令和/R年度のUTAの輪セミナーを、塩川香世が 田池留吉の意識の指導のもと、

実践を中心に執り行われ、その動画も公開。募集要領や結果等も掲載。

枠が黒く表示される方は、上のメニューバーの中心にある 「破れたページの形をしたアイコン」をクリックして下さい。

 


UTAの輪 「心」の目次(田池留吉)   ←クリック

 

これから宇宙は変わっていきます。

地球も変わっていきます。

次元移行に向かって人類も変わっていきます。

 

  UTA会  ⇒田池留吉 [NPO法人・UTAの輪]

 

UTAの輪セミナーをあと20年間

NPO法人

UTAの輪  

 

 UTA の 輪 セミナー

2019年 令和/R年

NPO法人

UTAの輪 

2019年・令和元年 7月 16日更新

学ぶ方へ

 

セミナーに参加するまでに!(田池 留吉) ←クリック

田池留吉の意識からのメッセージ  令和/R

田池留吉の意識からのメッセージH.29・30・31

 

塩川香世のメッセージ 令和元年クリック!

塩川香世のメッセージ H.31クリック!

塩川香世のメッセージ H.30クリック!

塩川香世のメッセージ H.29・28クリック!

 

令和元年 「UTAの輪の中でともに学ぼう」 塩川香世

H.31 「UTAの輪の中でともに学ぼう」 塩川香世

H.30 「UTAの輪の中でともに学ぼう」 塩川香世


H.29・28「UTAの輪の中でともに学ぼう」 塩川香世

 

 

令和/R年  NPO法人・UTAの輪セミナー(塩川香世) ←クリック

平成31・30・29・28.27年NPO法人・UTAの輪セミナー(塩川香世) ←クリック

 

 

令和/R年UTA ブック塩川香世「ZOOM(ズーム)ミーティング」・瞑想会

平成31・30年UTA ブック塩川香世・NEW スカイプ反省・瞑想会

平成29・28・27・26・25年 UTA ブック ・ 塩川香世・スカイプ瞑想会

 

 

NPO法人・UTAの輪 (UTAの輪作り) 令和/R年 ←クリック

NPO法人・UTAの輪 (UTAの輪作り)H.31・30・29・28 ←クリック

UTAの輪  (UTAの輪作り)H.25・26・27 ←クリック  

 

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

私が 伝えています学びは、

意識の転回、 愛の覚醒、 次元移行 です。

アルバート(田池 留吉)とは

アルバートからのメッセージ←クリック

 

*******************************************************

 

セミナーに参加することが学びではありません

学びは自分の心を見ることです。

正しい瞑想をすることです

 

*******************************************************

U T A ⇒ ユー ・ ティー ・ エー と読みます。

U T A

 U、T、A、文字通り、UTAを心で感じる喜びに、あなたもその第一歩を踏み出してください。


 U=宇宙・UFO。  T=田池留吉・天変地異。  A=アルバート・


250年後に至る大きなキーワード。

そのキーワードを大切に、これからあなたの時間を使っていきましょう。


たくさんの私達の仲間、UFOとともに次元移行していく時を楽しみにしています。

「田池留吉に心を向ける。」ことが、全てです。

肉の田池留吉ではなく、意識のタイケトメキチ(本当のあなた)のことです。


*******************************************************

私達は愛のエネルギー、

愛こそ私達のふるさと、

共に共に帰るところです。

私達は争ったり、傷付け合ったりする存在ではありません。

共に共に愛に帰る存在です。


私達は何故転生を繰り返してきたのか、

なぜ生まれてきたのか分かってください。


忘れ去った、見捨てた愛に目覚めるためにのみに私達は、

今、この星に生きているのです。


見えますか、聞こえますか、感じてlますか。愛が、愛を。

みんな一つ、この道を、愛へ帰る道を、

共に共に喜んで喜んで進んでいきましょう。

******* お問い合わせ先 *******

 

NPO法人・UTAの輪  理事長 久保徹夫

 

◆NPO法人UTAの輪 志摩事務所  ◆ 2017年2月1日開設

〒517-0213   三重県志摩市磯部町穴川1178−3 ふるさと苑B館

Tel / 0599-55-0225

Fax/ 0599-55-0228

 

E-mail utanowa2015@gmail.com  

   

 HP  http://npo-utanowa.com/ ←クリック

 

*********************************

 

4/1より「NPO法人UTAの輪2019年度会員受付」を致します

2019年度会員を4月1日(月)より募集いたします。

 

本会が行なう各種セミナーおよびグループ活動には、

会員登録が必要です。

 

