「ふるさと」の替え歌    ←クリック

愛の円盤「愛の水道水の種水」の物凄い効力 (エネルギーと波動) ←クリック

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」 「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」←クリック

田池留吉 を 思う   (思う 喜び)   ←クリック

「私は意識、永遠、無限、波動、エネルギーです。」

「私は愛、あなたも愛、ひとつです。」

 

学ぶ方へ

http://npo-utanowa.com/introduction/ ←クリック

*********************************

田池先生の訃報が発表された。

H.27年12月7日の12時22分のことだという。

 

田池先生、ありがとう、ありがとうございました。

真っ直ぐにこの道を。

その思いに応えていくだけです。

ともにある喜びを伝えてくれました。

伝え続けてくれています。

 

 

私は田池留吉です。田池留吉の意識です。

私とあなたの違いは、肉があるかないかだけです。

意識は同じ。意識はひとつ。

愛の中にひとつ。

私とあなたは同じです

私には肉がない。あなたには肉がある。

その違いです。

その違いの中で、あなたは自分の心をしっかりと見て

私の指し示す方向に真っ直ぐに心を向けて

淡々と、淡々と、喜こんで、

喜こんで、その一歩を突き進んでいくんです。

 

すべては整っていきます。

愛の方向へすべてが流れていく意識の流れを、

あなたの心の中に私は伝えました。

しっかりと伝えました。

この流れをあなたの中から波動として、

エネルギーとして流してください。

意識の流れが厳然としてあることを、

あなたの心は知っています。

あなたの意識の世界を、

しっかりとしっかりと信じて、

そして、私とともにあること、

愛ある世界が本当の私達の帰るべき心のふるさとであることを、

しっかりと、しっかりと伝えなさい。

 

どうぞ、どうぞ、喜びで瞑想を続けてください。

私を喜びで呼んでください。

私を喜びで思ってください。


あなたの心に応えているこの波動、エネルギー。

私はあなたの中で生き続けています。

これからも永遠に、ずっと、ずっと生き続けていきます。


あなたもあなたの中で生き続けている。

あなたの姿は目に見えません。

私の姿は目に見えません。

そうです。

肉を持っていようが、持っていまいが、

私達の本質は意識、波動、エネルギー。

私はそのことを、しっかりと、しっかりと伝え続けます。

これからも伝え続けます。

肉を、肉、形を本物とする意識の中に、

私達は衝撃を与えていくでしょう。

 

それが宇宙的規模の天変地異です。

この天変地異なくして、

人類が真実に目覚めることはありません。

これから250年、300年にかけて、

この地球上に起こってくる様々な出来事、

しっかりと心を開いて、

あなたの心の目でしっかりと見つめ、

そして、次元を超えてまいりましょう。

 

私達は次元を超えていく意識の流れの中にあることを、

ただただ伝え続けます。

*********************************

 

 

1. あなたは目に見えません。あなたはエネルギーだからです。

目を閉じて、田池留吉のほうに心を向けてください。

私、田池留吉は、あなたの目の前にいる田池留吉ではありません。

それと同様に、あなたも、あなたが見ているあなたではありません。

私達は意識、エネルギーです

その意識、エネルギーである自分を心で感じられる、そんなあなたに蘇ってください。

どうぞ、心を田池留吉のほうにしっかりと向け、

田池留吉の世界、

その波動、エネルギーを心で感じてください。

そうすれば、あなたは、

目に見えない世界を本当に心で感じられる、

そんな喜びを広げていけるでしょう。

そして、どんどんどんどんそのような瞑想をしていけば・

いつの日にか、自分のエネルギーを心に感じ、

そして、その自分の世界へどんどんどんどん

心を向けられるあなたになっていくでしょう。

私達は、意識、エネルギーです。私達は目に見えません。

 

 

1. 日々の生活の中で、自分の作ってきたエネルギーを感じてください。


あなたの肉、あなたの環境、あなたの今いる場所、その日々の生活の中で、

自分の心を見るように、あなたは自分で設定してきたことを喜んでください。

今を喜んでください。

どんなに苦しくて、辛くて という環境であっても、

あなたは必ずそこから自分のエネルギーを感じてください。

そのエネルギーは、確かに暗くて苦しくてすごいエネルギーかもしれません。

しかし、そのエネルギーを心に感じられるあなたであると、

本当に分かってくれば、あなたの環境、肉の設定、

ああ、こういうことから、私は自分を知っていくんだ、

そんな喜びが、ただただ心に広がっていくでしよう。


形ではありません。

あなたの心から発するエネルギー。

そのエネルギーを、どうぞ、どうぞ、

心で感じられる喜びを広げていってください。


苦しみは愛。私は以前にそのように伝えました。


日々の生活で感じている苦しみ、辛さ、悲しみ、色々な暗い思い、

そのエネルギーは、明るい、優しい、柔らかなエネルギーに、

そして、温かなエネルギーに変えていけることを信じて、

日々の生活を楽しんでいってください。

 

