

英知と言っても所詮有限の世界のことです。

限りがあります。限界があります。


一方、私達の心で分かっていく 感じていく世界には 限りがありません。

喜びも 幸せも 温もりも どこまでも 広がっていきます。


その心が 私達自身だと 伝えていただきました。

心ひとつで生きる、生きられる。 

そんな喜び、そんな幸せは、有限の中では到底分からないことです。

その喜びも幸せも全部、全部捨て去ってきた私達なんです。

どんなに愚劣か、それは言葉ではとてもとても表現できません。

その愚劣な自分と向き合うには、相当の覚悟が要ります。

生半可な思いでは、自分が蓄えてきたエネルギーを解き放していくことはできません。


ただ、自分が蓄えてきたエネルギーだから、

変わっていこうと本当に思えたならば、

エネルギーの質の変化は必ず起こってきます。

なぜならば、自分の中核には、本当の自分、すなわち愛が息づいているからです。

それを信じていきましょうということです。


ただし、自分の中核に触れていく道は厳しく険しく遠いです。

そこへ到達するには、まず愚劣な自分と向き合うことです。


愚劣な自分に飲み込まれるのでなく、しっかりと対峙する気迫が必要です。


気迫、それは母の温もりを本当に知っていけば、自ずと芽生えてくる毅然とした思いです。

自分の中へ、愛へ帰りますという毅然とした思いが愚劣な自分を揺さぶっていきます。

目覚めよと自ら伝えてきます。

自ら伝えてくる思いをしっかりと受け止めて、

本当の自分へ帰る道、厳しく険しく遠い道を一歩ずつです。


Zoomウェビナーライブ配信、10月17日(土)午後2時

 

 

10月のUTAブック・ZOOMウェビナー 予定です。

 

UTAブック・メンバーズの方に参加(視聴)していただける

10月のZOOMウェビナー「ともに瞑想をしましょうLIVE」の予定を書かせていただきます。

 

(※9月30日(水)14:00は、ともに瞑想をLIVEがあります)

 

1週目

10月 1日(木)8:30〜 死ぬまで瞑想会

10月 7日(水)8:30〜 海外沖縄の方との瞑想会

 

2週目

10月14日(水)8:30〜 海外沖縄の方との瞑想会

 

3週目

10月15日(木)8:30〜 死ぬまで瞑想会

10月21日(水)8:30〜 海外沖縄の方との瞑想会

 

4週目

10月28日(水)8:30〜 海外沖縄の方との瞑想会(塩川さん参加予定)

 

 

(※「ともに瞑想会」が、10月24日(土)14:00〜開催されますが、

申し訳ありませんが、こちらはZOOM操作の関係でリアルタイムでの視聴はしていただけません。

終了後に、録画をアップさせていただきますのでそちらをご覧ください。)

 

上記以外の、「ともに瞑想をしましょうLIVE」については不定期になります。

塩川香世さんのホームページ「UTAの輪の中でともに学ぼう」を日々ご確認ください。

 

 

9月30日(水)の「ともに瞑想をしましょうLIVE」配信

 

塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょうLIVE(ZOOMウェビナー )」が

9月30日に配信されます。

 

日時:9月30日(水)14:00?

※13:30から繋いでいただけます。

 

参加方法

 

◇ UTAブックからのメール「UTAブックZOOMウェビナー参加方法」内のリンクをクリックする。

 

または

 

◇ZOOMを開いて、ZOOM IDの履歴「ともに瞑想をしましょうLIVE」からご参加ください。

 


参加方法が分からないという方がいらっしゃいましたら、お早めにUTAブックまでご連絡ください。

当日にお電話いただくことがありますが、申し訳ありませんが、

当日は対応できませんのでご了承ください。

?

Tel.0745-55-8525    メール utabook250@gmail.com

 

 

自分に自分が用意した肉、環境。

どう活用していくかで、これからの自分のあり方が変わっていきます。

 

言えば、幸せ、喜び、安心のこれからがあるのか、

これまでと同じ闘いの中で自らを落とし込めていくのか、ということでしょう。


闘いの中とはどういうことなのか。

学んでいるから、私の中は段々と穏やかになってきている、本当にそうなのでしょうか。


まだまだ条件、環境が揃えば、中から闘いのエネルギーが噴き上がってきます

油断は禁物です。

そういう体験が実生活の中であれば、それは大いなる喜びです。

もちろん、ただエネルギーを噴き上げるだけ、そのエネルギーで自らを見失ってしまう、

周りとトラブルを起こす、それでは学んでいるとは言えません。


そのエネルギーとともに、そのエネルギーが愛しい、

そうして初めて学んできた成果が見受けられるのです。


真っ黒が嬉しい。真っ黒けが何とも言えず頼もしい。

そういう心境はどこから来るのでしょうか。

そうです。

次元移行という大きな仕事を心は感じているから、

だから、どんなエネルギーもいいえ、真っ黒であればあるほど、

凄まじいエネルギーであればあるほどに大きな手応えを感じて嬉しいとなってくるのです。


みんな 間違って生きてきたのです。

けれど、今世を転換期にして本来の生きていく方向を見極めていける、

これほどの喜び、幸せなことはないです。

チャンスを みすみす 逃さないようにと思います。

 


Zoomウェビナー配信予定日、9月30日(水)午後2時

 

 

 

異語で思いを語るという瞑想の効果が現れ始めてきています。

学びの友からの嬉しいメールが届きます。


ともに学んでいきましょうと、ただただ嬉しいです。


宇宙を思ってください。

宇宙と思えるあなたであってください。

そして宇宙を呼んだとき、どんなに真っ黒な宇宙であっても、

よかった、よかったやっと出会えた出会えたと心から喜べるあなたであってください。


宇宙を思う瞑想。

そして最終的には愛です。

愛を思って瞑想。


そして今世を閉じていければ、もう最高に幸せな人生になっているでしょう。

 

学びの友からのメールです。一読ください。

 


今、異語で思いを語る瞑想をやっています。

お名前を呼んだ方一人とやっているのではありません。

あなたの中の宇宙とともにという思いで私は異語を発しています。

異語は宇宙のリズム。

あなたの中の宇宙をそのリズムの中へいざなってください。



9.19 ZOOMウェビナーとともに。

核から、一人一人名前が呼ばれる。

一人一人名前を呼ばれるたびに、核の異語とともに私の中からも異語が飛び出す。


みんな私、みんなみんな私、肉を握り肉を掴んでいた思いが変わっていく。

心がどんどん軽くなっていく。そんな中で自分の名前が呼ばれた。


核の異語を聞いた瞬間、私の中から異語が飛び出す。


嬉しくて嬉しくて、お母さん、お母さん、嬉しい。


アルバート、アルバート、アルバートとともに。


ありがとう、ありがとう、ありがとう。この思いでいっぱいになりました。


嬉しいです。ありがとうございました。


宇宙を思う瞑想を続けていきます。ありがとうございました。

 

 

9月19日(土)の「ともに瞑想をしましょうLIVE」配信

 

塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょうLIVE(ZOOMウェビナー )」が

9月19日に配信されます。

 

日時:9月19日(土)14:00?

※13:30から繋いでいただけます。

 

参加方法

 

◇ UTAブックからのメール「UTAブックZOOMウェビナー参加方法」内のリンクをクリックする。

 

または

 

◇ZOOMを開いてZOOM IDの履歴「ともに瞑想をしましょうLIVE」からご参加ください。

 

 


参加方法が分からないという方がいらっしゃいましたら、お早めにUTAブックまでご連絡ください。

当日にお電話いただくことがありますが、申し訳ありませんが、

当日は対応できませんのでご了承ください。

 

Tel.0745-55-8525   メール utabook250@gmail.com

 

 

 何度も同じ間違いを繰り返します。肉は本当に愚かです。

けれど愚かな肉があるから、自分の瞬時に飛び出るエネルギーを確認することができます。


ああまただと思いつつ、何度も学ばせていただいていることがありがたいです。

自分のエネルギーを確認しつつ、そのエネルギーとともに思うことを繰り返していく作業です。

それは地道な作業かもしれませんが、そういう下支えはとても大切なことです。


下支えがあるから、帰ります、本当の自分のところへ帰りますと心に誓った思いが実現する、

必ず 果たすことができるそういうことでしょう。


肉、形を本物として、そこから様々な発想を飛ばしてきた、

つまり宇宙を汚しまくってきた、心から心から気付き始めることです。 

 

そして、気付き始めたならば、心に誓った思いを必ず果たす方向に実践を始めましょう。

肉を持ち難しい実践かもしれませんが、

心の中の切なる思い、愛、自分のふるさとへ帰りたい、帰ろう、帰ります

いつも思って精一杯実践していきましょう。


Zoomウェビナー配信予定日、9月19日(土)午後2時

 

 

ピックアップ動画の11月分「正しい瞑想とは」のテーマでアップさせていただきました。


2021年の1月は「肉体細胞について」のピックアップを集めていきたいと考えております。

 

1998年から2001年の講話のみの「YouTube」に

アップされた動画が消えてしまっているものがあります。


原因は分かりませんが、「グーグルドライブ」に移していきたいと思います。


ただ今、復旧中ですのでしばらくお待ちいただくか、


「あずけーる」の音声などをご利用していただきますようお願いいたします。


紘次/記

 

 

 Zoomを活用して、異語で語る瞑想、嬉しいメールが届きます。

 

時間にすればほんの僅かだけど、何か心の深部に届くというか、

距離感が縮まっていくというか、密のある感じがします。

感じ方はそれぞれあると思いますが、私はこのお勉強、ある程度の効果を見込んでいます。


要は、それぞれ学びに対して真正面と向き合うきっかけになればいいと思います。


今は密を避けなければならないという 変な生活習慣を余儀なくされていますが、

意識の世界のお勉強は 密あるお勉強としてください。

 

 

 Zoomを活用してのお勉強で、私も参加させていただいたときは、

UTAブックさんが参加者の名簿をあとでメールしてくれます。


その名簿をいつもさっと目を通しています。

嬉しいです。ありがとうの思いが出てきます。

それぞれのひとつの肉を通して数多くの意識達が、

宇宙達が繋がっている、そんなことを感じるからでしょう。


ともに、いっしょに田池留吉の世界に、

アルバートに心を向けていこうと思えることが何よりも嬉しいです。


どうぞ、異語で自分の中の思いを語り合ってください。

 

自分と自分の世界を異語を通して知ってください。

異語は宇宙のリズムです。

田池留吉、アルバートの宇宙から私達に伝えてくれている宇宙のリズム。


そのリズムの心地よさを心で感じてみてください。

広がりゆく中にいざなわれていく幸せを体感してください。

 

 

8月31日(月)の「ともに瞑想をしましょうLIVE」配信

 

塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょうLIVE(ZOOMウェビナー )」が8月31日に配信されます。

 

日時:8月31日(月)午後2時

 

参加方法は、

 

・UTAブックからのメール「UTAブックZOOMウェビナー参加方法」内のリンクをクリックする

・または、ZOOMを開いてZOOM IDの履歴「ともに瞑想をしましょうLIVE」からご参加ください。

(※13:30から繋いでいただけます。)


参加方法が分からないという方がいらっしゃいましたら、お早めにUTAブックまでご連絡ください。

当日にお電話いただくことがありますが、当日は対応できませんのでご了承ください。

 

Tel.0745-55-8525 ?メール utabook250@gmail.com

 

※ご参加いただく場合は、UTAブック・メンバーズへの登録が必要となります。

 

 

学びの友からのメールは嬉しいです。

元気づけられる時もあります。長々のメールではなくて、一言でいいんです。

心に上がってきた思い、気付けたこと、

学んできてよかったと率直に思えたこと等々、本当に一言でいいんです。

反対に学びに対して消極的な思いであってもいいんです。

ああそうなんだ、自分に目覚める、真実のことを知っていく道は厳しいんだと、

確認できて、それはそれで励みになるからです。


思いを向ければ、形のないたくさんの友、思いの渦があって、

そんな中でともに帰ろうと、帰りたいと今、時間と空間を用意していることが

嬉しいということが基本にありますが、やはり同時期に肉を持たせていただいて、

学びに繋がったということはすごいことだと感じています。


よかったね、ありがとう、ともに学ぼう、

どうぞ、この思いをそれぞれに広げて、

そして、あなたの予定通りの学びの道を歩き続けてください。


Zoomウェビナー配信予定日、8月31日(月)午後2時

 

 

本来ならば、4月から「ともに瞑想会」が新たに始まる予定でしたが、

なかなかセミナー会場に集まってということが叶いません。


そこでZoomウェビナーを活用させていただき、お勉強の時間を持たせていただいています。

今回で3回目となります。


来月9月で一巡しますが、とりあえず今のメンバーでもう一巡と考えています。

異語を通して瞑想です。

 

私は異語は宇宙のリズムだと思っています。

そのリズムの中であなたの中のエネルギーを感じてみてください。


異語であなたの思いを語ってくださいと伝えています。

どうぞ、積極的に口から音を発してください。


やってみれば分かります。心に響いてくる思いがあるんです。

それはあなたの中の宇宙の叫びです。

 

帰りたい、帰るところが分からない、本当に帰れるのか、

そんな声なき声に心を傾けてください。


宇宙からやってきた意識は宇宙に帰る、

そんな約束事をどうぞ、あなたも心で思い出してください。

 

 

塩川香世さんの

「ともに瞑想をしましょうLIVE(ZOOMウェビナー )」

8月15日に配信されます。

日時:8月15日(土)14:00〜

詳しくは、ジュゲムからご確認ください。

 

UTAブック お知らせ


http://uta-book.jugem.jp

 

※今後はジュゲムを更新していきますので、

お知らせにつきましてはこちらをご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

 

 

足の不具合で、以前の私からは想像できないほど身体の動きが緩慢となっていますが、

なんとか日々の生活をやり過ごしています。

私は今の状態になって、つくづく肉は重いものだと感じています。


肉の思いはもちろんのこと、こんな重い身体をみんな持っているんだ、

意識の私は軽いのに、どこでも自由に飛んでいけるのにと、

身体がスムーズ動かなくなってみて、そう実感です。


そして、重い重い肉だけれど、この肉はまだ自分にとって必要なんだと、

言い聞かせている自分があって、

この状態から自分を学びなさいと伝えています。


肉からすれば不都合な状態も、

自ずと肉を楽しませ喜ばせることを 制限することになると見れば、

なるほどと思います。

 

時間あり、そこそこ元気、学びも目処がついているとくれば、

愚かな肉は 知らずのうちに 寄り道するかもしれません。

そういう意味で、この現象は一種の歯止めでもあると理解しています。


思えば、学びの門を叩き、田池先生とともに学ばせていただいた学びの時間は、

あまりにも順調で、いいえ順調過ぎました。


その中で、十二分に学ばせていただき、

あとは250年後の仕上げを待つというところまで漕ぎ着けたのだからと、

母の状態を含め、肉に惑わされることなく、

一直線を見ていくだけなんだとつくづく思っています。


Zoomウェビナー配信予定日、8月15日(土)午後2時から


 

 

(2020年7月11日)午後2時から、

塩川香世さんのライブ「ともに瞑想を」の配信がありました。

 

その録画と音声を、「UTAブック 映像と音声のページ」にアップし、

さらに「UTAブック メンバーズページ」の「あずけーる」のページ、

「グループフォルダー」→「UTA-BOOK」→「00_ともに瞑想をライブlive」

→「20200711_第22回ライブ「ともに瞑想を」」に格納いたしました。

 

「映像と音声のページ」が混雑等の理由で閲覧できないときは、

「メンバーズページ(あずけーる)」から

ダウンロードして視聴していただけるようお願いいたします。

 

 

塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょう

LIVE(ZOOMウェビナー )」

7月11日に配信されます。

日時:7月11日(土)14:00〜

 

参加方法は、


・UTAブックからのメール「UTAブックZOOMウェビナー参加方法」内のリンクをクリックする


・または、ZOOMを開いてZOOM IDの履歴「ともに瞑想をしましょうLIVE」からご参加ください。


・13:30から繋いでいただけます。

 

※ご参加いただく場合は、UTAブック・メンバーズへの登録が必要となります。

 

参加方法が分からないという方がいらっしゃいましたら、

お気軽にUTAブックまでご連絡ください。

(当日は対応が難しくなりますので、金曜日までにお願いいたします)

 

Tel.0745-55-8525    メール utabook250@gmail.com

 

 

 現象は喜びです。

どんな現象も無駄なものはありません。

 

色々なことがあって、そこから自分の思いを見ていくことを学んできた私達とって、

今、肉を持っている今、心揺らされる現象は本当に愚かな自分達にとって

計り知れないほどの優しさ、温もり、愛です。


自分の心で受けて、そして自分の本来あるべき姿を取り戻し、

生きていく方向、歩んでいく方向をきちんと定めていきましょう。


本当の自分が待っています。心から待っています。

信じて信じて待っています。応えていきましょう。

 

本当の姿を自分の中に復活させ

そしてともに生きていく喜びと幸せを現実のものとしてまいりましょう。


意識の流れです。

大いなる意識の流れ、それを伝えていただいた私達にできることは、

自分に本当の自分に目覚めていきなさいというメッセージをしっかりと心で受け止め、

これからの時を喜びで通過していくことです。


淀みなく流れていく意識の流れにしっかりと乗って、

心から心からありがとうと宇宙にお伝えください。


Zoomウェビナー配信予定日、7月11日(土)午後2時

 

 

 

 

7月のUTAブック・ZOOMウェビナーの予定



決まっているものだけになりますが、

7月のUTAブック・ZOOMウェビナーの予定をご案内させていただきます。

 

7月 2日(木)8:30〜 死ぬまで瞑想会(終了)


7月16日(木)8:30〜 死ぬまで瞑想会


7月22日(水)8:30〜 海外沖縄の方との瞑想会

 

(上記以外は、

塩川香世さんのホームページ「UTAの輪の中でともに学ぼう」

随時ご確認ください。)

 

 

ピックアップ動画(音声)の7月分をアップしました。


今月のテーマは、「母なる宇宙に思いを向ける」というテーマでピックアップさせて頂きました。


6月28日の第5回一般社団法人UTAブック社員総会では

社員の方とメンバーズ会員の方にも視聴者として参加頂きました、ありがとうございました。


その中での要望として、「動画を編集して勉強の資料」を作ってはどうかといった意見がありました。


それも踏まえて今回のピックアップ動画(音声)より、

動画を編集して繋ぎ合わせて、瞑想用の動画を2本作ってみました。


大体30分に収まるように作っておりますが、

今後もう少し長い「動画を編集して勉強の資料」も作りたいと思います。


今後ともよろしくお願いいたします。


紘次/記

 

(2020年6月28日)、一般社団法人UTAブックの社員総会

(ウエビナー利用)を無事終了しました。

 

ここまで続けてこれましたのも、学びの仲間の方々に支えられてのことと、

この場を借りて厚くお礼を申し上げます。

月並みな挨拶で恐縮ですが、本当にありがとうございます。

 