詳しくは4月1日(月)ホームページにて

「2019年度会員受付のお知らせ」を掲載いたします。←クリック

詳細と申し込みはコチラからお願いします。

新年度は、2019年4月1日〜2020年3月31日となります。

 

 

2019年セミナー開催一覧

 

ホームページメニューにて「2019年セミナー開催一覧」を掲載いたしました。

 

「セミナー案内」にて、

「参加資格」「開催日」「開催場所」「払込期間」「キャンセル連絡日」

「セミナーの日程」「セミナー参加費」などをお確かめください。

 

詳しくは、下記をクリック ↓

「セミナー案内」  ←クリック

 

*********************************

 

NPO法人・UTAの輪セミナーの参加資格のお知らせ◇

NPO法人・UTAの輪セミナーの参加資格は、

NPO法人・UTAの輪」の会員の方に限らせていただきます。

 

*********************************

 

田池留吉の予言 

 「これから、新しく この学びに参加する人の中から、すごい人が 現れます。」

 

*********************************

 

 まだ先のこと、2020年のことです。

2020年UTAホール志摩での一泊二日のセミナー、4回あります。

UTAホール大宝での一日2時間のセミナー、3回あります。


それぞれ参加していただく条件を決めました。

内訳は、志摩は一回は同居の学びの友、夫婦親子等々です。

二回は仕事、子育て、介護等で二泊三日のセミナー参加が難しい方、

あと一回はこれまで一度も志摩ホールのセミナーに参加されていない方です。

ただし4回とも、原則ふるさと苑の枠はありません。

また、大宝は二回は、50歳未満の方、一回は50代の方です。


いずれ抽選の日時などはNPO法人UTAの輪のホームページに掲載されます。


来年のことなので、予定は未定ですが、一応ご報告まで。

 

 

 学びを生活の中心に置いていこうとしたとき、

NPO法人UTAの輪から配布されているカレンダーをきちんと活用してください。


そこにはセミナーの予定が記入されています。

受付開始日、受付終了日をきちんと確認して、

参加する予定のセミナーの入金日もまたそこに各自記入する習慣をつけてください。


入金したつもりでいて遠いところからセミナー会場にやってきて、

その時あなたの名前がありませんと言われて初めて、

自分のうっかりミスに気づかされるといったことがあるように聞いています。


たとえばこのように、誰しも思い込み、うっかり、ぼんやりはあると思いますが、

ある程度の自助努力でその回数は減らせるのではないでしょうか。


年だから、色々とあって忙しかったから、それも分かりますが、

自分の側からすればそうでも、やはり各自注意確認することが必要だと思います。


肉を持って肉の中で学んでいるのだから、

守るべきところはきちんと守ってそして確認を怠らず、

お互いにできるだけ気持ちよく関わっていきましょう。

下らないことでスタッフの手を煩わせずに、

学びに集中できるセミナー参加でありたいものです。

 

 学びに触れるということは、偶然でもなく何となくでもなく、

自分の計画してきたことです。

環境、事情色々とあってその中で学びを推し進めていくのは容易いことではありませんが、

自分の計画してきたことだということを知ってください。


今世はこれまでの転生とは訳が違うという自覚のもとで、

はっきりとした生きる方向性を確認していきましょう。


今世を転換期に。

これまでの暗くて真っ暗な苦しい転生を、

何とか今世を境にして変えていこうとそれぞれがそれぞれに計画してきたことは確かです。


ただ、このことは自分の心で感じてそして知っていく必要があります。


いいえ、このことだけではなくて、学びについてはどれもこれも、

それぞれの心で感じ知っていくことが必要です。


心が知っているから、自分の中に響き伝わってくるんです。

それを肉で拒否し否定し打ち消してしまうのか、

それとも、ああそうだったんだ、やっぱりそうだったんだと

思いを向けていくかということでしょう。


同時期に学ばせていただいていることを嬉しく思い、

互いに声を掛け合い、思いを同じ方向に向けていきましょう。

そういう仲間があなたの周りにいれば、

それはそれは幸せなことではないでしょうか。


仲間です。上も下もありません。

 

 