 

1. 瞑想をして、磁場のエネルギーを心に感じられるようになってください。


瞑想とは、目を閉じて思う ということです。

何を思うのか。もうお分かりですね。

田池留吉です。田池留吉の磁場です。

田池留吉の磁場は無限です

無限に広がっていく世界です。

その田池留吉の磁場、田池留吉の世界に心を向け、

心を合わせていけるあなたであってください。

 

他力の中にずっと存在し続けてきたあなた方にとって、

田池留吉の磁場に心の針を向ける、

合わせていくということは、大変困難なことです。

しかし、不可能なことではありません。

どうぞ、目を閉じる時間、

静かに目を閉じて心を向けていける時間をまず持ってください。

そして、そのような瞑想、をして、

あなたの中にある田池留吉の磁場、

本当のあなたに、心を向けられるようになってください。

日々、そのような瞑想を継続してください。

ただただあるのは無限の世界です。

磁場とは、無限の世界を指します。

有限の世界の磁場ではありません。

無限に、どこまでも、どこまでも広がっていく、そのような世界です。

それがあなた自身の世界です。

 

 

1. 何を間違えたのか、なぜ間違ったのか、あなたの心で知ってください。

 

何を間違えたのか

心の針の向け先を、間違えた!!

 

この学びは、頭で分かる学びではありません。

頭で推し量って分かる学びではありません。

何を間違えたのか、なぜ間違ったのか。

それをあなたの心で分かっていくには、どうすればいいのでしょうか。


お母さんの反省から始めてください

お母さんに使ってきた心、その心をしっかりと確認するんです。

何を間違えたのか、なぜ間違えたのか。

お母さんは、あなたの中ですでに伝えていました。

お母さんのお腹の中で、あなたは、お母さんから伝えてもらっていたんです。

何を間違えたのか、なぜ間違えたのか。

これはあなたが産まれてくる本当の意味を知っていくために、

とても大切な問いかけです。

産まれて何をすべきなのか。

なぜ私はこのようにお母さんのお腹から、

何度も、何度も産んでいただいたのか。


すべて、自分の間違いに気付いていくためです。

過去、すべての転生は全部失敗でした。

何を間違えたのか、なぜ間違えたのか分からず、

生まれて死んで、また生まれて、そんな繰り返しでした。

どうぞ、今世こそ、何を間違えたのか、なぜ間違ってきたのか、

あなたの頭ではなく、心で分かっていくような学び方をなさってください。

お母さんの反省を、どうぞ、しっかりとなさってください。

 

 

1. 次元移行という意識の流れを心で知ってください。

 


次元移行は、非現実的な話ではありません。

次元移行は、現実のお話です。

私達の今いる場は三次元です。

この今いる場から、次元を超えて存在していく自分であることを

心で感じられることが、本当に喜びとなってください。


分からない、分からないではなく、分かるんです。

感じてくるんです。


お母さんの反省をして、ゼロ歳の瞑想をして、

田池留吉に心を向けて合わせていこうと、

本当に真剣にこの学びをやっていこうと思い、

田池留吉の指し示す方向に実践していけば、

どなたの心の中にも、この次元移行という意識の流れが響いてきます。

章識の流れの中にある自分だと心で感じてきます。

すべての意識達に促しを与えていく、

そんな、優しい、優しい、

そして、力強い喜びの流れを心で感じていってください。


あなた方は、この三次元で、

たくさんの、たくさんのことを学んでまいりました。

学んできたんです。苦しんできたのではありません。


すべてが肥やしになっていくような、

そんなあなたであってください。

そして、次元移行へ心をいざなっていける、

喜びへ、温もりへ心をいざなっていけるあなたであってください。


肉、形にとらわれている心、

その心をどうぞ、自分の中から解き放していきましょう。


次元移行へ至る道は喜びの道です。

私達は、250 年、300 年かけてこの喜びのメッセージを、

波動、エネルギーとして流し続けます。


ともに、ともに次元を超えていける意識の流れの中に、

ご自分を確立してください。

ご自分の意識の世界を、

次元移行という照準に合わせていってください。

ただただ喜び。ただただ温もり。

次元移行を目指して、私達は邁進してまいりましょう。

 

********************************************************

 

