(サイトマップ)

松岡儀典の提言・真実を求めてクリック!

 

「心の窓が開いた!」 とは、

真実の世界への扉が開いた=本当の事が心でわかるようになった!! こと

 

目に見えない意識の世界 ・心で感じる波動の真実

 

「心の窓」が開き、本当の自分自身から、目に見えない意識の世界を、

心で感じる波動のトレーニングを受け、

人間の本質を知り、真実がどこにあるのか、生まれてきた目的を心で知る事となった、

松岡儀典(よしのり)の体験をお伝えします。  参考になさって下さい。

 

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」

「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」

 

If not Now , then When ?

If not You , then Who ?

今やらなくて 、 いつやるの?

あなたがやらずに、いったい誰がやるの?

 

今、学ばなくて、いつ学べるのでしょうか?

ホームページを通して、呼びかけています。

 

 

今が、その時!  千載一遇のチャンス!

********************************************************

思うことがすべて。  思えば通じる。

思いは波動。  波動はエネルギー。

エネルギーは仕事をします。

思いは現象化します。

 

私はあなた、あなたは私。私達は一つ

 

 

『 喜び     ありがとう     笑顔 』 

********************************************************

 あなたも、真実の世界を学ぶために、生まれてきました。

あなたは、「愛」だと いうことに目覚めるために、生まれてきました。

 

それ以外の目的はありません。 それ以外の事は、どうでもいい事です。

肉の事は、ほどほどに!・・・・・

自分の本当の姿を知らずに死んでいく人生とは、何なんでしょう?

 

お母さんの温もりを分かることが、全ての原点です。

お母さんの温もりが分からない人は、人間ではありません。

 

********************************************************

 

何が正しくて、何が間違っているのか!

『真実』を知らずして 世の中・人間を語るほど、空しく 哀しく 無意味なことはありません。

 

" All people are born truthful and die liars."

「人は皆、産まれた時は、真実・本当の事を心に抱いて、喜びにあふれ、決死の覚悟で生まれてくるが、

その後の人生において、親や先生の教育、社会のマスメディアによる間違った・正反対の刷り込みによって、

嘘だらけの「ウソつき人間」として、真の目的を何も達成することなく、今世も失敗に終わり、死んでいく。」

 

********************************************************

 

この学びを始めると、誰しも多かれ少なかれ、敏感になりますが

敏感になることが目的では ありません。

 

*********************************

 

私は、この学びは、正しい学びだからやっているのではなく、そうすることが、

本来、自分がするべきことだから、して当然のことだからやっています。


そして、そこに、本来の自分のあるべき姿を見出せる幸せ、喜びを感じています。

*********************************

『 心を見る 』 という 学び

この学びは、決して、宗教ではありません。

 

(「意識の流れ」を読んで、真実を求め セミナーに参加される方のために) 

*********************************

このページは、田池留吉著「意識の流れ」を読んで、初めてセミナーに参加される方が、

抵抗なく、出来るだけスムーズに敏感になり「心の窓」を開けるよう、

また、その時 驚かずに意識の世界・波動を受け入れる事が出来るよう、

私の体験を、何かの参考になればと お伝えするものです。 

 

参加する動機と心構えをシッカリ確認して頂く為です。

学びは、どんどん進化しています。 セミナーに参加しないと分かりません。

*********************************

 

なぜなら、「あなたは、私。 ワタシは、アナタ」なのですから・・・

 

*****************************************************************************

■ 私の思いは、 あなたに  ぜひ  本当のことを  知ってもらいたい、

真実に 出会っていただきたい という事だけなのです。

 

■ 真実は、あなたの心でしか 分からない。そして、あなたの心で必ず分かる。

「頭・知識でわかるのは5%くらい。残りの95%は、心でしか分からないのです。」


「心の窓が開いた!」

目に見えない 意識の世界 ・ 心で感じる 波動の真実

[ 本物の自分自身 と 帰るべき故郷 、そして真実を求めて]

Searching for THE TRUTH and OUR ESSENTIAL NATURE

 

 

あなたは 何のために 生まれてきたのでしょうか?

あなたの 本質は 偉大 なのです。

本当の自分自身を知る!!

死ぬまで元気で、 真実を知り、自分自身を変え(意識の転回)、

」に目覚め、自己供養することが、 あなたの本当の仕事です。

そのために あなたは 生まれてきたのです。

そのことを分からず 死んでいく あなたの人生は、何だったのでしょうか?

TVドラマ「おしん」のように、耐えて・忍んで・我慢する人生は 間違っています

立身出世を目的にしたり、有名になりたい・大金持ちになりたいと

夢は思い続ければ叶うと 一生懸命になったり、

長生きしたい・幸せになりたい・健康になりたいと、神仏にすがるのも全て 間違っています。

 

高齢化社会となって、介護が問題となっていますが、解決策はただひとつ、

年老いても 「自分の事は、 自分でする」

「死ぬまで 元気で。 ピンピン コロリ。」を

モットーとして 生活することです。

 

ただ、長生きするだけでは 意味がありません。

無駄に 醜態をさらして、生き永らえているだけです。

本当の、あなたが決めてきた、やるべき仕事をしてください。

真実・「愛」に目覚めてください。

 

頑張らなくてもいいんです。ただ、素直になれば良い。

 

あなたは 愛 です。

 

@ なぜ生まれてきたか。 A 自分とは一体何者か。 B 死んだらどうなるのか。

<このHPを通して、その疑問に確実に お答えしてまいります。>

 

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」

「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」

 

 

松岡儀典です。昭和21年の戦後生まれです。

松岡儀典
検索

1genki.net 
検索
(数字の1genkiです。)

 

 

 

 

 

 

(35年前、LEAD楽器当時の30歳代前半)

当時のバンドマンは、皆ひげをたくわえていました。

私も仕事柄、やってしまいました。

 それが起こったのは、私が、34歳の時でした。

 

高校卒業後、お金を貯めて、ビートルズのコピーバンドを兄弟3人で始めたのがキッカケで、

21歳の時、レコードや楽器の店を創業、兄弟の力を借り、

高度経済成長の波に乗り 県下に9店舗と本部を展開し、

今後をどの様にして行こうか?と考えあぐねていた時、フッと 私の心の中から

おまえの今世 本当にやるべき仕事は、10年後に来る。

それまでに今の仕事を整理し、準備をしなさい。

との思いが上がって来たのです。初めてのことに驚きましたが、

私は、何の疑いもなく、誰にも相談せず、状況の流れのまま

兄弟や家族の生活の為の4店(今では2店)を残して、10年かけて順次 店をやめていったのです。

店は、創るのは簡単ですが、つぶすのは 難しいのです。

 

不安はありませんでしたし、実際その10年間が一番儲かり、お金も残りました。

そのまま突き進んで、店舗展開を続けていたら、倒産していたに違いありません。

 

父親には、様々な場面において 特に資金面で迷惑を掛け続け、大いに助けられたものです。

自分の思い込みで、出来ると がむしゃらに頑張っていただけでした。

元もと、私には 経営者としての資質など持ち合わせて生まれてこなかったのです。

リーダーとして 人を導いていく能力もカリスマ的なパワーも何も無かったのです。

 

私の 本当のやるべき仕事が、やっと 若くして 見つかったのです。

それは、他人のためでは決してなく、ただただ 自分自身のためにやるべき事だったのでした。

私は、親・兄弟・妻・子供・親類縁者の皆様にも 何もしてあげられなかった。

逆に、沢山のことを して頂いて きています。  ただ 真実だけは伝えようとしました

それを 受け入れてもらえるかどうかは、各人・本人次第ですが・・・・・・・・。

本物は なかなかスンナリとはいかないのが この肉の世界の現実です。

 

■ さて、もはや、企業戦士として 頑張る必要がなくなった訳ですので、全てにゆとりが生まれます。

何事も、これ!となったら、集中・徹底してやる性格です。

しかし、間違っていた!と気付くと、直ぐに180度クルッと向きを変えます。

 

私は、心の命じるまま、本を通じて、宗教の世界・精神世界・宇宙UFOなど、

目に見えない世界に関する書物を、順序良く、段階を踏みながら読んでいったのです。

必要に迫られ、神道系の新興宗教に入信し、様々な事象・心の動きを体験しました。

他力信仰の間違いと怖さを身をもって知る事になった訳です。

1年余りで止めました。

 

さらに 、さかのぼる事20年、小学生時代、スポーツ少年だった私は、

180度方向転換させられ  スポーツが全く出来ない身体になったのです。

なので、己を現すには、勉強しかありませんでした。山奥で生まれ育った私が、

交通の不便な当時、私達の感覚では、遠く離れた都会の一流校に、なんとか滑り込んだのです。

 

学校帰りに、大きな書店に立ち寄る毎日。・・・・・・習慣となったのでした。

 

高校卒業後、

「自分の身体は、自分で治そう!!」と決意してからも、本を通して情報を得ていきました。

音楽の店を立ち上げる時も、経営書のコーナーからノウハウを学びました。

「これだ!」と思うものは、必ず実際に自分でやってみて徹底するのが、私の性格です。

事業を自分で始めてからの20代は、他人の3倍がむしゃらに働きました。遊びなど全く知りません。

 

小学生時代のスポーツ万能選手、

勉強に明け暮れた中・高時代、

チェーンストアを夢見た企業戦士

どの時も、目に見えない何か強大な力が、作用・突き動かしているな〜!?と感じていました。

敏感な訳ではありません。霊的体験も一度もありません。なんとなくフッと感じるのです。

 

その様な経緯で、本・書物から学ぶ事には抵抗がなく、むしろ好きでした。

20代は、精神世界の本、手相・人相・姓名判断・方位・気学・奇門遁甲などの占い本

UFO、心の持ち方・物の見方考え方、チェーンストア経営書などを

遊びにも行かず 読みふけり やってみるの繰り返し。 20代、経営セミナーにも頻繁に通いました。

 

時代を戻して34歳からの10年間、書店巡りが再開され、新興宗教関係にしぼって

順次 読んでいきました。キリスト教の聖書や仏典などは、読む事がありませんでした。

また、哲学書・政治経済や思想書・歴史書や小説なども読んだ事がありません。興味もありません。

もちろん、凶悪な犯罪を犯すような 胡散臭いカルト教団に係わる事はありません。

本すら読んだこともありません。

必要なものだけを、その間違いに気付くよう仕組まれていました。

 

