松岡儀典の提言 (vol.2) 次元移行一路

自己確立、「磁場と反転・「愛」・宇宙に向けての瞑想」、そして、大天変地異

+ 草書体の「愛」の活用

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」

「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」

 

(注) ここで表現する、『磁場とか「愛」・宇宙』の意味するところは、世間一般常識で言うものと、全く違います。

 

ここで言う、「宇宙」には たくさんの意味が、含まれています。

目に見える、太陽系・銀河系 等に代表される

一般常識で言う所の 「宇宙」では ありません。

みなさんが考えている「宇宙」は、ちっぽけな世界です。

「宇宙のパワー」を求めている人は、皆 間違っています。狂っていきます。

 

ここで言う 「宇宙」とは、無限の大きく限りなく広がる世界です。

 

宇宙==意識の世界=波動の世界=真実の世界=本当のあなた 

そして、宇宙は あなたの 故郷です。  あなたが帰るべき所です。

宇宙は あなたの 本当の故郷なのです。そして、ひとつです。

 

宇宙は あなたの 過去世でもあります。

本当に優しい宇宙。お母さんの温もりの中にあった宇宙

その世界は、本当に喜びと温もりに包まれた世界です。

母なる宇宙、母なる温もり、あなたは この思いに帰るために、今存在しています。

 

その宇宙は、あなたの心の中に 在るのです。

 

母なる宇宙は、喜んでいる。そして、地球も喜んでいます。

宇宙にあなたの思いを向けていきましょう。

宇宙を感じていきましょう

宇宙は意識

宇宙は愛

宇宙は母の温もり

U T A ⇒ ユー ・ ティー ・ エー と読みます。

*******************************************************

U T A

 U、T、A、文字通り、UTAを心で感じる喜びに、あなたもその第一歩を踏み出してください。


 U=宇宙・UFO。  T=田池留吉・天変地異。  A=アルバート・


250年後に至る大きなキーワード。

そのキーワードを大切に、これからあなたの時間を使っていきましょう。


たくさんの私達の仲間、UFOとともに次元移行していく時を楽しみにしています。



*******************************************************

「田池留吉に心を向ける。」ことが、全てです。

肉の田池留吉ではなく、意識のタイケトメキチ(本当のあなた)のことです。

********************************************************

 

■ 松岡 儀典の 提言 ■「自分を救うのは 自分自身です。」←クリック
人類が真実に目覚めない限り、人類は救われません。

松岡儀典の提言 (vol.1) 真実を求めて←クリック
母親の反省と他力の反省、そして、意識の転回と正しい瞑想による自己供養

 

地球の意識 と 未曾有の天変地異クリック!

天変地異は喜びのエネルギー(天変地異の大予言←クリック

■不自由な肉体を飛び出し、あなたの 心で 地球を・宇宙を 感じてみませんか?■

(瞑想による意識の世界・あなたの宇宙)・・・そして、300年後の次元移行!!!

 

[ 本物の自分自身 と 帰るべき故郷 、そして真実を求めて]

Searching for THE TRUTH and OUR ESSENTIAL NATURE

 

私達、人類を、大いなる愛で育んでくださった地球よ、そして、お母さん・肉体細胞よ、

さらに、真実を伝えに来てくださった 田池留吉・アルバート、

本当にありがとう!そして、ごめんなさい!かさねて、ありがとう!!

私達は、宇宙の友UFOと共に、4次元へと次元移行してまいります。

 

私達は、喜びでした。私達は、温もりでした。私達はひとつでした。

私達の帰るべき、本当の故郷、お母さんの元へと、帰って行きます。

ありがとう! ありがとう! そして、さようなら!

 

大気圏に突入して落下した隕石に思いを向けると・・・。(塩川香世さんのチャネリング)



私達は意識です。
宇宙からの意識です。意識です。意識なんです。

地球人類よ、私達は意識なんです。あなた達も意識なんです。

そのエネルギーを感じていきましょう。喜びのエネルギーです。

私達は宇宙にさ迷っていました。そして、これからもさ迷っていくでしょう。

しかし、私達に伝えてくれる波動を感じています。

宇宙へ愛を流すエネルギー、そのエネルギーは私達の意識の世界に届き始めています。

だから、どんどん私達の
心が形として地球人類に衝撃を与えるような出来事を起こしていくでしょう。

今回の出来事は、ほんの小さな、小さな出来事です。

宇宙空間に異変が起こっていることをお知らせしたいと思います。

心をしっかりと、田池留吉、アルバートのほうに向け、私達の思いを感じていってください。

宇宙とともに、宇宙とともにあることを、人類にこれから私達はお知らせしていきます。

色々な形で伝えていきます。宇宙からのメッセージです。

これからも宇宙空間に様々な異変が起こってまいります。

形を通して、それがあなた方の目、耳、そして身体を通して、色々なところで感じられるでしょう。

その時、あなた方の心からどのようなエネルギーが出てくるでしょうか。

そのエネルギーはまた自分達に返っていきます。

どうぞ、どうぞ、喜びで受けていってくだい。

地球人類に喜びのエネルギーを流し続けてきた愛のエネルギーです。

そして、そうそれは
本当のあなた方の姿です。

愛のエネルギーに目覚めていきましょう。私達は、これからともに、ともに仕事をしてまいります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

引き続き、私は
宇宙を思い瞑想をしました。

宇宙を思うとき、本当に喜びです。喜びの中にあることを感じます。

私の中の私が語るんです。異語で、どんどんどんどん喜びを語ってきます。

私達は、苦しみの宇宙ではありませんでしたと語ってきます。

私達の中に母なる宇宙があった、こんなに嬉しい時はない。

本当にその喜びを語ってきます。たくさんの、たくさんの宇宙達が語ってきます。

私は宇宙に思いを向ける。それが、それがとても喜びです。こんな喜びはありません。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

肉という形はちっぽけなものだけれど、そのちっぽけな肉に留まる思い、

肉、形を本物とする思い、それは思いの外、強いものです。

壁と言えば分かるでしょうか。分厚い壁です。

長い時間を費やして、その壁を塗り固めてきたのが人類の歴史です。


隕石落下の映像をご覧になられたでしょう。一瞬です。

すごい衝撃波だったということが、映像を通して分かりますね。

たったひとつの隕石が地球に落下して、あの有様です。



しかし、私達は宇宙にすごいエネルギーを垂れ流してきたんです。

それは、あんなどころの規模ではありません。

想像を遥かに凌ぐエネルギーをこんなちっぽけな肉に押し込め、閉じ込めてきたんだから、

そのエネルギーを解き放つことは決して容易いことではありません。

下手をすれば、それによって、さらに泥沼の中へ自らを落としていく危険性は多々あります。

意識の世界を侮るなかれ。

正しい手順を踏んで、自分が作ってきた闇の世界、闇を本来の明るさ、

本来の温もり、本来の安らぎに帰すことに全力を傾けるべき。

私達は、このようにして一つの肉を持ち、その
自分からのメッセージのもとに学ばせていただいています。

これからも、さらに厳しいメッセージを自分に送っていくでしょう。

瞑想を重ねていくほどに、喜びは大きくなっていきます。

喜びが大きくなっていくほどに、自分が見えてきます。

自分が見えてくるほどに、さらに喜び大きくなっていきます。

その良き循環の中で、私は私を学んでまいります。


********************************************************

 

隕石、目覚めつつある宇宙、マイナスがプラスに、これより大きく変わってきます。

心して肉体生命を全うしていきましょう。 

戦うのを止めましょう。何度も何度も言ってきました.。

どうして戦うのですか。自分を粗末に扱ってはいけません。

あなたは偉いのです。正しいと聳(そび)え立っているだけです。

戦えば、自滅あるのみ。

人類は戦って戦ってきました。あなたもそうではありませんか。

あなたは、現状をどのように思っていますか。

 

********************************************************

 

平成25・26年UTA ブック・スカイプ瞑想会←クリック

平成26年UTA 会・「正しい瞑想により  に目覚める」セミナー←クリック  
+パソコンでのUストリーム セミナー 

平成25年UTA会 (vol.2) 凄まじい闇の大噴出と総崩壊セミナー  ←クリック
+パソコンでのUストリーム セミナー 

平成25年UTA会(vol.1)・「磁場と反転」出版記念・愛のエネルギーと反転 セミナー←クリック 

平成24年 UTA会 ・ 磁場と反転 セミナーの案内と内容紹介←クリック

過去の UTAセミナー 結果報告クリック!

********************************************************

(サイトマップ)クリック!
意識の世界からのメッセージ集(150タイトル)への入り口

「心」の目次(田池留吉)   ←クリック

The Messages to you from The World of Consciousness

私のHPの「意識の世界からのメッセージ」は、

すべて、本当のあなたから、あなたへのメッセージです。

だから、私が 本当の、意識のあなたの代わりに、HPを通して お伝えしているのです。

********************************************************

何が正しくて、何が間違っているのか!

『真実』を知らずして 世の中・人間を語るほど、空しく 哀しく 無意味なことはありません。

" All people are born truthful and die liars."

「人は皆、産まれた時は、真実・本当の事を心に抱いて、喜びにあふれ、決死の覚悟で生まれてくるが、

その後の人生において、親や先生の教育、社会のマスメディアによる間違った・正反対の刷り込みによって、

嘘だらけの「ウソつき人間」として、真の目的を何も達成することなく、今世も失敗に終わり、死んでいく。」

 

********************************************************

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 田池留吉の世界(アルバートの波動)

= 心の中に追い求めてきた真実の世界 = 喜びの意識の世界 = 本当のあなた 

=あなたが帰るべき 真実の故郷(ふるさと)=母なる宇宙

を信じきり あなたの心で感じていこう

 

田池留吉の意識=アルバートの意識は、

「あなたのUFO、あなた自身の宇宙と交信できるようになって欲しい」と、

あなたの心の中で、次元移行を果たす為 250年後の出会いを待っている。

そして、真実の故郷で 永遠に待っています。

 

田池留吉、アルバートは 真実のあなた自身です。

 

意識は波動です。田池留吉は波動です。あなたは意識・波動です。

田池留吉のメッセージは波動です。

 

田池留吉・アルバートはあなたです。あなたは田池留吉・アルバートです。

私はあなたです。あなたは私なんです。

 

心の中で待っています。田池留吉、アルバート、優しいあなたが あなたを待っています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

この学びは、頭で理解するのではありません。

心で感じていく学びです。

 

 1   波動の世界だけが真実の世界です。


 2   真実の世界はあなたの頭では分からない、

     あなたの心でしか分かりません。


 3   心を見るということが、すべてです。


 4   心を見ていけば苦しんでいるあなたに出会います。

     そして、その苦しんでいるあなたが間違っているということです。


 5   苦しんでいるあなたは偽物のあなたです。

    本当のあなたに出会っていってください。


 6   本当の喜びと幸せを、その心で知っていってください。


 7   意識の流れは厳然としてあり、私達はその流れの中に存在しています。


 8   宗教では人は救えません


 9   天変地異は喜びのエネルギーです。


 10   私達は喜び、すべてが喜びです。そして、すべてはアルバートとひとつです。

 

 

 

私はずっと以前からすべての存在にメッセージを送ってきました。

もうすでにこのことを知っている方も多いと思います。

そこで、私は、現在学びに連なっているすべての方に、

これから私が送っているメッセージを受けていただきたいと思っています。

出来るだけ早い時期からずっと受けて欲しいと思います。

そして、自分用の田池留吉メッセージ集を作られてはと思います。

そして、そのメッセージ集を自分のテキストとして更に学びを進めていくようにしていただけたらと思っています。どうでしょか。

平成26年12月のUTA会が終わってから、

メッセージを学びの指針として進めてこられた方達に一堂に集まってもらって

2年間の成果を話し合いたいと思っています。

それから次の段階に学びを進めていこうかと思っています。

今世の学びの最後の段階になろうかと思います。



私からのメッセージかどうか、自信のない方、疑わしい方、おられると思いますが、

とにかく精一杯受け続けてください。

きっと、正しく受け取れるようになると思います。

そして、次の段階へと皆と進んでいきましょう。

 

私からのメッセージ、田池留吉、アルバートからのメッセージが本物に、

学びを進めていくのに的確なものになってきましたら、 どんどん、毎日でも受けてください

そして、正しい瞑想も、その後、必ずやるように していってはと 思っています。

後は、意識の流れのままに、
次元移行に向けて進んでいってください。

正に、自己確立

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

田池先生からのメッセージ、ホームページにて、読ませていただきました。

嬉しいです。田池留吉、アルバートからのメッセージをじゃんじゃん受けて、私自身の学びの指針にしてまいります。

田池留吉の肉があっても無くなっても同じという感覚を、私のこの肉のほうに、もう少ししっかりと伝達したいと思います。

意識の世界は、おそらくそのように感じていると思いますが、肉でもしっかりとした確認が取れれば、なおいいのではないかと思います。

そして、一番大切なのは、自分のこの肉を離した後も、そのような状態だと、今よりもさらにはっきりとこの肉でも分かるように、日々精進していきます。


私は、これまで、私の勉強として、たくさんの人達に思いを向けて、その意識を受けさせていただきました。

そして、最終的にはこれなんですね。

最終的には、田池留吉、アルバートからのメッセージ、この意識の世界を波動として感じること、

それを、さらに、さらに進めていくこと、それが私達の本当の学びなんですね。

今、私はそのように心に感じています。
(塩川香世)

 

自分用の田池留吉メッセージ集というのが気に入りました。

本当にその通りです。針を向け合わせて、どんどん自分の中を進んでいく喜びが伝わってきます。

私は以前から、田池留吉、アルバートに聞くということを実践してきましたが、

その学びをこれからもさらに継続させていき、私は私の勉強を、より充実していきます。

中心棒の補強に勤しむことが喜びです。その喜びは、パワーです。

「心を向けていけばいくほど、プラス、プラス、プラスの状態が生み出されていきます。」

こういう一文は、私の肉では分かりません。しかし、私は、自分を思えば、自分の中がそういう状態なんだと感じます。

だから、ああ、ただ心を向けさえすればいいんだとこの肉に伝達されて、肉がそうなのかと思う、そういう順序を辿っています。

 

田池留吉、アルバートのメッセージを受けていけば、自分の学びの励みになります。

瞑想がさらに楽しくなります。心を向ける今が嬉しい、そんな思いを確認しながら、私は歩んでいます。


地球上に生きる意識達、そしてそうでない意識達、すべての意識達は、

この流れの中にいざなわれていますという力強いメッセージが心に響いてきて、

しかし、その一方で、このことをまだまだたくさんの意識達に届いていない状態ですということも伝わってきます。


私は、だから心を向けていくことだけだと促されています。

針をしっかりと合わせ、そしてともに歩んでいきましょうというメッセージを流していく、

それが磁場を思い、愛を思い、宇宙を思っていく瞑想です。

だから瞑想は楽しい。瞑想は嬉しい。ともにあることを感じます。

 

田池留吉の磁場のエネルギーは、

真のプラスのエネルギーです。

本物の愛のエネルギーです。

すべてのマイナスのエネルギーをプラスのエネルギーに、

喜び、温もり、安らぎ、優しさ、幸せな思いに変えていきます。

信じていきましょう。信じてください。


頑張らなくてもいいんですよ。頑張りすぎると疲れてきます。

学びを進めていくのに疲れていては、やる気もなくしていってしまいます。

くわばらくわばら。勿体ない、勿体ないと思いませんか。


ただただ、
田池留吉の磁場に思いを、心の針を向けてください。

思っていくだけでいいのです。思って思って思い続けてください。

そして、その実態が分かってくれば、

偉大で強力なプラスのエネルギーだと確信してください、

確信して、確信して、一つになってください。


「私はあなた、あなたは私、一つです。私は愛です。」

が確信できるようになるまで、焦らず、弛まず田池留吉を思い続けてください。

その時、
あなたの思いは愛のエネルギーそのものになっていきます。

信じて行じていってください。



********************************************************

 

今後の展望と決意表明 (2013年・3月15日)



UTA会の活動とUTAブックの活動の統合、2015年以降。

UTA会のセミナー、スカイプ瞑想会、出版活動、地域の勉強会などの統合推進。

青年達の活力に期待。

アメリカでのニュー・ジャージー スカイプ瞑想会と日本の各地域の人との交流と学習。

アメリカ在住の方の学びの推進。  若い方達の英会話力のアップ。



さあ、すべての
意識達の終結と次元移行に向けて前進していきませんか。

融和協調。

学びを指針に従って正しく進めながら、肉は、乳幼児のような心を忘れず、

そして、助け合い、分かち合い、許し合いながら、明るく、楽しく、暮らしていくようにしましょう。

 

アルバート(田池 留吉)とは ←クリック

田池留吉・タイケトメキチのメッセージ←クリック 

田池留吉のメッセージを受けよう ! ←クリッ  

その人、田池留吉―田池留吉の世界―←クリック

 

アルバートからのメッセージ←クリック↓

********************************************************

田池留吉の世界とか田池留吉の磁場とか言っていますが、

元々その世界、磁場には 田池留吉という名前などは 付いていません。

私、田池留吉だけが伝えているから、また、

そのように名前を付けて伝えたほうが 伝えやすいから、そのように言っているのです。

しかし、その世界、磁場は喜びのエネルギー、愛、そして、あなた方自身でもあります。

だから、それ以外の世界に 心を向けることは 間違い ということになります。

このことは、自分の心が見えてくるようになれば 分かってくることです。

しかし、欲を張りすぎる者、他力の反省を一向に進めない者は、

田池留吉の世界、磁場に心の針を向け、思い、感じ、信じるようには なかなかなれないようです。

己が偉すぎるのかもしれません。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今、学ばなくて、いつ学べるのでしょうか

ホームページを通して、呼びかけています

 

肉を持ちながら学びをする難しさは、百も承知です。

しかし、その難しいことをやろうと、今世あなたも望んで生まれてきたのです。

あなたは、何も特別ではありません。  どんな肉体でもよかったんです。

生半可な思いで、あなたは生まれてきたのではない。

地球上に、数限りない肉をくださった 母の意識にありがとうございます。

 

あなたが選んできた肉の環境です。

あなたがその中で、心を見つめていけると思ったから、その環境を選んだのです。

そのあなたを信じていってください。あなたの中に、優しいあなた、温もりのあなたがあります。


そして、真実の道を歩いていこうとするあなたも、もちろんあります。


そのあなたを信じていってください。

 

あなたは、大きな決意をして、そして、すべてを用意して生まれてきました。

今世のあなた、来世のあなた、あなた自身がプログラムを組んできたのです。

あなたも 宇宙から、たくさんの思いを抱え、この地球に転生して来ました。

 

 真実の世界を学ぶために、生まれてきました。それ以外の目的はありません。

そして、この学び(このHP)に繋がったのです。

今でも、宇宙には、宇宙時代の あなたの過去世達が、肉を持たずに意識として存在しているのです。

 

「母の思いに帰りなさい。温もりに帰ってくるんですよ。必ず帰ってきなさい。

あなたは、そのために今 存在しています。肉をあなたに授けました。」

そうやって、幾度も、幾度も あなたは 肉という形をいただきました。

母の意識からいただきました。

 

母親が、真実を理解するための入り口です。

真実に出会っていくための一番の近道です。

この地球上の生き物はすべて、母親から生まれてきます。

 

「母親の反省」というものが、真実を理解するためには、一番簡単で早い方法なのです。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

田池留吉の意識が、大切な仕事をするために、初めて 肉というものを持ちました。

本来は、肉を持つ必要などないのです。そのような意識が 肉を持ったのです。

「人間は意識です」というメッセージをお伝えするために、田池留吉は、肉を持ちました。

 

 田池留吉の肉がある間に、学ぶべきものは、しっかりと学びます。


田池留吉の肉があるからこそ、学べるのです。

田池留吉の肉あるうちに、しっかりと学んでいってください。

今というこの時を大切に生きてください。

 

田池留吉が、好きで好きでたまらなくなります。

ようやく出会えたこのチャンス、どうぞ無駄にすることなく使ってください。

 



田池留吉の今世の仕事は、ほぼ達成しており、あとは、

三次元最終の仕事(次元移行を待つのみという段階です。

次元移行への道筋は、しっかりと ついています。

 

250年後とか四次元とかいう話に困惑しないでください。

 

母なる宇宙へ帰る旅次元移行の計画は、壮大です

宇宙に点在する意識達、その意識達とともに次元を超えていく、

そんな意識の流れの計画のスケールの大きさ・・・・・

意識の世界の計画には、狂いはありません。

 

宇宙は変わっていますよ。あなたが思っている以上に、

速いスピードで、意識の世界は変わっています。

 

今世のあなた、300年後のあなた、大きな、大きな喜びの中で、母の意識の中に帰ってまいります。

もちろん、その時は、あなたの過去世の意識すべてが一緒です。

 

来世、300年後の次元移行に照準を合わせています。

今世は予習の時間です。

その予定のコースを歩くために、田池留吉の肉がある間も、

そして 肉がなくなった後も、どちらも非常に大切な 私達の勉強の時間です。

 

今世の時間、今という時が、本当に大切な時なんです。


私達は、250年後の次元移行を目指して、真実を伝えている意識です。

今世の肉は、本当に大切な肉です。

250年後の肉は最後の肉ですが、今世の肉があればこそ、250年後の肉が活きてくるのです。


今世、肉を持ったということが、とても大切なことでした


今世、肉を持ち、田池留吉の世界との出会いがあり、心を転回していく道筋が、とても大切なことでした。

 

次元移行をするためには、どうしても、今世の肉が必要でした。来世の肉、そして、今世の肉、どうしても必要な肉でした。


この二つの肉により、次元移行が現実のものとなっていく。

 

私達は温もりに帰る、その流れの中にいることを知りました。

 

あなたは、今世 日本の国に生まれ、そして、真実を学び、

来世の250年後、多民族、多宗教の地に、そして、人間の飽くなき欲望が渦巻く

アメリカ・ニューヨークの地から、真実を発信して、

そして、地球を後にする、あなたは、この計画をあなた自身の中で立てました。

 

私達は、三次元最終の地をアメリカに選びました。

この地から、私達は存分に喜びを発信していきます。

良きにつけ悪しきにつけ、開放的な土壌が育っている場所、そんな場所から、真実を発信していくのです。

 

すべてのものには 計画がある と言うことに気付いて下さい。


過去から未来へと続く時間は、今現在の一点に集約されています。

 そう、あなたは今に生きながら、同時に未来に生きている

来世のあなたの思いが、今のあなたの思いです。


「今という時間は、自分を見つめ、自分を感じる時間であり、自分を育てる時間」

肉を持っている時間、どうぞ、あなたの学びをしていってください。

淡々と、そして、喜んで心を見ていくだけです。

学びは実践あるのみです。

田池留吉、アルバートを呼び続ける喜びがあるのみです。

心の変化は、いずれ形の世界に現象化していきます。

 

あなたも、今世、色々な現象(日常生活での様々な出来事)があったと思います。

すべては、自分自身の間違いに気付いていくためです。

すべて、自作自演の世界の中での出来事です。

すべてはあなたの勉強です。あなたの教材です。

どんなことでも、全て喜んで受け入れていきましょう。

すべて 良し です。

 

私達は、強制はしません。

どなたに対しても、自己選択、自己責任、そのようにお伝えしています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

あなたのお勉強は、これからも永遠に続いていきます

今世の自分の学びを通して、それを感じていってください。

今は、その通過点に過ぎません。しっかりと心を見ていくことを学んでいってください。

あなたが心を見ていけばいくほど、そのエネルギーがあなたに伝えてきます。

 

ただただ、お母さんに心を合わせ、田池留吉に心を合わせ、

ゆったりとした中で、瞑想を楽しんでいってください。

あなたがすることはそれだけです。

 

本当は簡単な学びなんです。

あなたの中で、ただただ思いを見つめていくだけです。

 

心の中で、あなたは、あなたを見つめていくだけです。

あなたから、まず変っていくんです。あなたが、まず変っていくんです。

肉のことはもう程ほどでいいではないですか。

 


優しい母の温もりを心に思い出してください。母の温もりです。母の優しさです。

本当の優しさ、本当の温もりで、自分自身を包んでいくことに専念してください。

周りは、自ずと整ってきます。

あなたから流れるものが変っていけば、周りは整ってきます。

その体験をできれば、今世、なさっていってください。

 

自分の進むべき道が見え、そして自分の行き先がはっきりとしてくると、

肉のことなどもうすでに 整っていることが分かります。


あれこれ思い煩わなくても、なるようになる、それが肉なのです。


自分の意識の世界、つまり本当の自分自身がはっきりと見えてくれば、

肉はそれに従ってくるものなのです。

 

 

自分に残された肉を持つ時間を大切にしていきましょう。


自分と自分の学びです。自分と自分の中の意識の世界の交信です。

宇宙の中で、どのように自分が存在していくか、

ただそのことを瞑想を続けていく中で、心で感じていくそんな時間にしていきましょう。


自分の持ち時間に終わりがくれば、ありがとうと言ってその肉を離していけばいいだけです。

 

 

そうやって、あなたの今世の時間を過ごしていってください。


そして、あなたも次の転生に心を繋いでいける、そんなあなたになっていってください。

私達は待っています。私達は、あなたの心の中で、いつまでも待っています。

 

宇宙はあなたを待っています。喜びがあなたを待っています。

意識の本当のあなたが、心の中で待っています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

なぜ 生まれてきたのか、 なぜ今、肉体を持っているのか、

そして、あなたの転生は…、これからのあなたは…

 

肉のあなたは あなたであって、あなたでない

あなたは私、ワタシはアナタ。

すべては ひとつの存在。意識。温もりの波動。

 

私達が、日本の国に肉を持った意味は、

そう、皆さんに[このことを伝えること]にありました。

 真実の宇宙を目指して、私は、この地球にやってきました。

真実を求めてやってきました。

地球の存在が 私達には ぜひとも必要なものでした。

肉を持って 心を見る場、 それが唯一 地球だったのです。

 青く光る星、地球は私達が一縷(いちる)の望みを託した星でした。

 

 伝えていきたい、その思いが広がっていきます

真実の世界を、もっとみんなに知っていただきたい。

真実とはどういうことかを、みんなにもっと知っていただきたい。

 

今世の仕事は、ほぼ達成しており、あとは、三次元最終の仕事を待つのみという段階です。

なぜなら、すでに心に真実を見出された方(塩川香世さん)が存在し

宇宙で肉体を持つ意識・持たない意識と交信するための道を開いてくださっているからです。

 

 

私達の唯一の仕事は、真実と温もりを伝えていくことです。

すべての人々、すべてのものが温もりに変わらなければならないのです。

それが四次元での私達のゴールです。

あなたが帰るべき 真実の故郷(ふるさと)へ

一緒に帰って行きましょう!!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 
肉のあなたは心を見る作業をするだけです、田池留吉・アルバートに心を向ける、

いいえ、向けるという思いがなくてもいつも向いている状態、その状態であれば、

愛は波動となって流れていくのです。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

私達人間は、本当の自分を捨ててきました。そして偽物の自分をつかんできました。

何度転生を繰り返しても、その都度持った肉体という形を指してそれが自分だとしてきたんです。

偽物の自分をつかむということはそういうことなんです。しかし、それが間違いだとは、これまで誰も気付けませんでした。

また、私達人間は、死ねば終わりだと思ってきました。

永遠の生命を信じたかったけれど、

肉体という形を本物とする思い(この思いを基盤にした物の見方、考え方をここでは「肉」と表現しています)は、極めて強いものでした。

従って肉体という形がなくなれば、その人の人生はそこで終わりで、その人の時間もそこでストップしてしまうと思い込んできました。

本当の自分は、無限に広がっていく存在であるのに、

自分の思いを肉体という小さな、小さな形の中に閉じ込め、押し込めて、

私達は気の遠くなるような長い、長い時間を経てきたのです。それが地獄の世界です。


本当の自分を捨ててきた私達はみんな、地獄から出てきて、地獄へ帰る転生を数限りなく繰り返してきました。

地獄ということですから、その世界は、決して明るくて楽しくて幸せで安らいでいるとは誰も思わないでしょう。

そして、その苦しい転生から解脱するべく大変厳しい修行を重ねていった先人達もあったようですが、

「肉」から自分を解き放つことができなければ、どんなに厳しい修行をしても、本当のことには辿り着くことはできないんです。

悟りの境地に達するなどということは絶対にあり得ないことでした。

地獄から出てきて、地獄へ帰る転生は続いていくのでした。それが私達の過去でした。


そこへ、今世、田池留吉氏という一人の人間が、一つのメッセージを私達に送ってくれたのでした。

「私達は意識、エネルギーです。私達の本当の姿は目に見えません。」

私達は、田池留吉氏のもとで、これまで二十年余りの年月、学ばせていただきました。

それは、このたった一行のメッセージを自分の心で学び知っていく難しさを味わいながらの年月だったと振り返っています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Message from Taike Tomekichi:

田池留吉からのメッセージ

 

その真実こそ、20年かけて私がお伝えしようとしてきたことです。

それは喜びです。それは温もりです、それが存在そのものです。

それが真実です、肉体ではありません。被り物(かぶりもの)です。

あなたの肉体はただの被り物です。真実ではありません。

真実は、今あなたが周りすべてから感じているものです。感じますか?

すべて、、、分子も含めて宇宙に存在するすべてのもの、心の中に、、、宇宙に、UFOの中にも、すべて同じエネルギーです。

そうなのです。時間というものはありません。真実には時間という概念がありません。

あなたが感じているもの、宇宙に届く、宇宙に限りなく広がっていくエネルギーは、、、どんどん、、

、どんどん広がっていく、、、だから、あなたはどこまでも何もないと思っています。

でもそこは何もない場所ではないのです。そこにはどこまでも明るく明るく広がりゆく温もりとエネルギーがあります。

地球を越え、太陽系を越え、銀河系を越えた、その宇宙にあるすべてが、エネルギーです。すべてがエネルギーです。

愛と温もりのエネルギー、光のエネルギーです。それが真実です。

それが真実です。人間にも真実がわかってきます。肉の世界を五感で理解するのではなく、むしろエネルギーを感じていきます。

それを第六感と呼ばれるのならそれでも構いません。

エネルギーです、それが真実です、生きています、そしてすべての人の中に、すべてのものに、あらゆるところにあります。

はい、田池留吉です。アルバートです。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

母なる宇宙は、喜んでいる。そして、地球も喜んでいます。

ここで言う、「宇宙」には たくさんの意味が、含まれています。

目に見える、太陽系・銀河系 等に代表される

一般常識で言う所の 「宇宙」では ありません。

 

宇宙=意識の世界=波動の世界=真実の世界 そして、

宇宙は あなたの 故郷です。あなたが帰るべき所です。

宇宙は あなたの 本当の故郷なのです。

 

宇宙は あなたの 過去世でもあります。

本当に優しい宇宙。お母さんの温もりの中にあった宇宙

その世界は、本当に喜びと温もりに包まれた世界です。

母なる宇宙、母なる温もり、あなたは この思いに帰るために、今存在しています。

 

宇宙を感じていけることこそが喜びです。なぜならば、それが私達だからです。

思いは、意識は、そんなちっぽけな世界ではありません。

心の中に広がっていく世界は、どんな言葉でも言い尽くせないです。

 

苦しい意識達、宇宙に広がるあなたの仲間達とともに、母なる宇宙へ帰っていきます。

私達宇宙の仲間は、この空間に果てしなく、数限りなく存在しています。

 地球上に起る色々な出来事は、宇宙からのメッセージ

宇宙からのメッセージ、そして 宇宙へのメッセージ

 

世界各地で天変地異が起こってまいります。今はまだ小規模な噴火活動のあるところも、これからです。

一瞬のうちにすべてが海底に沈んでいく、そういうことが、世界各地、あちらこちらで続発していきます。

あまりこういうことを言うと、皆さんに恐怖心を煽(あお)るようになるかもしれませんが、

これから、私ははっきりと物申してまいります。しっかりと心を向け、私の思いを聞いてください。


私達は、本当に間違ってきたのです。地球人類は間違ってきたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田池留吉の意識

********************************************************

********************************************************

この学びは 強制は一切ありません。全て自由です。

あなたの心で何かを感じることがあれば、読み進めてください。

嫌だと思ったら、いつでも去ってください。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 あなたも、真実の世界を学ぶために、生まれてきました。

それ以外の目的はありません。

その『真実』を あなたも 知りたいとは思いませんか?