五訓、流れるようにスムーズに真実の道を示してくれています。

一・・・、一・・・、学びの指針が凝縮されています。

日々見ながら、瞑想を続けています。

愛を見て、愛を思って瞑想。本を読んでまた瞑想。

瞑想とは五官を閉じること。心の針を自分の中に向けること。向けて思うこと。

思えることが喜びだ、思えることがすごいと自ずと響いてくれば、さらに思っていきましょう。

ただ思う、ただただ思う、一点を見つめてただひたすらに思う。

心に広がり伝わってくる世界にありがとうがこだましてきます。

自分の中の温もり、自分の中の喜び、自分の中の宇宙達とともに、ありがとうを心に広げていきましょう。

草書体の愛とともに五訓。

あのラミネートが皆さんの手許にあるでしょう。日々、何度も目にされていると思います。

五訓の一つひとつを本当に心で実践して、心で分かっていく方向に学びの舵を取っていってください。

あそこに学びが凝縮されていることを感じられますか。

決してぶれないでください。私達は何を学んでいるのか、焦点をきちっと自分の中で絶えず確認しながら、注意深く学ぶ姿勢を保っていってください。

学んでいるようで学んでいない方はたくさんいます。自分を崩していくといっても、崩し方が分からないのではないでしょうか。

ただ単に闇をさらけ出すことが自分を崩していくことにはなりません。

押し隠し、正しいと主張し、美化するよりは幾分いいかもしれませんが、一点が変わらない限りどうしようもありません。

そんな反省をどんなに続けても、しないよりはましという程度だと私は思っています。

その程度で学びの成果があったとは言えない、それが自分のことならば、そう評価します。

五訓に悖る勿れ(もとるなかれ)」日々学びの検証をしっかりやっていきましょう。



「今日も夫と喧嘩しました。」

「最近、仕事のことで悩んでいます。家に引き籠っています。」

「仕事がありません。お金がないので困っています。」

「毎日が寂しくてたまりません。酒を飲まないではおられません。」

といった人は、間違いなくUTAの輪の中に入れないと思います。

私は愛だと、いまだに目覚めていないからです。

明るくて、楽しそうで、嬉しい、ありがとうと喜び一杯の人はよさそうですね。

 

正しく生きるとは、

自分自身が愛であると自覚する道をただひたすらに生きることです。

愛に目覚め 愛に帰る人生を生きてください。

愛は意識、その世界には、差別、争い、病などは存在しません。

愛の世界には、神も仏も存在しません。

愛の世界には、天国や浄土といったものは存在しません。

愛の覚醒へ

信じて進めていきましょう。.

 

五訓  

UTAの輪の仲間

戦っていることがわからなかった、戦いをやめることができなかった、戦いを作り出してきたのは、戦っている自分の心だったことがわからなかった。

自分の中にあるそのエネルギーを、私は肉を持って見て感じていました。戦いは、最後は粉々に破壊していくエネルギー。

本当のことを忘れた私が膨らませてきたエネルギー。戦いは自分の中にある、心を外に向け続けている限りその戦いは終わらない。

やっぱりその思いはお母さんにずっと使っていたことを思い出します。

やさしさを感じられない、愛を感じられない、温もりを感じられない、その自分から発せられていた怒りのエネルギー。

まさにお母さんを捨てた世界に生きている思いでした。

その刃はお母さんに向けられていたけれど、私の中のお母さんを捨てたさびしい思いが戦いを作り出していたことを感じます。


自分一人の世界を、お母さんを通して見ていた、確かに確かに小さい頃から不満と怒りを持っていました。

さびしさです。根底にあるのはさびしさです。

温もりを知らないさびしさが、怒りとなって肉のお母さんに向けられていました。

本当に外から得るものだと信じていました。

幸せも、温もりも、やさしさも、与えられるものだと信じていました。

ああそう思うと、私は本当に自分の中の温もり、やさしさ、喜びを捨て去ってきたのだと感じます。

自分の中にあるのだと信じる思いを失ってしまった。それが私でした。

でもだからこそ、0歳の自分を信じていくこと、お母さんの温もりを思っていくことを伝えてもらっている、

田池留吉の磁場に思いを向けて、愛を思い温もりを感じていける今がどれだけ幸せなのか。

本当のことに出会ったのだから、愛に向けて、磁場に向けて本当の自分を蘇らせていける、

ただその一点を思い信じていく。

愛の字はお札ではなくて、自分が向けていく指針、私が帰っていく思いです。

ここに向けていくのですよ、やさしい思いが伝わってきます。


肉を与えてもらったことはすごいことです。

五官を通して感じられる波動の世界、心で感じるためにすべてが揃っています。

私はどれだけ愛されている存在なのか。

愛を見る、愛を思う、愛に向けていく。嬉しいです、ありがとうございます。

 