丁度、10年後の1990年(平成となった翌年)、もはや読むべき物もなくなり、頭はパンパンの頭でっかち。

これからどうすればいいんだろう?と思いあぐねていた頃です。

久しぶりに地域一番大きな書店の宗教書コーナーをぶらついていた時です。

陳列棚の最下段の片隅にポツンとおいてある、何の変哲もない1冊の本が目に止まりました。

桐生敏明著「光のなかへー本当の自分を求めてー」というタイトルです。

 

その本を手に取り「はしがき」を読んでみました。「田池 留吉」の文字が飛び込んできました。

今まで読んできた宗教書の類とは、全く違っていました。直ぐ買い求め、読みふけりました。

「頭・知識でわかるのは5%くらい。残りの95%は、心でしか分からないのです。」との記述に、

私の思いも「頭の勉強はもういい。心で知りたい!心で感じてみたい!」と反応し、

無料のセミナーが開催されているとの内容をみて、本の出版社にハガキを送ったのです。

 

まだ1冊しか出ていないようなので、セミナーの日程とその他の資料の有無の問い合わせでした。

すると、直ぐに 当時セミナー開催の手伝いをされていた著者の桐生敏明さんから電話があったのです。

セミナーの日程報告と 当地に一人学びの友がおられるので、その他の資料はそちらで・・・・・

さらに、「田池先生が、以前から当地でセミナーをやりたいと言っておられるので、

会場(温泉ホテル)の手配と地元の参加者を20名くらい集めて下さい。」というのです。

 

私は、桐生さんの電話を受けながら、ビックリすると共に「トンでもないところに足を突っ込んだな〜」

と思ってしまったものです。「先ず、セミナーを受けさせて下さい。それからに・・・・」と電話を切りました。

後で話を聞きますと、そのセミナー開催の手配をしていた出版社は、ほとんどの人が霊道者・チャネラーなので、

私のハガキを見た一人が、「約束の人が来ました〜」と叫んだそうです。それで、あの電話となったようです。

 

早速、セミナーの申し込みを 先ず済ませ、紹介して頂いた学びの友は、気持ちよく資料を貸してくださいました。

沢山のプリントの資料や録音テープ・セミナーのビデオがあり、嬉々として集中・徹底的に勉強しました。

 

1990年・平成2年6月の第152回反省研修会のセミナー(神奈川県相模原)に参加しました。

大阪在住で地元出身の女教師の方から電話をいただき、会場が分かりにくいので皆で一緒にとの事。

さらに、私と同じように、本を読んで初めてセミナーに参加する当地の方がおられるとの連絡でした。

小学校の先生をしているその男の方と落ち合い、同行しました。

今考えると、その時から 心の窓が開きかけ始めていたようです。

 

すなわち、しっかりと 何の疑いも無く 喜びで、

心を一方に一途に向けることが 決め手の様でした。

 

いよいよ、セミナーの始まりです。

*********************************

さて、長々とイントロダクション(まえがき)の様なものを書いてきましたが、

ここに、いくつもの重要な決め手となる事項・要素が、含まれています。

どうか、その点をお見逃しなく、シッカリと押さえて置いてください。

 

(注)現在では、参考図書が たくさん出版されていますが

当時は、この学びに関する本が出版されていなかったので、

宗教の間違いを知るために、既存の本を読まされましたが、現在は

参加を希望される方は、

 
「新刊 意識の流れ」 [増補改訂版]

「続・ 意識の流れ 」【改訂版】 正しい瞑想とは 

「その人、田池留吉」    「意識の転回」
         「磁場と反転」

 新刊  「あなたは  です」

 

 

   UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!

  の6冊を繰り返しシッカリと 読んでおいて頂くだけで充分です。

 

先ずは、頭で基本となる知識を分かっておいて頂かないと、

心が敏感になって 心の窓が開いても、

闇に翻弄され、

自分自身をコントロールできなくなります。

*********************************

 

■ セミナー会場は、大勢の老若男女でビッシリでしたが、初めての参加者優先の案内で

前の方に座る事が出来ました。先ず、いつものように田池先生の講話から始まりました。

田池先生の話は、全てにおいて納得でき、抵抗なく私の心にす〜と入って来ました。

事前に、知識だけは頭に詰め込んで来ていたからです。

 

話の内容は、世間の常識とは正反対の事ばかりなのですが、

全て「その通り!その通り!」でした。

1時間半か2時間ほどの講話が終わり、休憩をはさんで、「現象」と呼ばれる時間になりました。

当時は、女性の霊導者・チャネラーが二人、前のステージの椅子に腰掛けていました。

参加者が手を上げて前に出て、田池先生の司会・指導の下、

希望者が抱えている問題や家族の意識・死者の意識そして過去世などを霊導者を通して出していきます。

目に見えない意識の世界の存在を証明し、

分かってもらう為の「現象」の時間です。

 

■ 

必ず、「タイケ トメキチ」のメッセージが、チャネラーの口を通して語られていました。

最初の希望者がステージに座り、現象が始まりました。

そして、チャネラーの口から「タイケ トメキチです。」という言葉が出た途端でした。

 

私の胸のあたりに、ドーンと大きな衝撃があり、

反射的に私はその場に前かがみになって

「わ〜!!」と泣き伏したのでした。

  その時「心の窓が開き始めた」のでした。

 

That was definitely a big moment for me.

(その時が、私にとって 間違いなく 人生の重大な転機となったのです。)

 

もう涙が止まらないのです。私の肉体は訳が分からないのです。

心が勝手に反応するのです。

どの人の現象も、全て自分の心の中が反応して 懺悔し「間違っていた〜」と泣くのです。

肉の私は、何がどうなっているのか 全く分からないのですが、

わんわん泣きながら、うれしくてうれしくてしょうがないのです。

小心者で恥ずかしがり屋の私が、恥ずかしい思いなど全く出てこないのです。

 

■ 私の心から、勝手に うれしい〜という思いがあふれ出るのです。

昼食の休憩時間に、別の美人のチャネラーと 同席することになり

何にも分からない私に、「あなたの心から 愛が流れていますよ!」との一言。

それでも私は、何の事を言っておられるのか全く分からないのです。

引っ込み思案な私は、美人を前にして、それ以上質問する事が出来ませんでした。

 

寝床についてからも、私の心の中が、勝手に反省を始めるのです。

妻に、子供に、両親に、兄弟に、社員に、・・・と、次々に反省・懺悔し涙を流すのです。

そのせいで、枕は涙でびしょびしょ。眠れない時間が過ぎて行きます

翌朝、あまり寝ていないにもかかわらず、

心は軽くさわやかで、うきうきとうれしくて

外を歩いていても、まるでチョウチョのように

ふわふわ飛んでいるような感じなのです

 

今思えば、3億6千年前にこの地球に降り立った頃の人間の心の状態と丁度同じだと思います。

 

そのような喜びのうちにセミナーは推移し、最終日の3日めの朝を迎えました。

肝っ玉の小さい私は、前に出たくて仕様がないのに、1日2日と時が過ぎていました。

チャネリングの最後のチャンスです。勇気を振り絞り、手を上げました。

 

ステージの椅子に座り、「自分の意識を出して欲しい。」と告げました。

霊導者の口を通して、私の意識が語り始めました。

「幼少の時から、大自然の中で育ち、自然から真実を学んだ事。」

「自分は企業戦士ではなく、心が楽な事。争いが嫌いな事。」

など自分としては、「アレッ!??」という感じのこともありましたが、私の肉の意識が語るのです。

 

突然、チャネラーが「トットットットットットットットットットットッ・・・・・」と始まり、

私の頭が、後ろに引っ張られ、椅子の背もたれに支えられながら、大きく後ろにのけぞったのです。

そして、私は口を大きく開いて、「ワー!!」と何かを叫んでいるようでした。

 

場内は、同じ波動を心で感じた人たちが、それぞれに反応して大声を出し、騒然となっています。

そんな中、過去世は次々と現れ、時代もどんどんとさかのぼり、

アトランティス時代そして宇宙時代の過去世まで 出て来たのでした。

 

私は、全身汗と涙で ビッショリです。

田池先生が「サウナから出てきたようですね。」と微笑みます。

「気分はどうですか?」の問いかけに「気持ちが良いです。!」と答えていました。

 

2泊3日のセミナーは、喜びのうちに終了し、自宅へと帰路につきます。

うれしい心はそのままです。胸の真ん中あたりに何かを感じています。

羽田空港へ向かって電車に乗った途端、柔らかい綿の入った座布団のような物で

首の後ろを思いっきり叩かれた様な衝撃を受けました。痛くはありません。

キョロキョロと見回してみても、私に対して向かっている人など誰もいません。

羽田に着き、トイレで用をたしていると、また同じ様な衝撃を首の後ろに感じました。

 

横を見ると、50代の男の人が、何かぶつぶつ言いながらトイレに入って来ました。

それで分かりました。私の感じた衝撃は、私に対しての攻撃ではなく、

誰かが怒っている時にその人から発せられる怒りの波動を、受けていたのです。

人間から常にこのような波動が流れている事を、初めて知ったのです。

 

セミナーで顔見知りの、九州へ帰るチャネラーの女性と羽田で再会し、時間まで一休みです。

すると、そのチャネラーの口から、私が本を通して知った教祖達が、入れ替わり立ち代り

「裏切りやがって!タダではおかんぞ〜!」と言って来るのです。

そして、田池先生の意識も「シッカリ 頑張りなはれや〜。」と激励するのです。

地元の土地の意識は、「この地にやっと光が立ちました。」と喜び、

「早く帰って来て下さい」と 地元の有名な お城 共々言ってきます。

 

ふっと 我が家に思いを向けると、20数年にわたり買い求め、読了してきた

たくさんの本の著者や教祖の波動が、猛獣のように牙をむき、私に襲いかかるのです。

ビックリ仰天の私は、このままでは家に帰れない、と思い、家にいる妻に電話したのです。

今、羽田にいるんだけど、家にある本を全部直ぐにどこかに持っていくか捨ててくれ!!と。

妻は大変驚いた様子ですが、真剣な電話に素直に従ってくれ、行動してくれました。

6月の蒸し暑い時に、子供2人も手伝って箱詰めし、全部家から持ち出してくれました。

それで、やっと家に帰ることが出来たのです。

 

羽田から地元までの飛行機を、目には見えませんが、UFOが祝福して  ずーと並んで飛んでいます。

雲海の上を飛行中、真っ赤な夕陽に染まった雲の上に、これから起こり来る天変地異を映し出しています。

飛行機の中でも、涙が止めどなく流れました。

 

空港に着き、車で家路につきます。地元の土地が喜んでいます

運転しながらも涙が溢れ出します。 我が家のある市内に入る頃には、暗くなっていました。

市街地に差し掛かると、町を重たい暗いものが覆っています。人は誰も見当たりません。

私の車が近づいていくと、垂れ込めていた闇が、サーと遠のいていくのです。

 

家に着きました。家族のいる居間の戸を開けると、

3人が満面の笑みで、同時に私を見るのです。 

そしてその部屋全体がパーと光り輝いて見えたのでした。

(後日談では、暑い中 本を処分させられた事もあり、3人とも怒っていた と言うのですが・・・・???)