同じことを言ったりしたりしても、それぞれの心の世界は違います。

もっと端的に言えば、その人が本当に自分の基盤を、

生き方の方向を変えていこうと心から思っているのかどうなのか、

他力の心のまま学びに繋がっているだけなのかどうなのか、ということです。


形を見れば、セミナー参加、現象参加、同じかもしれません。

ただし、今語ったように、その人が、自分の中をどれだけ正しい方向に

解き放していこうとしているか、あるいは旧態依然のままで、

惰性でセミナー参加、現象参加をしているのか、

それは、これからの250年、300年の間にきちんと結果を出してきます。

全部自分が選び取っていった結果です。

誰に何に原因があるわけではありません。


厳しいんです。意識の世界は正確なんです。

素直なんです。

肉の世界、そして、偽物の意識の世界とは次元が違います。

優しさ、温もり、喜びは単なる優しさ、温もり、喜びではありません。


愛へ帰るということは、大変なことです。

裏切り続けてきた意識にとって、

相当な決意、思いで向き合っていかなければならないことです。

お遊びではありません。

なれ合い、じゃれ合い、心を見ないままでは、愛へ帰る道を歩いていくことなどできません。


 

*********************************

 

ともに学んでいこうという空気、雰囲気があなたの身近にあれば、

それを互いに進化させていってください。

ともに学んでいこうと

心から喜んで呼び掛け合ってください。


もちろん、自分の中にというのは言うまでもないことですが、

こうして今互いに肉を持ち、自分を学ぶというチャンスを用意しているんだから、

本来の生きる意味、道筋を確認し合いながら、

そして合言葉通り、250年後の再会を果たし、ともに次元を超えてください。


こんなチャンスはこれから250年の間にそうそうあるものではありません。

 

互いに自分を繋いでいく、繋いでいけるように、

互いから心を、自分の発してきたエネルギーを見させていただきましょう。


実際に田池先生とともに学んでこられた方は幸せ者です。

確かに、そこには時間の長短、肉との関わり合いの違いはありますが、文句なしに幸せ者です。

そして、残念ながら、先生とともに学べなかった方もおられると思いますが、

今、学びに触れているということは確かなことですから、

学びの友とともにしっかりと歩んでいく方向に、自分の生きていく舵を切ってください。


250年後が本番です。

本番に心を向けていけるように自分を学んでいきましょう。

 

私達は、同時期に肉を持って学びに繋がった仲間です。

夫婦、親子、兄弟姉妹、親友等の関係に関わらず、私達はそういう仲間です。


同時期に肉を持ち、そして学びに繋がった、これ以上の喜び、幸せはないと思います。


あなたはどう思われているか知りませんが、

私は、今世を千載一遇のチャンスだと認識してきました。

それは同時に、自身の意識の世界が救いようのない状態だった

ということを証明していると感じてきました。


だからこそ、今世、真実の世界から肉を持つのと同時期に肉を用意して、

学びに集い、手取り足取り学ばせていただいたんです。


救いようのない真っ暗闇の意識だったからこそです。

私達はそういう意識の集団だと私は感じています。知っています。


地獄の底の底の奥底から這い上がってきた真っ暗闇を抱えた意識だということを、

どなたも心で感じてください。

そして、そんな私達ですが、自分のふるさとへ帰りたい、帰ろうという思いが強いから、

今世、学びに繋がったと分かってください。

 

 

 心を見てください。真剣に自分の心を見てください。

そしてもうひとつ、真剣に自分の学びの姿勢を問いただしてください。


セミナーに参加しているから、学んでいるとは限りません。

どんな思いでセミナーに参加しようとしているのか、

セミナー会場の現象の場で感じたものをこれからの自分の生き方に

本当に活用していこうと心から思っているのか、

それともただ惰性でセミナーがあるから行く、

ただそれだけのことなのか、確認精査してください。


そうしないと学びに費やしているエネルギーに対しての効果は殆ど見受けられません。

はっきりとしたしっかりとした意思表示のもとで、

自分のこれからの生きていく方向を見定めてください。


250年に至る何度かの転生で自分を

見失ってしまう恐れを抱えている人達がまだまだ数多くいます。


学びは宗教、他力信仰ではないということを、

頭の理解ではなく 心から分かっていただきたいと思います。

 

 

 

すべて田池先生、田池留吉の意識の世界が

布石を打ってくれています。

 

残してくれた足跡、学びの道筋です。それは具体的にはセミナー開催を意味します。

ともに学ぶ時間と空間が必要です。

セミナーはワン・ツー・スリーの現象中心です。

それぞれがそれぞれの心で波動を学びます。

また、異語、種水を通して波動を学びます。

 

