枠が黒く表示される方は、上のメニューバーの中心にある 「破れたページの形をしたアイコン」をクリックして下さい。

 


「心」の目次(田池留吉)   ←クリック

H.27

 

「 U F O 」 の意識との交信

U F O からの メッセージ

 

正しい 瞑想

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」

「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」

 

「 U F O 」 の意識との交信 ←クリック

UFO に思いを向ける 瞑想←クリック

宇宙は 愛 「宇宙に向けて」 ←クリック 

母なる「宇宙」を想う 瞑想 そして 次元移行←クリック

 

宇宙の友「UFO」 と 喜びの次元移行・ 宇宙の意識  ←クリック

「私達は、宇宙とともに 次元移行をします」クリック!

300年後の次元移行そして母なる宇宙←クリック

宇宙の風(宇宙からのメッセージ) クリック!

田池留吉・アルバート、過去世・来世、宇宙・UFO、天変地異、次元移行クリック!

「人間はどこから来てどこへ行くのか」 <意識の流れ>真実の故郷を求めて!

 

H.27  「UTAの輪の中でともに学ぼう」  塩川香世  ←クリック 

 

 

 

「UFO」は、実在する。

そして 宇宙人は、元もと私達・人間の仲間である。

UFOからのメッセージの数々・・・・

300年後、宇宙の友「UFO」と共に 私達は、この3次元地球を後にし4次元へと「喜びの次元移行」をする。

 

ここで言う、UFOとは 目に見えない意識の世界のUFOです。

UFOには、形はありません。波動、思い、エネルギーです。

「UFO=宇宙人」という意味ではありません。

 

UFOは存在します。

しかし、人類のように肉という形を持つUFOというものは存在しません。

この点は、しっかりと押さえておいてください。

 

************************

「意識の流れ」とは、次元移行を指しています

私たち人類は、喜びだけの意識の世界から、闇の思いが生まれ、その闇を光に変えるために

1次元にて 初めて肉体服をまとい、2次元の星、3次元地球へと時空を超えて移行してきました。

そして、いよいよ、300年後、4次元へと時空を超え、次元移行をしてまいります。

さらに、次元移行は続き・・・・私達の本当の心の故郷・意識の世界へと帰って行く旅路です。

************************

********************************************************

U T A ⇒ ユー ・ ティー ・ エー と読みます。

*******************************************************

U T A

 U、T、A、文字通り、UTAを心で感じる喜びに、あなたもその第一歩を踏み出してください。


 U=宇宙・UFO。  T=田池留吉・天変地異。  A=アルバート・


250年後に至る大きなキーワード。

そのキーワードを大切に、これからあなたの時間を使っていきましょう。


たくさんの私達の仲間、UFOとともに次元移行していく時を楽しみにしています。



*******************************************************

これから宇宙は変わっていきます。

地球も変わっていきます。

次元移行に向かって人類も変わっていきます。

 

*******************************************************

 

思うことがすべて。  思えば通じる。

思いは波動。  波動はエネルギー。

エネルギーは仕事をします。

思いは現象化します。

 

私はあなた、あなたは私。私達は一つ

 

 

『 喜び     ありがとう     笑顔 』 

********************************************************

 

「ふるさと」 の替え歌    ←クリック

愛の円盤 の物凄い効力と活用 (十二支)  ←クリック

五訓  UTAの輪の仲間 ←クリック 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

「心」の目次(田池留吉)   ←クリック

 

アルバート(田池 留吉)とは ←クリック

アルバートからのメッセージ←クリック

 

田池留吉のメッセージ H.26・27 ←クリック      

田池留吉 を 思う   (思う 喜び)   ←クリック     

正しい「心の針」の向け先   ←クリック    

 

    

宇宙は 愛 「宇宙に向けて」 ←クリック       

宇宙の友「UFO」 と 喜びの次元移行・ 宇宙の意識  ←クリック

 

意識 と 語る    塩川 香世     ←クリック        

塩川香世のメッセージ H.26・25 ←クリック     

私の瞑想より H.26 塩川香世    ←クリック    

H.27  「UTAの輪の中でともに学ぼう」  塩川香世   


学びの友からのメッセージ  ←クリック         

 

UTAの輪  (UTAの輪作り)H.25・26・27 ←クリック    

平成 27年  UTA の 輪 セミナー (琵琶湖 グランドホテル) ←クリック


学びの友の反省と瞑想←クリック             

学びの友からUTAの輪の友から )  ←クリック        

 

瞑想による 凄まじい闇の大噴出そして反転と総崩壊   ←クリック  

 

平成27・26・25年 UTA ブック ・ スカイプ WEB 瞑想会 ←クリック  

平成26年UTA 会・「正しい瞑想により  に目覚める」セミナー←クリック  

平成 27年  UTA の 輪 セミナー (琵琶湖 グランドホテル) ←クリック


 

死後の世界(意識の世界)・死後の自分と語る←クリック    


正しい 瞑想H.26・27 (そして (本当のあなた)に目覚めましょう)←クリック      

正しい瞑想 I   母なる「宇宙」を想う 瞑想 そして 次元移行←クリック    

瞑想、していますか ? 反省と瞑想の時間ですよ! ←クリック   

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ ←クリック 

 

(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

*******************************************************

 

あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。

何をするために今という時間があるのでしょうか。

あなたは、本当の自分を知っていますか。

あなたはどういう存在でしょうか。

 


UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。

肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、

みんな、みんないっしょに、愛 、心のふるさとへ帰ろう。

 

********************************************************

 

 私達は、今、肉体を持っています。肉体という形を持っています。

しかし、私達の本質は意識。愛、愛のエネルギーなんです。


波動の世界がすべてでした。

私達は形の世界を本物として、

ずっと、ずっと、長い間、気の遠くなるような長い間、転生を繰り返してきました。


すべて苦しい転生でした。間違った転生でした。真っ暗闇の転生でした。

その中に真実は何もなかったんです。真実は心に届かなかった。


このことに、誰もこの地球上に転生してきた人達、

誰一人として、心で気付いた人はいなかった。

誰一人、真実を明らかにする人はいなかった。

 


しかし、今、こうして、私達が肉体を持っているこの三次元の中で、

ようやく、ようやく、田池留吉、アルバートという真実の波動の世界と出会い、

三十年の学びの時間を経て、

私達は、真実の道、愛へ帰る道を、自分の心の中に見出し始めています。


だから、私達は呼び掛けます。

宇宙に彷徨う私達の仲間、

この三次元にやってこれなかった私達の仲間に呼び掛けます。


もちろん、肉を持ってこの地球上に転生してきた意識達にも、呼び掛けています。

ともに、ともに、帰ろうと。


愛、心のふるさと、私達のふるさとです。私達の心のふるさとは愛でした。

愛は、私達の心のふるさとでした。

懐かしい、懐かしい母の温もりの中へ、

喜びの中へ、ただただ広がっていく中へ帰ってまいりましょう。


私達は、これから、250年、300年かけて、

この地球上に、そして宇宙に広がっている空間の中で、私達は、呼び掛けてまいります。


波動として、存在していることを、

ただただ自分達の心の中で感じ合い、

共鳴し合う喜びの道を、ともに歩いていきましょう。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

********************************************************

 

********************************************************

田池留吉

 

有馬セミナーが終わってから、昨日今日と、UFOについてメールを頂きました。

いよいよ学びも宇宙、UFOとなってきました。


皆さんからの体験をお知らせください。

もう一つ、
宇宙人の存在、宇宙人との交信についてもメールを頂いています。

皆さん方はどうでしょうか。 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

UFOは、決してマイナスのエネルギーではありません

UFOは、私達を脅かす存在ではありません。


どうぞ、母の温もりを心にしっかりと広げ

自分が愛でしたという思いが湧いて出てきたならば、

UFOに思いを積極的に向けてください。


UFOは語っています。私達もともに愛へ帰りたいんだと。


UFOには形はありません。

宇宙に彷徨ってきたUFO達に思いを向けてください。


UFOは語っています。

どんどん三次元にいる地球人類の心に入ってくると。

そういう時期がもうまもなくやってきます。


母の温もりを知らず、愛を捨て去ったことも知らない人達がそのほうに思いを向けていけば、

愚かしい出来事となって、心の貧しさを示していきます。自らを狂わせていきます。


愛を捨て去ったのは、私達もUFO達もみんな同じでした。

ともに帰ろうと力強く伝えられるように、あなたの心を育ててください。


 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

「田池留吉、ありがとう。田池留吉、ありがとう。アルバートの波動を伝えてくれてありがとう。

本当にアルバートと出会いたかった。田池留吉、アルバートの宇宙に帰れるんだ、母なる宇宙に帰れるんだ」と、

UFO達の思いが伝わってきます。


ようやく、ようやく約束を果たすことが出来ます。

私は、250年の時を経て、今と同じように肉体をまた持たせてもらうけれど、

その時は、UFO達の協力が大いに発揮されることを感じます。


次元移行という大きな仕事を成し遂げていくために、UFO達は欠かせない存在です。

だから、今、UFO達に思いを向けて、交信していけることが本当に嬉しいです。

ああ、私達はこの波動の中にあったんだ、愛は私達の中にあったんだ、

それを確認し合える時間をいただいています。


宇宙を呼びたかった。心の底から宇宙に思いを向けたかった。

それが現実のものとなっている今を大切にしてまいります。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 UFOに思いを向けようとしている人が段々多くなっているように思います。

UFOと私達は決して無関係ではありません。無縁ではありません。

UFOは私達の仲間、私達はUFOとともにあるんです。


その仲間達に、どうぞ、ともに帰ろう、ともに学んでいこうと思いを向けてみてください。

己を認めさせるのではなくて、ただこうして、今肉を持って学ばせていただいた喜びを、しっかりと、優しくUFO達に語りかけてください。


UFO達には私達のような形はありません

しかし、思いは通じます。呼べば応えてきます

もうそういうことが日常になっている時期なんです。


宇宙へ、宇宙へ心を向けていく喜びと幸せを、ともに、ともに味わってまいりましょう。

帰りたかった宇宙。懐かしの宇宙。全部心は知っています。

どうぞ、宇宙、UFO、そして母なる宇宙に心を向けてみてください。

 