アナタ『真実』を知るために、それだけのために、転生を繰り返してきました。

 

このHPにたどり着いた あなたは、

千載一遇のチャンスをものにしたと言う事なんです。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 この学びは、頭で理解するのではありません。 

 心で感じていく学びです。

■ 真実は、あなたの心でしか 分からない。そして、あなたの心で必ず分かる。

「頭・知識でわかるのは5%くらい。残りの95%は、心でしか分からないのです。」

********************************************************

 

本当は簡単な学びなんです。

あなたの中で、ただただ 思いを見つめていくだけです。

 

心の中で、あなたは、あなたを見つめていくだけです。

あなたから、まず変っていくんです。 あなたが、まず変っていくんです。

肉のことは もう程ほどで いいではないですか。

********************************************************

興味本位や軽い気持ちで、学びをしないでください。

あなたは、「不退転の思い」で 今世 生まれてきました

「何が何でも、あなたは自分自身に真実を伝えたい。

真実の自分に目覚めたい。」 と・・・・

あなたの中に素直な思い、本当の自分を信じていこうとする強い思いがあるんです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

もう、苦しむのは、やめましょう。 私達は喜びです。

本当のアナタが あなたを導いていきます。

あなた自身が、真実に目覚めない限り、あなたは救われないのです。

自分の中に本当の世界がある、本当の自分が存在している

 

来る者は拒まず去る者は追わず

第二の人生を一緒に歩んで行きませんか?!

私達は、強制はしません。どなたに対しても、自己選択、自己責任

***************************************

真実への答えは、すべてあなたの心の中にあります。

あなたの心は、自分の存在の真実に対する疑問への、

すべての答えを持っています。

 

自分自身の中に答えがあるのに、それを自分の心の外に探し求めないでください。

あなたが今まで抱えてきた疑問のすべてを解く鍵は、あなたの心が握っています。

あなたは ただ自分自身に聞いていくだけです。

ただ自分の心と、その存在の真実を信じていくだけです。

***************************************

今世、このようにして、日本の国に生まれてきた あなたの肉、

そして、あなたの意識の世界、私達の意識の世界とともに歩みを進めていくことを、私達は約束しました


母なる宇宙を目指して、私達はともに歩む意識

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

三次元の中で、肉を持とうと計画してきた意識が、

その計画のない意識達に、必ず真実を伝えていくことを約束していた

 

この学びは、正しい学びだからやっているのではなく、そうすることが、

本来、自分がするべきことだから、して当然のことだからやっています。

 

あなたも

本当のこと(真実)本当のあなたを 頭で知り、あなたの心で感じ、心で分かり、

あなたが 転生 した 300年後 のニューヨークから、

宇宙の友UFO と共に四次元へと 次元移行 に向けて、

喜怒哀楽のその時 心を見て お母さんの反省  他力の反省 を繰り返し

意識の転回 をし 自己供養 と 自己確立 のための 

心の心の針を正しい方向に、ピッタリと合わせた 正しい瞑想  

を本当の仕事として、 日々実践する 学び  

をするために あなたは 今世 生まれて来ました。 それ以外の目的はありません。

 

ここでは、そのための意識の世界からのメッセージを お伝えしています。

 

(注)青い大きな文字下線のあるところをクリックすると、そのページが開きます。

 

なぜ苦しむのか。

人生を逆様に生きているからです。意識の転回、肉から意識へ。

肉は偽、意識が真。偽なるものは消滅、真なるものは永遠に存在する。

偽の世界に生きることは苦しみ、マイナス、真の世界に生きることは幸せ、プラスです。

愛はプラス、愛しか存在しない。真のあなたは愛です。

磁場反転、正しい瞑想で気付いていきましょう。

 

人類が、真実に目覚める為に 絶対に欠かせないものは、

想像を絶する規模の天変地異なのです。未曾有の天変地異。

地球は自らその軌道を変えていきます。

それによって、地球上に大規模な天変地異が起こってきます。

 

これからの私達にとって、「天変地異」というのは、

大きなキーワードになってきます。

 

何度も何度も繰り返し起こってくる天変地異、

もはや 人類の講じる術(すべ)は 何も残されていません。

それほど人類は堕落してしまったということです。自業自得です。

成す術もなく、ただ天変地異を受け入れていくしかありません。

それで いいのです。

それこそが 「愛」なのです。

 

私達は、天変地異を通して、心で知っていくようになっています。

真実を、人間の本質を、喜びしかない存在・意識・波動である事を。

 

意識の流れが、眠っていた意識を目覚めさせ、

そして、その流れが 段々に太く 大きくなっていく、

そのために必要な時間が、これからの250年、300年ということになります。

 

このような肉を持って地球上で生息できる時間は もう300年。

次元移行ができない意識達は、宇宙を さ迷い続けることになります。

 

もう、時間があまり残されておりませんので、ハッキリ 申し上げます。

ここで言う、「天変地異」とは、

大陸の沈没と隆起などの、現代の人類には、考えも及ばないような災害を 指しています。

 

(注) 時間も空間もない、全てが同時進行の 意識の世界で言う 「まもなく」とか「もうすぐ」というのは、

肉の世界(現世)の 時間感覚とは かなりずれており、タイムラグがありますので、

そのあたりは 各自の判断に おまかせします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

********************************************************

このサイトの多くは、この 学び を通じて 心の窓 を開かれ、

真のチャネラー となられた人達の チャネリング (意識の世界との交信) による

意識の世界からの メッセージ 、そして

田池留吉氏と塩川香世さんの 意識の世界からの メッセージ 

 随所に散りばめ 構成・編集 しております。

********************************************************

田池留吉の世界とか田池留吉の磁場とか言っていますが、

元々その世界、磁場には 田池留吉という名前などは 付いていません。

私、田池留吉だけが伝えているから、また、

そのように名前を付けて伝えたほうが 伝えやすいから、そのように言っているのです。

しかし、その世界、磁場は喜びのエネルギー、愛、そして、あなた方自身でもあります。

だから、それ以外の世界に 心を向けることは 間違い ということになります。

このことは、自分の心が見えてくるようになれば 分かってくることです。

しかし、欲を張りすぎる者、他力の反省を一向に進めない者は、

田池留吉の世界、磁場に心の針を向け、思い、感じ、信じるようには なかなかなれないようです。

己が偉すぎるのかもしれません。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

「これからの激動の時間を経て、250年後に必ず出会い、そしてともに行きましょう。

今世、肉を持って学びに触れた人達は、本当にセミナーで伝えていただいたことと、真剣に取り組んでください。

自分を繋いでいくことに全力を傾けてその肉の生涯を終えてください。」


 私達は、300年後、宇宙とともに次元を超えていきます。

今私達と肉で出会っている、出会っていないに関わらず、250年後の舞台はすでに整えられています。

 宇宙達が待っています。

全宇宙とともに次元を超えていく意識の世界のストーリーの礎は今世すでに出来上がっています。

 だからこそ、こうして、今世学びに触れた人達に呼びかけています。

 どうぞ、心の中に作ってきた他力の世界の崩壊に全力を傾けてください。

今世学びに出会ったから特別なのではありません。

それはそれぞれの計画の一端です。それを活かしていくのはあなたの選択です。

その選択如何によって、意識の流れがどうなるものでもありません。

意識の流れは厳然とあります。粛々と流れています。粛々と計画を遂行しています。

 どうぞ、心を見てください。そしてと、自分を繋いでいってください。

 

 頭で納得することと、心で感じ、心で分かることの違いは、

当然、どのような言葉を使ってもそれは表現できません。

どうぞ、あなたの心で感じて分かっていってくださいとしか言いようがありません。

心で感じ、心で分かってくれば、本当に分かるんです。

こうしてホームページに掲載されている内容は、ズバリその通りだと納得するんです。

そして納得するだけでなくて、本当の喜びと本当の幸せを感じます。


 生まれてきてよかったというのは、

次元移行へ向かっていく自分の予定してきた道筋がきちんと真っ直ぐに自分の心に映し出されて初めて、

心の底からそう思えるんです。

 次元移行です。意識の流れです。

磁場と反転の実践と瞑想の中で、必ずそれらがくっきりとはっきりと心に響いてくる、

それが本当の喜びと本当の幸せを感じさせてくれます。

その中で、私は宇宙と呼びかけています。

そうすればもう私の中は本当に言葉にならないほどの嬉しさを感じます。

ブラックでも何でもいい、私は嬉しい。本当に嬉しい

ともに帰れることを感じられるからただただ嬉しいです。

学ぶということについては、本来は時間の長短に関係しませんが、

それは今世という今の段階では少々事情が違うようです。


そうかといって、ただ単に学びに触れた時間が長くても効果的に学んできたかと言えば、必ずしもそうとは言えません。

要するに、何時、どこで、何をきっかけに、本当に自分を見つめるかによって、

学びの進捗度は異なってきます。

まだ学び始めて時間の浅い人であっても、全力を賭していけば、

自分の中にすべての回答があり、自分の中の喜びと温もりの自分と出会えることは可能です。


それを可能にするのが、正しい瞑想なんです。

正しい瞑想が出来始めて、そして磁場と反転のエネルギーを心に広げていけば、

時間の長短には関係なく、意識の流れを心に感じていけます。


ということで、やはり瞑想を主として学んでいくことがすべてなんです。


おそらく、これからのセミナーも瞑想をする時間をこれまでよりも長く取っていくと思います。

どうぞ、正しい瞑想をする手順をしっかりわきまえて、セミナーにご参加ください。

正しい瞑想ができなければ、また正しい瞑想を重ねていかなければ何も分からないし、何も変わらないとお伝えしておきます。

 母の反省をし、母を思い、ゼロ歳の自分を思い、そして磁場を思い瞑想をする、

そして、自分が培ってきた他力のエネルギーを心で感じていく、

心に感じたブラックのエネルギーに反転のエネルギーを向ける。

一連の作業を淡々と繰り返す。それが人生


そうなってくれば、肉の人生は自ずとシンプルになってきます。

心を見て、心の整理が捗ってくれば、それはそのまま肉の生活にも反映されていきます。

心の向け先が定まらない生き方ほど空しいものはありません。と私は思っています。

心がピッと合う、それで私の人生は幸せです。喜びです。

環境は整い、何の不自由もないです。

心の針を向ける、合わせる、これさえできれば、本当に人生万歳です

「私の人生は自分のために生きる」これが私の基本的な生き方です。

その本当の意味が自分に響いてきたのは、言うまでもなく自分を学ぶということを知ったからです。

「誰のために生きるのでもない、自分のために生きる。」

それは、決して自分本位な生き方ではないことを心で知っていったとき、

ああよかった、やっと、やっと、これで自分を裏切ることなくいけると思いました。


自分を裏切り続けてきたけれど、そして自分を見限ってきた苦しみと哀しみ、寂しさを抱えてきたけれど、

それも本当に自分で制止でき、そこから新たなステージで自分を学んでいけることを感じるにつけ、

私は250年、300年が待ち遠しいです。


出会いから二十年などかける必要もないし、意識の世界にもっと敏感になっている私は、

肉を持たない意識達との通信を今世とは比較できないほど活発にしていきます。

今は、ただひたすら、磁場を思う瞑想です。もうそれしかありせん。

 

 

この学びは宗教ではないんだから、人集め、金集めの必要なんてないんです。

人を集めても、金を集めても、真実は見えてこない。

必要なのは、それぞれが心の針を本当に向け合わせられるか、

本当に磁場と反転のエネルギーを感じているか、

自分の中にそのエネルギーを伝えているか、

伝えられる自分であるか、

そういうことがみんなクリアできていると自分に答えを出せるようになることです。


 私は自分を学ぶために生まれてきましたし、次元移行を心で知るために生まれてきました。

その自分で決めてきた予定のコースを履行することが、自分に対する誠意、自分に対する責任だと知っています。

そしてそれが大きなパワーとなって働いていくことも私は感じています。

だから、私は私の人生、幸せなんです。自分の思い通りの人生です。

この道を真っ直ぐに、もうその答えは私の中で出ています。

 

自分の間違いに気付いていくのは自分にしかできません。

どんなに適切なアドバイスを人からいただこうとも、

自分が自分の辿ってきた思いの世界を見て、自分の流してきたエネルギーを感じて、

そして、自分の心で気付き、自分で自分を修正していく喜びと温もりのエネルギーと出会うコースを一歩、

さらに一歩と進めていかなければ、自分の根本など変革することはできません。


その手立てを私達は、今世の自分を通して学んできたんです。

あと、それをどのように活かしていくのかは、各人の問題です。


他力の世界の中から、この学びを眺め、学んでいこうとすること自体、もうすでに大きく道が外れているんです。

けれども、そういうことは、自分で気付いていく以外にどうしようもありません。

私は学んでいますと言われれば、それはそうかもしれません。


 ただ、スタートが間違っていれば、あとは全部間違っています。

だから、学びに集った動機の修正を第一にするべきことではないでしょうか。

それがなければ、喜びを感じた、嬉しさを感じた、幸せを感じたといっても、それはちょっと待ってくださいとなってくるでしょう。


すべては自分次第です。

その自分とは何かを学んでいく喜びと幸せ、学びはこれに尽きると私は感じています。

 磁場を思う瞑想。瞑想です。針を向ける、合わせることです。

この成果を持って、これから250年、300年を通過していく、私はそういうことを学ばせていただきました。

UTAブックのホームページにもありましたが、皆さんも試してみてください。

紙に、磁場とか反転とかこの学びで使っている言葉を書いて、それをOリングで確かめる。

あるいはその書いた紙の上に水道水の入れたコップを置き、

もうひとつ、白紙の紙の上に水道水の入れたコップを置いて、そのお水の飲み比べをしてみる。

Oリングで確かめる場合は、自分ともう一人必要ですが、お水の飲み比べは一人でもできます。

そのような試みを通して、ご自分の学びの進捗度を確認してください。

自分の学びです。自分でやって自分で確認する、その姿勢が一番大切です。

学びは結果が出るんです。

上記のような簡単な実験もそうですが、生活全般において、結果が出ます。

形で言えば、ぶつぶつ、ごちゃごちゃしている人はダメです。

それをセミナーに集うことで解消させようとしても無駄なことです。

 自分の心の針の向け先の確認。

母の反省、他力の反省、ゼロ歳の瞑想。

そして磁場の瞑想。

どうぞ、自分の変革に素直に取り組んでください。

■ 

この学びはいつでも、どこでも、誰にでもできる、それはこの学びが真実の世界を伝えているからです。

何も要らない。ただ自分の心を見ることをしていけば、いつでも、どこでも、誰にでも分かることです。

その自分の心の見方を二十数年かけて学んできたんです。

その基本をしっかりと押さえていって、そしてそのあとは各人の問題です。

やるかやらないかはそれぞれです。

学びのポイントをしっかりと押さえて、それぞれが試行錯誤を重ね、

そして、ああこうだったんだと自分の中で本当に分かってくればいいだけの話です。

ただし、この世界については、二兎を追っているようでは、それは全く違う世界だというのが鉄則です。

この点がただひとつ難しいと言えば難しいということでしょう。

 

2012年度・第13回UTA会セミナーの現象のときに、宇宙が大好きだという方が出られました。

私も宇宙が大好きです。宇宙と思えば本当に嬉しいです。宇宙に向けて瞑想をすることがとても、とても嬉しいです。


私達は、狂った闇黒の宇宙を数限りなく作ってきたけれど、

ようやくそのたくさんの宇宙達とともに、次元を超えていける、

そしてさらに母なる宇宙の温もりの中に、喜びの中に帰っていける、それが心で感じられる、

そういう瞑想を続け、重ねていける喜びを知りました。

私達は、肉を持つ以前よりもちろん、田池留吉、アルバートの意識を知っていました。その意識とともにあったんです。

そしてこの地球に肉という形を持ってからも、田池留吉、アルバートの意識からのメッセージを心は受け続けてきました。

しかし、私達は自分を捨てたんです。自分の温もり、喜び、それらを捨て去り、我一番の宇宙を築き上げてきました。

正しくメッセージを受け取ることができませんでした。

だから、私達は狂いに狂い、苦しみあえいできました。

温もりと喜びを捨て、我一番のパワーを強め高めていくことが最高の喜びとなりました。

 私は、そういうこともああいうことも、すべては、今世肉を持って学ばせていただき、ようやくその間違いに心から気付いたんです。

 だから、今世を境にして宇宙は変わります。大きく転回していきます。

私はそれがただただ嬉しい。その嬉しさと喜びで私は今世の学びをもっと濃縮させていきたいんです。

それは田池留吉が肉を持っている如何に関わらず、

永遠の過去からずっと通信していた田池留吉、アルバートの意識の世界とともに学ぶ喜びです。

心をさらに向けてまいります。

瞑想をする時間を持つ。最も重要なことです。そしてこれ以外にはありません。

瞑想を重ねていけばいくほどに、このことがよくよく心で分かります。

瞑想ができなければ、何も分からないこともよくよく分かります。

磁場を思う瞑想は、必然的に宇宙を思う瞑想となってきます。磁場と思って瞑想をすれば、宇宙が必ず心に響いてきます。

宇宙とは次元を超えた意識の世界です。

磁場のほうに心を向けていくと、そんな広大な心の世界が必然的に感じてくるんです。

自分の中を反転させていく喜びが大きく感じられます。

ゆったりとした時間と空間の中で、ただ思えることがどんなに幸せなのか、私は宇宙を思うとき、それが心に響いてきます。

何も要らない。磁場のエネルギーを感じ、宇宙を思っていけば、こんなに温もりが広がってくる、こんなに嬉しい。

肉を持って、こんな喜びの時間の中にあることが、ただただ嬉しいです。

今朝も気持ちの良い朝です。

身体の筋をきちんと伸ばし、生活の中に適度な運動を取り入れて、身も心も軽やかな時間を過ごしていきましょう。

 学びの最終段階というのは、どれだけ信を高め強め深めていくか、そういう段階にきているということです。

信じていない、信じられないものを、どのようにして信じていけるようにしていけるか、それはもうずっと以前の学びの段階です。

あなたは自分を信じられますか。あなたは磁場のエネルギーを感じていますか。

どの程度感じていますか。あなたの中で反転のエネルギーは、生き生きと作業をしているでしょうか。


意識の流れを思って、その流れの中を歩んでいる自分だと感じていますか。

あなたの次の転生に繋いでいく準備は、順調に進んでいますか。

いつも、いつも自分に問いかけ、自分の進捗度をありのままに自己評価して、

これからの自分を真摯に見つめていく姿勢であり続けることが、

自分を大切にしていくことです。自分のために生きることです。


このようなメッセージが私は私の中にいつも聞いています。

自己評価して、絶対評価の中で、私は私を見つめ、私は私と対話しながら、今の今を生きています。

もちろん、自分を先導する自分を感じながら。だから、私は幸せです。

 

学びに対する信

それはとりもなおさず自分に対する信です。

自分の現状をしっかりと把握して、自分の根本を変革していくことにエネルギーを注ぎましょう。


はっきりとした目的意識のもとに、日々の生活を楽しく過ごしていくならば、こんなに愉快な時はありません。

何のために生まれてきたのかが自分の心に本当に響いてくれば、

自ずとそれに沿った生活になってきます。

肉体を持っている間にするべきことがはっきりとしてくるからです。

それがこれからの自分に大きな影響を与えていくと言っても決して言い過ぎでないことも分かってきます。

ともに行くのか、それとももくずとなるのか、意識の世界はそんなに甘くはありません。

そういうことを本当に心で知り感じながら、今を学び、今の生活もまた楽しく過ごしていきましょう。

漫然と学んできた人達も、遅かれ早かれ、もう少し真剣に自分を見つめていかなければならない事態になってきます。

それは、今世であるかもしれません。次のそのまた次の転生であるかもしれません。

自分の心で気付き、自分から本当に、自分に真実を伝えていこうという流れが自分の中に出来てこなければ、何も変わりはしない。

何も変わらないんです。

私達は、過去何億年という長い時間を経て、それを体験してきました。

それは、それぞれみんな自分が一番よく知っています。

しかし、それらの体験と今、私達が触れている体験とは全く違います。

ただ、それもどこまで心で分かっているのかは甚だ疑問だというのが現状です。

それほどに心の針の向け先を確定することは難しいんです。

たとえば、草書体の「愛」、少し学びをかじっている人であるならば、それを手にすれば、不思議な体験をします。

ただ、それってどういうことでしょうか。

では、それがなければどうなるのでしょうか。もともと私達には何もありません。

ただ思う自分があるだけです。

その思いの向け先が確定できなければ、どうなるのでしょうか。

私は、そういうところを、それぞれがもっと踏み込んでいくべきだと思うのですが、あなたはどう思いますか。

 

草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

 

   この文字をクリックしてください。

 

このの文字の草書は、田池留吉氏による書です。

この文字から流れてくる波動を感じて下さい。

この世の森羅万象・全てのものは、波動なんです。

 

意識の世界を信じ切った、意識の世界からの言動からは、

あったかい、温もりのの波動が、常に流れています。

このことこそ、「真実」なのです。

このHPでは、この「真実」について、詳しく お伝えしています。

 

 

草書体で書かれた「愛」は、

あなたの外にあるのではありません。

そこから流れる波動、エネルギーは、あなたの外からくるのではなく、

あなたの中にすでにあるんです。

あなた自身がそうなんです。

草書体の愛を通して流れてくる波動、エネルギー、パワーの世界こそ真実の世界です。

そしてそれが私達の本当の世界です。草書体の愛は私達自身なんです。

私達の心の中から伝えてくれている本当の自分です。


 「草書体の愛」を、まず目でしっかり見てから瞑想をしてみましょう。

の文字は波動、エネルギーです。

愛の文字はあなたの心の中にあります。

愛の文字は喜び、温もりです。

信じていきましょう。

 

最後は瞑想です。瞑想でしか波動の世界は分かりません。

瞑想は瞑想でも正しい瞑想をしましょう。

瞑想とは、本当のあなたを知っていくことです。

その人、田池留吉 V

「磁場と反転」

 

塩川香世 著

単行本  1,000円(税込み)

2012年11月22日発売

詳しくは
http://www.uta-book.com/mf/index.htm

ネットでのご注文は

?

「その人、田池留吉」のVとして、磁場と反転」の本が出版されました。

「その人、田池留吉 T」、「その人、田池留吉 U」 ともども愛読してください。

      

塩川香世/著

塩川香世/著
塩川香世/著
単行本
電子図書
1,000円(税込)
420円(税込)
単行本
電子図書
1,000円(税込)
315円(税込)
単行本
電子図書
1,000円(税込)
420円(税込)
2012年11月22日発売
発売中!
発売中!

UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!


通しで読んでいただいて、どうぞ、意識の流れからのメッセージを心で感じていただければと思います。

一人でも多くの方がご自分の心の針を同じ方向を向けて、さらに意識の世界のバージョンアップに繋げていただきたいと思います。

どこかに記したと思いますが、磁場の瞑想を重ねていけば、必然的に宇宙が心に浮かび上がってきます。

母なる宇宙とともに、その思いが必然的にどなたの心の中にもクローズアップされてくるのです。

それには、まず基本をしっかりと、というのが鉄則です。

とにかく、やってみてください。すごい世界です。

磁場の瞑想、宇宙に向ける瞑想、心でどんどん感じて、その感じた世界をともに喜んでいきましょう。

  私は、宇宙が大好きです。

宇宙を汚しに汚しまくってきたけれど、たまらなく懐かしい宇宙へ思いを馳せる自分に変わらせていただいたことが嬉しいです。

宇宙とともに、これを合言葉に250年に至る時間、それぞれがきちんと学びを進めていけたならと思います。

 

 何時の時代にも心が敏感な人は存在してきました。

いいえ、ただ敏感だけではなくて、自分の心に受けたエネルギーを言葉に変換して、

そう神からの言葉として自らが預かる者だと知らしめてきた人は、何時の時代にも存在してきました。

自分の心に受けるまでは、そのエネルギーは確かに真実を伝えていたのでしょう。

ただ、それを受信してしまえば、その時点でエネルギーの質は全く違ったものとなっていました。


自分の本質を知らないままであれば、エネルギーの質の変化になど気付くはずはありません。

ただ自分の肉体を通して神が語ることはすごいことなんだ、

それは神と一体化していることなんだと信じて疑わなかっただけのことでした。

我は神なりと自分の中から出てくることは素晴らしいことなんだと思い込んできたようです。


そんな神などどこにも存在していないのに、存在すると信じ切ってきたのです。

本来あるべきエネルギーの質をどんどん間違った方向に変換し、

それを流し続けてきたと心で気付くことは容易なことではありませんでした。

そしてまた、自分を捨てた、自分の本質を見失ったと、はっきりと心で感じてこない限り、自らの過ちを正すことはできませんでした。

過去と同じ轍を踏まないと今世肉を持って出てきたことを、自らの一大決心と受け止めてきました。

自分の本質を見失ったと心で気付く、それを学びたいがために、私は生まれてきました。

本当の自分が指し示す方向に、

少しずつでも心の針を向けて、合わせていけるような自分になっていきましょう。

本当の自分を捨ててきた私達は、学びに触れることにより、そうしていくことがどんなに難しいことなのかを学んできたはずです。

千載一遇のチャンスを、自ら葬り去ることのないように、

本当に自分を見つめて自分を大切に、肉の時間を過ごしていきましょう。

一番大切なものをないがしろにしては、絶対に幸せになんかなれません。

自分が最初から幸せだったなんていうことは絶対に思えません。

比較競争の中で、自滅してきた過去からの無数の自分自身から学んでください。

失敗してきた転生から学んでください。過去はすべて失敗でした

そして、その失敗を本当に活かすことができなければ、これからの転生もすべて失敗です。

 肉から意識への転回は、皆さんが思っているほど、考えているほど容易いものではありません。

淡々と、日々、自分と真向かいになっていく本当の意味での真面目さ、そして素直さ

それを欠いては自分の歩み、自分の歴史の根本を変えていくことは難しいでしょう。


自分の今の生活がままならない状態で、それを横に置いてこの学びをしっかりとやりましょうということは非現実的です。

そういう人は、現実の生活と学びの板挟みになって苦しいとか、その結果学びに対する疑念を膨らませていく結果となります。


その一方で、生活にある程度ゆとりがあって、まだご自身の身体も元気だという人達もあります。

そういう人達こそ、本当にあと残された肉の時間を自分に誠実に使っていってください。

学び一直線で進んでいきましょう。

そうできる環境の中にあることを喜びながら、本当の喜びを広げていってください。

生活のことを憂慮する必要のない人は、どんどん学びの核心に触れていくようなご自身であってください。

生活の基本は早寝早起きです。

夜遅くに瞑想をするよりも、朝早くに瞑想をすることです。

夜11時を過ぎて瞑想、反省はいただけません。


あなたの肉体細胞に聞けばいいんです。

何を食べるか、何を飲むか、何時食べるのか、肉体細胞のリズムに沿った生活をしていきましょう。

基本は非常に大切です。

生活の面から書きましたが、基本が大切というのは、言うまでもなく学びについてです。


学びの基本は母の温もりです。

母の反省を通して自分の中に本当に母の温もりを蘇らせること、それがまず基本中の基本です。


温もりが自分、喜びが自分だと確立していく中で、

本当の意味で自分を受け入れていくことができます。

どんなにすさまじい自分のエネルギーを感じても、絶対に自分を見失うことがなく、

一瞬のうちに心が広がっていく、自分を自分で包み吸収していく喜びを味わい、

自分の中に本当の喜びと温もりがあると確信していく喜びと幸せ、

これを知った人生が本当の人生だと私は感じています。

元気に明るく自分のエネルギーを日々感じていける、こんな幸せはないでしょう。

 私は学びを知ってから、かねがね思い感じ実感してきたことは、

肉から意識への転回をスムーズに捗(はかど)らせるためには、

死という現象が最も効果的に働くというものでした。


死は、やはり肉を持つ私達にとって、超えて受け止めていく最大の現象だと私は思っています。

自分の死はもとより、生活をともにしてきた家族の死、

その現象によってどんな心が自分の中に見えてくるか、

そこから自分の学びがまた始まっていきます。


自分達を悩ませ苦しませ、自分達に迷惑だけがかかってきた家族ならば、

死んでくれて、ある面やれやれということがあるかもしれませんが、

そうではない場合、それぞれが自分の中の思いとしっかりと向き合っていく難しさがあります。

特にこれからの転生の中では、

心が引き裂かれるような辛い肉との別れという現象がそれぞれに用意されているでしょう。

過去、すべてが失敗に終わったけれど、それを今度こそ、

自らの気付きへそして喜びへ転回していけるチャンスを用意しています。


肉から意識への転回が捗っていますか。

喜びと温もりの中で自分を見つめていける喜びを味わっていますか。

本当に今世の学びの時間、大切にしていきましょう。

自分の心を繋いでいけるような今世にしていってください。

何事においても言えることです。そしてこの学びについても例外ではありません。

それはポイントを押さえることです。枝葉のことなどどうでもいいんです。

ポイントを外さず、ポイントをしっかりと押さえた学び方をしてください。

それには、まずポイントが何かということが分かっていなければなりません。

この場合の分かるというのは頭です。

まずそこからしていかないと、あっちを向いて、こっちを向いてしているうちにどこかへ行ってしまいます。

また、あっちから、こっちから、色々な情報を仕入れてきても、

結局は何も分からない、何も変わっていない、そういうことになりかねません。


ポイントは基本と言い換えてもいいでしょう。

一体、この学びでは何を言おうとしているのか、どうしてくださいとあなたに問いかけているのか、

それぞれが一度自分の中で整理してみてください。

たくさんのことは言っていないはずです。いいえ一言に集約されているはずです。

それを色々な面から説明しているだけです。

たとえどんな説明がなされても、そこで伝えていることは一つです。


その一つを、どうぞ、ご自分の中で実践してください。実践です。

実体験です。自分の心で体験するんです。話はいくら聞いても話です。

それを自分の中で実践を通して結果をどんどん出してください。

出した結果を見て、またそこから学びが始まっていきます。

話の段階、見る、聞くだけの段階で留まっていないようにしてください。

どうぞ、皆さん、その肉を持っている間、しっかりと学んでいきましょう。

自分の勉強をしていきましょう。そのために、私達は生まれてきたのです。そのために、肉を持ってきたのです。

今世の時間を大切に学んでいきましょう。

それぞれが選んでいくことだけれど、私は、そのことを、とにかくお伝えしたいです。


自分の持ち時間を大切にしてください。肉を持っている時間を大切にしてください。

これからの時を思うとき、そう言わざるを得ません。あなた自身の学びです

どうぞ、その思いを心に広げ、肉の時間の許す限り、心を向けていってください。

あなた自身に、心を向けていってください。

 

 はい、そして、宇宙に向ける瞑想を、喜んで、喜んで続けていきましょう。

宇宙が分かるということは、どれだけすごいことなのか、それを心で感じていってほしいと思います。


宇宙が、心で感じてくれば、どれだけの時間、愚かなことを繰り返してきたか、自分の心に、必ず伝わってきます。


頭など動かさなくていいんです。

ただ心が応えてくるんです。ああ、私は、間違っていた、愚かだった、

本当に愚かだった、長い、長い間、待ってくれていたんだなあ、そんな思いが伝わってきます。


それはもう、何の理屈もありません。ただただ、心に伝わってくるんです。


それが分からなくなってしまった自分があったんだ、ただ素直にそう思ってください。


すべてが待ってくれていました。母の意識が待ってくれていました。


これからも待ち続けてくれているでしょう。その思いに、何としてでも応えていこう、そのように、心を向けていってください。


肉を持っている時間、どうぞ、あなたの学びをしていってください。

 