学びを滞りなく予定通り進めていけるように、適材適所ということが感じられます。

誰がとか何がとかそういうのではなく、みんなで学んでいこうとする思いの表れが

適材適所という形となって学びの時間と空間が提供されています。

そこで己を前に出せば、必ずトラブってきます。

肉の力、頭で学びの環境は整えられません。


みんな
意識の流れの計らいです。

肉、それぞれはその計らいを喜んで受けていけばいいだけです。

ただ、喜んで受けていくということが、愚かな肉には難しいんです。

肉は、肉の思いはどこまでも愚かです。


肉ですることは、ただひとつしかありません。

自分の心を見て、そして正しい瞑想が少しでもできるように努めることです。


こんなこと何度やってもという思いがちらりとでも感じたならば、

その背景には他力の神々が鎮座する闇黒の世界が

ドーンとあることは間違いなし、確かなことです。


学びを軽んじないでください。

学びを軽んじるということは、自分を軽んじるということです。

それでは本当の自分の世界とは絶対に出会えないということになります。

肉を本物とする思いが行く手を阻むのです。

行く手を阻んでいるのは、愚かな自分だとしっかりとご自覚ください。

もう迷うことはないと思います。

心は揺れるかもしれませんが、その揺れが大揺れのまま自分を見失うことはないと思います。


揺れがどこからきているのか、この揺れをどうすればいいのか、

その対処の方法はどこにあるのか、

その問いかけに対する答えは、それぞれの心で出てくるでしょう。

あとはその出てきた回答に対して、どの程度の角度で向き合うことができるかだけです。


どの程度の角度、真正面からしっかりと向き合えるか、

その角度が段々に大きくなって、

結局は自分の心の針の向け先

とんでもない方向に向いていくのか、そういうことでしょう。


それを左右していくのは、それぞれの心の中に巣くう他力のエネルギーの程度であり、

それと並行して感じている母の温もりの厚み、深さ、広さの程度

だと言えると思います。


心の針の向け先の正しい方向を知って、

その方向に針を向けて合わせていく以外に、

本当の自分の生きる道が見えることはありません。


互いに肉は愚かですが、

本当の自分の生きる方向がしっかりと定まっていくように、

学んでまいりましょう。

 

 

 学びの本番は250年後です。

今世はその予習段階です。

とは言え、今世の学びがいかに大切であるか、それぞれの心でお分かりだと思います。


今世をいい加減にして、250年後に飛べません。

今世の学びの結果を受けて、これからの転生が展開されていきます。


誰が決めたわけでもなく、みんな自分で計画してきたことだということを、

どうぞ、日々の瞑想を通して確認してください。


自分が出したものは自分に返ってきて、そして、そのことにより、心を見て、瞑想をして、

さらに自分の生きていく方向、選び取っていくものを決定していくだけのことです。


今世、私達は初めて真なる学びに触れさせていただきました。

今世を境にして180度自分を変えていきましょうというメッセージのもと、

自分の本来生きていく方向、本来選び取っていくものを確認、確認しているのが、

田池先生没後のセミナーの学びの時間です。


それぞれの心で受け止めていくしかありません。

心で受け止めた波動の世界を信じてそして育んでいく、

私もあなたもともにやり続けてまいりましょう。

そして、それぞれ肉を置いていく時期が来れば、

250年後の再会を必ず果たしていこうの合言葉で、肉はお別れしていけばいいんです。


肉が無くなったからと言って、存在が無くなったことではないということについて、

心の理解を深めていきましょう。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

もうすぐ橿原セミナーです。

田池先生との思い出がたくさん詰まっている場所でともに学べることを思うと嬉しいです。


あなたの中のアマテラス、順調に成長なさっていますか。

自らの姿、愛に目覚めていく道筋をともに歩いていこうという喜びが心に伝わってきますか。


アマテラス、アマテラス、ありがとう。ともに帰れる喜びをともに大きく広げてまいりましょう。


巫女の心を奥深く刻み続け、それでもこうして愛へ帰っていくことを促されていると、

今世の肉を通して学ばせていただきました。


巫女、卑弥呼当時の思いをずっとずっと引きずったまま転生を繰り返してきて、

ようやく、宇宙を思い瞑想をする中で、本当に宇宙を真っ黒に汚してきた愚かさを知らされました。

しかし、それがあったからこそ、

ともに愛へ帰る意識だと心から伝わってくる波動の中にあることをしっかりと知ったのでした。


アマテラスを始めとして宇宙に思いを向ける瞑想をしっかりとしてまいりましょう。

過去、未来、今という時にともにあることを知ってください。

 

 