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

UFOよ、語りなさい。たくさんのUFO達に私は語りたい。

あなた方の思いを語ってください。

もっと、もっとこのアルバートの波動を伝えていきたい。UFOよ、語りなさい。



私達はUFO。「宇宙の中で彷徨い続けてきた意識です。

はい、苦しい、苦しい、苦しい。ああ、暗闇の中で、どんなに、どんなに母の温もりを求めてきたことか。

行けども、行けども、私達は苦しい暗闇の中に沈んでいきました。

UFOと名付けられました。UFOは彷徨う意識だと嫌がられました。


UFOはマイナスのエネルギーを発するものだと、

私達を恐怖に陥れるものだと、狂う存在だと私達はそのようなレッテルを張られました。

しかし、よく心を見てくださいということでした。

そうです。私達も心を見ます。あなた方も心を見てください。

ともに、ともにあった存在だったのに。

私達は温もり、喜びを捨て去った。みんな同じだったのではないでしょうか。」


「こうして、こうしてともに語り合える今があることを喜んでいきましょう。

伝えていきましょう。はい、ともに歩める喜びです。

温もり、喜びの中へ、ともに、ともに進んでいくんです。」


「私達はUFO。UFOは恐れるものではありません。

UFOは恐怖に陥れる存在ではありません。

ただただ暗闇を彷徨い続けてきました。真実を捨てたからです。

私達の中に愛があったのに、愛を捨て去りました。それはみんな同じ。

あなた方は三次元でその肉体を持った。私達はそこへ行けなかった。

しかし、彷徨っていることには変わりはない。

そのことを、もっと、もっと知っていただきたい。

私達は、今、ああたくさんのたくさんのUFO達が軍団を組んで三次元に突入していきます。

地球人類の意識の中に私達がいることを知ってください。知ってください。

私達は恐怖ではありません。私達もともに帰りたいんです。

温もりへ、喜びへ、愛へ、愛へ、帰りたいんです。


そのように伝えてください。

私達はあなた方の心の中に入ってまいります。どんどんどんどん入ってまいります。


それが良からぬ出来事を引き起こすかもしれません。

しかし、それはあなた方の心の中に、すでにそのエネルギーがあったんです。

あなた方自身が蓄えてきたんです。


UFOはそのことをお伝えします。

UFOが悪者ではありません。

UFOはマイナスではありません。

UFOもあなた方も同じなんです。

真実を捨て去った暗闇の奥底に落ちていった意識。

そのところはみんな同じだったんです。


UFOも愛へ帰りたい。

温もりへ帰りたい。

喜びへ帰りたい。

この思いを、どうぞ、とんどん受けていってください。」



宇宙とかUFOに思いを向ける瞑想をしている中で、次のようなことが心に上がってきました。


田池留吉がその肉を置いていったあと、

この日本の国に起こってくる様々な現象を通して

、私達は、真実の世界をより真剣に学んでいくというプログラムが組まれています。


意識の世界としっかりと交信し、私は、その事態にしっかりと取り組んでいきます。

田池留吉の意識、アルバートの意識の世界とリアルタイムで交信し、

真実の世界を、波動を通して伝えていく仕事が待っています。

現実に起こってくる様々な現象の中で、

いかに真実の世界を正確に発信していくか、

そのお勉強を経て私は、私の肉を置いていくでしょう。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 私の中のUFOに向けて呼び掛けます。


「私達は愛です。私達は愛です。

時空を超えて、私達はともに歩いていけるんです。ともに、ともに歩いていけるんです。

私達は今、呼び掛けています。心の中に呼び掛けています。

私達とあなた方は全く変わるところはございません。ただ、ともに帰れることを喜んでまいりましょう。」


「苦しかった。苦しかった。苦しかった。寂しかった。苦しかった。寂しかった。

ただただ苦しくて寂しくて、私達はどうすることも出来ませんでした。

長い、長い、長い時間、私達は凍えていました。

苦しくて、苦しくて仕様が無かった。寂しくて、寂しくて仕様が無かった。


心の中にあった喜び、温もりを信じてくださいと、ああ伝えてくれている。

これが私達の本当の姿なんだと。私達は今、伝えていただいています。


苦しくて、苦しくて、ただただ苦しかった。ただただ寂しかった。

心は闇。全く闇。真っ暗闇の中、どうしようもなかった。

私達はどれだけの時を彷徨い続けてきたのか。

今、私達を呼んでくれている。だから嬉しいです。

呼ぶ声が聞こえる。思いが届く。温かい、温かい優しい思いが届く

。こんなことがあったなんて信じられない。信じられない。

だけど私達はこの思いに引き寄せられる。


ここへ帰ってくるんですよ。ともに帰ってまいりましょう。

私達には、ああまだまだたくさんの仲間がいるんです。

苦しいことを心から知っていきましょうと、そう伝えていきます。

私達の仲間にそのように伝えてまいります。

ああ閉ざされた中で、とても、とても、ああ、何と言っていいのか分からなかった。

ただただ苦しくて、苦しくて、ただ苦しくて寂しかった。」

 



私は、今、このように呼び掛けられることが喜びです。思いを発することが喜びです。

愛のエネルギーを心から流し、私達はともに、ともに帰りましょうと呼び掛けていけることが喜びです。

私は、これをただただ淡々と続けていきます。思いを発信していきます。それが喜びなんです。


田池留吉、アルバートのもとにひとつだったことを、私は私の仲間に伝えたい。

約束を本当に果たすことが私の喜びです。

心の中に、ああ、ああ、本当に嬉しい思いが伝わってきます。


どうぞ、皆さんも自分の中のUFO達に呼び掛けてください

母の温もりに目覚めてくださいと。愛の自分に目覚めてくださいと。


肉を表す時期ではありません。

苦しくて辛くて途轍もない大きなエネルギー、ブラックのエネルギーをつかんでしまったのは、

私達もUFO達もすべてが無知だったからです

その無知だった私達もUFO達も、みんな愛へ帰れることを伝えましょう。

私達は大きな、大きなどこまでも広がっていく存在です。

 

 

宇宙に思いを馳せる。宇宙を呼ぶ。

すべてが喜びでした。宇宙を思うことが喜びでした。宇宙と呼べることが喜びでした。


かつて宇宙に大きなパワーを求めてきたその心が、ともに暗くて苦しくて、ああ、とてもちっぽけな世界でした。

本当に、本当に何と愚かしいことをしてきたのか。

宇宙を呼んでいくことが本当に喜びだったんです。

ただただ宇宙を思えることが喜びでした。

宇宙は私達のふるさとだったんです。

温かくて優しくて、どこまでも、どこまでも限りなく広がっていく世界に、ただ宇宙を呼ぶことが喜び。


はい、UFO達もそうでした。UFO達もそうでした。

UFO達も宇宙と思えることが喜びだったんです。


心を向けることを失ってきました。見失ってきました。

真っ暗闇の中で、ただただ、ただただ、真っ暗闇の中から抜け出ることばかりを求めてきたけれど、しかし、その思いは叶わなかった。

求めれば求めるほど、暗闇の中に落ちていっただけでした。

UFO達はそれを知っていた。だから、求めることをしなくなった。

心を閉ざしていった。闇黒の中で、ずっと、ずっと閉ざしていった。その思いが心に響いてきます。


とても、とても、頑なに心を閉ざしているUFO達が、たくさん、たくさん宇宙にいる。

それが心に響いてきます。この温もりで優しいお母さんの温もりで溶かしていきます

心を閉ざしてきたけれど、今こそ心を広げていける大きなチャンスが巡ってきたことを伝えていきます。



UFOと思います。宇宙を呼んでごらんと伝えます。


UFOの意識 「宇宙は待っていました。田池留吉、アルバートの宇宙、母なる宇宙が待っていた。

この宇宙だった。私達が帰るべき宇宙だった。

優しくて、優しくて、どこまでも優しくて、ただただ優しくて。」

 

「ああ、お母さんと呼んでみましょう。UFO達よ、お母さんとただただ呼んでください。」


「お母さん、お母さん。少しずつ、ほんの少しずつ、温もりの中に帰っていけるような気がします。優しい思いが届きます。」



凍えて閉ざされた中にたくさんのUFO達が存在している。宇宙は凍えていました。

氷の中よりも、もっと、もっと冷たい。ただただ冷たい。

とても、とても、ああ言葉では表現できないくらい、暗い中。

凍えているUFO達をどんどん、どんどん、呼び覚ましていきたいです。


私達は愛に帰る存在。愛が私達の中にあったことを伝えていきます。

ああ、ああ、この思いを伝えていきます。


頑なに拒否する思いもあるけれど、だけど、だけど、「ああ帰りたい」と伝わってきます。

「温かいです」と伝わってきます。「こんなこと信じられない」と伝わってきます。

 

「だけど、本当なんだ、本当なんだ、ああ、優しい、優しい思いが伝わってくる。

ああ、どんどん伝わってくる。心を広げていけばいい。心を向ければいいんだ。

ああそうだ、そうだ、ああこの喜び、この温もり、ああ知っていた。知っていた。お母さん、懐かしい。懐かしい。」


そんなUFO達の思いが、やっと、やっと少しずつ声が大きくなってくる。そんな気がします。

私達はUFO達とともにあることを伝え続けなければなりません。


たくさんの、まだまだ本当にたくさんのUFO達の、ああ思いが伝わってきます。

「ただただ、温もりへ喜びへ、ああお母さんの中へ帰りたかった。」そんな思いを心に返してきます。


ああ、嬉しいです。

「田池留吉、アルバートと呼んでごらん。ああ、宇宙へ帰っていこう。」

そんな思いをただただ、ただただ伝えたい。異語で伝えています。


「私達はひとつです。私達はひとつ。異語をあなたも発してください。

UFO達よ、異語を発してください。

その心を開いていくんです。閉ざしたままでは、何も本当分かりません。

ただただ、ただただこの思いを信じてください。

あなた方の中にあった思いです。

私達は、今、あなた方の扉を開けてまいります。

苦しくてもいいんです。悲しくてもいいんです。辛くてもいいんです。

凍えそうな、死ぬほど凍えそうな中にも、この愛のエネルギーは届いていくでしょう。

私達とともにこの次元を超えてまいりましょう。

三次元も何次元もありません。

ただひとつの中にあった、その喜び、温もり、ああ幸せ、本当に幸せなこの思いをただただ伝えます。」


 