総会の資料は、いずれホームページのほうにアップいたしますが、

今日は、二種類のファイルを「UTAブック 映像と音声のページ」にアップさせていただきました。

 

今日は、うれしいことに塩川香世さんが視聴していただいており、

総会終了後、ダメ元で、ともに瞑想をお願いし、

結果、素晴らしい瞑想の時間をいただきました。

本当にありがとうございました。

 

この模様を収めたファイルが一つです。

 

もう一つは、総会開始前に流しました、「心の学び 30年+α」という9分間のスライドです。

これは、今期のUTAブックの大きな仕事になる「Taike Tomekichi」(全3巻)出版の、

プロモーションスライドです。

 

 

今年の12月で田池先生が亡くなられて5年になりますが、

塩川香世さんが仰られるように、学びはすでに次のステージに入っております。

「Taike Tomekichi」の出版は、回顧趣味的な意味合いではなく、

これに区切りを付けるためのものだと考えております。

いささか遅きに失したかとは思いますが、

田池先生が亡くなられて5年、これを区切りに、新ステージに至るまでの流れを整理しておくことで、

田池先生が冗談のようにいっていた写真集の出版の話しも実現できるというものです。

(※ただ写真集というだけではなく、田池先生が何を伝えてきたか、

それを我々はどう受け取ってきたか、その足取りの記録でもあります。)

 

さらに、この本が出来、次に塩川香世さんの「天変地異と次元移行」が完成すれば、

今世の出版の仕事も完結という次第です。

 

以上、とりとめもなく話しましたが、本当にありがとうございました。

(桐生敏明)

 

 

塩川香世さん主催の「ともに瞑想会」が復活し、

3月からは、一年間同じメンバーでやろうと抽選でメンバーが決まった矢先の「コロナ騒動」。

このため、メンバーが決まった状態でしばらく休止になっていました。

 

今回、塩川香世さんに「メンバーも決まっているので、

臨時でウェビナーでやってみたらどうでしょう」

と相談してみました。

 

塩川さんからは、決まっているメンバーを4回に分けてやってみようとご提案をいただき、

急遽、実施に踏み切ったしだいです。

抽選で決まっている方を、6月、7月、8月、9月の4回に振り分け、

それぞれ第4土曜日の2時から基本30分ということで行うことになりました。

 

これについては、他の方々にも同時に見ていただきたいのは山々なのですが、

一回3班に分けて、それぞれ画面に出ていただくことになりますので、

たくさんの方々が視聴者としていると、その中から参加者を選び出すのが困難です。

 

このため、ウェビナーによる ともに瞑想会については、申し訳ありませんが、

終了後に、録画したビデオか音声で視聴していただく形となりました。


あしからず ご了解下さい。

 

 

前回のお知らせでも少し書かせていただきましたが、

ピックアップ動画(音声)の更新を2カ月に1回とさせて頂いております。


毎月楽しみにされている方には申し訳ないのですが、

動画やテーマの作成ペースが間に合わず、このような運びとなりました。


次回7月の特集は、
『母なる宇宙に思いを向ける』を予定しております。


2000年以前のビデオテープを変換しながらの作業となりますが、

この学びの本質部分は全くブレることなく

進めてきたのだということを改めて確認させて頂いております。


これからも少しづつでも紹介していきたいと考えておりますので、

よろしくお願いいたします。


紘次/記

 

 

塩川 香世

 

間違って生きてきたことは明白です。

どなたも同じです。

私達みんな自分の本当の姿を捨て去って、

忘れ去って 偽物の自分を自分だとして生きてきたということは 明らかです。


本当の自分を捨て去って、忘れ去って、幸せも喜びも分かるはずはないということ、

こんな簡単で単純なことが分からなくなっていた私達でした。


なぜなのか。

肉の中にどどっと沈み込んでしまった私達だからです。

右を見ても左を見ても周りすべてが肉、肉、肉。

その基盤が違っていたなんてということには、到底思いもしないことだったのです。


形ある世界があまりにも自然で、当たり前で、何の思いもなく、

その中でずっと存在し続けてきたからです。


今も、それぞれの肉を通して学んでいる今でさえも、

本当に心で気付いているかと言えば、それはどうでしょうか。


肉優先、優先というよりも、今世も肉だという思いから吹っ切れることは、

難しいということになるのではないでしょうか。


そんな現状をしっかりと確認して、

それでもこの道、この愛に帰る道、本当の自分の元へ帰る道を歩いていくんだ、

そう心で選び取っていけるように、日々ただただ田池留吉を思う思える瞑想を継続してください。


それぞれに厳しい険しい岐路が待っています。

何時、どんな状況の中でかは分かりませんが、

岐路に差し掛かったとき、もう二度と本当の自分の思いを捨てることのないように、

踏みとどまれるように、日々学んでまいりましょう。


Zoomウェビナー配信予定日、6月13日(土)午後2時

 

 

 

「死ぬまで瞑想会」(第1、第3木曜日 8:30am〜)

 

参加方法が変更になって3回目となりますが、

以前の「死ぬまで瞑想会」のZOOM ID は使いません。


「ともに瞑想をしましょうライブ」のZOOMウェビナーでご参加ください。


前回の死ぬまで瞑想会に参加しようとしたけれどできなかったという方は、

UTAブックまでご連絡いただけたらと思いますのでよろしくお願いいたします。


UTAブック Tel. 0745-55-8525

 

ともに瞑想会について



4月以降延期となっている「ともに瞑想会」についてですが、

主催者の塩川香世さんとも相談の上、

新型コロナウイルス感染症の影響を考えて、

大阪会場、東京会場ともにしばらくは延期とさせていただくことになりました。


会場として使わせていただいているクレオ大阪中央のセミナーホールは

現在「定員が25名」「常に換気を行うこと」「マスク着用が必須」

「参加者同士で大声の会話を行わないこと」等が利用条件となっています。

ですが、「ともに瞑想会」でこの条件を満たすことは実質難しいと考えております。


開催できるようになる日を心待ちにして各自
自宅学習の上また集まれたらと思います。

そうなりましたら、ご連絡させていただきますので、よろしくお願いいたします。(朝日/記)

 

あなたの意識ですという冊子云々のことを

UTAブックさんのホームページで見ました。

当時を思い出します。

先生から名前を示されて、毎日毎日録音してそして、それを文字起こしして、

先生にメールして、一方、先生はCD作成して、それを封筒に入れて住所を書いて、

大宝の自宅から坂を上がり下りして郵便局へ行かれた、

雨の日もあっただろうし寒い日もあった、暑い日もあった、そういうことを思い出しました。


あなたは仇や疎かにしていませんか。

いただいた当時は嬉しくても、今は家のどこかの隅にひっそりとしているかもしれません。

何だこんなものと軽くあしらった方もいるやもしれません。


あなたの意識ではありませんかという冊子もあります。


どうぞ、自分の学びのあり方をしっかりと検証してみてください。


何を自分は学んできたのか、今、その結果は出ているのか、

どんなことも本当に喜びで受け取れる自分に成長しているのか、

自分と自分の中で学んでいきましょう。


誰も何も救ってはくれません。

けれど、確かに本物の喜びと幸せの自分に蘇っていく道筋は示されています。

その道筋を心で受け取り、心で実行し、そして本当の自分に帰っていきましょう。

 

 

 もがき苦しむ自分にもういいよ と伝えることができる今、

なぜいいのかということも伝えることができる今、

こんな今が巡ってくることは奇跡に近いです。

 

どれだけの闇のエネルギーを垂れ流してきたか、

真っ黒に塗りつぶしてきた宇宙。

それでも信じていてくれて待ってくれていた思いに、

何としてでも応えていこうと学びの時間と空間をいただきました、いただいています。


自分にありがとうです。

信じて待っていてくれていた自分にありがとうの思いを伝え、

そしてただ真っ直ぐに前を見て存在していける喜びと幸せを広げていけばいいんだと思います。


何も要らない。もう何もかも整っています。ありがとう。

私は私達は次元を超えてさらなる意識の世界、愛の世界を見ていきます

 

肉に溺れ埋もれてきた中から這い上がり、

そしてやっと、やっと自分のあるべき生き方、方向を見出していけたこと、

このかけがえのない喜びと幸せ、本当にありがとうございます。


Zoomウェビナー配信予定日、5月16日(土)午後2時

 

 

 学びの友からのメールです。一読ください。

 


朝、嬉しい嬉しい叫びで目が覚めた。


だから今がある。だから今なのだ。


この思いが突き上げてくる。偶然は何一つとしてなかった。

肉で見てマイナスと捉えることしかできなかった。

そのマイナスと捉えていたその全てが、あったからこそ、だから今がある。だから今なのだ。

すべてが愛でした。愛から出て愛に帰れる道を教えていただきました。

全てが自作自演、自業自得の世界です。

と伝えていただけたこと、厳しいけれど、その厳しさの中に真実が待っていてくれました。


田池留吉、アルバート、母なる宇宙から流れる波動は、

生きとし生きる全てに平等に流れていた。初めから同じでした。


肉の基盤は、全て無知とエゴと欲の世界でした。

その基準は、本当に小さな狭い世界に自らを閉じ込めて生きることしかできなくなりました。


5月7日の「死ぬまで瞑想」大自然の中から流れる異語の波動、

エネルギと一つに溶け合って、ともに私達の心のふるさと母なる宇宙へ帰れる喜び、

ともにともに帰ろう。どんどん解放されて、肉の自分は消えていました。

私達は一つ、みんな一つ、爽やかで楽しいです。


毎日、歌ってきたふるさとの歌、宇宙のリズムとともにありました。

宇宙のリズムがいつもいつも全てに流れていた。

その宇宙のリズムに委ねていける自分でありたいと心から思う。

田池留吉の肉が残してくれた宇宙のリズムと溶け合っていく今がある。


だから今がある。だから今なのだ。繰り返す思いです。


UTAブックさん、ありがとうございました。ともに学んでいける喜びを広げていきます。


塩川香世さん、異語とともに生きる、異語とともに生きて、

異語とともに死んでいける自己確立の道を命がけで歩いて行きます。

 

私の死後の世界を異語の世界に、厳しい現実を抱えている私達の意識の世界に活力を。

あの大自然の中から流れてくる異語が温かくやさしく,力強く、本当の勇気が湧いてくる。

 

私の中からも、ともにともにこの道をと、ただただこの思いだけが溢れてきます。

嬉しいです。ありがとうございました。

 

 

「死ぬまで瞑想会」の参加方法はZOOMウェビナーです

 



4月にもお知らせさせていただきましたが、

「死ぬまで瞑想会」は、5月から「ZOOMウェビナー」を使わせていただいております。


100名を超えても参加いただくことができるようになり、


今日の「死ぬまで瞑想会」は226名の方が参加されていました。



「ZOOMウェビナー」で開催予定の瞑想会は、下記となります。


・ 塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょうLIVE配信」(不定期)


・「死ぬまで瞑想会」(第1、第3木曜日 8:30am〜)


・「海外・沖縄の方との瞑想会」(第4水曜日 8:30am〜)


参加資格は、「UTAブック・メンバーズに登録していただいていること」です。

年齢は関係ありません。

 

上記は、すべて同じ参加方法となります。


UTAブック「ZOOMウェビナー」からご参加いただく形になりますので、

よろしくお願いいたします。


(塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょうLIVE配信」

に参加されたことのある方は、その方法と同じです)

 

【死ぬまで瞑想会に参加されていた方へ】


参加方法がZOOMではなく、「ZOOMウェビナー」となります。


今後は「死ぬまで瞑想会」のZOOM IDは使いませんので、

お間違えのないようよろしくお願いいたします。(朝日/記)

 

 

学びの友からのメールです。一読ください。

そして、あなたも宇宙を思う喜びの瞑想を始めてみてください。

 

19回、ライブ配信とともに瞑想。


異語を語れることが嬉しいです。


異語を語れば語るほど、喜びとともに本当の勇気が湧いてくる。

言葉は少しでいいと本当の勇気は教えてくれている。


相手の顔色を見て、態度を見て、嫌われないように相手に合わせて自分から発してきた言葉、

その態度、行動は、恐怖の私、寂しい私がしていたことだった。

肉を守る、肉を認められたい、腰は低くても中の思いは我に従えでしかなかった。


宇宙を思い、自分の思いを異語で語ります。

喜びとともに勇気が湧いてきます。

何もいらなかった。誰もいらなかった。

異語の世界が教えてくれている。

頭脳、知識、経験、話す相手もいらない。

言葉は必要最低限でよかったことを気付かせてくれる。

話をする友達がいない、それは寂しいと思う思いもありました。

でも、宇宙を思い、異語を語れば軽やかに爽やかに語り合える。

そこには肉はない。

体が動かなくても、年老いても、一人でも、母なる宇宙を思い、

異語で語ればいいことに気が付いた。

そして、異語を語れば語るほど、肉でつかんでいた人、物がはっきりと見えてきて、

自分が肉で握って、一人で拘り続けていたことを気付かせてくれる。


自分が一番自分を知らなかったことを気付かせてくれる。


異語の世界は本当に自由と本当の勇気を自分の中から蘇らせる。

嬉しいです。楽しいです。


ゼロ歳の私は母の腕の中で母の目を見て異語を語っていた。

母は笑顔で頷いているだけ、そこは異語の世界と同じ、何の壁もない。

振り返れば、我が子もみんな私の目を見て何か音を出していた。

異語を語っていたんです。

その瞬間は私も笑顔で答えていた。

互いに、ありがとうの思いだけだった。

そんな思いが蘇り、愛しい愛おしい思いが溢れてきます。


異語の世界には形がない。

どんどん解放されていく。

肉の世界は本当に小さなこだわりの世界でしかなかったことを気付かせてくれています。


異語は宇宙のリズム、

嬉しくて楽しくて、どんどん広がっていく異語の世界、

宇宙のリズムと溶け合って、ただただ嬉しい宇宙を思う瞑想です。

 

 

ピックアップ動画 クリック!

《動画&音声》

 

ピックアップ動画(音声)の5月分をアップしました。


今月のテーマは、

リクエストを頂いていた「自分の岩盤と反転」というテーマで

ピックアップさせて頂きました。

毎回のテーマについては、いろいろとリクエストして頂いており、ありがとうございます。


直近に頂いたリクエストでは「結果を出す」、「決断と断行」などが寄せられておりますが、


ユーザーの皆様のなかで、「これは良い」と思う動画や音声があれば、

お教えいただけないでしょうか。


セミナー名と時間を教えていただけると助かります。


虫のよい話だと笑われそうですが、


ピックアップ動画だけに関わらず、UTAブックというのは、


会員の方々と双方向にやりとりしながら、みんなで勉強の教材を作り出していく、


そんな方向で動けたらと、常々、考えております。


そんなわけで、次回以降のテーマも同時に募集中です。


「希望のテーマ」と、良いと思う「動画や音声」も一緒に教えて頂けるとありがたいです。


よろしくお願いいたします。


また、想定していたテーマが一巡したこともあり、


ピックアップ動画を2か月に1回にしていきたいと思っております。


よろしくご了解ください。

 

UTAブック
電話/0745-55-8525
mail/utabook250@gmail.com

 

 

 

塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょう

LIVE(ZOOMウェビナー )」が5月2日に配信されます。


日時:5月2日(土)14:00〜


参加方法は前回と同じです。


メールのリンクをクリックするか、ZOOMを開いてZOOM IDの履歴からご参加ください。


参加方法が分からない場合は、下記でご確認いただけます。


http://uta-book.com/youtube/zoom.html…


ご不明点がありましたら、お気軽にUTAブックまでご連絡ください。


Tel.0745-55-8525 メール utabook250@gmail.com

 

 

 本当に望んできたこと、

思いを真っ直ぐに自分に聞いていくことが待たれています。

 

肉に流れていくことは非常に簡単なことです。

みんなで渡れば大丈夫、怖くない、そんなことありません。

大丈夫ではありません。

ともに落ちていく道から自らを解き放つことです。

勇気が要ります。踏ん切りをつけなければなりません。

だらだらと肉に沿って生きていても、

それは決して自分の明るい放たれた未来には繋がらないということを、直視しましょう。


それぞれが自分の行き先を決めていきます。

誰が強制するものでもないし、強制されてうまくいくはずもありません。

ただ、正しい瞑想を重ねていけば、

もう自ずと自分の中に答えは出てきているはずです。

その思いを引き出すために、その思いと出会うために、

どれほどの困難があったかということも、心に知っているはずです。


そんな自分のために、180度生き方の方向を変えていきましょう。


中は諸手を挙げて喜んでいるはずです。

本当の喜びを知ってください。

苦しんできた狂ってきた自分とともに、

元来の喜びの自分の世界へ帰っていける喜び、幸せ、

今の肉を通して確認していきましょう。

本物の喜び人生としてください。


Zoomウェビナー配信予定日、5月2日(土)午後2時。

 

 

地域ZOOM開催に当たっての

UTAブックの立ち位置について



土曜日に主催者向けZOOM勉強会を開催させていただきましたが、

冒頭にありました桐生敏明さんからの地域でZOOMを使うに当たって

UTAブックの立ち位置についてのコメントをご紹介させていただきます。

(朝日/記)



新型コロナの騒ぎで、最近よくインターネットの活用についてお褒めの言葉をいただきます。


でも、これって元々は、パソコンにしろインターネットの利用にしろ、

田池先生がはじめたことです。

インターネットを学びの道具に使うというのは、

田池先生がレールを敷いて、

ブックはその上を走っているに過ぎません。


ただ、ここで注意しないといけないのは、パソコンにしろインターネットにしろ、

あくまで学びの道具、瞑想を生活の中に取り入れるための道具でしかないということです。


ネットはあくまで心を学ぶための道具であって、

人を集めるため、あるいは集団を管理する道具であってはいけないと思うわけです。


そこで今回集まっての目的をハッキリさせておきたいのですが、

あくまでブックは、地域の集まりを組織化したり、

管理したりする立場にはないし、するつもりもありません。

 

地域でZOOMを使うにはどうしたらいい、

そんなお問い合わせをたくさんいただくので、

じゃあ集まりましょうかってなったわけです。

ブックの立ち位置は、あくまでお手伝いする側ですので、

運営の仕方や地域内での役割分担等については地域の方で考えて欲しいわけです。

 

 

主催者の方向けのZOOM使用手順をアップしました



土曜日は、地域主催者向けのZOOM説明会が開催され、


全国21グループの主催者の方と、塩川香世さん、

そして180名ほどの視聴者の方とともに進行させていただきました。

地域主催者の方からもいろいろとご質問をいただいてとても良かったです。

 

最後に塩川香世さんとともに瞑想の時間ももたせていただき、

貴重な時間となりました。ありがとうございます。


塩川香世さんから、

「進行役はいつもいつも同じ人が進行するんじゃなくて、

今日はあなた、次はあなたというふうに持ち回り=全員参加にしてはどうか」

「みなさんが、みんな公平に発言する時間とか場所が、瞑想会というか、

地域のお勉強会になったらいいなあと思う」というコメントもありました。

 

説明させていただいた内容で、主催者用の資料として、

ZOOMの無料サインアップの方法と、

ミーティングの開催方法をアップさせていただきました。

(※あくまで主催者向けです)


下記リンク内の上にある、


(主催者向け)ZOOM無料サインアップの手順、ミーティング開催手順をご確認ください。


http://uta-book.com/youtube/zoom.html←クリック

 

UTAブックのホームページの「ZOOMウェビナー」というリンクからもご確認いただけます。


ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

(朝日/記)

 

 

「ZOOMウェビナー」で開催予定の瞑想会



昨日は、ZOOM・ZOOMウェビナー の説明会にご参加いただきありがとうございました。


今後UTAブックでは、「ZOOMウェビナー 」を使わせていただく予定です。


◇ZOOMウェビナーの使い方はこちらをご確認ください


http://uta-book.com/youtube/zoom.html←クリック

 

「ZOOMウェビナー」で開催予定の瞑想会は、下記となります。


・ 塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょうLIVE配信」(不定期)


・「死ぬまで瞑想会」(第1、第3木曜日 8:30am〜)


・「海外・沖縄の方との瞑想会」(第4水曜日 8:30am〜)

 

参加資格は、「UTAブック・メンバーズに登録していただいていること」です。

年齢は関係ありません。

 

上記は、すべて同じ参加方法となります。


UTAブック「ZOOMウェビナー」からご参加いただく形になりますので、

よろしくお願いいたします。


(塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょうLIVE配信」に参加されたことのある方は、

その方法と同じです!)