 セミナー会場で、あるいはインターネットを活用し、

ともに学ぶ環境にあることを喜んでいます。

特にセミナー会場に出向きともに瞑想をする顔ぶれがほぼ定着していることは、

いいことだと思います。


私は、学びの中心核、そこから波及する輪が安定した状態で、

今世の学びを終了できればそれで上出来だと思っています。


本番の250年後に向けてその予習段階である今世の学びの時間を、大切になさってください。


今世、心に伝えていただいた波動の世界を、

本番に見事大輪の花を咲かせることができるように、

真っ直ぐに思うことをやっていきましょう。


学びは自分の心で感じていくということですから、

自分の中にたとえば250年後ということが具体的に響いてこなければ、

次元移行など荒唐無稽のお話としてしか受け取れないと思います。


しかし、感じる方にはそうではありません。

たとえばアルバートと思いを向ければ、自然に中が反応します。

出会いたかった、本当に出会いたかった、

そんな思いが心の底から噴き上がってくる体験を重ねていくでしょう。


説明などできません。

ですが、噴き上がってくる思いは確かにあるんですから、

そういうことを瞑想の中で繰り返し体験して、

そして、肉の自分と意識の自分の違いをはっきりと知って、

本物を選び取っていくという学びの時間になっていくと思います。


そこで確認です。今世の転生は違うんです。

その違いはすでにそれぞれの中で明確になっていますか。

自己評価して、そこからそれぞれに学びを進めてください。

 

 

学びに触れる時期はそれぞれ違います。

殆どは、20年、30年と長く学んでおられますが、そうでない人もいます。

大事なのは、それぞれ学び始めてから、

どれだけ学びの基本に沿って学んできたか、学んでいるかでしょう。


学びの中心部分をしっかりと伝えるという仕事を終えたから、

田池留吉の意識の世界は、一旦肉という形を消しました。


肉を持ってする仕事の終了とともに、今世の肉を捨て、

あとは250年後を待つのみということです。


今世初めて伝えてくれた真の波動の世界に

しっかりと呼応していく喜びと幸せを学ばせていただいた事実があります。


「私達の本当の姿は目に見えません。

波動、エネルギーとして永遠に存在しています。

肉、形を本物とする思いから、

意識、波動を本物とする思いに

180度転回していってください。

すなわち意識の転回を速やかに遂行して、

本当の人生を生きてください。」


意識の流れからのメッセージは確実に現象化してまいります。


天変地異という形で、肉、形の世界が総崩れしていく中で、

何を思っていけるか、何に心の針を向けて合わせていけるか、

一人ひとりの課題となってきます。

250年後の本番に向けて動く 意識の世界を感じてください。

 

 

学びの友からのメールです。一読ください。


私は間違ってきました。学び始めて30年余り、ずっと間違ってきました。

それ以前も含めればどれ程!? というくらい間違ってきました。

ものすごくものすごく間違ってきました。


そんな私が、学べる環境を維持するためにと、必死でお金を確保しようとしてきました。

その思いがとても重荷だったと気付きました。欲でした。まったくの欲でした。

本当に浅はかでした。


そうではなかった。

例えセミナーに行ける回数が極端に減る、ゆったりとした環境を確保することが出来ない、

そういう環境が整わなくなっても、喜んで自分の間違ってきた結果を受け入れていく、

そういうことでした。

自分でやろう、自分でやろうとしてきた愚かさを感じました。それこそ肉の思いでした。


ただひたすら自分を見つめていくこと。

自分の間違いに気付いていけること、そしてそんな自分を受け入れていけること、

そして意識の世界を信じていけること、田池留吉とひとつ、

そんな自分だと信じる信を強め深めていけること、

そういうことを喜んで喜んで日々歩いていけばいい、

重荷だった思い、少し軽くなっていけそうです。


ありがとうございます。

喜び、すべては喜び、明るく、喜んで日々を暮らしていける、それが意識の世界でした。

そして、自分が学んでいくのに必要なもの必要な環境は、必ず必ず整っていく、

それが意識の世界、本当の私の世界でした。

それは安らぎと、喜びの世界です。


気付かせていただきました。ありがとうございます。

 

 

 7月の橿原セミナーの受付が早々と終了して、参加者名簿が届きました。


いつもこの位早い段階でセミナー参加が決まればと思いますが、そう都合よくいかないです。


7月の橿原セミナーまで1か月ほどあります。

橿原も琵琶湖と同様に、田池先生との思い出がたくさんある場所です。

諸般の事情が許されるのならば、セミナーの場として残しておきたいと思っています。


ホテルの窓から二上山を眺め、そしてセミナー会場に肉体を運ぶ、それがやはり嬉しいです。


あなたの中の巫女の思い、喜びへ温もりへ帰っていますでしょうか。


心に沁みついている巫女当時の思いを、出来るだけ聞いてそして受け止めていってください。


そして、巫女を思ってする瞑想が、とてもとても愛しいと思えるようになっていきましょう。

心をズタズタに切り裂いてきたけれど、それを救い上げていける安堵感とようやく出会っている

そんな瞑想を繰り返して、そして、7月、橿原の地にてともに心を向けてまいりましょう。


次回ライブ配信予定日は、6月27日(木)、午後2時です。

 