私は、部屋に入るなり、

3人に土下座をして、今までの間違いを詫びたのでした。

私は、180度 心が変わっていたのです。

 

さて、それからが大変でした。

先ず、テレビのスイッチを入れると、テレビから物凄い波動がドーンと来るのです。

チャンネルを変えてみても同じで、もうテレビは見れません。

新聞を開くと、テレビと同じ様な波動がドーンと来るので新聞も読めません。

 

翌日、仕事場の店に20分程かけて車で向かう途中、道路端の地縛霊が、私めがけてバーと飛んできます。

楽器店ですので、いつもは有線でロックの音楽を流しています。

ところが、テレビの時と同じで、スゴイ波動が流れてきます

驚いて他のジャンルのチャンネルを回すのですが、どれもダメです。

クラシックもジャズもイージーリスニングも癒しの音楽も波動は耐えられないのです。

 

私の店にその地域中の闇の意識が集まってきて、私の変貌振りを観察しているようでした。

360もある有線のチャンネルを一つずつ回していると、鳥の鳴き声が店内に流れたのでした。

その途端、物凄い数の闇たちが、一瞬にしてサーと引いて何処かへ消えたのです。

店内は小鳥のさえずりに包まれ、さわやかな喜びの波動に変わっていました。

「これだっ!!」と、それからは音楽を止めて、鳥の鳴き声を流す事にしました。

常連さんは、「店で鳥を飼いだしたの?」と、驚いています。

 

店に入ってくるお客さんの波動が、いきなりバーと来ます。

電話を通じて、色んな波動が飛び込んできます。

「こいつを生かしておいては、わしらが困る!」と、

宇宙の強大な闇が、グワーと突然襲って来ます。

 

でも、なぜか私は恐怖の思いは全く無いのです。

私の身体の周りは、何か強力な目に見えないバリアーのようなもので守られているようでした。

どんなスゴイ闇が襲って来ても、そのバリアーで跳ね返されているようでした。

不安や恐怖はありませんが、「日常生活や仕事が普通に出来ないが、これからどうなるんだろう?」

という思いは出てきましたが、田池先生やチャネラーに相談しようとは思いませんでした。

 

このようにして、本当のワタシ・意識の自分からの、波動のトレーニングが始まったのです。

 

*********************************

■ 私の現象の時、物凄い波動を心が敏感になっている参加者が受け、騒然となりました。

ステージにいる私にも、チャネラーの声は届きませんし何を言っているのか分かりませんでした。

出版社の社員の方が、セミナーを全て録音していたので、お願いして

私の現象の部分だけダビングして頂きました。

 

そのテープを、地元で以前からこの学びをされていて資料を快く貸して下さった方に渡したのです。

当時 高校生の娘さんと一緒に、そのテープを聴いたそうです。

すると、テープを聴いた途端、娘さんは心の窓が開き、いきなりチャネリングが始まったそうです。

そのテープからも、セミナー会場の時と同じように、物凄い波動が流れていた訳です。

*********************************

 

■ セミナーが終了してから、丁度一週間、波動のトレーニングは続きました。

あらゆるものから、実に様々な波動が流れている事を、心で感じ教えられました。

特に、闇の波動を中心に感じさせられました。

 

胸のあたりで何かがピカピカ・ビラビラと一日中動いています。

そして、一日ごとにその円は広がっていきます。

丁度一週間目に、その円は身体の外にはみ出しました。

 

それを期に、やみくもに 何でもかんでもには 波動を感じなくなりました。

以前のように、何時も通り普通に生活できるようになったのです。

テレビも観れますし、新聞も読めます。

波動は、必要に応じて必要な時に感じるようになりました。

 

■さて、桐生さん(田池先生)から頼まれていた地元でのセミナー会場探しと、人集めを始めました。

資料を貸して頂いた方と二人で地元の温泉街のホテルと交渉し、決まりました。

夜、告知用の手配りチラシを ワープロで一生懸命作りました。

翌朝、車を運転していますと、周りの全ての物(空・電柱・家・道路・・・・)が、喜んでいるのです。

 

■ 二週間後の大阪でのセミナーにも、喜びの勢いで参加しました。

瞑想の時間です。クーラーの冷たい風の吹き出し口の下にいたのですが、

瞑想を始めると、

胸の辺りから気持ちのいい・あったか〜い・温もりが流れ始め、

クーラーの冷風をも温かくして、全身が温もりに包まれたのです。

その時ハッと気付いたのです。これが 愛の波動 だ〜!!と。

この愛の あったか〜い波動が、

私の心から 何時も流れている事に気付いたのでした。

 

■ 待望の 地元でのセミナーは、翌月・7月の末と次の年の2月そして8月、翌年の1月末と

合計4回、夏と冬に続けて開催され、「はい、ここは もういいです。」との田池先生の言葉。

近県に 次のセミナー会場の場所を移しました。

現在も続いている地元の学びの友は、この時のセミナーに参加した人たちです。

 

*********************************

私は、初めてのセミナーで心の窓を開く事になりましたが、みなさん人それぞれで皆違います。

チャネラーとして心の窓を開いた敏感な状態でセミナーに参加される方もおられますし、

いつまでも 鈍感な心のまま セミナーに参加し続ける人もおられます。

 

■ 何も感じず、何も分からずセミナーに参加していても、その人の肉の頭はそうですが、

心の中の星の数ほどの過去世達は、「やっとだ〜!!」と、大喜びしているのです。

待って待って待って来たのです。探して求めて来たのです。

嬉しくてウレシクテしようが無いのです。

 

■ 心の窓を開いたチャネラーが偉いとか素晴らしい特別な存在ではありません。

みんな普通の人です。田池先生も同じです。もともと皆ひとつの同じ意識なのですから。

ただ、肉を持つと、役柄としてそれぞれの役を演じているに過ぎません。

あなたに、そういう人を見上げたり・見下げたりする思いがないか、心を見て下さい。

 

■ ただ、いかに無駄なくスムーズに真実の世界・意識の世界へと、突き進めるかは

私の体験から、決め手となるポイント・コツをつかんで頂ければ、幸いです。

 

■ 私は、知識として頭で教えられるのではなく、身をもって自分の心で実体験したので

目に見えない意識の世界を、信じざるを得なくなったのです。

 

■ さらに、お願いがあります。

セミナーや勉強会に参加しようと思い立った時の「動機」を、シッカリ見て頂きたいのです。

どうして、何故、勉強会に参加しようとしているのか!?

その心・思いは・・・・? どうか、心を掘り下げて動機を検証してください。

*********************************

 

===私の体験話をチョッと===

私が、本当の自分自身・意識のワタシから、波動の特訓・勉強を受け始めて

数ヶ月が経った頃、何時もの様に「断食」をしておりました。 < 断食のすすめ>

私は、既に心の窓を開き、この世界のありとあらゆる波動を心で感じておりました。

言葉で波動を言い表すのは、無理なのですが、あえて分かりやすく表現しますと

***************************

愛の波動=意識の本当の自分自身・お母さんの温もり・アルバート

温かくて、優しくて、全てを受け入れ、全てを育む、「うれし〜」思い

どこまでも、何処までも限りなく拡がる、喜び。人間の本質

それ以外の波動は、苦しくて、哀しくて、重くて、厳しくて、暗い 闇の波動。

****************************

いつもの様に、ふと「今日からまた断食をしよう!」と心で思いますと、

私の肉体細胞の意識が、この様に語ってきたのでした。

「あなたが、断食をしようとされるなら、私達はそれで結構です。

あなたからが流れている限り、それで肉体は充分 維持していけます。」

 

そうして、数週間の断食の後、いつものように、普通の食事を摂るのですが、

味噌汁を、ひとくち 喉に流し込んだとたんでした、

その味噌汁の食事の意識・愛の波動が、喉から身体中の肉体細胞に

さーと拡がって行くのでした。初めての体験でした。その喜びは素晴らしいものです。

 

そこで私は心で気付き、実感したのです。

食べ物・食事は、なんだ!食料となっている全ての物は愛・喜びの思いなんだ!」

 

「私達 人間は、によって 生かされているんだ!!」

 

 

断食の主な 凄い効果・効能(断食の勧め)  ←クリック

 

 

  はじめに、愛がありました。

  意識は愛、宇宙は愛,母親は愛です。

  私は愛、あなたも愛、ひとつです。

  生も、死も、愛の中での現象です。

  愛は喜び、愛は温もり、愛はパワーです。

  人間は、愛から出て愛に帰る存在です。

  愛なき宇宙は暗黒、愛なき人生は暗闇です。

 意識の転回、自己確立・独立独歩、次元移行は愛に帰る道です。

 人々よ、目覚めて愛に帰りましょう。

 

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」

「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」

 

 

■1990年平成2年6月初めてセミナーに参加し、  その年の10月1日のことです。

朝起きると、お腹の下の方・丹田の下あたりから、手のこぶし大のものが胸辺りまで

グルグルグルッ・グルグルグルッと回転しながら突き上げてくるのです。

それが、次から次へと一日中 何をしていても 寝ている間以外は、出てくるのです。

それが一体何なのか、何を意味するのか 全くわかりません。

それでも、私は、田池先生にも どのチャネラーにも 聞く事はありませんでした。

 

生活に困る状態ではありません。成せるがままにしておりました。

腹の底から突き上げてくるものは、どうやら私が抱えている闇・過去世のようでした。

重たく気持ち悪いものが、グルグルグルッと出てきて、胸の辺りでパッと消えるのです。

私の心の中で苦しんでいた闇・過去世が、光に変わっているのでした。

 

それで 私は、ハッと気づくことがありました。なるほど〜!そうだったのか〜!と言う感じです。

 

「闇の意識は、人間の肉体・心 を媒介として、光へと変わっているのか!

人間の肉体がないと 光に変えられないのか〜!

闇は皆、本当の故郷である愛・光に 帰りたがっている。

 

人間の心の奥深くに閉じ込められていた愛が、 

温泉が噴き出すように流れ出したら、

闇の意識・過去世達は、

愛を求め、故郷を求め、光を求めて、心の奥から出てくるのだ〜!

人間の肉体の最終目的は、

闇・過去世が光へと変わるための媒体だったのか〜!!