これまでの転生は、心の針の向け先というものを全く無視した転生でした。

当然に幸せ
になれるはずはありませんでした。

幸せとはどういうことなのか、喜びとはどういうことなのか、

真っ暗な狭い中で、ああでもない、こうでもないと悪戦苦闘してきた転生でした。

目に見えない世界を心に感じ、神を心に感じ、漲(みなぎ)るパワーを心に感じても、それは全く違う世界でした。


基盤でした。

基盤?、そんなものは眼中にありませんでした。

だから、どんなに真実を追求しようとも、本当のことに巡り合うことはできなかったと、今世の肉を通してようやく我が心に響いてきたのです。

私はそれが嬉しくて、嬉しくて、こうしていけばいいんだということが
心で分かって

自分の道を塞いでいたのは本当に自分以外にはいなかったと納得しています。

遮(さえぎ)るのを止(や)めたら、そこにさあっと道がありました。

それから繰り返し、繰り返し、自分の心で確かめたら、やっぱりそれがそうでした。

もう
間違いのない道でした。たった一本の道しか見えないから、あとは簡単です。

そこに心の針を向けていくだけ。それだけでよかった。

しかしここに行き着くまで、何と長かったことか。そう振り返れる幸せを感じています。


誰でもが幸せと喜びを感じられる、産まれてきたことを心から喜べる自分になる、それが母の反省でした。

自分を産んでくれた母に向かって出す自分のエネルギーを、本当に心で感じ、心で受け止めていくことが、

自分の道を切り開いていくことだと心から思います。自分の培ってきたエネルギーが一番分かります。

自分に肉をくれたことと、自分のエネルギーを一番分かりやすい形で知らせてくれたこと、こんなありがたい存在はないでしょう。


そのうえで、今ならば、磁場と反転なんです。草書体の愛なんです。

母の反省が充分でなければ、他力のエネルギーの中に埋もれてきた自分を心で受け止めて、その方向を変えていくことはできません。

心は敏感になります。磁場と思い、反転と思えば心に感じることもあるでしょう。

草書体の愛を見るだけで、不思議な体験をされることもあるでしょう。


ただし、地道な母の反省を重ね、そして母を思う瞑想、ゼロ歳の瞑想を重ね

いわゆる基本をしっかりと積み上げてきた人と、そうでない人、

基本をいい加減にしてきた人とは、感じ方も違います。

そして、それはこれからの自分の学び、転生に大きな影響を与えていきます。

自分を学ぶために私達は産まれてきました。

どうぞ、しっかりと可能な限り、自分を知って肉を置いていきましょう。

本当の人生を生きていきましょう。

皆さん、日々瞑想を重ねておられますか。瞑想をしてください。瞑想です。最後は瞑想です。

瞑想をして、自分の心で感じ、その感じたものを信じていく、信じていける作業を重ねていけば、

どんなに自分が愚かだったかがどなたの心にも響いてきます。

そして、そんな愚かだった自分にもかかわらず、今、こうしてその愚かな自分を感じることができることが嬉しい、幸せ、ありがとうとなってきます。

本当に何も要りません。

自分の中に確たるものがあった、これだ、これだと本当になってきたら、何も必要としません。

250年、300年に至る確たる思いに勝るものはないからです。


しかし、そう思えば、不思議なもので、形の世界も満たされているのです。

満たされているから、何も特別なものは要らないとなってくるんです。

要らないと思っても、十二分に整っている環境の中で、私は、今、ゆったりとゆっくりと思い通りに次元移行に至る自分の道を歩いています。

これこそがどんなに幸せなことなのかと感じながら、こんなに幸せでいいのかと思いながら、私は私の計画を遂行していく楽しみを日々味わっています。

すべては自分の計画してきたことです。予定通りの道を予定通りに歩んでいくことが一番喜ばしいことだと思っています。

温もりと喜びの自分だと自分の中を広げていくのも自分だし、自分を落とし込めていくのも自分です。

落とし込めていくというのは、私はダメだと小さくなっていくこと、

反対に我一番としていくこと、どちらも意味します。

どちらも間違っています。間違っているから必ず間違った結果が出てきます。だからいいんです。

間違った結果が出てくること、目に見えて分かる間違った結果が出てくるから、非常に分かりやすいと思います。

だから、素直にそうだったと気付いていけば、心は広がっていきます。

心が広がっていけば、自然に幸せな自分だったと分かります。

自分で自分を苦しめてきたことがはっきりと分かります。

あとは、こうすればこうなる、このように思いを向けていけば、すうっと心が広がり

何とも言えない喜びが感じられるんだということを繰り返し、自分の中で体験していけばいいだけです。

その学習の場を、今、このように自分達に用意しています。

ドミノ倒しってご存知ですか。あれです。

一つのコマというか札が倒れたら、そこから連鎖してどんどん倒れていく、あの連鎖を自分の中でしていけばいいんです。

良い連鎖を楽しみながら日々の時間を過ごしていきましょう。

 それぞれが、自分の心の中にある温もりと喜びを知り、感じ、 そしてその世界を確立する方向に、

ほんの少しでも自分の歩みを進めていくことに全力を傾けてください。

人を見ていては落ちていきます。もっとずっと奥底に落ちていきます。

心の針は中です。自分の中に向けていくことに専念してください。


瞑想をして自分の中に響いてくるものを感じ、

それが苦しみであっても、喜びであっても、

みんな元々はひとつだったことを伝え合っていきましょう。

そして、凄まじいエネルギーを感じていけばいくほどに喜びが大きくなっていく体験を重ねていきましょう。


草書体の愛は、そのことを促しています。

凄まじいエネルギーだからこそ、次元を超えていこうと呼びかけていけるんです。

そのエネルギーの奥底を感じていけば分かります。漲る力を感じていきましょう。

ともに超えていこう、たくさんの自分にそう呼びかけて、そしてそれに応えてくれるたくさんの自分を感じる、

それが瞑想の醍醐味です。

温もりが溢れてきます。喜びが溢れてきます。

そんな時を、今、持てる喜び、幸せを、たくさん、たくさん味わってください。

自分の道が見えてきたら、つまり、次元移行へ至る道がはっきりと自分の心で感じるようになってくれば、

その人は、ほおっておいても学びを遂行していきます。

自分の道を、淡々と着実に、喜びで歩いていきます。

そうすることがすべてであることが自ずと分かるからです。

そして、そうできることが喜びなんだと、瞬間、瞬間、心に感じるから、その軌道は絶対です。

行く先明るい手ごたえを実感してくれば、なおいっそう、自分と語り合う喜びが湧いて出てきます。

そういう世界を自分の中に確立することなく、肉を持つ時間を終えるとは、いったいどういうことなのでしょうか。

どんなに心が満たされても、それは違っていました。

自分というものが、はっきりと心で感じてこなければ、どんなに肉が優雅であっても、それは全く違っていました。

「何も欲しくはなかった。ただ自分を取り戻したかった。その自分とは何かを全く取り違えてきた。」

この思いを確認しながら、私は、今、幸せな時を刻んでいます。

学びの基礎はすでに出来ているし、学びをサポートしてくれるスタッフも揃っています。

本気で学ぼうと思う人にとって、今のこんな恵まれた環境はありません。

あとは、それをありがとうと素直に受け入れて、ただひたすらに学びの指針に沿っていけばいいだけです。

ただし、
心を見る。心を見て、自分の作ってきたエネルギーを心に受け止める。

そしてさらに瞑想を重ねて、そのエネルギーを本来のエネルギーに帰していく。

それらの一連の作業は、誰も肩代わりはできません。

どんなに学ぶ環境が整えられていても、それを活用できるか否かはまた別問題です。

そういうことはあるとしても、今は本当に恵まれています。

至れり尽くせりの中で、さあどうぞ学んでください、学んでいきましょうと言われています。

本当に思えば思うほどに、何とありがたいことでしょうか。

本気になって学んでください。真剣に学んでください。今世しかない思いで学んでください。

早く、一日でも早く、本当の学び、自分が望んできた本当の学びの軌道に自分を乗せれるようになってください。

日々の生活の中で感じた自分のエネルギーは、今のあなたの生活を滞りなく、

つつがなくあなたの人生を終えていくために、あなたに伝えているのではありません。

そこから、まだまだたくさんの、たくさんの気が遠くなるほどのたくさんの意識達の存在に、

どうぞ心を向けてくださいと、今、必死になってあなたがあなたを通して伝えています。


どうぞ、そのところに気付いてください。

愛、そして磁場を思えば、宇宙です。

宇宙という感覚が自分の中に感じてくるようになれば、本当に瞑想をする楽しみ、

瞑想をする大切さ、瞑想ができる喜び、瞑想しかない、そういうことが手に取るように分かります。

それを阻止し、拒んできたのは、他ならない自分自身だったこと、

自分を知らずに偽りの自分を自分だとしてきた愚かさ、

そういうものをしっかりとはっきりと心に感じてから、今の肉体を置いてください。

 

心の針の向け先が特定できれば、何の心配もありません。何の問題もありません。

心の針の向け先の特定、それはやってみれば感じていくことですが、最後の最後は瞑想でしかできないことです。

目を閉じて、そうです、五官を閉じて、自分の中に伝わってくる世界、その世界を本当に感じていき、

それが自分の今だと感じていけば感じていくほど、瞑想がいかに大切であるのかが分かります。


肉を持って、肉を持たない自分を感じる。それを繰り返し、繰り返し続けていく。

そんな時間を積み重ねていくことが自分を学んでいくことだと私は思っています。

そして、自分を学んでいくために、今こうして肉を持っているとはっきりと感じるから、

そんな時間をたくさん持てることが幸せなことだと認識しています。

自分を学んでいくことについて、自分の現状を知っていくことについて、

それは人と接する時、出来事と接する時、もちろん、それらは大きなチャンスです。

そして、それと匹敵する、いいえそれ以上に自分を学び、自分の現状を知っていけるのは、

磁場を思い、愛を思い、自分の心の針の向け先を特定することにより、

自ずと心に響き伝わってくる瞑想という手法を通してです。


正しい瞑想の仕方を学ばせていただき、私は私を学んでいけることを喜んでいます。

今という時間、今のこの肉体を通して、自分の現状を知っていくことにより、自分の中にさらなる活力が出てきます。

私はそれを実感しています。最後の最後は瞑想。

瞑想をして、自分の心で感じていく、感じたものを信じていく、それしかないと私は思っています。

自分を信じることが出来なかった、自分というものが分からなかった、

それを反転する術を知ったことは、大きな、大きな、大変大きな成果でした。

■ 

今、私は目を閉じて瞑想状態になったとき、心に確かに感じる世界があります。

これが私の本当の世界なんだと実感できます。

ここを感じれば、私は本当に何も必要としないことを実感します。

ただただ嬉しい。それだけです。

私が私と語るとき、何とも言えない優しさと温もりを感じます。

今、そんな時間が自分に用意できていることを思えば、すべてに整えられていることを感じずにはいられません。

本当にこんなに幸せであっていいのかと思います。

幸せを感じるのに本当に何も要りませんでした。

もともと私の中にあったと実感できる今です。

  本当の自分との出会いを現実のものとするために、どれだけの時間を要してきたことか。

しかし、その失敗の連続があったからこそ、今という時を迎えられたと思えば、すべてがよかったんだというところに落ち着きます。

そして、あと僅かな時間で、また次のステージで自分を学ぶ、自分を感じていけるんだから、こんな幸せなことはないでしょう。

  思えば思うほど、感じていけば感じていくほど、
すごいことを学んでいるんだ

けれどもこれは全部自分が待ち望んできたことなんだ、すごいなあ、よかったなあ、やっとだ、そんな思いしか出てきません。

だから、自分を思えば、自分のこれまでを思えば思うほどに嬉しい、本当に嬉しいです。

 

 瞑想をして、心に感じ、心に響いてくる人は、どんどんそういう時間を持つようにしていきましょう。

肉体を離せば、自分の心が残るだけです。

その心の世界を、肉体を持っている今、しっかりと感じていきましょう。

自分の現状把握に努めていってください。

肉体を離すことを現実のものとして、自分の学びを進めていってください。

まだ遠い将来のことではありません。

肉体を持っている今、自分の意識の世界をより正確に把握することは、

なかなか難しいかもしれませんが、その点を踏まえながら学んでいくべきだと私は思っています。

自分を誇ってみても仕方がないことです。

自分の現状はどうなのかというところから自分を感じていけば、

そんなことをしている場合ではないことは、きっと皆さん、薄々感じておられるところではないでしょうか。

それでも出てくる己一番かもしれません。

しかし、もう時間はないことを、これもまたしっかりと踏まえながら、次の転生に繋げることができるような今の時間にしてください。

肉体を離した後の自分を感じながら学んでいきましょう。

「意識の流れ」「続意識の流れ」「意識の転回」をベースにして、

「母なる宇宙とともにT、U」「宇宙の風」を読みこなして、

その勢い、その流れで「磁場と反転」を一気に読み進めてください。

(UTA・「意識の流れ」心の学び・関連本の紹介ページ クリック!)


同時に草書体の「愛」を活用してご理解を深めてください。

そういう実践を積み重ねて、
田池留吉の世界へ一歩入ってきてください。

そして、どれもこれも最後に行き着くところは瞑想です。

瞑想の大切さ、瞑想の喜び
、どんどん心に感じていきましょう。


12月のセミナーを皮切りにして、本格的に宇宙に向けての瞑想が始まります。

2013年のセミナーは宇宙に向けてどんどん語りかけていくセミナーになっていくでしょう。


そうして2014年を迎えます。そのお勉強を真っ直ぐに遂行していきましょう。

どうぞ、我流ではなくて、上記に示したことを必ず実践してください。

そうすれば、
UTAの輪がどのようなものなのか、喜びであなたの心に響き伝わってくるでしょう。

ともに学んでまいりましょう。

 自分の道が見えるというか、次元移行という意識の流れを感じるというか、

それがしっかりと心に響いてくるから、私は私を思うことがたまらなく嬉しいです。

特に
宇宙と思い心を広げていくと、本当にすごいエネルギーを感じます。

それがたまらなく嬉しいです。私の喜びは宇宙とともにあることを感じます。

こうして肉を持ち、宇宙とともにようやく一つになって存在していける道が

目の前に広がっているのを確認できる今という時が、ただただ嬉しいだけです。

自分の外に喜びを、自分の外に温もりを、自分の外に安らぎを、自分の外にパワーを、

これまでの転生、そんな生き方しかできなかったことに対して、自分に申し訳なくてなりません。

自己確立の道。自己確立の手ごたえ。

その喜びと力強い思いがこれからの私をどんどん引っ張っていってくれると確信しています。

私は何も要らない。自分のこの心があればいい。

ここからすべてが始まっていったことを感じるから、そこへ自分を戻していけばいいだけのことでした。

それを学ばせていただきました。これからも学び続けます。私は私の中で学び続けます。

本来はマイナスのエネルギーなど存在しません。

マイナスと感じるエネルギーは、すべて作られたものです。

真実を知らずにきた長い、長い時間の中で作り出されたものです。

プラスのエネルギーがどんなエネルギーなのか、本当はみんな知っていたけれど、それをみんな信じられなくなってしまっただけです。

だから、本来の自分に帰ろうとすることは、とても大変なことです。

自らを捨てたことも忘れ、自らを信じずにきた時間は膨大です。

その事実をしっかりと確認しながら、それでも、このようにして産まれてきた、

産んでいただいた事実に感謝しながら、日々の時間を過ごしていきましょう。

心を向ければありがとう。心を向ければ嬉しい。自分を待ってくれていた自分にありがとう。

そんな思いがどんどん湧いて出てくる時間に触れて、静かな、静かな喜びが広がっていきます。

心に響いてくることは素晴らしいことです。

自分を思えば、ただただ心に伝わってくる温もりと喜びがあった、その出会いが私には嬉しかったです。

瞑想です。

時間は短くても長くても、しかし、必ず毎日、毎日してください。

瞑想とは五官を閉じることです。

瞑想とは心の針を中に向けることです。瞑想とは自分と対話することです。

思いが伝わってきますから、どうぞ、それらの意識達と語ってください。

それらの意識達は、全部自分です。自分の中の世界です。

自分が自分に語りかけられる優しさ、喜びを感じていきましょう。

心が広がっていきます。

そんな時間を、今、共有できる喜びと幸せを感じていきましょう。

「あなたは私、私はあなた、ひとつ。」

ひとつの中で、通じ合える喜びが確立していけば、ふっと心を向けるだけでいいと分かってきます。

しっかりと学んでいきましょう。

肉体を離したあとも、本当の自分と対話できるそんなあなたになれるまで、しっかりと学んでいきましょう。

 もともとあった喜びと温もりの世界。もともとあった自分の世界。

もともとあったことが、そうだった、そうだったと自分の心で感じる瞑想の時がたまらなく嬉しいです。

だから、私は
瞑想をします。日々、瞑想を続けています。

優しい自分、温もりの自分、これからの幸せを感じられる自分、そんな自分に触れ、

そしてまた全く何も知らずに苦しみ続けてきた自分に触れ、その両極端にある自分の世界を、

今という時間に感じていけることが、本当にすごいことだと思っています。


私は私を包んでいける優しさと温もりの中にあったことを、心で知るために膨大な時間を経てきたことを感じるにつけ、

今をありがとう、ありがとう、自分に対してありがとう、そんな思いで満たされていきます。

これが
幸せということでした。これが喜びということでした。本当にありがとう。

日々の瞑想は、私にただただ確信を深め強めさせてくれます。

私は二十年学んでまいりました。確固たる思いがあります。

それは、ただ単に学びと出会えてよかったという軽いものではありません。

それは、私の心が一番よく知っています。

私は、いつの頃からか、自己確立をと言ってきました。

今は、その思いがどんどん強くなっています。

本当の意味で、自己を確立させるということが、どんなにすごいことなのか、私は最近の瞑想の中でとみに感じています。

まず、喜びと温もりは自分の中にあったことを本当に心から知った今世を境にして、

本当の自分、愛は全開していく道筋にあるんだということを、私は自分の心で感じています。

だから、本格的に宇宙に向けて瞑想をする時間をこれからいただくんだと思っています。

「磁場と反転」の本にも少々触れさせていただきました。

ですが、「宇宙の風」「母なる宇宙とともに」を、本当に心で読んでみてください。

そして瞑想をお願いします。私達のふるさとへ帰れる喜びをともに味わっていきましょう。

あなたは、偉大な存在です。愛そのものです。

あなたを大きくしていくのも小さくしていくのもあなた次第です。何を迷い苦しんでいるのですか。

一刻も早く、目覚めてください。真実は外にはありません。

真実はあなたの中に厳然として存在しています。

草書体の愛に心を向けて瞑想に励んでください。瞑想しかありませんよ。

どうして、いまだに迷っているのでしょうか。信じて進んでください。

後は、あなたがやるかやらないかにかかっています。自己選択自己責任で進んでください。

 

いくらでも、いくらでも、自分を熱く語ることができます。

私の中には噴き出してくる思いがあります。

ようやく、ようやくにして、自分と巡り合えたんですから。

自分を抹殺してきた私にとって、この心の中に優しさとか温もりが湧いて出てきて、突き上がってくることなんて夢のまた夢のお話でした。

私はパワーを求めてきました。

しかしひとつとして私の心を満たすものは全くどこにもありませんでした。本当にどこにもありませんでした。

今世もまた、私は性懲りもなく、大きな間違いを繰り返すところでした。

しかし、後がない断崖絶壁のところで私は踏みとどまりました。

危ういところでした。

絶対に失敗は許されないぎりぎりの状態で、今のこの肉を持たせていただいたのに、

危うく、その自分の本意をまたしても闇の奥底に置き去りにしていくところでした。


今は、確実に自分の心を取り戻しています。自分の本来の軌道に自分を乗せている確固たる思いがあります。

力強い思いは、私の中でさらに喜びへ、そして真実の方向へと自分を向けてくれます。

自己確立の道。自己確立の喜び。自己確立の手ごたえ。

自分に用意してきた時間と空間を最大限に活用して、私は、私の道を歩み続けることに無上の喜びを感じています。

宇宙は私の心の中にある懐かしい私のふるさとです。

その宇宙に帰る道、愛に帰る道を私はただひたすらに見つめているだけです。

今世と来世を合算しても、100年に満たない肉を持つ時間。

愛しく、大切に、愚かな肉とともにその時間を持たせていただきます。

私の喜びは、死んだ自分(過去)と語り、来世の自分と語ることができることです。

そしてそれは、今の私に確実な自分の道を示してくれます。

自分が自分に指し示す方向に、ようやくにして安心しながら歩いて行ける、

この道をただただ見つめていけばいいんだと自分の中から伝わってくる、

そういうことを、私は繰り返し、繰り返し、自分の中で確認しています。


目を閉じて思いを向けていけば、そんな自分との出会いがあります。

  何の憂いもなく、何の悩みもなく、何不自由のない今の環境に、肉は浸りながら、

しかし、こうして肉にゆとりがあって、ゆったりとした静かな時間と空間が用意できていることを嬉しく受け取りながら、

死んだ自分(過去)と語り、来世の自分と語ることを続けていきます。

  自己を確立させることの大切さと喜び、そして厳しさを学ぶ日々です。

想像もできないほどの時間を経て、ここに至っている喜びをかみしめながら、今日も一日生きていきます。嬉しいです。

苦労話を自慢げに話す人がいます。あなたはどうでしょうか。

苦労をマイナスと受け取っていたらどうでしょうか。

苦労していた時、苦労話をしている時にどんなマイナスの思いを出していたか、そして反転をどのようにしていたかが大切です。

苦労をプラスに反転、喜びとして受け取り、その上で体験を語るようになさればと思います。

苦労は、間違っているからなさることです。

心の針の向け先が間違っているということです。

常に、心の針を正しく向けるように心掛けていきましょう。

苦労は、決して自慢にはなりません。

磁場・反転で喜びに変えていくようにしていきましょう。

さらに、反省というのは、磁場・反転、

そしてマイナスの思い・エネルギーをプラスにできたかどうかで評価していくようにしましょう。

いたずらに自分が作った闇を語るのが反省ではありません。心してください。

草書体の愛の文字に手を置いて瞑想を、どうぞ。

とにかく、草書体の愛の文字の上に手を置いて瞑想をしてください。


  素直さが第一です。

草書体の愛の文字と白紙2枚を用意してください。

愛の文字を撫でる。

その手で白紙1を撫でる。オーリングテストをする。  硬い。

数分たってから、白紙1を撫でた手で白紙2を撫でる。オーリングテストをする。  どうでしょうか。

どうしてそうなるのか考えてみましょう。




発行時期は未確定ですが、概ね来年の11月下旬に「
 あなたは愛です」が本屋さんで求められるようになります。

本の作製にあたって、草書体の愛の文字を使った実験や体験などをUTAブックから連絡がありましたら送ってほしいと思っています。

つきましては、私の思いに応えていただいた友の方々と更に学びを進めていきたいと思っています。

いずれ具体的にお知らせしていきます。

どうぞ、私とともに、素直に、真面目に、真剣に次元移行向かって確実に進んでいきましょう。

UTA会主催のセミナーは、平成26年12月までと思っています。

それ以降はパソコンを使っての勉強と、今は、考えています。

愛を思って瞑想。宇宙を思って瞑想。心に交信してくる意識達に思いを向けて瞑想。

温もりと喜びとそしてともに帰ろうと伝える喜びの中で、今、こうして通じ合えることが嬉しいです。

肉を持たせていただいて、心にあった温もりと喜びの自分を確信し、そして自分に伝えていく、

たくさんの自分とともにこれからの時間を喜びで存在していける、本当に大変、大変嬉しい今です。

たくさんの自分という表現から、肉的には数をイメージしますが、それらは意識、それらは全部自分、それらは私の中で一つ

温もりと喜びの自分と出会っていけばいくほど、つまりその自分と重なり合っていけばいくほどに、

一つという意味が、感覚が私の中ではっきりとしてきます。

表現は適当でないかもしれませんが、心の針を向け合わせていく技術力を高めていけば、

肉はどこにいても、何をしていても全く関係がないということは言うまでもないことです。

それさえきちんと自分の中で習得できれば、まさにいつでも、どこでも温もりと喜びの世界が広がっていき、

次元移行という意識の流れをはっきりと感じて、幸せ、喜びということです。

それが確立できれば、あとは何も要らない。まさに自分と自分の中で、どんどん進めていけばいい。

その自己確立の道を今世樹立できたことは、本当にすごいことだと思っています。

 2012年12月の第14回UTA会セミナーに出席される方には、すでにお知らせの通り、

セミナー資料の他に、ボールペン、コースター、五訓が手許に届けられます。

それぞれに草書体の愛が入っています。それらを使ってのお勉強をまずしてください。

セミナー会場はもちろん、それぞれのお部屋でも、互いに試みて、Oリングテストに慣れてください。

 

その際、Oリングを作る指先に力を入れないでください。

親指と人差し指の腹を合わさず、爪先を合わすようにしてください。

腹を合わせば指に力が入るからです。そのようにして、Oリングテストを何度もして、それに慣れてください。

そして、セミナー会場では、最も大切な瞑想を、どうぞ、存分に体感してください。

瞑想を通して、反転力アップを心掛けてください。



  愛に触れて、愛を見て、愛を思う瞑想。そこから宇宙へどんどん心を向けていく瞑想。

私は楽しみで、楽しみで仕方がありません。

思うだけで嬉しくなります。その時間と空間をいただけることに感謝です。

どうぞ、セミナー会場で体感、実感して、その成果をご自宅へ持って帰ってください。

そして、ご自宅でのお勉強に活かしてください。

自分を学べる今、自分を感じていける今、その喜びと幸せを心で感じられるあなたになってください。

愛を思って瞑想を重ね、どんどんどんどん自分の心を解き放してまいりましょう。

ともに行こうと、そう伝えていける心を復活させてください。宇宙は待っています。

肉を持たない意識達に心を向けてください

私達が帰るべきところはここだよって、あなたがあなたに優しく伝えていける喜びを実感していきましょう。

私は、そんな喜びを共有していきたいです。

「磁場と反転」の本の中でも触れました。ホームページ上でも何度も語らせていただいています。

それは自己確立です。

学びの手順をお伝えしているものは、セミナーを含め、すでに至るところに溢れています。

あとは、それを活用するか否かだけであり、それはそれぞれの決断です。

基本をしっかりと学んできた後に残されたものは、瞑想だけです。

瞑想です。

自己確立の道が自分の中にしっかりと出来上がっているか、出来つつあるか、それは瞑想によってはっきりとしてきます。

瞑想をしない人、瞑想が出来ない人、それはこの学びを心で知っていくことは難しいです。

よって、結局は殆ど自分の心の世界は何も変わらないんです。


「心で分かる。心でしか分からない。心で分かってくればどんどん分かってくる。

この心さえあれば何も必要としないことが分かってくれば、どんなに今がすごい時なのかも手に取るように分かる。

そして、次元移行へ向かっていくことがどんなに喜びなのかも分かってくる。」

こうして意識の流れは自分の中でスムーズに推移していくことが分かってくるのです。

 私には、他人の生活態度まで干渉する思いは全くありませんが、

学びをしてそれがどんどん自分の中で進んでくれば、生活態度について、どなたも納得できることがあります。

それは、ぐうたらな生活、ふしだらな生活、昼と晩が逆転した生活等々、そんな生活習慣の中で、真実の道を歩いていくことはできないことです。

肉の生活は変わってきます。

規則正しくと特に自分を律することをしなくても自ずと肉はそうなってくるんです。

肉とはそういうものです。

心が真実の方向に向いていけばいくほど、そうなってきます。

だから、その人の日常生活を垣間見ることがあれば、その人の進捗度が感じられます。

取り立てて、その人に意識を向けなくても、ああこの人は学びというものをどういう風にとらえているのか伝わってきます。

と言って、働き者、忙しく飛び回っているのがいいとか、そういうものではないですが、

安定した意識の世界が、安定した生活態度に現れてくることは確かなようです。

そして日常が安定しているから、さらに意識の世界へ心を向けていけるということなのでしょう。

オーリングテストが正しくできるように練習してください。

出来ていない方が案外多いようです。頑張ってください。

 

反転力、転写力の自己評価や自分自身が愛であるとどの程度信じているかなど知ることができません。

草書体の愛の文字を、いたずらにお札、お守りのように利用しないでください。

利用目的は、本当の自分自身と出会い、次元移行を果たすことです。

母親の温もりを、反転を、そして、意識の転回を進め、本当の自分はと学びを進めるように心掛けてください。

厚い厚い自分が作ってきた壁に気付き、学びを遅らせている真っ黒い闇を知り、真面目に、真剣に反転を。

反転はマイナスをプラスに、そして全てがプラスだと気付かせてくれます。

それから、本当の喜び、温もり、優しさ、幸せが感じられるようになってきます。

壁、真っ黒い闇とは、己偉し、欲が深い、神と金をしっかり握っている心が作ってきたのです。


まだ明けない暗い空にお月さんがくっきりと見えます。ああ今日はいいお天気だとお月さんを見ながら、私の一日が始まります。

気分よく、機嫌よく、こうして一日のスタートが切れることを嬉しく思いながら、

私は愛の文字と五訓と愛犬の写真を敷いた机の上で、パソコンのキーを叩く。

しばし目を閉じて、私は私の世界を感じる。ああ私はここに生きていると感じながら、そんな私とともにこうして時を経ていくことが嬉しいです。

何の変哲もないこうした時間の積み重ねを経ながら、私は私の決めた道筋を歩いていくんだと実感できる喜びは、何にも代えがたいです。

ありがとうございます。ようやくにしてここまでたどり着きました。そして、私はさらに自分の道を極めていきます。

心から待ち望んできた思いを着実に実現するべく、私はただひたすら前を向いて進んでいくだけです。

こんなに幸せな時を迎えられるとは、そして、それよりもさらに幸せと喜び溢れる時を用意しているとは、やはり私の中は少々驚きです。

しかし、それは私が計画してきたことです、これが意識の流れですという思いも一方から届きます。

私はこの私の思いに素直になって、一つになっていけばいいと、繰り返し瞑想の中で感じている今日この頃です。

愛の文字を活用していくと色々不思議な体験をしていくと思います。

しかし、そのような体験は、その後も繰り返し体験できるようになります。

不思議でもなんでもなくなっていきます。そして、正しい学びが進んでいくようになってきます。

今回のUTA会で、UFOを見たとか、異常体験をしたとか、死者の顔を見たなどを伝えに来た人がいましたが、要注意と言っておきます。

その時使った思いを見てください。しっかり見るようにしてください。

そして、学びを正しく進めるように努めてください。

UFOや異常体験、宇宙のパワーといったことを書いた本がありますが、オーリングテストをしてみてください。明明白白。

そのような本を読んできた方は、反転をしっかりしていかねばなりません。学びを進めていくことは難しいと思います。

  自分の中の改革、変革。本当の自分との出会い。

自分の中を感じて、感じて、そしてその自分を反転、反転させていく、

その喜びのパワーが自分の中から湧いて出てくる喜び、それが瞑想の醍醐味です。


そんな瞑想の時間をたくさん、たくさん持てるように、

そして、少しでも心の針を正しい方向に向け合わせていけるように、

草書体のがあなたの目の前にあります。

これをどんどん活用しないなんて、本当にもったいないです。

素直になってください。

意識の転回、大丈夫ですか。あなたは大きい存在ですよ。 

小さいものをしっかりと後生大事に握っていては駄目ですよ。

あなたは意識、エネルギーです。愛です

愛は、偉大なる仕事をしていきます。

あなたをもっと信じてください。あなたをもっと大切にしていきましょう。

現象界はすべて愛の現われ、すべてプラスの情報を発信しています。

草書体の愛の文字、磁場反転で確認していきましょう。


あなたは、これからもずっと永遠に存在しています。

今までもずっと私からのメッセージを受け取っていたはずです。

これからもずっと受け取っていけるはずです。受け取っています。

今世、しっかりと学びを進めていってください。

そして、母なる宇宙に帰っていくように、真っ直ぐに進んでいきましょう。


母親の温もりを感じていますか。

母なる宇宙に帰るために、素直に、真面目に、勇気を出して、

草書体の愛の文字に触れて磁場反転と参りましょう。

母親の温もりが感じられるようになるまで、信じられるようになるまで、

愛の文字、磁場反転と日々一生懸命努めましょう。

信じて学んでください。すべてがあなたの思い、情報発信一つですよ。

今世の学びの時間は言うまでもなく、大切な時間です。軌道を変えるためになくてはならない学びの時間でした。

一応の目標達成をしたところで、今一度、自分を振り返り、さらに大切な時間は肉のない間だという風に心に伝わってきます。

肉の持たない間に、さらにしっかりと心の針の向け先を確認していくことを、

私は私の勉強として予定しています。

それが来世の私の歩みに大いに繋がっていく喜びを感じます。

だから、今、愛を思って瞑想です。

磁場の中にある喜びを、ありがとうの思いに乗せて、宇宙を思うことを、淡々と繰り返し、繰り返しやっていくことが、ただただ喜びなんです。

思うことが仕事をすると心に伝わってきます。だから思えばいいんです。

思っていれば、愛が仕事をする。そんな軌道に変わったと私は言えるんです。

意識の流れとか、次元移行とふっと思えば、本当に嬉しさが突き上がってきます。

私は、ようやくにしてという表現をよくしますが、本当にその通りなんです。

ようやく、ようやく、やっと、やっと、そこに万感の思いが込められています。

だから、瞑想をすればありがとうの思いしかないんです。

実相(=ありのままの姿)とは何ですか。答えは愛と。

生滅変化する現象の本当の姿は意識、波動、エネルギー、愛と私は伝えています。

言葉だけではわかりません。瞑想です。心で分かるように学んでください。

意識の転回が進んでくれば分かってきます。

実相という文字、言葉を使って瞑想をするよりも、

私が使っている愛、磁場を思って、心の針を合わせてやってください。

間違いなく実相が分かってくると思います。

言葉とか意味が同じようでも、内容が全く違っているかもわかりません。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

実相とは何でしょうか?