特に「死ぬまで瞑想会」に参加されていた方は、

参加方法がZOOMではなく、ZOOMウェビナーとなりますので、

お間違えのないようよろしくお願いいたします。

(朝日/記)

 

 

地域勉強会主催者のためのZOOM勉強会のお知らせ



昨日の「ZOOMウェビナー勉強会」でもご案内させていただきました通り、

主に「地域でZOOMを使った瞑想会等を開きたい方」

「現に開いておられる方」にご参加いただき、

主催者側の勉強会を開催させていただきます。

 

「地域勉強会主催者のためのZOOM勉強会」


日  時:4月25日(土)14:00〜


参加方法  :  UTAブック「ZOOMウェビナー」


参加希望の地域勉強会主催者の方は、 

下記必要事項を明記の上、メールでお申し込みをお願いいたします。


(1)地域グループ名


(2)申込者氏名


(3)連絡先メールアドレス


(4)グループの人数


(5)地域でZOOM瞑想会を開くにあたって聞きたいことなど


申込先 ;utabook250@gmail.com

(締め切り:4月24日(金)15時)

 

上記以外の方も、「ZOOMウェビナー」で視聴していただくことは可能です。


主催者の方のみ、お手数ですが、お申し込みをお願いいたします。

 

(朝日/記)

 

 

新型コロナの騒動で仲間が集まってのセミナーが、

2月24日の「ともに瞑想会」以降出来なくなり、ほぼ2ヶ月が過ぎました。

5月も無理、6月も怪しい……となると、どうしてもインターネットを利用するしかないですよね。


UTAブックでは、「ZOOMミーティング」および「ウエビナー」を使い

試行錯誤しながらやっていますが、

これからは「ウエビナー」に比重が移っていきそうです。

 

とはえ地域の集まりで「ウエビナー」を使うには負担が大きいと感じられますし、

では、このあたりで一度「ZOOM」と「ウエビナー」についておさらいをしておこうと、

16ページのPDFパンフレットを作ってみました。


そこで、これを公開する前に、

一度「ウエビナー」を使ってお披露目をし、

質問や意見をお聞きしてから、

それを反映させてUTAブックのホームページで紹介しようと思っています。


そこで急ではありますが、

明日の月曜日、「ZOOMミーティングとウエビナー」について勉強会を開きます。

有志の方のご参加をお待ちしております。


1.日時:2020年4月20日(月)午後2時〜1時間程度


2.方法:UTAブック「ZOOMウェビナー」

(入り方は、塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょう」と同じです)


 

 

 

5月から「死ぬまで瞑想会」はZOOMウェビナーを使います!

 



現在、毎月第1、第3木曜日の朝8:30から

70歳以上の方や遠方の方が参加されて「死ぬまで瞑想会」が開催されています。


こちらは、登録者が約200名に対し、定員が100名となっており、

特に最近は入れなかったという方も出てきている状況です。


それに加えて、70歳未満の方からも

ZOOM勉強会を開催してほしいという要望もいただいています。


そこで、UTAブック内でも色々と検討させていただいた結果、


5月から、死ぬまで瞑想会も「ZOOMウェビナー」を使わせていただきます!


そうすることで定員が500名となりますので、

5月からは、年齢関係なく、UTAブック・メンバーズの方は

どなたでも参加していただけるということになります。

70歳未満の方もぜひ参加していただけたらと思います。

塩川香世さんも月1回どちらかには参加していただけると伺っています。

 

改めて「死ぬまで瞑想会」についてご案内させていただきます。


「死ぬまで瞑想会」


日時:毎月第1、第3木曜日 8:30〜9:00


参加方法:時間になりましたら、UTAブック「ZOOMウェビナー」に参加してください。


(参加方法は、下記を参考にしてください。


http://uta-book.com/youtube/zoom.html… )←クリック


※定員は500名となります。


※「ZOOMウェビナー」を使いますので、

今までの「ZOOM」と違って参加者同士の顔は見えなくなります。

 

次回は、5月7日(木)8:30〜となります。


ご都合の合う方は、UTAブック「ZOOMウェビナー」でご参加ください。

(朝日/記)

 

 

UTAブックでは、毎週水曜日の朝8:30から

海外・沖縄の方との瞑想会を開催しています。


来週の4月22日は、第4週目に当たりますので、

そのあと塩川香世さんも入られる予定ですので、

UTAブック「ZOOMウェビナー」を使って、

UTAブック・メンバーズの方も参加(視聴)していただくことが可能です。

 

海外・沖縄の方との瞑想会


4月22日(水)8:30〜


方法:UTAブック「ZOOMウェビナー」


(入り方は、塩川香世さんの「ともに瞑想をしましょう」と同じです)


瞑想会自体は、朝8:30から始めていますので、いつ繋いでいただいてもOKです。


ご都合合う方は、UTAブック「ZOOMウェビナー」に繋いでいただいき、

ともに瞑想の時間を持てればと思います。


こちらは、定員が500名ですので、

今のところいっぱいになる可能性はないと思いますので、よろしくお願いいたします。

(朝日/記)

 

 

「死ぬまで瞑想会」について


今日の「死ぬまで瞑想会」に参加したかったけれど、

参加しようとしたら、

「このミーティングはホストによってロックされました」

というメッセージが出て参加できなかったという方がいらっしゃったようです。


「死ぬまで瞑想会」についてですが、現在ZOOMを使っていますので、

定員が100名となっています。


100名に達しましたら、参加できない状況になります。


今までは、参加者が100名を切ることもありましたが、

最近は塩川さんが登場されるためか、人数に達するのが早くなっているようです。


登録人数も200名ほどいらっしゃいますので、8時半に繋がれると入れない可能性が高いです。

現状としましては、8時15分には繋いでいただくことをおすすめいたします。

(朝日/記)

 

UTAブック「ZOOM」および「ZOOMウェビナー」の

参加方法について



UTAブックで開催させていただいている「ZOOM」および「ZOOMウェビナー」の参加方法について、

図とともに簡単にまとめてみました。

http://uta-book.com/youtube/zoom.html   ←クリック

(もっと詳しいものを桐生さんが作成中ですので少しお待ちください)

 


最近一番多い問い合わせが、


「UTAブック「ZOOMウェビナー」に参加するときに、毎回メールを探すのが大変!」


というものです。


メール以外での参加方法を下記に記載してありますので、


一度ご確認いただけたらと思います。


http://uta-book.com/youtube/zoom.html   ←クリック

 

(朝日/記)

 

 

塩川 香世

 

来世の肉、250年後の肉は今と比べることができないほどの劣悪な環境なのに、

何とも言えない喜びを伝えてきます。


250年後が待ち遠しい。心から叫ぶ私がいます。思うことが喜びです。

思えることが喜びです。何にも代えられない喜びです。

こんな喜びの世界を学ばせていただいた今世でした。


三次元最終のお勉強をしっかりと心で遂行して、

そして、ともに帰る道を真っ直ぐに歩いていくことだけを思います。


心に伝えてくれた波動の世界、決して忘れることはできません。


今朝の「死ぬまで瞑想会」最後のほうで参加させていただきました。

母なる宇宙へ向けての瞑想のあと、田池先生のふるさとのリズムを聴きました。

久々の田池先生の肉声でした。

心が踊りました。

あの僅かな時間だけでもすごいお勉強でした。

一瞬にしてセミナー会場、そしてともに帰る宇宙の喜びの中にありました。

私達は本当に幸せ者です。

 

 

ともに瞑想会の再延期について



5月24日(日)、6月6日(土)に予定しておりました「ともに瞑想会」は、

新型コロナウイルス感染症の影響でクレ大阪中央が6月30日まで利用が難しくなったため、

延期(中止)とさせていただくことになりました。


大阪会場は「延期」、東京会場は「中止」となります。

(大阪会場は6ヶ月がワンクールのため延期となっています)


7月以降の日程は未定です。

また決まり次第、ご連絡させていただきますので、

UTAブックのお知らせをご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

(朝日/記)

 

 

4月11日(土)の塩川香世さんの

「ZOOMウェビナー」配信について



塩川香世さんのホームページで案内がありましたが、


4月11日(土)14時から「ZOOMウェビナー」を使って配信をしていただくことになりました。


◇ 参加方法


前回の4月4日のライブ配信と同じです。「ZOOMウェビナー」を使います。


※13時30分(開始の30分前)から繋いでいただけます。


(1)UTAブックから送付されている前回と同じメール、

【UTAブック「ZOOMウェビナー 」の参加方法】という件名を開いてください。


(2)その中のリンクをクリックしてください。


(3)ZOOMの使用を許可してください。


(4)画面が出てきます。

(ホスト=UTAブックがウェビナーを開始していない時は、

「ホストが開始するまでお待ちください」という画面が出てきますのでそのままお待ちください)

 

ZOOMウェビナー についてのQ&Aはこちらをご確認ください。


http://uta-book.jugem.jp/?eid=2277

 

-------


まだ慣れていない方もいらっしゃると思いますので、

急にはなりますが明日4月10日(金)を「ZOOMウェビナー」のテスト日とさせていただきます。


下記の時間、ウェビナーにアクセスしていただけるようにしておきますので、

土曜日の塩川香世さんの配信をスムーズに視聴していただくためにも、

なるべく一度繋いでみていただきたいです。

 

「ZOOMウェビナー」のテスト日時


4月10日(金)10:00〜16:00


●確認ポイント


・動画が見えて、音が聞こえるかどうか(他の方の顔は見えない状態でOKです)


・画面に出ている名前が「漢字・フルネーム」になっているか

 

各自繋いでいただき、不明点がありましたらUTAブックまでご連絡いただけたらと思います。


お手数をお掛けしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


UTAブック Tel.0745-55-8525

 メール utabook250@gmail.com

 

 

塩川 香世

 

 

 遥か遥か彼方、私達のふるさと母なる宇宙を目指して、ともに歩いていきましょう。

宇宙へ帰りたかった。

飛び出してきたけれど、帰りたくて帰りたくて、

だけどその思いを足蹴にしてきたのは自分自身でした。


ということを、心で知ってください。

そして、自分に懺悔です。本当の自分に懺悔です。

苦しい中でも辛い中でも、寂しくて寂しくて狂うしかなかった時でも、

いつもいつもともにありました。信じられなかっただけです。

こんなに苦しいのに、こんなに辛いのに、こんなに寂しいのに、

何でその時、私を救ってくれなかった、救いの手を差し伸べてくれなかったと、

恨み辛み、呪いの思いだけを膨らませてきただけでした。


救ってくれていたんです、手を差し伸べてくれていたんです。


その思いを蹴散らし、撥ね付けてきたのは自分自身でした。

己というものを間違ってきたからです。

我一番の宇宙の中で狂うしかなかった心に、何も伝わるものはありませんでした。

温もりよりもパワーだ、そうやって聳え立っていった哀しい哀しい時間の山です。


その山が崩れて崩れて総崩れにならなければということです。


自ら積み上げてきた山は、自ら崩していく、いけるんです。

それが、自分が愛であるという確かな証しです。


Zoomウェビナー配信予定日、4月11日(土)午後2時

 

 

「死ぬまで瞑想会」に登録されている方へ



先ほど、「死ぬまで瞑想会」に登録されている方宛に、


メールを送らせていただきました。


4月16日(木)の「死ぬまで瞑想会」から参加に


パスワードが必要となります。


(ZOOMの設定でパスワードが必須となったためです)


メールをご確認いただきますようお願いいたします。



なお、不安な方もいらっしゃると思いますので、


下記の日程でテストしていただけるように死ぬまで瞑想会」のZOOMをあけておきます。


「死ぬまで瞑想会」のID で一度ZOOMを開いてみていただけたらと思います。

 

「死ぬまで瞑想会」テスト日程


4月8日(水)10:00〜16:00


4月9日(木)10:00〜16:00


不明な点がありましたら、

お手数ですがUTAブックまでお電話いただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

今日(2020年4月3日)午後の記事(下記)で、

なぜ、UTAブックがズームやウエビナーを採用したか、その経緯をお話しさせていただきました。


今回は、その具体的な利用を、自分でも整理しておこうと、ここに書き出してみた次第です。

 

1.死ぬまで瞑想会


(第一、第三木曜日の朝8時半から9時)ズーム利用


これについては、70代以上の方に「ズームミーティング」に

馴染んでいただくためにはじめたものです。

UTAブックが音声資料、動画資料を利用して、

月に二回、第一、第三木曜日の朝の8時半から9時までの30分間、

ともに瞑想する機会を持とうというものです。

終了後の9時に塩川香世さんが入っていただき、

ともに瞑想の時間を持っていただくこともあります。

これは塩川さん次第で、いつもというわけではありませんが、

「いつも参加してくれたらうれしいなあ」と密かに願っております。

 

2.海外との方との瞑想会


(毎週水曜日の朝8時半から9時)これまではズーム利用、

4月中旬からはウェビナー利用に変更


これについては、アメリカの方を中心に海外の方や沖縄在住の方と、

毎週水曜日の朝8時半から9時まで、

参加者が持ちまわりで進行を務めていただき瞑想会を開いています。

この第四週目の終了後、朝の9時からは塩川香世さんが入っていただき、

ともに瞑想の時間を持っていただいています。

この四週目の水曜日、9時からの時間をウェビナーで公開いたします。

希望の方は、500名が上限ですが、ウエビナーに入っていただき、

一緒に瞑想していけたらと思っています。

 

3.塩川香世さんのライブ配信「ともに瞑想を」


(不定期)ウェビナー利用


これはユーチューブに変わってウェビナーで、

明日4月4日(土)午後2時から第一回が配信されます。


これまで実施していたZOOM瞑想会(以前のスカイプ瞑想会)が

一通りの役割を終えて終了したため、

しばらく休止していた「ライブ配信」を、

塩川香世さんが復活していただけることになりました。

 

4.ともに瞑想会


これは、塩川香世さん主催の、

会場(クレオ大阪)に集まっていただいての瞑想会ですが、

この大阪会場の模様をウエビナーを利用してネット中継いたします。

なお、この瞑想会は、ズームを使って東京会場にも流れ、

東京・大阪を同時進行で行う瞑想会でもあります。

 

以上が、ズーム・ミーティングシステム、ウェビナーを使って

UTAブックが実施したりお手伝いしたりする瞑想会の全体になります。

 

 

「ズームミーティング」の幕間の時間、はたまた「ウェビナー説明会」の幕間の時間、

皆様方のおしゃべりに耳を傾けていると、こんなやりとりが耳に届いてまいりました。


「なぜ〈Zoom(ズーム)〉なの? なぜ〈Webiner(ウエビナー)〉なの? 〈スカイプ〉でいいじゃない?」

「せっかくズームを覚えたというのに、こんどはウェビナーだって……」。


実に無理からぬ呟(つぶや)きだと思います。


そこで、この謎解きを一席。


不思議に思っておられる方、理不尽な要求を突きつけられたと嘆いておられる方、

もう新しいことはこりごり……と思っておられる方、

ぜひ、しばし時間をいただければと思うのであります。


前振りはここまでとし、早速、本題に入らせていただきます。


1、なぜ「スカイプ」ではダメなの? 


ということですが、スカイプは少人数でのネット上でのやりとりのため開発されたソフトで、

大人数でやり取りをすることには不向きです。


たとえ10人でのやりとりでさえ、その10人の中に通信状態の悪い人が1人でも混じっていると、

それに引きずられ、全体がダメになってしまう恐れがあります。


それに反して「ズームミーティング」は大人数でのやりとりのために開発されたもので、

もし通信状態が悪い人が混じっていても、その人が「見えなくなる、聞こえなくなる」だけで、

そこに引きずられミーティング全体がダメになることはありません。


これが「スカイプではダメなの?」という回答になるかと思うのです。

 

 

2、ズームからウェビナーに変えたのばなぜ?


「ズーム」から「ウェビナー」に変えたのではなく、「ズーム」はズームで使用します。

「ウェビナー」と「ズーム」では使用目的が違います。

「ズーム」のシステムの中に「ウェビナー」の機能がオプションで用意されておりますが、

まずは二つの違いを説明します。


ズームは大人数でのネット上でのミーティングを目的とします。

したがって参加者の顔が画面にすべて出てきます。


これに対しウエビナーは基本的に一方通行、

講演者やパネラーと言われる出演者のみが画面上に登場します。


ウェビナーという言葉自体、「ウェブ(情報網)」と「セミナー」の合成語で、

インターネット上での講演会等を可能にしたシステムです。


これまでは、この機能をユーチューブを使って「ライブ配信」という形でおこなってきました。

 

3、では、なぜ、「ユーチューブ」から「ウェビナー」に乗り換えたの? 

という疑問が起こってきます。


これについては、ユーチューブ側から「利用規約に違反した」として利用を差し止められたのです。

といっても当方が何か悪いことをしたわけでなく、

「不快な動画が流れている」と視聴者の中から

ユーチューブ側へ中傷の報告があったためと聞いております。


限定公開といって「URL」つまりネット上の番地を、

仲間だけに公開する形をとっているのですが、

それでも外部に漏れて、悪意のある第三者にユーチューブ側に

中傷されたということになるでしょうか?