ありがとう、田池留吉。ありがとう。本当にありがとう。

こうして、波動を伝えてくださった。真実の波動を伝えてくださった。

心でキャッチできる。そして、今、私はその波動をUFO達に向けています。


宇宙へ、本当の私達のふるさと宇宙へ帰ろうと、UFO達に呼び掛けています。

地球上に転生してきた意識もさることながら、

まだまだたくさん、たくさん、暗闇の奥底に沈み込んでいる意識がある。

UFO達と呼んでいます。

 

そしてそのUFO達がこれから大きな、大きな力となることを私の心は感じているから、

だから、ともに、ともに目覚めていきましょうと私は呼び掛けます。


「私達はこの波動の中にありました。お母さんの温もりの中にありました。

お母さんと呼んでください。

UFO達よ、お母さんと、ただただ温かい温もりの中へ帰っていこうと、心を向けてください。

私達とともに心を向けてください。」


(UFOの意識) 「ああ、お母さん、お母さん。お母さん。お母さん。お母さんと呼べるなんて本当に嬉しいです。

お母さんと呼ぶだけで私達の心の中に伝わってくるものがある

温かいんです。優しいんです。

暗闇の中で、真っ暗闇の中で、ああ、だけど、今、お母さんと呼んでみました。

お母さんって。


はい、段々お母さんと呼ぶ声が大きくなっていく。

しっかりとお母さんと呼んでみたい。お母さんと。


お母さん、お母さん、お母さん、お母さん。

帰りたかった。帰りたかった。帰りたかった。ああ、帰りたかった。帰りたかった。

ああ、帰りたかったという思いがずっとずっと続いていく。


帰りたかった。帰れるんだ。帰ろう。何だか力が湧いてきます。

ああ、ああ、もっと、もっと呼び掛けてください。呼び掛けてください。

呼び続けてください。私達の奥底に、もっと、もっと呼び掛けてください。

ああ、たくさんの仲間がいます。」

 


「はい、母の温もりがすべてです。温もりがすべてです。

この温もりのほうに、どんどん心を寄せていってください。

確かに、確かにあったんです。私達の中にあったんです。

そうです。そうです。どんどん心を向けていくだけです。


はい、すうっと、すうっと向けていってください。消えることはありません。

温もりをほんの少しでも感じたならば、明るい、明るい思いが灯ったならば、

もっと、もっと、その明るさを増していこうと呼び掛けていってください。

お母さんと。


温もりへ帰るんだ。帰る方向はこっちなんだ。あなた方の仲間に伝えてください。

もちろん、私達の仲間でもあります。

UFOは、本当に待っていてくれていたんです。私達はその約束を果たしてまいります。


私達は本当の仲間でした。私達は仲間でした。

本当に嬉しいです。こうして、呼び掛けられることが嬉しいです。

どんどん思いを向けてください。向けていきましょう。

 

私達は愛へ帰ります。私達のふるさとへ帰ります。


田池留吉、アルバートと呼んでごらんなさい。


お母さんと呼んだように、田池留吉、アルバートと呼んでみてください。

もっと、もっと心が広がっていきます。

そして、力強い思いが、あなた方の心の底の底から蘇ってきます。

その力強いパワー、喜びのエネルギーを、どうぞ、どんどん横へ、横へ広げていってください。

奥へ、奥へ広げていってください。


私達は、ずっと、ずっと、そのように呼び掛けています。

待ってくれていました。お母さんの温もりが、田池留吉、アルバートが待ってくれていた。

私達は、この三次元でしっかりと知りました。

だから、常にあなた方の方向に心を向けています。UFOと喜んで心を向けています。


UFO達よ、怖がらずにどうぞ、心を広げていってください。

どうぞ、どうぞ、広げていってください。

ああ、そして、私達とともに、ともに歩いてまいりましょう。


これから、どんどん明るい方向が見えていくんです。

三次元の中で、まだまだ真実に目覚めていない意識達が、

これからたくさんの現象の中で、目覚めていこうとしています。

形の世界は崩れていきます。

あなた方には形はありません。私達には形があります。

その形の崩れ、総崩れの中から、たくさんの意識達が愛へ帰ろうと、愛を目指して進んでいくこれからなんです。


あなた方には形はないけれど、

あなた方の心の中にどんどん、どんどん進んでいくこの喜びのエネルギーを受けていってください。

そして、三次元へどんどん、どんどんやってきてください。

私達地球人類にどんどん気付きを与えていってください。


あなた方の目覚めをお待ちしています。

私達はあなた方に伝えました。

心の中から喜び、温もり溢れるあなた方が本当のあなた方です。

しっかりと伝えました。愛のエネルギーを伝えました。


今はまだか細いかもしれません。

あなた方の心に通じているのは、か細いかもしれません。

しかし、これからどんどん、どんどん、それが太く大きく広がっていくんです。

その力強いエネルギー、喜びのエネルギーを心で感じてください。」


 

あなたの目には見えない。

しかし、これまでにずっと語ってきたように、私達の仲間、肉を持たずに宇宙の中を彷徨い続けてきた私達の仲間がいます。

その存在に心で気付いてください。心で感じてください。

そして、あなたが感じた母の温もりでその仲間達を思ってください。


まずはあなたの心をどんどん温もりの中で、喜びの中で広げていくことです。

肉にとらわれているようでは、本当にこの宇宙に呼び掛けることはできないでしょう。


しかし、意識の流れは、今、滞りなく粛々と仕事をしています。

いずれ、やがて、あなたの心の中にもUFO達の思いが届く時期がくると思います。

その時、あなたの心はいったい何を叫ぶのでしょうか。

苦しい、やめてくれ、不安と恐怖を感じていくのでしょうか。


愛のエネルギーを流せるようになってください。

田池留吉、お母さんと思えば、ただただ心が広がっていく、

温かい温もり、優しい温もり、広い、広い世界が広がっていく、

そのようなあなたに蘇ってください。


 

 意識の流れを心で感じるとき、今、ただ思うはUFOのこと。

ともに帰る仲間に私は思いを語ります。

UFO達が目覚めていくために

そして私達が目覚めていくために。ともに、目覚めていくために。

真実の世界があったことを伝え続けます。

 


ああ、本当にこの思いを伝えたかった。

「お母さんの温もりへ帰っていこう。私達の中に愛があった。

優しい母の温もりがあった。真実の世界が私達の中にあった。私達こそが真実だった。」

このことを本当に伝えたかった。

たくさんの時間を経てきました。本当にたくさんの時間を経てきた。

苦しい、苦しい中を通過してきました。

そして、今、ここにUFO達の存在を心に感じるとき、私は本当に嬉しいです。

ただただ嬉しいです。こうして伝えることが嬉しいです。

 

UFO達に思いを向けます。UFO達よ、語ってください。

UFO達よ、心を向けてください。

愛のほうへ、温かな温もりのほうへ、お母さんの中へ帰っていこうという呼び掛けに。


「私達は心の中にその思いを持っていたんですね。

今、伝えていただいています。

苦しい中を本当に苦しい中を彷徨い続けてきました。

ああ、私達は救われるんです。

行くところを教えていただいた。

行くところ、行く場所、行くあてもなく私達は彷徨い続けてきた。

なかなか、なかなか心の中を見ることができなかった。

ただただ彷徨い続けてきた。行けども、行けども、真っ暗闇。

凍えるほどの中に私達はいた。

今、こうして伝えていただいている。

ああ、少しずつ、少しずつ、落ち着いてきます。

たくさんの仲間に私達は伝えたい。

ああ、本当に、本当に苦しんでいる仲間がたくさん、たくさんいるんです。

私達の思いを聞いてくださいと私達もいっしょに、いっしょに帰りたいと、か細い声がする。

思いが届くように私達は、もっと、もっと愛の方向へ心を向けていかなくてはなりません。


私達UFOはああ、今そのように語らせていただいています。」

 


「はいそうです。私達もいっしょです。

この三次元にやってきた意識ではありますが、ようやくだったんです。

ようやく、ようやく自分の本当の姿が愛だった、私達の中に本当の愛があった、

本当の温もり、喜びの世界があったことを、今こうして伝えていただき、

心で知るというところに至りました。


だから、伝えることができるんです。

同じ仲間でした。狂い続けてきた。

悲しかったですね。苦しかったですね。辛かったですね。

でも、でもこうして帰れることを喜び合いましょう。

心の中をどんどん、どんどん掘り下げていきましょう。

ああ、心の中はまだまだ真っ暗闇。

ヘドロのように固まったところもございます。

そのヘドロでさえ、この温もり、喜びのエネルギーで、ああ溶かしていけることを伝えたいです。

UFO達に心を向けたとき、ヘドロの中にうずくまっている意識が、ああ、たくさんあることを感じます。


宇宙は、ああ、動いているんですよ。

宇宙は目覚めてきているんですよ。

さあ、あなた方も目を覚ましてください。

そして、本当の姿を思い起こしてまいりましょう。

私達はそのようにお伝えします。」

 


「思いを向けてくださってありがとう。ああ、ありがとう。

心の中に伝わってきます。

ああ、宇宙は動いているんですね。ああ、動いているんですね。

ああ、この動きはもっと、もっと強くなっていくでしょう。


喜びのエネルギーの中で、私達は喜びの雄叫びを上げていくときも、もうまもなくやってきます。


三次元へやってきてくださいと伝えていただきました。

そうです。私達のエネルギーは、もっと、もっと三次元に届いていきます。

私達のエネルギーは愛のエネルギーを目指して、一団となって、三次元に入っていくのです。


ああ、あなた方の世界は形があると言いました。

形の世界はどんな世界なのかと思いますが、それもどうでもよかったんです。


こうして語り合えていることだけを、私達は喜んでまいります。

私達の思いをどんどん、どんどん心に伝えまいります。

私達は波動です。

波動を、この波動をしっかりと感じていきたいです。」

 