その問いかけに、私は愛に思いを向けて心に伝わってきた思いを、今ここに語ります。



実相とは何もない世界です。本当の世界は何もない世界なんです。

愛を思い、愛の中にあるあなた自身を思うとき、そこには何もありません。

ただただ広がっていく静かな、静かな安らぎの世界、温もりの世界があるだけです。

それはどこまでも限りなく広がっていく喜びの世界です。


喜びと一言で言っても、それぞれに皆さんが心に感じる喜びがあるでしょう。

私が申し上げている喜び、温もりの世界とは、本当に何も、何もない世界。何もこだわらない世界。

どこまでも伸びやかに広がっていく、ただただ広がっていく、無限に広がっていく、そんな世界なんです。


実相というのを、言葉で伝えているところもあります。それはすべて肉を基盤としています。

だから、真実を伝えられません。

肉を基盤とする意識、自分が肉だと思うところから発する思いは、すべてブラックです。

その中で、実相という言葉を聞かれた方、またその実相を思い瞑想をされている方、どうぞ、あなた方の心をしっかりと見つめてください。

  あなたの本質は、愛、愛、愛です。愛、エネルギーなんです。

喜びと温もりのエネルギーなんです。

本来の実相の世界とは、喜びと温もりのエネルギーに包まれています。

私はそのように伝えています。そうです。

実相の世界をあなたの心に感じるには、あなたの中に意識の転回が進んでいかなければなりません。

意識の転回こそすべてです。意識の転回です。

あなたが愛のエネルギー、温もり、喜びのエネルギーだと、しっかりと心で感じられたならば、

実相とはすべては愛、すべては愛に帰る喜びの意識だと分かります。それが私達の実相です。

そのように私は、今、お伝えします。




迷わず、信じて、
草書体の愛に触れて瞑想をやってください。

やるかやらないかだけです。やれば必ず結果がです。

磁場と反転は必ず喜びと温もりの世界、真実の世界へあなたを誘っていきます。

あなたが帰るところは愛、喜びと温もりの宇宙です。

闇の宇宙、地獄ではありません。心して生きていきませんか。

癌などの末期症状の方で、癌と戦うのを止めた、医師に治療を止めてもらい死を待つばかり、

苦痛の処置だけと思っている方が案外多いようですが、 どうでしょうか。

草書体の愛に触れて瞑想を、磁場反転をやり続けてください。

細胞から流れている愛に気付いてください。

来世に、未来の自分に繋ぐために死が訪れるその瞬間までやり続けてください。

病気を治すためのみに瞑想、磁場反転をするのではありません。

生まれてきた意味を、死の意味を知ってほしいと思います。

分からないままで死を迎えたら、想像をはるかに超えた苦痛、寂しさをどれ程味わうか。

最後まで、学びを真剣にやり続けてださい。


お母さんと声に出して呼べない人がまだ沢山います。

どうしてでしょうか。己が偉い、神を握っているから素直になれないのでしょう。

清く、正しく、美しい人なんか一人もいないと思います。

母親を見下げ馬鹿にしていてどこが清く正しく美しいんでしょうか。

学びを長い間してきてまだ 心からお母さんと声を出して呼べない方どうでしょうか、

草書体の愛の入ったボールペンを手に持って、軽く目を閉じ、

数回 丹田呼吸をしてから、

口を大きく開け、口の奥の方から声を出して、お母さんと呼んでみてください。・・・・・・・・・・・・、

何か心に響いてきませんか。懲りずに、数回試みてください。

磁場・反転、忘れないように。

あなたの実相は愛、喜び、温もりだということも。

 愛を思って瞑想。宇宙を思って瞑想。非常に気持ちがいいです。本当に嬉しいです。

宇宙、宇宙へ帰る喜びに巡り合ったことに感謝です。

ふるさと、宇宙。私の心の中にあったふるさとでした。

私は、このために、今こうして肉を持っていることが本当に心に響き渡ってきます。

私の心の中にあったふるさと。愛と思い、宇宙と思えば、心地良い。ただただ喜びと温もりが溢れ出てきます。

この心を私は真っ黒に塗り替えてきたんだということが手に取るように分かります。

しかし、それが嬉しくてたまらないです。自分を思うことが本当に嬉しいです。

愛も私。宇宙も私。みんな、みんな私でした。喜びと温もりの世界があっただけ。

心を向ける。思う。こんな単純なことが、本当に、長い、長い間分からなかった。



あなたは、愛の文字に触れていますか。愛の文字を見ていますか。

愛のボールペンを使っていますか。五訓はどうですか。そして愛を思って瞑想をしていますか。

磁場の中にあることを感じていますか。反転のエネルギーを心に確信していますか。宇宙と思えば、どんな思いが感じられますか。

すべてはひとつなんです。みんな同じなんです。

すべては私達のふるさと、母なる宇宙へ帰る道に繋がっていることが心で感じられますか。

信じてください。私達のふるさと、母なる宇宙。

それは、それは私達がずっと、ずっと待ち侘びてきた思いでした。

皆さん、特に今世のお母さんに感謝しましょう。今世のお母さんは、あなたにその肉をくれた方です。

今世、肉を持つ、そして学ぶということが本当にどれだけの喜びであるのか、

自分の心に響いてくる方ならば、特に今世のお母さんに感謝していきましょうという意味が心で頷けると思います。

一方、肉でそうできない方は、この学びはできません。

どんなに心に感じるところがあっても、肉のお母さんを受け入れることができなければ、学びはできないんです。

  今という時は本当に大切な時間です。

今、肉を持って学びに繋がっていることは、あなたの計画でした。

その計画はそれぞれに段階があるでしょう。

これは肉的な表現ですが、その計画の段階を人と比較するのではなく、自分が計画してきたところまで達成させることが、自分に対する誠意です。

その誠意、自分に対して誠心誠意報いる思い、それがあなたを次の転生に繋げていくのです。

それが自己確立の喜びの道です。

そうです。自己確立は喜びの道です。本当の自己確立に勤しんでください。

正しい方向に導いていくものは、あなたの中の愛。あなたの中の本当のあなた。

それは、今は、私達は田池留吉と呼ばせていただいています。肉の田池留吉ではありません。

250年後はアルバートです。肉のアルバートでありません。

そして、4次元では 名前はありません。もともとも名前などなかったんですから。それでいいのです。

三次元のお勉強には名前が必要でした。ただそれだけのことでした。

あなたは次の存在を信じていますか。今、どのように拘(こだ)わっていますか。

憑依霊、守護霊、悪霊等々。

意識を聞いてみては如何がですか。この際、はっきりしておいてはと思っています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

■ 憑依霊、守護霊、悪霊、私はそれらに心を向けて語ります。(塩川香世)



悪霊が憑いた、憑依した、守護霊に私達は守られている。間違った思いを広げてまいりました。

そうです、すべてはブラックです。

今、私の中に伝わってくる思いは、悪霊などいない。憑依霊などあり得ない。守護霊などどこにも存在しない。

明確に答えが返ってきます。


  私達は愛なんです。愛とは私達です。私達は一つ。

愛の中にあった私達の本質を、今、心で感じられる時がやってまいりました。

それがこの学びなんです。

この学びをしっかりと心に広げていったならば、

私達は愛、私は愛、みんな一つ、私達は一つの中にあった、喜びと温もりの中にあった、

そんなことは手に取るように分かってきます。



今ここで、悪霊とか憑依霊とか守護霊とかを出しました。

とても、とても愚かな私達を心で感じてほしかったからです。そんな中に私達はいたのではありません。

私達はそんなものに振り回され、惑(まど)わされてはならないんです。

そうです、私達は本当の愛なんです。本当の愛の中にあった私達を蘇らせることです。

この学びに出会った意識達よ、本当の自分の姿に目覚めてください。私は今そのようにお伝えします。



  「はい、とてもとても大切なことです。

本当の自分に目覚める、このことを、人類は、長い間、長い間、どうしても、どうしてもクリアできませんでした。

すべては自分を見失ってきたからです。自分の本当の姿を知らなかったからです。

無知だったからです。愚かだったからです。

だから、憑依霊、悪霊の存在を信じ、守護霊に守られているなどと大真面目に伝えてきました。

本当に愚かなことを繰り返してきたことを、ご自分の心で感じてください。

そして、もう一言付け加えるならば、悪霊、憑依霊、守護霊、それらはあなた方が間違ってつけてきたあなた方のブラックです。

そのあなた自身をしっかりと愛の方向に向けていくのが、今のあなたの役目です。

あなた方は真実をまだまだ知りません。そして、その中に埋没しているのが、この地球上の人類すべてです。」


私は今、宇宙へ思いを向けるとき、宇宙からのメッセージとして、このように、受けさせていただいています。

宇宙からのメッセージを私は今、流しています。

「悪霊、憑依霊、守護霊などで心を振り回される、心を惑わされる、そのような愚かなことは本当に一日も早くお止めください。

そして、あなたの心の中をしっかりと愛の方向に向けていくことです。そのことを私達はお伝えします。」


 自分を見つめ、自分の間違いに心で気付いていく、そして自分を正しい本来あった軌道に乗せていく、

その成果が自分の中でどれだけ達成されているか、それを心で見極める、

それが今世肉を自分に用意したそれぞれの責任のもとでなしていくべきことでした。


私はそのように学ばせていただいてきました。

自分に責任を持てるように、自分に納得がいくような学び方をしてきました。

そのために私はすべてを整えてきたんです。学びをし易いように、肉的環境を整えてきました。

今世に賭ける私の思いの表れです。私には二度とこのようなチャンスは巡ってきません。

今世を逃しては、自分を破滅させる以外に道はなかったのです。そんな強い決意のもとに私は学んできました。

 しかし、そんな私にも、かつて学びの時間の中で、その決意を揺るがしかねない危険な時もありました。


その際、私は田池留吉氏から、厳しく促(うなが)されました。

それによって、反発したり、落ち込んだり、田池留吉氏に恐れおののいたりはしませんでした。

ただ、どのように自分を立て直していくか、私は必死だったと思います。

自分の浅はかさを自分に詫び、そして、そのことを糧として、私は一直線に自分の予定してきた学びの道筋を歩んできました。

だから今の私があります。私は私に結果を出しました。これからも私の予定のコースを淡々と着実に歩んでいくことに間違いはありません。

なぜならば、私は意識の流れの中にある自分を知っているからです。意識の流れは厳然として流れていることを本当に知っているからです。

曲げることも変えることもできない、ただ次元移行を目指して粛々と流れている意識の流れに沿っていくことが

どれだけの喜びであるのか心で感じ入っています。

間違いなくこれからの250年、300年の喜びの時を駆け巡って、私は私の中のたくさんの宇宙達と次元を超えていきます。

そのための学び方が、これからの時間の中で私に指し示されていることも、瞑想の中で感じています。

だから私は幸せです。どんなに地獄を作ってきても、私は私を信じて待っていてくれていました。

だから私にありがとうなんです。本当にありがとうの思いで私は私を見つめていくだけです。(塩川香世)

真実は自分の中にある、つまり、自分に問いかけて何も分からなければ、それが今の自分の状態。

そして、それは全くの闇の中。今、何も分からない暗闇の中にあるということ。

しかし、それを自覚できる今はまた何ともありがたい時間だということ。

だから、心を見なさいと伝えていただいた。



学びのホームページも本もそしてセミナーも、真実が自分の中に伝えていることを、唯一形で示された状態のもの。

心に聞く、自分に聞くことが分からなかった私達に、唯一形で示されました。

それをないがしろにしては、本当に真っ暗闇の中から抜け出ることはできません。

自分に聞けと言われても、どれが自分なのか心で分からなければ、深遠な闇の世界は永遠に続きます。

そういうことを、日々の瞑想の中で感じて、本当に学んでください。

 24年、 年の暮れ、自己評価、次の一点について、どうでしょうか。

「あなたは愛です。」如何ですか。信じていますか。信じられますか。

分からない人は信じていないことになります。頭がくるくる、厚い壁が邪魔しています。

壁って何でしょうか。分かっていますか。

磁場と反転のエネルギー、やっていますか。草書体の愛の文字、大いに活用していますか。



草書体の愛の文字を使って瞑想、磁場と反転のエネルギー、

しっかり、しっかりやっていない人は、現時点では、甚だ道遠しということになります。

そのような人はこれからどのようにしていくつもりでしょうか。

心の針を中に向け

壁、自分が作ってきた真っ黒な闇

(磁場のエネルギーに心の針がしっかり向いていない、

反転のエネルギーの凄さがまだまだ分かっていない。)

の確認を しっかりどうぞ、よろしいでしょうか。


さらにもう一つ、いいですか。

死んでから、磁場に心を向けられる自信がありますか。

田池留吉、アルバートからのメッセーを受信できる自信がありますか。

今世、この自信を着けて 終われるように頑張ってください。

意識の流れをしっかり感じながら来世に繋いでいってください。


  毎日、毎日、草書体の愛を使って、そして、草書体の愛を思って瞑想を続けていますか。

その合間、合間で構いません。「磁場と反転」を読み返してください。

さらに、心でのご理解が深めていただけると確信しています。


私達が目指しているものは、次元移行という意識の流れを自分の中で本当に感じて、

その流れの中に自分をいざなっていってください、その手ごたえを心で感じてくださいということです。

あなたは自分を繋いでいく方向にきちんと歩み出していますか。

自分をどこに繋いでいくのか分かっていますか。

誤魔化さずに、自分に下駄をはかせずに自己評価してください。


何度も言って申し訳ありません。しかし、何度も確認してください。

死ねば自分だけの世界です。いいえ、死ななくても自分だけの世界です。

この現実を、しっかりと自分の心で受け取ってください。自分の世界を今、心で感じてください。


そして、さらに自分に問いかけてみてください。

死んで、磁場に心の針を向け合わせられる確信が、今あなたの中にありますか。

答えは、YesかNoです。   どうか分からないはNoです。

どうぞ、日々瞑想を続けてください。

基本をしっかりと押さえ、そして、可能な限り学んでください。自分にできる最大のことを自分にしてください。

「去る者は追わず、来る者は拒まず。」現在もこの思いは変わっていません。

しかし、25年以上もセミナーを続けてきましたが、

本もあまり読んでいない、ホームページもほとんど見ていない、

草書体の愛の文字も活用しようとしていない

人達について少々考えさせてもらいたいと思い始めています。

いずれ、UTAの輪にも入って来ない、来れない人達だろうと思っています。

もう少し、最近入会して来た新しい人達に時間を割いていきたいと思っています。

私が、セミナーに参加するのも、後2年。

少しでも、指針に従って、真剣に学んでいこうとしている人達に応えていこうと思っています 。

したがって、来る者は拒まずのところを少々厳しくさせていただきたい思っています。




あなたは何を守ろうとして苦しんでいるのでしょうか。あなたは愛です。

これ以外はほどほどでいいのです。あなたをもっともっと崩していきなさい。

あなたをもっともっと大切にしていってください。

あなたはずっとずっと間違ってきたことに気付いてください。

愚昧(ぐまい=愚かで道理に暗い)な あなたはもういいのではないですか。

もっと自分を信じ、自分に誠実に生きていってください。

そして、本当の喜び、温もり、幸せを知って肉も明るく爽やかに生きていってください。

草書体の愛に文字のエネルギーを信じていますか。もっともっと活用していきましょう。 

◆ 

「あなたは愛です。」が信じられるようになりましょう。

愛はエネルギー、仕事をします。愛のエネルギーは頭では、言葉からは分かってきません。

草書体の愛の文字を使って瞑想を。

そして、磁場のエネルギー、反転のエネルギーをどんどん実験、体験をしてください。

どなたも、必ず分かってきます。

愛を思い、感じ、信じられるようになってくればあなたの現象界は見事に変わってくるでしょう。

信じて、ひたすらに学びを進めていってください。

信じたい、信じられるようになりたいだけではだめ、それは欲です、肉の思いです。

正しい瞑想、磁場と反転の不断の実行だけがあなたを愛の覚醒へ。


2013年にははっきりとしてきます。そして、2014年にはさらにはっきりとしてきます。

何がはっきりとしてくるか。

未だに、夫や妻や子供、舅、姑等でごちゃごちゃしている方、

お金、神にとらわれている方、長く学んでこられて、

未だに、それらを自分の中に持ち込んでいる方は学びを推し進めていくのは難しいです。

それがはっきりとしてきます。

早晩、学びから離れていくでしょう。

形を見れば熱心だったかもしれませんが、そういうものを持ったまま学んできたから、本当の意味で一生懸命とは到底言えないのです。

一生懸命に学べば、自分に素直に、自分に真摯に、自分を大切にしていく思いが根底からふつふつと湧いて出てくるのを当然感じます。

だから、ある程度、自分の中が確立するまでは、何をおいてもこの学びだと食らいついていく気迫を漲らせる、そういう一時期を体験されるはずです。

それこそ、周りを斟酌する余裕などありません。

がむしゃらに貪欲に学んでいく一時期があって、それが後々実を結んでいくんだと私は、解釈しています。

まさに集中力です。

ダラダラ時間をかけて分かっていくものではないと思います。行きつ戻りつも、違うと思います。


「これからの転生の時間を例にとれば、天変地異に遭遇した瞬間、

心の針をどこに向け合わせていくか、この瞬間ですべてが決定されます。

そのチャンスが後たったの250年、300年の中で、各自、何回巡ってくるのか、そんな危機意識を持っていますか。

なるほど失敗すれば、次の転生が用意されるでしょう。しかし、それにも限りがあります。」


私の心の中に、瞑想をすれば、こんなメッセージが伝わってきます。

一刻の猶予もないと伝わってきます。

しかし、焦らず、そして弛まず真摯に、安心立命の道を行きなさいと伝わってきます。

 最近、という言葉を口にしたり、文字にしたりする人が多くなってきました。

大変嬉しく思っています。

  然し、は必ず現象化してきます。体験します。

実験の結果、愛の存在やそのエネルギーの素晴らしさを心と体で知ることができます。

どうぞ、それらの体験や実験の結果などをみんなのものにしていってくれませんか。


は決してぶれません。

安定飛行とでも言いましょうか、まさに、安心、幸福の境地に達することができます。

は流れていきます。すべてのものを本来のものに帰していきます。

あなたが愛に目覚めれば、あなたが
愛に心の針を向けていくように心掛ければ、

相手は変わります、争いは治まっていきます。

相手が変わってほしい、相手を何とか変えたいという思いは、いわゆるブラック、

磁場のエネルギーに心の針を合わせ、直ちに反転のエネルギー

愛が伝わるようにしていきましょう。


最後に一言、
母親の温もりを感じ、その喜びが分かっていない人からは、愛は伝わっていきません。

 

  瞑想をしない方、出来ない方、全部脱落です。

しかし、早とちりしないように。しないから、出来ないから脱落というのでなくて、私達はすでに脱落していた意識なんです。

その自覚がないままに、今の肉を置いていってしまえば、そういう結果を自ら選んでいったという意味の脱落です。

脱落してきた、脱落している状態は何ら変わるところではありません。私達はもともと脱落してきたのですから。

肉を置くときになって、自分の中は何も変わっていない無念、自分に何も伝えることができない空しさに苛まれることなく、

どうぞ、ご自分を大切にして、ご自分を学んでいってください。

瞑想を重ねてください。

母を思う瞑想。ゼロ歳の瞑想。磁場を思う瞑想。愛を思って瞑想。

瞑想が出来ない環境であるならば、直ちにそれを改善してください。

そして、充分に瞑想が出来る環境作りをまずしてください。


大事なのは、時間の長短ではなく、どれだけ集中できるかです。

思えば瞬間心の針が合う、このトレーニングを積み重ねていくことです。

もちろん、時間を長く取って、自分を感じていく瞑想も大切です。

どんどん自分の中で語り合い、自分を感じて、感じて、さらに感じて、心に喜びと温もりが広がっていき、

無限の宇宙を感じていく喜びの瞑想の時間を持つ、持てることは言うまでもないことです。

そのうえで、日々の生活の中で、瞬間思う、そういう瞑想

も欠かすことはできないと私は感じ、それを実践しています。

シャーマン(巫女)達よ、己の間違いに一刻も早く気付いてください。

  あなた方がしてきた予言とか託宣とかいったものがどのようなものであったか、一刻も早く分かって欲しいと思います。

  あなた方が信じてきたもののエネルギーは決して大きいものではなかったと気付いて欲しいと思います。

  直ちに、意識の転回、磁場と反転、愛に帰る道を真っ直ぐに進んでいってください。

  結果、現象はあなた達が間違った、間違てきた証です。

  時間はありません。早速、真剣に取り組んでください。忠告しておきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

学びの友の反省

シャーマン(巫女)、予言者。

そこに流れるエネルギーは真っ黒でした。

己一番の世界を繰り広げ、小さな自分をいかに大きく見せ、人々に誇示していくか、

政治の世界に入り込み、時の権力者を動かし、自分の思い通りの欲望を満たせる社会をつくりあげようとしてきた意識。

人々を恐怖に陥れ、支配し抑圧する。

一族の為に、泣く泣く巫女になった意識でも、時の権力に迎合し、自分の肉を生かそうとしたことには変わりありません。

自分の外に神を求め、その神の力を最大限に利用し、自分が神の代理だと豪語するようになった意識、

人々に他力の思いを植え付け、他力のエネルギーを増大させていった意識。

人に上下、差別の思いを根づかせ、一方では人々を堕落させ、自らも地獄の底に沈んでいった意識。

今、自分の中のそんな意識達に思いを向け、間違いに気づき、共に正していこうと学んでいます。

重苦しく沈んでいる意識達に、磁場を思い、反転と働きかけています。

草書体の愛は思えば思うほど、私の中の宇宙に働きかけ、苦しい意識達を明るい世界へ誘ってくれます。

そして自然に愛は自分の中に存在する、
草書体の愛は自分自身なんだという思いが強くなっていきます。



あなたは、自分は素晴らしい、正しい、清く美しいなんて思っていないでしょうね。

もしそのようでしたら、馬鹿の前に、大がいくつついても足りないものだと認識を新たにしてください。

あなたが自分が愛だと目覚めたら簡単に分かることです。よろしいでしょうか。

UTAの輪は、己を表す場ではありません。競ったり争ったリする集まりでもありません。

私達はともに愛に目覚めていく仲間です。真実に帰っていく友です。



私は愛を知るために産まれてきたのです。私は自分を知るために産まれてきたのです。

生半可な学びをしてきたつもりはありません。

自分の過去世、自分自身を心で受け止められる私でしたと、本当に心から知ったとき、

私は、もう嬉しくて、嬉しくて、本当に今世産まれてきてよかったと思いました。

今、愛を思い、宇宙を思い、瞑想を続けています。

今世の僅かな時間の中で、ようやく自分と巡り合った喜びを日々、感じています。

田池留吉の肉を通して学ばせていただきました。

優しさと温もりに包まれている本当の自分を、何度も何度も確認させていただいています。

この調子で自分をただただ見つめていくだけです。

死んでからも、私は私の勉強ができる手ごたえを深めながら、私は私にありがとうの思いだけを返しています。

裏切り、見捨ててきた自分を、喜んで、ありがとうと受け入れていけるんです。

これが愛のパワー。本来の私でした。

現象界には、過去、現在、未来がはっきりとあります。

意識界には現在しかありません。永遠の今、があるのみです。

したがって、過去に使った思い、エネルギー(過去世)も未来に使った思い、エネルギー(来世)も、

現世に現象化していきます。   お母さんに使った思い、エネルギーは現象化していきます。

十月十日
お母さんのお腹にいた時使った思い、エネルギーも 0歳の時使った思い、エネルギーも現象化していきます。

それらの思い、エネルギーでマイナスのものは磁場と反転していきましょう。

現在という時を磁場と反転で通過していきましょう。

磁場に心を向けて瞑想、マイナスの思い、エネルギーを感じたら反転のエネルギーを発していきましょう。

真面目に、誠実に、真摯に実践していきましょう。  そして、あなたの故郷、愛に帰っていきましょう。

 

2013年は、間違った自分、偽者の自分を徹底的に崩していく年にしませんか。

肉を本物とした、してきた思い、エネルギーをしっかりと磁場のエネルギーと

反転のエネルギーでプラスのエネルギーに変えていきましょう。

本物の愛に、本当の自分に出会っていきましょう。

間違った正義の旗を掲げ、贋物の愛を振り撒き、

我一番、我こそ神なりと支配と破壊のエネルギーを放出してきた自分を崩していきましょう。

みんな、みんな苦しみの原因、不和、病、孤独で苦しみ悩んできた原因、

すべてを磁場と反転のエネルギーでプラスに変えていきましょう。

そして、本当の幸せ、喜び、温もりの人生が送れるようなあなたに蘇ってください。

首を長くして待っています。

さあ、年内に決意、やる気、勇気を確認、1月1日、愛に向かって再出発、よろしいでしょうか。

 

年が明けたら、毎日 磁場、瞑想、毎日 反転、自己供養

そして、毎日毎日 次元移行に向けて一歩また一歩前進していきましょう。

  決断と実行でいきましょう。

2013年を迎えるに当たって、

この学びに入ってきた動機を、もう一度しっかりと検証してください。

あなたは間違っていませんか。

その後、いや、初めからぶれていませんか。

心の向け先が間違ってきませんでしたか。

案外このような学び方をしている人が多いですよ。


いくら、いろいろ都合をつけてセミナーに参加してこられても、

五訓にあるように、何を間違えたのか、なぜ間違ったのか、分からなければ一歩も前へ進めません。

文字通り、悔い改めて学び直していきましょう。

心の針を愛、磁場に正しく向けるだけ、そのために草書体の愛の文字が用意してあります。

その文字を活用するだけです。こんな簡単なことができない、やらないのはどうしてでしょうか。


原因は全部自分自身にあります。

させないような、できないような分厚い、大きな壁、自分が構築してきた真っ黒な闇の壁が邪魔しているのです。

一刻も早く気付いて反転といってください。呑気に過ごしている時間はもうありませんよ。

やるかやらないだけ、その結果はあなたのもの、現象化してから慌てふためかないように。

皆さん方は本当に自分が偉いと聳(そび)え立っていますよ。

私は、そんなにあなた方は偉いんでしょうかと問い続けたい思いで一杯です。

あなたは、本当に自分は偉い、正しい、一番、我は神だと、今も思っているんでしょうか。

もういい加減に気付いていただきたいと思っています。

あなたは、今、自分はUTAの輪の中にいると思っていますか、

それとも外にいると思っていますか、しっかりと検証してみてください。頼みますよ。

 