いずれにせよ、パブリックな場所でやっている限り、この問題は起こるわけで、

ウェビナーという関係者だけが視聴できる空間を採用した

というのが乗り換えに踏み切った経緯です。

 

 

4、ウェビナーとユーチューブの違い


ひとつは今も述べましたように、ユーチューブが公開性が高いのに対し、

ウェビナーは限られたグループでの利用に限定されているということが大きく違います。


したがってユーチューブでは無制限の人数が視聴できるのに対し、

ウェビナーではUTAブックのライセンスでは500名が限界です。

ちなみにユーチューブを使った塩川香世さんのライブ配信では

300名を超す方々が視聴者になっていましたので、対応できると思います。


もう一つ大きな違いはユーチューブが完全な一方通行なのに対し、

ウェビナーはあたかも会場で参加しているように質問や発言が可能だということです。

 

5、今、ウェビナーに導入に踏み切った背景


ユーチューブが使えなくなったことが引き金になっていますが、

今、新型コロナ騒ぎでセミナーが次々と中止になり、

ネット上だけでも塩川香世さんと学ぶ人たちをつないでおく必要を感じたからであり、

さまざまな意味で、それができる位置にUTAブックがあったからであります。


それを利用するかどうかは、塩川香世さんや、それを利用する皆さんの判断になるわけですが、

その環境を用意することはUTAブックの急務だと思い、導入に踏み切った次第です。

 

以上、長くなりましたが、ズームミーティング、ウェビナー採用の経緯について

語らせていただきました。

 

 

明日の「ともに瞑想をしましょう」LIVE配信について



4月4日(土)14時からの「ともに瞑想をしましょう」LIVE配信について、

再度ご案内させていただきます。


明日の参加方法はこれまでと違います。


まず、UTAブック・メンバーズへ登録されているメールを開いてください。


そして、【UTAブック「ZOOMウェビナー」の参加方法】


という件名のメール内にある「リンクをクリック」して参加してください。


ユーチューブでの配信はありません


※参加の際のQ&Aについては、こちらをご参照いただけます。


方法がわからない方は、お手数ですがUTAブックまでお電話いただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。


(当日は電話はつながりませんのでご了承ください)


 

ピックアップ動画(音声)の4月分をアップしました。


今月のテーマはリクエストを頂いていた

「私は愛です、あなたも愛です一つ」

というテーマでピックアップさせて頂きました。


5月もリクエストを頂いている「自分の岩盤」というテーマと、

それだけでは少し足りないので反転も入れて

「自分の岩盤と反転」というテーマを予定しております。


それ以降のテーマなどもリクエストなどありましたらご連絡頂ければ幸いです。


紘次/記

 

ZOOMウェビナーのテストへのご参加ありがとうございました。


平日にもかかわらず、約180組の方が参加されていました。


思いがけず塩川香世さんも参加していただいて、

最後にともに瞑想の時間を持たせていただきました。


ありがとうございます。

 


「ZOOMウェビナー」についての質問をいくつか掲載させていただきます。


1. ZOOMとどう違うのですか?


「ZOOM」は個々の顔が写りますが、


「ZOOMウェビナー」はユーチューブと同じで顔は写りません。


必要なときにはUTAブックで顔を出させていただきます。

 

2.「メールアドレス」 と「名前」を入力したけれど、

「Webセミナーに参加」のボタンを押せない


入力したメールアドレスが間違っています。


例えば、メールアドレスを入力される際に下記のような間違いが多いようです。


(1)「.(ドット)」のところが「,(コロン)」になっている


(2)「@」が入っておらず、メールアドレスの形式になっていない

 

3.  自分の顔が映らない


ZOOMとは違いますので、基本的に皆さんの顔は映りません。

塩川さんやUTAブックの画面のみが写ります。


塩川さんやUTAブックの、画面が見えて、声が聞こえていれば、OKです。

 

4. メールアドレス はパソコン用とタブレットやスマホ用があるがどちらを入力すれば良いか?


どちらでもOKです。


5. 名前が英文字になっていて、漢字に変えたいがどうすれば良いか?


「ZOOM」の利用時に使っている名前が「ZOOMウェビナー 」でも出てくるようです。


別途、「ZOOM」を立ち上げて、名前の欄を変更してから、一度「ZOOM」参加してください。

参加される時は、登録されている瞑想会(死ぬまで瞑想会や、70歳未満)の

ZOOM IDを使って参加していただけたらと思います。

(瞑想会がなくても画面を出すことはできます。)


テストの時に、

「英文字では名前が分かりにくい」というコメントがありましたので、

現在英文字になっている方は漢字のお名前に変更されることをお勧めします。

 

取り急ぎ、わかることだけ掲載させていただきます。


まだまだUTAブックも「ZOOMウェビナー 」については勉強中ですので、

みなさんの方で「これはこうだよ」とわかることがありましたら、

教えていただけたら嬉しいです。


土曜日まであと2日ありますので、

今日うまくできなかった方もまた問い合わせしてみていただけたらと思います。


テストに参加されていた方にアンケートを取ったところ、

「思っていたより簡単にZOOMウェビナーを使用できた」という方がほとんどでしたので、

あまり難しく考えずに参加してみていただけたらと思います。


よろしくお願いいたします。

(朝日/記)

 

塩川 香世

 

 Zoomウェビナー、どうでしたか。

4日の14時、楽しみにしています。何も考えていません。

ただ学びの友、宇宙の友とともに思いを向ける時間、空間を楽しんでいくだけです。


田池留吉の学びに触れさせていただきました。

その思いを大切に、喜んで今の肉を終えていきます。

まだまだこれから、250年に至る喜びの時間、空間が待っています。


必ずや、次元移行の呼び掛けに応えていきましょう。


肉は私達の本当の姿ではありません。

ただひたすらに田池留吉、アルバートの波動の世界とひとつになる道を生きてまいりましょう。

険しいです。厳しいです。

しかし、この道しかありません。

証し人になってください。

 

 

4月4日(土)14時からの「ともに瞑想をLIVE配信」の参加方法につきまして、

UTAブック・メンバーズの方に【UTAブック「ZOOMウェビナー」の参加方法】

という件名のメールを送らせていただきました。

お手数ですが、ご登録のメールをご確認ください


先日のYouTubeの不具合もあり、今回から「ZOOMウェビナー」を使っての配信となります。


「ZOOMウェビナー」については、初めての利用となる方がほとんどになると思いますので、

4月1日(水)に一度テストを行いたいと思います。


4月4日(土)の「ともに瞑想をLIVE配信」にスムーズに参加していただくためにも、

ご都合合う方はぜひご協力をお願いいたします。


-----------


UTAブック「ZOOMウェビナー」 テスト


日時:2020年4月1日(水)14時〜


※15分前から入っていただけます


参加方法:本日送付させていただいたメール内にあるリンクをクリックしてご参加ください。


-----------


ご不明点などございましたら、UTAブックまでご連絡ください。


よろしくお願いいたします。

 

 

メールアドレスの変更がある場合は、


下記までご連絡をいただけたらと思います。


お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


また、Zoomをまだインストールされていない方につきましても、


お気軽にご連絡いただけたらと思いますのでよろしくお願いいたします。


UTAブック


Tel. 0745-55-8525 

メール utabook250@gmail.com


4月4日(土)14時からの「ともに瞑想をLIVE配信」の参加方法につきまして、

UTAブック・メンバーズの方に【UTAブック「ZOOMウェビナー」の参加方法】

という件名のメールを送らせていただきました。

お手数ですが、ご登録のメールをご確認ください

 

4月4日(土)14時に予定しております

塩川香世さんの「ともに瞑想をLIVE配信」は、

下記の方法で参加をお願いいたします。



4月以降は、このZOOMウェビナーを使った方法で瞑想会やLIVE配信をしていく予定です。

(すでにZOOMをインストールしていただいていますので、使用方法は難しくありません )



-----------



【UTAブック「ZOOMウェビナー 」参加方法】



(1) 下記のリンクをクリックしてUTAブック「ZOOMウェビナー 」に参加してください。


  https://zoom.us/j/537222858 ←クリック



(2)「ZOOMmeetingを開く」または「許可」をクリックしてください。


(3) 「メールアドレス」と「氏名」を入力して、「Webセミナーに参加」をクリックしてください。

(※添付ファイルを参照してください)



-----------


※開催日時の15分前になりましたら、上記のリンクをクリックしてください。



※YouTubeは使いません。



以上、ご不明点などございましたら、UTAブックまでご連絡ください。

よろしくお願いいたします。


UTAブック


Tel.0745-55-8525 ?メール utabook250@gmail.com


◇ 最新情報は、UTAブックのお知らせ(http://uta-book.jugem.jp)をご確認ください。

 

 

 

先ほどもご案内させていただいたように、

塩川香世さんのライブ「ともに瞑想を」が、

ユーチューブの判断により中止せざるを得なくなりました。

これについては、こちらが「もっと早く気付き手を打つべきことだった」と、

申し訳なく思っております。

 

時節柄、インターネットによって、

「塩川香世さん」と「心を学ぶ方々」をつないでいくことの重要性を痛感する今日この頃です。


このため、「ユーチューブの配信」は断念し、

以後は「ZOOMミーティング」のオプションの機能である

ウエビナー(ウエッブとセミナーの合成語)」を使って、

塩川香世さんにお願いし配信していこうと思います。

 

再開後の第一回は、来週土曜日(4月4日)の午後2時から

ウエビナーを使ってやっていただけることとなりました。


方法等、詳しいことは、UTAブックの案内ページに来週にでも紹介させていただきますが、


その前に一つだけ大事なお願いがあります。


少し耳を傾けてください。

 


今日のライブでは、300名以上の方がアクセスしていただいておりました。


ところが、今、UTAブックの持っている「ウエビナー」のライセンスでは

100名の方しか視聴していただけません。


この上の500名の方に視聴していただけるライセンスですと、

年間20万円近い費用が必要となってきます。


かといって、メンバーズ会員の値上げやその他の方法での徴収はやりたくありません。


そこで提案とお願いです。


以前、僕の書かせていただいた「死ぬということ」出版に当たって、

図書館への寄贈を募らせていただいたところ、必要以上のご応募をいただき、

次の図書の寄贈に回そうと思っている余剰金が発生しています。


勝手な判断で申し訳ありませんが、この一年、大事な時期だと心得ており、

この余剰金を使わせていただきたくお願いする次第です。


本来なら「賛否」をとって判断すべきではありますが、

独断で「死ぬということ」の図書館寄贈余剰金を、これに充てさせていただきます。

追って収支報告はいたしますが、まずはご報告をさせていただきます。


(桐生敏明)

 

 

塩川 香世

 

昨日のライブ配信、僅か2分ほどで遮断されました。

色々と規制があって、ネットの世界も大変です。

 

ですが、その2分の中で、今回語りたいことを語らせていただきました。

あとは、それぞれが自己確立の道を着実に進めていけばいいだけ

だという学びの段階になったということです。


1週間後の土曜日に、違う方法でネットを通して

またともにお勉強できることを心待ちしています。


できれば、セミナー会場でともに瞑想をというスタイルをと思っていますが、

それもこれもまた意識の世界の計らいに沿っていくだけです。

私達は日々正しい瞑想をしっかりと遂行していくだけです。


本日(3/28)、塩川香世さんのライブ配信が、

配信サイト「ユーチューブ」の判断により突然に中止されました。


これは、ユーチューブ側が、この配信を

「特定の団体のみのためだけの配信」と認定したためと思われます。


これに徒に抗議しても意味のないことだと思いますので、

残念ながら、今回のライブは諦めることにいたします。


申し訳ありません。


つきましては、新型コロナウイルスの影響もあって、

インターネットだけが頼りになりますので、

以後は「ユーチューブ」の利用は断念し、

ZOOM配信の付加機能である「ウエビナー」を使って行えるよう準備いたします。


ZOOMが扱える方は、決して難しいことではありませんので、

準備ができ次第、塩川香世さんにお願いして、

再度、ライブを行ってもらいますので、しばらくお待ちください。


本日は、塩川香世さんをはじめ、

楽しみにされている方々にご迷惑をかけることになってしまいました。


重ねてお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。


(桐生敏明)

 

 

4月25日の「ともに瞑想会」の中止のご連絡



4月25日に「ともに瞑想会」を予定しておりましたが、

主催者である塩川香世さんとも相談の上、

新型コロナウイルス感染症の影響を考えて、

大阪会場、東京会場ともに「中止」とさせていただくことになりました。


(大阪会場は、6ヶ月の最初の月の「延期」となります)

 

楽しみにされていた方には大変申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


尚、大阪会場、東京会場ともに、


次回は、5月24日(日)を予定しております。


ご不明点などございましたら、下記までご連絡ください。よろしくお願いいたします。


ともに瞑想会事務局(UTAブック)


tomonimeisou@gmail.com


Tel.0745-55-8525/Fax.0745-55-8440

 

 

3月28日(土)の「ともに瞑想をしましょう」

第15回ライブ配信についてお知らせさせていただきます。

 


接続方法については下記ご確認ください。

※ZOOMは使いませんのでご注意ください


ライブ配信のURLは直前に決まりますので、

【5分前】に下記のサイトで確認の上、接続をお願いします。


※下のURLをクリックするとパスワードが求められます。

「ny」で始まるいつものパスワードをご入力ください。



日時:2020年3月28日(土)PM2:00から


1.開始【5分前】に下記URLをクリックしてください。


http://uta-book.jugem.jp/?eid=1989


2. パスワードが求められますので、 「ny」ではじまる11文字のパスワードを入力してください。


3.パスワードを入れると、

「ともに瞑想を」ライブ配信(限定公開) というページが開きますので、

書かれているURLをクリックしてください。


4. ライブ配信の画面に切り替わります。


※ URLは配信ごとに変わります。


必ず配信【5分前】にURLを確認し、そのURLをクリックして繋いでください。

 

※ 接続がうまくいかない場合に直前でURLが変わることもありますので、


万が一うまく見れない場合は、再度、手順1からやり直してみてください。

塩川 香世

 

 

今世、始まったばかりの真実へ帰る道。

 

そうです、愛を知っていく、本当の自分を知っていく学びは今世始まりました。

その今世始まった学びも、田池留吉という意識の世界が肉を置いた時点で、場面が変わりました。


250年に至る三次元最終段階へと学びの歩みを進めていく準備は滞りなく整えられたから、

田池留吉という意識の世界は肉を一旦置いたのでした。

もう少し、その肉とともにお勉強をという思いはありましたが、

意識の世界からは、その必要なしということだったのでしょう。


あとは、それぞれの心の中で、

田池留吉の意識の世界との交信をして、

真実へ帰る道を進めていく段階です。


ともにある喜びと幸せ。

初めからともにあったという確信。

 

あなたの中の宇宙とともに私の元に帰ってきなさいと、

いつもいつも呼び掛けてくれている波動の存在。


肉を持てた喜びと幸せ。肉を持つことの意味。

 

日々、苦しみもがきながらも、正しい瞑想の中で、

しっかりと感じてそして、自分に本当のことを伝えていきましょう。

 


ライブ配信予定日、3月28日(土)午後2時

 

 

「ライブ・ともに瞑想を」が久しぶりに配信されました。


昨年の2月から、Podcast音声ブログに代わり配信が開始され第15回目の配信になります。


久しぶりのライブのせいか、アクセス数はピーク時で300を超えましたが、

約25分間、最初から最後まで途切れることなくアクセスしておられたのは、

180名前後というところでしょうか。


塩川さんも仰っておられるように、


瞑想の醍醐味を感じさせていただける濃厚な時間で、


「一瞬が永遠」、そんな言葉がズッシリ響いてくるような時間でした。


このZOOM動画と音声を


「UTAブック・ユーチューブページ」と「UTAブック・メンバーズページ」にアップしております。


参考にしてください。


なお、塩川香世さんに「ライブを増やしてもらえないか」とお願いしたところ、


「ライブ・ともに瞑想を」については、4月以降、


地域のZOOM瞑想会や地域合同のZOOM瞑想会がなくなった分、

力を入れていただけるとのうれしいお返事をいただいております。

 

4月からの「ともに瞑想会」の応募を締め切りました。



15時になりましたので、


4〜9月の「ともに瞑想会」(東京会場は4月25日のみ)の応募を締め切らせていただきます。


大阪会場は、200組248名


東京会場は、37組48名


の方が応募されていました。


たくさんのご応募ありがとうございます。


尚、今後の「ともに瞑想会」日程ですが、


4月25日(土)


5月24日(日)※5月は変更になりましたのでご注意ください。


6月 6日(土)
を予定しております。

 

(朝日/記)

 

 

塩川 香世

 

 

 学びは本物の自分と偽物の自分との学びです。

 

まずは本物の自分と偽物の自分があることに気付いていく必要があります。

 

肉、形を本物として生きてきた自分は紛れもなく、偽物の自分です。

 

その偽物の自分の思うこと、言うことに沿って日々の生活を送っているというのが、

この世の常識です。その常識の中で、肉、形の世界は影の世界だとは決して思えないです。


目に見え耳に聞こえ手に取れる実感があります。

到底影なんて思えるものではありません。けれど影です。


心の目を覚ましていきましょう。

 

そして、覚ました目を通して、自分の生き方、存在の仕方を

自分に問いかけていく方向に学んでいきましょう。


生れてきたことにどんな思いを持っているか、

本気になって真剣に自分に問いかけてください。


ライブ配信予定日、3月14日(土) 午後2時

 

 

今、コロナウイルスという意識の世界からのメッセージで、

それぞれにみんなゆったりと瞑想をする時間があります。

 

セミナーもいいけれど、そして学びの友と瞑想をする時間もいいけれど、

文字通り一人ゆったりと自分と自分の世界を思う時間も同様に、

いいえそれ以上にいいものです。


自分の学びに対する姿勢、生き方、これからの自分、

色々と思いを馳せる時間としましょう。


4月以降もどうなるか不透明な状況かもしれません。

ですが、自分に対する信、自己確立の道がきちんとあれば、何も案ずることはありません


自分と自分の学びです。

 

田池留吉、アルバート、母なる宇宙の波動の世界に生きている自分達だと心で知れば、

本当に何も案ずることはありません。


呼べばいいんです。思えばいいんです。

 

喜びも温もりも幸せも全部全部自分の中にあった、

今の肉を持っている間にしっかりと学んでいきましょう。

 

 

3月28日の「第4回ともに瞑想会」の中止について



この度、3月28日に「第4回ともに瞑想会」予定しておりましたが、

主催者である塩川香世さんとも相談の上、

新型コロナウイルス感染症の影響を考えて

大阪会場、東京会場ともに「中止」とさせていただくことになりました。


楽しみにされていた方には大変申し訳ありませんが、

ご理解のほどよろしくお願いいたします。


取り急ぎ、ご連絡させていただきます。

ご不明点などございましたら、下記までご連絡ください。よろしくお願いいたします。

 


ともに瞑想会事務局(UTAブック)


tomonimeisou@gmail.com


Tel.0745-55-8525/Fax.0745-55-8440

 