 

 

色々な形で、学びの友が積極的にともに学んでいこうと動き出される最近を嬉しく思います。

私は我関せずというところがありますので、積極的には情報収集はしていませんが、

何かの折にそういう動きを感じさせていただいて、何かいいなあと思っています。


それぞれの動きには水先案内人がいるでしょうが、あくまでも水先案内人に徹してください。


ともに学んでいこうという思い、姿勢は絶対に忘れてはいけないでしょう。


みんな間違ってきたのです。みんな狂い続けてきたのです。

正しく生きてきた人など存在しません。


みんな真っ黒だけを宇宙に垂れ流してきたということ、

そして、その回収はそれぞれがやっていく必要があるということ、

そこをぶれずにともに学んでいきましょう。


誰が上、誰が下、そうではなくて、愛へ愛へ帰れる道があることを知って、

その道を自分の足で歩いていく喜びと幸せを、

どなたも心に感じ広げていけるような、

そんな今世の学びの結果にしていこうと呼び掛けます。

 

 

半端な思いで学びをしていませんか。

真っ直ぐに学びと向き合えているあなたでしょうか。

そして、今、あなたはあなたの環境その他を通して、

学びに触れている今を心から喜んでいますか。


あなたは特別ではありません

真っ黒だから、どうしようもない状態だから、今世、学びに触れているんです。

 

先日の琵琶湖セミナーの最終日に、

セミナー資料から読ませていただいた中に、

決死の覚悟という文言がありました。

 

決死の覚悟で、自分を救いあげていこうとして、

今世の肉、環境を用意して、学びの時間と空間を自分に用意しました。

 

それは今語った状態だからです。

今世を逃しては難しいということを、今一度、どなたも心に留め置いて、

それぞれの責任のもと、生きていく道を選択してください。


決死の覚悟をしてきた自分は、

あれとこれを平行に進めていくことなどできないということを知っているんです。

心は知っています。中は知っています。知らないのは肉のあなただけです。

 

肉のあなたは色々と言い訳、尤もらしい理由を並べ、正当化します。

しかし、中から決死の覚悟という思いが伝わってきているならば、

それに忠実に肉は沿っていく方向に取捨選択が必要です。


肉の仕事は中の思いを、切なる思いを最大限活かしていくことにあります。


肉を活かすために肉があるのではありません。

 

 

 学びの友からたくさんのメールをいただいています。

みんなセミナー嬉しかった、ありがとうと喜びを伝えてくれています。


ともに学ぶ時間と空間を大切に、そして、日々それぞれ正しい瞑想を心掛けて、

それぞれ自分の計画、予定してきた愛に帰る道の遂行に努めてまいりましょう。


250年後の再会を果たしてくださいとお伝えしています。

意識と意識の喜びの出会いを持ちましょう。


今世、アマテラスの国、日本より学びは発信されました。

小さな島国日本です。

250年後には海の底に消えていますが、アマテラスの目覚めにより、

宇宙が大きく変わっていく仕事の場を設けていただいたことを嬉しく思います。

アマテラスの思いが国を形成し、

そしてアマテラスの思いの成長とともに国が崩壊していくのです。


次元移行という意識の流れを心で真っ直ぐにとらえ、

自分達の真実を心で明らかにしていきましょう。


帰るところ、帰るべきところがあったんです。

心で感じて感じて、さらに奥深く進んでいこう。

形ある世界に真実はありません。

 

 

 ともに心を向けていこう。明日(6月9日)から琵琶湖セミナーです。

参加予定の方もそうでない方も、どうぞ、ともに心を向けていきましょう。


どんな思いで日々、暮らしていますか。


生きていくのがやっと、精一杯かもしれません。

尽きることのない欲の渦に辟易しているかもしれません。

やっぱり、肉だ、肉だという思いが後から後から出てくるかもしれません。


形の上では幸せ、しかしその一方で思いがとらわれていくのが苦しい、

この執着の思いを見ていかなければと思うけれど、とりあえずはと先延ばしにしようとしている、

甘いなあと感じるけれども、どうしようもないと思っているかもしれません。


日々、色々な思いを抱えて生活をされていると思います。

 

ただ、しかし、私達は道を間違えてきた、道を見失ってきたということは、

どなたもどんなときも心に留め置いてください。


道を間違えてきたから、道を見失ってきたから、

本当の喜びも幸せも知らなかったんだと、どの程度自覚があるでしょうか。


間違えてきたのは自分、見失ってきたのは自分。


それを素直に真っ直ぐに認めて、本来の軌道に自分を乗せていこうと、

今世、学び始めていきましょう。

 