新しい仲間の方、前者の轍を踏まないように心掛けてください。

あなた方は、この学びを進めていくのに大変良い環境にあります。

草書体の愛の文字を大いに活用していくように努めてください。

学びの長短は関係ありません。

さし当り、磁場と反転の本をしっかり幾度も読んでください。ホームページは毎日開いて読むようにしてください。

お母さんの温もり、磁場に向けての瞑想と反転、まず肉でも頑張ってください。

誠意には誠意で以て応えていきます。誠意と真剣には責任以て共に学ばして頂きましょう。


あなたは愛です。愛のパワーは素晴らしいです。

草書体の愛の文字を活用しながら愛のエネルギーの凄さ、

仕事の素晴らしさを確認していってください。

あなた自身がパワーですよ。

凄くて素晴らしいパワーです。

地球人類は、肉を本物とする思いを強く大きくしてきて、

自分が意識、愛だということが分からなくなり、

外に、宇宙と思っているものに向かってパワーを求め始めたのです。

この事実は自己矛盾、自己破壊、恐ろしい結果を齎(もたら)すことになると思っています。

宇宙のパワーだと思って求めてきた人は、

早急に、愛のエネルギー、磁場と反転のエネルギーを活用して

自分が作ってきたパワーの闇、闇の厚い壁から自分を救い出すように心掛けてください。

当面の大仕事です。必ずやり遂げてください。

素直に聞き入れてください。ハイと言って実行してください。

本当に学びの時間の長短には関係がありません。

そして、集うタイミングという点において、ここ七、八年ほどの間に学びを知ってセミナーに来られた方は、

本当に恵まれた環境の中で学んでおられると思います。

そもそも、お手軽に誰かに聞いて分かっていこうとする思いが、自らの学びの道を歪めていきます。

まず、本があります。ホームページがあります。そして今はまだ希望すれば参加できるセミナーがあります。

そして、今、あなたの手許には草書体の愛があります。

これだけのものを揃えて、あと何が必要なのでしょうか。

本を通して、ホームページを通して、セミナーの中で、繰り返しお伝えしていることは何ですか。

あなたはあなたの心を見てくださいということ、

そして、正しい瞑想が出来るようになってくださいということでしょう。

あなたの頭ではなくて、心で分かってくださいということでしょう。

人に聞いてどうなるものでもありません。人に聞くならば、あなたの中の本当のあなたに聞いていけばいいんです。

そして、本当のあなたに聞けるような、そんな学び方をするためにはどのようにすればいいのか、

それに対する回答は本やホームページの中に溢れています。

教えてもらうのではなく、あなたがあなたの肉と環境を使ってあなた自身が学び取っていく姿勢を、どうぞ忘れないでください。

あなたの心は今、どちらに向いていますか。外ですか、内ですか。

真実は外にはありません。

外に喜びや幸せを求めても、豊かさや安らぎを求めても空しい結果になるでしょう。

あなたの心を内に向け、針を愛、本当のあなたに向けておればいいのです。

草書体の愛の文字を使って実験してみてください。

磁場と反転です。よろしいでしょうか。


意識の転回、自分に絶望することから始めよう。徹底的に自分を崩していこう。

意識の転回が進んでいかなくては真実は見えてきません。

では、何故、意識の転回が進まないのか。頭では分かっていると思います。

しかし、心で分かるように学びを進めていってください。

色々な表現をします。愛であったり磁場であったり、反転、アルバート、田池留吉の世界、お母さん、宇宙、

しかし、私の中では何も混乱は起こっていません。私には、それらはみんな同じなんです。

ふっと心を向ければ、ただ喜びと温もりが響いてくるからです。

ただし、言葉にとらわれて思いが分散すると思われる方は、「愛」、愛一点張りで心を向けることをされてはどうでしょうか。

それは草書体の愛があなたの手許にあるからです。見ることができます。触れることができます。

瞑想状態になかなか入れない方であっても、見てから、触れてから、草書体の愛を思うことは簡単にできます。

そういう時間を、毎日、毎日、持っていってください。毎日です

もちろん、その前提に母の反省があります。

他力信仰の反省もありますが、これは実際のところ、なかなか難しいでしょう。

とにかく、母の反省をして、今世自分を産んでくれた母親がどんな母親であっても、

お母さん、ありがとうと心の底から言えるくらいになっていなければなりません。

そして、母を思う瞑想を重ね、毎日、毎日、愛を思って瞑想を続けていると、

心の底から、無条件にありがとうが突き上がってくる体験をされるのではないでしょうか。

本当の母の意識に自分の心が触れる瞬間です。

その体験を経て、その体験を何度もして、やがて、自分の中に作ってきた真っ黒な宇宙を喜びで受け止めていけるのではないでしょうか。

ここまで自分の中を感じていったならば、行きつ戻りつの歩みには絶対になりません。

希望的観測でものを言うこともありません。言葉は自然に確信的、断定的になってきます。

意識の転回とは、基盤を変えることです。

ただ単にものの見方、思い方、考え方、価値基準を変えるものではありません。

肉を基盤とした喜び、温もりは暗いです。

しかし、それはほぼ100%の人にごく自然に受け入れられます。

互いに共鳴できます。誰も暗いと拒否、反発する人などいないでしょう。


一方、意識を基盤とした喜び、温もりに共鳴できることは、今はまだとてもとても難しいものがあります。

こんなことをどんなに言葉を尽くして説明しても埒(らち)が明きません。

だから、何と単純な草書体の愛に手を置いて瞑想しなさいという風になってきました。

愛を見て瞑想をということでした。

これさえも、自分が作ってきた他力のエネルギーに阻まれて、思うようにいかない、このことに絶望してくださいということでしょう。

意識の転回がなければ、絶望の時間しか巡ってきません。

本当にそうなんです。絶望、絶望、ただただ真っ暗な真っ暗な長い長い時間をこれからも経ていくつもりなんでしょうか。

しかし、実はそんなことはどうでもいいことなんです。肩に力を入れてもの申しているわけではありません。

淡々と、そして肉で言えば憎らしいほどに計画が進んでいるからです。

その計画を推進していくパワー、それは真っ暗闇から蘇ってきた本物の愛。私は自分をそのようにとらえています。

あなたは、一体、何をいつまでも守ろうとしているのですか。

身体ですか、人的物的もろもろの環境ですか。

身体や形の世界を基盤としたあなたの思いですか。

いずれみんな消えてなくなるものばかりです。

ただ、思いは、ブラック、闇、反転してプラスに変えられるまで有形無形のあなたに影響してきます。

争い、環境破壊、病気などとなって現われてきます。

愛を信じ、愛に心の針を合わせて、
草書体の愛の文字を使って、反転と進んでください。

本来の姿、愛に帰っていきましょう。病やもろもろの苦しみ悩みから自分自身を救っていきませんか。

故郷、この2文字は、あなたの心にどのように響いてきますか。

あなたは、永遠に私と共にあります。私は故郷です。

  お分かりになりましたか。
意識の転回が進んでくるとお分かりになってきます。

  意識の転回が進んでいない方は、もう一度、出発点に戻って勉強し直してください。

光陰矢の如し。

無駄に過ごしたと思っている時間、本気になって出直せば取り戻せます。

誠実、真面目、勇気、大変大変大切です。

地球人類はひどいと思いませんか。簡単に生物を殺していきます。

恵まれない地域に生まれた子供たちやその親たちを飢餓で無残にも殺してはばからない人が沢山います。

どうしようもない状態です。

地球という星には、これから300年かけて超超大の掃除が必要となってきます。

ところであなた方の転生はどうなるのでしょうか。

想像を遥かに超えたものになっていくように思われます。

プラスの現象をマイナスに変えていく人間が年々増えていくでしょう。

人間の無知とエゴと欲はどんどんと肥大化していくと思われます。

どうか、あなた方は、私が伝えてきました学びをしっかり理解できるように、頼みます。

 2013年が始まります。

瞑想をする時間をたくさん持てるように、それぞれの生活を工夫してください。

瞑想が苦手な方も、草書体の愛があります。どうぞご自分の瞑想に活用してください。

役立ててください。そして瞑想を続けてください。

学びの主旨が理解出来て、基本をしっかりと押さえているならば、瞑想を通して心に響くものがあるはずです。

瞑想をしようと積極的になるはずです。瞑想が大切なことも分かってきます。


私自身がそうだったからというわけではありませんが、学びに集う前から心が敏感だというよりも、

学び始めて段々に敏感になっていくほうが、学び易いかもしれません。

鈍感なうちに、一生懸命母の反省をして、母の温もりをしっかりと感じていけるような学び方であればベストです。

母の温もりをしっかりと感じていくことは絶対に欠落してはならないことです。

それが自分を真っ直ぐな方向に進めていくものだからです。

真っ暗闇の中で一筋の明かりを自分の中に見出せたならばもうしめたものです。

あとは、自分の生活の中で時間を調節して、どんどん瞑想を続けていけばいいのです。

一筋の明かりは、やがてしっかりと自分の中を照らす喜びと温もりの明かりへと変わっていくことを実感します。

どうぞ、効率よく学んでください。特に学びの年月の浅い方、もう一度、自分の学ぶ姿勢を検証してみてください。

今年、 25年の第一四半期、1月、2月、3月の間にしっかり反転力をつけましょう。

  3月には、「磁場と反転」出版記念セミナーがあります。それまでに必ず反転力をと思っています。

そのためには、
草書体の愛の文字を使って瞑想を、

マイナスの思いが出てきたら直ちに反転という思いを発するようにしていきましょう。

同時に、愛の文字か出てくるエネルギー・パワーの素晴らしさを確認していきましょう。

そのためには、沢山、沢山実験を、体験を重ねていくように努めましょう。




もう一つの
反転力のつけかたは次のようにしてみてはどうでしょうか。、

家庭のこと、仕事のこと、病気のことで悩み苦しんでいる人があなたの周りにいたら、

まず、学びの話をする、興味を持ってきたら磁場と反転の本を貸して上げるか

1冊差し上げる、出来れば、磁場と反転の実践を一緒にする。

そういった友達を沢山作っていく。    如何がでしょうか。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

学びの友の反省


苦しい!!苦しい!!苦しかったあー!!、、、とめどもなく迸(ほとばし)り出てくる闇、真っ黒な凄まじいエネルギーが

田池留吉の磁場、反転により温もりに帰っていく様を心で感じられる今、本当に奇跡です。

長きに亘り、間違えに間違ってきた自分、この自分に本当に申し訳なく、申し訳ない 思い一杯です。

自分の心を見てきませんでした。

外ばかりを見て心を右往左往し、びくびく怯え、誤魔化して、誤魔化してきたのが実状です。

これが間違い、間違いにも気付くことなく今に至ったのでした。

この学びの最後になって、草書体の愛、この愛により自分の心を見る機会を得まし た。

こんな嬉しいこと、他に在りません。本当に有難うございます。

肉の田池先生にお出会いできたこと、本当に感謝と有難うだけです。

まさに千載一遇、奇跡でした。本当に有難うございます。

ただただ、この道一筋に歩いてまいります。ああ、嬉しいです。

まだまだ自分自身に甘い人が沢山いてます。

心を内に向けようとしない。向けられない。どうしたらいいのですかと頼っていく。

だから苦しい苦しいと言いながら苦しい自分の心を膨らませていきます。

本に、ホームページに何度も何度も書いてあります。講話でも何度も何度も聞いているはずなのに。

そんな時こそ、しっかり苦しい、マイナスの心を確認して、磁場と反転を実行していけばいいのです。

しかし、まだまだ磁場と反転を信じていない。

だから、反転力が弱い、他力の心癖がむくむくと膨らんできてどうしようもなくなってくる。

己が偉い、神などを掴んでいるから前に進められない。

自己選択自己責任。
草書体の愛の文字、磁場と反転がありますでしょう、

しっかり活用していってください。




こんな声も多いです。

子供が病気で困っています。娘が引き籠り勝ちでどうしたらいいのでしょう。

夫が肺癌と言われて大変落ち込んでいます、家の中が真っ暗です。

またこんな声も。

友達のAさんが夫のことで困っています。ともだちのBさんが集団検診で引っ掛かって困っています。

聞いてみると、「自分は まだ しっかり勉強ができていないので よろしく頼みます。」と・・・・・

更に聞いていくと、相手の人は、本はまだ読んでいない、セミナーには来ていない、ということ。

こんな時は、まず、自分がしっかり勉強して、自分が愛であるということが信じられるようになってください。

本を読んでもらうとか、ホームページを開いてもらうとか、一緒に瞑想をするとかしてもらっていくように。

人のお役に立って欲しいですが、役に立てるように学んでいくことが大事です。

それから、力不足のところを というように心掛けていって欲しいと思います。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

(H.25・1・3)今朝、ホームページを開いて、田池先生が書かれたところを読みました。

特に一つのほうは、話には聞いていたけれど、何年も学んでこられてまだこの状態なのかと愕然としました。

メールか電話か手紙か何か知らないけれど、そういうことを堂々と田池先生のほうへ言ってくるということが私には、とてもとても信じられないことでした。

何年も勉強していてと、開いた口が塞がらないと思いました。他人事ながら、これからどうするんだろうかとも思ってしまいました。


そして、二つ目のほうは、これもまた失礼なお話です。

本も読んでいない、ホームページも見ていない人の相談を田池先生にしているのだから、これもまた全くお話になりません。

何でもかんでも、田池先生のところに相談に行ったり、電話をしたりするのははっきり言って失礼です。

田池先生にふった人もまた無責任です。

草書体の愛を使ってこんなことを体験した、こんな思いになった、こんなことに気付いたという学びの話ならば、

嬉しい、ありがとう、これからもやっていきますという明るい話ならば、まだしも

それ以外のことで、もう 田池先生を煩わせるのはお止めください。

たくさんの学びの教材をいただいています。  しっかりと自分を学んでいきましょう。 (塩川香世)





人間は存在そのものが不安だという人がいます。
意識の転回ができていない人でしょう。

現在の人間は、地獄から出てきて地獄に帰っていく転生を繰り返して来ました。

何故そのような転生を繰り返してきたのでしょうか。学びをしてきた方はもう分かっていますね。

だから、私は
「あなたは愛ですよ。」と伝えているのです。

そして、そのために、草書体の愛までラミネートしたものを用意しているのです。

その
活用の手順まで、一応伝えさせていただきました。

いいですね。

学者先生がどんな話をしていても、宗教指導者がどのように語ろうとも、

人間の本質は、愛、喜び、温もりです。

存在そのものが不安だと思っている人は多いと思います。   しかし、違います。

永遠に存在する意識、エネルギーです。愛です。愛は仕事をします。

肉や形を本物と思っておれば、不安になるでしよう。

しかし、0歳の時を思い出してください。

お母さんの温もりを、磁場に向けて瞑想を、自分自身が愛だと目覚めてくれば 簡単に分かってくるお話。

惑うこと勿れ、右顧左眄することなく進んでください。

いよいよ活動開始、UTAの輪作りを始めます。(H.25.1.4)

  メンバーは、母親の温もりの分かっいる人で構成します。

  すなわち、意識の転回が進み「私は愛です。」を信じている、

磁場を信じ、磁場に心を向け瞑想、反転力が駆使できている人達です。

全宇宙に愛を伝えていこうと志している人と共に進んでいきたいと思っています。

いずれ連絡します、その際は、よろしく頼みます。

 

UTAの輪  (UTAの輪作り)  ←クリック

UTAの輪はみんなが作っていくのです。

  肉体や形を信じている、言うなれば、
意識の転回の進んでいない人達は輪の中に入っては来れません。

 
愛一途の人達の集まり、仲間集団というところでしょうか。

  勿論、私の恣意(しい)で決めるものでもありません。

肉体を持っていようとなかろうと関係ありません。人数に制限といったものもありません。

300年後の次元移行に向けて真っ直ぐに進んで行っている人達が共に作っていくのです。

五訓に悖る勿れ(もとるなかれ)」日々学びの検証をしっかりやっていきましょう。



「今日も夫と喧嘩しました。」

「最近、仕事のことで悩んでいます。家に引き籠っています。」

「仕事がありません。お金がないので困っています。」

「毎日が寂しくてたまりません。酒を飲まないではおられません。」

といった人は、間違いなくUTAの輪の中に入れないと思います。

私は愛だと、いまだに目覚めていないからです。

明るくて、楽しそうで、嬉しい、ありがとうと喜び一杯の人はよさそうですね。

 決意とは一度すればいいんです。

日々の生活の中での決意は、今日しても、三日経てばダメということはよくあるお話です。

しかし、この学びに関することについて、決意、決断はたった一回です。

何度もするようなものは決意でも決断でもありません。



間違っていたと思ったならば、いつでもUターン出来ますということかもしれませんが、その言葉を額面通り受け取るならば、

一度決めたことに反旗を翻したんだから、Uターンをして本来の道を行くについては、相当の覚悟が必要です、

生半可な思いでやっていけば、いずれまた同じ轍を踏んでいくことは必至です、

それほどの強い思いをあなたはあなたの中で確認しましたか、

というメッセージを含んでいることを知ったうえで、学んでいくことが絶対的な条件です。


ああまた間違った、今日からまた心新たにして頑張ります。

簡単に言っているかもしれませんが、反旗を翻したという事実をどのように受け止めているのか、そのところから反省を立ちあげていくべきなんです。

反旗を翻したという認識などないのではないでしょうか。

だから、二回、三回と軽い決意表明をされるのではないでしょうか。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今日(1月4日)の磁場と反転(塩川香世のメッセージ)に決意のことが載っていました。

私(田池留吉)からも一言。何に対してどのよなことを決意したかということを確認しておきましょう。

本当の自分自身にですか、贋物の自分、影の自分にですか、それとも私にですか。

決意を簡単に翻すとはどういうことと思っていますか。

私は、
この学びは人生だと伝えてきました。

そのことは、自分自身に反旗を翻すということになります。

このことは現象化します。自己選択自己責任ということになってきます。

この学びや私を他力の対象としているのでしょうか。

まったく動機も学び方も間違っています。

そんな中での決意などは無知、エゴ、欲の戯れとしか取れないのではないでしょうか。

もっと自分自身に誠実になって欲しいと思っています。自分を大切にしていきましょう。


学びについて、「去る者追わず、来る者拒まず」でこれまで田池留吉氏は誠実に私達に接してくれました。

それはとてもありがたいことでした。しかし、特に、来る者拒まずを、拡大解釈されて平然としている方達が多いという現実が一方にあります。

形から見れば熱心、しかし中身は何ともお粗末、そんな方達がたくさん見受けられます。

なぜ、何のために今の肉体を持たせていただいたのか、心から知ることができない状態です。

だから、いつまでも煮え切らないのです。自分では学びをやっている、やっていこうと思っておられると思います。

しかし、違うんです。

田池留吉氏が指し示す方向に、本当に自分の心の針を向け合わせることができたならば、このことは一目瞭然に分かります。

自分の感じた、分かったがどの程度であるのか、本当に厳正に評価(絶対評価)してください。

肉の基盤で感じている世界と、そうでない基盤で感じている世界とでは雲泥の差があります。

しかし、それは肉の基盤からは分からないんです。言葉は同じです。

しかし、そこから流れる波動を的確に受け取っていけるようになってください。

それは、それぞれのレベルを引き上げる以外に手はありません。大変厳しいです。

そんな厳しいものならば、どんなにしても無理と言って、学びから遠ざかっていく方達もあるでしょう。

そうでなくても、もう余所(よそ)へは行けないからと、ただしがみついているだけかもしれません。

本当に自分の心を見てください。そして自分に問いかけてください

そんな学びをしても、全く意味がありません。

田池留吉氏と出会ったからといって、自分の抱えている意識の世界が難なく変わっていくはずがないんです。

母親の温もりを忘れている人、知らない人は何時狂ってもという状態ではないでしょうか。

凄いマイナスの思いを発しています。

精神的に不安定な人、自殺をする人、凶悪な犯罪を犯す人などに共通しているのは、

母親の温もりを忘れ、自分自身に反逆している点だと思っています。


だから、母親を憎み、逆らい、消え失せろ、ぶっ殺すぞと叫んでいる人は

一刻も早く母親の温もりに帰っていくように学んでいって欲しいと思います。

自分が発した思い、エネルギーは必ず現象化します。くれぐれも要注意。

私は、母親に孝養尽くしなさいと説教するつもりはありません。

母親の温もりが蘇ってきて、お母さんありがとう、今世生んでくれてありがとうと心から喜びが伝わってくれば、

誰でも今世の母親にも優しく、そして、心の底からありがとうと発しながら共に幸せに暮らしていけます。

愛を忘れた人、知らない人があまりにも多すぎます。

愛に帰っていきましょう。あなたは愛です。

幸せ、本当の喜びへの道筋は自分の中に厳然としてあったことを知っていくことを、田池留吉氏は伝えてくれました。

宗教的な、心理学的な、下らない知識をいっぱい詰め込んで、中途半端に敏感であれば、

それを全部ご破算にして、全くゼロから学び直すということは難しいことでしょう。

しかし、せめて、今世、自分の中に詰め込んできたものは、全部ご破算にする必要があります。

過去から引き継いできたエネルギーの強さ、深さが、それを阻止する方向に働いていきますが、

そこは何としてでも踏みとどまって、自分の心の針の向け先を、

何度も、何度も、何度も、何度も確認し、正していくような粘り強い姿勢で学んでいくことが必要でしょう。

本当に純な気持ちで学んでください。

ゼロ歳の自分の目で、自分を見つめていくことを、いつも、いつも忘れないようにしましょう。

安心して、どんな自分も感じていける、自分の培ってきたエネルギーを感じていけることがどんなに喜びであるか、

母を思う瞑想、愛を思う瞑想ではっきりと感じてくるでしょう。


  あなたは何か信じているものがありますか。

自分自身ですか、神ですか、金ですか、それとも誰か、何かですか。

自分は、疑い深い、何も信じられない、裏切られてばかりだと思っていませんか。

「あなたは愛です。」信じていきましょう。

意識の転回が進んでいけば間違いなく「私は愛です。」に確信が持てるようになります。

「私は愛です。」に目覚めることが人生の目的、今世生まれてきたのはそのためです。

本当の喜び、安らぎ、幸せはその覚醒にあります。

本当に信じられるものはこの一点のみです。真っ直ぐに学びを進めていきましょう。

本、ホームページ、草書体の愛、五訓、そしてセミナー。

それらは、学びに触れる人全員に、公平に教材として提供されています。

全員に公平に平等に学ぶ機会、材料として提供されているにも関わらず、なぜ、学びに触れたことを素直に喜べる人とそうでない人がいるのでしょうか。

  喜ぶことがそんなに難しいのでしょうか。

ただ喜んでいけばいいだけの学びです。

心から喜べないのは、学び方が間違っているからです。

瞑想をして苦しいのも然りです。
瞑想は喜びだと何度も語らせていただいています。

そして、どなたの心の中にも喜びと温もりのエネルギーがあることも伝えています。

その喜びと温もりのエネルギーを効率よく引き出していくような学び方ができないのはどうしてでしょうか。

体験されればお分かりかと思いますが、お母さん、ありがとうの思いは、心の底から湧き起こり噴き上がってくるんです。

そうなれば、これが愛だとはっきりと分かります。

ああ私はこの喜びなんだ、この温もりなんだ、私は愛ですということが噴き上がってくるんです。それはすごい勢いです。

そんな心の体験を重ねていけば、もう不動でしょう。誰が何と言っても、何があっても、揺らぎはしないはずです。


学びのことについて、人と比較しないでください。絶対評価です。

人と比較する心は、自分を落とし込めていく冷たい心です。自分をないがしろにしています。

もっと自分を大切にしてください。自分に素直になってください。

そして、自分を本当に信じられるような学び方に徹してください。

学びは道徳ではありません。心を見る、自分のエネルギーを知っていくことに喜びを感じていますか。

自分を縛るのではなくて、自分を解き放していく優しさを感じていきましょう。

自分の苦しさを外に向けて訴えるのではなくて、自分の中でその苦しみと向き合えるような優しくて温かい自分と少しでも早く出会ってください。

どんなにその時を待ち侘びているか、それは瞑想でしか分からないことです。

今日は、こんな瞑想をしました。

磁場と反転の一部分を声に出して読んでみました。それから瞑想をしました。

心の中に響いてきます。私は喜びです。私は温もり。本当にありがとうございます。

磁場と反転を心に感じ、意識の流れを心に感じ、愛を思います。愛を思う日々を私はこれからも、ずっとずっと続けていきます。

本当にありがとうございます。ただただ嬉しいです。心の中に喜びが広がっていきます。

お母さん、ありがとう。喜びです。私は喜びでした。本当にありがとうございます。

ああ、お母さん、私の中から言葉にならないエネルギーがどんどんどんどん出てきます。

ああお母さん、嬉しいです。私の中には喜びが広がっていきます。ああ凄い、凄いエネルギーを感じます。

ああ、お母さん、ありがとう。このエネルギーとともに私は次元を超えていくんですね。

ああ私は、お母さん、あなたの元へ帰っていきます。嬉しい、嬉しい。

心の中に喜びが広がっていきます。


この次元に来れなかった意識達に伝えたい。

ああ、ああ、私達はともに次元を超えてまいります。私達は喜びです。喜びが私達の本来の姿です。ああ、お母さん。



私の心に伝わってくる世界を、心に広がっている世界をどんどんどんどん広げていきます。

田池留吉、愛よりのメッセージを心より流していきます。エネルギーです。

私の中から流れるエネルギーを心から流していきます。留まることなく、私はエネルギーを流してまいります。

このエネルギーこそ、私達の本当のエネルギーでした。

私はこのエネルギーを心から流せることが喜びです。ありがとうございます。

私達は喜びです。私の心の中にあったエネルギーは、パワーは愛でした。

愛を知らずに存在し続けてきた私に私は懺悔でございます。懺悔です。

どうしても、どうしても、この思いに到達できずに何度この地球上でも転生を繰り返してきたことか。

今、心の中から噴きあがってくる思いは、この喜びのエネルギーです。ああ嬉しい。お母さん、ありがとう。

お母さん、ありがとう。ありがとう。ありがとう。この思いの中にあった。

心の中には何もありませんでした。本当に喜びが私でした。温もりが私でした。

お母さん、お母さん、ありがとう。ああお母さん、ありがとうございます。

ああ、お母さん、ありがとう。ああお母さん、ありがとう。ああ、ああ、お母さん、ありがとう。



お母さん、ありがとうの思いが突き上がってくる喜びの瞑想でした。

来る朗読の作業の日に備えて、軽く練習してみようかと思いながら、ほんの一部分を、声を上げて読んでみました。

思いもかけない瞑想の時間が持てました。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

学びの友から



HPにありましたように、「磁場と反転」 の本を、私も声を出して読んでみました。

いつも涙が出てきていましたが、[おわり]のとこだけを声を出して読んでみました。

読んでいるときから、涙が溢れてきました。そして、瞑想をしました。

何と凄い学びかと改めて思いました。



普通、何かを学ぶと言えば、それ相当の月謝がいります。それを無料で学ばせていただいています。

草書体の愛をラミネートしたものをいただいたり、ボールペンやコースター等々、

学びやすくするための道具まで与えていただき、

活用の仕方まで何度も何度もHPでも教えていただいています。

何とありがたい、至れり尽くせりの中で学ばせていただいているのかと、心から喜びが込み上げてきました。

お母さん、私を産んでくださってありがとう、田池留吉に会わせてくれてありがとう。

ありがとうございます。と何度も出てきます。



これからも、声を出して本を読んで瞑想することもしていきます。

ありがとうございます。

人生をやり直したい、生まれ変わりたいと思っている人は沢山いるように思います。

また、死が訪れるまで やりたいことをやっていきたい と思ってる人もかなりいるように思います。

しかし、どのようにすればいいのか分かっているようで 分かっていない のが現状ではないでしょうか。

結局は人生失敗 ということになっていくのです。

この世的には成功者、立派な生き方をしたと賞賛されても、

学びをしてきた多くの方は 分かっておられるように、

死後の世界は いわゆる地獄ということになります。

人生の意味を 全く分かっていない人が まだまだ沢山います。

何故人間は、悩み苦しむのでしょうか。

  何故人間は、戦い傷つき人生を無駄にしていくのでしょうか。

  寂しい、何か温もりがほしい、助けてほしいと思っている人が多いんでしょうか。

  それは、愛を外に求めてきたからです。愛を捨て、愛を忘れたからです。

  心を外に向け、外に喜び、温もり、優しさを求めてきたからです。

  母親の温もりを捨ててきた結果です。



では、どうすればいいのか、

私が伝えてきた指針に従って素直に実践していくしかないと思っています。

後は、あなたがやるかやらないかだけです。

「私は愛です。」に目覚めてください。愛に帰ってきてください。

そして、愛の中にずっと生きていた幸せな自分に気付いていきましょう。

毎日、毎日ホームページを読んでいますか。

  パソコンを持っていない人には印刷をして渡してあげてください。

見難い人には読んで聞かせてあげてください。

老若男女を問わず、皆皆、
草書体の愛の文字に手を触れ、目を軽く閉じ、

お母さんありがとう、産んでくれてありがとう、肉体細胞ありがとうと声を出していってください。

そして、
瞑想三昧といきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

学びの友から

 

私は自分で自分の心を小さくしていました。

今、ゆったりとした中に自分を感じます。お母さんの温もりを感じます。柔らかな温かい思いです。

とてもとてもゆったりとしています。何もない何もいらない。幸せなときを感じています。

母への思いがどんどん変化していきます。

あれほど嫌っていた母への思いも温もりと共にありがとう、ありがとう。嬉しい、嬉しいに変わっていきます。

とても幸せです。本当に本当に幸せです。

私の心にも愛があります。私の心にも愛がありました。

お母さん、お母さん、ありがとう、ありがとう。

お母さん、お母さん、ありがとう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



愛に触れながらお母さんありがとう、産んでくれてありがとう、肉体細胞ありがとうと声に出して言ってみます。

自分の中から異語が溢れてきます。中から突き上げてくる思いと共に、異語で語ります。嬉しいです。

自分の心が愛に触れて愛を思えば思うほど、心の底からただただ間違ってきた、何もかも間違ってきた。

温もりの中でそう叫んでいる私がいます。喜びの思いと共に、ただただ間違ってきた自分が愛に触れていく思いを感じます。

愛に触れるから、間違ってきた思いが湧き上がってくるのだと感じました。

本当に愛を感じているから、自分が浮き彫りになってくる。

それがただただ苦しかったけれど、とても不思議に感じるほど喜びの中でその思いが溢れてきます。

間違ってきた、何もかも間違ってきたんだ。愛を思うことが嬉しい、愛に触れられることが嬉しい。何とも言えない瞑想です。

ただただ心で感じる瞑想です。心に響き、心で感じているだけです。肉の私は驚いています。

自分の心が感じているから、肉の私がどうとか関係なく心が感じている感覚です。

肉はその思いを妨げないように、ゼロ歳の自分を信じていくだけです。心で感じる瞑想に変わってきているように感じます。

本当の温もり、愛に触れていくから、その中で感じる自分の思いは前とは違っています。

許されている、愛されている、包まれている、受け入れてもらっている、認めてもらっている、そんな感覚の中です。

愛の中で自分の間違いに気付くことができる、こんなに嬉しいことはありません。本当に喜びだけです。

ただ間違い続けてきた自分の思いが本当の自分の思いに触れることができるように、私の肉は思いを愛に向けていくだけです。

肉で妨げてきたことを感じます。愛はすごいです。愛があるから、田池留吉の磁場を思うことがもっと嬉しくなってきます。

ゼロ歳の自分を思うことが嬉しくなってきます。信じられてきます。

この思いに出会えていることが喜びです。心で感じられることが本当に嬉しいです。肉の私は少し驚いています。

思いが溢れて、愚かな自分が嬉しくて、こんなに愛の中にあるんだって信じられてきます。

実践、実験、心で体験していけること、肉を持ってできることです。

自分に与えてもらったことを喜んでいける人生が、本当の喜びの人生だと感じます。

嬉しいです、ありがとうございます。


音訳CD「磁場と反転」が発売されます。著者が朗読。(2月下旬発売予定¥1,000 完全予約制

本が読み辛い人には勿論ですが、瞑想用としてもいいと思います。

大いに活用してみてはいかがですか。申し込みはUTAブックさんへどうぞ。

草書体の愛は、瞑想状態になかなか入っていけない方達には、願っても無いものだと思います。

自分の人生、これまでの自分、これまでの生き方が、ほんの一ミリでも何か間違ってきたのではないか、

そんな風に思って、この学びで伝えられていることに素直に耳を傾け、心を傾けていく方であるならば、

本も飛ばし読みではなくて、真面目に繰り返し読んでおられるだろうし、

ホームページは欠かさずに開くということが日課になり、楽しみになっておられるだろうと思います。


そのような方であれば、ある時何気なく草書体の愛を見た瞬間、あるいは、ふっとその文字を思い浮かべた時、

今までとは何か違うものを感じる、心に伝わる、響く、そういう体験をきっとされるでしょう。

それは何時なのかは分かりません。ただそうだろうということは私には感じられます。意識の世界ってそういうものだと思います。

何かを期待してとか、頑張って、気張って分かるものでもないし、そういうものはみんな欲。肉です。

ところで、ラミネートした草書体の愛の活用方法は色々とあるようですが、正直申しまして、私はそれにはあまり関心がありません。

私の活用方法は、やはり瞑想一本です。それは、私自身の瞑想に大いに効果を上げていると思います。

思うこと、思えること、ただそれが喜びなんです。

磁場、反転、エネルギー、パワー、愛、喜び、温もり、宇宙、お母さん、アルバート、そして次元移行、

それらが一直線上に並んでいるというか、そして、一丸となって心に迫ってくるというか、そういうことを感じる瞑想は喜びだけです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

学びの友から


死後の世界に思いを向ける。苦しい世界が展開する。

ふと草書体の愛を思う、一生懸命思う。死後の世界に大きな変化を感じる。

過去、現在、未来、意識の世界は現在のみ、現在を生きることの意味を感じる。

草書体の愛をいただいた今、その波動に包まれて、私のすべてを包み込む存在を私自身の中に感じる。

もう外に何も求めなくても、すべてが自分の中にある、外に求めれば求めるほどそれは遠くに行ってしまう、自分自身を破滅に追いやることを知る。

草書体の「愛」。それはお札やお守りのたぐいでは断じてない、「愛」は私自身であり、そしてすべての源である。

愛に帰ろうという言葉が私の中で大きくこだまする。嬉しくて幸せな時間を過ごす。

ありがとう、お母さん、すべてにありがとう、その思いが大きく膨らむ。

反転力を強く大きくしていきましょう。

まず、自分の反転力を確認しましょう。

それには、コップに水道水をを入れ、コップを手に持ってオーリングテストを実施する。

または、白紙に自分の手を置き、その白紙を手に持ってオーリングテストをする。

もういい加減にしてはどうでしょうか。

マイナスの思い・エネルギーを性懲(しょうこ)りもなく出しぱなっしにしていては反転はいただけませんよ。

何のために反転のエネルギーをと思うのでしょうか。反転のエネルギーは愛のエネルギーです。

闇のエネルギーで愛のエネルギーをと思のうは、闇闇・他力のエネルギーだと反省してください。

愛のエネルギーは他力と会いません。他力の対象にはなりません。

磁場にしっかり心を向け、信を強くしていくように努めてください。

磁場に対し、反転に対して、もっと誠実に、真面目にになってはと思っています。

他力の人は、往々にして欲が深く、我儘(わがまま)ではないでしょうか。

先日、「磁場と反転」音訳CDの録音作業が終わりました。いずれ、希望者のところに届くと思います。

このCDは、目の不自由な方には、本が読み辛い方には大変良いものだと思いますが、

本当は、何方にも良いものだとお勧めしたいと思います。

と言いますのは、
このCDを瞑想に役立てていただければ、きっと喜んでいただけるものだと思います。

できれば、本を勧めたいと思っておられ方にも勧められたらよいかと思います。

 

 

 更に、「磁場と反転」音訳CDについて。(H。25・1・19)

  3月のUTA会で、音訳CDを使って瞑想をと思っています。

就きましては、当日、CDとCDプレイヤーかiPod (音訳を入れておく )などを用意してきてほしいと思います。

瞑想は、会場と部屋でするようにします。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 磁場と反転の音訳CDを三月のセミナーで、瞑想として用いるとか・・・。 (塩川香世)