4月からの「ともに瞑想会」の応募をスタート



4月からのともに瞑想会について、下記の通り、募集をさせていただきます。


大阪会場は、6ヶ月間固定のメンバー、東京会場は、4月、5月と開催予定ですが、

固定メンバーではなくその都度の募集となります。


下記内容をよくご確認の上、ご希望の方はご応募ください。


----------


「ともに瞑想会」4月〜9月、募集要項(大阪会場)


日程:4月、5月、6月、7月、8月、9月の土日祝日(計6回)


・4月は、4月25日(土)、5月は、5月30日(土)で確定しています


・6月以降は予約の関係で未定です。

土日祝が取れなかった場合、平日になる場合もあります。ご了承ください。


時間:14時〜16時


場所:クレオ大阪中央 セミナーホール


募集人数:100名


参加費:  
1,200円(200円×6回分)


※毎回の受付を簡易化するためにまとめてお支払いいただきます。

欠席された場合の返金はありませんのでご了承ください。

 

応募条件:


・学び一本に生きていこうと決意を固められている方


・基本的に、6回すべて参加できる方

(お仕事で平日は難しいという方は欠席にはなりますが応募していただけます)


・毎回のともに瞑想会後、簡単な感想を提出していただける方


備考:


・募集人数を上回る応募があった場合は、抽選で決めさせていただきます。


・ご夫婦や介護の方など2名や3名セットでご応募していただけます。

その場合、2名や3名まとめて当たるか外れるかという形になります。


上記をご確認の上、ご希望の方は下記のフォーム

またはお電話(Tel.0745-55-8525)にてご応募ください。


ともに瞑想会(大阪会場)4〜9月参加応募フォーム


https://uta-book-com.prm-ssl.jp/tomonimeiso.html



4月25日は、東京会場と繋いでの開催となりますので、東京会場も募集させていただきます。


(基本的に、募集要項は大阪会場と同じになりますが、

東京会場はメンバー固定ではなく、その都度の募集となります。)


「ともに瞑想会」4月25日募集要項(東京会場)


日程:4月25日(土)14時〜16時


場所:加瀬の貸し会議室


東京都台東区入谷1-27-4 プラーズ入谷2F

(地下鉄日比谷線入谷駅から徒歩3分/JR鶯谷駅から徒歩9分)

 

募集人数:80名


参加費: 500〜1000円 ※参加人数によって決めさせていただきます


備考:


・募集人数を上回る応募があった場合は、抽選で決めさせていただきます。


・ご夫婦や介護の方など2名や3名セットでご応募していただけます。

その場合、2名や3名まとめて当たるか外れるかという形になります。


・5月30日(土)も東京会場と繋いでの「ともに瞑想会」を予定しております。

 

上記をご確認の上、ご希望の方は下記のフォーム

またはお電話(Tel.0745-55-8525)にてご応募ください。


ともに瞑想会(東京会場)4月25日参加応募フォーム


https://uta-book-com.prm-ssl.jp/tomonimeisou02.html


-------------


※会場によって応募フォームが異なりますので、ご注意ください。


締め切りは、


2020年3月13日(金)15時 とさせていただきます。


以上、ご不明点などございましたら、下記までお問い合わせください。


(UTAブック)Tel.0745-55-8525


よろしくお願いいたします。

 

 

3月14日の地域合同zoom瞑想会の日程変更について



3月14日土曜日に予定しておりました「地域合同zoom瞑想会」についてですが、

UTAホール大宝の休止に伴い、日程を変更させていただくことになりました。


UTAホール大宝の利用休止についてはこちらをご確認ください。

https://npo-utanowa.com/information/


変更後の日時:


2020年4月18日(土)15:00〜16:00


場所:


UTAホール大宝


参加費:


710円(ホール使用料200円を含む)


備考:


参加者の方は14:30までに会場にお集まりください。


コロナウイルスの影響によってはまた変更になる可能性もありますのでご了承ください。


予定していただいていた皆様には申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

(朝日/記)

 

ピックアップ動画(音声)の3月分をアップしました。


今月のテーマはリクエストを頂いていた

「そびえ立ちの自分、パワーを求める心」

というテーマでピックアップさせて頂きました。


4月もリクエストを頂いております。


「あなたは愛、私も愛ひとつ」というテーマで予定をしております。


それ以降のテーマなどもリクエストなどありましたらご連絡頂ければ幸いです。


紘次/記

 

よかった、嬉しかったです、そう笑顔で言って帰っていかれるのが嬉しいです。

色々と学びの友のご協力をいただくから、「ともに瞑想会」が開催できます。

全部お膳立てをしていただいて、本当にありがとうございます。


基本的には、土、日、祝日に会場予約をするということですが、

抽選なので、月によっては平日になる場合があります。


また、「ともに瞑想会」=大阪という感じが肉の私にありますので、

その辺のところもご理解ください。

 

もちろん、意識の世界では、そういうことは一切ございません。

どこにいようが、思えば通じる世界です。

 

ただ、肉が不器用で、あっちもこっちもと気を配ることができず

申し訳ないなあという思いがあります。


色々とありますが、「ともに瞑想会」に思いを向けてみてください。

ともに成長していきましょう。いい会場です。

100名来てくだされば私は大満足です。

その方達がよかった、嬉しいと笑顔で帰っていかれたら、それでいいんです。

そんな時間と空間を共有できれば、最高に幸せです。

あとは何も要りません。肉としてでもそう思います。

意識の世界は言うまでもありません。

「ともに瞑想会」に参加させていただきありがとうございます。

 

 

2月24日のともに瞑想会は開催します



2月24日のともに瞑想会について、

お問い合わせをいただきましたのでご連絡させていただきます。


主催者である塩川香世さんとも相談させていただきましたが、

2月24日のともに瞑想会は開催します。


ただし、コロナウィルスやインフルエンザなどの流行もありますので、

参加に関しては自己選択、判断の上、ご参加ください。


無理な参加はされないようにお願いいたします。

お手伝いをお願いしている方につきましても同様です。

皆さま、ご自身で判断をお願いいたします。


いろいろとありますが、参加すると判断された方は、

喜んでともに瞑想する時間と空間を共有していけたらと思います。


なお、万が一、欠席される場合は、必ずUTAブックまでご連絡をお願いいたします。


Tel.  0745-55-8525   メール  tomonimeisou@gmail.com

 

2月20日(木)より 「2020年度UTAブック・メンバーズ」

申し込み(更新)を受付させていただきます。



UTAブック・メンバーズにつきましては、

強制ではありませんが、UTAブックの活動の主旨に賛同いただける方、

学びを続けていこうとされる18歳以上の方には加入していただきたいと考えております。

メンバーズ制は、UTAブックの運営をさせていただくという意味合いを持っています。

引き続きご利用いただく方は更新をお願いできますと幸いです。


志摩セミナーでの桐生敏明さんからの案内を こちらからご確認いただけます。



【UTAブック・メンバーズの方の更新方法について】


2月20日(木)〜3月10日(火)までに、

UTAブック季刊誌に同封している振り込み用紙または

郵便局の青い振り込み用紙にてご入金をお願いいたします。


金額は、12,240円×口数です。


※2月志摩セミナーに不参加の方・

セミナーで受け取りされなかった方には 発送をさせていただきます。


・ご入金について(締め切り:3月10日(火))


(振込先)加入者名 UTAブック


口座記号番号 00960-4-302226


通信欄に、「2020メンバーズ」とご記入ください。


同封の振込用紙に、

「申込み口数」「金額(12,240円×口数)」「住所」「お名前」をご記入の上、

3月10日までに、お近くの郵便局にてご入金ください。


※ゆうちょダイレクトなどのインターネットバンキングのご利用も可能です。


※1枚の振り込み用紙に何名かまとめてご入金いただくことも可能です。

その際、どの方の分かが分かるようにお名前を明記してください。


※複数の家族で学ばれている方等、一度にまとめての支払いが難しい方は、

支払いを分けていただくことも可能です。UTAブックまでご相談ください。




◇新規でお申し込みの方


新規の方のみ、

こちらから「UTAブック・メンバーズ」の新規お申込みをお願いいたします。

↓↓↓↓
https://uta-book-com.prm-ssl.jp/degital_shinki.html

 



上記に関する問い合わせ先は下記までお願いいたします。


(UTAブック 桐生・朝日)


Tel.0745-55-8525  メール utabook250@gmail.com

 

 

(2020年2月志摩セミナー3日目に

案内させていただいた内容です。)


お金持ちだとか貧乏だとか、多少の違いはあっても、

生活費をやり繰りして、何とか一回でも多くセミナーに参加しようとされている、

ここに集まっている方がほとんどそうだと思います。


そんな思いを痛いほどに感じていながら、甚だ申し上げにくいのですが、

UTAブック・メンバーズの更新時期が近づいております。


「学びの足どりを残しておきたい」

「学んでいる方が自宅で学びとつながる機会を少しでも増やせるようにしていきたい」

「日本のどこにいようと、世界のどこに住んでいようと、

田池留吉とつながった人たちには、塩川香世さんとつながる、

つまりは学びとつながる仕組みを作っていきたい」

「学んでいる方が、この学びのことを堂々と胸を張って伝えられるような本や冊子を作っていきたい」

……こんな、したい、いきたい、やりたいと漁師でもないのに「鯛」の豊漁ですが、

そんな「たい」の実現を目指してブックは動いています。

 

スタッフがたった3人しかいない、こんなちっぽけな会社が、

こんな大きな仕事をやっていけるのは、ここに集まる人たち、

人的資源に助けられているから出来ることだと思っています。


資金面でもそうです。図書館基金、メンバーズの会費、本や冊子の売り上げ、

そんな資金に助けられてブックは、たくさんの「たい」というサービスを提供し「たい」と動いています。


重ねてお願いします。メンバーズの更新時期が来ております。

よろしくご協力をお願いいたします。


メンバーズの季刊誌「春」号の中に「振り込み用紙」が入っていますが、

入金の締め切り日が「2019年3月10日」となっています。

「2020年3月10日」の間違いです。申し訳ありません。

訂正をお願いします。


また一時にまとめての支払いが難しい方もあるかと思います。

そんな方がおられましたら、とりあえずブックまでお電話いただけませんでしょうか。


よろしくお願いいたします。

 

ZOOM瞑想会・地域合同瞑想会の廃止と

「ともに瞑想会」の参加者固定について

(緊急連絡事項) 2月8日



1.ZOOM瞑想会の廃止について


これまで、スカイプやZOOMのシステムを使って、

地域の学びの方と塩川香世さんをつなぐネット瞑想会を、

2016年の3月から4年にわたって続けてまいりました。

今日、塩川香世さんともご相談した結果、

この4月から「ともに瞑想会」が固定メンバー制となって定着していくのに伴い、

ZOOM瞑想会および地域合同瞑想会については廃止することとなりました。


すでに今年の11月まではご予約を聞いており、

早いところでは会場をおさえられていることと存じますが、

大変、申し訳ありませんが、ご理解ご容赦のほどをお願いいたします。


具体的には、3月 14日(土)の「地域合同Aグループ」までは実施させていただきますが、

4月以降に予定されている以下のZOOM瞑想会については、

本当に申し訳ないのですが、中止とさせていただきます。

 

◇中止となるZOOM瞑想会◇


「4月 4日(土)千葉県北西部」

「5月 2日(土)地域合同B」

「6月 6日(土)神奈川県橋本・鎌倉」

「7月 4日(土)地域合同A 」

「8月 1日(土)宮崎・鹿児島 」

「9月5日(土)地域合同B」

「10月10日(土)神奈川県海老名」

「 11月 14日(土) 地域合同A」


お世話いただいている地域の担当者の皆様、

長い間、ZOOM瞑想会を支えていただき、ありがとうございました。


(また、すでに会場等の予約をされているところは、キャンセルの手配をお願いいたします。)


学びの流れが、「ともに瞑想会」に収斂され、次の段階へ入ろうとしています。

次のステージでも、前にも増してご協力いただけるよう、よろしくお願いいたします。


 

2.「ともに瞑想会」の参加者固定について


4月からの「ともに瞑想会」は、


4月から9月までの6ヶ月間(毎月1回、合計6回)を1クールとし、


メイン会場「大阪」(100名)、サブ会場「東京」(80名)で、

この6か月間は、同一メンバーで勉強してまいります。


これ以降も、6か月を1クールとし、参加者を募集しなおし、

新メンバーで6か月間、また勉強してまいります。


この繰り返しで運営していく予定です。その際、前期参加者も申し込むことは可能です。


 

3、申込資格と選出について


申し込むための資格は、


1、この学びを真剣に続けていこうと決心されている方。


2、6か月間、毎月一回ですが、継続して参加できる環境を用意できる方。


(緊急な用とか不意の出来事で欠席される場合はこの限りではありません。)


この二つの条件に当てはまっている方なら、どなたでも応募していただけます。


※選出方法は、基本的に抽選としますが、

細かくは、塩川香世さんと相談して決めることになります。


 

4、スタッフについて


色々なご意見があると思いますが、固定スタッフがやはり必要です。


◎大阪会場は、UTAブックがお世話させていただきますが、

会場設営とか、機材の準備等は、

参加している方にお手伝いしていただかないと、とても出来るものではありません。

 

これには、みんなに手伝ってもらえることと、そうでない種類の仕事もあり、

これについては、UTAブックがお願いして固定してお手伝いしたもらえる方を、

少人数ですが指定する場合があります。


その点をご了解ください。


◎東京会場は、会場の予約、手配等、大阪会場が決まってからの動きとなり、

会場の手配段階から大変だと思います。

それも大阪との連携が必要となり、当日も会場設営の指示だし、

会場の提供する機材の使いこなし、経理と、固定スタッフの必要性が大です。


このため、最初からかかわっていただいている、

竹田ご夫妻、市川ご夫妻に固定スタッフとして動いていただき、

参加者の協力をいただいて運営する形をとります。


以上、申込方法とかは改めてご案内いたしますが、

ZOOM瞑想会中止のお詫びと、これまでのご協力のお礼を兼ねて、

4月から始まります「ともに瞑想会」の参加者固定についてご案内させていただきました。


 

塩川香世 (2・8)

 

 2020年4月以降の「ともに瞑想会」についてです。


現在、大阪会場として利用しているセミナーホールに参加ご希望の方は

すべて原則として抽選となります。

よって、「ともに瞑想会」の元メンバーというのは、3月で無くなります。

また、介護等の優先枠の条件も大幅に縮小します。


なるべく特別枠を設けずにやっていこうと思います。

また、自分のお住いの近くに学びの場が定期的に設けられている方は、

どうぞ、そちらのほうをまず優先してください。

そのうえで、余力のある方でともに学ぼうと思われる方は参加してみてください。

許容人数の関係から、抽選ということになるかもしれませんが、

私としましては、できるだけ抽選をせずにいければそれに越したことはないと思っています。


数よりも学び一本に生きていこうという思いを共有したいというのが本音です。

 

(2020・2・6)

 

今、月に一度、ZOOM瞑想会と地域合同瞑想会を、


各月の第一土曜日に交互に実施させていただいております。


が、これについても、そろそろ終了の方向へ動き、

以後は、塩川香世さんの「ともに瞑想会」に一本化してもらおうとしています。


というのも、「学びの流れ」も新しい段階に入ろうとしているのを感じますし、

「ともに瞑想会」で、塩川さんが打ち出されていく方向に沿って、

UTAブックも全力で動いていきたいと思っているからです。


このため、今、予約されている「ZOOM瞑想会」や「地域合同瞑想会」も、

場合によって実施できない事態が起こるやもしれません。


その節は、ひらにご容赦いただけますようお願いいたします。


とりあえずは、このような流れを感じておりますので、


ご連絡させていただきました。


(桐生敏明)

 

ピックアップ動画 クリック!

《動画&音声》

ピックアップ動画(音声)の2月分をアップしました。


今月のテーマはリクエストを頂いていた

「なぜ生まれてきたのか、人生とは何か」

というテーマでピックアップさせて頂きました。


3月もリクエストを頂いております。


「そびえ立ちの自分、己が偉い自分」

というテーマで予定をしております。


それ以降のテーマなどもリクエストなどありましたらご連絡頂ければ幸いです。


紘次/記

 

 

塩川香世 (1・27)


まだ先の話なんですけれど、

去年の12月暮から上町台地のほうで

「ともに瞑想会」という瞑想の時間を持たせていただいています。2回が終わりました。


……で、今は介護とか仕事とか子育てで、宿泊を伴うセミナーに参加しにくい方とか、

優先枠とか、色々ございます。

旧来の「ともに瞑想会」のメンバーとか、色々な人がいらっしゃいます。

その中で抽選とか、人数の関係でさせていただいているんですけど、

この「ともに瞑想会」、私の中で一つの方向性を示していく

一つのきっかけにしたいと思いますので、

これから「ともに瞑想会」に出席していただく方を選別していきたいと思います。


区別差別では ないんですけれど、

ともに本当に、この道をただひたすらまっすぐに、

純粋にこの道、愛へ帰る道をただひたすら、

今世の肉体をいただいて学びに集った、

このきっかけ、千載一遇のチャンスを、

本当に活かしていこうと心の底から思える仲間と共に、

「ともに瞑想会」の中で勉強していきたいという思いが、私の中で募っております。


どういう形になるか、まだ、検討中で、きっちりした形では示されませんが、

もう、そういう風な時期に来ていると思います。


田池先生と学ばせていただいた人、20年、30年、40年……もうそろそろいいお歳です。

本当に死を間近にしておられます。

今世のあと残された時間、本当に自分が生まれてきた、

今世、肉体を持たせていただいたこと、学びにつながったこと、

本当に、心から心から「ありがとう」と言って時間を閉じていこうと、

真剣に思われる方と共に学んでいきたいというのが「私の本音」です。

 

数はいらないんです。

今回も300名を切る人数なんですけれど、

私の中では10名あればいいし、100名あれば御の字なんです。

本当に、本当に「欲」ではなくて、ただただひたすらひたすら「愛へ帰る道」を一歩、一歩、

着実に歩んでいこうという方、そういう学びの友と「ともに瞑想」して、

今世の時間を過ごしていきたいというか、終わっていきたいという思いがありますので、

これから「ともに瞑想会」、色々な方向に行くと思いますけれど、

「ともに瞑想会」のほうに私の軸足を向けていこうと、今、思っております。


まあ。「地域の学ぶ場」がしっかりある方は、そこでしっかりと学んでいってください。

どこに集まろうが、「ただ一本の道」を歩いていくんだという方向に

心を定めれば、もう行先は同じです。目指す先は同じです。

ただ「欲の思い」だけで集うというか、もうそういう時期ではございません。

残り少ない時間です。

この時間、肉持つ時間を大切にしていこうと、心の底から思っております。

 

「ともに瞑想会」の会場設営や事務全般について、

UTAブックがお手伝いさせていただいていますが、

次回2月からはメイン会場は大阪。

第二会場は大阪でなく北九州、3月には東京が第二会場となっています。

 