「はい、お母さんの波動、田池留吉、アルバートの波動、ともに、喜びを共有しましょう。

この中に私達はひとつです。この波動をどんどん伝えてください。

私達からあなた方へ。あなた方の仲間へと。そして、ともに、ともにひとつだと伝えてください。


私達は、この次元を超えてまいります。あなた方も、ともに超えてください。ここがすべてではありません。


私達はこの次元を超えて、またさらに進化していくんです。

どうぞ、喜びと温もりだけを求めていきましょう。

私達の本当の姿はこの世界でした。

はい、田池留吉、アルバートと、あなた方も呼んでみてください。」

 


「はい、私達はこの波動を知っていた。知っていた。

ああ、田池留吉、アルバートと言うんですか。

ああ、ああ懐かしいです。知っていた。

私達の遙か、遙か昔、遙か、遙か昔、私達はこの波動の中から生まれてきた。

この波動の中から出てきたことを思い出していきます。


はい、そう、私達の心の中にそのように伝わってきます。

ああ、ああ、ああ、本当にああ、ああ、こんな時を迎えられるんですね。ただただ嬉しいです。」


「ありがとう。ありがとう。ありがとう。」



 

宇宙を思うこと、宇宙を呼べること、本当に今現実となって心に響いてきます。

喜び、喜びです。私は懐かしい宇宙を呼んでいる。

宇宙へ思いを向ける思いを馳せられることがこんなにも待っていた私でした。


今世、この肉をいただき、私は田池留吉、アルバートの波動と出会わせていただきました。

そして、遙かなる宇宙へ心を向ける、心を馳せる喜びを今、感じています。


たくさんの間違いを繰り返してきたけれど、私の宇宙は本当に待ってくれていました。

今、思いを向けることが喜びです。優しい、優しい温もりが響いてきます。

どうしても、どうしても、何としてもこの宇宙へ帰れることを約束してきた私達でした。


私は、自分の仲間を心に呼び寄せています。

宇宙、UFO、本当に、今、心の中からそう呼び掛けていけることが喜びなんです。


肉体を持っている私と、肉体を持っていない仲間達、どこにどれだけの違いがあったのか。

私は今、自分の中に問いかけてみます。


何も違いはなかった。

たくさんの転生をこの地球上で繰り返してきたけれど、真実に出会うことはなかった。

形の世界に真実はなかった。なぜならば、私は形ではないからです。

 

心の中のふるさとを捨てた私は、形を持っても、この温もりと安らぎの中に帰れることはなかった。

形でない私に、形の中に幸せと喜びを求めていくことが、どれだけ愚かなことなのか、私は、今世の肉を通して、本当に知りました。


肉の喜び、肉の幸せ、もういいです。私は肉ではなかった。

UFO達とともに帰ります。

私達のふるさと、愛、心のふるさと、田池留吉、アルバートの波動の中に私達は帰ります。

母の温もりの中に私達は帰ります。


仲間と出会わせていただき、ありがとうございます。

闇黒の宇宙を広げてきた、握ってきたけれど、

今、私は、温かな中にいざなわれていることを確認しています。



 

 「UFOよ、田池留吉、アルバートの波動を感じていますか。

あなた方の中にあった田池留吉、アルバートの波動です。

私達は、その中に帰っていくんです。

田池留吉、アルバートと呼んでください。素直に、素直に呼んでください。

あなた方には形がありません。私達のように形を持たない意識です。


私達はこの形を持って、真実を知っていくことができましたが、形を持ったがゆえにその難しさも感じてきました。

あなた方には形がありません。だから、素直にすうっと、田池留吉、アルバートと呼べるんです。


姿、形はなく、ただただあなた方の心に響く温かな力強い優しさ、そして、温もり。

広い、広いどこまでも広がっていく世界。宇宙です。

本当の宇宙です。私達のふるさとです。母なる宇宙です。

その波動をどうぞ、どうぞ、しっかりと感じください。」


「はい、田池留吉、アルバートと呼んでくださいと、そう聞こえてきます。

はい、少し呼んだとき、私達はこの思い、この世界を知っていたと答えました。

そうです。ああとても懐かしかった。懐かしかった。

ああ私達の心の中にストレートに響いてくるんです。

本当に不思議だった。

ただただ、田池留吉、アルバートと思ったときに、そう私達の中にすうっと入ってくるこの懐かしさ。

何とも言えない。ここを感じていけば、私達UFOは、もう忘れることはありません。

どんどん、どんどん、田池留吉、アルバートを呼んでいくでしょう。


私達UFOが田池留吉、アルバートと呼べば呼ぶほど、

あなた方の三次元の世界に、大きな、大きな変化が起こってきます。


あなた方の肉にとらわれる思いですか。その思いが、とても、とても苦しく私達にも響いてきます。

私達には形がないのに、どうして、そんなに形ある世界にとらわれてしまったのか。

そのところ、とても苦しく、暗く、冷たく、響いてくるんです。はい、私達は形を持たなくてよかった。

ストレートに田池留吉、アルバートを呼んでいけるんですね。

狂いに狂ってきた、苦しみ続けてきた、凍えそうなほど冷たい、冷たい中に落ちてしまった私達だったけれど、

ひとたび、田池留吉、アルバートと呼んでくださいというメッセージをいただければ、

私達は、素直にそちらのほうに心を向けてまいります。

そうすれば、私達の心は叫ぶんです。ああ、知っていた。

ああ、私達でした。私達でした。そう私達のふるさとでした。

はい、その素直な思いが私達の心にありました。

ああだからとても嬉しいです。ありがとうございます。

どんどん伝えてください。もっと、もっと田池留吉、アルバートを呼んでいきたいです。」


「はい、はい、私が思っている通り、UFO達が目覚めていけば、私達にとって、大きな、大きな力となっていきます。

私達は一体となって、次元を超えていくんですね。

ああ、これから250年、300年の時間の中で、私はそのことを心に感じます。

心に感じるからこそ、UFO達を思い起こします。UFO達に思いを向けます。

UFO達に伝えていきます。


この愛、愛のエネルギーをもっと、もっと私達は広げていきましょう。

愛の方向へ、私達はずっと、ずっと進んでいきましょう。

しっかりと伝えることができる。

ああ、私達の喜び、温もりの世界は、限りなく広がっていきます。」

 

 UFO達よ、ありがとう。UFO達よ、ありがとう。心を感じさせていただいています。

UFO達に思いを向けたとき、ただただありがとうが出てきます。

苦しくて、辛くて、どうしようもなかったけれど、

しかし、今、UFO達がどんどん、どんどん、愛の方向へ心を向けてくれています。


私達はとても嬉しいです。

ともに帰れる仲間が、ああこうして、こうして目覚めていくんだということを感じます

ああ、嬉しいです。

お母さんの温もりの中へ帰れることだけを伝えたいです。

本当にこの中へ帰れることをしっかりと伝えていきたいです。


心と心を通じ合わせて、私達はともに存在していることを交信しています。

この喜びと温もり、幸せの中でUFO達がどんどん、どんどん目覚めていくことが喜びです。


「私達は、この喜びの中にありました。お母さん、ありがとう。お母さん、ありがとう。

田池留吉、アルバートにありがとうを伝えます。

心の中に出会わせていただきました。

あなたの波動を感じ、私達は、喜び、温もりの中にあったことを感じます。

ああ、愛へ、愛へ、愛へ、ふるさとへ帰ります。」

心の中からUFO達がそのように返してきます。


UFO達の苦しい思いも感じますが、しかし、

それよりも、もっと、もっと喜び溢れるUFO達の思いのほうが強いです。


心の中に、待って、待って待ち続けてきたUFO達の思いがどんどん響いてきます。

私達とともに帰れることを喜んでいます、ともに存在していける喜びだけをただただ伝えたいです。


 

 

もっと、もっと自由に心を解き放つ、そんな時間がやってくるんですね。

肉には肉の掟があります。肉の制約があります。

規律とか規範とか、その国の習慣、慣習とか、そういうもので心を縛られてきたけれど、

ああ、自分を縛ってきたけれど、こうして、UFO達と思いを交わすとき、宇宙へ思いを馳せるとき、

本当に心は本当に軽やかに、軽やかに広がっていくことを感じます。

 

ただただ、あの宇宙へ帰れる喜びだけを伝え合っていけることが嬉しいです。

こんなに嬉しい時がやってくるとは思いもしませんでした。

この三次元に、もうすぐさようならです。

私は、たくさんの転生を重ねてきたけれど、心を縛りに縛ってきた。

肉の中で、本当に肉、形の中で、自分がどれほど愚かなことをし続けてきたのか。

私はこんなに広い、広い、どこまでも広がっていく存在だったのに、

この肉の中で、肉という思いをずっと広げてきたから、

心は本当にちっぽけな、小さな、小さな中に閉じ籠って、苦しい、苦しい中を生き続けてきました。


今、UFO達を、そして宇宙を思うとき、心が解き放たれていきます。

肉にとらわれることなく、肉、形の世界にとらわれることなく、ただただ、ただただ思いが広がっていくんです。

温かい思い、優しい思いです。


そうです。宇宙で闘ってきたけれど、その時、私は自分の中が、もっと、もっと、今よりも、この今よりも、もっと広がっていたと思います。


三次元にやってきて、その中でちっぽけに納まってきた自分を思うとき、

凄まじいエネルギーの中で宇宙を支配してきた思いは、とても凄まじかったけれど、

しかし、私は、この三次元で心を小さくしてきた自分を感じ、今、自分に懺悔しています。


私は解き放たれた空間にありました。UFO達の思いを感じます。UFO達も思いを感じてくれています。

UFO達も、思いをもっと、もっと解き放して、もっと、もっと自分を広げていくことを、語ってくれます。


「私達は、本当に広い世界にあったんだ。温もりと喜びの中にあったんだ。そんな私達をもっともっと感じていこう。

ただただ、ただただ母の温もりの中へ、田池留吉、アルバートと呼ばれる意識の中で私達は存在している。

ひとつの中に存在していることを私達は、もっと、もっと知っていくんだ。」

という思いを確認し合っています。


ああ、嬉しいです。心の中に喜びが広がっていきます。

苦しい中を生き続けてきたけれど、

ようやく、ようやく、自分を、もっと、もっと広い世界へと帰していけるこの道を、

ただひたすらに真っ直ぐに歩いてまいります。ああ、ありがとうございます。

 