ぜひ、積極的にご活用ください。朗読したのは、塩川香世という名前の女性です。

しかし違うんです。そこにこだわっているようでは、あなたの学びは進みません。

素直になって、そこから流れてくる波動の世界に心を向けてみてください。

私に心を向けてくださいと言っているのではなくて、

そこには磁場から流れてくる波動がしっかりと感じられるから、

ともに心の針を合わせていきましょうと言っています。

もちろん、私はブラックの世界をこれまで数限りなく作り続けてきました。

地獄の奥底の底の底の底からはいずり上がってきた意識だということです。

ただ、私は、今世の肉を持って学ばせていただきました。本当に学ばせていただきました。

私は喜び。私は温もり。私は愛。そう自分にはっきりと言えるんです。

どうぞ、ともに歩んでいきませんか。

私達は母なる宇宙へ帰ることを自分に固く誓ってきた意識です。

田池留吉の磁場に心の針を向けて

半歩でも自分の歩みを正しい方向に進めていけるような、そんな今世であっていただきたいと思います。



心が外に向いていると苦しくなってきます。肉の思いがどっと出てきます。程々にということです。

瞑想をしていって、自分から出ているエネルギーが分かってくれば、どうすればよいか、もうお分かりと思います。

磁場・反転ですね。

とにかく、苦しみ悩んでいる人は、意識の転回など、ほったらかしの状態でしょう。

従って、肉、肉、肉。肉で何とかしようと足掻(あが)いているに過ぎないのです。

今は何とか思うように進んでいるように見えていても、必ずその結果が出てくるでしょう。

心が外に向いている時は、
以外のものに心が向いているということです。

誰かが言っていました。愛だけでは飯が食えないと、反発してきます。

愛だけでは飯が食えないか私を見ていてください。

学びの原点をしっかり学んでからにして欲しいと思います。

そんな方は、どうぞ、
UTAの輪から離れていかれたらよろしいのではありませんか。

どうしても元カレが忘れられませんか。

神の愛、仏の慈悲、金のパワーとどのように拘(かか)わってきたのでしょうかね。

学びの基本をしっかりと積んだ上で、もう一度、今、田池留吉の肉があること、そして草書体の愛の文字があること、それらを思ってみてください。

何と学び易い環境にあると感じられませんか。それらは、形でもって、正しい方向を指し示してくれているんだから、本当にありがたいです。

ただし、それは学びの基本をしっかりと積んでいけばということであって、

それを欠いていれば、田池留吉の肉も草書体の愛の文字も、他力の心を増長させる結果となっていくでしょう。

それは確かにそうですが、自分の中の真実が感じられ信じられてくれば、

今の学びの環境は、本当に至れり尽くせりに整えられていることに、ただありがとうだけだと分かるでしょう。

あなたは、今、素直に実践していますか。 「何?」なんて言わないように。

田池留吉、アルバートからのメッセージを受けようと素直に実践していますか。どうですか。

素直にしようと心を向けてみることが、自分に誠実ということです

肉は、自分に誠実に応えてください。誠実に応えていけば、必ずその誠実さが返ってきます。

田池先生から返ってくるのではありません。あなたの中の本当のあなたからです。

それをすなわち、今、私達は、田池留吉、アルバートと呼んでいるだけです。その辺りのこと、よろしくご理解ください。

それぞれに自分に用意してきた時間、大切にしてください。

自分のあるべき姿、自分の歩いていく方向、きちっと定められるような時間をお過ごしください。

自分を大切に、自分に誠実に、
本当に自分に誠実に生きていく道を、一日でも早く見つけてください。

心の底から笑える、心の底からありがとうと言える、あなたがその気にさえなれば、そんな自分と出会えるようになっているんです。

それを全部邪魔しているのは、あなた自身です。

それが一日でも早く分かればいいと思います。

愛を思える今がある、本当の愛を思える今がある、これはどんなにすごいことなのか、

磁場、反転と愚かな肉を通して発信できるすごさ、本当にすごいことを伝えていただきました。

肉を本物として、それは何の疑いもなく、そこを基盤としてずっと時間を費やしてきた過去に思いを向けると、

本当に今の私は何と幸せな私なのかとしみじみ思う日々です。

真実の波動の世界に、こうして肉を携えて触れる、その波動の世界を広げていく、それは奇跡と言ってもいいでしょう。

長く、長く、真実から自分を遠ざけて、自分をないがしろにしてきた過去の時間は遠大です。

しかし、こうして学ばせていただいて、本当の喜びと本当の温もりが自分の中にあったことを知ることができたこと、

本当の自分に触れて、その偉大さに圧巻の思いを感じてきたこと、

それを大きな成果として、さらに自分の中に、磁場と反転を伝え、ともに愛に帰る道をひたすらに歩いていきます。

思えば通じる世界がありました。私の中の喜びと温もりが応えてくれています。

真冬並みの日が続いていますが、体調はいかがでしょうか。(H.25/1/18)

磁場反転はどうでしょうか。しっかりやっていきましょう。

まず、磁場にしっかり心向けていきましょう。

心が磁場に向かないのは、あなたが作ってきた他力の闇に原因があります

出来るだけ元カレから自分自身を解き放していくようにしていきましょう。

心の針を磁場に向けながら瞑想に入っていきましょう。

マイナスの思い・エネルギーが心に響いてきたら

反転のエネルギーを発するようにしていきましょう。

苦しいとこ時、辛い時だけするのではなく、
常に、反転と楽しんでいくようにしましょう。

磁場反転のエネルギー・仕事を信じて実践していきましょう。
 

心を外に向け、頭でいろいろ考えていては、本当の喜び、温もりを感じることはできません。

このような生き方は、自分自身に対いて不誠実、自分を大切にしていないということです。

もっと、自分を信じてください

「私は、意識、愛だ」ということがもっともっと信じられるように、指針に沿って学んでいってください。

私の肉のモットーの一つ、死ぬまで元気で生きていきましょう。

肉は大切です。肉がなければ心を内に向けられません。

気力体力がなければ、学びを進めていくのが難しくなってきます。

自殺、他殺はもってのほか、肉を持っている、持ってきた意味が全く分かっていないということ。

自分自身に対する超大反逆。

真実を知らない、実相を全く分かっていない人間が、うようよ、一杯、この地球上には。

しかし、人類には、まだまだ希望は沢山、沢山残されています。人間万歳。

身体も大事にしていきましょう。しかし、意識の転回、次元移行は超大大事。

常に、心の原点に立ち、磁場・反転の実践と、喜び、喜び、幸せな人生を送っていきましょう。




私のモットーその2、肉のことは程々程々にしていきましょう。

ぎゅっと握ったら最後、苦しみと困惑が始まります。

肉のことに多忙、瞑想はそこそこ、東西奔走の日々、どうしようもありませんね。

難病、家庭崩壊、倒産にぶち当たってからでしょうかね。

今世は、ああ、勿体ない勿体ない。

しかし、私はあきらめません。

最後まで愛に向かってと志している人とは、私は、ともに、学ばせていただきましょう。


なかなか磁場反転も、磁場にも愛にも心を向けることも、瞑想も、出来ないと困惑している方いますか。

もし、あなたがそうでしたら、

草書体の愛の文字を見ながら、更に、目を軽く閉じて愛、愛、愛と声を出し続けてみては、どうでしょうか。

または、塩川香世著
「磁場と反転」の特に5、6のところを声を出して読み続けてみませんか。

そうしているうちに、何か心に響いてくるものがあればいいなあと思っています。

やってみませんか。

そのようにしている時に、
「お母さんありがとう、産んでくれてありがとう」という思いが響いてきたらとも思っています。

瞑想する。

心を内に向けていく。

愛に心の針を合わせる。

お母さんの温もりが心に響いてくる。

マイナスのエネルギーが心に響いてくる。

心を磁場に向けて反転と発する。

どんどん続けているとプラスのエネルギーが心に響いてくるようになる。

後は、瞑想を楽しんでいけばよい。

母なる宇宙と共にでいきましょう。

 愛に心が向くようになるのはなかなかです。

学びの原点も分からず、動機の反省もなく、

従って、母親の反省、他力の反省もいい加減にしておいて、

愛、愛、磁場、磁場、反転、反転と呪文のように唱えていては一向に学びは進んでいきません。

学びを軽視していないか検証してください。

本を読んでください。ホームページを読んでください。

誠実に、言葉を尽くして語り掛けてきました。

後は、あなたが実行するかしないかだけです。頑張ってください。

 瞑想はただただ嬉しいだけ。

磁場、そして反転と発信できることが喜び。喜びと温もりのエネルギーを感じ、意識の世界はすごいです。

瞑想とは本来こうなんだと思います。なぜならば、私達の本質は喜びなんだから。

心の針を向ければ喜びに、温もりに触れることができるというのが、至極自然なことでした。


二十年という年月、時間は要したけれど、本当に私は幸せです。

瞑想を楽しむ。楽しみながら瞑想をする。思える今があることに感謝。

心が広がり、そして温かい思いが広がっていく中で、宇宙と呼ぶ。

いつも、いつもともにあった宇宙でした。


本当にありがとうございました。今こうして心を向けられることが何よりの幸せです。

溢れ出てくる思いの中で、愛を伝えてくれと渇望している意識の世界、宇宙を思う。

私は愛のエネルギーを伝え続けます。どんなに閉ざされた闇黒の宇宙達にも伝え続けます。

それが今瞑想をしていく大きな仕事です。こうして、しっかりと宇宙に心を向けられる今であることを知りました。

私の中で、闇黒の宇宙達は次から次へと待っています。

瞑想は喜び。瞑想は愛。私達はひとつです。母なる宇宙へ帰るのです。


私、田池に、「我を認めよ。」と迫ってくる方が少なからずいます。

私の返答は、「もっともっと、自分自身を信じなさい。」だけです。


私は、何時も、ずっと、誠意を以て伝えてきたつもりです。

あなたも、もっと、真面目に、もっともっと自分を大切に学んでいって欲しいと思っています。

「あなたは愛です。」、信じていますか。「ハイ、信じています。」と、今、返答ができますか。

まず、出来るまで、焦らず、弛まず、そして、真剣に、常に心の原点に戻って学びを進めていってください。

テスト、実験などを通して自己評価しながら学び、自分の信のレベルを確認しながら進んでいってください。

 私は、確かに今世、いわゆる一人の教祖を心につかみました。

しかし、私は学んできました。ある程度学びが進んだ段階で、私は、自分のつかんできた教祖に心を向けてみました。

その世界は本当にちっぽけな世界でした。

そしてその意識は、今もなお、肉から心を離すことができなくて、地獄の奥底に沈んでいるとはっきりと分かります。

その人が書き記した本を自分の人生の指針にしている人が多く存在しているでしょう。

何と恐ろしいことかと思います。恐ろしいというよりもそれは大きな罪です。

上記のようなことは、私の頭ではなくて、私の意識の世界がはっきりと感じているということです。

だから、私は自分の心から離すことができたのです。全く違っていることを心で知ったのでした。

そうでないと、田池留吉の世界は決して分かりませんでした。

田池留吉の世界を心で感じること、磁場に心の針を向け合わせることはできませんでした。

私は意識の世界はそういうものだと思っています。

だから、そういう点があやふやな方達、そういうところを曖昧にしていては、結局、ポーンと飛び出ることは難しいということでしょう。

それでも、磁場と思って、愛を思って瞑想ということを何年も続けていれば、何か心に感じてくるところはあるかもしれません。

心の風景は何かしら変わってくるでしょう。そういう効能は確かにあることは否定しません。

しかし、それでは甚(はなは)だ不十分です。宇宙に愛を流していくパワーには程遠いものがあります。という思いが私の中に伝わってくるんです。

ということで、やはり、250年、300年というのは絶対必要な時間なんだなあという思いを確認しながら、今日の勉強を終えました。

真実の世界を本当に心で感じ、知り、そしてその世界を自分の中で進めていくことは、本当はとても難しいことなんです。

しかし、難しい、難しいと難しいことばかりを強調しても、学ぶという意欲が弱くなっていくだけということで、

田池留吉氏は、ホームページを通して厳しく言ってみたり、表現を緩やかにしたりして、色々と工夫されているかと思います。

しかし、本当にその意識の世界に心の針を向け合わせてそこから流れてくる波動の世界を感じていけば、

本当に肉という壁を外して、真実の世界へポーンと変わる、つまり意識の転回を成し遂げていく難しさを語ってくるはずです。

そういうことを心にほんの少しでも感じながら、瞑想を続けていくことをやってください。

私は自分を特別だと決して思っていないけれど、私は本当に学ばせていただきましたという思いはしっかりと持っています。

私にとって、250年後も次元移行も現実のものとなっています。

決して、夢、幻の話でもなく、絵に書いた餅の話でもないんです。

心で分かる、心で感じる、心で知る、そういった事柄です。

「あなたは愛です。」信じていますか。それはどの程度ですか。

すなわちあなたはとてつもなく大きく、広い温もり、エネルギー、仕事、超大の仕事をしていきます。

愛への信が高まれば高まるほど
反転力も大きく、強くなっていきます。

草書体の愛の文字(ラミネータ、ボールペン)を活用しながら、

愛の文字でいろいろと実験を繰り返しながら、

愛があなたの中にあって仕事をしてることを、もっともっと信じていけるように、

そして、来世に繋ぎ、
次元移行に向けて一歩一歩進んでいくように努めてください。




心の病という名の病気を治す名医は、
愛を伝えるお母さんでしょう。

奥さんやお父さんの場合もあるでしょう。

心の針を愛、「あなたは愛ですよ。」と伝えさせて頂いている愛に向けながら、

しっかりと抱きしめてあげればと思っています。

何も要りません。愛だけです。愛が欠乏しているだけです。

心が病むとはどういうことでしょうか。

ただ心の針が間違った方に向いているだけだと思っています。どうでしょうか。

信じてやってみま せんか。少しの勇気を出してやり始めてはいかがでしょうか。朗報を待っています。

 己偉い人は駄目、

神と金を握っている人も駄目、

偶像崇拝の人も駄目、

我も他人をも責め裁き、見下げ、怒りを正当化する人も駄目、

愛に目覚めていない人は 絶対駄目、

何のために生きているんでしょうか、

脳は何のために用意されいるのでしょうか。


勝つために、体罰という名の暴力を振るう、人を指導するために、飴と鞭を巧みに使う、

このようなことをあなたはどのように思いますか。どのように思ってこられましたか。

体罰も、鞭と飴も愛というエネルギーが働いているでしょうか。

現実は大変難しいでしょうが、

愛の実現に徹していくように心掛けましょう。

人を導くには、まず、自分自身が愛に目覚めることが絶対必要条件です。

あなたも早く、一日も早く自分の道筋を心の中で確定させてください。

まだまだ自分は愛だと断定できないのではないでしょうか。

自分の中の愛、自分の中の磁場、それがはっきりと自分の世界だと心に響いてくれば、あとは瞑想を楽しんでいくだけです。



瞑想を重ねていけばいくほど、喜びが増してくる、確信の度合いが高まってくる、深くなってくる。

また、喜びが増し、確信の度合いが高まり深まっていけばいくほど、瞑想を重ねていく。この循環です。

この循環こそが大きなパワーとなって、仕事をしていきます。

瞑想は仕事をするんです。正しき良き循環の中にある瞑想は、正しき良き仕事をしていきます。

宇宙に、意識の世界に大きな働きかけをしていきます。だから思えばいいとなってきます。思うことがパワーなんです。



そういうことが、瞑想をする心に響いてきます。

だから、瞑想をして田池留吉、アルバートと思い伝わってくるもの、

いわゆるメッセージは、瞑想の大切さと瞑想の喜び、瞑想が仕事、そういう内容です。

心の針を合わせて瞑想、これがあなたの仕事なんです。

 

 とは、肉でいう愛ではありません。

優しいとか温もりだとかいうのも、言葉は同じだから、肉のそれとはなかなか見わけがつかないかもしれませんが、

肉の愛、肉の優しさ、温もりは、結果的には、互いに良い方向には進みません。

良い方向というのは、真実の世界を知っていく方向という意味です。


他力のエネルギーの中にがんじがらめになって、互いが互いを縛り合い、依存し合い、泥沼の中にともに沈んでいく構図です。

肉を絡めて、肉の中で愛を説くエネルギーはそんなエネルギーです。



本来の愛のエネルギーは、すべてを解き放していくんです。

本当の優しさ、本当の温もりのエネルギーは、本当に自由です。

自らが愛なんだから、すべてが自由。そこには何のこだわりもなければ、何の壁もない。

どこまでも解き放たれた世界、それが自分。

そういうエネルギーの自分に触れていけば、これが優しさ、これが温もり、これが愛、私は愛、そういうことは自ずと分かってきます。

祈願、黙祷。必勝祈願、合格祈願、病気平癒祈願、平和祈願等々。

  誰に祈るのですか。黙祷を捧げてどうなるのですか。

  小さい小さいもの達の戯言(たわごと)、もういい加減にしていきませんか。

  自分がみんなが
だということが信じられないんですか。

差別のない自由な世界が嫌いですか。

この世は影、陽炎(かげろう)。

あなたの周りを見てごらん、差別、戦争、餓死、不自由、孤独、闇ばかり。

しかし、みんな地球人類が作ってきたものばかり。

存在の基盤を忘却の彼方に捨て去ってきた者たちの現実。

「あなたは愛です。」に目覚め、愛に共に帰りませんか。

私が伝えてきたものはこのようなものです。

共鳴されたら、後は決意と勇気、自分自身に対する誠意だけ。

しかし、やがて、私は、「自分自身に誠意なき者は
UTAの輪の中に入って来ないように。」と厳かに伝えていくでしょう。


一昨日1月27日(日)の沖縄の瞑想会は大変良かったというメールが10数名の方から来ました。

特に指の時は感動しましたというメールもありました。

その時は、反転という言葉は使いませんでしたが、

一言、反転と発する時は、磁場のエネルギーを発する、

自分の思いだけでなく、
磁場に心の針をしっかり向けた時に発するようにしてください。

反転はプラスのエネルギーを発するのです。マイナスのエネルギーを発している時は反転とは言いません。

反転と発する時は心して実行してください。

反転は、凄い愛のエネルギーです。検証を積みながら、反転力をどんどん高めていってください。


回答、田池留吉の世界、磁場、愛そして、お母さんの温もり等々はあなたの心の中にあります。

だから、
あなたの心を内に向けるように心掛けてください。瞑想ですね。

心が、五感とともに外に向いている時は真実は見えてきません。

外は有限、
無限の世界は内にあります。あなたは、本来は無限です。

あなたはあなたの内にあります。あなたは、心を内に向けてあなたを知っていってください。

そして、本当のあなったと出会ってください。


チャンス、気付き、目覚めのチャンスは必ずどなたにもあります。

チャンスは愛、多くの人は見逃してきています。勿体ない、勿体ない。

病気、仕事、人間関係などに愛が高く、時には低く語ってきます。

愛をもっともっと感じられる自分に戻ってください。

お母さんありがとう、産んでくれてありがとうと心からお母さんに返していきましょう。

お母さんの温もりをを忘れていては真実は見えません。お母さんが大大好きになってください。

あなた方は初めから幸せでした。お母さんが好きになってくれば分かってくることです。

お母さんは、愛、愛…、信じて、信じて…お母さんの懐に入ってごらん。しっかり包んでもらったらと思います。

お母さんの温もりを否定する人間は人間にあらず。

愛から遠く遠く離れた単なる己の偉いものに過ぎないと思います。

お母さんは愛、あなた方が掴んできた、掴んでいる神、仏、金、パワーより大きなもの、気付いてください。目覚めてください。

一歩でも、私、愛に帰ってきてください。

待っています。共に次元移行を。待って、待って、待っています。

瞑想はパワーだと心から感じます。

瞑想が本当に出来てくれば、何のことはない、自分の中にすべてがあった、喜びは自分の中から湧いて出てくる、

温もりは自分の中から湧いて出てくる、自分は喜びそのもの、自分は温もりそのもの、

これが本当の私なんだ、そういうことを繰り返し、繰り返し、確認できます。

だから瞑想は喜びです。瞑想は本当に嬉しい時間です。自分との出会いの時間です。

瞑想とは思うことなんだ、ただ思うことなんだ、思うことが仕事をするんだ

それが実感として心に響いてきます。

そして、瞑想をしていけば、必ず宇宙というものが心に響いてくるんです。

宇宙に向ける瞑想は、本当に私が成し得たかったことでした。

真っ黒な宇宙に本当のことを伝えられる今があることに、私は、瞑想の醍醐味を感じています。

■ 

  私の思いはすでに250年後に照準を合わせています。

しっかりと今世の私の勉強を250年後の来世の私に繋いでいっている現実を、

日々の瞑想の中で感じながら、私は、過去の私、未来の私とともにいつも、いつも喜びの瞑想を繰り返しています

これが私の喜びなんです。目を閉じて思いを向ければ、本当に嬉しい喜びの世界が広がっていきます。

250年、300年の時間の中で、私はこの瞑想を続けていけることを感じています。

ありがとう、今世の肉を通してのお勉強、私はさらにますます自分の中で淡々と、真剣にやり続けていきます。

道が見え、道がはっきりとして、そして私自身の行く先が本当にしっかりと感じられる私の勉強を通して、私は、どんどん自分の中の愛を流してまいります。

 


私は私を信じています。私は私を大切にしています。

私は私を思う時、喜びです。私は、私の中から語ってくる田池留吉、アルバートは本当の私自身だと知っています。

だから、田池留吉、アルバートに心の針を向けることがただただ喜びです。

田池留吉、アルバートは私の中の宇宙をよく知っています。

田池留吉、アルバートの波動は母なる宇宙の波動と全く同じです。

だから、私は田池留吉、アルバートと心を向ければ、母なる宇宙の波動を心に感じ、私のふるさとを心に感じます。

本当に大きな喜びを感じます。母なる宇宙を思える今があることに、本当にありがとうしかありません。

愛を思える私が今ここにあることが、本当に、本当に嬉しい。愛を捨てた私の中に、愛を伝えてくれた私がありました。

■ 

もっともっと反転力をつけてください。何故弱いか、分かって欲しいと思います。

  まだまだ、神を金を握っている。己が偉すぎる。あなた方が信じている、いや誇っている自分は小さ過ぎませんか。

  握っている神などは小さいです。あなたをもっともっと信じていきましょう。

 
あなたは偉大です。あなたが握っている神などよりもあなたの方が大きいです。

  信じて
自己確立へ進みましょう。

  もっともっと
田池留吉の世界を知ってください。

  皆さん方は、まだまだ小さく、低く捉えています。このようでは、反転力は弱いわけです。

  幸福とか喜びが分からないわけです。

  自分に残されている時間を大切にしてください。勿体ないと思いませんか。

  千載一遇のチャンスが勿体ないと痛感していませんか。

田池留吉の目も、田池留吉の指先も私の中にある喜びです。

私は心を向ければ、田池留吉の目も田池留吉の指先も、それらは私に真っ直ぐに愛を伝えてくれるエネルギーとして感じることができます。

それらは私の外にあるのではなくて、私の中にしっかりとあります。

私は私の勉強として、そういうものもみんな活用させていただいてきました。

大きな喜びのエネルギーとして、私の中に存在している田池留吉、アルバートの意識です。

私達はひとつだと、私は瞑想をして本当に心で感じています。これほど安心立命な現象はないでしょう。

だから瞑想がどんなに幸せで喜びの時間であるか。私は本当に何も要らないです。絶えず、その意識と語っていればいいんですから。

そして、一方で、目を開けて生活をしている時は、どこにいても、何をしていても、心を一瞬向ける

このトレーニングを私はしています。

絶えず、田池留吉の目そして指先を感じているというか、異語を感じているというか、

私は、そういう自分になっていることを確認しながら、日常生活を過ごしています。


街中は、本当に混沌としています、様々な映像、音、臭い、エネルギーが混沌としている中に、私はこの肉を漂わせています。

肉として少々きつい時もありますが、それによって、私の中がどうなるものでもないし、かえって、自分の中とのギャップを楽しんでいるような感じです。

差を感じれば感じるほど、私は自分の中に感じている世界の確かさをより確かなものとしていけるんです。

私は中心棒が確立していますから、もう肉に流され、肉に埋没する危険性はなくなりました。

私個人の考えとして、肉はある程度、刺激があるほうがいいと思っています。

愚かな肉は、愚かな肉と接しながら、それでも絶対に揺らがない中の自分の思いを確認できる楽しみというか喜びとともに、日々、私の勉強の糧にしています。




私は、私の勉強を通して、この肉の人生を全うしていきます。

田池留吉、アルバートの世界が語ってくる波動を心に受け止めながら、私は、私の勉強を通してこの肉を終えていきます。

そして、もちろん、その後も私は私の勉強を継続していきます。

心に田池留吉、アルバートの世界を感じながら、私は私の勉強をやり続け、そして時期が来れば、再び肉を持ちます。

以上のことはみんな、瞑想をして心に感じる事柄です。

田池留吉の肉があって私の肉があって勉強する場合も、田池留吉の肉がなくて私の肉があって勉強する場合も、

そして田池留吉の肉も私の肉もなくて勉強する場合も、どの場合、どの状況であっても、私は私の勉強を継続していけます。

私の意識の世界は、すでに250年後に繋がっているのだから、それはそうです。

そして、250年後の肉を自分に用意して、肉と肉が出会うその瞬間に、私は私の勉強を通して学んできたことを爆発させていきます。

250年後の肉を持つ意味が、今世を含む過去の転生とは全く違うことを感じています。

その境目が今世の肉でした。だから、この肉にはいっそうありがとうの思いが出てきます。

意識の世界は言うまでもなく、肉の人生をまともに生きていける、これは私にとって本当に大きな収穫でした。




肉を維持するには、ある程度のお金が必要です。潤沢なお金は必要ありませんが、誰にも気兼ねなく、自分の自由に使えるお金は必要です。

とにかくお金のことで、ごちゃごちゃ、頭を使い身体を使って、肝心のほうにエネルギーを注ぐことができない人生は一番哀れでしょう。

お金を稼ぐために産まれてきたのでもないし、誰かを幸せにするために産まれてきたのでもありません。

自分を知ることが一番でした。

もともと幸せだった自分、もともと喜び溢れ温もりの中にあった自分を取り戻すために、過去何度も、何度も転生の機会をいただきました。

自分を汚しに汚しまくって、落とし込めてきたエネルギーを心で知るために、こうして肉を持ってきたと、

本当に心で感じていけば、そしてその感じた方向に素直に心の針を合わせていけば、自ずと自分の周りの環境は整えられていることを知ります。

自分を知るために、最適に整えられている今を感じていくはずです。

そうなってくると、心から出てくる思いは、ありがとうしかないんです。ありがとうの五文字しかありません。

瞑想をする最適な環境の中にありますか。

身体は疲れていませんか。心はゆったりと落ち着いていますか。

静寂な空間が用意できていますか。夜遅くに瞑想をしていませんか。

このように、瞑想をするにあたって、まず肉的に最適な環境を整えることはとても大事なことです。

特に身体が不調な時は、瞑想に集中できません。元気なようでも身体の芯が疲れている場合があります。

そういう時も、瞑想には集中できないでしょう。また、瞑想に集中すると言えば、静寂な空間の確保という点も大事でしょう。

 

それぞれの家の事情もあるかと思いますが、やはり瞑想をするには、できるだけ静寂な空間が用意できればと思います。

ある程度、防音設備が整っている部屋で瞑想ということになれば、これは幸せなことです。

毎日、一時間でも、そういう空間を用意して、瞑想をすることに集中できる環境が整っていれば、それはすでに幸せなことです。

このことは、体験すれば分かります。瞑想をすることに集中できる環境に身を置ける、この幸せは必ず、瞑想に反映されていきます。

ゆったりとした心、ゆったりとした空間、ゆったりとした時間、その中で意識の世界は喜びへといざなわれていくんです。

心の中から語ってくる波動の世界と通じ合える喜び、幸せ、あっという間に時間は過ぎ去っていきます。

 
田池留吉氏の肉が現実にあって、その時点で学んでいくのはいとも簡単です。

そういう学びを十二分にやって、それから学びの完成度を高めていくには、肉があってもなくても同じだということを、

現実に実体験して、そして、自分のこの肉の人生を終えていく、肉のない間のその後の勉強に引き継いでいく、

そういうプロセスは必ず踏んでいくように、私の計画の中では設定されています。


私は、その計画を実行していくことが楽しみで、その楽しみとともに250年後の来世を迎えられると感じています。

そういうことを日々思いながら、私は私の勉強として、日々の瞑想の時間を大切にしています。

私の中の宇宙達に思いを向けての瞑想は、心から今という時を喜んでいる感じです。

肉の生活で不足はなし。満たされています。肉も自由です。手かせ、足かせ一切なし。瞑想一本に集中です。


UTAの輪認知から成長への段階に入りました。一人でも多くの方と共に更に成長へ。よろしく頼みます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「 UTAの輪、認知から成長への段階に入りました。」・・・・・・ 具体的にどういうことでしょうか?。


UTAの輪は、確実に成長の段階に入ったということです。

認知とは、UTAの輪とはこういうことですよと、私は示し、そして、そのUTAの輪を成長させるとは、

そのUTAの輪の波動、その波動を確実なものにしていく、そういう段階に入ったということです。


お分かりでしょうか。UTAの輪は、どんな輪なのでしょうか。それは、次元移行へ、ともに、ともに歩んでいく意識の流れの中に出来る道筋です。

そこには、大きな喜びのエネルギーが発生します。そのエネルギーが成長の段階に入ったということ、それは、大きな大きな喜びです。

UTAの輪の認知。

UTAの輪とはこういうことですよと、学びに集ってくる方達に、肉を持っている、持っていないに関わらず、そういうことを広く知らしめました。

そして、その成長。いよいよ、UTAの輪の中身をより一層知らしめる、それが成長の段階。そういうことです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


  歓喜。アメリカ。全宇宙が此処に意識をどんどん向けています。勿論、肉を持った意識達も大集合しています。

次元移行への旅、達成まで後50年。

肉を持っている意識達は、意識の転回最終段階、意識は一つ・愛の覚醒へ。

3次元では、紀元2013年2月1日。

現在肉を持っている意識達よ、全宇宙に向けて反転、愛を。

喜びだけの日々を、意識も、肉も。

ただただ自分自身を信じて250年後の偉大なる大集合に。さあ、母なる宇宙へ出立。

UTAの輪が核、中心だ。いつも、いつまでもいっしょで。

至福。筆舌に尽くし難し。感謝、ありがとう。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 「 私(田池留吉)はあなたにもっとご自分を自覚していただきたい、そういう意味で、メッセージを載せました。