「『ともに瞑想会』に遠方の方も参加していただけたらうれしい」と、

このように第2会場が他地域になっていく方向で動いております。


その際、たとえば「北九州でやるので、北九州の方優先」

「東京でやるときは東京地区の方優先」とはなりません。


開催する会場が北九州であり、東京ということです。


開催地が北九州であっても、無理をしない範囲で、

広島の方でも、山口の方でも、宮崎の方でも申し込んでいただいて結構です。

同じように、東京で開催するときは、神奈川の方も、茨城の方も、埼玉の方も、

極端に言えば新潟の方も申し込んでいただいて結構なわけです。

あくまで無理をしない範囲であれば、

どの地域の方が申し込んでいただいてもかまわないということです。


その人選については、その地域の方が決めるのでなく、

恐縮ですが「ともに瞑想会」の事務局で決めさせていただいています。

人選の基準は、主催者の塩川香世さんが、

「今回は50歳未満の方」「今回は、この年代の方」とか、

基準を決められた場合は別として、

まず普段の場合は「セミナーに参加したいのに、子育てとか、介護とか、

仕事が休めないとか、何らかの理由で宿泊セミナーに参加しにくくなっている方」を優先にし、

それ以外の方は抽選で決めさせていただいております。

 

 地域を第二会場にする場合、その地域の方には、

会場の手配、会場設営やZOOMのためのパソコン等の

お世話をしていただかなければならないのですが、

そんなスタッフの方は別として、参加者はこちらで決めさせていただき、

決まり次第、塩川香世さんと、お世話をしていただくスタッフの方に

「参加者名簿」を送らせていただくというスタイルです。


どこまでこのスタイルで行くか未定ですが、ここしばらくは、

この形で運営させていただきたく、大阪でする場合も、地域でする場合も、

ともにたくさんの方にお世話していただかないと、この「ともに瞑想会」は成り立ちません。


末永く「ともに瞑想会」が続けられますよう、よろしくご協力のほどをお願いいたします。

(桐生敏明)

 

 

塩川香世

 

「ともに瞑想会」、参加希望の方全員参加していただくことが

ベストですが、現実はなかなかそうはいきません。

昨日、クレオ大阪中央の会場近くの物件をあたりましたが、音漏れが壁となってダメでした。


UTAブックさんのほうでは、参加ご希望に100%沿えないというのは

申し訳ないと思っておられるようですが、

私は「ともに瞑想会」が継続できればそれでいいと思うだけで、

あとのことはあまり考えていません。


ただ、UTAブックさんのホームページにも書かれている通り、

末永く「ともに瞑想会」を開催するにあたっては、

たくさんの学びの友のご協力が要ります

その点につきましては、どうぞよろしくお願いします。


みんなで学べる場を設けて、

みんなで学んでいこうという思いが、私には嬉しいです。

ともに学ぶ喜びと幸せをそれぞれの心に感じて、

ありがとうと笑顔で集まってきて、ありがとうと笑顔で別れて、

また機会があればともに瞑想をしようと集まってくる、

そういう時間が継続できれば、それでいいじゃないと思っています。


それは、地域でともに学ぶ場があるという方達は、

同じように感じておられることだと思います。

「ともに瞑想会」もそのうちのひとつだという位置付けでいいのではないでしょうか。

塩川香世

 

 

塩川香世

 

2月の「ともに瞑想会」にも、たくさんの方が申込みしてくれました。

ありがとうございます。

収容人数の関係で全員とはいきませんが、またともに瞑想をする機会をいただいて嬉しいです。


子育て、介護等で宿泊を伴うセミナーに参加できない方達に参加枠を優先しています。

お住いの近辺で定期的にしっかりとした学びの場が用意されている方達は、

どうぞそちらをまずは活用してください。


それでもやっぱりあの上町台地でという方は、どうぞ来てください。


私はここがこの場所が好きなんです。

ここで学びの友と思いを向けていく時間と空間を

用意していただけることが嬉しい、ただそれだけです。


あと、収容人数全部を使って、例えば、50歳未満の方どうですかとか、

50代の方等、年代別に集まっていただくのもいいかなあと、今思っています。

とにかく、「ともに瞑想会」継続していきたいと考えています。

 

 

塩川香世

 

2020年、年明け早々、学びの友とともに瞑想をする時間空間を用意していただき、感謝です。


久々にノートを広げペンを持ち、思いを書きました。


あなた、今、幸せですか。」それにまず答えて、そこからなぜそう思うのか、

つぶやいてくださいという時間を持ちました。


昨年の暮れには、「ともに瞑想会」の復活もあり、

こういうことをきっかけにして、

気持ち新たに学びを真剣に進めていこうと思える友もあるように聞いています。


肉は程々に楽しみ、しかし、思いは一本です。

自分で決めてきた愛へ帰る道をしっかりと見つけてください。


ともに同じ方向を目指して突き進んでいく喜びと幸せの中で、

肉も繋がりを持てたら、最高に幸せな人生です。

 

思うは田池留吉一筋を知らずに、

どんなに肉の繋がりを深めても、所詮空しい人生です。


激動の転生が待っています。

今世、学べることを心から喜んで、精一杯自分を学んでまいりましょう。

塩川香世 2019年・令和/R元年 UTA ブック

「UTAブック 「ZOOM(ズーム)ミーティング」 ・瞑想会」

2019年・令和元年 12月 31日終了

 

 

私が 伝えています学びは、

意識の転回、 愛の覚醒、 次元移行 です。

アルバート(田池 留吉)とは

アルバートからのメッセージ←クリック

 

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

英語版ホームページ

UTAブックのホームページに英語のページを追加しました。

英訳した書籍をPDFで閲覧できるようにしたページを主体に、

冒頭にUTAブックの目指すところを「Our Mission」として紹介し、

英語圏の人に見てもらいやすいようにしました。ご利用ください。

http://uta-book.com/english/index.html

 

********************************

http://uta-book.com/

 

UTAブック・メンバーズは、


下記のUTAブックの役割を達成するために、

メンバーの方々に力添えいただき運営していこうとするものです。

 

・新刊本の企画・発行

・塩川香世さんによるライブ配信やスカイプ瞑想会のお手伝い

・スカイプ瞑想会(地域合同、各地域、海外)の運営やライブ配信

・セミナーDVDの作成

・国内外への図書館への図書寄贈

・ポッドキャストの配信

・ユーチューブページなどの運営

・フレッツあずけーるの動画・音声・テキストデータ・静止画像等々のデータベース運営

・新しい人に向けた冊子やDVDの企画等

・ピックアップ動画(音声)のアップ(2019年3月よりスタート)


.

********************************

 

UTAブックの定期購入について



UTAブックでは、UTAブックから発売される新刊を確実に手に入れられたい方のために、

「定期購入」というシステムを設けております。...


新刊は基本的に年4回の本セミナーで発売しますが、

その時にご予約いただかなくても定期購入分として自動的に取り置きすることができます。

セミナーに参加されなかった場合は、セミナー後に郵送させていただきます。

2〜3冊であれば、送料は今のところ全国一律で250円です。

 

定期購入の種類は下記になります。

 

(定期購入1)UTAブックから発売する教材すべて(DVD、音訳CD、冊子、書籍)


(定期購入2)冊子と書籍 


(定期購入3)冊子のみ  


(定期購入4)スカイプ瞑想会DVDのみ 


(定期購入5)UTAの輪セミナーDVDのみ


(定期購入6)音訳CD、Podcastなどの瞑想用CDのみ

 

※書籍とはAmazonなどでも購入可能なものです


※冊子とは、UTAの輪会員向けに制作したものです。


※スカイプ瞑想会DVDは1時間以上の回で必要と思われたもののみの制作となります。

 

動画や音声はメンバーズページで見て、冊子と書籍を定期購入されている方も多いです。

 

定期購入のお申し込みは、お電話(Tel.0745-55-8525)でも、Webからでもしていただけます。


https://ssl.alpha-prm.jp/uta-book.com/teiki.html

 

定期購入はご連絡いただければ停止や変更も可能ですので、

お気軽にご連絡いただけたらと思います。

 

よろしくお願いいたします。(朝日/記)

 

*******************************************************

U T A ⇒ ユー ・ ティー ・ エー と読みます。

U T A

 U、T、A、文字通り、UTAを心で感じる喜びに、あなたもその第一歩を踏み出してください。


 U=宇宙・UFO。  T=田池留吉・天変地異。  A=アルバート・


250年後に至る大きなキーワード。

そのキーワードを大切に、これからあなたの時間を使っていきましょう。


たくさんの私達の仲間、UFOとともに次元移行していく時を楽しみにしています。

「田池留吉に心を向ける。」ことが、全てです。

肉の田池留吉ではなく、意識のタイケトメキチ(本当のあなた)のことです。


*******************************************************

 

250年後の来世のキーワード、

ニュージャージー、ハドソン川、黒人、貧困、そしてアルバート

反響が大きいと感じています。


日本からアメリカの地へ、学びの集大成に向けて意識の世界は、すでに動いています。

舞台設定はもうすでに整えられており、時が来るのを待っているという感じです。


多宗教、多民族の国、区別差別が著しい国。

そこで、社会の底辺から真実の波動の世界の発信というシナリオが待っています。

真実の波動の世界から、再度肉を持って伝えにきてくれる、三次元最終のお勉強です。


シナリオ通り、今世の学習の結果を見事花咲かせ、

そして新たなステージへと進んでいきます。


地球という星に別れを告げ、

壮大な意識の流れの旅立ちです。

 

このことは、自分の心に感じ響いてこなければ、

到底信じられないことかもしれませんが、

決して絵空事ではないとだけお伝えしたいと思います。

*******************************************************

 

 

お互い愚かな肉を持って学びを進めていこうとする喜びの中にあります。

それぞれ自分の心の針を正しい方向に向けて合わせてする、

いわゆる正しい瞑想をしていけば、

肉を持っている今がどんなに自分にとって幸せ、喜びか、

その喜びと幸せのエネルギーが宇宙を変えていく仕事をすると、

どなたも心で分かります。


愚かな肉同士が、その肉を通して波動を学んでいく過程にある私達です。

瞑想は基本的にはそれぞれお一人おひとりの作業ですが、

学びの友とともに瞑想をする機会があれば、それもまたよしということでしょう。


ただ、そこで注意すべきことは、人が集まれば、

色々とトラブルが発生する場合があるということです。


できるだけスムーズに学びに集中しようと各自心掛けてください。

そのためには、その場その時の守るべき約束事があります。

自分のちょっとしたうっかり、怠慢に気を付けていきましょう。


宿泊を伴うセミナーもそうです。

大宝や志摩ホールを利用する場合もそうです。

各地域で学びの友とのお勉強会もそうです。

 

そこには必ずお世話していただく学びの友の存在があります。

どんな場合もお世話は大変です。

どうぞ、学びに集中できるように、守るべき約束事は守り、

互いに気を付けるべきところは気を付けて、

ともに学べる時間と空間を喜んで共有してまいりましょう。

 

 

どんなにしても分からなかったことが、ようやく今世の肉を通して

明らかになるというシナリオをそれぞれ自分に用意しています。

あの人、この人、肉は色々とあるけれど、本当のことが知りたくて、

本当の自分と出会いたくて、

こうして今、肉を持って学びに繋がっているという幸せを味わってください。

 

見るのは自分の心です。

 

自分の流すエネルギー、

瞬間的に噴き出していく凄まじいエネルギーを確認してください。

確認して、そして、そのエネルギーを反転です。

その作業を死ぬまで淡々と喜んでしてまいりましょう。


肉を自分に持たせた真の意味を心にしっかりと感じておられると思います。

 

何をするために生まれてきたのか、これまでの転生があったのか、

心で本当に分かってくると、

こんな恵まれた幸せな存在はないということが自ずと心に響いてきます。

 

それでも肉は愚かだから、間違いを繰り返していくけれど、

その中でやはり中の自分の思いに素直に生きていこう

思える日がどなたにも必ずやってきます。

それはそう遠くないでしょう。


意識の流れは粛々として仕事を遂行しているからです。

厳然としてあるその流れに全託する喜びと幸せをどなたも心で味わい尽くしてください。

 

*******************************************************

 

新しい 遠隔瞑想会の形

.「ZOOM(ズーム)ミーティング」導入の目的


UTAブックでは、今、「ZOOM(ズーム)ミーティング」という

アプリを使って遠隔瞑想会等が出来ないかテストを繰り返しています。

従来、スカイプやアピアーイン等を使っておこなってきたのですが、

ネット環境により切れたり固まったりと、なかなか難しい側面がありました。


カタカナばかり出てきてパソコンが苦手という方には申し訳ないのですが、

将来のことを考えて少しお付き合いください。


この「ZOOM(ズーム)ミーティング」を入れることで何が変わるかと言いますと、

一つには、今、申しましたように切れにくい安定している、

長時間の使用に耐えうるということがあげられます。


以前、このZOOMミーティングをつかったフェスティバルが開かれました。

参加者100人が、誰一人集まることなく、自宅のパソコンから参加するという形で、

分科会や総合会場がネット上に設けられ、

まる二日間、途切れることなく100箇所の接続が維持できたという優れものです。


二つめは、今言ってしまったのですが、

100人が接続してトラブルがほとんどないというその性能です。

 

 こうなってくると、セミナーは一つの場所に集まらなくても可能ということになってきます。

もちろん現実にはどうかというと話は違ってきますが、少なくとも20人規模の瞑想会なら、

誰一人集まることなく安定して出来るということです。


UTAブックの役割の一つに、中心になる塩川香世さんと、

学んでいる人をネットで結ぶということが、

スカイプ瞑想会がスタートした時からの大きな課題でした。


田池先生は、「250年後のセミナーは、

世界中の人が誰一人集まることなく開くことが可能になっている」、

そんなお話しをされたことがありましたが、


ZOOMの導入により、そんな状態に一歩近づけたということになります。


たとえばこんな使い方も考えられます。


今、「死ぬということ」について体験を募集しましたが、

その中で体験を寄せていただいた方をテーマによりセレクトし、

「何月何日何時から1時間《死後の自分と語る》という瞑想会をネットで開きます。

参加可能な方は、当日、パソコンの《ZOOMミーティング》を開き、

ご連絡した《ミーティングID(9桁の数字)》を使って入室してください」という案内メールを送ります。

全国に散らばっている参加者は、どこへ出かけることもなく、

自宅で瞑想会に参加することが出来るということです。

 

 このほか、たとえば災害等により、セミナー会場へは交通が分断されたり、

もしくは会場が倒壊したりと、セミナー会場の運営が難しくなった場合でも、

ネットがつながっている限り、塩川さんが、前述のような呼びかけをホームページ等ですることで、

ネット上にセミナー会場の設営が可能ということになります。

もちろん、人数は何百人は無理ですが、100名までであれば可能ということです。

 

http://uta-book.com/

 

********************************

 

UTAブック 「ZOOM(ズーム)」瞑想会

http://uta-book.com/renrakukai.html ←クリック

 

2019(令和/R)年

UTAブック

ZOOM瞑想会 2020年度日程

http://uta-book.com/skype2016.html

 


2019年度と同じく、


偶数月は、各地域の会場で行う

@「UTAブック・ZOOM瞑想会」


奇数月は、UTAホール大宝での

A「UTAブック・地域合同ZOOM瞑想会」


を予定しております。

 


※@の「UTAブック・ZOOM瞑想会」については、

基本的にA「UTAブック・地域合同ZOOM瞑想会」に

入っていない地域を優先させていただきます。ご了承ください。


@Aの詳細は、こちらからご確認ください。


http://uta-book.com/renrakukai.html


(未定)となっている日程は申し込みが可能です。


ご希望の地域がありましたら、下記までご連絡ください。


連絡先


メールアドレス utabook250@gmail.com


各地域のお世話役の皆様には引き続きお世話いただくことになります。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。(朝日/記)


 

1月の「死ぬまで瞑想会」について



少し早いですが、年末年始のお休みと1月の「死ぬまで瞑想会」のお知らせです。


UTAブックは、12月29日?1月5日まで年末年始のお休みをいただきます。

通常業務は、1月6日からとなります。よろしくお願いいたします。


(1月2日はお休みのため)1月の「死ぬまで瞑想会」は、


第3週目  1月16日(木)のみとなります。


1月2日の開催はありませんのでご注意ください。

よろしくお願いいたします。(朝日/記)

↑↓↓↓↓↓

 

「死ぬまで瞑想」、その環境づくりについてご提案

 

◎死ぬまで勉強、死ぬまで瞑想!

 最近、自分の老後(もうすでに老後ですが)の勉強の環境をよく考えます。...