愛のエネルギーにいざなわれて、私達は存在していました。

愛から生まれて愛へ帰っていく。ああそうでした。愛から生まれて愛へ帰っていく。

 

愛のエネルギーのすごさを、私はまだまだ、ああ知りません。

この肉を通して、もう少し、その学びをしてまいります。

田池留吉、アルバートの世界をさらに、さらに感じていきます。

 

どんな瞑想もそうですが、継続していくことが大事です。


心の底の、底の、底にあるエネルギーを出す瞑想にしても、

肉体細胞を思う瞑想にしても、

UFOに向けての瞑想も、

回数を重ねて継続していくことが大事です。


そうすれば変化していきます。心に感じて響いてくるものが変化していくんです。


たとえば、UFO。先日の有馬のセミナーから帰ってきて二週間。

たった二週間で、UFO達へ向ける思い、UFO達から返ってくる思い、心に響いてくるものが私の中でどんどん変わっているように思います。


同時に、色々なことに気付かされ、ああ意識の世界ってすごいなあとつくづく感じます。

心の底の、底の、底に向ける瞑想も、もう皆さん、実に喜び、喜びと変わっていっているのではないでしょうか。

それとも未だにそのエネルギーに振り回されていますか。


凄まじいエネルギー、大歓迎です。

凄まじいエネルギーほど、喜びと温もりを伝えてくれるんです。

そこを感じ知っていけば、本当に大歓迎です。

そうなってくれば、実はそれは本当にちっぽけな世界のものだった、

何でこんなエネルギーにしがみついていたのか、本当に苦しかったねと、自分にしみじみ語り掛けていけるようになります。


だから、ただただ嬉しいだけです。ありがとうだけです。

こうして肉を持たせてもらって、自分の過ちに自ら気付いていく計らいの中にあるありがたさが、心の底から伝わってきます。


そして、宇宙を思い、UFOを思ってみてください。

もう本当にどれだけ嬉しいか。どんなにこの時を待っていたか、自分の心にビンビン響いてきます。

田池留吉、アルバートを思い、

UFOと交信する喜びの瞑想を継続していきます。

 

 UFO、UFO、UFO、UFO、出会えて、出会えて、よかった。よかった。


よかったね。温かい、温かい中に、優しい、優しい中に、ああともにあることを感じられる。

私達は愛でした。愛でした。愛のほうへ心を向けてまいりましょう。向けてみてください。


私達は愛。田池留吉、アルバート、お母さんの温もりの中でひとつ。

ひとつの中にありました。

UFO達は、ああ、私達は愛だということを心に感じ始めています。

たくさんのUFO達が飛んできます。この地球上に、たくさんのUFO達が飛来してきます。


心の中を見てください。あなたの心の中に響いているはずです。

UFO達の思いを感じてみてください。

UFO達の思い聞いて上げてください。

優しい、優しい思いで聞いてあげてください。


ともに愛に帰る存在だと、ああ伝わってくるでしょう。


UFO達はどんどん目覚め始めています。

宇宙は変わっていく、宇宙へ愛が流れていく、この喜びと温もりが心に響いてきませんか。


私達はこれからますます、UFO達を呼んでまいります。

たくさんの、たくさんのUFO達の目覚めを促してまいります。

UFO達は、私達の大きな、大きな力となっていきます。


「苦しいUFO達、悲しいUFO達、闘い続けてきたUFO達、私達はもうそんなことを止めましょう。

苦しいことはありません。悲しかったこともありません。闘い続けいくこともありません。

ただただこの広い、広い中へ帰っていける、愛の中へ帰っていける一筋の道があるんです。

どうぞ、この道をともに歩いてまいりましょう。」


私はUFO達に呼び掛けています。

心の中にUFO達の思いが返ってきます。

ああ嬉しいです。ともに帰れることを心に感じます。

私達は仲間。私達はひとつ。

ともに、ともに帰れることをただただ喜び合っていきます。

心の中を広げてまいります。

 

宇宙、UFOと思って瞑想をすれば、必ず異語を語ります。

その瞑想は実に嬉しい瞑想です。

異語で互いに通じ合っている感覚は、何とも嬉しく懐かしいです。

そうです、懐かしさが込み上げてきます。


自分の培ってきた凄まじいブラックのエネルギーが、

涙と汗の中で、温もりと喜びを伝えてくれた体験は、

本当に言葉にならないくらい嬉しくて、ありがたくて、

それが瞑想の醍醐味だと数え切れない体験を経てきたけれど、

宇宙、UFOに向けて異語で通じ合う瞑想もまた、

心の底から、田池留吉、アルバートと尽き上がってくる喜びを感じさせてくれて、嬉しい。


ああ、本当に、みんな、みんなこの波動を求めて彷徨い続けてきたんだと実感します。

宇宙を思う瞑想。UFOを思う瞑想

この瞑想はとても大切であり、この瞑想を通して、本当に今、ここにこうして肉を持っている意味と喜びが心に響いてきます。


理屈ではありません。

田池留吉、アルバートの意識の世界とひとつに溶け合っていけることが現実のものだったんだと、

本当に長い、長い時を経てきたことが、私の中に響いてきます。

 

京都セミナー、ありがとうございました。

振り返り、新たな学びの形態により、私自身の学びのステップアップになったことを感じます。

肉は、そのことにまだ十二分に喜びを感じていないけれど、確かな一歩を私は、踏み出したと思っています。


宇宙、UFO、特に最近UFO達に思いを向け、語り掛けるということをしていったとき、

宇宙はどんどん目覚めている、UFO達はどんどん目覚めている、

そのスピードは、地球人類、こうして肉を持っている意識達の比ではないことを感じています。


だから、宇宙とUFO、そして今世、日本の国から学びが始まったということでアマテラス、

それから次元移行のキーワード、天変地異にどんどん思いを向けて瞑想をしていくことが重要だと感じます。


UTAの輪は、そういう方向にどんどん進んでいくでしょう。

田池留吉、アルバートの世界と交信しながら、宇宙とともにUFOとともに学びが進んでいきます。


だから、そんなに大勢の人達が集ってこなくてもいいんです。

本当に心を合わせて向けていける仲間達とともに、

そして、肉を持たない仲間達とともに、

田池留吉、アルバートの波動の世界を学び、

肉を持っている者は今の肉を置いて、

それぞれ次の転生に繋いでいければ万々歳です。


もうすでに250年後の舞台は整っています。

 

 何故、現在、瞑想3、それも底の底の底のもう一つ底なのか

更に、瞑想がUFOに向かってなのか、お分かりになっておられるでしょうか。


私は、前々から死んだら分かるとお話してきましたが、

この言葉の意味を本当に分かっていただいているでしょうか。


参考までに、

「UFOの目覚めとともに宇宙の藻屑という言葉・波動を」

とお伝えしておきます。

この際、もっともっと意識の転回をとお伝えしておきましょう。


  ただ今、予定通り意識の流れは極めて順調に流れています。

だから、自然が、人間がどうなるのかお分かりでしょうか。

心を見るのですよ、 心でしか真実は分かりませんよ。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

宇宙の藻屑ということについて、自分の現実として思ってみてください。

あなたは、本当に自分の次の転生に、そのまた次の転生に繋いでいける学びをしていますか。


死後の自分、今の肉を置いて、250年、300年を思って瞑想ということについて、

先日の京都セミナーでもその時間を持たせていただきました。

実際にそれぞれ自分の心にどんな思いが響いてきたでしょうか。


宇宙の藻屑、自分はそうならないと断言できますか。根拠は何でしょうか。


未だに心の中に他力のエネルギーをしっかり抱え持っている方達は、

本当に真剣に自分の現実を知っていかなければならないのではないでしょうか。


宇宙の藻屑、ゆめゆめそうならないように、

心して、今世の学びの時間を大切にしていきましょう。

 


 10年、20年、あっという間です。300年のタイムリミット


もう秒読みの段階です。意識の世界はそうです。

着々と、粛々と遂行されている次元移行への計画。

すべてが予定通りに、滞りなく遂行されています。

300年に向けて、肉を持つ僅かな時間を大切にしていきます。

 

 今、田池留吉、アルバートと心から呼べることが本当に嬉しいです。


宇宙に思いを向けて、UFO達とともに、形のないUFO達とともに、

アルバートを呼んでいける喜びを感じています。


本当に呼びたかった。本当に出会いたかった。

心から突き上がってくる思いは、本当にこの時を待っていたんだということでした。


田池留吉は宇宙。アルバートは宇宙

本当にその宇宙へ帰れるんだという思いの中で、肉を持ったからこそ、

こうして真実の波動の世界と出会えたという喜びと

、肉を持ったがゆえに、自分を縛り続けてきたという愚かさが交錯します。


交錯して、自分の中が揺らぐのではなくて、

それだけの長い、長い時間を要してきたけれど、

ようやく、ようやく、やっと、やっとという思いが、込み上げてきて、

そこには、ただただ嬉しい、ありがとうの思いしかないことが確認できるから、本当によかったと思っています。


本当にようやくなんですね。

この心からの思いを、しっかりと伝えていきます。

ともに帰れることを力強く伝えていきます。

 