あなたに向けたメッセージだとご理解いただけたらいいかと思います。

表面上は、皆さんに発信しているメッセージ。しかし、実際のところはあなたに向けたメッセージだと言えるでしょう。

私とあなた、次元移行へ向けて突き進んでいくエネルギーを、しっかりと心に向け、そしてともに、ともに歩んでいきましょうという私の思いです。


私とあなた、もちろん肉の次元ではございません。意識の世界を私は言っています。

私の意識の世界と、あなたの意識の世界、それが一つに重なった時、大きなエネルギーが発生するということを、私はあなたに伝え続けてきました。

あなたのご自覚をもっと深くしていただけるよう、私はホームページを通して伝え続けています。

どうぞ、心をしっかりと向け、あなたはあなたの学びとして、私のほうに心を向ける瞑想の時間をしっかりと持っていってください。

あなたに語っています。あなたの心の中に田池留吉、アルバートのメッセージを今日も届けました。

あなたはどのように受け止めましたか。私は、あの通りなんです。私の思いを語らせていただきました。

どうぞ、しっかりと、あのメッセージを心の中に刻み、あなたはあなたの学びを進めていってください。

私とともにあることをしっかりと心に刻みながら、UTAの輪のほうに心を向け、喜びのエネルギーを心に感じていってください。」

 田池留吉・アルバートのメッセージを受けている方、

どうぞ、メッセージの内容を必ず実行してください。

実行しないならば、受けても無意味ということになります。

実行していけば間違いなく、まず、お母さんとの関係がよくなります。

続いて、夫または奥さんとの関係も良くなってきます。

ならないのは、田池留吉・アルバートのものでないか、正しく受けていないかどちらかでしょう。

更に、心の不安定な子供さんがいたら、メッセージから正しい学びをしていけば治せると思います。やってみてください。

 日々、瞑想を続けていますか

先日の瞑想会でもお話があったように、たとえ五分でも、毎日瞑想をするという習慣をつけてください。

もちろん、瞑想をする前の段階の勉強はあります。

いわゆる学びの基本をしっかりとする、これは絶対に外せないことです。

基本をしっかりとやった上で、瞑想をしていくと効果的な学びができます。それではこの学びの基本とはいったい何でしょうか。

その基本さえしっかりと押さえておけば、瞑想を重ねていけばいくほどに、喜びが大きくなっていきます。

それはごく普通のことです。

しかし、大抵の方は、そのあたりで留まってしまい、何かその辺りでウロウロしているというのが現状のようです。

大変もったいないと思います。さらにご自分を成長させていきましょう。意識の世界には限りがありません。

ああいうことも、こういうことも、みんな、みんな、私の中では確認済みです。

あとは、それを淡々と遂行していく意識の流れの中で、ただ喜びを感じ合っていくだけ。

すべてはシナリオ通りに遂行されていく喜びだけが、瞑想を通して響いてきます。

肉の愚かさを感じながら、しかし、私は中の私の思いに強く、しっかりと引導されている確かさを感じます。

意識の世界の喜びと幸せは、もう言うまでもないことです。

ここを知っているから、私は肉でも幸せなんだ、肉も安らいでいる、満たされているんだと分かります。

自分の中心棒なき人生がどれほど空しくて、味気ないものか、中心棒の確立があって本当に心からそれが分かります。

肉の人生がまあまあ順調にいっていれば、肉に埋没して、人生が空しくて、味気ないことは実感できないし、

また、形の上で苦しくて辛い人生の中で感じる空しさの程度も、本当はその程度ではないことなんか絶対に分からないでしょう。

田池留吉・アルバートのメッセージを受けている方に、

まず、波動を エネルギーを感じて、それを文言で という時に、

自分のエゴを満たす、己を表すために作業をしているものがあります。

常に、発している、使っている自分の思い・エネルギーを見ていてください。

そうすれば,ぶれることもなく、正しく受け、学びを進めていけるようになってきます。

田池留吉・アルバートはプラスのエネルギー、愛のエネルギーです。

自分に都合の良いように使わなようにしてください。

それはマイナスのエネルギー、矛盾しています。

そして、現象化してきます。


心の向け先は、田池留吉の磁場、アルバートの磁場、

愛、母なる宇宙、母親の温もり、真実の自分自身 と伝えていますが、

故意に、田池留吉の磁場を避けてという方がいます。

そのような方は、その時に、発している思い、エネルギーをを見てください。

マイナスのエネルギーになっていないでしょうか。

思いは現象化します。瞑想もうまくいかないでしょう。

反転力もなかなか強くなってこないと思います

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

故意に、田池留吉の磁場を避けて瞑想をするということはどういうことでしょうか。

果たして、そんなことができるのでしょうか。また、そういうことをなぜするのでしょうか。なぜできるのでしょうか。

少々、不可解な文章だと感じました。

瞑想とは、自然に田池留吉の磁場に向くものだと、それが瞑想だ、だから瞑想なのだと私は理解しています。

何か、この学びとは全く違う学び方をされている方がいるということを認識させていただきました。

メッセージは波動です。文言は、特に日本語にはこだわりません。

ただ異語で語るよりも、自分の日常語に変換するほうが、肉の自分にも分かりやすいということでしょう。

自己顕示であるとか、自分の都合の良いように語っていれば、それは正直に自分の心に返ってくるでしょう。

それをしっかりと素直に受け止めていくことが学んでいくということに繋がっていくのではないでしょうか。

波動は騙せません

語る文言は一字一句同じでも、波動は格段の差がある、あるいは全く違うということも、事実です。

夫婦、親子等、あなたの生活の中の近しい人達との関係がまず良好関係でなければ、

全宇宙に向けて愛のエネルギーを発信、反転などとても、とてもできないです。

自分の身の回りのごく狭い人間関係の流れもスムーズに流れていない状態、戦闘状態とまでもいかないけれど、

冷戦状態とか、どこかうまく歯車がかみ合わない状態とかであれば、

まずその修復という意味において、自分から流れているマイナスのエネルギーを本当に知っていかなければならないでしょう。


しかし、そういうことは、正しい瞑想ができてくれば、自ずと修復されているはずです。

そんなところで苦しんでいるとか、悩んでいるとか、そんなことは、本当はあり得ない話です。

ですが、現実にはどうでもいいことに苦しみ、悩んでいる人達が、学んでいる人達の中においてもまだあるということでしょうか。

私にはそれ自体がどうも腑に落ちないことです。何で、このようにして学ばせていただいているのにと、不思議な感じがします。

学んでいけば、悩みが出てこないというのがごく自然だと思いますが。

所詮、肉のことは、磁場と思い、愛を思い、本当に心の針を向ける瞑想を重ねていけば、雲散霧消することばかりです。

本当に大事なもの、本当に大事なこと、それに向けて全エネルギーを注いでいけるような時間を刻んでください。

夫婦仲が悪い人達がいます。この人達はこれからどのようにいくのでしょうか。

  私が伝えてきました学びを進めていくことは難しいでしょう。

  母親の反省をしていようと、田池留吉のメッセージを受けていようと、難しいでしょう。

冷たいの一言。温もりなんて無縁の人達。

肉は良い人と言われているかもわかりませんが、冷たい人、愛から遠く離れている人達でしょう。

必ず現象化します。既にしているのではないでしょうか。

一日も早く、心新たに、勇気を少しでも出して、前へ第一歩を。


「 お母さんに産んでいただいて、千載一遇のチャンスを得たのに、お母さんありがとうも言わずに、

  何故生まれてきたのか、どこへ流れていくのかも分からずに死んだらあかんで」と伝えたいと思います。

  ほんとに、これからの300年間 はどうするのか案じます。

   無知、エゴ、欲の3つのままでは、生まれてきた意味は全くありません。心していきましょう。

   何よりも、心底から
お母さん産んでくれてありがとうと言えるようになってください。

  それも、
お母さんが健在の時に

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  まだ、あなたを産んでくれたお母さんがご存命ならば、どうぞお母さんを大切になさってください。

大切にするというのは、あなたが日々この学びをして、瞑想をして少しでも自分の心にお母さんの温もりを感じ、

自分をこのように産んでくれたお母さんに心からありがとうございますと言えるあなたになるということです。


まずその肉として、お母さんに感謝の意を表明できなければ、

田池留吉の磁場もアルバートも愛も何も分からないということではないでしょうか。


意識の母に感謝しています、意識の母にありがとうが言えますと言って、

何かこの学びをしているような感じになっているかもしれませんが、まず今世の母が大事です。

もちろん、その肉は互いに愚かです。そんなこと分かり切っていることです。

しかし、あなたは今世のお母さんに産んでもらってそこにいるんです。

肉をもらったという事実、肉をくれたという事実、これはどれほどありがたいものなのか、

学びの度合いが高まってくればくるほどに、感じてくることです。

あだやおろそかにできないことです。してはいけないことです。

さらに、お母さんの温もりの分からない人、感じられない人、信じられない人に、正しい夫婦関係は構築できません

田池留吉、アルバートといっても利害が一致している中での学びをしているだけではないでしょうか。

正真正銘の夫婦となるには、さあとても難しいことなのではないでしょうか。

相手を通して徹底的に自分のエネルギーを知るということで、格好の組み合わせですが、

そこまで自分を見ていけるかどうか、ある程度のところでチョンチョンチョンと手締めをしてしまうのではないでしょうか。

(真実を)何も知らずに死んでいったらダメだけれど、現実は、何も知らずに死んでいく人が殆どです。

それでは、どんなに自分の足跡を残しても、後悔、後悔、また後悔です。

どんなに悔やんでも悔やみきれない無念が自分を切り裂いていきます。

そんなことは、みんな百も承知でした。


しかし、なぜ人間は、それをきれいさっぱり忘れてしまうのでしょうか。

愛を知らない人間が愛という言葉を使っている、愛の安売りをしている、本当におぞましい人間の姿です。

自分を冒涜してきたことに心から懺悔していくチャンスは、すべてに平等に用意されています。

それは、私達自身が愛そのものだからです。

愛に目覚めていく、本当の自分に目覚めてい

それは大言壮語でも何でもなく、本当に自然なことでした。

愛は誰でもが自分の中に知っています。復活できないわけはないんです。

 

今、巷間では、体罰問題で喧噪。

体罰は教育でも、愛でもありません。暴力に過ぎません。

体罰を容認するような環境は洗浄をしていくのがよいかと思います。

暴力が、日常茶飯事に、愛を知らない、忘れてしまった人間達の間で愛の鞭という名で行われています。

まず、家庭や学校から、子供の為、生徒の為という暴力がなくなって欲しいと思います。

[愛]は、頭では分かりません.瞑想を通して愛を知っていってください。

 

勝つために、体罰という名の暴力を振るう、人を指導するために、飴と鞭を巧みに使う、

このようなことをあなたはどのように思いますか。どのように思ってこられましたか。

体罰も、鞭と飴も
愛というエネルギーが働いているでしょうか。

現実は大変難しいでしょうが、

愛の実現に徹していくように心掛けましょう。

人を導くには、まず、自分自身が[愛]に目覚めることが絶対必要条件です。

 

(元 大阪府の某高等学校の校長 田池留吉氏  84歳)



 「母親のありがたみは、母親が亡くなってから分かる。」という台詞を聞いて、

あなたはどのように思いますか。


私は、存命であれば、正しい瞑想を通して母親の温もりが心に響いてきたら、

心の底から「お母さん、産んでくれてありがとう。 幸せです。」と、

直接、お母さんに話せたらいいなあと思います。

本物ですか、偽物ですか。本当ですか、嘘ですか。


あなたは本物ですか。あなたの心はどこに向いていますか。

あなたは、田池留吉の磁場を信じていますか、どの程度でしょうか。

あなたの心の中には、もう、他力の神々はいないでしょうか、それは本当でしょうか。

あなたは、今、幸せでしょうか、それは本物ですか。あなたにとって幸せって何でしょうか。

あなたは、お母さんの温もりを日々感じていますか。それは、どんなんものでしょうか。

あなたは、お母さんと一緒に学びを進めてきましたか。

あなたは、今、夫または妻と一緒に学びに連なっていますか。

あなたは、死後も学びを進めていると確信していますか。

あなたは、指針に従って学んできましたか。それは、本当でしょうか。

人は、
自分以外のものには嘘はつけても、自分自身には嘘はつけません。どうでしょうか。

波動は真実、波動はエネルギー、波動は仕事をします、それは現象化します。

自分自身の心、発しているエネルギーをしっかり見ていますか。

それは、プラスですか、マイナスですか、常に確認していますか。

あなたは、自分自身に誠実、大切にしていると思っていますか。

もう一度聞きます。あなたは本物ですか、偽物でしょうかか。

時間が経てば状況の変化があることは世の常ですが、

どんなに時を経ても絶対に変わらないものがあるんだという世界を知って、

それが感じ信じられることはすごいことなんだとしみじみ思う毎日です。

「自分を信じて生きていきなさい」、今よりも前の転生においても、何度も聞いてきたように思います。

ただ、自分を信ずるというその自分が分からなかったから、結局は自分を信じられずにきたのでしょう。

ようやく、信じられる自分を知りました。感じています。だから、言われるまでもなく、自分を信じて生きています。

そうする以外に何もないことを知りました。自分を信じて生きていく安らぎ、喜び、幸せ、温もりは最初から伝えてくれていたんですね。

今の言葉で言えば、針を中に向ける生き方です。

針を中に向けて、本当の自分を絶えず感じていれば、

もう絶対に正規の軌道を外れることはないと、心に伝えてきます。

意識の世界は法なのだと感じます。

自分を救うのは自分。自分を喜びにいざなうのも自分。自分を落としていくのも自分。

1+2=3の世界にのみ生きる喜びだけが喜びでした。

私は幸せです。皆さんも、それぞれに幸せを感じておられるでしょう。

学びをして幸せが分からない、喜びが分からないことは絶対にありません。

まず、肉で幸せを感じ、喜びを感じるはずです。

それがそのまま、意識の世界のほうにスムーズに繋がっていくことについては、あまり深く追求しないことにしましょう。

とにかく、肉で満たされてください。

肉で満たされるということは、物質的に満たされるという意味ではなくて、

少なくとも自分の家族の人達の間がギクシャクしていない、そんな人間関係の中にあるということです。

自分の生活圏の中にギクシャクの雰囲気が漂っていれば、瞑想どころではありません。

瞑想によって、それを解消させようとすることは違っています。

まず、肉で幸せを感じ、喜びを感じていきましょう。

そして、気分良く、ご自分の中の世界と対峙してください。

さらに気分良くなります。

その幸せと喜びの波動で、家族の方と接していけば、肉の生活もよりスムーズに流れていきます。

意識の喜びが肉へ、肉の喜びが意識へ、より良い流れを自分の中に作り、私は、さらに宇宙へと心を向ける毎日です。

ズバリ言いましょう。

田池留吉の世界・磁場に心を向けなければ何も始まりません。

愛以外はマイナスのエネルギーです。

どうして、
素直に、田池留吉の意識にあなたの心の針を向けることができなのでしょうか。

進むか落ちるかはあなた次第です。

私は、瞑想をする喜び、瞑想の大切さ、瞑想の醍醐味を心で知っています。

だから、私は瞑想を通して、心を向けることを淡々と、そしてきちんとやり続けます。それが私の喜びだからです。

思うということ、瞑想をするということ、何のためにそれをする毎日なのか、そんなことは考えたことはありません。

ただ、思うこと、心の針を合わせていくこと、

そして向けること、それが私のするべきことなんだと伝えてきます。

だからこうして肉を持って、心の針の向け先、合わせ方、向け方を習得したんだということでした。

二十年かけて学んだものを、二十年かけて咀嚼(そしゃく)し味わっていく楽しみ、喜びが私を待っています。

それは、必ず250年の間の私にとって大きな支え、そして力となってくれるでしょう。

決してぶれない自分の方向を、私は日々の私の勉強の中で確認しています。

目に見えない意識達、心に交信してくる意識達に、私は自分の心で伝えています。

母の温もりを、ともに帰ろう、帰れる喜びを、私は私の心の中で伝えています。

私は、この千載一遇のチャンスを逃しませんでした。

私にとって、今世という時は千載一遇のチャンスでした。

本当に心からそのように感じながら、私は私の勉強を進めてきました。これからも進めていきます。

今は、何が楽しいって、田池留吉、アルバートを思って、異語で語り合う時間が私にとって本当に喜びの時間です。

その波動に触れ、私の中が反応して、異語で語る。

静かな、そしてゆったりとした空間の中で私は自由に語る。この時間と空間が私には本当に嬉しい限りです。

「そこには何が必要か。何も必要としない。心に伝わり響いてくるこの世界こそが私の現実。私はこの世界に生きている。」

自問自答の中、繰り返し、繰り返しその検証を重ねられる時を用意していることが幸せです。

心を向ける喜び、心を合わす喜び、その喜びを伝えていただいて、本当にありがとうございます。

思えばいい。思うだけでいい。

磁場も、反転も、愛も、みんなみんな喜びのエネルギーだと心は知っていました。

だから思うだけでいい。思えること、それがすでに喜びでした。

  自分に問いかけ、自分に答えを出す。そしてまた問いかける。

この問答を繰り返すことによって、私自身の成長があると感じています。

 偽物は、所詮偽物。真なる温もり、優しさに帰りませんか。帰りましょうよ。偽物は、もう、こりごりです。

  脱暖衣飽食、脱酔生夢死、
ひたすら瞑想、心の針を田池留吉の磁場に合わせていきましょう。

 
田池留吉の磁場は愛のエネルギー、あなたは愛です。

もう、何も要りません。もう既に、愛の中にあります。

己を信じ、誠実に、喜び、喜びの人生を楽しんでいきましょう
。どうでしょうか。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  脱暖衣飽食、脱酔生夢死とは、厳しい規律の中で生活をして学びなさい、つまり修業的なことをしなさいと言う意味ではもちろんありません。

生活は、ゆったりと、楽しく、満たされていればいいんです。

肉でも何かしら楽しみがなければ、味気ないではないですか。


ただ、それのみでは何の意味もない人生です。それこそ味気ない、砂をかむような人生です。

どんなに物資的に、精神的に満たされていようが、またどんなに家庭で、社会で必要とされる立場にあっても、

肝心要のものが抜け落ちていては、本当につまらない人生です。


ましてや、することもなく、目的もなく、ただ寝て、食べて、笑って、泣いて、

時間がダラダラと過ぎていく人生なんて、どんなに元気で長生きしても決して幸せな人生とは言えないと思います。

たった一つの目標を示していただいているのだから、それに向かって、日々元気よく進んでいきませんか。

肉は元気で肉の生活は楽しく、そして未来も明るい、それは決して絵空事ではないんです。




あなたの流れは
意識の流れですか。素直に、逆らわずに意識の流れに乗っていきましょう。

何が何でも、
意識の流れに乗って、次元移行に向けてしっかり生きていきましょう。

だから、肉をお母さんから頂いたのです。肉も大切に、人生を夢疎かにしないように心掛けましょう。

目標に向かって私とともに突進しませんか。

私は、当面、UTAの輪の成長を切に期待しています。

 

、私達には肉というものがあるのだから、その身体を通して、磁場のエネルギーであるとか、反転のエネルギー、

そして、愛の文字から流れているエネルギーを学ぶことができます。たとえばOリングテストもその一例です。

また、それらのエネルギーを体感する、たとえば指先であるとか、手のひらから腕に、あるいは身体全体に

ジンジン電流が走るような感覚を覚える、そういった体験をされる人も多くいるでしょう。

それらはそれで、目で確かめたり体感したりして、確かにああそうだと実感はあるでしょう。

しかしです。それよりももっと実感できるのは、自分の心で感じることです。

針を向け、ただ一点に合わせていけば響いてくる世界があり、響いてくる波動、エネルギーがあり、

これはもう絶対に間違いのない世界だということが感じられます。

私は愛ですという思いが心の底から湧き起こってきます。


毎日、毎日、瞑想をして、こんな体験を毎日、毎日重ねていけば

これほど確かなものはないではありませんか。この体験には何も要らないんですから。

自分に響いてくるのだから、そしてそれはどこから伝わってくるのかと言えば、絶対に自分の外ではないです。

自分の中から、繰り返し、繰り返し伝わってくる、響いてくる、自分の中で証明できる、こんな確かなことはないではないですか。

突き進む目標は一点、我々の故郷・温もりです。

あなたの心は、何処を向いて、いつまでも いつまでも うろうろ しているのでしょうか。

その訳が分からない限り、今世も失敗、勿体ない、勿体ない。

超大馬鹿者と言われても仕方がないと思います。

驕ることもなく、卑下することもなく、信じて、信じて、ただ進むだけ。よろしいでしょうか。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

に向けて突進。すべてを愛に向けて突進。ともにこの道を。

私は全宇宙に向けて、いいえ全宇宙とともに歩んでいきます。突き進んでいきます。

地球人類は、全く道を間違えてきました。

全く道を間違えているのに、まだそのことに気付かずにいるのです。

そうでしたとあなたの心に感じるところがあるならば、どうぞ、まずあなたの心の中を、

しっかりとに向けていけるようなあなたに一日も早く復活してください。

目指すは一点だけ。一点です。一点、分かりますか。分かりますね。

 初めから、ずっと言っているでしょう。「あなたは、初めからずっと幸せですよ。」と。

そして、それが分かる、信じられるようになるには ・・・と、ずっと、ずっと言ってきましたでしょう。

「私はあなた、あなたは私、一つ。」「私は愛、あなたも愛、一つ。」とも言ってきました。

ごちゃ、ごちゃと頭を回すことは、いい加減にしておきましょう。

心を内に向けるように心掛け、素直、誠実、勇気で真実を目指し、前へ、前へと突き進んでいきましょう。

 単刀直入にお聞きします。

  あなたは、あなたを生んでくれた
お母さんが好きですか、嫌いですか。

良いお母さんだと思っていますか、見下げていますか。

お母さんから言われた言葉でしっかり掴んできたものがありますか。



お母さんの反省をしっかりしてきましたか。

@ お母さんにしてもらったこと

A お母さんにしてもらわなかったこと

B お母さんにしてあげたこと

時間をかけてできるだけ思い出してください。それらをノートに書いていくのがいいと思います。



また、
0歳の時の自分に心を向けて瞑想をしていってください。

お母さんからおっぱいを貰いながら全託していた自分を思ってみてください。

反省と瞑想が進んできたら、

田池留吉の意識・愛に心を向けて瞑想をしてください。

瞑想ができるようになってくると、お母さんに使ったいろいろの思い、

中でも、マイナスの思いが出てくるようになってくるでしょう。

出てくるようになれば、丁寧に、一つ、一つ、
反転(プラスのエネルギー・愛)と実行してください。

やがて、少しずつ、温もりが心に響いてくるようになってきます。心も広がってきます。

後は、どんどん
磁場・反転と楽しんでいってください。

「お母さん、生んでくれてありがとう。お母さん大好き。」

となってくれば、どんどん、あなたは変わっていくでしょう。

あなたが変わってくれば、周りの人々も、環境も変わってきます。間違いなく整ってきます。

私が伝えてきたもろもろのことがはっきりと分かってくるようになると思います。

 磁場と反転を実践している人達が、しかも効果を上げている人達が増えてきました。

一方、ぐずぐずしている人が沢山いてることも事実です。

現在、学びは、究極を目指して、進んでいます。

例えば、田池留吉の磁場に対する信が高まってくると、

磁場を思うだけで、マイナスのエネルギーはプラスのエネルギーに変えられていきます。

実験し、確認してください。

このメッセージを読んだ方は、更に、学びをどんどん進めていくだろうと思います。期待しています。

第15回UTA会で、そのような人達を探したいと思っています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

そうですね、特に意識して反転と言わなくても、磁場と思いを向けるだけで、それはもうすでに反転なんです。

なぜならば、本来の反転のエネルギーは磁場から発信されているからです。

磁場も反転も喜びのエネルギーだからです。


日々の生活の中で、自分のエネルギーを感じ、そして、同時に思えば、それが磁場と反転。

そういうことを繰り返しながら、日々を送っていく、それでいいんだと思います。

そして、身体も快調、心も快調、時間もゆったりと静かな中で、

さらに母を思い、愛を思い、宇宙を思い、次元移行を思う。

こんな幸せな肉はないというのが私の感想です。

あと何が要るのか、何も要らない。全部整っています。

満たされて、満たされて、本当にこんな幸せでいいのかと思うくらいの人生です。

本当に学ぶ人達と学んでいきたい、この思いは田池留吉氏にも共通するところだと思います。

学びは他力信仰ではないんだから。

学びは真の道を、たった一つの真の道を示しているんだから。

だから、真剣に誠実に自分と向き合おう、意識の流れにその一歩を進めていこうとする人達と学んでいきたいです。

ほんの少しでも、学びに、そして田池留吉氏に、不信感を感じている人達は、絶対にともに歩みを進めていくことはできません。

はっきりと 申し上げています。

しかし、それは一対一ではなく、このようにしてホームページであるとか、本であるとか、セミナー会場であるとか、

多くの人達を対象に 示してきたことだから、

それは私のことではないと、心に留めずに、ただ言葉を目や耳を通過させている現実だろうと思います。

しかし、それは、あなたが今の肉を置いていけば歴然としてくることです。

肉は学んでいるかもしれませんが、それはどうでしょうか。

今、肉を持っている今のうちに、その検証を自分にしてください。

そのためにあなたには時間が残されているんですから。

 想像で、学びや学びの友につて邪推,放言、もういい加減に堪忍してください。

 
UTAの輪という名称について一言。

この名称を使って勉強会をしている人々を知っています。

私の指示で会を結成しているのではありません。

私が、UTAブックが使っている  
UTAの輪 の中に入って

更に学びを正しくやっていきたい という志を持っている人達が

自主的にされている学びの友たちの集まり だと、

大変うれしく思っています。

これからも、この名称を使って、各地域で、学びを積極的に進めていこうという人が増えてくると思います。

どうか、善意で、行動し、言葉を出していってください。

そして、みんな仲良く、助け合って、自分の心をしっかり見ながら

人生の目的に向かって真っすぐに進んでいくように努めてください。


あなたは、
たれ人間ではありませんか。

甘ったれ、文句たれの馬鹿ったれでいて 

私は賢い、いつも正しい と嘯(うそぶ)いている人が割といます。

このよう人間だと 未だに気付いていない人 では、学びを一歩も前へ進めていくことは難しいでしょう。

戦うのを止めましょう。何度も何度も言ってきました.。

どうして戦うのですか。自分を粗末に扱ってはいけません。

あなたは偉いのです。正しいと聳(そび)え立っているだけです。

戦えば、自滅あるのみ。

人類は戦って戦ってきました。あなたもそうではありませんか。

あなたは、現状をどのように思っていますか。


学びに10年、20年連なっていても、未だに、夫婦、親子がなかな仲良く、学びを共にできないのはどうしてでしょうか。

残り少なくなったUTA会(セミナー)に、どうぞ、仲良く、一緒に参加されてはどうでしょうか。

それでも、一緒に参加できない理由でもあるのでしょうか。

本とか、ホームページに、その理由が見つかりますか。
あなたの心にあるのではありませんか。

あなたがあなたのお母さんに使っている、使ってきた思いをしっかり見てください。

必ず、その思い・エネルギーは現象化します。

そして、互いにエネルギーは共鳴し合い、マイナスのエネルギーが大きく強くなってきます。

磁場・反転のプラスのエネルギーでそれらをプラスに変えない限り

マイナスのエネルギーはあなたに促してきます。

病気、夫婦の不和、親子の断絶、事業の失敗、生活苦などとなってあなたに迫ってきます。



母親の反省、母親を思う瞑想、0歳の瞑想、意識の転回、磁場と反転の実践

それらのマイナスの現象をプラスに変えていく大きな仕事をしていくでしょう。

幸せになりたければ、「お母さん産んでくれてありがとう、間違ってきました。

真実が見えてきました。自分の帰るところが分かってきました。

もう迷わず、真っ直ぐに、次元移行に皆とともに進んでいきます。母なる宇宙に戻っていきます。

今世、生まれてきてよかった、やっと、やっと、幸せとは喜びとはの実態が分かってきました。

ありがとう、喜び、幸せになってきました。」

と学びを進めていかれたらよいかと思っています。

苦しんでいる人、悩んでいる人、病んでいる人、

単純に、矛盾なく、真っ直ぐに学びを指針に従って進めてください。

自分に誠実に、もっともっと自分を大切にしてください。

誤魔化し,誤魔化して大切な時間を消耗するのはいい加減に止めていきましょう。


正しく学び、素直さと少しの勇気を出して、実践していけば、有限、無限ともに整ってきます。

は厳然としてあります。

肉も、心も楽しんで生活をしていってください。

初めに意識がありました。

意識は愛しか存在しません。

意識、愛はエネルギー、プラスのエネルギー、仕事をします。

マイナスのエネルギーは存在してなかった。



愛が肉体を持った。

肉を基盤とした思い、エネルギーはすべてマイナスのエネルギーです。



肉体は愛を忘れ、肉の思いを基盤で、

マイナスのエネルギーで肉を何とかしていくうちに 真実が分からなくなってきました。

そして、
無知とエゴと、欲一杯で幸福、繁栄、豊かさを追求してきました。

 

その結果、人間は本来の自分からどんどん離れていきました。

皆さん方が、、自分だと思っている自分は偽、影だということも分からなくなって、

病気、戦争、貧困、不安という現実から何とかと悪戦苦闘を続けてきました。



救済の道は、人間ひとりひとりが本来の自分に帰ることしかありません。

ですね。

母なる宇宙、温もり、喜び、優しさに帰るということです。

だから、人間が考え出し、創り出してきたものは、それはそれなりにある程度の効用はあるでしょうが、

愛を忘れた、愛から離れたものには解決する力、エネルギー、パワーはないことを知って欲しいと思います。

まず、この事実の認識から学びを進めるようにしてください。

愛なき人生は人生に非ずということになります。 

今ある環境の中で、喜びを見つけ、喜びを育てていけばいいだけ。

その喜びとはどんな喜びなのか、肉としてのあなたの喜びだけではもちろんないことは言うまでもありません。

数え切れない意識達を抱え持って、今そこに肉があるだけです。

遠大な意識の世界の計画を、その肉を通してほんの僅かでも感じられるようになってください。

自分の中のたくさんの自分と手に手を取って、半歩でもいい、正しい方向に歩み出す今世であってください。

確かに肉のあなたは歩んでいこう、いいえ突き進んでいこうと思い、熱心に学んでいるかのようです。

しかし、どうでしょうか。他力の心の根深さをどの程度、認識しておられますか。

現実問題として、それが依然として自分の中に残存しているのではないかを、本当に、何度も、何度も、検証してください。

それは決して少人数ではありません。私は大げさに書いているのではありません。

こんなに熱心に学んでいるではないか、反発があるかと思いますが、形ではないんです。

波動は騙せませんということです。

田池留吉の磁場はプラスのエネルギー・愛、

反転のエネルギーはそのエネルギー・愛。


磁場に対する
が高く、深く、大きくなれば、反転力もまた、大きく、強くなってきます。

だから、磁場・反転と実践していけばいくほどに、磁場に対する信が次第に高く、深く、大きくなってきます。

そのようになってくれば、
田池留吉の磁場に心の針がしっかり向くようになり、

思うだけで、磁場のエネルギーがどんどん流れ出るということになってきます。


当然、
マイナスのエネルギーはプラスのエネルギーに変わってくることになります。

そして、
まず自分が、続いて相手が、周囲の人たちが変わってくるようになってくるでしょう。

私に全てを委ねてください。私を信じてください。

私があなただということをただ信じて突き進んでいってください。

私達は来世に向けて突進、猛進、この勢いは留まることはありません。

しっかりと私達の思いに応えていってください。私は異語で語ります。

私は必要なことは全て異語で語ります。

どうぞ、心でそのメッセージを受けていってください。

頭を回す必要はありません。

あなたは ただただ 田池留吉の磁場を思い、愛を思う瞑想を続けていってください。

愛が仕事をします。田池留吉の磁場が仕事をします。

マイナスをプラスに変えていきます。

心を広く、広く、大きく、大きく、ただ全てを私に委ねてくれませんか。

私はずっとずっと待っています。いつまでも待っています。

意識の法は、厳しく、優しき、単純で矛盾なし。

T+2=3 +か−か  真か偽か  永遠か一瞬か  無限か有限か  意識か肉か  

 