もし寝たきりになったり、セミナー会場に足を運べなくなったとき、

自宅で学べる環境は整っているだろうかと、よく自問自答します。


昔、寝たきりのお年寄りのパソコンのお世話をしたことがあります。

その時の感想ですが、寝たきりになってからでは遅いと強く思いました。

ご訪問してセットアップしたり、使い方をお教えしたりするのですが、

その時はできるのですが、僕が帰ってしまうと、

たちまちパソコンの立ち上げすらできなくなってしまうのです。


僕も、70歳を超えて、新しい技術を習得したりすると、

前はできたのに、しばらく時間が空いたりすると、

また最初から理解しなおさないとできないということを経験しました。


環境は整っていても、普段から慣れ親しんでいないと、いざとなってからでは無理なのです。

 

 よく「歳を取って、もうパソコンは無理ですからやめます」という声を聴きます。

 しかし、これは逆だと思います。


最後に残るのは、インターネットを使った勉強の環境です。

元気でセミナー会場へ通えるうちは、無理をしてでも通うべきだと思いますが、

お歳を召されて動けなくなった時、セミナー会場はやってきてくれません。

でもインターネットさえつながっていれば、自学学習の教材はそろっているし、

ともにインターネットを使って瞑想することもできます。


死ぬまで勉強、死ぬまで正しい瞑想を続けていこうと思われているなら、

どうか、今、元気なうちに、インターネットを使った老後の勉強の環境を整えてください。

 

◎インターネットをつかった勉強の環境づくりのお手伝い

 

 本論に入ります。

 

 UTAブックでは、インターネットを使った勉強のネットワークづくりのために、

パソコンやインターネットで困っている方の、

老後の勉強の環境整備のお手伝いをさせていただこうと思っています。

 

 もうずいぶん昔の話になりますが、田池先生のお勧めもあって、

ノートパソコンのあっせん販売をしたことがありました。


その時の反省もかねて、今回は、機械の販売ではなく、

ご連絡いただいた方のお話しをお聞きし、

 

1.ズームミーティングができるようになること。


2.「あずけーる」の利用ができるようになること。


3.ユーチューブページの音声教材、動画教材が利用できるようになること。

 

 この3項目と、その附帯事項についてのみ、サポートを考えております。

 

 ご相談の内容によっては訪問し、機器のあっせんをすることもあるかもしれませんが、

その際、出張したりする必要のある時は、恐れ入りますが実費をいただくことになります。

 

 また、この3項目以外のご相談については(たとえば機械の修理依頼とか)、

対応できない場合もあると思いますのでご理解ください。

 

UTAブックでは、ご高齢の方で、死ぬまで勉強、死ぬまで正しい瞑想を続けていきたいと

考えているけれど、現在、思うようにパソコン(またはタブレット)などを見ることができない

という方を対象に、サポートをさせていただきたいと考えています。

例えば、「塩川香世さんのホームページを毎日見る」

「ユーチューブページを使ってセミナーやスカイプの音声を聞く」

「UTAブックやNPO法人UTAの輪のホームページを見る」「ライブ配信を見る」

というようなことが普通にできる方は良いのですが、そうでない方もいらっしゃると思います。


そして、それに加えて、今後必要になってくるのはズームミーティングです。

このソフトを使うことで、万が一動けない状況になったとしても、

ご自宅でインターネットを通して学びの友と瞑想ができる環境作りができます。

今、難しいと思われている方でも、

パソコン(またはタブレット)にホームページやズームの設定をして、

クリックすれば良いだけの環境作りをすれば、

最低限の簡単なパソコン操作はできるようになると考えています。


気になられた方はお気軽にご連絡ください。

 

 

◎ズームミーティングを使った「死ぬまで瞑想会」の開催。

 

 これは、せっかくご相談を受けて環境が整ったとはいえ、

常日頃使わないと、いざ必要な時が来てもできなくなってしまいます。


このため、慣れていただくのと、ともに瞑想をしていく機会を持つためために、


UTAブックで毎月2回、朝の8時半から9時まで、音声教材を毎回テーマごとに編集し、

20分から25分程度の瞑想番組を作成しますので、

これを使いズームを使って一緒に瞑想をしていこうというものです。

 

参加資格/70歳以上のUTAブック・メンバーズ会員の方で、上記サポートをさせていただいた方。


その他、お住まいされている周囲に仲間がおらず、孤立されている方。


内   容/決めていただいたテーマで、毎回20〜25分の瞑想用の番組をつくり、

その視聴を兼ねてともに瞑想します。同時に安否確認や情報交換。

まわりに学ぶ人がなく孤立している方の情報共有の場ともします。

番組の最後は、皆さんで次回のテーマを決めていただき終わります。

使用された瞑想用の番組は、利用者の意見を聞き改善した上で、

UTAブックのページにアップしていきます。


実施方法/ズームを使います。

登録していただいた70歳以上の方に、会議室のIDをお知らせします。

自由参加です。開始時期は、おそらく8月に入ってからになると思います。

 

◎以上、長くなりましたが、運用につきましては、社内で詰めてから、事務連絡いたしますが、

まずは、「死ぬまで瞑想」の企画発表と方針のご連絡まで。

 

 

◇「UTAブック・メンバーズサポート」申込資格


・UTAブック・メンバーズの会員であること(今からの登録もOKです)


・70歳以上であること

◇電話での対応で済めばよいのですが、お話を伺った上で、

どうしても訪問させていただくことが必要と判断した場合は、恐れ入りますが、


1日5,000円 + 交通費(実費)(電車代やガソリン代、遠方の場合は飛行機代や宿泊代など)を

出張費としていただくことを考えております。

 

その方によって状況が違うと思います。

まずは、UTAブックまでお気軽にお電話をいただけたらと思いますのでよろしくお願いいたします。

(朝日/記)

 

↑↓↓↓↓↓

 今日、第一回の「ともに瞑想会」が無事終了しました。

UTAブックさんそして多くの方のご協力に感謝です。

ともに学ぶ友がいる、最高に幸せだと思いました。

 

もちろん、私達には肉を持たないたくさんのたくさんの宇宙の友がいます

みんな心をひとつにして、あのふるさと、懐かしい懐かしいあそこへ帰ろう、

待ってくれている、待ってくれていると、互いに思いを交わす喜びを感じてみてください。


どんなにすさまじいおぞましいエネルギーを吐き出しても大丈夫。

田池留吉、アルバートの波動の中だから、何の不安も恐怖もありません。

心を開いて思いの丈を語ってください。

ただし、出しっぱなしではいけません。

どんどん自分の中の温もり、喜びで吸収してあげてください。

喜んで喜んで出して、そして喜んで喜んで吸収していくんです。


ともに瞑想できることが嬉しいです。

ともに田池留吉、アルバートを思えることが嬉しいです。

母なる宇宙を思い、帰る道を心にしっかりと見てください。

「ともに瞑想会」、ありがとうございました。

 

 

 

「ともに瞑想会」の復活にあたり、動いてくださる学びの友に感謝です。


年明け早々の1月13日開催予定の瞑想会は、

セミナーホールの他に音楽室も借りてということになっているようです。

当日の通信状態によって状況は変わると思いますが、

ぶっつけ本番で二部屋同時進行を試みます。

近場の人でご都合がつく方は、参加申し込みをしてください。

150人前後の方が当日に集まるとしたら、

その交通整理が大変ですが、お互い気持ちよく学んでまいりましょう。


目指すは、田池留吉、アルバートの世界

ともに行きましょう、ともに生きていきましょうと、

たくさんの宇宙達とともに思いを向けられる時間と空間

共有できることに、ただただ喜びを感じます。


肉は愚か。

愚かな肉を携えて、真実の波動の世界を極めていく厳しさとともに喜びを感じてまいりましょう。


待っているんです。あなたの中の闇黒の宇宙が待っています。

伝えてください。私達は帰れることを。

あのふるさと、母なる宇宙へ帰れることをしっかりと、

しっかりと肉を持っているあなたがあなたに伝えてください。

 

↑↓↓↓↓↓

 

 12月28日開催予定の「ともに瞑想会」の参加予定者が決定しました。


会場の許容人数の関係上、希望者全員参加というわけにはいきませんが、

次回は、2020年1月13日に予定していますので、その方達を優先するということでご容赦ください。


思いがけなく「ともに瞑想会」の復活の運びとなり、スタッフの方達に感謝します。

私は何もせずに、自身の身体を運べばいいだけです。

ともに学べる機会をいただき本当にありがとうございます。


今回、会場が大阪市内で大阪メトロ(地下鉄)の最寄り駅から近いということで、

できるだけ電車をご利用ください。


初回ですから、何かと混乱するかもしれませんが、

できるだけスムーズに行動して、学びに集中していきましょう。

私は今から楽しみにしています。

↓↓↓

 

 

↓↓↓

今日(11月7日)の死ぬまで瞑想会



今日の死ぬまで瞑想会は、89名の方が参加されていました。


桐生紘次さんの進行で、ふるさとの歌、ゼロ歳、お母さんに向ける瞑想、

あなたは田池留吉を信じていますかの瞑想をさせていただきました。


そして、少し時間は過ぎてしまいましたが、

最後に参加者の方から送っていただいた下記のリクエストで瞑想させていただきました。


「瞑想のリクエスト、巫女です。


これまでいやいやながら巫女をしてきたという思いの方に向けていました。


そうではなくて、家業というのか巫女になることを求められ

自らも巫女になっていったという思いに向けてみたいと思います。」

 

終了後、参加者の方からも感想をいただきましたので、掲載させていただきます。


「おはようございます。ZOOMありがとうございました。

最後の巫女の時の思いに向けると今迄とまったく違っていました。

苦しいのはお母さんのせい。あいつのせいと全部責任転嫁してきました。

巫女、修行僧みんな自ら望んでやってきた。

ああなりたい、こうなりたい認められたいとそうでした。

みんな責任転嫁をしていました。ありがとうございました。」


「巫女の瞑想をありがとうございます。

一人でしているときには出てこれなかった思いがでてきました。


お母さんの反省にも繋がって、とてもうれしい思いにであえました。ありがとう(^O^)」


リクエストやご感想、ありがとうございました。


また何かありましたら、気軽に送っていただけたらと思いますのでよろしくお願いいたします。

次回の「死ぬまで瞑想会」は、11月21日(木)です。


3週目の「死ぬまで瞑想会」になりますので、

「死ぬまで瞑想会」終了後の9:15から、

事前にご連絡させていただいた方と塩川香世さんとで

15分程度ともに瞑想をする時間を持たせていただく予定になっています。

(朝日/記)


 

学びの友、UTAブックさんが色々と企画を出してくれます。


死ぬまで瞑想、死ぬまで勉強、70歳以上の学びの友が対象ですが、いい企画だと思います。


こんなことをしますと前もって連絡がありました。いい企画だと返事しました。

ただ私は傍観者であり、後日アップされたものを観させていただいて、

私なりに感じるところがあれば、何らかの形でともにお勉強させていただきたいと思っています。


私もそうですが、加齢とともに身体に不調が出てきます。

もちろん加齢だけではなく、自分の出してきた思いの結果が例えば、

肉体細胞を通して現れてくるということで、そこで後ろ向きにならずに、

肉体細胞とともに学べる喜びをしっかりと味わっていきましょう。


元気溌剌で学びをぐいぐい進めていけた時期はそれはそれでよかったんです。

その昔を懐かしみつつ、ようし、死ぬまで瞑想だ、死ぬまで勉強だと自らを鼓舞して、

思うは田池留吉一筋の喜びの人生を生き抜いていきましょう。

 

 

 宇宙を思って瞑想をしていますか。

自分の中に母の温もりが確立しているとはっきりと感じておられる方は、

どうぞ、宇宙に思いを向けてください。


闇黒の宇宙。

まだまだ真っ暗闇に閉ざした中で苦しみ続けている闇黒の宇宙に、

帰るところがあることをしっかりと伝えてください。

もう帰ろうと心から伝えてください。


ただし、くれぐれも確認です。

自分の中に母の温もりが確立しているということを確認です。

不確実な方は、むやみやたらと宇宙に向ける瞑想をしないことです。


おそらくそういう方は、宇宙に向ける瞑想をすることに対して、

不安とか恐怖の思いを感じておられると思います。


違うんです。宇宙は喜びです。

どんなに闇黒の凄まじいエネルギーを噴き上げていても、

それは喜びの雄叫びに必ず変わっていけると確信していれば、

宇宙は喜び、その通りです。


闇黒の宇宙から喜びの宇宙にどんどん目覚めていく時期はすでに到来しています。

意識の流れの顕在化です。

形を本物とするブラックの世界は、そう遠くない時間の中で、総崩れです。

粛々と意識の流れが流れている大きな証を、

しっかりとそれぞれの心で喜んで受けていってください。


久々のライブ配信です。10月21日(月)午後2時に予定しています。

 

 UTAブックさんのホームページに掲載されていますが、

10月17日、9時15分から15分程度、ともに瞑想をしていただく方を待っています。


基本的には短い原稿を送付された方達の中からということになりますが、

物事には例外がありますので、そこはご了承ください。


基本は、UTAブックさん主催の「死ぬまで瞑想会」と考えています。


原稿送付という条件、その原稿送付がメール送付という条件、

色々と条件がありますが、そういうことに関係なくあなたどうですかと

お声掛けさせていただく場合があるかもしれません。


連絡させていただいてご都合よろしければ、ともに瞑想をしましょう。

 

「7月」の 今日27日の土曜日、非公開ではありますが、

UTAブックさんの企画で、ZOOMを使ってともに瞑想をさせていただきました。


学びに触れたのだけれども、それぞれの事情で今はセミナーに参加できない人達と

僅か30分の時間でしたが、お一人おひとり少しでもお話ができて私はよかったと思っています。


今回をきっかけにして、何か学びについてそれぞれに弾みが出ればいいなあと感じました。


今世、学びに触れた喜びと幸せを心にしっかりと育て、

本来歩むべき道を歩いていきましょうという思いでした。

 

 

 

「死ぬまで瞑想会」の開催のについて



UTAブックでは、70歳以上のUTAブック・メンバーズ会員の方で、

死ぬまで瞑想をしていきたい、学びの友との瞑想の機会があれば

自宅から参加したいと考えられている方を対象に、

ZOOMを通して学びの友との瞑想をしましょうということで「死ぬまで瞑想会」を企画しております。

 

今後、定期的に開催予定ですが、

第一回は7月4日(木)朝8時30分からの実施を予定しております。

...

参加ご希望の方は、下記ご確認の上、参加登録をお願いいたします。


◇参加資格


・70歳以上のUTAブック・メンバーズ会員の方


・その他、お住まいされている周囲に仲間がおらず、孤立されている方

 

◇内  容


参加者の方にテーマを決めていただき、

毎回20〜25分の瞑想用の番組をつくり、その視聴を兼ねてともに瞑想します。


同時に安否確認や情報交換。

まわりに学ぶ人がなく孤立している方の情報共有の場ともします。


使用した瞑想用の音声や動画は、利用者の意見を聞き改善した上で、

UTAブックのメンバーズページにアップしていきます。(ライブ配信はありません)

 

◇実施方法


・ズームを使います。


・ご自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンからご参加ください。


・初回のみ参加登録が必要です。


参加登録していただきましたら、後日会議室のIDをお知らせします。


・必ず、毎回参加しなくてはいけないということではありません。参加は自由です。

 

◇参加登録


参加ご希望の方は、お電話かメールでご連絡ください。


その際、「お名前」「年齢」「瞑想したいテーマ」をお伝えください。


※瞑想したいテーマは、音声や動画を作る際の参考にさせていただくものです


(連絡先 TEL 0745-55-8525/メール utabook250@gmail.com)

 


◇「死ぬまで瞑想会」第1回


2019年7月4日(木)朝8時30分〜9時


※参加には事前登録が必要です。

 

◇申込締切(ID連絡の関係でいったん締切を設けさせていただきます)


2019年6月30日(日)

 

前回のお知らせにも書かせていただきましたが、

パソコンに不慣れな方にもできる限りサポートさせていただきますので、

ご希望の方は、まずはご連絡いただけたらと思います。

また、何らかの事情でセミナーに参加できない、

周りに学びの友がいないといった方もご希望の方はご連絡いただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。(朝日/記)

 

 

第一回「死ぬまで瞑想会」が無事に終わりました



朝8時30分からの「死ぬまで瞑想会」が無事に終わりました。


テストの段階からたくさんの方にアクセスしていただき、

これを機にパソコンやiPadにZOOMを設定したり、Webカメラやイヤホンを買われたりして、

慣れない作業にチャレンジしていただいての今日の参加となった方もたくさんいらっしゃると思います。

結果的に、第一回目としては大成功だったように思います。ご協力ありがとうございました。


始まるまでの時間は「○○さ〜ん!」「○○さ〜ん!」と

画面に映っている参加者の方同士で交流を楽しまれるところから始まり、

8時30分から30分間「お母さんの温もり、ゼロ歳の瞑想、正しい瞑想」

についての音声を流して一斉に瞑想をさせていただきました。


最終的には99名の方が参加されていました。


参加された方には、ご感想やご希望などUTAブックまで教えていただけたら嬉しいです。


次回は、7月18日(木)8時30分からです。


可能な方はご参加ください。よろしくお願いいたします。


なお、今日流した音声は後日メンバーズページにアップ予定です。

(朝日/記)

 

 

ズームを使ったネット瞑想会「死ぬまで瞑想会」の第一回目がおわりました。


参加者は98名、第一回目は、皆さんがネットでどれだけ入ってこれるのか、

この点にポイントを絞った手探り的なものでした。

しばらくはこの形で、参加者の方が、これなら自分でも出来るというまで続け、

そのうえで、ただ聞くだけ観るだけの参加ではなく、

順番で「近況」や「希望」を発表できる形へ変えていこうと思っています。

組み分けするのか、交代制にするのか、どんな形になるかは、今は未知数ですが、

今はまだ「自分にも出来た」「自分もズームが使える」「パソコン苦手人間だけれど、

インターネットで瞑想に参加出来た」、そんな実感をもっていただくため、

ここ何回かはこのまま動いていこうと思います。

パソコン習熟者には、物足りない面もあるかと思いますが、

パソコン不慣れな層の底上げを考えていますので、

しばらくはごお付き合いをお願いいたします。


ブックでは、ここに重点を置き、若い人たちが電話対応で、

ズームを、ネットを使ってもらえるようになってもらえるようにと、

鳴りっぱなしの電話と格闘しています。


どうぞ、ご理解をお願いいたします。


(桐生敏明)

 

 

UTAブックさん主催の「死ぬまで瞑想会」、第一回目無事終了ということです。

どうぞ、参加資格のある方、これからも自分の学びとして、この機会をご活用ください。

どんな企画もご自分の学びの歩みを進めるということを

基本にしていけばいいのではないでしょうか。


ということで、今ふうっと心に上がってきた思いは、

セミナー参加される方達の中で、50代、60代の方達とともに瞑想をする時間を、

セミナーの中で持つ機会を増やそうかなあということです。


もちろん、50歳未満の方達も視野に入れてというのは変わらない思いです。


学びをするのに年齢は関係がありませんが、

しかし、体力、気力のまだあるうちにということも見逃せません。


そういう意味で、50代、60代、そろそろ身体的にも衰えが見え始める時期に差し掛かります。


セミナーで、そういう機会があれば積極的にご参加ください。

 

 

「死ぬまで瞑想会」の予定



昨[7月18日木〕の「死ぬまで瞑想会」は約100名の方が参加されていました。


一人で動画や音声を見たり聞いたりするのと違って、

離れた仲間とともに瞑想するのは格段の嬉しさがあるというご感想を皆さんからいただいています。


今後の予定ですが、


「第1木曜日と第3木曜日 朝8時30分〜」


定期的に開催を予定しています。


参加予定の方は、8時15分ごろにはZOOMに繋いでおいていただけたらと思います。


◇ 次回は、8月1日(木)朝8時30分からです。


※「死ぬまで瞑想会」に使用した音声は、

UTAブックのトップページの「死ぬまで瞑想会」のボタンから聞いていただくことができますので

ご利用ください(メンバーズページになりますので、IDとパスワードが必要です)。


ZOOMについて不明点などありましたら、UTAブックまでご連絡ください。(朝日/記)


 

UTAブックさんの企画の「死ぬまで瞑想会」、それぞれに活用なさってください。

なかなかいいと思います。


リアルタイムで勉強できなくても、すぐにアップされるので充分です。


私も、今回、午前中時間が空いたので学ばせていただきました。


少々意味不明かもしれませんが、

塩川香世というひとつの肉が自室のパソコンの前で

学ばせていただける喜びと幸せを味わえました。


いい瞑想ができました。

ゆったりと心を広げていける時間と空間をいただき、ありがとうございました。


みんなで作っていく瞑想会ということなので、どうぞ、ご参加の皆さん、

忌憚なく思いを語り、学びの輪を広げてください。学ばせていただきありがとう。

 

今日の死ぬまで瞑想会(第4回)は、

はじめにホームページを朗読していただいてから、

死後、250年後・ニュージャージー、宇宙に向ける瞑想をして、

最後ふるさとを歌いました。


最後に参加者の方からリクエストをいただき、

現在日本に上陸中の台風10号に思いを向けました。

リクエストありがとうございました。

********************************

◆◆◆◆◆◆◆◆

ピックアップ動画 クリック!