 

私とあなた、肉も環境も抱えている課題、問題も違います。

ただ、私とあなたは、今世学びに繋がりました。

学びに触れて学ぶという時間と空間の中にあります。そこは共通しています。


私達を繋いでいるのは、この事実、現実です。

そこを軸にして学びの輪の中で繋がっていきましょう。

それ以外で繋がりを求めても、結果は芳しくないでしょう。


学びを自分の中でどのようにとらえ、いかに学びに沿った生き方をしていくかは、

それぞれの課題ですが、肉を同時期に持って同時期に学びに繋がった友として、

できればともに同じ方向を向いて、幸せと喜びの世界をともに味わっていけたら、

互いにとって喜ばしいことではないでしょうか。

こんな素晴らしい繋がりは、肉、形の世界では決して成立しないでしょう。


思う思いの向け先を限りなくゼロに合わせていこうとするときに、

自分の中に広がっていく波動の世界があります。

その波動を感じ合う仲間が宇宙に広がっていけば、

当然の如く肉、形の世界が崩れていくという現象が起こってきますが、

同時にそれは更なる波動の広がり、伝達を意味し、

宇宙が挙って次元移行の意識の流れの中で目覚めていくということになっていきます。

 

 

 学びの友からのメールです。一読ください。



ただただ、心の中の喜びを確認していくだけ。

それを、セミナーで、家で続けていくだけ。

これでお終い。出来上がりというゴールはないのですね。


「せっかち」「欲張り」「心配性」というレッテルを幾つも付けている私の肉の思いでは・・・

「はい!貴方は出来ました!良かったね!」と言ってもらいたいのです。

誰に言って貰いたいのか?亡くなった先生?塩川さん?皆に?そんな愚かな事は有り得ない

と確信している自分もしっかりあるのに、認めてほしいという自分がしぶとくいます。


でも、何かが変わったのです。

いつ、どこで、何が変わったのか私には分からないので表現出来ません。


この一年、身体の不調が続き、ただ肉体を治すのに必死だった筈の私でした。

タイケトメキチ、お母さんに心向けても欲で向いていた私でした。


でも、何かが変わったのです。

私の中では「認めろ!己一番!」はしぶといです。ドカンとあります。

けれど、何か、私がその闇を思う時、今までと違います。

頭では分からないことなのですね。

心が嬉しければ全て良し。指標が見つかった様な感覚です。

でも、又、どこかで「いつまで続くか!」という冷ややかな、そして心配する思いも出てきます。


先生がよく言ってくださっていた・・・ふんどし担ぎからその上その上と、

沢山の闇が私も私もと出てきます。闇の私が溢れるように出てきます。

本当に切ないです。

受け入れていける優しさと温もりが私の中にあると信じて、瞑想していきます。

タイケトメキチ、アルバート、お母さんを思います。

 

 

 セミナーはいいなあ、やっぱりいい。

学びの友のメールを読ませていただき、

それぞれがそれぞれの歩みをしっかりとしていこうという思いが伝わってきます。

ともに学べる私達は本当に幸せ者だと実感です。


上も下もなく、ともに愛へ向かって、自分達の帰るふるさと、

愛へ思いを向けていこうとする動きが、徐々に育っているように思います。


他力のエネルギーにがんじがらめの意識の世界が、

温もりへ喜びへようやく解けていく流れの中にあります。

 

厳しく険しい道だけれど、しっかりと前を向いて、

そして帰っていこうと力強い呼び掛け、いざないに、

どなたも心でしっかりと応じてください。


自己確立こそ喜びと幸せの道です。

 

田池留吉の意識の世界が、

その肉を持って指し示してくれた方向にきちんとしっかりと心の針を向けて、

そしてともにある喜びを心に広げていけるようになってください。


今世の学びの時間と空間の中で、その確信を強め、

そして三次元最終時期、250年、300年にそれぞれの心を繋いでいってください。


必ず
250年後の意識と意識の出会いを果たしてください。

 

 