思うということが自然と針が向いている、合わせられている、ということに繋がっていけば何もないことです。

思うことがすべて。思うことは、いつでもどこでもできます。

思うことには何も要りません。何も必要としません。

思うことが私だから。思える心が私だから。

思えば通じる世界。思うだけで通じる世界。


心の針の向け方、合わせ方、合わせ先、それが間違っていただけ。

心で気付いていくことです。

心の針は、見えるものではない。自分の心で感じる。

心の針が向いているか、合わせられているか、自分の心が教えてくれる。

心の針を限りなく合わせていけば、愛のエネルギーは限りなく流れ、

その厚みが増し、温かさが増し、広さも増す。

すべてを包み込んでいく。


何も要らない世界。思うことだけ。

そして思うことも要らなくなってくるかも・・・。

存在が喜び。あることの喜び。


次元移行を果たしたあと、何かそのような思いが心に広がっていくような、

そんなことを学ばせていただける時間が用意されているのではないかと思います。

250年とは、地球時間。意識の世界では、あっという間。

思っていれば、すぐに肉を持つ時がやってくる。

その肉を最大限に活用して、私は私を発信していけます。

一人でも多くの方が、この幸せと喜びを自分の心で感じていければいいのになあと思ってしまいます。

どなたにも、
この幸せと喜びを感じられる自分の心があったんです。

自分の中にずっとあったんです。

目を閉じて思いを向ければ、思いを向けるだけでよかったんだということが、はっきりと分かります。

こんな中で、争いが起こるはずもない。こんな中で、我一番の思いが出てくるはずもない。

助けてください、救ってください、幸せにしてください、恵みをください、力をください、

寂しいんです、愛してください、そんな思いが起こるはずもない。

ようやく、ようやく、今という時を経て、今のこの肉を通して、そのことが自分の中ではっきりとしてきました。

ようやくです。

思えば広がる心があった、思うだけで温もりと喜びを感じられる心があった、

何度も、何度も、確認しています。何度も確認できる。絶対に消えない。絶対に色褪せない。

お母さんの言ったこと本当でした。

「苦しい、狂いそうだ。」と訴えている人がまだまだ多いようです。

気力体力がまだあるのにという方たちで・・・・。

その多くは、UTAブックの本をしっかり、

学校の教科書や資格試験用のテキストを繰り返し、繰り返し読んだように、読んでいない

従って、学びの核心部分さえ理解しないまま、漫然とセミナーに参加、

古びたナビ さえ使い切れないまま、何とかならないかと学びを進めている方達だと思います。

ホームページ、特に最近のものをよく読み、実践しているようには見受けられない人達だと思います。


勿体ない、勿体ない、ただ驚くばかり、もっともっと自分を大切に、

もっともっと自分に誠実に生きていって欲しいと思います。

ただ、徒に、反転、反転とだけしていても・・・・・と思います。

やる以上は熱意を持って、真剣に進めてください。

自分では分かっているつもりでしょうが、全然わかっていないのが実情です。

敢えて言います。凄い学びです。分かって欲しいと思います。

自分の心をもっともっとしっかり見ていくようになってくれば、どなたでも分かってきます。

物凄い学びだということ、このために生まれてきたということも、納得できるでしょう。



相手を変えようと思えば、まず、自分から変われ。

相手を責め裁くな、相手に怒りをぶつけるな。

その思いはマイナス。確認して直ちに磁場と反転を。

嫌な相手は、あなたの心の鏡、

ありがとうとなっていくように心掛けましょう。

磁場と反転がうまくいくようになてくれば自ずと色々なことが分かってきます。

あなたがこれはと思う人、世に言う宗教家等々、立派な本を書いてきた人、

立派なことをおっしゃっている人、その人に意識を向けて聞いてみればいいんです。

あなたは自分をどのように思っていますかと。そしてあなたのお母さんをどのように思ってきましたかと。

波動 云々(うんぬん)を 取り上げるまでもない ことでしょう。

それでも 心から離すことができない のはどうしてなのでしょうか。

確かに学びはすごいです。 

すごいというよりもこれしかないことが分かってきます。

心に伝わってくる波動の世界が、肉の心ではなくて、本当にあなたの意識の世界がとらえていったならば、そうなんです。

それを、長年、セミナーは開催され、ホームページは開かれ、また本は出版され、草書体の愛が出現して、

これでもまだ正規のルートに乗れないということは、いったいどういうことなのでしょうか。

私は、はっきりと申し上げて、たった一人でも学んでいけるんです。

田池留吉の磁場、田池留吉の世界、アルバートの磁場、アルバートの世界、

私は私の中で思いを向ければ、自分の中で学んでいくことができます。

250年、300年、それ以降を見つめて私は私の勉強を推し進めています。

その一方で、縁あって、こうしてともに学ばせていただいているのだから、

今世、学びに繋がった人達、一人でも多くの方達と250年後に出会いたいという思いがあります。

そして、その思いを感じながら、私の中から伝わってくる思い、響いてくる思いは、意識の流れです。

宇宙とともに意識の流れが遂行されていくそのことだけです。

だから、私は瞑想を重ねます。心の針を合わせます。それが私の喜びだからです。

愛の実践

愛を流すのは肉のあなたがするのではありません。

意識がするのです。出来るのです。


肉のあなたは、心の針を田池留吉に合わせ、思うように努めるだけでいいのです。

やってごらんなさい。

肉でやろうとしている愛の実践は偽、マイナスのエネルギー、

やがて、マイナスの現象となって自分に帰ってくるでしょう。

伝令、・・・・・ 病気、不和、失敗・事故など。  偽物は駄目、偽りはいけません。

頑張らないでください。頑張りすぎないでください。

田池留吉の磁場に心を向け合わせていくだけでいいのですから。

頑張ることは苦しみです。マイナスです。

自分が頑張っていると感じたなら、その思いに向けて反転としてください。

意識の流れに全てを任せ、あなたはあなたが出来ることを実践していってください。

常に心の針の向け先を確認しながら、日々の生活もまた楽しんでいきましょう。

形のある世界は消え去ります。しかし、形の世界がなければご自分の学びを遂行していくことはできません。

今ある環境の中で、ただただ喜んで、喜んで、あなたはあなたの学びを進めていってください。

握らない、掴まない、こだわらない。ご自分を解放していく術を形のある世界を通して、学んでいってください。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

頭を回し、肉体を駆使し、頑張って頑張って、

更に、神や仏や宇宙のパワーと心を使っていては何も見えてきません、

分かってきません、ただ、悪戦苦闘を続けて一生を終わるだけです。

ただ心を田池留吉に向けるだけ、

心の針を田池留吉に合わせるだけ、

そのような瞑想をするだけでいいのです。

習慣化していれば、愛が必要な仕事をすべてしていきます。

そして、肉も整ってきます。

肉の幸せ、喜びもおのずと感じられるようになってきます。

すべてが、真。真の人生を、正しく、意識の流れに乗って次元移行に向かって進んでいきます。

  愛が仕事をします。その仕事は現象化します。

心を間違った、田池留吉でないものに向けておれば闇、ブラックのエネルギーが仕事をします。

その仕事は間違いなく現象化します。

戦い、病気、失意となって表れてくる。

従って苦しんでいる人は間違っていることになる。

それでも、己の偉い人は、それらの原因を外の求めていき、落ちていきます。

あなたは如何でしょうか。

あなたの心はいつも、田池留吉にしっかり向いていますか。

肉を、目に見える現象界を基盤にしているものは、愛を流そうと思っても愛は流れないでしょう。

流している、流れていると思っている ものは、偽、本物ではありません。

従って、私が伝えているような愛という名の仕事はしない、出来ないと思います。

愛は、田池留吉に心の針があっている時、

田池留吉を信じている時、あなたを通して流れていくのです。

試してください。確信してください。

きっと、不思議、驚き、超常、至福、真の平和と安らぎを体験していくでしょう。

しかし、現実は、間違った方に針を向け、肉肉で、悪戦苦闘している人が殆どです。

無知とエゴと欲の塊の人があまりにも多すぎます。

宇宙は、今、どんどん目覚めつつ、母なる宇宙に帰ろうと目指ししつつあります。

一つになろうとしつつあります。

念のために、くどいようですが、田池留吉は、あなたの外にいるものではありません。

あなたの中にいるものに、よろしいでしょうか。

あなたのUTAナビは、どこに向いていますか。

田池留吉(意識、磁場、愛)へセットされていますか。

常に点検を忘れないように。  もう一つ、常に更新も忘れないように。

田池留吉でない方に向けていたら、間違った方に誘われていきます。

大方の人はこのような現状です。

準備万端整えて、前に進んでいくようにしてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

私は、伊達や酔狂で、汗と涙まみれになって、セミナー会場を転げ回ったわけでも、走り回り、暴れ回ったわけでもありません。

自分がエネルギーであり、それも凄まじいエネルギーを培ってきたことを、

自らの肉体を通して自分に知らしめるために、体力の続く限り、学ばせていただきました。

それは私にとっては大きな財産です。かけがえのない宝物です。すごい学びをさせていただいたんです。なりふり構わず学ばせていただきました。

当時、自分の中を掘っても、掘っても、プラスのエネルギーに突き当たることなんて、とても、とても、でした。

出てくるものは、田池を殺すという、ただそれのみでした。

あなたは温もりです、あなたは喜びですなんてことは、頭を通過させるだけで、なかなか信じることなんかできませんでした。

だからよかったんです。徹底的に歯向かってきました。徹底的に抵抗してきました。腹立たしくて、腹立たしくて、仕方がなかったんです。

姿を見るたび、声を聞くたび、突き上がってくる思いは、お前を殺す、消え失せろという思いだけでした。

徹底的に出させていただきました。徹底的に、です。だから私には分かるんです。

徹底的に自分と対峙することがなければ、母の温もりに出会うことは難しいことが。すべてが中途半端に終わってしまうことが。


しかし、一度、それに出会うと、あと、どんなに自分の中のブラックが凄まじくても、もう大丈夫なんです。

今度は局面が違ってくるんです。

ブラックのエネルギーを感じていけばいくほどに、温もりが広がっていく、喜びが大きくなっていくことがはっきりと分かります。

それは一朝一夕にはできないけれど、本当に自分の中の温もりと喜びに出会っていけば、それが逆戻りすることなんて絶対にあり得ないんです。

だから、中心棒がしっかりと育っています。それが私のナビです。

これからの時間、さらにそれを育てていく喜びだけがあるんです。常に点検、そして更新

それが私の進化と成長です。

そして、今、はっきりと言えることは、私は今世の結果を自分の中で途切れることなく引き継いでいけるということ。

私は意識の流れの中にあるからです。

田池留吉の肉体を通して、愛のエネルギーが流れている、これを目の当たりにする、

あるいはそれを自分の肉体を通して知る、これはもちろん喜びであり、嬉しいことです。幸せなことです。

しかし、そこに留まっていては自分の進化、成長は望めません。

田池留吉のそれは私達すべての状態です。本来はそうなんです。

自分の中でそれを実感する、確信する、その方向に自分の勉強を進めていくことが肝要です。


マイナスのエネルギーであっても、それをプラス、プラスに変えていけば、それはすごいエネルギー。

次元移行を遂行していくためには、大変大きなエネルギーを要します。

宇宙からブラック、ブラックの大きなエネルギーが次から次へと交信してくるんです。

心に受け止め、ともに行こうと呼びかけていくには、

自分の中にしっかりとした中心棒の確立が絶対的に必要です。

絶対です。

自己確立。これこそ喜びの道、母なる宇宙へ帰る喜びの道に繋がっていくことを知ってください。

自己確立です。自分と自分の中で、瞬間的に針を合わせていけること。

これが、怒涛のように覆いかぶさってくる自らのエネルギーを大きく、大きく受け止めていけるたったひとつの手段です。

それが確立できなければ、自らのエネルギーに一瞬のうちに押し潰されていく、飲み込まれていく、それが意識の世界です。

死んで、田池留吉、アルバートを呼べますか。

今、あなたはどのような返答ができますか。聞いてみてください。

心に感じるものがある、そんな程度では、

死ねば、田池留吉、アルバートを呼ぶことなどできない、

はっきりと申し上げておきます。

できなければどうなるのか。

したがって、どんな学び方をしていくべきなのか、全部本当の自分は知っています。

愛を思う瞑想は確かにすごいです。

愛を思う、愛に触れる、愛のエネルギーに触れる、たまらなく嬉しい瞬間です。

止めどもなく噴き出してくるエネルギーが、たまらなく嬉しい。

苦しみどころか嬉しい、嬉しい、嬉しいだけ。喜びの雄たけびです。

異語を発することは喜び。喜びのエネルギーが異語となって出てくるのが分かります。

愛を思う瞑想は確かにすごいけれど、田池留吉の異語はこれもまたすごいです。

私にとって、田池留吉の肉が今ある喜びは、田池留吉の異語が肉声で聞けることが大きいです。

田池留吉の異語はとてもいい。本当に嬉しくてすぐに反応します。

異語はエネルギー。異語は波動。異語は喜び。異語は愛。

異語で通じ合える喜びを心に感じられることが幸せ。

〔私は、人生の目的がはっきりと分かり大変幸せです。

肉の私がしていくことは、たった一つでした。

それが確認できた今世だから本当に幸せです。

「あなたは私を思っていればいいんです。」はい、その通りです。

針をしっかりと合わせさえしていれば、本当に何ということもありませんでした。

針を向ける、合わせるということだけでした。

肉を持って学ばせていただいていることが、本当にありがたいです。

針を向け、合わせて、ただひたすらこの道を。この姿勢は絶対に変わることはありません。〕


と、肉の私はそのように自分の中を感じています。私に聞いてみます。



私はあなたの中の私、田池留吉です。

どうぞ、しっかりと、田池留吉、アルバートに心の針を向け、

あなたの中をしっかりと見つめていってください。

心の中に喜びと温もりを広げていけるあなたです。

そうです、あなたが感じているように、これから250年、300年と続くあなたの時間は、

あなたを、さらに、さらに、喜びへといざなっていくでしょう。

そして、私達は次元を超えていきます。宇宙は、その時、すさまじい勢いで私達と迎合していきます。

ああ、今、そのエネルギーを心で感じておられると思います。どうぞ、しっかりと思いを向けてください。

針をしっかりと合わせて瞑想をする中で、

そのエネルギーを心で受け止めて、ともに行こうと呼びかけ続けてください。

はい、ただひたすらこの道を。

しっかりと、しっかりと進んでいくようにあなたはあなたを仕向けていくでしょう。

エネルギーです。喜びのエネルギーです。温もりのエネルギーです。

ともに、ともにという大きなエネルギーです。

はい、それはパワーです。明るい、明るいパワーです。

愛のエネルギーを心から発信できることを喜んで、喜んでいってください。

 田池留吉、アルバートに心の針を向ける、合わせる、そうそれだけです。

たった一つ、それだけです。

肉のあなたができること、それだけです。

はい、どうぞ、しっかりと針を向けていきましょう。

田池留吉は、あなたの外とあなたの内におります。

外のものは見えます。内のものは見えません。内の田池留吉を思ってください。

内の田池留吉にあなたの
心の針を向けてください。合わせてください。

そして反転をしてください。

田池留吉のメッセージを受けてください。田池留吉と語ってください。

そのように続けていけば、愛があなたを通して流れていきます。

仕事をしていきます。そして、整ってくるでしょう。

一言、内の田池留吉は愛です。

それを確信している外の田池留吉を通して愛は流れています。

もう一言、本来は、私はあなた、あなたは私、一つ。

私は愛です。あなたも愛です

自分の中の愛とどんどん語っていきましょう。

私の中の愛。私の中の田池留吉そしてアルバート。

波動を感じ波動と語っていける喜び、幸せ。それは異語としてどんどん私の中から飛び出てきます。

本当に心地良い。本当に嬉しい。
瞑想は嬉しい。瞑想は心地良い。

田池留吉、アルバートと異語を交わしている。

そう私の中には異語のリズム、波動が振動してきます。

それがたまらなく嬉しいです。異語はエネルギー、波動だ。

その波動を感じ、私の中からどんどん異語が飛び出る。

同時に
温もりと喜びが伝わってきます。

ああ喜んでいるんだ、心に交信してくる宇宙達が喜んでいるんだ、そんなことを感じさせてくれる瞑想の時間です。

だから瞑想は楽しい。

ずっとアルバートを感じていられる。

田池留吉、アルバートが宇宙に浸透していく、伝わっていく、何かそんな嬉しい、嬉しい感覚です。



お母さん、お母さん、お母さん、ありがとう、ありがとう、ああ私達は嬉しいです。

お母さん、ありがとう。喜びの宇宙へ帰れます。あなたの宇宙へ帰れます。

ありがとう。そう伝わってきます。ああ、ありがとう。ありがとう。



アルバートに心を向けてみます。

私は、250年後、あなたとともに肉を持つ
アルバートの意識

そう今あなたの心に語ります。

私達の宇宙、喜びの宇宙へどうぞ、どうぞ、しっかりと心を向けていきましょう。

私達は喜び

250年、300年、次元移行を達成して私達は喜びの宇宙へ帰ります。

アルバートの意識は喜び。

アルバートの波動は全宇宙を照らし続けていきます。

これからも、ずっと、ずっと照らし続けていきます。永遠に照らし続けていきます。

宇宙は喜びへ帰ります。その喜びの渦が、私達の心の中に広がっていきます。

ああ、本当に喜びです。ありがとうございます。ありがとうございます。

肉体細胞とともに。肉体細胞に思いを向け瞑想。

肉体細胞は限りなく優しいです。肉体細胞から流れるエネルギーを心に受けます。ありがとうの思いです。



「私は肉体細胞。はい、嬉しいです。ありがとうございます。

はい、心の針を向けて合わせていくことをしていくこと、私達の喜びです。

私達はあなたに惜しみない協力を申し出ました。

心の中を見ていくために、私達肉体細胞が必要でした。

あなたの中へ愛を届けるために、私達肉体細胞が必要でした。」

 

田池留吉、アルバートのメッセージがそのように伝えてきます。

「ありがとうの言葉と思いを肉体細胞に流しながら、あなたの
心の中を見つめていくこと、それがあなたの喜びです。

私達との出会いを持っていくために、あなたの肉体細胞が喜んで仕事をしてくれました。

肉体細胞のエネルギーは愛のエネルギー。

田池留吉、アルバートのメッセージを伝えるために、あなたの肉体細胞があなたの中に作られてきました。

愛のエネルギーによって、肉体細胞は誕生しました

あなたはその愛のエネルギーを心の中から発するために、その肉体細胞を持ったのです。

肉体細胞の喜びのエネルギーを、そのままあなたの中から発信してください。

肉体細胞がどれだけ喜びであるか。

あなたの心が肉体細胞とともに仕事ができることを肉体細胞が喜んでいます。

あなたの中から肉体細胞のメッセージが届くでしょう。

それは田池留吉、アルバートのメッセージです。

肉体細胞は田池留吉、アルバート

喜びのエネルギー、愛のエネルギーを一つにして、この宇宙へ流していくことを、肉体細胞は約束してくれました。

あなたの中からそのように伝わってくるでしょう。

肉体細胞に喜びのエネルギーと、温もりのエネルギーを感じていけるあなたです。

肉体細胞とともに、あなたの仕事をなさってください。

そして、やがて、あなたの肉体細胞はあなたの前から消えてまいります。

しかし、あなたは、なおその喜びのエネルギーを流し続けていけるんです。

私達は一つだと心の中から流して続けていけます。

心の中より語ります。

田池留吉、アルバートのメッセージは、あなたの中から永遠に流れ続けることを信じてください。

喜びのエネルギーは決して消えるものではございません。

学びに触れた人は本当に幸せです

今頃、学びに触れた多くの方は、その幸せと喜びを満喫されているでしょう。

もし、そうでないならば、余程の欲深い人、大いに反省されるべき。

しかし、大抵の人は、学びを知ってよかった、学んできてよかった、これからも
自分を見つめていこう、

大方そのような心境で、毎日を過ごされていると思います。

さらに、そこから
自己確立の幸せと喜びの道を、着実な歩みで進めていきましょう。

地球時間で言えば、300年。

どうぞ、それぞれ、次の転生、そのまた次の転生を経て、自分を繋いでいってください。

どうぞ、
自分の来世と語ることをしていきましょう。自分の過去と語ることをしていきましょう。

今、過去の自分と未来の自分と、ともに、ともに学び、ともに、ともに歩いていこうという気持ちになっているでしょうか。

過去の自分に、未来の自分に心を向けられる、心で語り合える優しい自分に蘇っていってください。

 

そして、そんなたくさんの自分から、たくさん、たくさん学んでください。

自分からたくさん、たくさん教えてもらってください。

苦しかったこと、辛かったこと、悲しかったこと、悔しかったこと、嫌ってきたこと、

恨んできたこと、呪ってきたこと、己を表し地獄の苦しみを味わってきたこと、

過去から、未来から、たくさん伝えてくれると思います。たくさん教えてくれると思います。

そんな自分を知っていくこと、そんな自分から学んでいくこと、

それが自分に素直に生きるということなのではないでしょうか。


また、今のあなたの肉を通して知った学びのこと、

それも、あなたの心で感じて信じていると思っていることを、

過去のあなた、未来のあなたに伝えてください。

ともに学ぶ時間を、できるだけ持ちましょう。

私たちは意識、エネルギー、永遠に存在するもの。

私たちは愛のエネルギー、仕事をします。

私はあなた、あなたは私、一つです。

苦しみは愛、苦しみの原因は自分の心の中にあります。

病気、不和、失敗など、原因は自分が出してきたマイナスのエネルギーにあります。

自己選択、自己責任。自作自演。

田池留吉以外のものに心が向いている時は、使っている思いはすべて間違い、マイナスのエネルギー。

思いはすべて現象化します。

神とか金をしっかり握っている心は小さい、田池留吉以外に心を向けている時は小さいです。

田池留吉に心が合っている時は大きいです。

心を小さくするのもあなた、大きくするのもあなた、大きくしていきませんか。

田池留吉を思う瞑想を続けていけば、

やがて、心の針が田池留吉に向いてくるようになります。

そうすると、地獄の底の底の底からあなたが作ってきた闇のあなたが叫んでくるようになるでしょう。

心に叫びがどっと響いてきます。

そして、肉のことは次第に程々に、しかも、整ってくるようになるでしょう。

田池留吉の意識、磁場はあなたの肉の中にあるのではありません。

あなたの思いの中にあります。中ということを3次元的にとらえないでください。

本来、思いというものは無限、3次元的時間、空間で理解することはできません。

肉を基盤としている思いは小さい。

意識の転回が進んでくれば意識というものが理解できてくる。

このことは、ただただ、
瞑想を習慣化してくれば分かってくるでしょう。

このことは確かです。だから、実践です。

田池留吉に思いを向けて瞑想、磁場反転の実践を継続していきましょう。


私の講話を耳で聞いたり、私のホームページを讀んだりして、

頭で理解しようとしている人が多いと思います。

しかし、
心で読み、心で理解ができるように心掛けてください。

心に響いてくるものを感じ、信じていくようにしてほしいと思います。


ある種の瞑想、言葉が出てきませんが、

瞑想をしている時と同じ学び方をしていってはと思います。

心の響きに応じて、心はもちろんですが、体も強く大きく動くようになります。

そして、築いてきた闇の大きな壁がが崩れていく、

それらが喜びに変わっていく、

マイナスのエネルギーがプラスのエネルギーに変わっていく、

そのような体験ができればいいなあと思っています。


最後は瞑想、正しい瞑想を。

継続、積み重ね、習慣化が大切。

肉の思いがなくなってくれば、心の中からあなたにとって必要なことが伝わってきます。

くれぐれも、
私たちは意識だということを忘れないように。

頭で理解を、頭で理解できるものしか信じられない人は貧しいとしか言いようがありません。

とにかく、
瞑想三昧でいきましょう。

肉や、肉を本物とする思いには 真実はありません。

それらのものから絶望し、自己を解放していく道こそ 

真実に目覚める 正しい生き方です。

絶望の中にこそ 光が真実が 見えてきます。

肉を自分と思ている人々は、聳え立ち、欲が深く、

他力 他力で真実が見えず、悪戦苦闘の末 苦悩の淵に沈んでいきます。



あなたの闇、自己の底の底の底の闇を受け入れてください。 

母の温もりで包んでください。

その時、闇は光、喜びと変わっていきます。間違いなく変わっていきます。

自己の闇に絶望することからすべてが始まります。

闇の大噴出を温かく優しく迎え入れていきましょう。

大噴出そして崩壊、間違いなく本当の自分、愛が見えてきます。

絶望と崩壊なくしてこの学びはありません

真実に目覚めることはできないでしょう。

象徴的天そそり立つ富士ケ嶺の大噴火を想像してみてください。

今のあなたの姿ではありませんか。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

絶望と崩壊は喜びです。

喜びの中にあるからこそ、絶望と崩壊を体験できるんです。

本当の喜び、本当の温もり、本当の自分との出会いは、

偽物の喜び、偽物の温もり、偽物の自分が崩壊していくことで現実のものとなってきます。


そして、その崩壊は、偽物の自分に絶望していくことから始まります。

そして、その絶望を引き出していくのは、自らの中にある喜びと温もり。

そんな喜びの循環を心で知っていくには、正しい瞑想を重ねていくことに尽きます。

自分に用意した時間を大切に、自分を大切にしていきましょう 。 (04.01)

一番大事なこと、

毎日、朝目覚めた時、夜寝る時、

何に心を向けていますか。

分かっていますね。

それ以外は、ブラック、他力。

出来るだけプラスのエネルギーを出していきましょう。

マイナスのエネルギーは少なく、そして、磁場と反転を。

毎日のこと、習慣化していきましょう。

この学びは難しい、だから他力から自分を解き放つことができないという人がまだまだ多いようです。

この学びは次元を異にしています。

意識の世界は異次元、だから、

肉を基盤としている人には全く理解できないと思います。

そこで、一番分かり易くて間違いのない学びをと、

ただひたすらに、田池留吉に心を向けてください、

田池留吉を思ってくださいとお伝えしてきました。


田池留吉は愛、温もりだからです。

だから、暖かくて喜び。それ以外は冷たくて、暗黒。

あなたは、冷たくて暗黒だから肉体を頂いて生まれてきたのでしょう。

あなたがずっとずっと築き上げてきた闇は、ずっとずっと愛を温もりを求めてきているのです。

あなたは、ずっとずっと冷たいから、温もりを捨て、愛を忘れ去り、

無知とエゴと欲で存在してきたから、ブラックの現象化、不幸というわけです。


あなたが、温もりを求め、温もりに帰ろうと志向していけば、

あなたの闇は、喜び、大噴出していくでしょう。

そして、総崩壊となっていきます。


そうなれば、もう、幸せ、喜びの温かい優しいあなたに蘇っていくでしょう。

だから、
肉ですることは、田池留吉を思う瞑想だけ、やってみてください。

やらないで御託をいつまでも並べるのはいい加減にしてはと思っています。

さあ、
正しい瞑想を、日々していきましょう。

もっと、もっと、自分を信じなさい。自分が愛だということを信じなさい。

もっと、もっと、自分自身を大切にしていこうではありませんか。

あなたからは愛は流れていません。

従って、愛という名の仕事ができません。

あなたは今苦しんでいるでしょう。

尊大なそして冷たいあなたからは愛は流れていません。


病気で苦しんでいるあなたは偉すぎるのです。間違っているのです。

心の針はどこに向いていますか。

心の針の向け先が間違っています。

心の向け先が間違っているということがあなたの生き方が間違っているということです。

あなたが発信してきた間違った思い、エネルギーが病気という形で現象化しているのです。

原因はそこにあります。

原因をなくさない限り根本的な解決にはなりません。

愛の蘇生が最も大事なことです。

マイナスの思い・エネルギーを使った、出てきた時は、

まめに反転と発信するようにしてください。

本当にまめにです。

助けてください、救ってください、幸せにしてくださいの他力では駄目。

一にも、二にも実践、頭では駄目、心で分かるような勉強を。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

つづく(作成中) in the works

 

五訓  UTAの輪の仲間 ←クリック 

 

五訓、流れるようにスムーズに真実の道を示してくれています。

一・・・、一・・・、学びの指針が凝縮されています。

日々見ながら、瞑想を続けています。

愛を見て、愛を思って瞑想。本を読んでまた瞑想。

瞑想とは五官を閉じること。心の針を自分の中に向けること。向けて思うこと。

思えることが喜びだ、思えることがすごいと自ずと響いてくれば、さらに思っていきましょう。

ただ思う、ただただ思う、一点を見つめてただひたすらに思う。

心に広がり伝わってくる世界にありがとうがこだましてきます。

自分の中の温もり、自分の中の喜び、自分の中の宇宙達とともに、ありがとうを心に広げていきましょう。

■■

母の反省、ゼロ歳の瞑想、他力の反省、そして磁場と反転の実践と瞑想

ここで言う、瞑想とは、心の針を正しい方向に、ピッタリと合わせて瞑想することによって、

 自分自身が、あたたかい温もりと喜びしかない意識であり、エネルギーであり、

宇宙大に、際限なくどこまでも広がる、全てが一つだけの永遠の存在であることを確認し、

瞑想をしながら心を見ていくと、間違い続けてきた おびただしい数の 過去世達の

闇のマイナスのエネルギーに気付き、それを優しく受け入れ、光に帰していく作業をさします。

私達の 生まれて来た意味、本当の仕事は、この作業なんです。

2012年・平成24年 1月 12日更新2012年2012年・平成24年 1月 12日更新

この学びが あなたの人生です。

正しい瞑想こそが、あなたの本当の仕事です。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

本当のあなたは、その肉体ではなく 意識です。

あなたの人生で一番大事なことは、「本当の自分と出会うことです。」

あなたの心を掘り下げて見ていけば、分かって来ます。

あなたはその為に生まれて来ました。

それ以外のことは、どうでもいい事です。

あなたの回りの森羅万象の全ては、あなたが「心を見る」ために存在しています。

 

 

自分の周りで起こる出来事を通して自分の心を見る、

自分のエネルギーを感じ、それを反転としていく、ただそれだけのことでした。


ただそれだけのことが、本当に何億年も分からずにきたんだということが、瞑想を通して感じてくればくるほどに、

本当に今という時間と空間に、この身を漂わせていることがどれだけの愛なのか、私はそう感じています。


すべては私の計画通り。すべては意識の中の出来事。


それは、ピッ、ピッと、あるいはカチッ、カチッと音がするような、

ジグソーパズルのピースがきちんと収まるような、そんな心地良い快感を私に感じさせてくれます。

嬉しいです。


私は、ただ心の針を向けて合わせていくだけ。

それですべてが整ってくる、本当にその通りだと実感しています。


意識の世界を正しい軌道に乗せていけば、何ら思い煩うことなく肉も生活を楽しんでいける。

正しい軌道に乗っているからこそ、何ということのない平々凡々の肉の生活も楽しい。

私は幸せです。

 

 

つづく(作成中) in the works

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

[ 本物の自分自身 と 帰るべき故郷 、そして真実を求めて]

Searching for THE TRUTH and OUR ESSENTIAL NATURE

 

本当のあなたは、その肉体ではなく 意識です。

あなたの人生で一番大事なことは、「本当の自分と出会うことです。」

あなたの心を 掘り下げて 見ていけば、分かって来ます。

あなたはその為に生まれて来ました。

それ以外のことは、どうでもいい事です。

あなたの回りの森羅万象の全ては、あなたが「心を見る」ために存在しています。

『 心を見る 』 という 学び

本当のことは、あなたの心でしか分からない。

あなたの頭では、絶対に分からない。

だから、あなたは あなたの心を見つめてください。」

意識の流れの学び 

学びの進め方・手順

 

意識の流れの学びを進める

T 入門

1.学びを始めた動機を確認する。

2.自分の宗教遍歴を振り返る。

3.本、意識の流れ増補改訂版と続意識の流れ改訂版を繰り返し読む。

4.ホームページ意識の流れあなたに話しかけましょう田池留吉を毎日開いて読む。


U 実践・じっくり基本を

1.母親の反省

母親にしてもらったこと、してもらえなかったこと、してあげたことを ノートに書き出す。

母親に使ってきた心を思い起こす。

2.0歳の自分に向ける瞑想

母親の温もりを感じる。

.田池留吉を思う瞑想

田池留吉に心を向ける、合わせる、委ねる。

田池留吉の世界、温もり、優しさ、大きさ、広がり、パワーを感じる。


V 実践・しっかり応用を

1.田池留吉のメッセージを受ける。本物かどうか波動を確認をする。

2.自己供養

自分の闇・過去世を受け入れる。

自分の闇と共に、母親に、田池留吉に心を向ける。

自分の闇が喜びに変わる。

3.来世との出会いと供養

250年後の自分、300年後・次元移行した自分と出会う。

.死後の自分との交信


W 実践・愛の放射塔

1.田池留吉と交信・質疑応答する。

2.意識の転回、更に更に進める。

3.田池留吉と「私はあなた、あなたは私、一つ」だと確信する。

4.UFOに心を向ける。UFOと交信する 

5.宇宙に心を向ける。宇宙と交信する。愛が宇宙に流れる。

6.一切はエネルギー、愛・温もり、優しさ、喜びだったと悟る。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

松岡儀典(まつおかよしのり 1946年・昭和21年の戦後生れです。

(メッセージの分類・編集人)

 

「とにかく私は学びたい、自分に真実の世界を伝えたい、中からの至上命令でした。

学ぶために生まれてきました。充分に学ぶために、そのために今世がありました。」

「立派な自分、素晴らしい自分を崩していくために、心を見続けます。

真っ黒な自分・どこまでも広がる闇の世界・自分の心を確認し 受け入れます。」

 

 

平成25年UTA ブック・ スカイプ瞑想会 ←クリック   

  

平成25年UTA会 (vol.2) 凄まじい闇の大噴出と総崩壊セミナー←クリック
+パソコンでのUストリーム セミナー と スカイプ瞑想会
2013年は、間違った自分、偽者の自分を徹底的に崩していく年にしませんか。

平成25年UTA会 (vol.1)・草書体の「愛」の活用と 宇宙瞑想セミナー←クリック