思うことが愛です。

そう、思いを向けることが、それが愛。

思いを向ければ愛が流れる。

あなたは今、こういう状態ですか。


愛をどんどん流していきましょうと中から伝わってきます。

そう、思うだけでよかったんです。

思えば愛が流れる、私はそれを体感しています。




■ 

 

 今、私は、本当にこうして心から宇宙を呼べる、

UFO達に思いを向けて瞑想の時間を持たせていただいていることが嬉しいんです。


田池留吉を思い、アルバートと呼ぶ、お母さんと心から出てくる。

お母さんと呼んでいるたくさんの思い。

本当に母の温もりの中へ帰っていけることがこんなに幸せでした。


異語で通信しています。心が解けていくんです。

温もりが喜びが優しさが異語を通して伝わってきます。


宇宙、UFO、田池留吉、そしてアルバート。

本当に現実となっているんだ。

本当に今、現実となって、こうして心から呼べる、思いを向けていける幸せを感じます。


瞑想は喜び。

心を向けることが喜び。呼べることが喜び。


繰り返し、心を向けて瞑想です。

繰り返し、何度も、何度も心で味わえる喜びです。

本当にすごいと思います。

喜びは尽きることなく、温もりは尽きることなく、湧いて出てきます。

肉の小さな世界もまたよしです。

この波動を心に受けているから、感じられる私の世界が厳然としてあるから。


 

 UFO達と出会えて本当に嬉しい。

UFO達の思いを感じられる今が本当に嬉しい。

ともに帰れることを喜び合っています。

宇宙を呼びたかった。宇宙に心を向けたかった。


真っ暗闇の恐怖の宇宙ではなくて、温もりで、

どこまでも、どこまでも広がっていく温かな宇宙の中に私達はあったんです。


UFO達が伝えてくれる。

「どれだけの時を彷徨い続けてきたか分からないけれど、

今、私達の仲間、たくさんの彷徨い続け、苦しみに沈み込んでいる仲間達に思いを向けていく」と語ってくれます。


愛、本当の温もり、本当の優しさ、そして私達が帰るところ

そこを目指して、これからともに存在していけることが、ただただ嬉しいです。


私は宇宙に思いを向け続けます。宇宙からも思いが返ってきます。


ああ、私の意識の世界は、そういう状態になっているんだと感じます。

本当に嬉しいです。

今世、田池留吉の波動と出会ったからです。

アルバートの波動と出会ったからです。本当にありがとう、ありがとうございます。

 

 

学びの基本は母の温もりです。


母の温もり、本当の母の思いを心に感じ広げていくということがなければ、

自分の底の、底の、底の、奥底のブラックのエネルギーを出すこともできなければ、

そのエネルギーに愛が伝わることもありません。


しかし、意識の流れは粛々として流れています。

だから、流れにそぐわないものは、

厳然として流れる流れの中に自然淘汰される、

つまり宇宙の藻屑として彷徨い続けるしかないのです。


それは冷たいのではなくて、自然なんです。

それが意識の世界ということです。

内なる田池留吉を思えるように学んでいきましょう。

 

 UFO達が凄まじい勢いで、温もりを目掛けて、愛のエネルギーを目指してやってくる。

しかし、そこには何の恐怖もない。

ただただそれらをみんな受け止めて、受け入れられるだけの限りなく広い世界がありました

どんなに凄まじい勢いで突入してきても、すべてを受け止めていけるんです。

広げて、どんどん広げていけば、UFO達は一斉に叫ぶ。

お母さん、お母さんと。

心の底の底の叫び声が、やっと、やっと、お母さんとなったんです。

それは、どんなに心の底から呼びたかった思いだったのでしょうか。


やっと、やっとでした。

そこにはただただ母がいた。

母の温もりがありました。

明るくどこまでも広がりゆく中に、

本当に、本当にその懐に帰っていける喜びを目指して、

夥しい数のUFO達が存在する様を心に受けました。

夥しい数、まさにそれは、エネルギーの軍団と言えるでしょう。

宇宙が本当に変わっていくんだ、

こうして、心に響き渡る今が本当にすごいと思いました。

 

私達はどこから来てどこへ行くのか、長く、長く疑問でした。

誰にもこれを解き明かすことはできませんでした。

本当に誰一人として、自分の本当の姿を知ることはなかったんです。


今、驚くべき時間をいただいています。

長く、長く、本当に気の遠くなるような時を経て、

今ここに真実が解き明かされたんです。


しかし、長く、長く暗闇の真っ暗闇の闇黒の中に沈んできた私達にとって、

素早く、敏感にそれを察知することは本当に困難なことでした。

それほど意識を転回していくことは難しいんです。


どれだけ心の底の、底の、底のそのまた奥底のエネルギーを知ったとしても、

それをまた己を現す道具としてしまう危険性が残されています。

そこから自分を、本来の自分に蘇らせることは並大抵のことではありません。

250年、300年の猶予はあるかもしれませんが、どうでしょうか。


こうして、田池留吉という真実の世界が肉を持って、

その肉を通して学ばせていただいているという最大かつ唯一のチャンスなんですが、

これを、今学びに触れている人達のどれだけが

心で分かっているかと言えば、甚だ心もとない現実を感じます。


しかし、宇宙が目覚める計画は一分の狂いもなく順調に捗っていることを思えば、

私は、今、こうして肉を持って田池留吉、アルバートの意識の世界と交信させていただいていることが、ただただ幸せです。


私は、宇宙を呼びたかったんです。本当に宇宙をこの心に呼びたかった。

この地球上における転生の数々、そこにまだとらわれている人達もおられると思いますが、

三次元にやってきた意識の中に真実に触れた意識は皆無だった

これだけをしっかりと心で分かればいいのではないでしょうか。

 

あなたは自分の道が見えていますか。

これからどのような転生をしていくのか、

そしてその転生の中で肉を持ったあなたは、あなたに何を伝えていけるか、

果たして心を繋いでいけるのか、どうぞ、自分の中でしっかりと答えてみてください。


私は、今、主に宇宙に向けて、UFO達に向けて瞑想をしています。


これからどのような時間を経ていくのか、私達はともに確認し合っています。

だから思いを向けて語り合うことがとても嬉しいんです。

意識と意識の交信、私は私の仲間達を心にたくさん感じています。


ああ、宇宙でした。私達の帰るふるさと、愛、宇宙

母の温もりの中へ帰れることを心から、心から喜んでいます。

250年後に肉を持つ私の転生の時間

これまでとは全く違った理由から肉を持つことを私の中は知っています。

肉を持つ喜びは、今世と格段に違います。


今世の助走を経て、250年後の来世の肉に繋ぐ喜び。

今の肉は、ありがとう、嬉しい、この思いをどんどん、どんどん自分の中の宇宙に広げて、

95点辺りまで出来る限りしていくことに専念していればいいというところまで漕ぎつけました。

300年のタイムリミットに向けて、喜びで進んでいきます。


 

思う、思う、思うことがどれだけ喜びであるか

すごいと思いました。

思える喜びはすごいです。瞑想は喜びだと、本当にそうです。


今、心を向けられる今、私は本当に幸せです。

思いを馳せること、ただただ思いを馳せれば、

心に響き伝わってくる中に存在していることに、

ただただ、ただただありがとうしかありません。


自分で計画してきたこととはいえ、すごい時間と空間を用意してきました。

喜びは喜びをいざないます。

ひとたび、この温もりと喜び、優しさ、

そして、意識の流れの中にある幸せを確信すれば、

いつでも、どこでも、ただ思いを向けるだけです。思うだけです。


何も必要としない。すべては自分の中にありました。


その確認を、これからも瞑想のたびに重ねていけるでしょう。

それが愛へ帰る着実な歩みとなって、私自身をさらに進化させていくのだろうと思います。


アルバートとともに。

本当にアルバートとともに存在している幸せ、喜びだけが伝わってきます。

宇宙に彷徨うUFO達の心が響いてきて本当に嬉しいです。

ともに存在していける現実がありました。

 

宇宙の目覚め。UFO達の目覚め。

愛のエネルギーは宇宙にあまねく流れそこに愛のみがあることを証明していきます。


地球上に転生してくる意識達も、どんどん目覚めていかなければなりません。

この地球という星は愛を流しています

すべての意識達とともに、愛に帰る道をただただ喜んで、喜んで進んでまいりましょう。


宇宙を呼んでください。UFO達に思いを向けてください。肉からの脱却を果たしてください。

私達は愛、心のふるさとへ帰ります。

自分の心からの叫びを、どうぞ、どうぞ、喜んで、喜んで受けてください。

叫んでいます。心のふるさと、愛へ帰ろう。

どうぞ、心からの叫びに、喜びで、喜びで応えていってください。


UFO達の喜びを、あなたの心は感じていますか。

ともに帰る仲間だと、心から感じられますか。

こんな嬉しいことはないです。どんなにこの時を待っていたことか。

本当にやっと、やっと巡り合い、やっと、やっと約束を果たしていくことができるんです。


心で感じてください。

響き合う、共鳴し合う喜びを、温もりをともに、ともに感じてまいりましょう。

UTAの輪はそういう意識達との出会いを待っています。ともに学んでまいりましょう。




 

 すべては波動の世界です。

こうして肉を持ち波動の世界と出会っていることに、ただただ、ただただありがとうしかありません。


UFO達に思いを向ける、UFO達を呼ぶ、ありがとう、ありがとう、ありがとうの思いが返ってきます。


私は本当に嬉しい。本当に嬉しい。

この次元の中で、田池留吉、アルバートの意識と出会わせていただいて、本当にありがとうしかありません。


池田のセミナーから帰宅して、家で瞑想をしても、そのときの思いが心に湧いて出てきます。

ああ、UTAの輪のスタートなんだと思います。


ともに、田池留吉、アルバートの意識とともに、UTAの輪の中で、意識の流れの中で、ともに進んでいく喜びです。

思えば通じる喜びを心に広げ深めながら、着実な一歩を進めていくだけです。




 