これこそが、「自己供養」の実践だ〜!」

 

この現象は、10・11・12と丁度3ヶ月間続き、大晦日が過ぎ、翌元日の朝、

目を覚ますと、いままでのグルグルグルッがなくなり、心が ものすごく軽いのです。

元旦の空も 晴れ渡り雲ひとつない青空。私の心も スカーと すがすがしいのです。

うれしくて うれしくて 躍り上がるくらいです。

 

■ そのような、ワクワクうきうきして、「やったー!」と、丁度その時に、妻が正月早々、何かを怒ったのです。

それに瞬間的に反応した心は、責め裁きと怒りでした。うれしい心がある中での出来事です。

その波動を流した瞬間、私の左肩を強力な重い波動で、ガシッとつかまれたのです。

天国の気分から、急転直下、奈落の底・・・・です。

 

もちろん、私の心の中の強大な闇の一つが、

わたしの身体を通して私の心の間違いと闇の存在を教えているのです。

これが、意識の世界の厳しさです。法です。

「出来た〜!やった〜!の思いが出た瞬間、既に落ちているのです。奈落の底です。」

心を見る毎日が続きます。受け入れていきます。

肩の痛みは、徐々に少なくなりましたが、間違った思いを流すと、「ぎゅ〜!」と痛くなります。

肩の痛みが ス〜と無くなってしまうまで、3ヶ月間かかりました。

 

■ 1991年3月〜4月にかけてのニューヨークセミナーは、私の海外セミナーの初参加でした。

強烈な闇の波動と素晴らしい愛の波動をたくさん体験させられました。その一部を・・・・・

 

飛行機がニューヨークに着陸しようとした時です。後ろの方の席に座っておりましたが、

飛行機が急に左右に揺れだしたのです。機内は騒然となりましたが、直ぐに収まりましたので無事でした。

手を合わせて拝む人。あるチャネラーは、UFOが故障して墜落して死んだ過去世が出てきて青ざめていました。

私は、逆に、犬が喜んでシッポを振っているような、飛行機の「ニューヨークへ光を連れてきた!」との

喜びの表現に感じて、恐怖感など全く無く、私も共に喜びいっぱいで嬉しくて仕方ありませんでした。

 

ニューヨークのハドソン川を挟んだ対岸の自然あふれるニュージャージーのホテルが会場と宿泊です。

セミナーは、日本からの参加者とアメリカとヨーロッパ在住の日本人だけですので、いつも通りです。

新興宗教に入信していた人の現象の時間でした。

その教団や教祖を支配し操っている強大な闇が、

ステージから私に襲いかかって来たのです。

あ!と思った瞬間、ひどい頭痛が始まりました。セミナーに集中できません。

夜も色々な現象があって、頭も痛いし眠れません。食事も充分出来ない状態です。

 

どうしたらいいか分かりませんが、他人にも田池先生にも助けを求めて聞いたりしません。

一人で苦しみながら、私の心も、荒(すさ)んで行きます。

本セミナーが終了し、日本からの参加者のほとんどが帰国します。

有志の10人ほどとエルの社員それに現地の日本人に田池先生の少人数で、

あと5日間残って、会場をニューヨークのレストランやライブハウス、ホテルの小会場などに移して

行き当たりバッタリですが、ゲリラ的に現地のアメリカ人を対象にミニセミナーをやるのです。

 

最後の日、最後の会場となるホテルの小会場でのセミナー中、外人を中心に様々な現象が繰り広げられ、

黒人の方の過去世に、日本からの参加者が多く反応した瞬間でした

最後尾の席で聞いていた私の心から、サーと波動が広がり、会場全体を包み込んだのでした。

「あ〜、みんな一つなんだ〜!」との強い思いが込み上げ、喜びの涙が溢れ出したのです。

 

喜びで終了したセミナー会場を後にし、ハドソン川の地下トンネルを抜け、夕方の渋滞で

ニュージャージーのニューヨークを一望する小高い丘にマイクロバスがとどまっていた時です。

セミナーの喜びの余韻に浸りながら、ニューヨークの摩天楼をぼんやり見ていると、

私の心から、物凄い勢いで、モノスゴイ量の愛の波動が、大河のごとく流れ出したのです。

その愛の川の流れは、ニューヨークの全てを覆いつくしていきました。

 

私は、驚きと同時にうれしくてうれしくてたまりません。

この事は、今まで誰にも伝えた事はありません。言っても分からないからです。今回初めてです。

もちろん、私を苦しめた酷い頭痛は、完全に消えていました。

 

■さて、さらに、肉体をこれでもかと痛めつける闇出しの現象と自己供養についてお伝えします。

 

仕事中の出来事です。開店して間もない時間、お客さんはまだいない時間です。

急に以前のように下腹の底から私の闇(過去世)が、突き上げてきたのです。

それも、尋常ではないのです。「うっ!来た!」と感じた私は、ロックバンド用の防音スタジオに駆け込みました。

 

入り口のドアをロックして、「うわぁ〜!!!!」と大声で叫んでいました。

腸のあたり全体が、モノスゴイ痛みです。腸ねん転のような、腸がぐじゃぐじゃになった様な感じです。

息が出来なくなってきます。床に転がり回っています。特殊な汗があふれビショビショです。

普通なら、直ぐ救急車を呼ぶでしょう。しかし、私は苦しみのた打ち回ってもそうしませんでした。

 

息子が丁度店にいたのですが、良くしたもので、スタジオのドアを開け「うるさい!」と言ったきりでした。

20〜30分経ったような感じがしておりました。

少し痛みも和らぎ、息も出来るようになって来た時、フッと、

「意識の本当の自分自身・母親の波動・意識のタイケトメキチ」を

思ったのです。

 

すると、スッ!と 今までの痛み苦しみが、消えて無くなったのです。

自己供養の瞬間です。

現象は終わりましたが、肉体は疲労コンパイ、立ち上がることも出来ません。Gパンまで汗でビッショリです。

息子の手を借りて、何とか録音室の長いすに横たわり、休んでいました。

汗ビッショリなので、身体が冷え、急に寒くなりガタガタと震えておりました。

 

すると、丁度その時、日頃は店に来る事もない妻が、フラッと立ち寄ったのです。

妻の話では、何か急に「店に行って見んといかん!」という気になり来た!と言うのです。

妻はビックリして、私を家に連れ帰り、着替えして、寝かしたのでした。

 

その後も、自宅に居る時、何度か同じ現象が始まろうとするのですが、

既にコツ・ノウハウを心得ていますので、スッ!と闇を光に変えてしまいます。

自己供養

*********************************

心の窓を開いてから 丁度3年後の1993年6月、ニューヨーク・シカゴ・ロスアンゼルスをめぐる

10日間のアメリカ大陸 横断セミナーに 参加した時の出来事でした。

1991年のニューヨーク セミナーでも、貴重な 意識・心の体験をしていたのですが、

セミナー参加者の ある勉強熱心な お坊さんと 同室となりました。

 

そのお坊さんが 旅行ケースから 一冊の分厚い仏典を取り出し、

「松岡さん、これは 数ある仏典の中でも 最も高度で難解とされている仏典です。」

「一度 読んでみて下さい!!」と 私の前に 差し出したのでした。

頑丈な表紙をめくり、最初の漢文で埋め尽くされたページを見るだけで

すぐさま 表紙を 閉じて、私の口から 次の言葉が飛び出たのです。

「これを 書いている人は、何も分かっていません!」

「何も分からないから、ことさら 難しい言葉を使い、難かしく説明をしているだけです。」

その言葉を発したとたん、私の意識の中で 映像として 次の様な現象が・・・・

 

ものすごい数の顔が 幾重にも連なって、

全員が 「間違っていた!!申し訳ありません!!」 と 号泣しているのです。

全員から流れ出る涙は、とどまる事を知らず、

まるでナイアガラの瀑布の様な、凄まじい勢いとなりました。

この人達は、過去の世で 執筆したり、説教したり 様々な時代において

人々を導いてきた宗教家・有識者など、リーダー達の意識です。

イエスキリストもブッダも空海もみんな同じ状態なのです。

全員が 一斉に それぞれの間違いに気付き、反省・懺悔しているのでした。

私が 心の窓を開いた時と まるで そっくりそのままでした。

意識の世界とは、そのような 世界です。

*********************************

 

■ 人間が闇に支配されてどのようになるのか?その闇の受け入れ方の事例をお伝えします。

私のCDの店にいる時です。真昼間だというのに、正気を失いグデングデンに酔っ払った客が入ってきました。

フラフラの状態で、大声でグダグダ何か訳の分からない事を言っています。

他のお客様は遠目に見ていますし、従業員は逃げ腰です。

 

私の目の前に来ました。その酔いタンボを支配している闇が、私に襲い掛かってくるのです。

私は、その闇に対して恐れず、騒がず、慌てず、拒否せずにスーと受け入れたのです。

すると、その闇は光に変わり、その瞬間飲んだくれの男はハッと我に返り、酔いも醒め、

自分が何故ここにいるのか、何をしていたのかが分からず、キョロキョロし、

何度も酒で迷惑を掛けているのでしょう、小心者の気弱な男に戻り、「すみません!」と

小声で言い、何度も頭を下げながら、逃げるように店から走り去ったのでした。

 

この様に、人間はたくさんの闇に支配されています。

言葉を変えると、あなたには沢山の過去世が心の中で苦しみ・うごめいています。

そして、あなたの心の状態・思いに応じて、同通する過去世・闇があなたを支配してきます。

 

世の中に起こり来る様々な事件、自殺・殺人・事件・事故・病気・情欲・大酒飲み・タバコ・麻薬・・・・・

は、全てあなたの思い・心が呼び込んだ結果なのです。原因はあなたにあるのです。

犯罪の裁判で、精神異常の可能性があるので精神鑑定を!と弁護士が必ず言います。

正に、我を無くし、闇に支配されて犯罪が起きているので、当事者の責任が無いように見えますが、

とんでもありません!その闇・過去世を呼び込んだのは、犯罪者本人なのです。

 

精神鑑定を受けて狂っていても、犯罪者に全ての原因があるのです。

闇も過去世もみんな あなた自身なのです。気付いてください。

どうか、原因を回りに・他に向けないで下さい。他のせいにしないで下さい。

どんな場合も、あなたにとってのトラブル・不都合は、あなたが悪いのです。

 

 

■ 次は、愛知県旭高原少年自然の家での反省実習セミナーでの体験をお伝えします。

 

その昔、<おば捨て山>であった所のようで、敏感な参加者は過去世で老人を背負って

山に捨てた苦しい心を思い出し、山や谷に向かって「おか〜さ〜ん」と泣き叫んでいました。

 