《動画&音声》

 

ピックアップ動画(音声)の11月分をアップしました。


今月のテーマは「次元移行と天変地異」というテーマでピックアップさせて頂きました。


次回より同じテーマでの第2回も行っていく予定です。


著者と読むUTAブックなどでも凄く参考になる音声がありましたので、使わせて頂いております。


12月のテーマは「02_お母さんの反省、0歳の瞑想」を予定をしております。


それ以降のテーマなどもリクエストなどありましたらご連絡頂ければ幸いです。


紘次/記

 

 

肉という狭い小さな中で自分が苦しみ続けていく愚かさに、

一日でも早く 心で気付いてください。


肉の中にいれば、どうしても目に見えて耳に聞こえるものに対して心が向きます。

だから、肉を持ちながら、五官を閉じる瞑想の時間を確保することが必要となってきます。


その瞑想の時間を充分に活用してください。

活用できる環境を整えてください。

若いときは少々身体が疲れていても、気力が落ちることは殆どありません。

自分の中の凄まじいエネルギーを受け止めていける体力、気力のあるうちに

自分の学びをしっかりとやってください。


そして、今世、肉のある間に様々な現象を体験して、

それでも学びをひたすらに真っ直ぐに進めていけるかどうか、自分の心で学んでください。


肉、形の世界は悉く崩壊してまいります。

 

崩壊し尽くしていく中で、それぞれがそれぞれの心を見て心に突き上がってくるエネルギーを、

喜び、温もり、真なる波動の世界へと返していく喜びを味わいましょう。


肉、形を見ていては、自分を見失います。

肉、形の世界を通して、

本当の自分の世界を見る、感じる、

本当の自分の中の愛へ戻っていく、

その道筋をきちんと確立してください。

 

ピックアップ動画 クリック!

《動画&音声》

 

今月のテーマは「水の反転」というテーマで集めました。


天変地異も予定しておりましたが、

今回は「水の反転」で一杯になりましたので、

またの機会にピックアップさせていただきたいと思います。


10月のテーマはリクエストして頂いていた「田池留吉」を予定しております。


またリクエストなどありましたらご連絡頂ければ幸いです。

 

間違い続けてきてもやり直し、

生き直すチャンスを自らに用意しました。


真っ暗闇の中からこのチャンスを切望してきた思いを、

瞑想の中で感じることが喜びであり幸せだと思います。


何を思えばいいのかということを知って、

その方向に心の針を向けて合わせていこうとする今、

もうそれだけで何はなくとも幸せでした。


幸せ、喜び、温もりを外に求め続けてきたことが苦しみの原因となっていた、

こんな簡単で単純なことにどうして気付けなかったのか、

当然と言えば当然ですが、無知ということは本当に恐ろしく哀しいものだと感じます。


田池留吉を思える今、アルバートと呼べる今

そんな今という時があります。

心に溢れてくる帰りたい、帰ろう、帰りますの思いをしっかりと抱えて、

そして、ただ真っ直ぐに思っていくだけでよかったんだと

そうそれでよかったんだと心の中で思えることが、それが幸せだと思います。


久々のライブ配信予定日は、8月27日(火)、午後2時です。

 

 

間違い続け狂い続けてきても、こうしてやり直す、生き直すチャンスを

今世もまた自分に用意してきたことを思うと、本当にすごいことなんだ、

意識の世界はすごいんだ、本当の自分に帰ろうとする思いは

どこまでもすごいんだと思わざるを得ません。


肉から意識への転回はそう簡単なことではありませんが、

日々、瞑想をする時間をきちんと確保して、

やり直そう、生き直していこうとして生まれてきた自分の思いに触れ続けてください。


中は叫んでいます。本当の自分と出会いたいと叫んでいます。

その叫びはなかなか真っ直ぐに素直に思いを語ることはないかもしれないけれど、

母の温もりに触れていけば、必ず真っ直ぐに素直に語ってきます。


帰りたいけれど帰るところが分からなかった、どうしていいか分からなかった、

まずはその思いをしっかりと受け止めていくところから始めてください。


そうしていくうちに、段々と帰るところがあったんだ、本当に帰れるんだね、

そんな思いが心に伝わってきます。あちらからもこちらからも。


中がそのような状態になれば、

あとはその思いにしっかりと応えていけばいいだけです。

しかし、その時肉がぼんくらでは、せっかくのチャンスを自ら逃してしまいます。

くれぐれもそうならないように。


次回ライブ配信予定日は、7月10日(水)、午後2時です。

 

 

 

 

学びに触れる時期はそれぞれ違います。

殆どは、20年、30年と長く学んでおられますが、そうでない人もいます。

大事なのは、それぞれ学び始めてから、

どれだけ学びの基本に沿って学んできたか、学んでいるかでしょう。


学びの中心部分をしっかりと伝えるという仕事を終えたから、

田池留吉の意識の世界は、一旦肉という形を消しました。


肉を持ってする仕事の終了とともに、今世の肉を捨て、

あとは250年後を待つのみということです。


今世初めて伝えてくれた真の波動の世界に

しっかりと呼応していく喜びと幸せを学ばせていただいた事実があります。


「私達の本当の姿は目に見えません。

波動、エネルギーとして永遠に存在しています。

肉、形を本物とする思いから、

意識、波動を本物とする思いに

180度転回していってください。

すなわち意識の転回を速やかに遂行して、

本当の人生を生きてください。」


意識の流れからのメッセージは確実に現象化してまいります。


天変地異という形で、肉、形の世界が総崩れしていく中で、

何を思っていけるか、何に心の針を向けて合わせていけるか、

一人ひとりの課題となってきます。

250年後の本番に向けて動く 意識の世界を感じてください。

 

 

ライブ配信、どうでしたでしょうか。楽しめましたか。


死後の自分と250年後の来世の自分を思ったときに私の心に上がってきた思いです。


私は、今世死ぬまでお金に困りません。60歳になる前に仕事を辞めました。

自分の計画通りですが、実は50歳でと思っていましたから、10年も余計に働きました。


あとは死ぬまで元気に、死ぬまで瞑想を楽しんで、この世とお別れしていこうと思っています。


250年後を思うと嬉しい、楽しいんです。

今世に比べると格段に厳しい環境ですが、

それでも私はアルバートと出会うことを知っていますから、

心の中からアルバート死ねのエネルギーを噴き上げる250年後が待ち遠しいです。


今世も、この肉を通して田池死にさらせのエネルギーを存分に学ばせていただきました。

身に余る光栄です。


田池留吉、アルバートの意識の世界に、

波動の世界にあることを、

心から伝えてくれた今世の学びに加え、

最終の肉を通して再び学ばせていただくことに感謝しかありません。


しっかり打たれた布石を大切に、歩みを進めてまいります。

 

 

 7月の橿原セミナーの受付が早々と終了して、参加者名簿が届きました。


いつもこの位早い段階でセミナー参加が決まればと思いますが、そう都合よくいかないです。


7月の橿原セミナーまで1か月ほどあります。

橿原も琵琶湖と同様に、田池先生との思い出がたくさんある場所です。

諸般の事情が許されるのならば、セミナーの場として残しておきたいと思っています。


ホテルの窓から二上山を眺め、そしてセミナー会場に肉体を運ぶ、それがやはり嬉しいです。


あなたの中の巫女の思い、喜びへ温もりへ帰っていますでしょうか。


心に沁みついている巫女当時の思いを、出来るだけ聞いてそして受け止めていってください。


そして、巫女を思ってする瞑想が、とてもとても愛しいと思えるようになっていきましょう。

心をズタズタに切り裂いてきたけれど、それを救い上げていける安堵感とようやく出会っている

そんな瞑想を繰り返して、そして、7月、橿原の地にてともに心を向けてまいりましょう。


次回ライブ配信予定日は、6月27日(木)、午後2時です。

 

 

 

色々な形で、学びの友が積極的にともに学んでいこうと動き出される最近を嬉しく思います。

私は我関せずというところがありますので、積極的には情報収集はしていませんが、

何かの折にそういう動きを感じさせていただいて、何かいいなあと思っています。


それぞれの動きには水先案内人がいるでしょうが、あくまでも水先案内人に徹してください。


ともに学んでいこうという思い、姿勢は絶対に忘れてはいけないでしょう。


みんな間違ってきたのです。みんな狂い続けてきたのです。

正しく生きてきた人など存在しません。


みんな真っ黒だけを宇宙に垂れ流してきたということ、

そして、その回収はそれぞれがやっていく必要があるということ、

そこをぶれずにともに学んでいきましょう。


誰が上、誰が下、そうではなくて、愛へ愛へ帰れる道があることを知って、

その道を自分の足で歩いていく喜びと幸せを、

どなたも心に感じ広げていけるような、

そんな今世の学びの結果にしていこうと呼び掛けます。

 

 

今世、学びに触れた方達は、これから250年、300年の間に何度かの転生があります。

必ず肉という形を持ちます。


生れたくない思いを遥かに超えて、肉をくださいと今まで以上に切望してきます。


その思いが、今回のライブ配信の来世、肉を持つ思いに触れる瞑想から感じ取れましたか。


どなたもボロボロの心の状態の中で、

三次元最終の時を迎える計画を立てていることを心で知ってください。


私は、先にホームページに載せた通り、

アルバート殺してやる、アルバート愛していますの凄まじいエネルギーを噴射します。


そして全宇宙とともに次元移行を達成していく意識の流れの中にある喜びをしっかりと確認して、

さらに愛に向かって意識の世界を進んでいきます。

 

それを私は、田池先生の肉がある間に、その意識の世界を学び確認しています。

心で受け取ったから、あとは愚かな肉の思いをしっかりと見て、

自分の計画が頓挫しないように、思いを向けていくだけです。


身体には少々不具合がありますが、

心で受け止めたものを遂行していくことには支障がございません。

 

 

 学びに触れている私達ほど幸せ者はありません。

あなたもそう思うでしょう。なぜならば、ふうっと目を閉じて思えることを知っているからです。


思える方向を心に知っているからです。これはすごいことです。


田池留吉とかアルバートとか次元移行とか意識の流れという言葉を

知っているだけでも幸せなんです。


他力的に欲ですがりつくのではなく、ただ思うとする、思える、

そうすることがこんなにも心を広げてくれる、

思いの向け先を段々に絞っていけばいくほどに、

嬉しさ、喜びが増してくるのです。


思うことはパワーです。

 

正しく思う、真っ直ぐにただ真っ直ぐに思う、学びに触れさせていただいて、

思うこと、思えることの大切さと喜びを知りました。


形の世界では到底分からないことでした。

ひとたび知っていけば、感じていけば、消すに消せない、消えない喜びと温もりの世界です。


形の世界の喜びとか幸せとは全く違います。

喜びと幸せの裏に、不安とか恐怖その他のブラックの思いがあるのとは全く違います。


何もない。ただ喜びだけ。ただ温もりだけ。

 

そんな世界に存在しているあなたですよと伝えてくれたんです。

受け取りました。受け止めました。


信じる信を深めていくことが、

さらにひとつに溶け込んでいくことだと承知しています。


次回ライブ配信予定日は、6月18日(火)、午後2時です。

 

 

ピックアップ動画 クリック!

《動画&音声》

 

ピックアップ動画(音声)の6月分をアップしました。


今月のテーマは「動機」と「他力」で集めました。


たくさんの方にUTAブック発足前の動画や音声を頂き、ありがたく使わせて頂いております。


いつもありがとうございます。


来月のテーマとして「肉体細胞に思いを向ける」を予定しております。...


またリクエストなどありましたらご連絡頂ければ幸いです。


紘次/記

 

 

ライブ配信、もう少し頻度を多くしてやっていけばいいだろうなあとは思いますが、

定期的にというと少々堅苦しいので、

ふっと思いが上がってきたときにお声掛けさせていただくということでお許しください。


毎回、200名以上の方がリアルタイムでアクセスしていただいているようです。

数云々ではなくて、私はその中の一人でも今日の瞑想よかった

と思ってくださるのならば、それでいいと思っています。


なぜならば、一人の肉の背景には夥しいほどの意識の世界、宇宙達があるからです。

ひとつの肉を通してたくさんの宇宙達が思いを向けていける計らい

の中にあることが嬉しい、幸せだと思います。


肉は何ほどもありません。

死後の自分の世界を感じる、知る瞑想を大切になさってください。

それがそれぞれの現実の世界です。


肉体を離すということは、もちろん頭もないんです。

頭で理解していることと、実際の自分自身の意識の世界との隔たり、どうでしょうか。


厳しくしっかりと
自己評価をして自分の学びを進めてみてください。

 

 

 

 繰り返しになります。

大事なことだから、そしてここを違えば、ここが心で分からなければ、

生きていく方向が全く違ってくることは明らかだからです。


それは、なぜ自分は生まれてきたのかということが、

本当に心で感じ分かっているかということです。

頭ではなくて心でです。

 

今世の時間がどんな時間なのか、自分にとってどんな時間なのか、

しっかりと心で分かっていますかといつも自分に問いかけてください。


他力の中に、欲の中に塗れてきた意識の世界です。

その自覚はどの程度ありますか。


面白おかしく適当に生きていくのは容易いことだけど、

学びに触れ心に感じ始めた今世は、

これまでとは少々いいえ、随分事情が違っているはずです。

自分との約束を違えて生きていくと心が疼きます。ざわつきます。


そうじゃないでしょう、

違っているねと伝えてくる本当の自分からのメッセージを聞く耳、心を育成しつつあるからです。


形ある中に自分を置いて、この形の世界から本当に学ぶべきことがあると心で知り得たならば、

目を閉じるだけでいいんです。

目を閉じて思いを向けていく時間の中で、

何とも言いようのない喜びと幸せが心に広がっていきます。


何も要らない。

正しい思いの向け先が分かれば、それでよかったんです。


心の針の向け先をいつもチェックするようにしてください。


次回ライブ配信予定日は、5月30日(木)、午後2時です。

 

ピックアップ動画 クリック!

《動画&音声》

 

ピックアップ動画(音声)の5月分をアップしました。


今月のテーマは「アマテラス」で集めました。


たくさんの方にUTAブック発足前の動画や音声を頂き、ありがたく使わせて頂いております。


いつもありがとうございます。

...

来月のテーマとして「動機の修正」「他力の反省」を予定しております。


またリクエストなどありましたらご連絡頂ければ幸いです。

 

紘次/記

 

ピックアップ動画 クリック!

《動画&音声》

 

2019年3月より月ごとに色々なテーマをピックアップして特集をしていきます。

 

「色々なテーマに合わせて音声や動画を見て勉強する。」


そういう事をまとめてやろうとすると、かなり膨大な作業量となります。


しかしひと月ごとにテーマを決めてコツコツやっていけば、

一つのテーマを深いところまで見つめなおしていくことが出来るのではないでしょうか?

..

そんな思いから、月ごとにテーマをピックアップしていきたいと考えております。


3月の「ピックアップテーマ」は『死後の自分』です。


いきなり少し難しいテーマになってしまいましたが、

次のUTAブックの出版物にも関係が深いテーマですので、ご了承ください。

 

4月の「ピックアップテーマ」は『宇宙』を予定しております。


テーマに沿った動画や音声が見つかればご連絡いただければ幸いです。


(ホームページに掲載できるかは容量や編集の都合上、未定です。)


http://www.uta-book.com/
紘次/記

 

 

 

 セミナー会場で、あるいはインターネットを活用し、

ともに学ぶ環境にあることを喜んでいます。

特にセミナー会場に出向きともに瞑想をする顔ぶれがほぼ定着していることは、

いいことだと思います。


私は、学びの中心核、そこから波及する輪が安定した状態で、

今世の学びを終了できればそれで上出来だと思っています。


本番の250年後に向けてその予習段階である今世の学びの時間を、大切になさってください。


今世、心に伝えていただいた波動の世界を、

本番に見事大輪の花を咲かせることができるように、

真っ直ぐに思うことをやっていきましょう。


学びは自分の心で感じていくということですから、

自分の中にたとえば250年後ということが具体的に響いてこなければ、

次元移行など荒唐無稽のお話としてしか受け取れないと思います。


しかし、感じる方にはそうではありません。

たとえばアルバートと思いを向ければ、自然に中が反応します。

出会いたかった、本当に出会いたかった、

そんな思いが心の底から噴き上がってくる体験を重ねていくでしょう。


説明などできません。

ですが、噴き上がってくる思いは確かにあるんですから、

そういうことを瞑想の中で繰り返し体験して、

そして、肉の自分と意識の自分の違いをはっきりと知って、

本物を選び取っていくという学びの時間になっていくと思います。


そこで確認です。今世の転生は違うんです。

その違いはすでにそれぞれの中で明確になっていますか。

自己評価して、そこからそれぞれに学びを進めてください。

 

 

 

もう迷うことはないと思います。

心は揺れるかもしれませんが、その揺れが大揺れのまま自分を見失うことはないと思います。


揺れがどこからきているのか、この揺れをどうすればいいのか、

その対処の方法はどこにあるのか、

その問いかけに対する答えは、それぞれの心で出てくるでしょう。

あとはその出てきた回答に対して、どの程度の角度で向き合うことができるかだけです。


どの程度の角度、真正面からしっかりと向き合えるか、

その角度が段々に大きくなって、

結局は自分の心の針の向け先

とんでもない方向に向いていくのか、そういうことでしょう。


それを左右していくのは、それぞれの心の中に巣くう他力のエネルギーの程度であり、

それと並行して感じている母の温もりの厚み、深さ、広さの程度

だと言えると思います。


心の針の向け先の正しい方向を知って、

その方向に針を向けて合わせていく以外に、

本当の自分の生きる道が見えることはありません。


互いに肉は愚かですが、

本当の自分の生きる方向がしっかりと定まっていくように、

学んでまいりましょう。

 

 

 学びの友からのメールです。一読ください。



昨日のskype瞑想会を見させてもらって、みんなが自分の心を見て、

自分の心と向き合って、すごい形相をしながら、自分と向き合う姿が、本当に光輝いて見えた。

これが田池先生が残してくれた道なんやなあって思った。

己を表し、我を見よの世界ではなく、ともに帰ろう、ともに帰ろう、

ともに帰っていこう、そういう仲間なんだと、愛の道なんやなあ。

本当に本当に素晴らしい世界に、今、居合わせてもらってるんやなあって、心に響いてきた。

肉のつまらないことに捕らわれていないで、

この幸せをもっともっと喜んでいける自分になっていきたいと思いました。

誰、彼じゃないんですね。

みんなひとつ、みんなひとつ、よく分からないけれど、

そういう思いが自分の中に伝わってきて、嬉しいです。

本当に本当に学びの友は素晴らしい仲間なんですね。ありがとうございました。


いつもこういうお世話をしていただいている、UTAブックさんにも、本当にありがとうございます。

 

 

*********************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最後まで 読んでいただいて ありがとうございます。

松岡儀典(まつおかよしのり 1946年・昭和21年の戦後生れです。

(メッセージの分類・編集人)