愛を思う、やさしさが少しずつ沁み渡っていく感じがします。

やさしい思い、温かい思い。私はその思いを跳ね返してきたのだと思います。

反発して、拒否して、戦ってきたけれど、今愛を思える、愛に思いを向けていこうというやさしさの中にある。

嬉しいです。

  愛に出会って、共に歩いていこうと伝えて頂いている今がある。

自分が自分に用意してきたことが、どんなに幸せなことなのか。

やさしさを感じられることが幸せです。温もりを感じて、信じていけることが幸せです。

肉の幸せ、肉のやさしさ、肉の喜びを求めなくても、田池留吉の磁場、愛を思えば感じられる。

  苦しみ続けてきた自分が変わっていく。本当に今まで信じてきたこととは全く次元が違うのだなと思います。

本当のことを心が少しずつ感じていって、何よりもここに向けていくのですよという思いの中にあることが嬉しいです。

  迷わなくても、さまよい続けなくても、思う思いがある。

ただここに向けていくだけなんだっていう思いが強くなっていくから、嬉しいのだと思います。

自分を救っていくために、本当の自分に出会っていくために、生まれて来ることができた。

本当に肉の幸せを求めて苦しい思いのままに生きることが、とても小さなこと、間違っていることを感じます。

  自分が自分にどれだけ愛されているのか、愛の中に私は存在しているのか。

頭では考えられないほどのやさしさの中にあるから、田池留吉の磁場、愛に出会うことができた。

自分に出会うために本当に何もかもを用意してきたことを感じるから、

求めなくても、探さなくてももういいのだと自分に伝えられます。

 
愛を思うこと、感じることを信じていくこと、心を見ていくこと。

大切なことを自分にいつも思いながら、今ある喜びを噛み締めていきます。

自分にありがとう、お母さんありがとう。

田池留吉の磁場、愛に向けて歩いていきます。

本当の自分の人生に出会えた今世です。

*******************************************************

 

あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。

何をするために今という時間があるのでしょうか。

あなたは、本当の自分を知っていますか。

あなたはどういう存在でしょうか。

 


UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。

肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、

みんな、みんないっしょに、愛 、心のふるさとへ帰ろう。

 

********************************************************

 

 私達は、今、肉体を持っています。肉体という形を持っています。

しかし、私達の本質は意識。愛、愛のエネルギーなんです。


波動の世界がすべてでした。

私達は形の世界を本物として、

ずっと、ずっと、長い間、気の遠くなるような長い間、転生を繰り返してきました。


すべて苦しい転生でした。間違った転生でした。真っ暗闇の転生でした。

その中に真実は何もなかったんです。真実は心に届かなかった。


このことに、誰もこの地球上に転生してきた人達、

誰一人として、心で気付いた人はいなかった。

誰一人、真実を明らかにする人はいなかった。

 


しかし、今、こうして、私達が肉体を持っているこの三次元の中で、

ようやく、ようやく、田池留吉、アルバートという真実の波動の世界と出会い、

三十年の学びの時間を経て、

私達は、真実の道、愛へ帰る道を、自分の心の中に見出し始めています。


だから、私達は呼び掛けます。

宇宙に彷徨う私達の仲間、

この三次元にやってこれなかった私達の仲間に呼び掛けます。


もちろん、肉を持ってこの地球上に転生してきた意識達にも、呼び掛けています。

ともに、ともに、帰ろうと。


愛、心のふるさと、私達のふるさとです。私達の心のふるさとは愛でした。

愛は、私達の心のふるさとでした。

懐かしい、懐かしい母の温もりの中へ、

喜びの中へ、ただただ広がっていく中へ帰ってまいりましょう。


私達は、これから、250年、300年かけて、

この地球上に、そして宇宙に広がっている空間の中で、私達は、呼び掛けてまいります。


波動として、存在していることを、

ただただ自分達の心の中で感じ合い、

共鳴し合う喜びの道を、ともに歩いていきましょう。

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

あなたの愛のグッズ、オーリング硬いですか。

時々点検してください。オーリング、正しくできますか。

愛の水、愛の水素水を飲んで、愛のリングに心を向けて、

死ぬまで元気で楽しい嬉しい喜びの瞑想を継続していきましょう。

 

「私は愛である」

心の底の底の底、さらにその奥底のエネルギー、

宇宙に点在する意識達、

すべてが、この波動を待ち侘びていました。

あなたはこのことが心で分かりますか。

しっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。

 

愛の円盤 の物凄い効力と活用 (十二支)  ←クリック

 田池留吉:草書体の「愛」の活用法・そして実験と実践  ←クリック

五訓  UTAの輪の仲間 ←クリック

********************************************************