また、人里離れたこの周辺には、UFOの基地があるようでした。

みんなでそれぞれ瞑想をしていますと、上空にいるマイナス・闇の宇宙人・UFOから、

「こいつは頭の向きが皆と違っているからやばい!皆と同じ様にしてやれ!」と

物凄いパワーで、私の脳ミソを左巻きに回転させようという感じで、ギューンと来るのです。

 

私は、慌てず騒がず、なせるがままにしておきましたが、どうしてもある一定までで、

動かないので、あきらめたようです。気持ちの悪いパワーは、スッと無くなり、元に戻ったのでした。

この様に、宇宙人・UFOにも、プラスとマイナスが存在しますので、充分気をつけてください。

 

■ 次に、目に見えない意識の世界と形ある肉の世界の、タイムラグ(時間差)の体験です。

 

休憩の時間です。私は、ベランダの椅子に一人腰掛け、ぼんやりと空の雲の動きを見ていました。

すると、いきなり宇宙戦争、UFO軍団同士の戦いが始まったのです。もちろん目には見えません。

戦いの決着は、一瞬で決まりました。どちらが勝ち、どちらがどの様に負けたのか、分かるのです。

ちょうど、肉を持つ前の意識だけの時代の、意識同士の戦いの様でした。感じるのです。

この有様が、意識の世界の時間空間のない状態の感覚です。

 

次に、UFO同士の戦いは、特殊な兵器を使用するので、直ぐに決着がついてしまいます。

さて、私達の現代の時間の感覚は、目の前に広がる雲のぶつかり合いです。

物凄いデカイ雲同士が、ゆったりと、お互いに大きく口を開け、牙をむき、ぶつかっていくのです。

雲の形は、刻々と変化していきます。でも既に戦いの決着はとっくについているのです。

 

雲は、勝った方が飲み込み、一つになりました。

この雲の動きが、私達が日常生活している時間の感覚です。じれったいくらいゆっくりです。

私は、そのタイムラグを心で感じながら雲の動きを見ていて、気が変になりそうでした。

 

さて、ここで私が強調したい事は、意識の世界は一瞬だという事です。

心の中は、意識の世界です。形で見るとひどくのろく見えますが

心の中は、一瞬で決着がつくのです。

 

ズ〜と長く間違って来ても、反対の方向へ迷っていても、

心の向きを180度変えれば良いのです。

真っ黒が、 一瞬で 真っ白になる世界が、意識の世界です。

 

■ 丁度今、8月15日終戦記念日でメディアはもちきりです。靖国神社の問題も議論沸騰です。

しかしながら、真実は、戦死した人々は今もまだ、死んでいる事にも気付かず戦い続けています。

戦死者には、戦争はまだ終わってないのです。悲惨な殺戮と破壊を繰り返しています。

 

私が、広島へ行った時の体験をお伝えしておきます。

ホテルでベッドに入った時でした。広島の原爆で命を亡くした人たちの物凄い数の霊団・集団が、

私をめがけてウワーと押し寄せ、「助けてくれ〜!!」と悲惨な形相で懇願するのです。

 

皆、死んでいる事さえ分からないのです。そして未だに苦しみ悶えているのです。

慌てず騒がず、優しく温かく、全てを受け入れるのです。

「皆さんは、もう亡くなってるんですよ。もう苦しまなくても良いんですよ。」と。

 

そして、物凄い数の霊団・集団は、一瞬のうちに 消えたのでした。

*********************************

 

■ セミナー・勉強会に参加する動機と心構えの確認

セミナーや勉強会に参加しようとする時の 動機 を確認することは、大変重要です。

自分は、どの様な動機で勉強会に参加しようと思ったのか?

自分自身の心に問いかけてみてください。

自分や家族に今降りかかっている問題を、解決してもらおう、助けてもらおう、救ってもらおう、

と言うような 他力の思いで参加するのなら、止めた方がいい!!

この学びは、その様な場では 決してありません。

 

真実を求め、自分自身の心で感じ・分かりたい!という思い・動機でないと、この真実の学びは理解できません。

どうか、もう一度、あなたの心の中を  再確認してみてください。

そして、自己確立がシッカリ出来ていないと、闇に翻弄されてしまいます。

 

心の窓を開いて、霊能者・チャネラーとして認められたい、己を現したい、と言う思いは

闇の意識・サターンの思うつぼ、支配され、落ちていきます。

あなたの心を、四六時中シッカリと管理してください。

 

どうか、喜びで セミナー・勉強会に 参加してください。

あなたの心は求めているのです。喜んでいるのです。

あなたと一緒に、心の中のたくさんの過去世も勉強しています。

みんな、光に帰りたいのです。本当の故郷に帰りたいのです。

*********************************

*********************************

田池先生の訃報が発表された。

H.27年12月7日の12時22分のことだという。

 

田池先生、ありがとう、ありがとうございました。

真っ直ぐにこの道を。

その思いに応えていくだけです。

ともにある喜びを伝えてくれました。

伝え続けてくれています。

 

 

私は田池留吉です。田池留吉の意識です。

私とあなたの違いは、肉があるかないかだけです。

意識は同じ。意識はひとつ。

愛の中にひとつ。

私とあなたは同じです

私には肉がない。あなたには肉がある。

その違いです。

その違いの中で、あなたは自分の心をしっかりと見て

私の指し示す方向に真っ直ぐに心を向けて

淡々と、淡々と、喜こんで、

喜こんで、その一歩を突き進んでいくんです。

 

すべては整っていきます。

愛の方向へすべてが流れていく意識の流れを、

あなたの心の中に私は伝えました。

しっかりと伝えました。

この流れをあなたの中から波動として、

エネルギーとして流してください。

意識の流れが厳然としてあることを、

あなたの心は知っています。

あなたの意識の世界を、

しっかりとしっかりと信じて、

そして、私とともにあること、

愛ある世界が本当の私達の帰るべき心のふるさとであることを、

しっかりと、しっかりと伝えなさい。

 

どうぞ、どうぞ、喜びで瞑想を続けてください。

私を喜びで呼んでください。

私を喜びで思ってください。


あなたの心に応えているこの波動、エネルギー。

私はあなたの中で生き続けています。

これからも永遠に、ずっと、ずっと生き続けていきます。


あなたもあなたの中で生き続けている。

あなたの姿は目に見えません。

私の姿は目に見えません。

そうです。

肉を持っていようが、持っていまいが、

私達の本質は意識、波動、エネルギー。

私はそのことを、しっかりと、しっかりと伝え続けます。

これからも伝え続けます。

肉を、肉、形を本物とする意識の中に、

私達は衝撃を与えていくでしょう。

 

それが宇宙的規模の天変地異です。

この天変地異なくして、

人類が真実に目覚めることはありません。

これから250年、300年にかけて、

この地球上に起こってくる様々な出来事、

しっかりと心を開いて、

あなたの心の目でしっかりと見つめ、

そして、次元を超えてまいりましょう。

 

私達は次元を超えていく意識の流れの中にあることを、

ただただ伝え続けます。

*********************************

 

*********************************

「心の窓が開いた!」

目に見えない意識の世界 ・心で感じる波動の真実

 

形ある世界は、いくらでも ごまかしが効きますが、

意識の世界・波動 だけは ごまかしようが ないのです。

あなたは、自分自身に ウソがつけますか?

波動だけが真実、波動はごまかせない、波動は騙せない。

決め手は波動です。中からの語り、言葉ではありません。

決め手は波動、そしてそれは自分自身の心でしか見極められないのです。

*********************************

「心の窓」が開きますと、心が敏感になり 森羅万象・あらゆるものの状況・状態を

様々な波動として、心で感じるようになります。人の善悪が心で解ります。

また、人によっては、チャネラー・霊導者として 

意識の世界のあらゆるものや、全ての人の過去世・今世・来世とも

会話が出来ます。  どの様な物・どんな人であってもです。

そして、あらゆる物に 意識があることを、会話をする事で実感します。

形のある物・目に見えないもの、現在は存在していない歴史上のもの

あらゆるものが、語りかけてきますし、

意識を向ければ、自由自在に話が出来るのです。

例えば、イエスキリストもブッダも空海もみんな「心の窓」が開いた霊導者・チャネラーです。

しかしながら、真実が分からず、肉の幸せを説き、間違い続けてきたのでした。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

学びは、どんどん進化しています。 セミナーに参加しないと分かりません。

 

家で自習してきたものを、セミナー会場で確認、あるいは、修正をして、

そしてまた各自、家での自習をやっていくという、学びの基本的な姿勢

 

 

「心の窓」を確かに開きました。目に見えない意識の世界を、心で波動で感じますが、

私は、霊能者でもチャネラーでもありません。見えも聞こえも交信も出来ません。

「心の窓」が開いたからと言って、何も偉い訳でも・悟った訳でもありません。

ただ、本当の故郷への道を探し当て、その入口・スタートラインに立っただけのことです。

敏感ではありません。今では、普通の人と全く変わりは ありません。

ただ、必要な時だけ 波動を感じさせられます。そして、それを受け入れます。

 

チョッとトレーニングすれば、霊能者・チャネラーになることは分かっています。

しかし、私には「霊能者・チャネラーになりたい!」という思いは全くありません。

現在では、日常の生活も極々普通です。特別な修行とかトレーニングなど何もしていません。

霊能者やチャネラーが 偉い訳でも出来ている訳でも ありません。

勘違いしないように!!