 何が嬉しいって、私は、やっぱり自分の中から、お母さんって、アルバートって叫び出す、このエネルギーがたまらなく嬉しいです。

それは心を宇宙に向けたとき、そしてUFO達に思いを向けたとき、はっきりと感じられる喜びです。


自分の中へ帰る喜び、幸せを今の肉を通して学ばせてもらい、

そして、心で感じることがすべてであり、

本当の温もり、本当の幸せ、本当の広がりを感じられる心が自分の中にあったんだと学ばせてもらい、

瞑想をすればするほどに、本当に幸せな存在だったことをしみじみ感じています。


「あなたは愛です。そうです。私は愛です。」

そう自分の中へ言ってやれる優しさというか、幸せを感じられる今があります。

そういう世界が本当に自分の中にあったんだと感じられる今があります。

現実のものとして、私の心に響いてくる、この世界は私のものです。だからありがとうしかないんです。


 

私達は今、肉体を持っていますが、私達の周りには、肉体を持たない宇宙、UFO達がたくさん、たくさん存在しています。

あなたの心で感じてみてください。心を田池留吉、アルバートに向け、母の温もりの中でUFOを呼んでいくんです。

ああ、私達の思いを聞いてくださいと、あなたの心を通して、UFOは語ってくるでしょう。

どうぞ、受けていってください。私達の思いを受けていってくださいというUFO達の思いを。

その思いの中に、ああ、私達はともに超えていこうとする喜び、温もりがしっかりと感じられるでしょうか。


UFOは喜び、温もりです。

UFOが心に語ってくるということは、母の温もりを心に信じるということ。

UFO達に思いを向けるということは、母の温もりの中にあった私達、

自分達だったということを信じるということ。愛そのものだった自分達を信じるということ。


愛そのもの。UFOは愛そのもの

UFOに意識を向け、心の中にUFOを呼ぶ。呼び覚ます。

そして、私達とともに歩いていこう。この次元を超えていこう。


そう宇宙は大きく、大きく揺れ動いています。

大きく、大きく変わっていくこの転換期に私達は指しかかりました。


UFOに思いを向ける喜びを伝えたい。

どんどん伝えたい。心の中から伝えたい。UFOに思いを向ける。


恐怖ではなく、己を表すのでもなく、

ただただ真実に目覚めていきましょうという思いで、

UFOに呼び掛けます。UFOは応えてきます。


私達も真実に目覚めていきますと。そして、私達はともに歩いていきますと。

次元を超えて存在していくのが私達でしたと。


そして、私達はこの愛、愛へ帰る道を一歩、一歩、

いいえ、時には、ずっと、ずっと私達から進んで私達を引導してくれる約束を、

私達はああ、今ここに交わしています。

UFO達が、私達の心の中にどんどんどんどん、どんどんどんどんアクセスしてくるでしょう。


それが250年の間。250年、300年はすごいです。

すべてが愛の中に帰っていく様を私達は現実のものとして心に映し出されていきます。

これは現実のお話です。ああ、UFOは現実のお話です。


宇宙人は私達の心の中にある。

形を持たないけれど、意識、波動として通じ合える。

UFOの中に宇宙人、すべての宇宙人が存在しています。


宇宙人とは、私達の過去の姿でした。


私達はこの三次元の地球という星に生息するため、

このような肉体という形を持ってきました。

それは、地球に生息するがための機能です。

その機能を携えているのが人間と称されるもの。


しかし、宇宙人もまた、色々な天体に存在しています。

形は無い。そう形は無い。しかし思いはあの星にも、この星にも思いを発している。

ともに、ともに行こうと。次元を超えていく喜びを伝えてくださいと。

温もりの中へ帰っていけることを伝えてくださいと。


私達宇宙人の思いを聞いてください。


UFOの中に私達はあるんです。

UFOとは、そのような大きな、大きな存在です。


物体ではございません。物体を見たという地球人がいます。

しかし、それはその人の心の中を投影したもの。

意識の中で、あなたは宇宙を呼んでいるんです。

宇宙はすべてを包んでいく、限りない、限りない、限りない、どこまでも広がっていく空間。

その空間の中に私達はみんなすべて、すっぽりと入っているんです。


どこまでも、どこまでも、広がっていく。

私達の心はどこまでも、どこまでも広がっていきます。

 

みんなそれぞれに愛に帰る計画があります。


しっかりとはっきりと心で感じている今であるかどうか、

たくさんの学びの時間から、現象から確認していけるんです。


自分の中を感じていける喜びと幸せは、

どんなにしても手に入れることが出来なかったことでした。

心の向け先を伝えていただいたことは、幸せの一語に尽きるでしょう。


マイナスがマイナスではなかった。

マイナスの転生はマイナスの転生ではなかった。

今、私は、UFOに思いを向け、宇宙を思い瞑想をするとき、自分の中でそう感じています。


マイナスのエネルギーがプラスへ変わっていく喜びは、大きな温もりを伝えてくれます

大きな喜びを伝えてくれます。

自分を知らずに存在してきたから、

だから、自分達の帰るところを知ったときの喜びは本当に大きなものです。


UFO達がそれを伝えてくれます。

自分自身が心に感じた喜びとか温もりとかを伝えていったとき、

心に返ってくるものがまたすごいんです。

 

だから、UFOに思いを向けることが喜びとなってきます。

たったひとつの宇宙に帰る喜びだけを信じて、そこへ心を真っ直ぐに向けていきます。


田池留吉、アルバートの意識、波動。

心に響いてくる今をただ喜んでいくだけです。


 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

つづく(作成中) in the works

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

正しい「心の針」の向け先   ←クリック

 

********************************************************

☆ 私がお伝えしたいこと、あなたが知りたいことは

「意識の流れ」の本と意識からのメッセージにすべて記されてあります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


新刊    好評発売中!

 意識の流れ 【増補改訂版】−アルバートとともに−

 

「意識の流れ」が6年ぶりにリニューアルされます。

新たな内容が追加されるとともに、従来の内容も整理

編集され、章立てがなかったものを、項目別にまとめる

こ とで読みやすく力強いものに生まれ変わりました。

田池 留吉


田池留吉/塩川香世
四六判/1000円(税込)

ISBN 978-4-904648-16-2

ぜひ お近くの書店で 予約などしてお求め下さい。

お近くに書店の無い方は、ネットでもお求めいただけます。

ネットでのご注文は



私の思いというのは、あなたに是非本当のことを知ってもらいたい、

真実に出会っていただきたいということなのです。

あなたは、今までにこの世のどこかに真実というものがあるのではないか、

今はまだなにか分からないけれど、 絶対に変わることのない本当のことがあるのではないか、

と考えてみたことはないですか。 あなたは本当のことを知りたくはありませんか。

この本は、そんなあなたに、あなたの心で答えてくれる一冊になってくれるでしょう。

 

主な目次


はじめに


1. 私の人生は、セミナーとともにありました 15
--------------------------------------------------------------------------------

2. 私の人生すべてを懸けてお伝えしてきた真実 36
--------------------------------------------------------------------------------

3. 心を見るということについて 49
--------------------------------------------------------------------------------

4. 本当の人生、本当の喜び、そして、本当のあなたとは 69
--------------------------------------------------------------------------------

5. ここで「死」ということに触れてみましょう 80
--------------------------------------------------------------------------------

6. 神と金に狂い続けてきた人類 91
--------------------------------------------------------------------------------

7. 天変地異の足音 118
--------------------------------------------------------------------------------

8. 心を見る大切さ 134
--------------------------------------------------------------------------------

9. 意識の流れと次元移行 154
--------------------------------------------------------------------------------

10.私達は、宇宙とともに次元移行をします  
--------------------------------------------------------------------------------

おわりに 233


再 掲 238


■はじめに■


この本を手にしていただいて、ありがとう、大変嬉しいです。

長い長い時を経て、ようやくお会いできました。シナリオ通りとはいえ、幸せです。


どうぞ、まず、生まれてきたことを喜んでください。お母さんの温もりを心で感じてください。

そして、生きる本当の意味を知って自分の人生を全うしてください。


「あなた方は今、意識の流れを感じていますか。すべての意識はその流れの中にあります」と、

このように申しましても、一体意識の流れとは何なのか、すべての意識とはどういうことなのか、

そして、流れの中にあるとはと、最初から、あなた方の頭の中には、疑問符が出てくるでしょう。

 

そもそも、これから私がお伝えしようとする内容は、

過去、どの文献にも記しるされていません

いまだかつて真実に出会えた人間は、いないからです。

確かに、人間は、過去より真実を求めてきました。

しかし、実際は、誰一人として、真実というものを知らずに、分らずに死んでいきました。

従って、本当はこれまでに救われた人などいないのです。

神にも仏にも宇宙のパワーにも、私達を救う力など全くありません。

私達自身が、真実に目覚めない限り、私達は救われないのです。

実は、そのことを、はっきりと伝えるのが、意識の流れというものです。

そして、私は、私達はみんなその流れの中にありますということを知っていただきたいのです。

 

そこで、話の中心は、一体真実とは何か

私達人間が本当に真実に目覚める時がやってくるのかということになってくるのですが、

ここでひとつだけポイントとして、押さえておいていただきたいことがあります。

それは、真実の世界は、人間の頭では計り知れない世界だということです。

本当のことは、あなたの頭ではなくて、あなたの心で分かるものであり、

そして、あなたの心でしか分からないものだということを、私は最初に断っておきます。

では、人間の頭では絶対に分らないという真実の世界を知るには、どうすればいいのでしょうか。

それを、これから、私は、順を追って語っていきたいと思います

(後略)

■増補改訂版「意識の流れを読んで」■


少し前に、以前発売になっていた「意識の流れ−アルバートとともに−」の本を手に取り、

帯に書かれた「真実の世界は、あなたの頭では分からない、

あなたの心でしか分かりません」という一文を見た瞬間に、

ふいに涙が溢れ、胸がいっぱいになったことがありました。

 

その本の増補改訂版を読んで、以前の本と比べて、章立てになっていて読みやすくなり

更に未来の事についても加えられ、より一層、内容が深く、力強くなっていると感じました。

 

今まで生きてきた中で感じてきた数々の疑問に対しての答え、

どう生きていけばいいのかということに対しての指針、

真実の世界、真実の私とは何かについて、一つ一つ丁寧に綴られていました。

うやむやにぼかされてきたそれらの答えが、

はっきりと力強く示されていることを感じて、嬉しく思いました。

 

本当の生き方を知らずに、ただ年月を過ごしてきた私に、

本当の生き方を、本当の真実の世界を教えてくれる一冊に、こうしてまた出会える私は幸せです。

この一冊、大切にしていこうと思います。ありがとうございました。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

*************************************************

田池留吉氏の指し示す方向に沿って 学んでいく事です。

本をじっくり読んで、ホームページをきちんと見て、

最初は、真実を頭で、理解してください。

 

そして 最後は 「瞑想」 です。

そこに すべてが 凝縮されています。

正しい瞑想を通じて、あなたの心で、感じて 真実を知って下さい。

**************************************************

 私たちの時間は永遠です。生まれてから、死ぬまでが、私たちの時間ではありません。

私たちの時間は、死んで途切れることなく、ずっと続いています。その時間の中で、

今、一つの肉体を持っているだけです。 

 

続 ・意識の流れ【改訂版】

最後は瞑想です

正しい瞑想をしましょう


田池留吉・塩川香世

四六判/定価 800円(税込)

ISBN 978-4-904648-18-6

2010年12月2日発売!