 5月の志摩セミナーも無事終了し、思いは6月の琵琶湖セミナーです。

ともに学べる時間と空間がありがたいです。

自らの肉をセミナー会場に運び、そして、自分を学ぶ、波動の世界を学ぶ

これはどんなにお金を積んでも手に入れられない幸せと喜びです。


肉体を離しても持って帰れるものを大切に、

今、肉体を持っている今、しっかりと学ぶべきです。

学べる環境にあり、それを最大限活用できれば、もう何も言うことはありません。


苦しみ狂い長い長い間彷徨い続けてきた私達です。

もちろん、その状態がすべて解消されている訳ではありませんが、

ようやく苦しみの奥底の底の底から

浮かび上がってきた状態をキープできるに至っている現実は確かにあります。

自らの意識の世界を本来の状態に戻していく術を学ばせていただきました。

あなたの学びは進化していますか。


幸せとはどういうことなのか、喜びとはどんな世界なのか、全部自分の心が知っていました。

その自分の心を信じそして大切に育んでいくことだけに専念していきましょう。


帰りたい、帰ろう、帰ります、段々に思いを強くしてください。

一進一退の歩みではなく、前へ前へ一歩、一歩、着実な一歩を出してください。


他力は自滅の道。

自らを破滅破壊していく、つまり自滅の道。

目覚めてまいりましょう。

 

 

今年初めての10連休明けるとまもなく志摩セミナーがあります。

昨日は、UTAホール大宝で、50歳未満の方達とともに

瞑想をする時間を持たせていただきました。


こうして、2019年も早や3分の一か月が過ぎようとしています。

その間の予定されたセミナー、みんな無事終了です。本当にあっという間です。


私はセミナー開催に体調その他を調整することをまず念頭に置き、

あとの日々の生活はゆったりとゆっくりと流れる時間の中で過ごしています。


泣いても笑ってももうあと僅かな三次元の時間です。

地球という星に数限りない転生の機会を持たせていただき、

いよいよ三次元最終段階のお勉強というところまで漕ぎつけました。


昨日のUTAホール大宝でのお勉強を終え、

帰宅してふとセミナーを振り返ったとき、こんな思いが心に上がってきました。


250年後の来世のことをほんの少し語ったからかもしれませんが、

どうぞ、あなたも250年後のあなたが心待ちしていることを心から感じられて、

そしてしっかりと三次元最終のお勉強へと自分を繋いでいってください。

 

心をひとつにして意識の流れに乗っていきましょう。

真の学びの友の輪を広げてまいりましょう。

 

********************************************************

 

☆ 私がお伝えしたいこと、あなたが知りたいことは

「意識の流れ」の本と意識からのメッセージにすべて記されてあります。

 

*************************************************

田池留吉氏の指し示す方向に沿って 学んでいく事です。

本をじっくり読んで、ホームページをきちんと見て、

最初は、真実を頭で、理解してください。

 

そして 最後は 「瞑想」 です。

そこに すべてが 凝縮されています。

正しい瞑想を通じて、あなたの心で、感じて 真実を知って下さい。

**************************************************

 私たちの時間は永遠です。生まれてから、死ぬまでが、私たちの時間ではありません。

私たちの時間は、死んで途切れることなく、ずっと続いています。その時間の中で、

今、一つの肉体を持っているだけです。 

 

********************************************************

(サイトマップ)クリック!
意識の世界からのメッセージ集(250タイトル)への入り口

The Messages to you from The World of Consciousness

私のHPの「意識の世界からのメッセージ」は、

すべて、本当のあなたから、あなたへのメッセージです。

だから、私が 本当の、意識のあなたの代わりに、HPを通して お伝えしているのです。

********************************************************

 

あなたも

本当のこと(真実)本当のあなたを 頭で知り、あなたの心で感じ、心で分かり、

あなたが 転生 した 300年後 のニューヨークから、

宇宙の友UFO と共に四次元へと 次元移行 に向けて、

喜怒哀楽のその時 心を見て お母さんの反省  他力の反省 を繰り返し

意識の転回 をし 自己供養 と 自己確立 のための 

1心の心の針を正しい方向に、ピッタリと合わせた 正しい瞑想  

を本当の仕事として、 日々実践する 学び  

をするために あなたは 今世 生まれて来ました。 それ以外の目的はありません。

 

ここでは、そのための意識の世界からのメッセージを お伝えしています。

 

(注)青い大きな文字下線のあるところをクリックすると、そのページが開きます。

 

***************************************

なぜ、田池留吉の意識が、地球上の、それもこんな小さな島国、日本に降り立ち、

20数年かけて、セミナーを開催してきたか、これは、非常に大きな意味があります。

***************************************

あなたも、真実の世界を学ぶために、生まれてきました。

それ以外の目的はありません。

 

今、学ばなくて、いつ学べるのでしょうか

ホームページを通して、呼びかけています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

****************************

喜びと幸せの輪を広げよう

****************************

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!

****************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最後まで 読んでいただいて ありがとうございます。

松岡儀典(まつおかよしのり 1946年・昭和21年の戦後生れです。

(メッセージの分類・編集人)

>