霊能者・チャネラーの霊道は、心を見ていく為の道具に過ぎません。

 

宇宙の強大な闇・大サターンが、いくら襲ってこようとも、慌てません。怖がりません。

心の中の過去世が苦しみ、肉体を転げまわるほど痛めつけても、救急車など呼びません。

霊能者・チャネラーや田池先生に頼る事はありません。聞きません。

全て自分で解決します。 全てを受け入れます。 ただそれだけです。

 

なぜなら、本当の自分・本質・真実を頭でなく心で知ったからです。

このチッポケな肉がするのでなく、スーパーパワーの本当のワタシが全てやっているからです。

この無力な肉の私は、意識のワタシに全てを委ねるだけで良いからです。

そして、その事を 信じ切っているからです。

 

心の窓を開いたからといって、意識の世界の全てが解っている訳ではありません。

見えも聞こえもしません。チャネリングも全く出来ません

必要に応じて、必要な時に、本当の自分が肉の私に波動で伝えてくれます。

意識の世界は、ほんの少しだけ 垣間見ただけです。何も解ってはいません。

また、私には 「もっと知りたい!もっと、もっと」という思いはありません。

与えられた事を、淡々と受け入れていくだけです。

 

「頭・知識でわかるのは5%くらい。残りの95%は、心でしか分からないのです。」

 

「心の窓」を開く目的は、ただ一点。

自分自身の本質・意識の世界の実在を心で確信し、自分自身の心を見るためです。

他人の心や過去世を見たり、超能力を自慢しひけらかす為ではありません。

 

私は、ただ、「心の窓」を開き、本当のことを心で知ったに過ぎません。

そして、目に見えない 意識の世界を 信じ切っているだけです。

超能力のような特別のことも何にも出来ません。極々普通の人間です。

 

■ でも、真実を心で知ったので、人間として人生を生きていく上での不安や心配・恐怖はありません。

死が訪れるまでの毎日を、ただ淡々と楽しく、喜びで過ごしているだけです。

 

真実は、心で感じ、 心で解るしか、方法はありません

だから、先ず 心の窓を開く必要があるのです。

 

ただ、心が敏感になることが いいことではないのです。

敏感になればなるほど、その感じたものをどのようしていくのか、それが問題となってきます。

まずは、お母さんの反省です。あなたを生んでくれたお母さんに使ってきた心を見ていってください。

 

学びは、どんどん進化しています。 セミナーに参加しないと分かりません。

目に見えない意識の世界は、

どの様な頭脳明晰な天才でも、頭では到底理解できない世界です。

あなたの「心の窓」を開いて、その心でしか波動を 感じることは出来ません。

心で感じる波動の真実を、どうか、あなたの心で知ってください。

本を読んでも分かりません。他人に聞いても解りません。

 

真実は、心で感じ、 心で解るしか、方法はありません

【 真実 】は、言葉や文章で いくら説いても 分かりません。

【 真実 】は、絵や彫刻で いくら綺麗に描いても 解りません。

【 真実 】は、映画や音楽で いくら素晴らしく表現しても 理解できません。

【 真実 】は、肉の世界で いくら形に現しても 決して判らないのです。

人類は【 真実 】を求め、それを形で表現しようと 間違いを繰り返してきました。

【 真実 】は、心で感じ 心で解るしか方法が無い事に、気付かねばなりません。

【 真実 】は、肉の世界ではなく 意識の世界にあるからです。

 

 

この学びを始めると、誰しも多かれ少なかれ、敏感になりますが

敏感になることが目的では ありません。

 

 

私(松岡 儀典)が、感謝している人達

本当に、ありがとう!!!

 

@: お母さん と 肉体細胞

 「 私を産んでくださいました。」

 この肉がなければ、今世 真実に出会えることはありませんでした。

 

A: 田池 留吉

 「道しるべ」・・・・・セミナーと本で、 真実と次元移行を伝えていただきました。

 250年後のアルバートの存在と300年後の次元移行の予言者です。


B: 塩川香世

 「証し人」 学びのお手本です。セミナーと本では、大変お世話になりました。

 意識からのメッセージを 正しく伝えていただきました。


C: チャネラーと学びの友

 セミナーで「人間の闇と間違いを、身を挺(てい)して教えてくださいました。」


D: 肉体細胞と私に縁のある人々と環境の存在

 妻も子も、両親と兄弟も、親戚縁者の方々、仕事仲間、関係者の方々、

 過去世も含む歴史上の人物、現世の地球上のあらゆる存在。

 シナリオ通りとはいえ、「心を見せていただきました。」

 

 

 

 

このページは、田池留吉著「意識の流れ」を読んで、初めてUTAセミナー・勉強会に参加される方が、

抵抗なく、出来るだけスムーズに敏感になり「心の窓」を開けるよう、

また、その時 驚かずに意識の世界・波動を受け入れる事が出来るよう、

私の体験を、何かの参考になればと お伝えするものです。

参加する動機と心構えをシッカリ確認して下さい。

 

 

 瞑想でしか、真実は分かりません。究極的には、正しい瞑想です。


 そして、それ以前に学びに集う動機の修正です。


 これを自分で、しっかりと確認して、修正をしていかなければ、

絶対に、真実の世界、学びの本質など分かるはずはないのです。


 学びは進化しています。確かに、老いも若きも 男も女も、誰でもが分かる世界かもしれません。


 しかし、それは額面通りには受け取れないと私は思っています。


 本当に、真実の世界に入ってくるには、それ相当の準備と、気構えが、必要だと私には感じられます。


 そして、それには、これからの時間、250年、300年が必要なのです。
 

喜びの輪は、広がっていくかもしれません。


 それは、それぞれの転生に繋いでくださいというメッセージを込めています。

これから250年に至る時間、想像をはるかに超えた厳しさ、険しさを感じます。


 

■ 真実を知るのにお金は要りません。

 

私がお伝えすることは、宗教ではありません。  

拝んだり、祭ったり、祈ったりする対象物は全くありません

団体とか組織とかいったものを作る必要はありません。

教会とか神社仏閣・寺院宗教本山などの建物など全く必要は無いのです。

    したがって、頂点に立つもの、会長とかいったものも、会費も献金もワークも必要ありません。

 

お金など 全く必要ありません。

真実には、本当のことを知るのに、お金など要らないのです。 無料・タダ なのです。

あなたは、心のどこかで宗教ではないかと思っていませんか?

宗教は、ビジネスです。金儲けです。 

全ての宗教は、間違っています。

 

イエス・キリストもエホバもブッダも空海も天照も

みんなみんな、間違い続けてきました。

 

私の心の中には、拝む対象物は、まったくありません。

    私の心の中には、教祖、開祖といった存在はありません

師匠も偉人もありません。 あなたを勧誘したり、強制などすることはありません

すべて、自己選択・自己責任・自業自得です。

 

あるのは、 私の心で分かった 真実だけです。

 

 

あなたには 救ってください、助けてください、幸せにしてくださいという

思いを向けている対象者がいませんか。

結局は、誰も救ってはくれません。

自分を救うのは自分自身です。

 

「救ってあげましょう、助けてあげましょう、幸せにしてあげましょうという甘い言葉には要注意です。」

 

今という時に 絶対に 肉が必要だったことと、

だからこそ、その肉を最大限に的確に有効に使っていく必然性を、ただ感じるばかりです。


真実を知り、感じ、そして真実の世界を 確実なものとしていくために、

肉というものを 最大限に 的確に 有効に使っていく、

この思いこそが、私の今世に賭けてきた大きな、そして強い決意の表れです。


この決意があったからこそ、今の私が存在しています。

*********************************

 

心の窓を開いた方(霊能者・チャネラー)へのお願い

心の窓を開きますと、ありとあらゆる意識・光も闇も様々な意識が入って来ます。

眼に見える物の意識も、眼に見えない世界の意識もぜ〜んぶあなたに語り掛けて来ます。

いわば、あなたは電波のアンテナ・受信機を持っているわけです。

そのアンテナがある訳ですから、色々な電波・波動を全て受けてしまう訳です。

 

先ず、森羅万象あらゆるものに、意識があるということを認識してください。

宇宙や空や雲が語ってきます。ペットも家も食料も語ります。UFOや訳の分からない物まで・・・・

どの様なものが語ってきても、決して拒否しないで下さい。怖がらないで下さい。

 

しかし、問題は、一番重要な事は、語ってくる意識が明るいか暗いか、プラスかマイナスかです!

語ってくる意識の波動が問題です。どの様な波動が流れているか・・・!!

ある時は暗い波動であったり、ある時は明るい波動であったり、また瞬時にも変わります。

 

これの決め手は、あなたの心の状態なのです。

意識を受けている時のあなたの心の状態が、明るいか暗いかです。

 

今のあなたの心が、本当に安らかな時は、安らかな波動がいくらでも感じられ

そして、暗い波動ももちろん受けられます。

しかし、自分の波動が暗いときには、明るいものはなかなか感じられません。

 

どうしてだか分かりますか?

あなたの心が、本当のアナタ・アルバートに向いていないからです。

真実の光の道しるべを見失っては、どちらへ進めばよいか分からなくなってしまいます。

その真実への、あなたが帰るべき本当の故郷への道しるべがアルバート・本当のアナタです。

 

あなたの心がアルバートの方に向いていれば、どんな段階においてもその電波は受信出来ます。

つまり、修行はご自分の心から始まっているのです。

あなた自身が、心を見つめて、心を常に磨いていなければ、

言葉はどの様な素晴らしい内容であっても、その波動は暗いものに変わってしまうのです。

 

あなたの心を見つめる事こそ、生まれてきた目的、

心の窓を開いた意味があるのです

心の窓を開き霊能者となることは、何も特別な事ではないのです。

どうか、お母さんの温もり・母の愛を思い出してください。

お母さんのおなかの中にいた時の、あの温もりこそ、アルバート本当のアナタなのです。

 

その心の状態で、意識を受けてください。

雑音の無い、自分の思いをさしはさまない、きれいに澄んだチャネリングをして下さい。

常に波動を確認してください。闇・サターンに振り回されないで下さい。

闇もあなた自身です。

嫌わず、拒否せず、恐れず、全て優しく受け入れてください。

 

 

霊能者になりたいあなた!チャネラーを求めるあなた!
有能な、本物のチャネラー・霊能者とは

 

 

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」

「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたも意識だから・・・・・

人間の本質は「意識」であり、

「波動」「想い」が真実です。

永遠に存在し、全てはひとつです。

 

意識」とは「想い」であり、「想い」とは波動」です。

   ★ あなたにとって人生とは何でしょうか。

                 あなたは、なぜ生まれてきたのですか。

                 あなたは、どうして今そこにいるのですか。

                 あなたは、本当の自分自身に会いたくありませんか。

                 あなたは、このまま死んでいくつもりですか。 

言葉ではなく、波動の世界だということを、もっと、もっと、知っていただきたい。

自分の中に本当の世界がある、本当の自分が存在している

 

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」

「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」

 

 

あなたの心の中に

真実が・ 全てが・ 宇宙が ・ 意識の流れ

厳然と 存在しているのです。

 

そして、私達を取り巻く森羅万象・宇宙と、

住む場所も肌の色・言葉・文化・姿形の違う人類の全てが、

たった一つの喜びの意識なのです。  全ては一つの存在なのです。

 

区別・差別・格差・すべてが違って見えているこの肉の世界、

その本質は、みんな一緒・何の分け隔ても無い 自由自在の意識の世界。

そして、意識の世界は 言葉ではなく、波動の世界なのです。

 

心の中で待ち続けている、「本当のあなた自身」の存在に気付いて下さい。

あなたは、始めから 素晴らしく偉大な存在であり、

初めから「幸せな存在」・喜びしかない意識・波動なんです。

 

あなたは そのことに気付き あなたの心で 感じるだけで いいのです。

 

あなたの心の中から 出てくる思いを 見つめて下さい

 

久遠なる意識の流れの中で、

あなたが 間違い続けてきた 無数の過去世達の 

心の叫びが 聞こえてくるはずです。

日々心に感じながら生活しているのです。

そして、それが現象化します。

様々な出来事(病気や事故・天変地異)となってあなたにふりかかります。

それが今世あなたが気付きの為に選んだ人生です。

誰のせいでもありません、全てあなた自身が悪い・あなたが原因なのです。

 

心から出てくる思いを、

拒否することなく、責め裁くことなく、憂うことなく

自分自身の事として 全て認め・受け入れ・優しく許していくのです。

 

あなたのやるべき仕事は、ここまでです。

肉をまとった不自由なあなたには、ここまでしか出来ません。

その後は、本物のあなた自身に全てを 委(ゆだ)ねるのです。

全知全能・自由自在な真のあなたが、全てをやるのです。

 

本当のあなたとの約束を、あなたは破ることはできません。

あなたは、自分の心に ウソがつけますか?