ネットでのご注文は

?

 

第一章  私は、田池留吉と申します

第二章  人は、なぜ生まれてくるのか……

第三章  自作自演の芝居

第四章  正しい瞑想の仕方

ステップT 自分のエネルギーを知る

ステップU 母を思う瞑想と母の温もり

ステップV 母を思う瞑想と他力の反省

ステップW 母を思う瞑想と田池留吉を思う瞑想

第五章  田池留吉を思う―私の目―

第六章  田池留吉を思う―私の異語―  

第七章  田池留吉を思う―私の指―

第八章  私は、アルバートと申します

第九章  転 生

第十章  幸せの道へまっしぐらに

第十一章 正しい瞑想を通して、母の温もりから、

「母なる宇宙」へ思い を広げように

第十二章 再び、田池留吉です


最後は 瞑想です。     正しい瞑想をしましょう !  

 瞑想でしか、真実は分かりません。 究極的には、正しい瞑想です。

 

瞑想とは思うこと。思うことは喜び、思えることは喜び。

だから瞑想は喜び。  瞑想は ただただ 喜びの時間。

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

********************************************************

(サイトマップ)クリック!
意識の世界からのメッセージ集(150タイトル)への入り口

The Messages to you from The World of Consciousness

私のHPの「意識の世界からのメッセージ」は、

すべて、本当のあなたから、あなたへのメッセージです。

だから、私が 本当の、意識のあなたの代わりに、HPを通して お伝えしているのです。

********************************************************

 

あなたも

本当のこと(真実)本当のあなたを 頭で知り、あなたの心で感じ、心で分かり、

あなたが 転生 した 300年後 のニューヨークから、

宇宙の友UFO と共に四次元へと 次元移行 に向けて、

喜怒哀楽のその時 心を見て お母さんの反省  他力の反省 を繰り返し

意識の転回 をし 自己供養 と 自己確立 のための 

1心の心の針を正しい方向に、ピッタリと合わせた 正しい瞑想  

を本当の仕事として、 日々実践する 学び  

をするために あなたは 今世 生まれて来ました。 それ以外の目的はありません。

 

ここでは、そのための意識の世界からのメッセージを お伝えしています。

 

(注)青い大きな文字下線のあるところをクリックすると、そのページが開きます。

 

***************************************

なぜ、田池留吉の意識が、地球上の、それもこんな小さな島国、日本に降り立ち、

20数年かけて、セミナーを開催してきたか、これは、非常に大きな意味があります。

***************************************

あなたも、真実の世界を学ぶために、生まれてきました。

それ以外の目的はありません。

 

今、学ばなくて、いつ学べるのでしょうか

ホームページを通して、呼びかけています。

 

 

草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

UTAブック・「愛 ―あなたは愛です―」出版について  ←クリック

UTAの輪  (UTAの輪作り)  ←クリック

私は愛、あなたも愛。 ( 冊子 学びのポイント「UTAの輪」より) ←クリック

正しい「心の針」の向け先  ←クリック

 

***************************************

 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

平成25・26年UTA ブック・ スカイプ瞑想会 ←クリック   

平成25年UTA会 (vol.2) 凄まじい闇の大噴出と総崩壊セミナー←クリック
+パソコンでのUストリーム セミナー と スカイプ瞑想会
2013年は、間違った自分、偽者の自分を徹底的に崩していく年にしませんか。

平成25年UTA会 (vol.1)・草書体の「愛」の活用と 宇宙瞑想セミナー←クリック 

 

平成24年 UTA会 ・ 磁場と反転 セミナーの案内と内容紹介←クリック

過去のUTAセミナー結果報告クリック!

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

田池留吉著 「意識の流れーアルバートと ともにー」  

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ

アルバート(田池 留吉)とは

アルバートからのメッセージ←クリック

 

田池留吉のメッセージ H.25←クリック 
2013年は、間違った自分、偽者の自分を徹底的に崩していく年にしませんか。

田池留吉のメッセージ H.24←クリック 

田池留吉のメッセージ H.23←クリック

 

その人、田池留吉―田池留吉の世界―←クリック

Message from Taike Tomekichi:クリック!

 田池留吉の世界からのメッセージ←クリック

田池留吉からの問いかけ←クリック

田池留吉・意識の世界 「あなたの問いに 答えましょう」←クリック  

 

池留吉の磁場と反転そして転写 ←クリック

草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

 

ホームページ読んでいますか?クリック!

瞑想、していますか ? 反省と瞑想の時間ですよ!クリック!

瞑想による自己確立・・・クリック!

正しい瞑想 @
正しい瞑想 A
正しい瞑想 B
正しい瞑想 C
正しい瞑想 D
正しい瞑想 E
正しい瞑想 F
正しい瞑想 G
正しい瞑想 H
正しい瞑想 I

正しい「心の針」の向け先  ←クリック

異語(いご・Igo)とはクリック!

 

田池留吉の肉が亡くなった後、今世 この学びは、どうなるか?←クリック

250年後 NY での 学び←クリック

***************************************

塩川香世のメッセージ H.25←クリック  

塩川香世のメッセージ H.24 ←クリック

私の勉強から (U) 反転・瞑想・・・塩川香世 ←クリック 

  塩川香世の宇宙・心・思い・そして・・・・(T)・←クリック  

真実の学び・田池留吉・アルバート・そして塩川香世←クリック

 

コペルニクス的転回とは?・意識の転回

 

田池留吉の世界を感じていこう←クリック

過去も未来も今とひとつ←クリック

 

自然治癒力は、すべてを生かす喜びのエネルギー、パワー←クリック 
+ 田池留吉の磁場 

 「自己供養」 + 田池留吉の磁場    塩川香世    ←クリック 
・・・遠き飛鳥の時代に思いを向けて

 

日本の国 そして アマテラス・天照は、今・・・・←クリック

イエス キリスト(そして、ヒットラーの意識←クリック

 

***************************************

学びの友からのメール(田池留吉へのメール)

Hさん・Kさん・Iさん・Jさん・Lさん・Mさん・Oさんの波動の勉強←クリック

学びの友の反省と瞑想←クリック

田池留吉の問いかけ と 学びの友の返答←クリック

 

死後の世界(意識の世界)・死後の自分と語る←クリック

ペットたちの思い(メッセージ)と死の真実←クリック

***************************************

「人はどうして病気になるのか?!そしてその対策と克服法とは!」←クリック

 

IPS細胞・肉体細胞 と 自然治癒力の意識←クリック(詳細を参考に・・・)

 自然治癒力は、すべてを生かす喜びのエネルギー、パワー←クリック

new!   田池留吉の磁場と反転そして転写 ←クリック

草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

***************************************

 

あなたの 過去世・現世・来世・・・・本当のあなたの意識です。クリック!

本物のあなたから、あなたへのメッセージ←クリック

私の勉強=あなたの勉強クリック!

 

あなたは、なぜこの学びにつながったのかクリック!

初めて、真実の学びにふれる方の為にクリック!

真実の学びにふれて←クリック

 

学びのポイント (田池留吉)クリック!

学びの 手順クリック!

 

***************************************

自己確立とは・・・クリック!     自己供養 ←クリック

他力の反省クリック!   宗教の間違い・他力信仰の反省

***************************************

 

「人間はどこから来てどこへ行くのか」 <意識の流れ>真実の故郷を求めて!

*******************************************************

 

地球の意識 と 未曾有の天変地異クリック!

天変地異は喜びのエネルギー(天変地異の大予言←クリック

*******************************************************

 

宇宙の友「UFO」 と 喜びの次元移行・ 宇宙の意識←クリック

「私達は、宇宙とともに 次元移行をします」クリック!

300年後の次元移行そして母なる宇宙←クリック

 

宇宙の風(宇宙からのメッセージ) クリック!

田池留吉・アルバート、過去世・来世、宇宙・UFO、天変地異、次元移行クリック!

 

 

******************************************************

*******************************************************

(真実を求めている方のために) 

*****************************************************************************

このサイト(ページ)は、

真実を求める方のための 手引き・参考になればと、構成しております

抵抗なく ス〜と入っていただきたいのです。

なぜなら、「あなたは、私。 ワタシは、アナタ」なのですから・・・

*****************************************************************************

真実とは・人間の本質 田池留吉著 「意識の流れ」 勉強会・UTAセミナーとHP
現代の諸問題・社会問題 子供の諸問題・育児と教育 夫婦の縁・家族・友・人間関係

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

****************************

喜びと幸せの輪を広げよう

****************************

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!

****************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最後まで 読んでいただいて ありがとうございます。

松岡儀典(まつおかよしのり 1946年・昭和21年の戦後生れです。

(メッセージの分類・編集人)