 

あなたの時間は永遠です。  あなたは、あなたを、見捨てることはありません。

 

誰もあなたを救うことはできません。あなたは、あなたでしか救えない。

 

自分の中に本当の世界がある、本当の自分が存在している

 

真実への答えは、すべてあなたの心の中にあります。

あなたの心は、自分の存在の真実に対する疑問への、すべての答えを持っています。

 

自分自身の中に答えがあるのに、それを自分の心の外に探し求めないでください。

あなたが今まで抱えてきた疑問のすべてを解く鍵は、あなたの心が握っています。

あなたはただ自分自身に聞いていくだけです。

ただ自分の心と、その存在の真実を信じていくだけです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたは今、「意識の流れ」を感じていますか?

全ての意識は その流れの中にあります。

私達は今、最高に幸せです。

現在の私達にとって、生も死も ただ ありがとう、幸せ、喜びです。

人生は 苦ではなく、喜びだということです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

○死は恐怖でも悲しみでもありません。死は喜びです。

死はただ今世の肉を脱ぎ捨て、来世に繋いでいく準備なのです。

死んでも あなたは 存在します。

 

*********************************

(意識の流れからのメッセージ)

■ 学びの門を叩くきっかけなど、何でもいいのです。どうせみんな最初は、動機が間違っています。

その修正をするかどうかが、大きなポイントです。ポイントをはずせば、後は全部食い違ってきます。


ポイントを外した学び方をしていたと、自分で気付くならまだいいほうだと思います。


学んできた、やってきた、心を見てきた、そう言いながら、同じところをグルグル回っている人が多いのは、

やはり動機の修正がなされていないからだと思います。


 心を見ていないから、動機の修正がない、だから学びの道筋からずれているのです。

どんなに瞑想をしても、どんなに反省をしても、道筋からずれているところで、瞑想をして反省をしていることになります。


 意識の世界のことは、本音でしか言えません。

厳しいと感じるかもしれませんが、「はい」と「いいえ」がはっきりしています。


いずれは、すべてをご破算にしなければならない時がやってくるのだから、自分に真摯に忠実になる喜びを、

今世肉ある間に少しでも感じていけばいいのではないかと思います。

そうしておいて、これからの転生を迎え、そして250年後を迎えることができればいいのではないでしょうか。

 

■ 目を閉じて宇宙を思う時、自由な世界、温かい柔らかい世界を感じます。

アルバートとともにある近未来を思えば、ただ嬉しいだけです。ありがとうの世界が広がっていくのです。

出会いが嬉しい、これからが嬉しい、宇宙は喜び、崩れていく世界は喜びです。

 

 肉を持って、アルバートの波動を伝えにきてくれた田池留吉との出会いが、どれだけの喜びであったかは、

宇宙に思いを向ければ向けていくほどに、奥深く感じます。


肉の形などどうでもいい、肉など色々な癖があります。肉に完璧などありません。

しかし、アルバートの波動を伝えてくれる肉は、私にとっては、本当に最高のものでした。


この肉と出会うために、私自身も肉を持ったことが、ただただ嬉しいです。


 学びに集う動機のひとつに、今現在の自分自身の悩み、問題の解決口を見つけたいというものがあります。

私は、当時から、差し当たってのそういう問題はありませんでした。

形の上においては、一応そういうものは終了していたから、

その分だけ、学びをストレートにとらえることができたのかもしれません。

自分の中で、自分なりに、練って練って練り続けて、そしてようやく自分の世界が開けていく喜びと幸せがありました。


 目を閉じて宇宙を思う時、自由な世界、温かい柔らかい世界を感じます。

アルバートとともにある近未来を思えば、ただ嬉しいだけです。ありがとうの世界が広がっていくのです。

出会いが嬉しい、これからが嬉しい、宇宙は喜び、崩れていく世界は喜びです。

 

■ 学びの動機を検証する、これは本当に大切なことです。動機の見直しです。


「学びにずっと繋がってきたから、私は動機を反省してきました。そして、今はアルバート一筋でやっています。」


しかし、それでも自分の心を見てください。

そして、自分の動機が本当に間違ってきたことに対しての思いを感じていってください。

その山を越えなければ、アルバートへの道ではありません。

アルバートであってアルバートでない道、すなわち、やはり他力の道です。


 田池、殺してやる、この思いは、そう簡単に喜びへ転回できないのです。

造反してきた思いは、そう簡単に心から離すことはできません。

ましてや、ありがたや田池留吉の段階では、とてもとても他力の中を出てくることなどできません。 

どちらも、自分自身を知らない無知な状態です。


 そのような状態で、宇宙を思うこと、UFOに心を向けていくこと、大変危険です。

やめてくださいと言っても、そういう人達に限って、思いを向けていくのです。


 母親の反省を通して、肉でない本当の母の温もりを心に感じてきたのか、大きなポイントです。

ポイントを外した学びは、自分をさらに狂わせていきます。

そうなってから、SOSを発しても難しいです。

結局、学びに繋がったからと責任転嫁していく場合が多いのだと思います。

 

■ 頭を通過させて出てくる文言と、心から湧き上がってくるものとは、全く違うのです。

私は、言葉を伝えているのではありません。  そこから波動を感じていただきたいと思っています。

セミナーは、このことを中心にして、宇宙からの喜びをお伝えしていくだろうと思います。

 

 セミナーがあるのに、行けないもどかしさは、正直言ってあると思います。

また、肉を運ぶ、運ばない、の違いも、正直なところあると思います。

しかし、心を向けるという点においては、みんなに公平です。

二泊三日のセミナー、ともに学んでまいりましょう。


 私達は、本当の自分に出会うために、ずっと転生してまいりました。

ようやく、そのことを明かしていく展開となっているのです


 「今、自分の歩みを、しっかりと見つめていきましょう。

そして、お母さんに産んでいただいたことを、心の底から喜べる自分に蘇ってください。」

温もりから伝わってくるものを、言葉にすれば、このようなことです。

何の変哲もない、誰しもが語ることができる内容かもしれません。

しかし、頭を通過させて出てくる文言と、心から湧き上がってくるものとは、全く違うのです。

私は、言葉を伝えているのではありません。

そこから波動を感じていただきたいと思っています。

セミナーは、このことを中心にして、宇宙からの喜びをお伝えしていくだろうと思います。


 目を閉じて、セミナー会場に心を向ける、ただ無心にそうするのです。

そうできる今がある、そうできる自分がいる、幸せではありませんか。嬉しいですよ。

その幸せがその喜びが、あなたとセミナー会場を繋いでいきます。信じていってください。

 

■ 自分で気付く、それが大変重要です。

たとえ、田池留吉の肉を通して、色々なアドバイスを受けたとしても、自分の心で気付き、

自分の心からそうだという促しがなければ、どんなに的確なアドバイスであっても、すべて右から左です。


 それほど、みんな己が偉いし、他力の中に生き続けてきたという証拠です。


 自分で気付き、自分でそうだと思えば、自ずと、それは形となってきます。まず、自分に優しくなります。


 自分にとって、今、何が一番大切なことなのか、はっきりと心に浮かび上がってくるから、その思いが肉を動かすのです。


 学びのポイントを外している人が多いです。今一度、それぞれに点検なさってはいかがでしょうか。


 
*********************************

 

■ 私の思いは、 あなたに  ぜひ  本当のことを  知ってもらいたい、

真実に 出会っていただきたい という事だけなのです。

なぜなら、「あなたは、私。 ワタシは、アナタ」なのですから・・・


さて、私のHPにて お伝えしている事の根本は、ただひとつ

 「私達人間は、肉ではなく、意識であり、永遠に存在するものである。」

 意識は心、思い、波動、エネルギーである。 意識は現象化する。

 意識は一つ、私はあなた あなたは私である。

以上が 全てです。

人間は皆、もともと 「喜びで 幸せな存在」 なのですから。

あなたが 勝手に 苦しんでいるだけなんです。自作自演。

「心を見る」作業は、喜びです。

苦しいのは、あなたが間違っているからです。

 

■ 真実は、あなたの心でしか 分からない。そして、あなたの心で必ず分かる。

「頭・知識でわかるのは5%くらい。残りの95%は、心でしか分からないのです。」

**************************************

人間の本質は 意識・波動、その事に目覚める事こそ

本当の 幸せなのです。

あなたを救えるのは アナタしかいない!!

**************************************

********************************************************

☆ 私がお伝えしたいこと、あなたが知りたいことは

「意識の流れ」の本と意識からのメッセージにすべて記されてあります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


新刊    好評発売中!

 意識の流れ 【増補改訂版】−アルバートとともに−

 

「意識の流れ」が6年ぶりにリニューアルされます。

新たな内容が追加されるとともに、従来の内容も整理

編集され、章立てがなかったものを、項目別にまとめる

こ とで読みやすく力強いものに生まれ変わりました。


田池留吉/塩川香世
四六判/1000円(税込)

ISBN 978-4-904648-16-2

ぜひ お近くの書店で 予約などしてお求め下さい。

お近くに書店の無い方は、ネットでもお求めいただけます。

ネットでのご注文は



私の思いというのは、あなたに是非本当のことを知ってもらいたい、

真実に出会っていただきたいということなのです。

あなたは、今までにこの世のどこかに真実というものがあるのではないか、

今はまだなにか分からないけれど、 絶対に変わることのない本当のことがあるのではないか、

と考えてみたことはないですか。 あなたは本当のことを知りたくはありませんか。

この本は、そんなあなたに、あなたの心で答えてくれる一冊になってくれるでしょう。

 

主な目次


  はじめに


 1. 私の人生は、セミナーとともにありました 15
--------------------------------------------------------------------------------

 2. 私の人生すべてを懸けてお伝えしてきた真実 36
--------------------------------------------------------------------------------

 3. 心を見るということについて 49
--------------------------------------------------------------------------------

 4. 本当の人生、本当の喜び、そして、本当のあなたとは 69
--------------------------------------------------------------------------------

   5. ここで「死」ということに触れてみましょう 80
--------------------------------------------------------------------------------

 6. 神と金に狂い続けてきた人類 91
--------------------------------------------------------------------------------

 7. 天変地異の足音 118
--------------------------------------------------------------------------------

 8. 心を見る大切さ 134
--------------------------------------------------------------------------------

   9. 意識の流れと次元移行 154
--------------------------------------------------------------------------------

 10.私達は、宇宙とともに次元移行をします  
--------------------------------------------------------------------------------

   おわりに 233


   再 掲 238
 


■はじめに■


この本を手にしていただいて、ありがとう、大変嬉しいです。

長い長い時を経て、ようやくお会いできました。シナリオ通りとはいえ、幸せです。


どうぞ、まず、生まれてきたことを喜んでください。お母さんの温もりを心で感じてください。

そして、生きる本当の意味を知って自分の人生を全うしてください。


「あなた方は今、意識の流れを感じていますか。すべての意識はその流れの中にあります」と、

このように申しましても、一体意識の流れとは何なのか、すべての意識とはどういうことなのか、

そして、流れの中にあるとはと、最初から、あなた方の頭の中には、疑問符が出てくるでしょう。

 

そもそも、これから私がお伝えしようとする内容は、

過去、どの文献にも記しるされていません

いまだかつて真実に出会えた人間は、いないからです。

確かに、人間は、過去より真実を求めてきました。

しかし、実際は、誰一人として、真実というものを知らずに、分らずに死んでいきました。

従って、本当はこれまでに救われた人などいないのです。

神にも仏にも宇宙のパワーにも、私達を救う力など全くありません。

私達自身が、真実に目覚めない限り、私達は救われないのです。

実は、そのことを、はっきりと伝えるのが、意識の流れというものです。

そして、私は、私達はみんなその流れの中にありますということを知っていただきたいのです。

 

そこで、話の中心は、一体真実とは何か

私達人間が本当に真実に目覚める時がやってくるのかということになってくるのですが、

ここでひとつだけポイントとして、押さえておいていただきたいことがあります。

それは、真実の世界は、人間の頭では計り知れない世界だということです。

本当のことは、あなたの頭ではなくて、あなたの心で分かるものであり、

そして、あなたの心でしか分からないものだということを、私は最初に断っておきます。

では、人間の頭では絶対に分らないという真実の世界を知るには、どうすればいいのでしょうか。

それを、これから、私は、順を追って語っていきたいと思います

(後略)

 

■増補改訂版「意識の流れを読んで」■


少し前に、以前発売になっていた「意識の流れ−アルバートとともに−」の本を手に取り、

帯に書かれた「真実の世界は、あなたの頭では分からない、

あなたの心でしか分かりません」という一文を見た瞬間に、

ふいに涙が溢れ、胸がいっぱいになったことがありました。

 

その本の増補改訂版を読んで、以前の本と比べて、章立てになっていて読みやすくなり

更に未来の事についても加えられ、より一層、内容が深く、力強くなっていると感じました。

 

今まで生きてきた中で感じてきた数々の疑問に対しての答え、

どう生きていけばいいのかということに対しての指針、

真実の世界、真実の私とは何かについて、一つ一つ丁寧に綴られていました。

うやむやにぼかされてきたそれらの答えが、

はっきりと力強く示されていることを感じて、嬉しく思いました。

 

本当の生き方を知らずに、ただ年月を過ごしてきた私に、

本当の生き方を、本当の真実の世界を教えてくれる一冊に、こうしてまた出会える私は幸せです。

この一冊、大切にしていこうと思います。ありがとうございました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

********************************************************

アルバート(田池 留吉)とは ←クリック

********************************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今、学ばなくて、いつ学べるのでしょうか

ホームページを通して、呼びかけています

この他にも、たくさんのリンクページが あります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

***************************************

初めて、真実の学びにふれる方の為にクリック!

学びのポイント (田池留吉)クリック!

学びの 手順クリック!

 

ホームページ読んでいますか?クリック!

瞑想、していますか ? 反省と瞑想の時間ですよ!クリック!

あなたは、なぜこの学びにつながったのかクリック!

***************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「人はどうして病気になるのか?!そしてその対策と克服法とは!」←クリック

***************************************

地球の意識 と 未曾有の天変地異クリック!

「私達は、宇宙とともに 次元移行をします」クリック!

 

自己確立とは・・・クリック!

他力の反省クリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

*******************************************************

真実の学び・田池留吉・アルバート・そして塩川香世←クリック

塩川香世のメッセージ ←クリック

塩川香世の宇宙・心・思い・そして・・・・・←クリック

 

本物のあなたから、あなたへのメッセージ←クリック

真実の学びにふれて←クリック

田池留吉の肉が亡くなった後、今世 この学びは、どうなるか?←クリック

 

250年後 NY での 学び←クリック

300年後の次元移行そして母なる宇宙←クリック

*******************************************************

UTAセミナーの案内と内容紹介←クリック

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アルバート(田池 留吉)とは ←クリック

その人、田池留吉―田池留吉の世界―←クリック

田池留吉からの問いかけ←クリック

田池留吉・タイケトメキチのメッセージ←クリック

Message from Taike Tomekichi:クリック!

 田池留吉の世界からのメッセージ←クリック

 

アルバートからのメッセージ←クリック↓

田池留吉・アルバートの英文メッセージは、こちら(←クリック)に移動しました。

 

天変地異は喜びのエネルギー(天変地異の大予言←クリック

宇宙の友「UFO」 と 喜びの次元移行・ 宇宙の意識←クリック

 

「人間はどこから来てどこへ行くのか」 <意識の流れ>真実の故郷を求めて!

宇宙の風(宇宙からのメッセージ) クリック!

田池留吉の世界を感じていこう←クリック

 

私の勉強=あなたの勉強クリック!

田池留吉・アルバート、過去世・来世、宇宙・UFO、天変地異、次元移行クリック!

 

あなたの 過去世・現世・来世・・・・本当のあなたの意識です。クリック!

 

学びの友からのメール(田池留吉へのメール)

*******************************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

真実とは・人間の本質 田池留吉著 「意識の流れ」 勉強会・UTAセミナーとHP
現代の諸問題・社会問題 子供の諸問題・育児と教育 夫婦の縁・家族・友・人間関係

田池留吉著 「意識の流れーアルバートと ともにー」・塩川香世著「ありがとう」   

 田池留吉著「意識の流れ」出版記念の勉強会・セミナーと田池先生のホームページ

「心の窓が開いた!」初めてセミナー・勉強会に参加する人の為に(動機と心構え)体験話

 

 

丹田呼吸法(腹式呼吸) と 母を思う瞑想・アルバートを思う瞑想【意識編】

 

【人間の本質】意識・波動【真実とは】

幸せの法則【真の幸せとは・人間の本質とは】

生と死(誕生の喜びと死の恐怖)・死もまた喜び

過去世と来世 (転生輪廻)霊能者・チャネラーの真実

 

【心を見る】とは

人生の目的 ・ 成功とは

「幸せの 心」 夢がある者は、希望がある【人生の成功法則】

お母さんの反省【お母さんありがとう!産んでくれて本当にありがとう!】本当の親孝行とは!

 

やるべき事とやってはいけない事

 

人生とは!?波瀾万丈の人生シナリオ。何のために生きているの?

「意識の世界は実にシンプルです。そして、極めて複雑怪奇です。」

 

霊能者になりたいあなた!チャネラーを求めるあなた!
有能な、本物のチャネラー・霊能者とは

先祖供養・浄霊・教祖・霊能者のウソ

 

人間はどこから来て何処へ行くのか<意識の流れ>真実の故郷を求めて!

「アルバート物語」

意識の流れ
↓ ↓ ↓
次元移行
<時空を超えて>

 

宇宙の法(死刑と時効の司法・法律問題)

 

ダーウインの進化論は、根本的に間違っている

「地動説」ガリレオ・ガリレイの真実

 

「幸せの 心」 夢がある者は、希望がある【永遠の成功法則】

 

あなたの肉体を健康に維持する為の8つの励行【意識編】

 

心・意識 と 脳 の関係 (心の病)

医療に携わる人へのメッセージ

癌で余命宣告を受けた方と家族へのメッセージ

障害を持って生まれて来た人と家族へのメッセージ

 

NYテロ9.11犠牲者の家族へのメッセージ

飲酒運転による殺人そして犠牲者の家族へのメッセージ

有名になりたい・一番になりたい・大金持ちになりたい・認められたい・成功したい(病)症候群

 

夢がある者は、希望がある

子供の諸問題・育児と学校教育・メディアと企業のCM戦略の罪
いじめと自殺
   

 

引きこもり・不登校のあなたへのメッセージ

若い人たちに(X世代・Y世代への提言)
ニート・フリーターのあなたは素晴らしい

「団塊の世代(ビートルズ世代)への提言」

「老いと死」を見つめて(高齢者への最期の提言)

断食の主な 凄い効果・効能(断食の勧め)  ←クリック

まこと 鍼・灸 治療院  ←クリック

この他にも、たくさんのリンクページが あります。

↑↑↑ 松岡儀典(よしのり)の提言 ↑↑↑

■ 私の思いは、 あなたに  ぜひ  本当のことを  知ってもらいたい、

真実に 出会っていただきたい という事だけなのです。

なぜなら、「あなたは、私。 ワタシは、アナタ」なのですから・・・

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

****************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

喜びと幸せの輪を広げよう

****************************

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!

****************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

1genki.netには、たくさんのページがありますが、

ページや内容を常に追加・更新していますので、

興味のあるページには、時々再訪してみてください。

 

このページをメモリーしておいて、いつでも簡単に開く方法です。

(1)このページを開いた状態で、上にあるメニューバーの  [ファイル] をクリック

(2)メニュー項目の中にある [送信] にマウスの矢印ポインターを合わせます。

(3)右側の項目の [ショートカットをデスクトップへ] をクリックして終了です。 

★パソコンを最初に開いた時のデスクトップに、このページの「アイコン」が

いつもありますので、その「アイコン」をクリックするだけで、このページが開きます。

 

 

最後まで 読んでいただいて ありがとうございます。

松岡儀典(まつおかよしのり 1946年・昭和21年の戦後生れです。

(メッセージの分類・編集人)